2015年03月27日

くちびるに歌を

長崎の五島列島の観光映画かな、と思っていたら、ちゃんとまじめに作られた作品だった。

トラウマを抱えてピアノが弾けなくなったピアニストの再生をさわやかに描いている。同時期に上映されている「暗殺教室」とは全く違ったテーストで、僕としてはこちらの方が断然評価が高い。何しろ、ヒロインが新垣結衣だし、自閉症児とその家族を正面から描いているのも良い。日本では自閉症というと引きこもりみたいなのを想像する人が多いような気がするので、こういう映画できちんと認識を新たにしてくれたらと思う。あと、自閉症児の演出と演技も上手だった。

ところどころで「ん?」と思う演出もあった(新垣結衣がいきなりピアノの前に座っていたところとか)し、設定的にどうかというところもあった(狭い世界のはずなのに、同級生の兄が自閉症児だと知らなかったり)けれど、総じて良い演出、良い脚本だったと思う。ピアノを含め、音も良かった。

クライマックスが映画の6分目ぐらいのところで来てしまい、あとは少しずつ風呂敷をたたむ感じ。でも、決して悪くない。

ただ、どうなんだろう。子供を中心に描いた映画だけど、子供は「暗殺教室」とかのほうが観たいんだろうな。僕なら断然本作を推すけれど、子供には「喪失感」なんてなかなか理解できないんじゃないかなぁ、などと思ったり。

ソラニンが☆2つ半、僕等がいた前編が☆2つ半、同後編が☆1つ半と、三木孝浩監督とは相性が悪くないんだけど、本作もなかなか良かったと思う。評価は☆2つ半。大人は、「暗殺教室」に行くなら、こっちを観たほうが良い。  
Posted by buu2 at 01:47Comments(0)TrackBack(0)映画2015

暗殺教室

月を破壊した謎の生物が中学校の先生になる、という設定の時点で「こりゃ凄い」と思うのだが、同時に大人の鑑賞に堪えるものなのか、かなり不安にもなる。海外でも「ハンガー・ゲーム」とか「ダイバージェント」みたいに、子供向けの酷いストーリー(ただし、前者は観てないので想像です(笑))に大金をつぎ込んで映画化しちゃうケースがあるので、「子供向け」も一定の市場は見込めるのだろう。

本作は冒頭からなかなか見応えのあるシーンが続く。殺せんせー(ころせんせー)の合成もそれほど違和感がなく、日本の特殊効果技術もずいぶん良くなったものだと感心させられる。いや、もちろん弾丸を避けるシーンとか、ちょっと子供だましなところもあったけれど、子供向けなんだから仕方ない。

と、特撮はそこそこだったのだが、役者の演技力はどうにもならない。役者の中心が中学生という、一番演技力が期待できない年齢層ということもあって、セリフの棒読みや、殺せんせーとの会話のシーンであらぬ方向を見ているなど、「これ、テレビドラマじゃないよね?」と確認したくなるような場面もチラホラ見受けられた。

原作漫画の内容を無理やり押し込んだのか、一つ一つのエピソードが異常に唐突で、エピソード間の前後の脈絡が全く存在せず、「何で突然鉄塔に登るんだよ??」みたいな必然性のない展開もあり、しかも24時間という短時間で東京ドームよりでかそうな施設を作り上げて爆発させるなどあっという間に一件落着していくスピード感ありまくりの脚本だが、慣れてしまえばこんなものかな、という感じ。要は、設定と殺せんせーのキャラクターだけで基本終了していて、あとはちょっとした小ネタをつなげていって2時間の映画に仕上げているという、昔懐かしいドリフターズのコントを観ているようだ。大人に納得してもらうにはちょっと厳しいかも知れないが、子供なら満足してくれるかも知れない。殺せんせーの目的とか、強さの秘密とか、ほとんど何もわからないままに映画は終了してしまい、だだっ広い風呂敷の上に放置されたままなのがすっきりしないのだが、そういう不満は以後の続作を観て言え、ということなのかも知れない。最後に「つづく」と出ていたし。

突っ込みどころは当然満載で、水酸化ナトリウム水溶液が何で泥水みたいなんだよ、とか、エンドロールでリリー・フランキーってあった?あれ?そもそも、出てなかった??

海外の子供向け映画を観ると結構腹が立つのだけれど、邦画だと意外と余裕をもって観ることができるようだ。ただし、僕の場合。

評価は☆1つ半。  
Posted by buu2 at 01:05Comments(0)TrackBack(0)映画2015

2015年03月26日

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 池袋店

神田の鬼金棒が池袋に出した支店。いつも並んでいるので食べる機会がなかったのだが、今日は珍しく行列がなかったので食べてみた。神田点も麺以外はなかなかの評価だったので、ちょっと期待していた。




本店の評価:鬼金棒
http://buu.blog.jp/archives/50917193.html


以下、評価。

名称:鬼金棒 池袋店
種類:担々麺
場所:池袋
注文:肉増し、辛さ普通、痺れ普通
評価:10/AAA
2015.3.26.
コメント:麺は太めの平打ち縮れ麺だが、手打ちのように太さがバラバラ。しかし、茹で加減が不均一になっていないところが面白い。やや加水率高めかな、という感じで、食感が良く、スープも良く絡む。本店の麺は茹で過ぎだったが、こちらの店はそんなこともなく、適切にハンドリングされていると感じた。

スープはおそらく豚骨ベース鶏ガラブレンドの濃厚タイプ。これを唐辛子や花椒を使って担々麺風の味付けに仕上げている。辛さ五段階、痺れ五段階(なし、少なめ、普通、増し、超増し(100円))に設定されている。今回は味がわからないと困るので普通で注文したけれど、辛さ、痺れともにちょっと物足りないぐらいの味。でも、スープの味をきちんと楽しもうと思えば、こんなものかも知れない。次からは辛さ、痺れともに増し、あるいは100円払ってさらに増量してみようと思う。

チャーシューは大きな塊の角煮みたいな感じで提供された。甘い味付けで、辛口のスープに良く合っていた。これなら250円アップでも納得。ただ、脂が多いので、健康上の配慮から、僕は次からは肉増しにはしないと思う。

神田の店も印象が良かったけれど、こちらも美味しかった。独自性もあり、池袋東口ではかなり上位にランクされる店だと思う。完成度が高いので、行列もやむなし、という感じがする。並ばないけど。

店名 カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 池袋店
TEL 03-5396-4202
住所 東京都豊島区東池袋1-13-14
営業時間 11:00〜22:00
定休日 無休  

キャンドゥ ダイヤモンドパフ

先日、風呂掃除をしたとき、かなり念入りに鏡を洗ったんだけど、こんな感じだった。




何も見えないって?いや、そんなことはない。これでもかなり見えるようになったのだ。それまでは真っ白だったのだけれど、大掃除のあとはモヤがかかった程度には見えている。

ところが、先日、東洋経済で「凄く綺麗になる掃除道具がある」という記事を読んだ。ほほーと思ったけれど、Amazonでは売ってないらしい。いや、売ってるには売ってるのだが、キャンドルという似たような名前の会社の製品で、価格は6倍だ(笑)。



ということで、近くのキャンドゥを探したら、池袋東口のドンキの左にあるらしい。さっそく出かけてきて、買ってみた。




おおう、キャンドル製とソックリなパッケージである。っていうか、同じじゃないの(笑)?

そして、帰宅して試してみた。ちょっと水で濡らして、こすること約10分。




こ、これは・・・・凄い。凄すぎる。世の中にはたった108円で人を感動させる会社があるんだなぁ。感心したよ。  
Posted by buu2 at 16:30Comments(2)TrackBack(0)買い物

2015年03月25日

日本が後進国から脱却できない理由

日本人の皆さんはご存知ないかも知れませんが、国連に最初にできた歴史ある専門機関が「国際労働機関」、いわゆるILO(International Labour Organization)です。加盟国は185ヶ国で、日本は単に加盟しているのみならず、1954年以来、常任理事国(現在はアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・日本・イタリア・ロシア・中国・インド・ブラジル)の一つです。常任理事国というと安保理ばかりが注目されますが、それ以前に、日本はILOにおいて非常に重要な地位にあります。

ところが、日本は、ILOが採択した189条約のうち、わずか4分の1しか批准しておらず(主要国の批准数は(日本48、ドイツ83、イギリス86、スウェーデン92、フィンランド98、オランダ106、ノルウェー107、フランス123、スペイン133)、ILO憲章(フィラデルフィア宣言)の前文に明記されている「いずれかの国が人道的な労働条件を採用しないことは、自国における労働条件の改善を希望する他の国の障害となる」という基本姿勢に対して明確に反しており、自国のみならず、ILO加盟各国にも迷惑をかけている状態です。

ILO憲章との齟齬として最大で、かつ国内的にも経済停滞の大きな足かせになっているものが「同一労働同一賃金」に関する問題です。前述のILO憲章前文にも「同一価値の労働に対する同一報酬の原則の承認」が急務であると明記されているにも関わらず、日本の労働基準法第三条および四条で、国籍、信条、身分、性別による差別的取り扱いを限定列挙して禁止しているだけで、学歴、勤続年数、雇用形態などを理由とした差別的扱いは合法とされています。

(均等待遇)
第三条  使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしてはならない。

(男女同一賃金の原則)
第四条  使用者は、労働者が女性であることを理由として、賃金について、男性と差別的取扱いをしてはならない。


安倍内閣がデフレ脱却のための3本目の矢を放とうとするなら、やることは同一労働同一賃金の実現しかありません。逆に言えば、これをできないのなら、日本経済の復活は、未来永劫実現しないというのが私の考えです。ILO憲章の冒頭に書かれているのは、

世界の永続する平和は、社会正義を基礎としてのみ確立することができる


です。日本は、この社会正義すら実現できないでいる後進国なのです。そして、残念ながら、先進国の仲間入りできそうな気配はまだありません。  
Posted by buu2 at 12:43Comments(0)TrackBack(0)日記

2015年03月24日

福島武山作 バルタンセイジン(バルタン星人)

苦労して手に入れた九谷焼ウルトラマンアートシリーズの看板作品のひとつ、福島武山氏のバルタン星人だが、伊勢丹での展示期間が終了してようやく我が家にやってきた。早速撮影会である。













福島武山さんといえば、九谷赤絵の第一人者として超有名だが、同時にスキーヤーとしても知られている。まだ一緒に滑ったことはないのだが、機会があればぜひ白馬のオリンピアンたちと一緒に八方のゲレンデを滑ってみたいと思っている。

ちなみに、このバルタン星人の話をグルノーブル五輪出場の丸山寿一氏にしたところ、「あーーー、八十吉さんは良く知っていて、何度も遊びに行って釣りの話を良くしたんだけど、福島さんは会ったことあったかなぁ」などと言っていた。

関連記事
伊勢丹新宿店、Go!Go!Go!
http://buu.blog.jp/archives/51476269.html

中村陶志人作 カネゴン
http://buu.blog.jp/archives/51476390.html  
Posted by buu2 at 12:57Comments(0)TrackBack(0)陶芸

和ガリコ 寅

先日飲んだアガリコの系列店、と書こうとして過去のログを探したらアガリコの記事が見当たらない。書いてなかったっけ?

ともあれ、池袋の和ガリコで飲んでみた。




























和の居酒屋メニューとジビエ料理をスパークリング日本酒で楽しむ、という店である。料理はどれも安価で、普通に美味しい。このくらい楽しめて、酒の3杯も飲んで支払いがひとり4,000円程度というのだから、池袋としてはかなり安い。

店の場所はラーメンの有名店フルルのすぐそばである。

問題は、コストパフォーマンスゆえか、客層が非常に悪いこと。狭い店なのでうるさいし、客の喫煙率が高くて煙草の煙が凄い。これだけ狭い店なら、店内禁煙にすれば良いのに、と思う。店の人に頼んで出入口そばの席に変更してもらい、寒いのを我慢してドアを半開きにしないと咳が止まらない状態である。環境さえ改善されれば、あるいは、貸し切りならまた来てみたいと思う。

店名 和ガリコ 寅 池袋西口 (和GALICO 寅)
TEL 070-1319-7406
住所 東京都豊島区池袋2-58-9 清水ビル 1F
営業時間 [火〜木]17:00〜26:00(LO 25:00) [金・土]17:00〜5:00(LO 4:00) [日・月]17:00〜24:00(LO 23:00)
定休日 不定休  

2015年03月23日

将棋電王戦FINAL第二局を観戦して

経過よりも結末が面白かった。ほぼ必勝となった永瀬六段が、さらにダメ押しするようにソフトのプログラム上の不備を明らかにして完勝したのである。局面自体も人間有利となったところだったが、そこで指された角成らずは、プログラムにない手で、ソフトがハングアップしてしまった。永瀬六段は事前の研究でソフトが成らずに対応していないことを知っていたそうで、ここしかないという究極の場面で伝家の宝刀を抜いたことになる。やや専門的になるが、1.形成は永瀬六段有利、2.しかし、ソフトの形勢判断はソフト有利、3.角不成でも、角成でも、ソフトの対応手はひとつに限定されている、という、作ろうと思っても作れないような絶好の場面だった。

今回の永瀬六段の指し手からわかるのは、人間とソフトは必ずしも対立した場所にいるわけではないということだ。もし本当に反対の場所に位置するのであれば、今回のような相手の不備を明らかにする必要はなかった。あるいは、単に恥をかかせたければ、▲2六歩 △3四歩 ▲4八銀 △7七角不成りで終了だったはずだ(王手じゃないと成立しないのかも知れないけれど)。しかし、実際はそうはならなかった。永瀬六段は、「可能な限り、真剣勝負を展開したい」と考えていたのだろう。だから、最初から伝家の宝刀を抜くことはなかった。そして、ソフトを圧倒したのちに、必要はなかったにも関わらず、宝刀を抜いた。ソフトの不備はそれほど致命的なものとも思えないので、多分、二度と発生しない質のトラブルだろう。衆人環視の状態でそれを明らかにしたのは、恥をかかせたというよりは、全ての将棋愛好家に対して「ソフトにはこんな弱点もあるんですよ」と知らせるとともに、開発者に対しての「早く対応してね」というアドバイスでもあったと思う。

僕は、ソフトは近いうちに人間の能力を超えると思っているし、そのことを何回かこのブログに書いてきた。その見解は今も全く変わらないのだが、最強ソフトを創り出すためには、トップ棋士の協力が必要だ。少なくとも、迅速な開発には、トップ棋士の協力があった方が良いのは間違いない。棋士たちは、追い越されるのは悔しいから、などとせこいことをいわず、どんどん開発に協力したら良いと思う。また、「人間とコンピューターの対決ではなく共存を模索したい」といいつつ、5対5の団体戦をこれで最後にするというドワンゴの意向も意味不明である。現在の電王戦は多くの開発者に挑戦の門戸を開きつつ、全ての開発者たちに平等にヒントを与えている。ソフト開発に向けて理想的な場を提供しており、興行的に成立しているのであれば、ここでやめてしまうのは非常にもったいない話である。電王戦を含め、トップ棋士も一体になってソフト開発に協力するぐらいの姿勢でないと、気がついたら世界最強棋士はインド産ソフトだった、などということになりかねない。

関連エントリー
コンピュータ対竜王
これまでの将棋界
今の将棋界
ソフト優位後の将棋界
将棋というゲームの変質
プロ棋士の価値
パラダイムシフト
日本将棋連盟理事会の構造的特徴
活路はコミュニケーション要素か?

番外編
プロ棋士に返信  
Posted by buu2 at 11:59Comments(0)TrackBack(0)将棋

2015年03月22日

Yuya Matsumoto exhibition 松本侑也 個展―傍観図―

今日からスタートしたYuya Matsumoto exhibition 松本侑也 個展―傍観図―を観に、万画廊まで行ってきた。

前回も観ているのだけれど、相変わらず面白い。紙にペンで細かく描いていく手法は僕が知り合ったばかりの頃の山口晃さんにちょっと似ている。漫画で言えば大友克洋の雰囲気。構成要素は直線主体でところどころに曲線が混じる。無機的な図形が集合して、遠くから見ると有機的な絵になっていたりする作品もある。抽象画にならないぎりぎりのところを表現している感じだ。

前回と異なるのは、墨の濃淡で遠近感を表現している作品があったことで、ボールペンでは表現不可能なところをやっていた。

ちょっと思ったのは、文字で書き込まれている実在の建造物が実際の配置と異なっている点についてで、ここは完璧に正確ではなくても、もうちょっと事実に沿った配置にしたら良いのでは、ということ。あまりに忠実にしてしまうと洛中洛外図みたいになってしまうので塩梅は難しいと思うのだけれど、みなとみらいとサンシャイン60がすぐそばにあって、ランドマークタワーがないのは「????」という感じだったりする。モチーフをいくつかの建造物に絞って、それを自分なりにアレンジして表現し、その上で周囲に色々なものを配置したらどうなんだろう?今は、街を描いていても、主張がどこにあるのかわからず、どの絵も同じように見えてしまったりするので、「金閣寺」みたいに誰でも知っている建造物をまず決めてしまえば、観る側も「あ、あの、金閣寺の絵は良いよね」などと会話することができる。あと、インスピレーションのおもむくままに彩色している感じなんだけれど、遠くから見ると別の意匠が浮き出てくる、みたいな仕掛けがあればもっと面白いのになぁ、と思った。

まだまだ荒削りで、色々と工夫していける余地があるとは思うのだけれど、ユニークな絵で、遠くからでも「あ、松本さんの絵だね」とわかる。次の個展ではどんな作品を見せてくれるのか、楽しみである。

松本侑也 個展 - 傍観図 - 
YUYA MATSUMOTO 
 -Sidelines Figure-

場所:万画廊(〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目23-2 GINZA 上野ビル1F)

会期:2015年3月21日(土) ‐ 4月5日(日)

開廊時間:11:30−19:30
最終日は18:00終了/会期中無休
  
Posted by buu2 at 01:06Comments(0)TrackBack(0)美術

2015年03月21日

ソロモンの偽証 前編・事件

あまり早くに観てしまうと前編の内容を忘れてしまいそうなので、あえてちょっと待ってからの鑑賞。

冒頭の雪のシーンで、「あれ?この監督、本当の積雪を見たことがないのかな?」と思ってしまうような珍妙な描写があっていきなり不安になって、ツッコミ手帳を取り出そうかと思ったのだけれど、以後は特に違和感なく観ることができた。

子供が中心の映画にも関わらず、要所で良い役者を配置していて、プロデューサーの力量が感じられた。夏川結衣、黒木華、田畑智子、余貴美子、松重豊、小日向文世・・・と、ちょい役ではもったいない役者たちが次から次へとちょい役で登場する。さすがに子役の演技力にはムラがあって、下手な子もちらほら見受けられたけれど、中心となる子役の演技はなかなかだった。

女子に冷たく、さっさとストーリーから退場させていく宮部テーストも健在。

後編へのつなぎも上手で、前編だけ観て後編を観ないというのはかなりのひねくれ者だろう。前編が面白かったのに後編でずっこける映画もあるので油断はできないのだが、後編が公開されたらすぐに観に行きたいと思わされる内容だった。評価は☆2つ半。  
Posted by buu2 at 00:31Comments(0)TrackBack(0)映画2015