2015年04月21日

ブログでバイオ 「科学的知識がないとコロッと騙される!新・三大インチキ健康食品」

まず有権者に訴えたいことは、健康食品のほとんどは、効かないから健康食品なのであって、もし本当に効果があるなら、薬として販売されているということなのです。効果のある成分が単離されているにも関わらず、それが薬品として販売されていないということは、すなわち、効果が認められないということにほかならないのであります。

(1)コラーゲン
こんなもの、食べてもなんの役にも立たない。というか、普通に食事していれば嫌でも口に入ってくるもので、むしろ食べないでいることの方が難しいくらいにありふれたタンパク質である。「コラーゲンが豊富」と言っているのは「塩分が豊富」とか、「水分が豊富」とアピールしているのと何ら変わりがないと書けば、馬鹿さ具合がわかっていただけるだろうか?料理評論家や飲食店がコラーゲンに言及していたら、馬鹿か無知か悪意があるかのどれかで、どれにしても三流の証拠である。詳細は拙著「コラーゲン食って肌がぷりぷりになるわけねーだろ」参照のこと。


(2)ウコン
良く二日酔い対策として使用されるウコンだが、ウコンの有効性が確認されているのは消化不良に対する効果のみ*1で、二日酔いの予防や改善に関する科学的根拠は皆無である。二日酔いの防止・対応方法は1.空腹時の飲酒を避ける、2.飲酒前だけでなく、食べながら飲む、3.飲み過ぎない、4.二日酔いになったらスポーツドリンクで水分を補給する、の4つで、空腹を避けたり、水分を補給するといった二次的(空腹ではない状態にする)、三次的目的(ウコンを飲むのに水を使う)でウコンを服用することはあり得るものの、わざわざウコンを摂取する積極的根拠は見当たらない。それが証拠に、みなさんが二日酔いで病院に行っても、ブドウ糖、あるいはそれにミネラルやビタミンを配合した点滴をして、水分を補給、代謝を促進してくれるだけ。間違っても、ウコンを処方されることはない。

(3)コンドロイチン
コンドロイチン硫酸は軟骨のクッション性に重要な役割を果たしている物質で、関節痛に効果があると誤解することを期待したインチキコマーシャルが散見される。しかし、コンドロイチンを経口摂取しても何の効果も見込めない。なぜなら、関節軟骨には血管が存在しないため、消化管から吸収されたコンドロイチンが関節内に移行できないからである。また、変形性関節症に対するコンドロイチン硫酸の効果についてのランダム化比較試験の報告はポジティブ・ネガティブ両方が存在し*2,*3,*4、結論は出ていない。

*1 Randomized double blind study of Curcuma domestica Val. for dyspepsia.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2699615?dopt=Abstract

*2 Long-term effects of chondroitins 4 and 6 sulfate on knee osteoarthritis: the study on osteoarthritis progression prevention, a two-year, randomized, double-blind, placebo-controlled trial.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19180484?dopt=Abstract

*3 Effect of a dietary supplement containing glucosamine hydrochloride, chondroitin sulfate and quercetin glycosides on symptomatic knee osteoarthritis: a randomized, double-blind, placebo-controlled study.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21969261?dopt=Abstract

*4 Glucosamine, chondroitin sulfate, and the two in combination for painful knee osteoarthritis.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16495392?dopt=Abstract


おまけ 微妙な健康食品 グルコサミン
動物の皮膚や軟骨、カニやエビの甲羅に含まれる。経口摂取の場合、効果はポジティブ、ネガティブ、両方の論文が存在し、効果についての結論は出ていない。  

2015年04月20日

今日の陶芸教室:大皿

作品:大皿とれんげ
釉薬:石灰透明
粘度:赤
制作:3/11
削り:3/18
釉掛け:3/25

普通に玉作りで作ったあと、白化粧を施し、透明な釉薬をかけた。










同じように作ったのに、皿とれんげの色合いが全然違うものになってしまった。釉薬のかけ具合なのか、釜で焼いた時の場所なのか、原因は不明。

試しにカレーをよそってみた。




食べてみてわかったのは、すぐに冷めちゃうということ。そこそこ厚みがあるので、熱容量が大きいようだ。おかげで、冷めやすい。逆に言えば、一度温めてしまえば、冷めにくいということ。煮物など、汁で熱を確保できる料理に使おうと思う。  
Posted by buu2 at 14:42Comments(0)TrackBack(0)陶芸

新宿中村屋 インドカリー 香りとコクのキーマ

カップラーメンよりは食べる価値があると考えられるレトルトカレーだが、食べずにあたりをつけるポイントはおおよそ次の通り。

◯インドカレーかタイカレーである

◯使っている肉はチキン(ひき肉を含む)である

◯なるべく辛いほうが良い

今回手に取ったのは中村屋の「インドカリー 香りとコクのキーマ」である。




上述の条件は上2つを満たしているのだが、辛さが足りない。ちょっと不安になりながら食べてみたのだが・・・悪くはない。が、良くもない。まぁ、レトルトカレーでここまでの味を出せれば、ということなのかも知れないけれど、自分で作ったほうが美味しいのは言わずもがな。それでも、評価は☆2つ。  

2015年04月19日

中川さんのこれ買った

なんか、バイオの人間としてはぴったりくる感じ(笑)。

「培養」



今日までです。

中川知洋 個展 -ヨリドコロ-
TOMOHIRO NAKAGAWA
-YORIDOKORO-
場所:万画廊 東京都中央区銀座一丁目23-2 GINZA 上野ビル1F
会期: 4月19日(日)18:00終了  
Posted by buu2 at 12:12Comments(0)TrackBack(0)美術

2015年04月18日

スモールワンダーランド再訪

前回、ゆっくり目に行ったら美味しそうなところが色々売り切れだったので、ちょっと早めのタイミングで出かけてみた。

前回の評価はこちら
スモールワンダーランド
http://buu.blog.jp/archives/51465156.html

今回はちゃんと全部揃っていたので、仔牛の胸腺、鴨、鹿などを食べてみた。






















結構上品な感じでなかなか美味しかった。歌舞伎を観た帰りにちょうど良いかも知れない。

店名 スモールワンダーランド (small wonderland)
TEL 03-3547-3805
住所 東京都中央区銀座4-12-2
営業時間 [月・火・木〜土]18:00〜23:00(L.O.22:00) [日]17:00〜21:00(L.O.)
定休日 水曜日(祝日のときは夜から営業)  

2015年04月17日

ソロモンの偽証 後篇・裁判

前篇の印象がとても良かったので、後篇にも期待していた。結論から言えば、まぁまぁアタリ。なお、前篇の評価は☆2つ半だった。

ソロモンの偽証 前篇・事件
http://buu.blog.jp/archives/51478693.html

やはり、監督でもなく、役者でもなく、「宮部みゆき」の名前で宣伝しているように、宮部みゆきの原作力が凄かった。正直、ミステリー部分はなんてことないと思うのだが、それでも前篇・後篇の5時間を緩みなくグイグイ引っ張って行ってしまう。

三谷幸喜作品でもないのに、良い役者を惜しみなく配しているところも凄い。佐々木蔵之介、夏川結衣、田畑智子、余貴美子、松重豊・・・と、重要ではあるけれど、チョイ役に、これでもかと実力派が揃う。このあたりはプロデューサーの手腕だろう。子役の質もなかなか高かった。中には「大事な役だし、もうちょっと頑張ってくれたらなぁ」という子役もいたけれど、概ね良い演技をしていた。

一方で、演出部分では「?」というところがなかったわけではない。前篇でもあまりにもゴムボールみたいに人体がすっ飛んだりしたけれど、今回も突然雨になったりして、これだけの急変なら雷なり、強風なり、前触れがあるんじゃないの?と思うし、おいおい、あんた、そのアイスをどこにどうやって隠していたのよ、と思った。最後の電話は40秒間だったと思うのだけれど、実際の通話はもっとずっと長かった。何かあるとすぐにざわつく裁判シーンの演出もリアリティに欠けていたと思う。大体、あれだけ優秀な中学生たちが集まっているのに、日本の国会みたいなヤジが飛び交うのも違和感ありだった。でも、東京の市内局番が4桁になったのは1991年なので、3桁と4桁が共存していたあたりは細かいところを頑張っていたと思う。

前篇はスピーディでテンポ良く展開したのだが、謎解きになった後篇はおそらく原作でたっぷり語られたはずの柏木君の環境などが全部すっ飛ばされるなど、言葉足らずな部分が少なくなかった。あんまり書くとネタバレなので自粛するが、これなら、尾野真千子と余貴美子のパートなどは全部削除してしまえば良かったのにと思わないでもない。分厚い原作を4、5時間の映像にまとめるためにはたくさんカットしなくてはならないところがあると思うのだが、削ってはいけないところもあったはず。もしかして、スピンアウトで柏木君を描く映画を作るつもりなんだろうか????ということで、評価は☆2つ。多少の失速はあったものの、「じゃぁ、原作を読んでみようかな?」と思うぐらいには良くできていたと思う。

しかし、それにしても、中学生ってあんなにできが良いのかな???スーパーすぎる気がした。  
Posted by buu2 at 22:58Comments(0)TrackBack(0)映画2015

2015年04月16日

北インド風ほうれん草カレー

中村屋の新しいレトルトカレーだと思って買っちゃったんだけど、S&Bだった。間違ってしまったとはいえ、買ってしまったものは仕方がないので、食べてみた。




辛さはレトルトとしては普通。汗が出てくるようなことはない。塩気が薄く、かといって素材の味が楽しめるわけでもなく、なんかぼんやりしたもの。そのぼんやり感を一層強くするのがパッケージに書いてまで主張しているチーズ。ときどき5,000円ぐらいのチーズを買ってきて食べるくらいにはチーズ好きなんだけれど、贔屓目に見ても、美味しいとは言えないチーズの塊が数個、入っている。このチーズは無い方が良いと思う。

不味い!と言い放つほどには不味くないのだが、また買うかと聞かれれば、中村屋の新製品と間違えない限り買わないと思う。評価は☆1つ半。  

ファストフードの賃金を1,500円にするという夢物語

なんか、ファストフードの賃金アップを求める世界的な取り組みがあるらしいんだけど、

<ファストフード>世界同時 賃上げ1500円アピール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00000072-mai-soci

正直、わけわかんない。もし仮に、日本でこれが実現したらどうなるのか、簡単に思考実験してみる。

●一つ目のシナリオ
バイト代が時給1,500円になれば、その分は価格に転嫁される。
ファストフードは定価販売が基本なので、商品価格がアップする。
例えば、マクドだけがこれをやったとする。
マクドの商品価格だけが大幅にアップする。
マクドだけが高くなれば、マクドの客は激減する。
マクドは困る。
では、マクドだけじゃなく、業界全体がこれをやったとする。
ファストフード全体が高くなれば、客はファストフード離れを起こす。
ファストフードは斜陽産業となり、店舗数が減る。
雇用が減る。
ファストフードしか働く場がない人間は失業する。
誰も幸せになっていない。

●二つ目のシナリオ
ファストフードの価格だけが高騰するから困る。社会全体で最低賃金を1,500円へと法律で規定する。
定価販売が一般的なコンビニはバイトを雇えなくなる。
家族経営にならざるを得ず、24時間営業は不可能になる。
コンビニ消滅。
そのほかの業界でも、脱バイトが進む。
バイトで食べて行きたい人は一網打尽である。
世の中全体が高コスト化するので、物価高は避けられない。
多くの人が貧困にあえぐことになる。

という感じで、短期間に社会秩序が崩壊してしまうだろう。

今、目の前にあるファストフードやコンビニは、今の法律を前提として構築されている。安易に法改正すれば、構築された社会秩序は簡単に崩壊し、それで損をするのは結局のところ、社会的弱者である。

大幅に省力化が進んだ業界として、ガソリンスタンドが挙げられる。今や、1/4以上がセルフ給油だ。ガソリンスタンド数自体、1990年頃からずっと減少を続けているが、セルフ給油所だけは増加が続いている。今の日本においてガソリンスタンドは絶対必要な施設だが、差別化が困難で、人件費の節約しか生き残りの手段がないため、店舗数の縮小と省力化が進んでいる。最低賃金が上昇すれば、同じような省力化があらゆる業態(とりわけ、コンビニのような差別化が困難な業態)で顕在化するし、すでに顕在化している業界では、加速するだろう。

今の日本の社会インフラは全て「時給900円や1,000円で働く人が存在する」ということを前提に構築されている。時給1,000円で働きたい人間がいる場合、法規制がない限り時給1,000円の仕事はなくならない。時給1,000円では嫌だ、という人で、もっとたくさんの付加価値を生んでいる(あるいは、生むことができる)という人は、もっと時給の高い仕事に就くのが手っ取り早い。

しかし、ここでまた問題が生ずる。多くの仕事は、既得権者である中・高年の無期雇用社員(いわゆる正社員)によって占められていて、能力があったとしても、それを活かす職に就けないのである。これこそが、最大の問題なのだ。また、ファストフードのバイトは、所詮、その程度の付加価値しか生んでいないということも言える。高校生でもできてしまう仕事に、それほど大きな付加価値があるとは思えない。

やるべきことは既得権者(正社員)の権利の縮小と、同一労働同一賃金の実現である。

ところが、有期雇用社員(いわゆる非正規社員)は、既得権の縮小ではなく、自分が既得権者になることを目指す。でも、それは無理。無理なのに、「できるかも?」と、希望をチラつかせて、現状維持を図ろうとするのが既得権者達の戦略である。バイトや有期雇用社員たちは早くそのことに気付いたら良いと思う。

#もちろん、高付加価値の労働ができないなら給料は安いままだけど、それは仕方ないよね。  
Posted by buu2 at 10:36Comments(3)TrackBack(0)ニュース

2015年04月15日

韓美膳

韓国料理って最近ほとんど食べてなかったんだけど、飛行機が不時着して話題になっているので食べてみた。食べたのは池袋のルミネの韓美膳。



















なんか、肉だけさっと焼いて、あとは作り置きしてありました、という感じの料理。豚肉も脂が多くて、それでも焼き過ぎという謎の状態。お腹は一杯になるけれど、ちょっと高いし、そもそも美味しくない。北口方面で探せばよかったと後悔した。

店名 韓美膳 (ハンビジェ)
TEL 03-3981-4131
住所 東京都豊島区西池袋1-11-1 ルミネ池袋店 8F
営業時間 11:00〜23:00(ランチは17:00まで)LOフード22:00/ドリンク22:30
定休日 ルミネ池袋に準ずる  
Posted by buu2 at 15:30Comments(0)TrackBack(0)グルメ−韓国

マジック・イン・ムーンライト(Magic In The Moonlight)

magicinthemoonlight


1928年ベルリンという注釈からスタートするのだが、ドイツが舞台なのは最初だけで、以後は南フランスのコート・ダジュールに移してのちょっとしたラブコメディである。

有名なマジシャンが若い女性霊能者のインチキを暴こうとするのだが、次から次へと彼女の超能力を見せつけられ、ついには彼女の熱烈な信者となる、というストーリーを、映像も、音響も、ちょっと古くさい感じに、1900年代半ばぐらいのテーストで仕上げている。

全体の構造はそれほど複雑ではないのだが、有名なマジシャンや霊能者という設定が特定の場面で効果的に利用される。それらの場面への誘導が巧妙なので、観る側も「あ、これを見せたかったんだな!」といった具合にすっきりする。このあたりの脚本力がさすがウッディ・アレンなのだが、わかりやすいと言えばかなりわかりやすく、序盤でラストまで展開を予想できてしまう。そうした理由で、映画を見慣れている人間にはちょっと底が浅く、砂糖たっぷりで甘いだけのケーキを食べたような気分になるかも知れない。他にも、50代と20代の歳の差に誰も違和感を挟まないとか(観ている側にはある。というか、僕は感じた)、交通手段がなさそうなところを瞬時に移動したりとか、小さな違和感はそこここに存在した。でも、そんなことを色々と指摘するような性質の映画ではない。

「良し、観るぞ」と腰を据えて観る作品ではなく、女性の友人同士で「買い物で歩きっぱなしだったので、ちょっと映画でも観て一休みしようか」と観に行くのが最も正しい鑑賞プランだろう。

ところで、この作品も、例によってタイトルから「ザ」をわざわざ落としている。「マジック・イン・ザ・ムーンライト」を「マジック・イン・ムーンライト」にすることによって一体どんな効果が上がるのか良くわからないのだが、邦題を決める人間の中には馬鹿が少なくとも一人いることがわかる。

評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 12:07Comments(0)TrackBack(0)映画2015