2019年01月17日

芸術と落書きの間

東京でバンクシーのものと思われる作品が見つかった。この絵はバンクシーの作品集に「東京2003」として紹介されていたのだが、

このことで、東京都の小池知事が嬉しそうに、ツイッターに写真を載せている。



個人的な感想は、バンクシーの作品はそこにあってこそのメッセージなので、よそに移動してしまっては台無しだろ、とか、バンクシーのメッセージはポジティブなものじゃないので、知事としては喜んでいる場合じゃないぞ、というものだった。



ところが、ツイッター上での小池知事に対するメッセージの主たるものは「落書きなんだから消せ」というものだった。これは日本人の芸術に対する不見識を象徴している。「芸術家なら落書きしても良いのか」という意見もあったのだが、実際、そうだと思う。じゃぁ、どこまでが良くてどこからがダメなんだ、ということになると線引きは難しい。最終的には、描かれた側がどう考えるかだろう。いまどき、バンクシーに何かを描いてもらって、怒ってそれを消してしまう人間がどれほどいるのだろうか。今回の場合、落書きされたものは防潮扉なので、問われる可能性があるのはおそらく器物損壊罪だろう。これは親告罪なので、管理者である東京都が被害届を出さないのであれば犯罪にはならない。

米国は、日本に比べてずっと落書きが多い。しかし、では、米国人たちはみんな落書きに寛容かといえばそんなこともない。ニューヨークへ行くとそこかしこに落書きが溢れているのだが、そんな街でも、現代日本人アーティストとしては三指に数えられると思われる奈良美智が、地下鉄のホームでの落書きで1日拘束されたりする。この件では、奈良美智を捕まえた警官が奈良美智のことを知らなかったようだが、彼の作品の価値を知っている警官なら、対応は違っていたかもしれない。落書きへの対応は、人それぞれである。だから、見る側の見識も問われる。

結局のところ、芸術か落書きかを判断するのは、描かれた当人と、見る側の問題なのだ。

一番頭が悪いのは、「落書きなんだから消してしまえ」という奴らである。これが本物なら、取り外してオークションにかければ数千万円、日本で唯一という付加価値がつけば、もしかしたら億に届くかもしれない。都民が不要だとしても、取り外してオークションにかけて売ってしまえば、都の財政が多少なりとも潤うのである。

馬鹿とは、ものの価値がわからない人間のことである。

#それにしても、バンクシーのメッセージは、現段階では不明であるけれども、体制に対する批判だろう。つまり、東京都に対して「ばーか」と言っているのである。にも関わらず、知事がその批判を喜んで、記念写真をネットでばらまいているのだから、想定外の事態だろう。「日本人は良くわからない」と嘆いているかもしれない。  
Posted by buu2 at 11:38Comments(0)ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月15日

ユニオン・マーケットの和菓子屋さん













美味しい。これはなかなか良いね。  
Posted by buu2 at 16:00Comments(0)グルメ−スィーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月14日

ワシントンDCは引き続き、雪







スキーの方が便利なのかな。



除雪車。



ウィスコンシン通り。






店。






バス。



そして、夜が来て。



朝になった。夜中に徹夜で除雪している人たちがいて、公園はこのとおり。



道も、歩くところは除雪済み。









つらら。



家の前の大きな木。

  
Posted by buu2 at 15:30Comments(0)ワシントンDC

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月13日

ワシントンDCにも久しぶりにまとまった雪が降った

12日 夕方



12日 夜中



13日 午後

  
Posted by buu2 at 16:00Comments(0)ワシントンDC

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月12日

UZU

Unionマーケットの中に期間限定で出店しているUZUで食べてみた。

メニューはこんな感じ。



注文したのは醤油と味噌。






UZU
2/CBB
麺は中位の太さの、やや平たく、弱く縮れたタイプ。麺自体のつなぎが弱いのか、噛むとガムのようにねちょっと崩れる感じの食感。日本ではほとんど食べた経験がない。ネバネバと歯にまとわりつくようで、心地よいとは言えない。スープの味が濃いので、麺だけを食べているような印象は受けない。

スープは鶏ガラのベーススープに醤油や味噌で味付けしている。動物系の脂が非常に多く、口の周りがベトベトしてくる。その分味は濃く、味がないと感じることはない。しかし、醤油ラーメンだと、醤油からと思われる苦味が後に残る。味噌は味噌で、ダシが味噌の味に負けて、味噌汁ラーメンになっている。どちらを食べても、それなりに味は調整されている。

チャーシューは普通。肉質は悪くないが、味付けの少ない煮豚で、トッピングするほどの美味しさはない。

長期の在米日本人が一年に一度ぐらい食べに行くには良いのかもしれないが、DC界隈にはもっと美味しい店があるので、日本人がここで食べる意味はないだろう。

Uzu
1309 5th St NE
Washington, DC 20002  

2019年01月11日

三度目の殺人

ようやく三度目の殺人を見ることができた。

サスペンス、推理ものの領域なのだろうが、監督のメッセージは別のところにあるようだ。

以下、ネタバレ注意。

  続きを読む
Posted by buu2 at 00:03Comments(0)映画2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月10日

久しぶりの与作

テンレイタウンの与作で新しいビジネスの作戦会議。



















一応寿司カテゴリーに入れておく。

それにしても、めちゃくちゃ寒い。体感温度はマイナス9度らしい。  
Posted by buu2 at 23:13Comments(0)グルメー寿司

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月09日

マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

マイケル・ムーアが米軍に代わって世界を侵略していくという触れ込みで、侵略にいく先々で米国から見ると驚きの現実を目の当たりにするのだが、それらは実は・・・という内容。

行き先は主にヨーロッパ諸国なのだが、「なんで日本がないの?」といわれると答えは簡単で、日本は米国とほぼ同じ立ち位置で、マイケルが侵略に来る意味がないからだった。

それぞれの国のいいところにスポットライトを当てているので、負の部分には目をつぶっているのだが、そこがノンフィクション映画の良いところでもある。

米国人を啓蒙する目的で作られた映画だが、そのまま日本人にも役に立つ。ただ、この映画で取り上げられたことの起源は、すべて日本には関係がないことが残念である。

少々雑に作った感は拭えないのだが、十分に楽しめる内容で、ためにもなった。評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 23:08Comments(0)映画2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月08日

アイスランド オーロラ観測のためのTIPS

あくまでも、N=1なので、信じるか、信じないかはあなた次第ということでお願いします。




(1)観測できる確度をアップさせたければ、東へ行け
オーロラの予報はこちらで確認可能。

https://en.vedur.is/weather/forecasts/aurora/

オーロラの強度は右にある「Aurora forecast:」で確認。僕が行った時は常時3でした。2でもそこそこきれいに見えて、3なら輝いて見えるレベルらしいです。あとは雲の様子をチェック。雲の高さごとに雲の濃さが表示されて、白い方がクリア。

それで、天気を色々チェックしていたのだけれど、僕が滞在していた限りでは西の方が天気が悪い傾向にあった。あと、アイスランドの西側は都市が多く、空が明るくてオーロラが見にくい。




(2)ツアーは、宿泊のツアーがおすすめ
短いのだと4時間ツアーからあるのだが、レイキャヴィーク周辺でも暗いところまではバスで30分以上かかる。現地でオーロラ観測といっても、ポジショニングも考えなくてはならないし、オーロラの強度も刻々と変化する。2時間程度だと、運が悪ければ強度が強くて雲が少なくても、オーロラが見えないこともあるかもしれない。あと、オーロラが強くなってきたときに「じゃぁ、時間なので帰ります」と言われるのも辛い。宿泊のツアーなら、一晩中観測できる。ただし、東側へはバスで5時間程度かかるので、それなりの覚悟は必要。僕は今回は2デイズのツアーだったので、それなりに疲れた。

なお、ツアーはキャンセルも出るので、天気予報とにらめっこしつつ、完売していても諦めないことが重要。また、悪天候の場合はツアー自体がキャンセルになることもある。実際、僕は予約しておいたひとつのツアーが雨でキャンセルになった。

(3)カメラは長時間露光が可能なものを
僕は今回はニコンのD850、リコーのGR4、オリンパスのTh−4を持って行ったのだが、どのカメラでも撮影可能だった。ただし、三脚は必須。もちろん、レンズが明るければ明るいほど良く撮れる。でも、GRならなんの問題もない。

なお、D850のレンズは広角ズームのAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを使用した。

あと、設定は明るいところでやっておいた方が良い。僕の場合、D850はマニュアルフォーカスにして、無限遠にした(可能ならピントは動かないように固定すると良いだろう)。シャッター優先にして、2−4秒程度露光、ISOは1250程度に設定。

(4)寒さ対策はそれほどビビらなくても良い
今回は極暖ヒートテックにブロックテック、その上からコートという重装備だったのだが、気温は低くてもマイナス1度ぐらいで、汗をかくくらいだった。服で装備を固めるよりは、カイロを持って行った方が軽くて効果も高そう。

カメラのバッテリーもおのおの3本ずつ持って行ったのだが、これも無駄だった。ただ、iPadやiPhoneは消耗が激しく、残り65%とかなのに突然切れたりするから要注意。僕はD850をiPadで操作していたのだけれど、途中でiPadの電池が切れて、代わりに使ったiPhoneの電池も切れて、リモートでの操作や、写真の確認ができなくなってしまった。




(5)レイキャヴィークでも観測可能
別エントリーで書いたけど、

http://buu.blog.jp/archives/51577631.html

遠出せず、ツアーにも参加しなくても、オーロラを観測できる可能性はある。場所は上記エントリーを参考に。

  
Posted by buu2 at 23:30Comments(0)アイスランド

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月07日

il Canale

ワシントンDCで一番美味しいという人もいるジョージタウンのil Canaleでピザを食べてみた。










マルゲリータとシグネチャーメニューのジョージタウンを注文。確かに美味しいけれど、このレベルのピザは日本でもいくらでも食べることができると思う。

この界隈では珍しく日本人客が多かった(合計4人、観光客ではない)ので、どこかの日本語サイトで紹介されているのかもしれない。

il Canale
1065 31st St NW
Washington, DC 20007
(202) 337-4444