2016年09月28日

国立がん研究センターと日本たばこ産業株式会社の対決

国立研究開発法人国立がん研究センターが「受動喫煙によって肺がんになるリスクは1.3倍ですよ」という論文を出し、それに伴って受動喫煙のリスク評価が「ほぼ確実」から、「確実」へ変更され、がん予防のための行動ガイドラインを、他人のたばこの煙を「できるだけ避ける」から“できるだけ”を削除し「避ける」へ文言変更した旨リリースを出したのが8月31日である。

受動喫煙による日本人の肺がんリスク約1.3倍
肺がんリスク評価「ほぼ確実」から「確実」へ
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20160831.html

これに対応して、JTの社長が「過去に実施された日本人を対象とした疫学研究論文から9つの論文を選択し」とか、「JTは、本研究結果だけをもって、受動喫煙と肺がんの関係が確実になったと結論づけることは、困難であると考えています」とか、「疫学研究だけの結果をもって喫煙との因果関係を結論付けられるものではありません」とか、「科学的に説得力のある形で結論付けられていない」とか、コメントを発表したのが同じく(!)31日である。

受動喫煙と肺がんに関わる国立がん研究センター発表に対するJTコメント
https://www.jti.co.jp/tobacco/responsibilities/opinion/fsc_report/20160831.html

そして、このJT社長のコメントを捻りつぶすようなリリースが出たのが約一ヶ月後の9月28日である。

受動喫煙と肺がんに関するJTコメントへの見解
http://www.ncc.go.jp/jp/information/20160928.html

JTの社長が脊髄反射的にコメントを出したのも笑えるのだが、それに対してずっしりと体重が乗ったダブル・クロス・カウンターを繰り出したがん研究センターである。時間をかけてじっくり検討したと想像できる反論は非常に科学的である。

JTは今度はどんなリリースを出すのか、いつ出すのか、今から楽しみで仕方がない。あしたのジョーなら、トリプル・クロス・カウンターが決まると致命的なんだよね。ホセ・メンドーサは倒れなかったけど。

ちなみに、今の時点での僕の採点は10−0で「がんセンター勝勢」です。  
Posted by buu2 at 16:12Comments(0)TrackBack(0)ニュース

2016年09月26日

ハード・ロック・カフェ ナイアガラ USAとカナダのピン

国境を挟んで両側にHRCがあったので、せっかくだから両方ともピンを買っておいた。







驚いたのはカナダのHRCで、店員さんが何を言っているのか、最初から最後までちんぷんかんぷんだった。米国は普通に会話できたのに。あれはなんだったんだろう?カナダ訛り?  
Posted by buu2 at 15:50Comments(0)TrackBack(0)ピンズ

2016年09月25日

オンタリオ湖で鮭釣り

ナイアガラの滝の下流にあるオンタリオ湖で釣りをすることにした。

湖と言っても琵琶湖とは違って、四国と同じくらいの大きさ。向こう岸は全く見えず、海と同じような景色である。五大湖のうちで一番小さくてこれだから、スケールがでかい。

早朝、日が昇る前にスタンバイして、いざ出発。


































本当は12時まで釣るはずだったんだけど、6人中4人が船酔いでゲロゲロ(笑)。なんか、ひとりあたり3、4回吐いていて、何を吐いていたのか不思議になるくらいだった。人間の体って、面白い。あとの二人のうち一人は吐かないまでも体調不良ということで、2時間ほど早く撤収となった。もちろん、僕は船酔いとは無関係でピンピンしていた。







このくらいでかい鮭が釣れたら良かったのにねぇ。





  
Posted by buu2 at 12:30Comments(0)TrackBack(0)釣り

2016年09月24日

Shamus Restaurant

ナイアガラツアーの夕食なので、シーフードを食べることにした。ここはやはり鮭だろう。
















メインの二番目(下から二番目)に掲載した料理はシーフードパイという名前だったけど、グラタンみたいな料理だった。これが米国料理とは思えない美味しさで侮れないと思った。

Shamus Restaurant
98 West Ave
Lockport, NY 14094
(716) 433-9809

ちなみにニューヨーク州だけど、ニューヨークだと思って行こうとするとすげぇ時間かかるので要注意。  

ナイアガラのワイナリー巡り

こんな平たい土地でブドウがちゃんと育つのが不思議。傾斜地が良いというのは俗説なんだろうか。とにかく、このあたりにはたくさんのワイナリーがあって、二つほど回ってみて、アイスワインを二本購入した。

ワインに限らず、酒は甘ければ甘いほど好きというお子様舌(笑)。

















  

Anchor Bar

ニューヨークというか、ナイアガラというか、バッファロー(ニューヨーク州)なんだけど、ここに鶏肉の名物料理があるというのでランチで行ってみた。






















世界の山ちゃんを辛味ソースで味付けしたような感じ。まぁ悪くないけど、とにかく単調。他のメニューを注文するべきだった。

自殺級のスーサイダルも食べてみたけれど、自殺級は大げさ。普通に美味しく食べることができる辛さだった。

米国は牛肉文化圏なので鶏肉料理が珍しいのかも。焼き鳥を筆頭にして、頻繁に鶏肉を食べる文化圏の日本人にとってはそれほど珍しくないというか、むしろ全然珍しくないので、凄く広い店なのに店内に順番待ちが溢れていて、30分以上待つ状況というのはちょっと理解に苦しむ。

Anchor Bar
1047 Main St
Buffalo, NY 14209
(716) 884-4083  

ナイアガラの滝(カナダ側)

車で行けるところに住んでいるのだから、観ておかない手はない。ということで、ちょっと出かけてきた。








































すげぇ水量。広角レンズでも全容が収まりきらないスケール。これでもうちょっと落差があればいうことないんだけど、さすがにそこまでは無理だったようだ。でも、ちょっとぐらい落差が増えたところで、馬鹿でかすぎて関係ないかもね。  

ナイアガラの滝(カナダ側)を観光する際のちょっとした知恵

大抵の人は車で行くと思うんだけど、駐車場の料金にすごくばらつきがある。ざーーーと見て回ったところだと、一番多いのが30ドルという表示。




ところが、一軒だけ20ドルというのを見つけて、さらに探してみると10ドルなんていうのがある。




おまけに、朝早かったせいか、係りの人がいない。




目印は、カナダ側のナイアガラ周辺で一番目立つ、これ。


  

2016年09月23日

長谷川豊というキチガイ

世の中には馬鹿やキチガイはいくらでもいるのだけれど、先日見つけたキチガイは筋金入りだった(実際にはこれまでも何度も馬鹿を露呈していたのだが)ので、備忘録代わりに書いておく。

馬鹿エントリーはこちら。

自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48479701.html

要すれば、「人工透析を受けている患者はその大多数が暴飲暴食の結果なので、暴飲暴食の奴らは全員実費負担にして、払えない奴は放置して殺してしまえ」という内容である。

このキチガイは、本当に知識が足りない馬鹿なので、こういうどうしようもない結論に行き着いてしまう。きっとどこかの三流大学を出て、間違ってどこかのテレビ局に入社してしまい、ちやほやされているうちにキチガイになってしまったのだろう。

まず、この馬鹿が知るべきは暴飲暴食を続けても重い腎臓病になる人もいれば、ならない人もいるということだ。これは体質による。同じ生活をしていたらみんな一様に重い腎臓病になるというのなら多少の理はあるのだが、実際はそうではない。同じものを食べていても太る人もいれば太らない人もいるのと同じである。暴飲暴食した人間が等しく重い腎臓病になるのならまだしも、耐性は人によって異なる。多分、このキチガイはそういうことの知識がないのだろう。

次に、もっと大事なことだが、不健康な生活によって病気になった患者を全額負担にすべしというなら、対象になる疾病は腎臓の不具合だけではないということがある。

まず、すぐに思い浮かぶのが肺がんである。喫煙者が肺がんになった場合は全て全額負担にすべきだろう。今はニボルマブ(オプジーボ)というメラノーマの薬が適用拡大になって肺がんにも使われるようになったため、かなりの高額負担になりつつある。

たばこの害は肺がんにとどまらないので、喉頭がん、食道がん、胃がんなども喫煙者の場合は全額負担にすべきだろう。え?たばこが原因じゃないとは言い切れない?その通りだけど、長谷川馬鹿の主張は、人工透析イコール暴飲暴食という暴論なんだから、たばこだって同じである。自業自得。

たばこがダメなら、高脂肪食もダメで、ラーメンばかり食っていて胆管がんになったとかは全額負担だろう。なぜなら、高脂肪食が胆管がんになりやすいという疫学的論文があるのだ。

高脂肪食といえば、高コレステロールによる虚血性心疾患も見逃せない。ということは、心筋梗塞で倒れて、運良く一命を取り留めたものの障害者になった場合も、治療だろうがリハだろうが、全額負担が妥当だろう。自業自得。

そういえば、インフルエンザが流行っている時にうがいや手洗いをしなかったり、人混みに出掛けてインフルエンザになってしまった場合も全額負担だろう。自業自得である。

働き過ぎでうつ病になった?なんでちゃんと自己管理しないの。自業自得。全額負担。

話は病気にとどまらない。食べ過ぎて太ってしまった挙句に靭帯を損傷したとか、椎間板ヘルニアになったとかももちろん全額負担である。スキーをしていて骨折した?全額負担である。スキーみたいな危険なスポーツをやる方が悪い。自転車に乗っていて転んで怪我をした?全額負担だろう。二輪車なんてバランスの悪い乗り物に乗ってはいけない。そんなものに乗っていて怪我をしたなら自業自得だ。自動車事故?年間数千人も亡くなっているのに、なぜ車なんか使うの。自動車事故で怪我をしても知らないよ。全額負担。

もう、世の中の色々な病気や怪我が不摂生や危険な生活が原因なのだから、どんどん全額負担にしないと、人工透析の患者たちが「不公平だ」と怒り出すに違いない。

確かに、この調子でいけば医療費の公的負担は大幅に削減できるだろう。しかし、そんな状態を望んでいる日本人がどのくらいいるのか。日本人は、刑務所のような生活を強いられなくてはならないのか。

きっとこのキチガイは、どこかから「人工透析には金がかかって仕方ないんですよ。でも、その患者は、元をただせば、みんな生活の不摂生が原因なんです」と吹き込まれて怒り心頭なんだろう。でも、同じ論旨を幅広に展開すれば、その原因は何でもかんでも個人の不摂生や不注意になりかねない。で、どこまでが不摂生で、どこからが不可抗力なのか、という話になってくる。そういう切り分けの実行の難しさまで頭が回らないのが馬鹿であり、馬鹿のくせに「殺せ」とか不穏当なことを言い出すからキチガイなのだ。

それとも、上に挙げた怪しい事例の一つ一つに過失の重み付けをして、どこからが全額負担で、どこまでが保険適用なのか、大勢が納得できる線引きができるというのだろうか?話は人の生き死にの問題なので、そう軽々に扱えないのは言わずもがなである。そして、ほとんどの国民が納得するような案を出せないのなら、質が非常に低い煽り、すなわち、キチガイ沙汰に過ぎないのである。

ところで、こんなキチガイでもマスコミで仕事が続けられるのだから、日本は良い国ですね。

追記:知人から、こんな面白い記事を教えてもらった。
長谷川豊さんの人工透析自己責任論がコピペすぎる
http://nukalumix.hateblo.jp/entry/touseki  

2016年09月22日

日本将棋連盟のサイトがクソサイトにリニューアルされた件

日本将棋連盟のサイトが猛烈に改悪されていて悲惨である。

http://www.shogi.or.jp

将棋指しがネットのど素人なのは仕方ないし、会長の谷川九段がネットに詳しいとも思えず、電子メディア担当理事の佐藤秀司七段がどの程度の見識を持っているのかは知らないのだが、できてきたサイトを見ればやはりど素人のようだ。もともとのサイトが見た目はともかく、非常に機能的なデザインであったことを思うと、先手2六歩に後手2四歩みたいな感じである。

何しろ、将棋ファンが一番知りたい最新の棋戦情報、たとえば竜王戦は今どんな戦況なのかな?と思った時に、以前のサイトでは1クリックで到達できたのに、今は2クリック必要である。あげく、「竜王戦の仕組み」のような、将棋の素人でも一度読めば不要なコンテンツが一番大事なところに、しかもかなりの分量で表示されている。これでは、駅の改札に「切符の買い方」が表示されていて、これを読まないと改札を抜けることができないようなものだ。日本に初めて来た外国人にはとても優しいが、普段から駅を使っている利用者にとっては面倒なことこの上ない。このコンテンツが重要なことは理解できるが、場所と分量が悪すぎる。続けて竜王戦を例にとれば、なぜか前期(28期)の結果が29期の途中経過よりも上に、しかもデコレートされて表示されている。俺たちは去年の結果じゃなくて、今の状況を知りたいんだよ!そして、ふと気づくと、竜王戦、第29期竜王戦、第29期竜王戦と、タブが3つも量産されている。別窓で開く必要なんてないんだよ!

他にも、ページ自体が怪しい自己啓発会社のそれのように長ったらしく、4回以上もスクロールしないと最下段まで行き着かなかったり、無用に馬鹿でかい画像をクリックすると今度はタブが増産されていなくてリンクの動態が統一できていなかったり、全くクソサイトというに相応しい。

ウェブ屋として、「どうしてこうなった」ということを考えると、可能性は二つしかなくて、担当した会社が無能だったのか、あるいは受注先をハンドリングした発注元の担当者が無能だったのか、である。発注元担当者の背後に真の無能が鎮座していて、担当者はデュークー伯爵のように傀儡である可能性もあるのだが、無能なのがデュークー伯爵だろうが、ダース・シディアスだろうが、「お客さん、このデザインはやばいですよ」と説得するのがウェブ屋の重要な役割でもある。だから、たとえ相手がシスの暗黒卿のようにとてつもなく悪かろうが、フォースの暗黒面に落ちていようが、一番最初に考えるのは、「いったいどこのどいつがこんなクソサイトを作ってしまったのか」となる。幸いにして谷川会長自ら「株式会社シンクロに御協力いただき」と書いているので、早速株式会社シンクロのサイトを見てみた。

株式会社シンクロ
http://synchro-japan.com/top

多分、ここだと思うのだけれど、なるほど、縦に長くて、画像が多くて、とても重い。それで、事業方針を読んでみると、

クライアント様との綿密な打合せから目標や課題を設定し、その上で消費者目線にたった、マーケティング戦略や広告コミュニケーション戦略の立案、各種キャンペーン企画の立案から実施まで、広告プロモーション領域全般をトータルプロデュースします。また、CONTENTS CREATIVEをテーマに、一味違うWeb・グラフィック・映像などのクリエイティブワークもご提供します。

出典:株式会社シンクロ 事業部(http://synchro-japan.com/divisions

だそうで、えーーーと・・・・。綿密な打ち合わせをしてこれかぁ。消費者目線に立ってこれかぁ、マーケ戦略やコミュニケーション戦略って何だよ、という感じである。この会社の業績をみると人数が少ないのにそこそこの実績なので、おそらくは電博あたりの大手代理店のスピンアウト企業だろう。

綿密な打ち合わせでは、「うちの棋士たちが魅力的に見えるサイトにして欲しい」「じゃぁ、もうかっこいい写真をばんばん載せちゃいましょう。うちには腕の良いカメラマンがいるので、お任せください」みたいなやりとりがあったのかもしれない。確かに、見た目は良くなったと思う。しかし、機能性は最低レベルまで落ちてしまった。

腕の良いプログラマーがいると、「こんなこともできます」「あんなこともできます」と様々な提案をできるし、そのアイデアが採用されるたびに受注金額がアップしていくので、発注側にある程度の予算があって、受注側ががめついと、必然的にてんこ盛りのサイトになってしまう。そういう場合は、たいてい閲覧者の利便性がないがしろにされることになる。今の将棋連盟のサイトはその典型例と言えるだろう。ただ、ちょっと不思議なのは、このサイトを見る限りプログラマーの腕が良いとは思えない点である。ま、いっか。ともあれ、クソサイトになってしまったのは、発注先の会社を変更してしまった(自前で作っていたのかもしれないけれど)ことによると想像できる。

人間に対する人工知能の優位性がはっきりしてきて、加えて空前絶後のスター、羽生三冠の絶対性に陰りが見えてきている。羽生三冠はこれまでも時々不調な時期があったにも関わらずその後復調してきたので今回も復調しないとは言えないし、ライバルの森内九段、佐藤九段、渡辺二冠なども好不調があって、相対的には相変わらず第一人者だが、それでも昔のような凄みはなくなってきたし、ポカも増えてきた印象がある。

#ポカは、ソフトによる形勢判断が的確になったおかげで可視化されてきただけで、潜在的には前からあったのかも知れない。

将棋界が徐々に苦しい状況に追い込まれつつある中、一番のコンテンツは何といっても名人戦、竜王戦といったタイトル戦のはずである。そういったメインコンテンツの「今」に対するアクセッシビリティを落としてしまうことは、そのままファンの興味を失うことに直結してしまいかねない。例えば私の場合でも、渡米しただけで将棋へのアクセス頻度は落ちて、興味も失われつつある。渡米と、サイトがクソなのとは次元が異なるものの、ファンの興味を維持し続けるためには情報へのアクセスが容易であることが重要なのは間違いない。

そういう、難しい時期において、今まで情報へのアクセスの利便性という点でとても優れたデザインだった旧サイトをクソサイトに変更してしまったのは、徐々に沈みつつある船の底に、必要ないのに大きな穴を開けてしまったようで、見ていて忍びないのである。

#まぁ、過去に将棋指しと仕事をして酷い目にあっているので、積極的に関わる気もないのだが。

関連エントリー
将棋界はこのままではあと10年で非常につまらなくなる
http://buu.blog.jp/archives/50846321.html

どうぶつしょうぎに関する不思議な話
http://buu.blog.jp/archives/51072560.html  
Posted by buu2 at 00:15Comments(0)TrackBack(0)将棋