2016年12月07日

ワシントンに住んでいるくせに、DMM英会話を始めてみた(苦笑)

お前の周りにはネイティブが山ほどいるだろ!という声が聞こえてきそうなんだが、DMM英会話を始めてみた。

実際、僕の周りにいる人の3割は英語のネイティブ・スピーカーなんだが、先日、ファンタスティックビーストを観に行ってみたら、場内の客が大笑いしている場面で全然笑えなかったし、そもそもストーリーがよくわからなかった。そういえば、バットマン対スーパーマンも、こいつらなんで喧嘩してんの?と思っていたらいきなりお母さんの名前が一緒だかなんだかで和解しちゃって、友達だ、とか意味不明な展開になって、英語力の低さを痛感したのである。

よし、もっと英語を喋る機会を増やそう、と決心して、いくつか方策を考えてみた。今の所、メリーランド州がただでやってくれている移民向け英語学校しか行ってないので、何があるかなーと考えて、最初に浮かんだのがミートアップ。これ、こっちの出会い系みたいなサイト。それで、結構楽しそうなんだけれど、ほとんどのケースで、そこで設定されている飲み会が今通っている英語学校とバッティングしてしまう。他にもお手軽なのがないかなーと考えて見つけたのが、よりにもよって、日本の会社がやっているネット英会話である(笑)。

それで、もう三日ほど使ってみたのだが、悪くない。何より、安い。内外の賃金格差を利用しているので、最低賃金がべらぼうに安いフィリピンと旧ユーゴスラビア周辺の国の講師がほとんどなのだが、こっちで耳にするヒスパニック系のスペイン訛りの英語よりはずっと筋が良く聞こえる。セルビアあたりはちょっとネット環境が悪いのか、Skypeの調子が悪くなることがあるのだけれど、それ以外は何の問題もない。英語は結局のところボキャブラリーと会話経験なので、僕のニーズにはあってそうだ。

ということで、バカ安の有料プランで一ヶ月やってみる。成果については、緊迫の次号を待て!無謀にも、今日は「アライバル」を観にいっちゃうけど、さすがにまだ全然わかんないだろうなぁ。

さて、ここからは広告。僕は知人に紹介してもらったんだけど、紹介コードを使って有料プランを開始したら、無料チケットを5枚もらえた。これは、通常の契約に追加して利用できるチケットで、例えば一日一コマ(25分)を契約していると月30コマ会話できるところ、35コマ会話できる。これは結構お得。なんと、紹介者にも5枚行くらしい。ということで、この記事を読んで「おいらもやってみようかな」と思った人は、次の紹介コードを使うと、あなたも私もハッピーとなる。おくさん、12月15日までですって。

元木の紹介コード:310482953

こんな辺境のブログでも一日1000ビューぐらいはあるんだから、一人ぐらい始めてくれないかな(笑)。  
Posted by buu2 at 00:30Comments(0)TrackBack(0)英語学習

2016年12月06日

乗るタクシーを選ぶことができない日本社会

ASKAの個人情報問題でこんなつぶやきがあったんだけど、




これを見て思ったのは、個人情報保護法とは全然関係ないんだけれど、日本って、実質的にはほとんどタクシーを選ぶことはできないよな、ということ。夜中の新宿界隈で個タクを探してちょうちんはー、でんでんむしはー、とさまようことはあるけれど、会社名までは選ばない。基本、来た車に乗る。これが田舎になるともっと深刻で、歌志内なんか、今はタクシー会社が一つしかないから、選びようがない。

ところが、米国はUberがあるので、いくらでも運転手を選ぶことができる。車種、運転手、価格、今いるところまでの所要時間などによって好きなタクシーを選ぶことができるので、とても快適である。きちんとITを利用すれば世の中はこんなに便利になる、という見本なのだが、日本の為政者はバカなのでそういう制度設計ができない。どこかの既得権者が「そんな白タクを許可して、事故ったらどうする」とか言い始めると、そうかもしれないなぁ、と納得してしまう飼いならされた社会主義者たちの集団である。

こんな国に明るい将来があるとは思えないのだが、もうちょっとなんとかならんものかね?聞くところによれば、日本ではタクシーだって病院に突っ込んだりしているらしいじゃない。

電気代の値上げだってそうだけど、福島の事故の処理費用を上乗せする会社と、上乗せしない会社から、同じ土俵で好きな方を選べてはじめて自由主義社会なんじゃないの?実質的に選択の余地がない中で「三兆円上乗せします」って、それは東電のバカの責任を強制的に国民に負わせているだけだよね。

タクシーだって、選びたい人がちゃんと選べるのが理想的なんじゃないかなぁ。で、そういうシステムがすでに構築可能なのに、実現できない社会って何なんだろうね?

二ヶ月前にも同じようなことを書いたんだけどね。

参考:日本社会が社会主義社会であることのいくつかの典型的事例
http://buu.blog.jp/archives/51533963.html  
Posted by buu2 at 00:03Comments(0)TrackBack(0)ニュース

2016年12月05日

Lighthouse Tofu

テニス仲間の送別会ということで、ロックビルの韓国料理屋に来てみた。



















三枚目のお茶漬けが結構謎な品。日本の韓国料理屋でも食べたことがないのだけれど、こんなの、韓国料理にあるんだろうか?

味はまぁまぁ。肉が主の店は、米国では比較的安全パイ。

Lighthouse Tofu
12710 Twinbrook Pkwy
Rockville, MD 20847
(301) 881-1178  
Posted by buu2 at 22:43Comments(0)TrackBack(0)ワシントンDC

2016年12月04日

今日の収穫

日本に行っていたこともあって、しばらくご無沙汰していたエステートセールに久しぶりに行ってみた。エステートセール界隈は今はシーズンオフのようで、なかなか良さそうなセールが見当たらなかったのだけれど、どこでどう見落としていたのか、最終日になって気がついたセールになかなか良さそうな作品が掲載されていたので、もう売れちゃったかな、と思いつつの参加であった。一応、オープニング前に現場に到着しておいた。

家に入ってみると、売れ残りというよりは、販売開始直後という感じで、もしかしたらウェブへの掲載が遅かったのかもしれない。それでいて最終日で半額というのはなかなかおいしい。

結局、購入したのは次の3点。

琴塚英一作「農婦(立)」


14ドルという破格値だった。データベースを検索してみると、この作品辺りが近いようなので、1940年前後の作品だろう。

琴塚英一:賀茂の娘 (1942)
http://search.artmuseums.go.jp/gazou.php?id=152136&edaban=1

歌川芳艶作『川中島大合戦組討尽 上杉景虎・馬場美濃守』


歌川芳艶による『川中島大合戦組討盡』大判錦絵12枚続(安政四年(1857))の中の一枚。47.5ドルだったけれど、日本で買ったら5万円以上はすると思う。

JOY Dunn作:題名不詳


藤の花と十二単の女性を描いた一枚。状態が非常に良いし、作風が現代的なので、比較的最近の作品だと思う。75ドル。  
Posted by buu2 at 18:30Comments(0)TrackBack(0)美術

2016年12月03日

最新のSLの写真

いつの間にか、百貨店対抗の写真がアップされていたので、さっそくダウンロード。緩斜面なのに後傾して内倒しているので、こりゃ遅いはずだよ。





  
Posted by buu2 at 05:29Comments(0)TrackBack(0)スキー

Steven F. Udvar-Hazy Center | National Air and Space Museum その3

スミソニアン航空宇宙博物館別館のパート3は、残りの写真をペタペタ貼って行く。











































まだまだあるので、残りは追記に掲載。  続きを読む

2016年12月02日

Steven F. Udvar-Hazy Center | National Air and Space Museum その2

スミソニアン航空宇宙博物館別館のパート2は、日本に関係する飛行機である。

















































名機紫電改の真上に覆いかぶさるようにしてエノラ・ゲイが置いてあることにちょっと腹が立つのだが、B29はすげぇでかい。こりゃ、負けるよ。

紫電改や零戦をみてもびっくり仰天ということはないのだけれど、震電一号機が一部分とはいえ、展示されていたのはとても良かった。二号機と三号機は壊されちゃったんだよね、確か。終戦間際に作られた非常に独創的な機体で、実際に飛ぶところを見ることができないのが残念でもある。分解状態なだけで、部品はある程度揃っているんじゃないだろうか。  

Steven F. Udvar-Hazy Center | National Air and Space Museum その1

Steven F. Udvar-Hazy Centerとは、スミソニアン航空宇宙博物館別館と日本語訳されている博物館である。



ここに収納されているのはスペースシャトル、コンコルド、ブラックバード、エノラ・ゲイなどの巨大航空機である。あまりにもすごいので、3つに分割して紹介する。まずは、スペースシャトル等の宇宙関連である。




なぜか、未知との遭遇のマザーシップとか。



で、いよいよシャトル。







































他にも、宇宙ものがいっぱい。





















ミサイルも一応宇宙って分類で。  

2016年12月01日

給付型奨学金制度に見る、目的はとても正しいのに、やり方が馬鹿という事例

やろうとしていることは基本的に良いことなのに、やり方が馬鹿だから、いつまで経っても日本は三流国と評価され続けるという事例があったので紹介しておく。この記事で紹介されている給付型奨学金である。

給付型奨学金、1学年2万人を対象 自公が首相に提言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-00000105-asahi-pol

貧乏な苦学生にもチャンスを、という、機会の公平性の観点からは非常に良い施策なのだが、馬鹿が設定するから問題の多いものとなる。諸悪の根源はこの部分である。

対象者はすべて学校推薦で選ぶ。具体的には、約2万人分の枠を全国約5千の高校に各1人以上割り振り、各校は国が作る成績基準などの指針に基づいて推薦する。複数の対象者が割り振られる高校は、日本学生支援機構などが決めるという。


主観に依存する部分を残したがるところが、三流国の政治家が考えた案の特徴である。学校推薦になれば、学校内で「誰を選ぶのか」という問題が発生する。「うちは貧乏なので」という、貧乏自慢ぐらいならまだ良いのだが、「うちの子は先生に気に入られているから」といった話になってくると、なんとかハラスメントの温床になりかねない。クラス間での調整が必要になった時も、担任の力関係が選出に影響を及ぼしかねない。また、各高校への割り振りにも主観が関係してくるので、高校が日本学生支援機構に接待攻撃をかける可能性だってある。こうした可能性を、この制度のままで完全に排除するのはとても面倒だ。

日本の政治家は縁故資本主義の中で選ばれてきているので、こういうコネカネの世界に非常に鈍感である。フェアであることが最優先されるなら、この制度の概要を読んですぐに「これはおかしい」と気付くはずなのだが、そういう感覚が失われているのだろう。

給付型奨学金を設計するなら、基準は全国一律であるべきで、日本学生支援機構や各高校に裁量を与えるべきではない。単に、各家庭の収入と、あとはセンター試験の成績で決めてしまえば良いだけのことである。

日本におけるかつての共通一次試験、およびセンター試験の評価は非常に低いようだが、僕はこの客観テストは、数少ない、日本における非常に効果的な試験制度だと思っている。せっかく客観的に、全国横断的に学生のランク付けができるのだから、この仕組みを使わない手はないはずなのだが、なぜそれを避けるのか、さっぱり理解できない。多分、「俺たちは優秀だから、俺たちの主観で決めることが一番正しいに違いない」と考えているのだろう。勘違いも甚だしい。

日本人は、人間を客観的にランク付けするのは凄く苦手なくせに、主観的にランク付けするのは大好きだ。だから、いつまで経っても不公平な国のままだ。もうちょっと、公平とはどういうことか、まじめに考えた方が良い。  
Posted by buu2 at 08:00Comments(0)TrackBack(0)ニュース

2016年11月30日

渋草柳造

渋草柳造窯の六代目渋草柳造(戸田宗四郎)作。







高山の街をぶらぶらしていて、ふらっと立ち寄った陶磁器屋さんで見つけて、お土産に購入。同じシリーズで5、6個あったんだけど、他のはつるっとした釉薬だったのに、これだけは焼き締めみたいなざらっとした釉薬に上絵を描いていた。こんな質感だと、描き直しは難しいんじゃないかなぁ。  
Posted by buu2 at 05:14Comments(0)TrackBack(0)渋草柳造