2017年05月22日

人類が将棋以外でもAIに勝てなくなる世界がやってくる

将棋の電王戦はAIの二連勝で閉幕した。2年前の電王戦を観た後に、トップ棋士の協力を前提にして「僕は、ソフトは近いうちに人間の能力を超えると思っている」と書いたのだが、それから約2年で、とうとうその時がやってきた。名実ともに人類トップの佐藤天彦名人が2連敗し、原因すら良くわからないというのだから、完敗である。




では、今後、人類がソフトを上回る時代が来るのかといえば、来ないだろう。それは、自動車より速く走ることができる人類がいないのと同じである。今後、AIはAI同士で対戦を繰り返し、問題点を見つけては改善し、すべての可能性を潰していく。

人間は「思考」を神聖なものと考えて、思考力の有無や創造性の有無を根拠にヒトと機械を差別化したがるのだが、ヒトの思考ですら、複雑でかつ偶然性に支配されている部分が多そうではあるものの、電気信号の集積にすぎない。ヒトと機械の思考の境界は不鮮明になる一方である。

この先、AIと人類がどういう共生をしていくのか、とても興味深いのだが、僕は、例えば映画「The Terminator」シリーズの中で描かれた、AIに支配された世界は到来しないと思っている。あの世界は、人間レベルの想像の結果で、必然的にレベルが低く設定されている。人類を超えた知能は、僕たちの想像を超えた世界を描いてくれると思っている。

#全然関係ないのだが、米国で生活しているうちに、The Terminatorを「ターミネーター」と書いてしまうのには強い違和感を持つようになった。発音がまったく違う。

今回の電王戦は、集積した人間の経験知が、AIによって集積された知(≒理論知)によって打ち負かされた現場だった。こうした、将棋や囲碁という身近な現場で顕在化したAI優位の状況は、今後、あらゆる場面で見受けられるようになるだろう。投資ではすでに大規模なAI投入が進んでいるようだが、特に期待されるのは、病気の診断や治療と、政策決定である。誤診が少なくなるのはすべての病人が大歓迎だろうし、症状に合わせて最適な治療を提案してくれるなら安心である。寝不足で疲れていたから判断を間違えた、などということは起きなくなる。行政においてAIに決めてもらった通りに政策決定して、その通りに動くのは、AIによる支配と考えられなくもない。しかし、その政策が理論的に最適化されたものであれば、それ以外は何らかの非合理的な圧力がかかっているのである。人間は、その非合理的圧力の妥当性を検討すれば良い。これほど楽なことはない。

そうしてみると、「スター・ウォーズ」のシリーズで色々な作戦を人間が考えているのは滑稽に見えてくる。ドロイドが「○○パーセントの確率で失敗しますからやめた方が良いです」と言っているのに、フォースを持っていない普通の人間が自分で作戦を立案している。おそらく、こんな未来はやって来ない。それは宇宙戦艦ヤマトのコンピューターが軒並みワイヤレスではなく、2200年前後でも電源コードと配線に縛られているのと同じである。

AIが考えて、機械が生産する。僕たちは、色々なことはAIに任せて、のんびり、仲良く生きていけば良いのだと思う。

センサーに囲まれて、朝起きたら何を食べるか、何をするかAIと相談する。暇つぶしにパソコンでサッカーの試合を見れば、監督はAIである。選挙で選ぶのは各種政党が相談しているAIで、政治家は存在しない。選挙などは存在せず、何か人間が判断すべきことがあれば、すべて自宅からの投票で決められる。その意思決定においては、AIが推奨するデータベースにアクセスするだけ。仕事はなく、希望するなら農作業とか、サービス業をやる。人間による生産力は格段に低下したけれど、ロボットがやってくれるから問題ない。暗くなったら、寝るだけ。

そういう社会は、あと何年後、何十年後に到来するのだろうか。今年の電王戦は、そんなことを考えさせる結果だった。

関連エントリー
コンピュータ対竜王
これまでの将棋界
今の将棋界
ソフト優位後の将棋界
将棋というゲームの変質
プロ棋士の価値
パラダイムシフト
日本将棋連盟理事会の構造的特徴
活路はコミュニケーション要素か?
将棋電王戦FINAL第二局を観戦して

番外編
プロ棋士に返信  
Posted by buu2 at 07:16Comments(0)TrackBack(0)将棋

2017年05月19日

和服をいくつか買ってみた

いつもユニクロばかりではなんなので、ちょっと和装でも試してみようと思い、和服を買ってみた。

本絹 村山大島紬









130亀甲 大島紬



本絹 本塩沢 藍染






本絹 紗 薄雲灰






まぁ、これだけあれば一年間、ときどき和服で出かけられるだろう。問題は、汗っかきなことと、今のところ自分で着ることができないことなんだが。ということで、これから着付けの勉強を始めます。あと、まだ色々足りないので、買わないと。履物とか。  
Posted by buu2 at 12:00Comments(0)TrackBack(0)買い物

2017年05月18日

味噌屋八郎商店

新宿西口のRICOHショップへカメラを修理に出しに行くついでに寄ってみた。

注文したのは辛味噌ラーメンの激辛。




心臓も弱くないし、体調も悪くないので問題ない。ただ、ラーメンを評価するという観点からは、いまいちであることは間違いない。普通は初訪問でこういう注文はしないのだが、米国で一番食べるのが難しいのが激辛食品なので、体が欲していたようである。




名称:味噌屋八郎商店
種類:辛味噌
場所:新宿
注文:辛味噌 激辛
評価:9/AAB
2017.5.18.
コメント:麺はかなり太めでほぼストレート。ちょっと加水率高めかな、という感じ。なかなかよくできた麺で、特に不満はない。

スープは多分とんこつベースで、辛い。激辛指定だったので当たり前だが、辛さ的には過不足なく満足できる味だった。辛さだけが空回りすることもなく、きちんと支えるベーススープが存在しているところは高く評価できる。

チャーシューも美味しい。

激辛で食べてしまうのがもったいなく感じるほどにバランスの良いラーメンだった。しかも、辛さもちょうど良い。これは、辛くないラーメンも食べてみる必要がありそうだ。

なお、適度な辛さというのは個人差がある。あくまでも僕の要求水準に適合していただけなので、普通の人は辛くて食べられないという事態も十分ありうる。

店名 味噌屋 八郎商店 新宿店
TEL 03-6304-0420
住所  東京都新宿区西新宿7-5-5 プラザ西新宿 102
営業時間 11:00〜23:00(ラストオーダー 23:00)
定休日 年中無休  
Posted by buu2 at 16:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月17日

牟田陽日展「光の国」@日本橋三越

僕がその作品を持っている陶芸作家さんの中では最も多くの作品を持っているであろう作家さんのひとり、牟田陽日さんの個展が日本橋三越で開催されるとのことで、ちょっと日程を早めて来日した。準備万端だったので、滞りなく個展初日に参戦することができた。

岐阜のコレクターK氏と朝のスタバで1時間ほど雑談して会場へ向かうと、すでに大量の購入希望者が会場を取り囲んでいた。隣では人間国宝今泉今右衛門さんの個展が同時スタートだったのだけれど、見に来ている人の数では牟田さんが圧勝である。

今日の販売は抽選ということで、大きな混乱はなかったのだが、希望者の人数が多すぎた。多分、70ー80人ぐらいいただろう。その全員が一度に25分程度の下見を実施したので、きちんとした検分は不可能だった。それでもなんとかざっと下見して、僕の中での評価は

(1)えびす(クジラ)のぐい飲み その1(一番真円に近いもの)
(2)玉杯
(3)龍ののびた器、内側にも体が描かれたもの

の順位づけ。ただ、龍の器は、絵は面白いのだが、実用性は低そうだった。なんというか、器があって、そこに絵を描いたのではなく、描きたい絵があって、それに合わせて造形したような。だから、絵を描く材料としては素晴らしいのだけれど、何かを飲む道具としての性能が損なわれているような。使わないから良いと言えばその通りかもしれないのだが、それでもやはり、器は、まず器であって欲しい。他にもいくつか購入候補はあったのだが、まずのターゲットはこの3つだった。看板となっていた亀は手数は凄いし様々な技巧を凝らしていたのだが、着脱可能な2つの面の意味が不明だったし、もう1つの看板モチーフである心臓は、心臓から出ている血管が1つ不足している欠陥心臓である点が生物学専門の人間として許容できない(苦笑)。まぁ、こういう視点は極度に個人的なものなのだが。

抽選が始まると、抽選券配布後半に配られたと想像できる番号の当選が続いたので、ちょっと「ちゃんとまざっているのかな?」と思っていた。それでも、10番目だか、12番目だかに僕の番号が呼ばれた。十分に運が良い。入場手続きをして会場に入ると、えびすのシリーズは軒並み「完売マーク」である。若干、残っているえびすもあったのだが、僕が「今回はこれが一番」と感じたぐい飲みは赤丸完売だった。ちなみに僕の選択基準の1つは上に書いたように「実際に使えること」で、今回のえびすは絵としては良かったのだが、多くは実用性が低く見えた。実際には使わないとしても、やはり使える形状のものが僕は好きだ。

でも、しめしめ。えびすは徳利とぐい飲みのセットで持っているので、無理に購入する必要はない。さっと他に目を配ると、玉杯がまだ残っていた。みんながえびすに注目している間に、玉杯を一本釣りである。



















みんな、これの蓋を開けてみたのかな?特に蓋の裏のおさえた絵が良い。蓋ものは、開けてみないとね。

今回は、多分僕が一番遠距離から駆けつけたので、その甲斐があったというもの。そして、きちんと希望通りの作品を入手できたのは、ここまで人気が出てしまう前に牟田さんの売れ線をおさえていたことである。今回、えびすに執着しなくて済んだのは何よりだった。

夕方、簡単なパーティがあったので、牟田さん、K氏と会話して、閉店間際に退散した。みんな、忙しいのか、パーティに参加した人はあまりいない様子だった。作家さんより、作品に、というか、作品にだけ興味があるのかな。

日本橋三越 「光の国」 牟田陽日展
2017/5/17〜2017/5/23
〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
本館6階 アートスクエア
#土日は牟田さんが在廊するようです。  
Posted by buu2 at 23:30Comments(0)TrackBack(0)牟田陽日

2017年05月16日

痴漢と、痴漢冤罪の防止のために

日本に来るたびに感じるのが、電車の混雑の酷さである。ワシントンDCでは、電車に座れないという事態がほとんど発生しない。おかげで、最近日本で流行している痴漢の冤罪なども聞いたことがない。

電車の混雑は、痴漢の発生、またはそれに派生する冤罪の発生だけでなく、総じて不快なことがいただけない。シルバーシートで席を譲るか譲らないかとか(米国にもプライオリティ・シートはある)、ヘッドフォンの音漏れが不快とか、携帯で会話するのがうるさいとか、暑いとか、疲れるとか、様々な混雑由来の不快なことがある。

日本の都会の住民たちはこういう状態に慣れて、それが当たり前のことになっているのだろう。僕は一年間米国で暮らしただけで、この状態がどれほど異常なことかわかるようになった。それほど、すいている電車は快適だし、混んでいる電車は不快だ。

では、なぜこんなに都会の電車はこんな状態なのかといえば、もちろん大都市圏、特に東京に人口が集中しているからである。人口集中にはもちろんメリットもたくさんあるのだが、そのメリットを追い求めた結果、大きなものを失っていることにも気づいた方が良い。一昔前なら情報ネットワークが貧弱だったためにやりたくてもできなかったことが可能になってきている。東京でなくてもできることはたくさんある。

もともと、日本には土地が少ないのだ。ちょっと田舎に行けば四方八方見晴らしても家が一軒もないような平原があって、そこで数頭の牛が放牧されているような米国とは違う。だからこそ、その土地を有効活用すべきなのに、ただでさえ少ない土地の、さらに少ない割合の場所に建物と人を集中させている。これは、シロアリの巣のようだ。

最近は通勤時間の無駄に気がついたのか、23区内の高層マンションなどの人気があるようだが、これも人口密度の上昇に拍車をかける。人口という視点からは、日本のエントロピーは減少する一方に見える。

かくいう自分も、もし仮に日本に戻るなら(安倍晋三が総理大臣のうちはまっぴらごめんだが)、以前に慣れ親しんだ朝霞市か、山手線周辺あたりを候補に考えるだろう。山手線の外で乗り換えることは考えたくない。人の心がこうなってしまうのは、当たり前といえば当たり前である。時間と快適さのどちらか一方しか選べないのなら、お金で買うことが難しい時間に重きをおくのは道理だ。

この状況を改善するために、東京の首都機能は政策的に分散すべきなのだと思う。痴漢が問題なのはその通りだし、それに派生して痴漢の冤罪が問題なのもわかる。では、どうしたら良いのか。監視カメラを設置するとか、Wi-Fiで通信して援助を求めるとかも良いのだが、根本的には電車の混雑が緩和するのが一番である。

痴漢が問題だと思う人は、首都機能の分散など、東京一極集中に異を唱えるべきだし、そういう方針を持っている政治家を支持すべきだ。遠回りでも、これが民主主義である。  
Posted by buu2 at 07:46Comments(0)TrackBack(0)日記

2017年05月14日

大学は滅亡しつつある

このブログを含め、これまであちこちで書いているのだが、あらためて書いておく。

日本にはバブル期みたいにお金がないので、福祉以外は全てダウンサイジングしていく必要がある。この作業の中で、なるべく国民の生活に悪影響が出ないように工夫する必要があるわけで、それが大学運営にあたっては「選択と集中」だったり、「成果主義」だったりするのだけれど、日本人は「評価」が決定的に苦手である。これは個人的には、日本が古来より農耕社会、村社会だったことや、あるいは戦後の高度成長において護送船団方式で成功をおさめたことに起因する日本人の国民性で、まるばつをつけるのではなく、みんなで仲良く、というのが染み付いているんだと考えている。だから、選択したくないし、頑張って選択してもそれに責任が持てないし、評価もできず、仕方なしに外人にアドバイスを仰いだりする。しかし、テンポラリーに来日して、資料に目を通しただけのアドバイスには限界がある。結局、評価といっても縁故がものを言う状態になって、まともな「選択」にはならないし、失敗しても誰も責任を取らない。

大学運営とはちょっと話が異なるのだが、2000年代前半に、内閣府と経産省が旗をふって、「バイオ産業の市場規模は2010年に25兆円」と大風呂敷を広げたことがある。僕はこの大風呂敷について、第二回ライフサイエンス・サミットという日本としては非常に規模の大きな会議で「このままでは絶対に無理」と指摘して、会場全体を凍りつかせたことがある。結局、2010年のバイオ市場は3兆円程度にとどまったのだが、この見込違いについて内閣府や経産省が言及しているところを見たことがない。言ったら言いっぱなしなのだから、楽な商売である。

さて、話を戻すが、大学の立ち位置も曖昧である。研究をやりたい人間と教育をやりたい人間をわけて考えず、さらにマネージメントまで担当させる始末だ。どれか一つでもきちんとやり遂げるのは難しいのに、3つもやらせてうまくできるわけがない。

大学はこういう構造的な問題を抱えている上に、文科省も、政治家も、一部の大学関係者ですら、大学を職業訓練のための施設と捉えているところがあって、学校教育法の理念や大学の定義を理解していない。以下に学校教育法に書かれている「大学」を抜粋してみる。

第八十三条  大学は、学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。
○2  大学は、その目的を実現するための教育研究を行い、その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする。


成果は文字どおり結果であって、大学の目的は職業訓練とは違う。大学とは、周囲の環境とは無関係に自由に好きなことを研究し、それを通じて科学的に考察する能力を醸成していかなくてはならない。今は、ほとんどの大学でそれができない状態に陥っている。法律を読んでも明らかだが、産業界のニーズに合わせた職業訓練をするのは大学ではなく専修学校の役割である。今は、多くの大学が専修学校化しつつある。たとえば次の資料は日本経済再生本部の第八回会議に文部科学大臣が提出した資料である。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai8/siryou6.pdf

ここにも、「大学等における未来の産業構造・社会変革に対応 した人材育成の推進 」などという文字が踊っている。大学がこれから何に注力して行くべきか、こんなことは、無責任な政治家や有識者が決めるべき話ではない。大学が産業界のニーズにあわせてカリキュラムを作るなら、その大学は大学の看板を下ろすべきだ。

今の大学をとりまく状況は、おそらく今後大きく変わることはない。大学の体質一つ取っても、既得権者達がパーマネント職として居座っている限り、改善されない。したがって、若い研究者達は日本にとどまって不平不満を述べることで時間を費やすべきではない。それを通じて得られるのは、せいぜい「既得権者の椅子」にとどまる。それよりは、米国、ドイツ、シンガポール、あるいは中東の産油国などへ活躍の場を求めた方がいい。また、既得権者達も、そこで船が沈んで行くのを黙って見ているよりは、何か他のことを見つけた方が、より有意義な余生となるだろう。

もはや、日本には、本当の大学は存在しなくなりつつある。  
Posted by buu2 at 11:41Comments(0)TrackBack(0)日記

2017年05月13日

Daily Grill

DCとベテスダに店があるDaily GrillのDC店でランチを食べてみた。

DC界隈ではこの手のグルメバーガーは、インド料理と並んで無難な選択。この店のハンバーガーも普通に美味しい。













「普通に美味しい程度かよ」と思うなかれ。DC界隈では、普通に美味しければかなり上出来なのだ。もちろん、数百ドルを払う覚悟があればその限りではないのだが、庶民がランチに払うことができる金額とすれば、これでも十分なレベルである。同じくらいのお金を払っても、ずっとまずい店もいくらでもある。その上、お手頃価格と言っても、チップを合わせれば約18ドルで、日本なら余裕で二食食べることができる金額だ。日本はすっかりデフレなので、この金額を聞くとびっくりするだろうけど。

Daily Grill
1200 18th St NW
Washington, DC 20036
Phone number (202) 822-5282  

2017年05月12日

ネットで見かけた東北大卒の馬鹿

このところ、僕のブログは食べ物と旅行とアートのことばかりなんだけれど、たまには昔みたいに馬鹿を切り捨ててみよう。

問題の記事はこれ。

僕は現役で東北大に入ったけれど、浪人経験者に勝っていると思ったことは一度もない
http://www.gu-none.com/entry/rohnin

最初に書いておくと、僕は現役で東工大に入学している。突っ込みどころ満載なので、順番に。

集計したわけではない


理系なら集計しろ。最低でも知っている有名ブロガーを列挙して、その中に占める早大卒の割合を示せ。

文章を書くものなので文系が強い


根拠薄弱。文系が作文を学ぶ学問とは限らない。また、理系が作文を学ぶ機会に恵まれないとも限らない。

現役生はあくまで私のケース


N=1ではひどすぎる。

これをよく考えているな


データ不足。根拠不明。心理主義。

TOEICの勉強したり


頭悪い証拠じゃねぇか。

研究室見学に行ったり


こいつがやらなかっただけで、普通は現役、浪人関係なくやる。少なくとも東工大ではやる。

場合によっては休学も辞さない


僕は将来を選ぶために自主留年した。現役だからできた。

目的があって行動を起こしていることに感銘を受けました


こいつが起こしていなかっただけ。現役、浪人関係なく、個人の問題。

高校時代の友達で、現役で進学した人の話を聞いて


これ以下のパラグラフは文意がつながっていない。浪人生がこういった情報を持っているのなら理解可能だが。書き間違いなのか、文章力がないのかは不明。

他校、あるいは海外の大学も検討している浪人の友人もいて


これも現浪無関係。僕が卒業した東工大ならほぼ全員考えている。ただ、これは東工大の場合身近に東大があるので、そちらを考えたりする可能性もある。それにしても、こんなことは研究室の先輩からいくらでも情報が来るので、考えないこと自体が信じられない。相当質の低い研究室に所属していたのだろう。

現役生(私)はそんなことにも気づきません


これも変。たとえば僕は修士課程修了後三菱総研に文系就職した。現浪の区別はない。だいたい、入学直後ならともかく、3、4年を大学で過ごしたあとに現浪の区別がそこまで存在するとは思えない。

どんな浪人時代でもその後の人生に色濃い影響を与えるものなのではないか


こういうことを述べたいなら、きちんとヒアリング調査をすべき。

一向に埋まる気配はありません


こいつが馬鹿だからでは。

私大卒ばかりでなく、国立大卒のブロガーさんにももっと頑張って欲しい


調べもせずによく言うよ(苦笑)。この程度の分析力で院卒って、東北大学は何を教えているのだろう?

自分個人のことを「現役生」とか、「国立大卒」とか一般化しているところに救いようのない馬鹿さというか、井の中の蛙っぷりが窺われる。こいつが書いていることは最初から最後まで、「現役生(私)」ではなく、「私(現役生)」である。  

2017年05月11日

Hanabi Ramen Clarendon

DCエリアのラーメン店はほぼ全て網羅したかな、と思っていたら、友達のゆきちゃんが「クラレンドンに新しい店ができたよ」と教えてくれたので、早速食べに行ってきた。

メニューはこんな感じ。













注文したのは無難に豚骨。

麺は細めのほぼストレートで、福岡系。食べ始めは良いのだが、すぐに柔らかくなるので、可能なら麺硬めでオーダーした方が良いだろう。厨房の方は日本人のようだったので、多分可能。麺が細いので、スープの絡みは良好。

スープは長浜系のライトな豚骨。ちょっと味が薄く、麺を食べさせるには弱い。ただ、決して悪くはない。サービスで生にんにくをにんにくクラッシャーで砕いて投入できたので試してみたのだが、予想通り、これをやってしまうとスープのバランスが崩壊する。このスープでは、薬味の投入や替玉は全く勧められない。

チャーシューは普通に美味しい。

評価すれば3/ACBといったところ。これが東京にあれば二度と食べに行かないと思うのだが、DC界隈にはまともな福岡系のラーメン店が見当たらないので、たまに来てみるのは悪くないかもしれない。

ついでなので辛味噌も食べてみたのだが、こちらは豚骨と麵を変えていて、やや細めの札幌ゴム麺。ちゃんとコシがあるところは評価できる。スープの絡みも悪くない。

スープは豚骨ベースで、そこそこ辛い。なかなか美味しいのだが、ベースに力強さが不足しているので、ちょっと辛さが浮いている印象を受ける。豚骨と同様、ちょっと薄い。

チャーシューは豚骨と同じで普通に美味しい。

こちらで評価すると6/ABBである。店としては豚骨を推したいところなんだろうが、悪く言えばごまかしが効きやすい分、辛味噌の方が美味しく仕上がっている。

米国では、味噌はもちろん、醤油もイマイチな店が多く、一番健闘できるのが辛味噌になっている。この店もその傾向があって、迷ったら辛味噌を注文しておくと良い。

Hanabi Ramen Clarendon
3024 Wilson Blvd
Arlington, VA 22201  

2017年05月10日

The Circle

_V1_SY1000_CR0,0,674,1000_AL_


SNSで何でも共有する時代に起きる気味の悪さを描いたB級映画。

「そんな風になるわけないじゃん」「そんなのがダメなのは、ちょっと考えたらわかるでしょう?」という方向へ話が進んで行くので、リアリティがなくて楽しめない。ストーリーが悪いのか、脚本が悪いのか。俳優たちの無駄遣い感が激しい。

評価は☆半分。  
Posted by buu2 at 23:52Comments(0)TrackBack(0)映画2017