2014年09月02日

ラーメン応援団長の訃報

北島秀一さん(通称『しう』さん、51歳)が亡くなった。佐野実さん(享年63歳)に続いて、今年二人目のラーメン関係者の訃報である。

しうさんとはラーメンMLで知り合って、そのあと東京一週間での「ラーメン四天王」の連載を一緒にやったりした仲だったのだが、その頃から今に至るまでで、石神さんとあわせて僕が認めている数少ない「味のわかるラーメン評論家」だった。

しうさんと僕の大きな相違点は、ラーメンに対する愛情で、僕は駄目な店は駄目とはっきり言ってしまうのだが、彼は良い店だけを評価し続けた。以前、彼と飲んでいた時に、「ラーメンの写真を撮ろうとしたら、『著作権があるんだから、写真は撮らないでくれ』と言われてしまった」という話をしたときに、「どこですか、そのけしからん店は!!」と激怒したのだけれど、店の名前を教えると、「あーーーーー」と言ったきりもごもごしていたことがある。勢いで店の名前を尋ねてしまったけれど、いざ固有名詞が出てきてしまうとそこを真正面から否定することができなくなってしまう、そんな人柄だった。

そういう、「ラーメン愛」という視点からしうさんと僕は随分と遠くにいたので、しうさんとしては僕と一緒にいることはあまり居心地が良くなかったのだろう。サシで飲むようなことはなかったし、大勢で飲んでいても「ブウさん(僕のこと)がなぜ私のことをそんなに高く評価するのか、良くわからない」と良く言っていたものだ。

何の事はない、ラーメン評論家には味のわかる奴と、わからない奴がいて、そんな中でしうさんは、味がわかってはいるけれど、まずい店をまずいとは言わず、ただ黙っているだけだとわかっていたから、高く評価していただけのことである。少なくとも、まずい店を「うまい」と言ってしまう人ではなかった。

しうさんが最初に健康を害したのはワールドカップの頃だっただろうか?白血病で入院したときに、僕の父が急性骨髄性白血病で死んでいたことに触れつつ、何度か連絡を取った。大丈夫かなぁ、と心配していたのだが、新横浜にサッカーを観に行った際、ラーメン博物館の人に頼んで呼び出してもらい、ラ博の前で5分ほど話をした。その時は大したことを喋っていないのだけれど、GカップがAカップになるぐらいに体が小さくなったしうさんは、不健康というよりはむしろ画期的に健康的で、一緒にいた嫁さんと「しうさんって、痩せたら凄くカッコ良かったんだねぇ」と笑った。

ところが、しうさんの体調が良くなると、それに反比例するようにしうさんの体型は再び不健康化し、気が付くと大分元に戻ってしまっていた。ありゃりゃ、と思いつつ、まぁ、あれがしうさんのありのままなんだろうな、と思っていた。

その後も、ときどきブログのコメント欄を通じて意見交換することはあった。例えばこれなんかは、そこそこ注目を集めたやりとりだった。

ラーメンビジネスの一側面に関する会話ver.2
http://buu.blog.jp/archives/26503756.html

武内伸さん(享年48歳)が亡くなった2008年には非公開で連絡を取ったのだが、しうさんは、「武内さんの健康とラーメンについて結びつけて論じるのはやめてくれ」と言っていた。僕はもちろん武内さんが健康を害したのはラーメンの食べ過ぎだと思っていたし、知り合いのラーメン愛好家の医者も同じ意見だったけれど、武内さんを追悼するブログエントリーでは、そのことに触れることはなかった。

ラーメン研究家の訃報
http://buu.blog.jp/archives/50696943.html

その後、しばらく連絡を取らずにいたのだが、次に連絡をとったのはしうさんがふたたび体調を崩したと聞いたときで、一昨年だっただろうか。白血病が再発したのかと思ったら、今度は内臓疾患とのこと。次々と大病をする人だなぁ、と思っていた。

最後に会ったのは、去年3月に開催された石神さんの出版活動十五周年記念パーティだった。その時のことはこちらに書いておいたが、

石神秀幸氏出版活動十五周年記念パーティ
http://buu.blog.jp/archives/51388659.html

しうさんは「私は独り身なので、このままくたばってもどうってことないですよ。ブウさんは嫁さんがいるんだから、体だけは大事にしないと」と、いつもの斜めに構えた顔で、人の体の心配ばかりをしていた。今回の病気は白血病とはまったく無関係の胆管がんとのことで、奥の方のソファーに座って、次から次へと挨拶にやってくるラーメンオタクたちと楽しそうに、でも、しんどそうに話をしていた。胆管がんは症状が出にくいので、どうしても予後不良になる病気である。そのあたりはしうさん自身も十分に知っていた様子で、残された時間をしうさんなりに有効活用してきたのだろう。最後に会ってから約1年半後の訃報だった。  

このサイトで2014年夏(6〜8月)に売れたものランキング ベスト5

1位 とんかつ名店絨毯爆撃: 美味いとんかつが食べたければ2,000円以上用意しろ!!
満を持しての発売ということもあって、この夏一番売れました。どうもありがとうございます。とんかつはラーメンに比較すると店の新陳代謝が不活発なので、今後5年間ぐらいは問題なく使えると思います。また、すでに第3版ですが、一年に一度程度改訂し、最新情報を発信していきたいと思います。まだお買い上げになっていない方は、この機会にぜひどうぞm(_ _)m。


2位 ビジュアル版 調理以前の料理の常識
相変わらずの売れ行き好調っぷりですが、このエントリーからのお買い上げと思われます。

クックパッドがなぜ料理上達の障害になるのか
http://buu.blog.jp/archives/51428706.html
料理が上達したい人はたくさんいるんですねぇ。この本はマジでおすすめ。僕も二冊持ってます(笑)。


3位 「こつ」の科学―調理の疑問に答える
「調理以前の料理の常識」とあわせて読むと、さらに効率的に料理が上達する本です。


4位 遺伝子組み換え食品との付き合いかた −GMOの普及と今後のありかたは?−
相変わらず地味に売れています。科学者の間でも意見がわかれる低線量被曝と異なり、科学者はほぼ全員が否定しない遺伝子組み換え食品、その理由がわかる本です。


5位 Ramen Guide Yamanote JR Line
英語なのでターゲットは日本に観光でやってきた外人や留学生。そこにどうやってリーチさせるかが大きな課題なんですが、とりあえずちょぼちょぼ売れているようです。お近くに英語ネイティブな人がいる方は、ぜひご推薦ください。もちろん、amazon.co.jpだけでなく、amazon.comでも販売しております。
  
Posted by buu2 at 09:11Comments(0)TrackBack(0)Amazon

2014年09月01日

「とんかつ名店絨毯爆撃: 美味いとんかつが食べたければ2,000円以上用意しろ!!」発売中!

構想から一年以上、「とんかつ名店絨毯爆撃: 美味いとんかつが食べたければ2,000円以上用意しろ!!」発売中!!



絞りに絞った名店が29軒。「特撰」の12軒は押しも押されもせぬ名店たち。そして、とんかつ文化を支え続けてきた「老舗」7軒。さらにはとんかつの今を感じさせてくれる高級とんかつ店を10軒。この一冊で、ほぼ100%、日本のとんかつの名店を知ることができます。

この本のために食べた主なとんかつ屋のラインナップは下記のとおりです。

かつぜん(銀座)、梅林(銀座)、あんず(銀座)、かつ銀(銀座)、万平(淡路町)、勝漫(淡路町)、やまいち(淡路町)、ポンチ軒(小川町)、丸山吉平(新御徒町)、すぎ田(蔵前)、丸五(秋葉原)、とん八亭(上野)、とんかつ武蔵野(上野)、ぽん多本家(御徒町)、蓬莱屋(御徒町)、かつ吉(水道橋)、清水屋(池袋)、とん太(高田馬場)、成蔵(高田馬場)、あげづき(神楽坂)、かつ味(新大久保)、王ろじ(新宿)、さき亭(新宿)、キムカツ(恵比寿)、ぽん太(恵比寿)、とんき(目黒)、椿(成城学園前)、福よし(表参道)、まい泉(表参道)、豚組食堂(六本木)、豚組(西麻布)、むさしや(浜松町)、とんかつ燕楽(新橋)、とんかつ河(新橋)、檍(蒲田)、丸一(蒲田)、鈴文(蒲田)、とんかつ燕楽(池上)、福長(都立大)、かつ玄(羽田空港)、勝烈庵(横浜等)、恵亭(横浜)、かつくら(新横浜)、馬酔木(横浜)、豚食健美 優膳(茂原)、いち川(朝霞)、かつ膳(川越)、力(甲府)、美味小家(甲府)、とんかつ山本(京都)、福幸亭(軽井沢)、献立家 弥栄(軽井沢)、マンジェ(大阪府八尾市)

この中から、さらに厳選したので、名だたる有名店からさらに半分近くを削ぎ落した形です。

本格とんかつに絞って一冊にまとめたガイド本は史上初かも知れません。Kindle本を読むことができる方は、是非お買い上げくださいm(_ _)m

#本の性質上、ほとんどが東京の店になっています。あしからず、ご了承ください。
#本エントリーは当面ブログのトップに掲載されます。最新記事はひとつ下になります。

<重要なお知らせ>
2014年6月16日、第三版に改訂しました。それ以前の版をお持ちの方は、下記のリンクから直接Amazonにオーダーしていただければ幸いです。ご面倒をおかけして恐縮ですm(_ _)m

#Amazonには読者の皆様へ告知メールの送信をお願いしたのですが、この程度のアップデートではそういう対応はできないそうです。

Amazonカスタマーサービス
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us?

以下、Amazonからのメール内容を転載しておきます。

1. https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/contact-us の「1. お問い合わせの種類を選択してください」において、「Kindle」を選択します。

2. ご使用しているデバイスを選択します。

3. 「2. お問い合わせの種類を選択してください」の「お問い合わせ内容」で「Kindle本」を選択します。

4. 「詳細内容」において修正版ダウンロードの項目がございませんので、一番近いと思われる「購入したコンテンツをダウンロードできない」を選択します。

5.「3. お問い合わせ方法を選択してください」でご希望のお問い合わせ方法をクリックし、お問い合わせを開始します。
最新版コンテンツをダウンロード希望との旨をカスタマーサービスにお伝えください。

お問い合わせのためにご選択いただく項目が実際の内容と異なっていたとしても、弊社カスタマーサービスにおいて、内容から判断し、正しい部門にて対応させていただきますので、ご安心ください。
  
Posted by buu2 at 11:27Comments(0)TrackBack(0)読書

2014年08月31日

秋のもり山

池袋(要町)の「もり山」が夏休みを終了して、秋のメニューになったので、早速食べに行ってきた。




















































三菱総研時代の同僚がようやく退職・独立したので、そのお祝いだったんだけど、満足してもらえたようで良かった。ここは席数が少ないので、こっそりと飲むのに重宝する。

今日飲んだお酒の中では「酒屋八兵衛 山廃純米酒 備前雄町」というお酒が非常に美味しかった。名前は知らなかったのだけれど、「雄町」と「純米酒」が日本酒の好みなので、何となく注文したらこれがアタリ。美味しいのに尖ったところがなくて料理の味を邪魔しない。次もこれを飲もうと思う。

先日紹介した京都の「武鮨」と同じく、食べログで「今日はどこに行こうかな」と検索していてはなかなか見つけることができない店である。

店名 もり山
TEL 070-6985-4086
住所 東京都豊島区池袋2-27-5
営業時間 18:00〜23:00
定休日 日曜・祝日  
Posted by buu2 at 07:08Comments(0)TrackBack(0)グルメ−和食

ハーゲンダッツ 和栗

何を食べても「バニラにはかなわない」となってしまうハーゲンダッツなのだが、「和栗」などという非常に魅力的な小品が期間限定で発売されたので、食べてみた。




これは良い。バニラに勝るとも劣らない。思わず3つ買ってしまった。評価は☆3つである。  

2014年08月30日

ワイン検定シルバークラス

ピンズ欲しさにブロンズクラスを受験したのが去年。今年はワンランク上のシルバークラスの検定試験が実施されるということで、受験したのが7月である。無事合格したのだが、今日になって合格証、ピンズ(これ、重要)、名刺が到着した。




我ながらかなりよこしまな理由での受験だったのだが、世の中に山ほどある無意味な資格検定試験とは違い、非常に役に立つ試験だった。あくまでも、個人的に、だが。

なぜかというと、まず、こんな試験でもなければ、ワインについて網羅的に勉強しようとなど思わないからだ。ちょこちょこっとワイン本を読むことはあっても、その内容にはムラがあって、書き手の得意、不得意が反映されてしまう。ワイン検定のテキストはソムリエ協会が作っているので、(担当者が違うことから)国ごとに書きぶりやまとめ方に差があるとはいえ、ほぼ網羅的に記載されている。

それから、勉強した知識がかなり役に立つ。ラーメンについてどんなに詳しくても、せいぜいキャバクラで「ええーーー、どこが一番美味しいんですか???」と聞かれるぐらいで、ほとんど何の役にも立たないのだが、ワインは違う。ユネスコのなんちゃらかんちゃらさん(相当偉い人)とかと話をしていても、「元木さんはグルメに詳しいそうですね」「えーー、ラーメンぐらいですけど」「あ、すいません、私はラーメンとか、食べないので良くわからないのですが」「あ、じゃぁ、ワインも少々」「ワインなら私もわかります!」・・・みたいな会話が実際に交わされたりするわけで、そうした時の「教養」として役立つのである。まだ勉強を始めて大して時間が経っていないけれど、うわー、勉強して良かった、と思ったことは一度や二度ではない。もちろん、周囲には僕よりもずっと詳しいワインエキスパートが何人もいて、「俺様一番」では全くないのだけれど、勉強する前は彼らとそもそも会話が成立しなかったわけで、良かったなぁ、と思う次第である。

英語も、ブラインドタッチも同じだけど、どこかのタイミングでつまらないトレーニングをしなくちゃならないのだけれど、それをやっておくと、そのあとは経験がそのままスキルアップにつながる。ワインも一度勉強してしまってベースを作ってしまえば、あとはワインを飲むたびにスキルアップできる。勉強がないと、「あー、美味しいねぇ。以上」である。もうちょっと早くに勉強しておけば良かったとも思うけれど、やって良かった。  

2014年08月29日

産経新聞社が面白い

産経新聞社って、面白い会社だな。

霊能者を叩いておきながら、

ニセ霊能者「神さんに聞いた。癌と違う」、デタラメ“洗脳”の悲劇…すがった女性の乳癌は進行し3年後に亡くなった
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140829/waf14082907000001-n1.htm

その一方でホメオパシーを推奨している(笑)

自己治癒力を触発して健康になるホメオパシー
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140828/cpd1408280430011-n1.htm  
Posted by buu2 at 13:18Comments(0)TrackBack(0)ニュース

2014年08月28日

総務省指数最近値と東大指数最近値の乖離が拡大している件

somusyo


総務省がアベノミクスに有利なデータを捏造しているということではないのですが、引き続きウォッチを続けたいところですな。

日次物価指数(直近) > 全国
http://www.cmdlab.co.jp/price_u-tokyo/  

2014年08月27日

二條若狭屋 寺町店

京都のラストはかき氷。行ったのは二條若狭屋寺町店。注文したのは「彩雲」というゴージャスなもの。シロップは日替わりのようで、今日は梅、マンゴー、桃、べっこう、黒糖ミルク。













個人的に気に入ったのは黒糖ミルク>梅>マンゴー>べっこう>桃の順。でも、シロップはどれもなかなか美味しかった。氷はちょっとザクザクした感じで、東京で良くあるふわふわの氷に慣れていると、もうちょっと薄くて空気が入っているタイプが良いなぁ、と思う。とはいえ、氷の中に小さく切られた果物が色々入っていて、なかなか楽しいかき氷だった。

同行者が注文した他のメニューも写真だけ掲載しておく。







店名 二條若狭屋 寺町店
TEL 075-256-2280
住所 京都府京都市中京区寺町通二条下ル榎木町67
営業時間 10:00〜17:00
定休日 水曜  
Posted by buu2 at 00:30Comments(2)TrackBack(0)かき氷

2014年08月26日

三条パクチー

三条のあたりをふらふらしていて、天気も悪いし、疲れたし、で、正直全く気が進まなかったのだが、ふらっとタイ料理の店に入ってみた。

料理は予想通り。調理している人はタイの人のようだったが、料理は完全に日本風に味付けられたもので、近所のOLならこれでも喜ぶかも知れないけれど、東京やタイで本格的なタイ料理を食べている人間には「え?これ、何?」と言いたくなるような珍妙な食べ物だった。スパイスは全く効いてなくて、かわりに甘みばかりが目立つ。これならカルディでタイ料理の素を買ってきて自分で料理したほうがずっとマシ。やはり、京都に来てまでタイ料理など食べてはいけないのだろう。少なくとも観光客は、貴重な一食をこんななんちゃってタイ料理の店で無駄にすべきではない。



















店名 三条パクチー
TEL 075-231-0890
住所 京都府京都市中京区御幸町通三条上る丸屋町318-1
営業時間 11:30〜14:30(L.O.14:00) 18:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日 毎月最終週の月曜日 *当日祝日の場合は営業  
Posted by buu2 at 14:42Comments(0)TrackBack(0)京都