2022年07月29日

引越し業者に関するメモ

引っ越しにあたり、ネットで評判を調べて、最終的にサカイとアートに絞って見積もりを取った。両社は僕がアイミツを取っていることを知っている。サカイは訪問しての見積もり、アートはスマホのカメラを利用しての遠隔見積もり。

先に作業したのはアート。20分ほどで終了して、結果は後日とのことだった。

数時間後にサカイ。いきなり米5キロをいただいた。日本人には効果的な営業手法かもしれないが、生憎僕はすぐ忘れる。以後は引越し荷物の調査の前に営業トーク。「弊社は取り扱い数が日本一」「事故の少なさも日本一」とのこと。さらに紙を取り出して、A社とサカイの車両数及び作業員の数について説明があったのだけど、要はA社は車両数に比較して人員が多いということだった。結論はA社はバイトが多くて信用できないというもの。逆だと思うしバイトだってきちんと訓練されていれば問題ないと思ったけれど、早く見積もりして欲しいので適当に聞き流しておいた。内容のチェックが始まるとすぐに「有機ELのテレビを運べるのはサカイだけ」という名言が飛び出したので、こちらは忘れないように心のノートにメモ。「これは見せてはいけない数字です。クビになるので会社には絶対に言わないでください」という言葉の後に見積もりに関する数字を見せてくれたのだけど、そんな紙を軽々に外に持ち出させる会社も会社だし、営業マンも口が軽くて信用できないと感じた。こういう言葉に惑わされる人が多いのだろうか。最後に「今決めていただければこれだけ安くできます」という営業トークまで出てきたけれど、「アートの数字を見てから決める」と断った。

見積もりの数字を見る前にほぼアートに決めていたけれど、一応数字を見てみたら当然のようにアートが安い。サカイは営業マンに賃金を払っているのだから当たり前。

実際の引っ越しにあたり有機ELを運ぶ段階でアートのお兄さんにサカイの営業マンが「有機ELを運べるのはウチだけ」と言っていた旨伝えると、それでは引っ越し屋は成り立たないとのこと。確かに。事前にテレビの機種名を伝えておいたら、それに適合するケースを持ってきていた。「これがあるのはウチだけかも?」とのこと。有機ELも無事梱包された。引っ越しは事故なく無事終了。アートのお兄さんたちはとても有能だったので、ペットボトルのジュースを一人2本と、新居で冷蔵庫の下に敷くマットを買ってあげた。

最後に見覚えのない米が残った。  
Posted by buu2 at 09:54Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月28日

フレッツ光の謎

引っ越しにあたり、転居先でのフレッツ光を発注。現場に作業員が来て工事する場合と、僕が作業する場合の二通りがあり、前者は高額とのこと。人を派遣するならそうだろうね。引っ越し先には光のアダプターがすでにあるので、僕が作業することに。それなら8月1日の工事とのこと。

今日になってNTT側で開通工事はできるのだが、僕の家に機材が届くのが8月3日になるとのこと。それでは1日に開通する意味がないと伝えると、作業員が訪問するなら機材を持っていけるとのこと。つまり、機材はそこにあるのだ。作業員が機材を持ってくるだけで高額請求になるのは馬鹿らしいので、じゃぁ僕が取りに行きますというと、それはできないとのこと。馬鹿なの?

こうやって高齢者を騙して高額請求につなげる作戦かもしれないので、「そちらの事情で1日に届かないのに、どうして負担が増えなくてはならないのかわかりません」というと、「少々お待ちください」とのこと。その間にNTT以外の会社を検討していたら電話があって「1日の午前中に届けられます」とのこと。

NTTって本当に謎な会社だよな。  
Posted by buu2 at 16:31Comments(0)日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月27日

ラーメン厨房 ぽれぽれ

IMG_2757


名称:ぽれぽれ
種類:中華そば
場所:茂林寺前
注文:生姜しょうゆ
評価:9/AAB
2022.7.27
コメント:麺は太平手打ちタイプ。きちんとコシがあって、スープの絡みも良い。手打ち麺でも、太さにばらつきは少ない。

スープは鶏ベースの醤油味。生姜ラーメンなので生姜が強め。麺が太いので大丈夫かな、と思ったのだが、ちゃんと麺を食べさせる力強さがあって素晴らしい。スパイスがやや強めに効いているのも良い。

チャーシューは美味しいけれど絶品とまではいかない。

バランス良く、とても美味しいラーメンだと思う。

すぐそばに恵三という美味しい寿司屋さんがあって、この近辺には割と良くくるのだけれど、どうして今まで気がつかなかったのだろう。

店名 ラーメン厨房 ぽれぽれ
電話 0276-72-7774
住所 群馬県館林市緑町1-32-8
営業時間 平日11:30〜14:00 17:30〜21:00 土・日・祝 11:30〜14:30 17:00〜20:30
定休日 月曜日

IMG_2754


IMG_2755
  

2022年07月26日

ほっともっとの特製幕の内

IMG_3266


生姜焼きか唐揚げにしておけば良かった。  

今日のオズバーガー

IMG_3265


とうとう「いつものですか?」と言われてしまった。今週いっぱいで引っ越しちゃうので、これまでのようには食べに来れないと思うけど。  

2022年07月25日

今日の麺&cafe Coi.Coi.

IMG_2749


IMG_2750


IMG_2748


冷やし煮干のラーメン。うーーーーん。これまでの人生で冷やしラーメンを美味しいと思ったことは多分一度もないのだけれど、今日もイマイチ。

そして、途中で投入しろと指示のあった煮干油を投入したら、一層ダメになった。苦いよ、これ。  
Posted by buu2 at 13:30Comments(0)グルメ−ラーメン

このエントリーをはてなブックマークに追加

澤谷由子さんのパラミタ陶芸大賞展2022大賞受賞に寄せて

澤谷さんの作品を最初に見たのは2016年1月、西小山のパルケという小さなギャラリーだった。当時の作品は染付けの下絵が中心で、いっちんの作品はメインではなかった。この時は高台のバランスが悪かったり、呉須の濃度にばらつきがあったりと、染付けというと中井理節さんと比較してしまう僕には少々物足りなく見えた。いっちんは呉須の作品に比べてキラリと光るところが見えたのだけれど、まだ澤谷さんの柱にはなりきれず、僕は澤谷さんの話だけ聞いて何も買わずに帰ってきた。受けた印象は作品よりも「背が高くて、陶芸が大好き」という人物像についてだった。

次に澤谷さんの作品を見たのは2016年の秋にあった企画展だった。僕は2016年4月から米国在住だったのだが、運良く訪日のタイミングと合致した。この時はいっちんが表看板のひとつになっていて、染付けといっちんを高いレベルで融合していた。それで迷わず一つ購入した。この時購入したゴブレットは、初期の澤谷作品の最高傑作だと思っている。なお、この頃に名門の卯辰山工芸工房を修了している。

三度目の出会いは2017年11月で、福島武山さんの工房に行ったついでに九谷の支援工房を覗いたら、なぜかエプロンを着てそこに澤谷さんがいた。卯辰山を出るタイミングで支援工房のスタッフに空きが出て、九谷で創作活動しているとのこと。そして、卯辰山の中腹にある山ノ上ギャラリーで開催中のグループ展の案内状をいただいた。綺麗な手書きの案内状をもらってしまっては見に行かないわけにいかない。本当は小松で高速に乗ったらそのまま埼玉へ直行の予定だったのだが、山ノ上ギャラリーに立ち寄った。ただ、この時はまだやりたいことが不明瞭なのか、残っていた作品から明確なメッセージを受け取ることはなかった。

澤谷さんは2019年の4月に大きな転機を迎える。森岡希世子さんとの二人展を開催したのだが、この時から透明釉薬をかけない作品に挑戦した。この発想の転換が超絶的に素晴らしく、澤谷さんの才能を開花させたと思う。まだ釉薬をかけた作品がメインではあったけれど、僕は迷わず釉薬のかかっていない作品を複数購入した。

それから後の活躍は多くの陶芸ファンが知るところだと思う。無釉薬の作品がメインとなり、コバルトの濃度を変えてグラデーションを滑らかにし、青だけでなく黄、赤などの色数を増やし、複数の色の融合にも成功した。直近のパラミタ大賞展では真っ黒な作品にも挑戦して、見事に仕上げてきた。

ここからは「自分でも作る陶芸ファン」として、見ただけではわからない澤谷作品の凄さを書いておきたい。

まず、澤谷さんは自分で下地を作っている。この造形の完成度が高い。茶碗の地を親指と人差し指で挟んで、高台付近から縁までなぞっていくと、地の薄さと厚みの変化を感じることができるのだが、薄くて均一なのだ。なので、実際に持ってみると見た目よりもかなり軽く感じられる。「見た目重厚持って軽い」が僕の理想で、まさにど真ん中である。また、蓋物を見ると造形の精緻さもわかる。蓋がピタッとはまって、緩みがない。九谷だと船木大輔さんの造形が見事だが、澤谷さんも決して見劣りがしない。

次の凄さは、色数の量である。土に顔料を混ぜて色土を作っていくのだが、この顔料の種類や量によって焼成した時の収縮率が変わってくる。土の水分量を適切にしないと、焼いた時に剥がれたりヒビが入ったりする。濃度を変える、色数を増やすと言うのは簡単だが、陶芸作品として完成させるためには沢山の試行錯誤による条件検討が必要になってくる。これは澤谷さんのノウハウであり、それゆえに唯一無二の作品を世に送り出している。

そしてもう一つ見逃せないのが、焼成まで全部生土で作っていくという点である。土は焼くと10%程度収縮する。絵付けの場合は上絵でも下絵でも最初に素焼きして、下地を完成しておく。一方でいっちんは土の上に土でデコレーションしていくので、下地だけ素焼きするということができない。一緒に焼かないと、必ず剥がれてしまう。「焼かなければ良いだけ」ではない。生土は素焼きしたものと違って柔らかく、放っておけば水分が蒸発してひび割れるし、水分を十分にすればカビが生えるし、間違って触れれば変形する。生土はとてもデリケートなのだ。澤谷さんの作品はいっちんで飾り付ける全行程を生土で扱うので、途中で不具合が生じる可能性がとても大きい。

澤谷さんの作品はパッと見ただけでもデザインセンスが良く、誰でも楽しむことができる。その上で製作過程を知れば、誰にも真似ができない超絶技巧の結晶と理解できる。僕は、澤谷さんが陶芸分野で女性初の人間国宝になると思っている。今回のパラミタ大賞展は、そこまでの道のりの一歩になると良いと思う。
  
Posted by buu2 at 12:16Comments(0)澤谷由子

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月24日

今日の田村家

IMG_2746
  
Posted by buu2 at 19:00Comments(0)グルメ−ラーメン

このエントリーをはてなブックマークに追加