2018年05月22日

恥ずかしい人間、内田正人と、恥ずかしい大学、日本大学(安倍晋三そっくり)

スポーツにとどまらず、たとえば勉強や音楽でも同じだが、人間は自分が好きでやっているときに一番上達すると思う。その点で、アメフトを楽しんで、日本代表にまでなるほどだった選手に、「楽しくない」「続けたくない」と感じさせるような監督の手腕が評価されているのはおかしくないか?この監督のもとで日本一になれるチームなら、他の監督ならもっと上を目指せそうだ。

内田正人という前監督は、有能か、無能か以前に、醜悪である。問題が起きてもなかなか表に出てこず、自分の言葉で語らない。コーチや大学当局と相談して、裏で自己保身のための小細工をする。責任を取ると言いつつ、「監督をやめれば良いんでしょ」という、不誠実な態度に終始している。そして、大学の役職について問われれば「それは別の話」とはぐらかす。これは、今の内閣総理大臣の安倍晋三のやり方にそっくりである。もっと言えば、鉄砲玉を敵対組織に突入させる暴力団の親分や、ゼロ戦で特攻させる旧日本軍の上層部の態度と同じだ。

百歩譲って監督の話が本当だったとしても、一度目のタックルで交代させるべきだったのにそれをしなかった罪は大きい。

安倍晋三絡みでも、少なくない人間が告発サイドにまわった。彼らは最初から安倍晋三の敵だったわけではない。蜥蜴のしっぽ切りよろしく、自分を切り捨てていく姿を見て「冗談じゃない」と考えたのだろう。

今回の問題も同じで、タックルをした学生が謝罪会見を開いて、監督、コーチ、大学を告発した。じゃぁ、彼はそれをやりたくてやったのか。もちろん違うはずだ。事実を捻じ曲げて、逃げ回り、自分に責任を押し付けようとする大人たちを見て、「私の責任はこれ」と線引きせざるを得なくなったのだろう。

まだまだ将来がある、タックルをした選手と、タックルを受けた選手を尻目に、逃げ回り、自己正当化に走っている姿は滑稽ですらある。特に、タックルをせざるを得なかった選手の態度とは対照的である。

また、その内田正人と一緒になって事態を悪化させている日大も情けない。大学が一番守らなくてはならない人間は、最も弱い立場の、タックルせざるを得なかった学生である。しかし、実際に彼らが守っているのは一番権力者に近い内田正人である。卒業生や在学生はどうしようもないだろうが、来年以降大学を受験する人たちはこの姿を良く覚えておいた方が良い。こんな大学でまともな勉強ができるのか、良く考えた方が良い。幸いにして、大学は他にも山ほどある。  
Posted by buu2 at 09:29Comments(0)ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月21日

かぐや姫の物語 二度目

劇場での鑑賞に続いて、自宅で二度目の鑑賞。

一度目ではちょっと明確でないように感じたかぐや姫の罪と罰はちゃんと明確だった。4年前の自分に「お前は何を観ていたんだ?」と言ってやりたい。地球に生きる地球人と、月に生きる月の人との対比によって、地球、特に日本に生きている素晴らしさを浮き彫りにすると同時に、その地球人にも汚いところがあることを描き、それゆえに罰を受けることとなるかぐや姫を静かに、ときに激しく描いていた。

自然に生きたいだけのかぐや姫は、やがて人間たち、特に日本人たちの古いしきたりによって、矯正されていく。さらには、虚栄、虚言、虚勢、さまざまな嘘を見せつけられる。最後には強大な権力によってねじ伏せられそうになる。そして、その結果、地球人として生きることを捨てる。喜怒哀楽のない、しかし安定した月の世界の住民であることを願ってしまう。

全体を俯瞰すると、ほとんどの男性は悪で、ほとんどの女性は善として描かれているのが印象的だった。平安時代はもちろんとして、現在の日本社会も例えば米国と比較すると女性差別が酷い社会なので、それを指摘したい部分もあったのかもしれない。

とはいえ、最後にかぐや姫は地球への愛着を示す。そうすることによって、地球の生活を肯定している。地球で、喜怒哀楽がありながら、自然と親しんで、思うように生きられたら、それが一番素晴らしいということかもしれない。それは、ナウシカやラピュタを含め、ジブリが一貫して提示してきた価値観だろう。

何にしても、僕たちは全てを忘れてしまう便利な月の衣を持っていない。となれば、どう生きたら良いのか、その選択肢は3つしかない。所属している社会を変えるか、住んでいる場所を変えるか、諦めて現状を受けいれるかである。

僕が米国に来て2年。わかったのは、日本が年齢、性別、人種などによる差別が氾濫する社会だということだ。高畑勲監督は、この社会をどうしたかったのだろうか。かぐや姫は、周囲の人間たちの圧力に負けて、自由を捨て、最後は記憶までを含めて全てを忘れて月へ行ってしまった。彼女を社会が排除したのではない。社会が彼女に捨てられたのだ。

楽しいおとぎ話で終わる宮崎アニメとは違った世界がここには存在する。アニメーションに、ピクサーでは絶対にできない表現を持ち込んだ。これだけでも素晴らしいが、これは手段の一つでしかない。そこで表現されていることを過去のおとぎ話としてではなく、現実の問題としてとらえる想像力が必要なのだと思う。

今更だが、高畑勲監督を失ったことが残念でならない。  
Posted by buu2 at 10:21Comments(0)映画2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月20日

是枝裕和監督がカンヌでパルムドール

是枝監督の「万引き家族」がカンヌ映画祭でパルムドールの快挙。長期上映して欲しい。多分、今後数ヶ月は日本へ行くことはないと思うので。

少し前に




と書いたけれど、安藤サクラが出演しているのも嬉しい限り。

是枝監督のことは、個人的にはとても高く評価している。同じく大好きな西川美和監督と「分福」を主宰している映画監督という点でも注目し続けてきた。園子温、タナダユキ(最近は監督業を休業中?)の二人を含め、日本の映画界を引っ張っていって欲しい監督たちだと思っている。以前から子供の撮り方には定評がある監督だったのだが、得意な部分を活かしつつ、良い映画を撮っていって欲しい。

以下、参考としてこれまでの是枝作品の僕の評価。
海街diary(評価☆☆☆、2015年のマイベスト邦画)
http://buu.blog.jp/archives/51495662.html

そして父になる(評価☆☆★、2013年の邦画4位)
http://buu.blog.jp/archives/51412111.html

奇跡(試写会で鑑賞。映画は良かったのだが、笠井というクソアナウンサーの司会で台無し、2012年の邦画7位)
http://buu.blog.jp/archives/51257778.html

空気人形(評価☆☆)
http://buu.blog.jp/archives/51025349.html  
Posted by buu2 at 04:24Comments(0)映画

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月19日

久しぶりのイステート・セール

今日のイステート・セールはジョージタウンの一軒家。

9時開場だったのだけれど、雨だし、あまり参加者はいないんじゃないかと予想して9時5分に到着。すると、順番待ちのカードは47番。ありゃりゃ。ただ、今日はどうしてもこれが欲しい、ということはなく、「ル・クルーゼの鍋が状態が良くて安ければ買おうかな」といった程度の真剣さだったので、気楽である。



家の前で1時間ほど待って、入室。部屋の中はこんな感じ。



今日の家は3階建て。主にアートとカメラが充実していた。カメラはニコンユーザーで、何本か良いレンズを売っていたし、本体もF-4があったのだが、D-850を買った直後の僕の心を動かすまでにはならなかった。レンズも、試し撮りしてみないことには怖くて買えない。ル・クルーゼは、ちょうど良いサイズは全部売れていて、馬鹿でかいのと、すごく小さいのしか残っていなかった。

かわりに買ったのはこれら。









テディベアは、メジャーリーグのものだった。別にオリオールズには愛着ないのだが、1966年製というのが良かった。あと、状態が良く、価格もそれほど高くなかった。

DVDは英語の勉強用。

スターウォーズばかり見ていると飽きちゃうから。  
Posted by buu2 at 22:33Comments(0)買い物

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月18日

スポーツ界いろいろ雑感

テニス
錦織が調子を戻して来たのは良いニュース。ジョコビッチやナダルに負けるのは仕方ない。あとは怪我が心配。
大坂なおみはメンタルにムラがあって、成績の波が激しい。それが魅力でもあり、欠点でもある。今年はDCのシティ・オープンに来て欲しい。

サッカー
ハリルホジッチはサッカー協会を提訴するらしい。ぜひやって欲しい。
西野の選んだ代表はハリルホジッチの代表とほとんど変わりがない。一層、ハリルホジッチをクビにした理由がわからない。西野の方がマシとは思えない。
それにしても、本当に神戸にイニエスタが来るの?スキラッチ以来の衝撃なんだが。楽天は金持ってるなー。三木谷さんが米国からスペインへ向かったのは聞いていた。

アメリカンフットボール
スーパーボウルぐらいしか観ない素人だが、日大の対応、特に内田正人監督の対応は全くいただけない。責任者にも関わらず表に出てこず、責任を他者に押し付けている。こういうの、最悪。

野球
中日は相変わらずパッとしないので、日本の野球にはあまり興味がない。
メジャーは、やっぱり大谷がすごすぎる。ただ、DC界隈の米国人の友人たちの口から大谷、イチローなどの日本人メジャーリーガーの話を聞いたことはない。ほとんど興味がないようだ。大谷がつぎに世界を驚かせるには、左で投げるとか、右で打つとかだろうか。リアル星飛雄馬だな。

相撲
男女差別をするので興味ない。  
Posted by buu2 at 23:39Comments(0)スポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月17日

NHL Playoffs Conference Finals Game4 WSH-TBL

ホームであっさり連敗。やはり、スタンレィカップファイナルへの進出は簡単ではない。

もう一試合楽しめると前向きに考えるしかない。

それにしても、第3ピリオドの終盤で勝ち越し点を奪われたのは残念極まりない。あと、パワープレイでの失点が多すぎる。  
Posted by buu2 at 23:30Comments(0)アイスホッケー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月16日

土屋光逸 弁慶橋


  
Posted by buu2 at 12:56Comments(0)土屋光逸

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月15日

NHL Playoffs Conference Finals Game3 WSH-TBL

カンファレンス決勝の第3戦。

タンパベイでのアウェイ2連戦を無難に連勝でまとめて、ホームでの2連戦の初戦である。ここで勝っておけば木曜日のホームで4連勝を決めて、スタンレィカップファイナルへ進出できるという一戦だった。

試合開始直後は4連勝への期待からか、キャピタルワンアリーナはざわついた雰囲気だった。しかし、その熱気と期待は徐々に薄れていった。パワープレイのたびに失点を重ね、反撃したと思えば追加点を取られるという嫌な展開。最後は捨て身のエンプティネット攻撃でなんとか一矢を報いたものの、結局は2−4で残念な敗戦となった。これで流れが変わらなければ良いのだが、木曜日にキャピタルワンで一試合の後、土曜日は再び移動してアウェイの一戦となることが確定した。

とりあえず、木曜日は何としても王手をかけて欲しい。  
Posted by buu2 at 23:30Comments(0)アイスホッケー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年05月14日

ヤフオク・ウォッチング 河鍋暁斎「鍾馗図」

本気で落としに行ったんだけど、いつもの3Y0さんとCDDさんの競争になって、100万越え。まぁ、山本茜さんのガラスで慣れていたけれど、ここまで出すなら、また別のものを手に入れた方が良さそうと思って撤退した。

fullsizeoutput_33aa


うちにある河鍋暁翠の「鍾馗図」と親娘一対で持っておきたかったのだが。

河鍋暁翠「鍾馗図」

  

2018年05月13日

丸美屋 鯛釜めしの素

日本へ帰国する人の置き土産で丸美屋の鯛釜めしの素を手に入れたので、さっそく作ってみた。




ル・クルーゼで3合。






味が薄いし、鯛が少ないし、野菜ももっと欲しいと思うのだが、インスタントだからこんなものかもしれない。自分でもうちょっとみりんと醤油を足せばいいんだと思うけれど、いちいち条件検討するのも面倒くさい。ここが米国だということを考え合わせれば、このレベルで満足すべきだろう。

日本だったら食べないかもな〜。