2014年04月24日

丸山吉平

とんかつ本制作作業もいよいよ佳境である。この段階になって、知人から「食べログで評価の高い店はひと通り食べておいたほうが良いのではないか」という指摘があったので、喉元まで出かかった「あんなドシロウトばかりのとんかつ評があてになるなら、こんな本は要らないよ」という言葉を押しとどめて、食べログで高評価の丸山吉平を食べに行くことにした。

注文したのは一番高い「ぼーヒレかつ(恐らく、棒ヒレかつ)定食」、2,100円。

揚げ油はラードのようで、薄い肉は普通の温度で、厚い肉はそれよりもやや低温でじっくりと揚げている様子だ。待っている間にご飯、味噌汁、漬物が出てくるが、味噌汁は大根と人参のみの普通のもの、漬物もとりあえず出しておきます、といったレベル。ご飯は普通に美味しい。










そうこうしているうちにかつが出てきたのだが、衣は標準か、やや細かめ。油の温度はやや低めかもしれないのだが、時間をかけているのでしっかりと揚がっている。かつは揚げたあと、数分休ませて内部まで熱を通してからやや薄めに切り分けられるので、熱くて火傷してしまうといった心配はない。




衣が肉から剥がれてしまうようなことはなく、衣と肉の一体感を楽しめる。肉はジューシーだが、両端はさすがにしっかり火が通っていて、SPFならではのレア感が味わえるのは中央の5、6切れだけである。中央の部位は確かにジューシーだが、それはレア状態なので当たり前。問題は、この肉汁に旨味がほとんど感じられないことで、単に水っぽいだけになっている。通常こういう肉を使うときは下味をつけるものだが、この店では下味はほとんどつけていないようだ。結果として味が足りなくなるので、塩や、いつもは使わないソースを使わざるを得なくなる。とんかつ屋の評価方法で一番簡単なのは、素のままでも美味しく食べることができるかどうかなのだが、この店のとんかつは無理。が、ソースはソースでキャベツには良いのだが、とんかつにはちょっと甘すぎる感じで、結果として三種類用意されている塩で食べることになる。個人的には、ブラックタイプは美味しくなく、他の二種類をおすすめしたい。

ちなみに、SPFとは養豚の方法。無菌状態で飼育するため、食中毒の原因菌に汚染される可能性が低い。とはいえ、流通段階で肝炎ウイルスに感染する可能性も残されており、全く熱を通さずに食べるのは危険が伴う。手間ひまかけて飼育するせいもあってか、SPF豚は隠し包丁をしっかりいれなくても柔らかい肉になる傾向が強い。この店の肉も柔らかさは十分だった。

トータルで見ると、味は2,100円なら標準以上かも知れない。いつも和光のとんかつを食べているような層なら満足できる可能性が高い。しかし、「丸五」や「すぎ田」といった、この店の近所にある名店で食べ慣れている層には恐らく物足りないはずだ。もちろん、それらの店の値段は、この店の値段よりも高いのだが。

また、店主の所作が乱暴・がさつで、とにかく店の中でバタン、ガチャンというやかましい音が絶えない。隣りに座った客は待っている間中貧乏揺すりをしていて、食べ始めたと思ったら今度は口をあけてくちゃくちゃと大きな音を立てながら食べている。要は、そういう客層が集まる、そういう店なんだろう。とんかつに「粋」を求める層が行く店ではない。

店名 丸山吉平
TEL 03-5829-8290
住所 東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワー107 1F
営業時間 11:00〜
定休日 不定休  

総統閣下はお怒りです「ひとりぼっちの日本人」

モリタック:大変です!残業代がゼロになってしまうそうですよ!!??

ヒロッコ:あんた、残業しているの?

モリタック:してますよ!昨日も、夜中の3時まで・・・

ヒロッコ:ただ作戦室にいただけでしょう?

モリタック:作戦室の警備も重要な任務です!

ヒロッコ:あんたはゲームしていただけじゃない。それに、あなた程度の警備ならバイトでも十分できちゃうわよ。

モリタック:それを言われると二の句が継げないのですが・・・

ヒロッコ:それはさておき、残業代ゼロ案というのは、これね。

「残業代ゼロ」一般社員に拡大を提言 産業競争力会議
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140422-00000180-fnn-bus_all

閣下:良い話じゃないか。

モリタック:ええっ!?横暴ですよ!!

ノブポン:モリタック先輩が閣下に楯突くとは珍しいこともあるような、ないような、とりあえず、直ちに処刑されるようなことはないと思いますが、大丈夫でしょうか。

閣下:モリタックはちゃんとこの記事を読んだのか?対象になっているのは、「年収がおおむね1,000万円以上で、高度な職業能力を持ち、自律的、創造的に働きたい一般社員」だぞ?

ヒロッコ:モリタックには全く関係ない話よね。

モリタック:それはそうですが・・・

閣下:今の日本がなぜ斜陽国家となっているのか、例えば、海外からまでも、低い経済成長率を懸念されたりしているような悲惨な状態なのか、わかるか?

モリタック:もちろんわかりません。

ヒロッコ:閣下、モリタックにもわかるように説明してやってください。

モリタック:ガンダムでお願いします!

閣下:たとえば、ガルマはなぜシャアよりも階級が上だったのか、考えてみろ。

モリタック:それは、血筋じゃないでしょうか?

閣下:血筋が良いからといって、軍人としての能力が高いとはいえないよな?

モリタック:はい。

閣下:では、諸君の愛してくれたガルマはなぜ死んだのだ?

モリタック:坊やだからですか?

閣下:能力が低かったからだな。ガルマは自業自得かも知れないが、ガルマの下で働いていた下級兵にとってはとんだとばっちりだ。上官がガルマだったばっかりに、わずか第十話で戦死するはめになったのだから。

モリタック:私は良い指揮官の下で最終話まで働きたいです。

閣下:つまり、血筋などではなく、能力で評価された上官の下で働きたいのだろう?

モリタック:もちろんです。

閣下:逆に言えば、能力がないのに、上官になられては迷惑なわけだ。

モリタック:その通りです。

閣下:そういう、能力以外のところで評価され、偉くなってしまうのが日本社会なんだよ。

ヒロッコ:モリタックがこの作戦室にいることを考えれば、すぐにわかるわよね(笑)

閣下:もちろん、全部が全部というわけではないし、むしろちゃんと能力のある人間の方が多いだろう。しかし、そういう中に、能力以上の給料をもらっている人間も少なからず含まれている。

モリタック:私の能力が低いことは認めますが、それにしても、残業代がゼロなのは酷いです。それに、いつの間にか、テーマが残業から能力の話に変わっていますよ!

ヒロッコ:残業代をゼロにしようというのは、働き方を変えましょう、何時間働いたかじゃなくて、どのくらい成果を出したかで評価しましょう、ということなのよ。一口に言えば「成果主義」への変換なの。そして、それは年功序列から能力主義への変換でもあるのよ。

モリタック:ええっ!?

閣下:要は、能力の高い人は、それにあった環境で切磋琢磨し、高くない人は、それなりの環境で働け、ということだ。

ヒロッコ:大事な点は、「能力の高い人」ということよ。自分の裁量で業務をコントロールできないような人は最初から対象にはなっていないの。

モリタック:私たち、下々の者は今までどおりなのですか?

ヒロッコ:そんな甘い話があるわけないじゃない。

モリタック:やはり。どんな裏があるのですか?

閣下:これまでは、年功序列という形で、能力が高くない人間でも偉くなって、それなりの給料をもらうことができた。しかし、これからは、ただずっと会社にいたという実績だけでは、良い待遇にはならなくなるはずだ。間違っても、年収1,000万円を超えることはないだろう。

モリタック:それは困ります。

ヒロッコ:困るなら、頑張って働いて、実績を積めば良いのよ。

モリタック:でも、その実績を正当に評価してくれなかったら、どうしたら良いのですか?

閣下:本当に実力があるなら、その実力を正当に評価してくれる会社に転職すれば良い。

モリタック:自信がないのですが・・・

閣下:つまり、お前みたいに、大して努力もしていない癖に、自分の能力については漠然とした自信を持っていて、それでいて、誰かに評価してもらうだけの根拠は持ち合わせていない奴らが、山ほどいるのがこの国なんだよ。

モリタック:はぁ・・・・

閣下:でも、大丈夫だから心配するな。お前みたいな奴でも引き続き雇ってくれるような良い組織が日本にはまだまだたくさんある。

モリタック:そうなんですか!?

ヒロッコ:たとえば、地方公務員とか。

閣下:年功序列、終身雇用型の組織の代表例だな。

モリタック:良かった!!

ヒロッコ:あるいは、単純作業のような業務に従事している場合は、労働時間に見合った賃金が支払われるはずよ。

モリタック:良かった!!!

ノブポン:とはいえ、最近は地方自治体も青息吐息のところが散見されますし、旧態依然型の大企業も業績が悪化し、経営が破たん寸前というケースもあるようです。

モリタック:じゃじゃじゃ、どうしたら良いんですか?

閣下:でもまぁ、まだまだ多くの地方自治体は大丈夫なんじゃないか?

モリタック:では、公務員を目指しますっ!!

ヒロッコ:ただ、そういう組織の待遇、特に給料は、今よりも悪くなっていくんじゃないかしら?

モリタック:どうしたら良いんですか!?

ヒロッコ:努力して技能を身につけ、頑張って成果を出すしかないんじゃないの?

モリタック:それが無理なら?

ヒロッコ:だから、それなら、安い給料で、つまらない仕事をするしかないわよ。

モリタック:お先真っ暗です(;_;)

ヒロッコ:職業に貴賎なし、よ。つまらない仕事でも誰かがやらなくちゃならないのだし。

閣下:今や、モリタックのような「楽して偉くなりたい」という人間の逃げ道は、世界中探してもほとんど見当たらない。あったとしても、自国民の面倒を見るので手一杯で、受け入れている余裕などない。

モリタック:なんということでしょう・・・

閣下:とはいえ、日本も民主国家だから、大勢の生活者が「経済成長なんてしなくて良い。貧乏に耐えて、老衰のように、国家が衰えていくのもやむなし」という考え方なら、今の状況を維持することになる。

モリタック:それはそれで困るんですが・・・

ヒロッコ:あんたのような考え方の人がこの国には多すぎるのかもね(苦笑)。

ノブポン:財政破綻は目前ですし、高齢化には歯止めをかけようがありません。せめて優秀な人材ややる気のある人材がきちんと評価される社会だけでも作っておきたいものです。

閣下:優秀な若い人は、もうすでにこの国を見捨てて、外に出ていきつつあるけれどな。

ヒロッコ:結局、こういうニュースに目くじらを立てているのは、実際には年収1,000万円なんて夢のまた夢のような人たちで、そのせいで社会が停滞したら、困るのはその人たち自身なのよね。

閣下:年収1,000万円以上なら、もう残業とか、正規・非正規なんて関係ない働き方をしている人間がほとんどだから、こんなニュースを聞いても基本スルーだ。そのせいもあって、無関係な奴らが騒いでいるのだけが目立つんだろうな。

ヒロッコ:ほら、モリタックのことよ。

モリタック:やっぱり、楽して稼ぐのは無理なんですね・・・

閣下:大体、最低でもこれくらいやらなくちゃ、経済再生に向けた三本目の矢なんて、ひとつもないようなものだ。

ヒロッコ:ほんとに、これにまでも反対するような人には、ぜひ有効な経済政策を提案して欲しいものですよ。

ノブポン:そこで国土強靭化計画のようなバラマキ政策が登場するわけですが、もちろんそういう政策の効果はただちに現れるわけでもなく、実際には財政が破綻してもまだ現れないでしょうね(笑)。

閣下:年収1,000万円を超えている奴は俺の周りにゴロゴロしているが、サービス残業がどうのこうのと言っている奴は見たことがない。

ヒロッコ:残業代などは飾りです。稼いだことがない奴にはそれがわからんのですよ。

モリタック:わかりません・・・

閣下:旧態依然とした体質の大企業が、年功序列で偉くなってしまった不良債権を内部に抱えて青息吐息という現状がある。こういう会社が傾くと、どうしたって役所が敗戦処理に動かざるをえない。それはそれで面倒くさいので、今のうちになんとかなる会社だけでも、自力で再生して欲しいわけだ。一方で、企業の側から「使えない」と不良債権の烙印を押された社員でも、他に活躍の場はあるかも知れない。それなら、終身雇用という縛りで会社につなぎとめておくのも合理性がない。日本の経済再生に向けたロードマップは、労働市場の流動化が一丁目一番地なんだ。

モリタック:でも、日本は、終身雇用と年功序列によって、高度経済成長を成し遂げたのではないですか?

閣下:お前は、世界が変わったのに過去の成功にしがみついている奴の典型だな(笑)

ヒロッコ:もはや、日本は一人負けという状態になりつつあるのに、ですね。それに、雇用の流動化の本当のターゲットは若者じゃないのに、なぜか若者がデリケートに反応するのが不思議です。

閣下:若者も、二十年経てば中年になるからな。

ヒロッコ:でも、さすがに二十年後は、今のような社会ではなくなっていますよね?

閣下:財政破綻国の仲間入りしているかもしれないな(笑)

追記:参考になるエントリー
残業チキンレースにそろそろサヨナラしよう!
http://jyoshige.livedoor.biz/archives/7225088.html

残業代0の世界
http://anond.hatelabo.jp/20140424223012

  

2014年04月23日

喜蔵




名称:喜蔵
種類:塩
場所:東京
注文:らーめん
評価:6/AB-
2013.4.22
コメント:麺はやや太め、平打ち麺としては標準的な太さ。ほぼストレートなのが珍しいが、何かアピールするものがあるかといえばない。コシはあるし、スープも絡むので不満はない。

スープは豚骨ベースで、肉や野菜でダシをとっている様子。塩ラーメンとしては美味しい部類だと思うが、脂が多すぎて口がベトベトする。また、真ん中に乗っている白い物体が、動物性脂肪と業務用保存料入りにんにくを混ぜたような物質で、これを溶かすと風味が大きく劣化する。

チャーシューはなかったので、無評価だが、トッピングされている牛タンはラーメンには合わない。これなら、ない方がマシなのだが、それだと牛タンラーメンにならないのが難しいところ。

別にまずくはないけれど、二度と食べないと思う。

店名 喜蔵 (キゾウ)
TEL 03-3216-7545
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 東京ラーメンストリート
営業時間 10:30〜22:30(L.O.22:00)
定休日 年中無休  

ロッテ ジェラートマイスター シチリアレモン

なんとなく買ってみたけれど、ちょっとレモン的なシャープさがなくて、それはジェラートだから当たり前なんだろうけれど、僕が求めているのとはちょっと違った。


  

2014年04月22日

オリジナル ラ・ターボラ パスタソース トリュフクリーム

カルディのお手軽料理調味料はなかなか便利なんだけれど、パスタソースはちょっと高いので買わないでいた。でも、このトリュフクリームは美味しそうなので、ついつい買ってしまった。




少量のトリュフに大量のマッシュルーム、不足分はトリュフオイルで補完、という感じがするけれど、数百円で購入可能な商品だから、こんなものだと思う。400円近い価格だったと思うので、かなり奮発した感じだけど。  

2014年04月21日

京都観光ガイド

四日間京都の街を散策したので、京都観光のポイントをまとめておく。

1.京都観光の基本はバス
バスには、市営バス、京都バス、JRバスなどがあるようだが、市バスと京都バスは設定区間内なら一日500円で乗り降り制限なしというフリー切符がある。区間はほとんどの観光スポットが含まれているので、この切符でうろうろするのが良い。このチケットはバスの中で運転手さんから購入可能。ただし、小銭を用意しておく必要あり。京都駅から金閣寺や銀閣寺などの町外れまで行くと、45分ぐらいかかったりするから要注意。バスの時刻表は全く参考にならない。さらに、朝の京都駅のバス停は物凄い混雑である。ここで時間を浪費するのはもったいないので、京都駅から観光をスタートするなら、最初は電車を使うのがおすすめ。ともかく、京都観光はバスをどう利用するかがポイントである。「タクシーで良いじゃん」というのはごもっとも。

2.京都は晴れに限る
花を見るにしても、庭を見るにしても、寺を見るにしても、天候は晴れに限る。もし折角出かけたのに天候が曇だったり雨だったりしたら、迷わず仏像見学や河原町散策、グルメ旅行にした方が良い。どうせ、「やっぱり晴れのときにもう一度来よう」となるのだ。ただし、沖縄や北海道など、田舎から京都に来るのなら仕方ないのだが。「そうだ、京都に行こう」というノリで、新幹線でチョイっと京都まで行けちゃうなら、晴れを選ぶべきだし、天気が悪ければ屋内観光に切り替えたほうが良い。

3.余裕があれば、早朝から観光すべし
平日、土日の区別なく混雑している京都だけど、朝はそこそこすいている。だから、ホテルや旅館の食事が7時からなら、出発の支度を済ませてから朝ごはんを食べて、食べ終わったらもたもたせずに出発してしまうのが良い。清水寺は朝6時から拝観可能だし、冬季以外なら龍安寺は8:00、銀閣寺は8:30から拝観可能。金閣寺も、太陽の方角を考えれば午前中に観ておいた方が良い。京都は、朝から観光するのが鉄則である。

4.京都観光に関するエントリー
観光スポット
清水寺
http://buu.blog.jp/archives/51427812.html
銀閣寺
http://buu.blog.jp/archives/51427814.html
http://buu.blog.jp/archives/51434788.html
御所
http://buu.blog.jp/archives/51434402.html
二条城
http://buu.blog.jp/archives/51434421.html
金閣寺
http://buu.blog.jp/archives/51434501.html
龍安寺
http://buu.blog.jp/archives/51434511.html
東福寺
http://buu.blog.jp/archives/51434538.html
伏見稲荷
http://buu.blog.jp/archives/51434543.html
東寺
http://buu.blog.jp/archives/51434547.html
西本願寺
http://buu.blog.jp/archives/51434550.html
東本願寺
http://buu.blog.jp/archives/51434553.html
平安神宮
http://buu.blog.jp/archives/51434621.html
宝ヶ池
http://buu.blog.jp/archives/51434646.html
本能寺
http://buu.blog.jp/archives/51434786.html
三十三間堂
http://buu.blog.jp/archives/51434802.html
仁和寺
http://buu.blog.jp/archives/51434826.html

グルメ
いづ重(鯖寿司)
http://buu.blog.jp/archives/51427702.html
高倉二条(ラーメン)
http://buu.blog.jp/archives/51434407.html
麺好房 蓮(ラーメン)
http://buu.blog.jp/archives/51434542.html
ボン・モルソー(フレンチ)
http://buu.blog.jp/archives/51434529.html
魚亀(京料理居酒屋)
http://buu.blog.jp/archives/51434597.html
三嶋亭(すき焼き)
http://buu.blog.jp/archives/51434725.html
う(うなぎ)
http://buu.blog.jp/archives/51434789.html
やまもと(とんかつ)
http://buu.blog.jp/archives/51434825.html

宿
旅館 紫
http://buu.blog.jp/archives/51434605.html
  
Posted by buu2 at 15:01Comments(0)TrackBack(0)京都

2014年04月20日

濃いリッチプリン

最近はヨーグルトだけじゃなく、プリンも濃いのがはやりらしい。




別に悪くないけど、濃くなくても良い気がする。評価は☆1つ半。  

2014年04月19日

原了郭 黒七味カレー

祇園の原了郭(はらりょうかく)で黒七味を買った時、カウンターに置いてあるのが目に止まって、つい買ってしまったのがこのレトルトカレー。




さっそく食べてみたのだが、うーーーーーん。確かに辛いんだけど、コクがなくて、辛さが上滑りしている感じ。これは辛味ラーメンなどで良く見受けられるんだけど、辛い汁物は、汁の方にしっかりと味を受け止めるだけの包容力のようなものがないと、辛さが上滑りしてしまう。このカレーも同じ。玉ねぎとか、りんごとか、味に幅を持たせる素材をもっとたくさん入れないと、ただ辛いだけのカレーになってしまう。評価は☆半分。  

2014年04月18日

結局はしご

立地のこともあって、多分、生涯で一番食べている店はこの「はしご」なんだと思う。安定の美味しさは、だあろうだんだんめんの大辛。ちなみに、昔に比較すると随分と麺が硬くなった。


  

2014年04月17日

中川 知洋 立体展

他の人は知らないけれど、僕にとってアートは2種類あって、ひとつは山口晃さんや吉島信弘さん。もうひとつが会田誠さんや中川知洋さんである。

前者は、一目見て、「うわー、凄いな」と、すぐにピンとくるアートで、後者は、「え???」と思うのだけれど、あとからじわじわくるアートだ。前者は見た瞬間に気にいるので、その場でお買い上げになったりするのだが、後者は瞬間的じゃないので、あとになって「買っておけば良かった!」と後悔することになる。ということで、今回は後になって後悔しないように、なるべくインパクトがあって邪悪な感じの作品を買ってみた。立体展が終わって、家に作品がやってきたら、また紹介しようと思う。

中川さんは、僕の中の分類では、水木しげるさんあたりと同じところにカテゴライズされる作家さん。この、キモカワイイ?アートは、日曜日まで、銀座の万画廊で楽しむことができます。近所の人は、ぜひ。まだまだ、購入可能な作品がありますよ。見るだけでも楽しいです。子ども心に響きそう。







中川 知洋 立体展
TOMOHIRO NAKAGAWA
three-dimensional Exhibition -pole pole-

会期:2014年4月11日(金)− 4月20日(日)
開廊時間:11:30−19:30
最終日は17:00終了/会期中無休

万画廊
address 〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目23-2 GINZA 上野ビル1F
1F GINZA Ueno Bld. 1-23-2 Ginza Chuo-ku Tokyo
telephone 03-5250-3667
url http://www.yawoyorozu.com  
Posted by buu2 at 20:35Comments(0)TrackBack(0)美術