2004年12月12日

素人ではあるが、読み物としては面白い

(13日に追記あり)(っていうか、どんどん議論が進んでいくので、その度にリンクとか、加筆していきます。面倒なので一番上には持っていきません(^^;)

ブログによるコミュニケーションやら、ジャーナリズムやら、色々マジメだったりフマジメだったりの議論がされているわけだけど、リアルタイムで興味深いやり取りが進んでいて、これをみているのがなかなか面白い。

初心者として簡単に経緯をまとめておくと、12月7日に切込隊長こと山本氏が、木村氏に対して「木村剛1 〜薮蛇呼ばわりされるのは大変光栄なわけだが」というエントリーでチャチャを入れてた。そのときは、「ネットを使ったマスコミ不信の扇動を木村氏がおっぱじめ」たために、藪から蛇(山本氏)が出てきたと表現。次に1日おいて書かれたのが「せっかくだから、一般論を騙っておこうか」というエントリー。一般論となっているが、(多分)木村氏について書かれているエントリー。その間木村氏は全くの無視を決め込んできたのであるが、10日に「木村剛2 〜クイズ17人に聞きました」というエントリーがアップされるに至り、とうとう木村氏が山本氏に対して直接のメッセージ「切込隊長、本当に残念です。でも、ありがとう。」をアップした。「木村剛2・・・」の内容が非常にピンポイントかつ具体的であったために、さすがに木村氏としても無視できなくなったのだろう。しかし、ちょっとこの反論の中身はお粗末なものだったので、13日になってさらに「切込隊長、なぜ無断訂正されたのですか?」というエントリーがアップされた。正確には「お粗末だったから」ではなく、切込隊長の「木村剛2 〜クイズ17人に聞きました」というエントリーの内容が一部修正されたからである。実際には木村氏の二度目のエントリーの前に記事は修正されていたようなのだが、なぜか木村氏は追記で修正した点を指摘している。さて、これに対して今度は切込隊長が「わーい、木村剛様から返事が来たよー」と返答。面白おかしく茶化しているだけだが、後日別途質問を提示すると予告。この予告を受けて16日に8項目の質問がアップされた。

大変残念なことに、僕は金融の事が良くわからない。勉強不足だから、このやり取りについても正直消化不良である。それでも、読み物としては非常に面白い。

木村氏がどういうスタンスなのかがどこまで明示されるかわからないが(今回のエントリーも「謝れ。そして記事を削除しろ。さもなければ裁判だ!」と書いているだけ)、少なくとも山本氏からは今後も記事がエントリーされていくに違いない。今後のやりとり、楽しみである。

ちなみに素人的な視点で見ると、どちらが言っていることが正しいかはわからない。まぁ、どちらが正しいかは裁判でやり取りしてもらえばオッケー。山本氏の記述、特に「木村剛2・・・」の記述は具体的で面白い。逆に一般論の方は事情に疎い僕にはちょっと難しすぎ(^^; 一方で木村氏のエントリーは「誹謗中傷である」と書いているが、「誹謗」ではあるかもしれないが、「中傷」(=根拠のない悪口)であるかどうかはやはり裁判で明らかにされるべきことで、ちょっとどうなのかな、と思う。また、エントリーの中で

内部監査と外部監査の区別もつかず、中間決算と本決算と監査証明の関係も分からず、貸倒引当金の基本的なコンセプトも理解できていない落合伸治氏

と書いているのも誹謗だよなぁ、と思わないではない。少なくとも、名誉毀損で訴えられる可能性はあると思う。

それから、もうひとつ興味深いのは、木村氏の反論がメールではなくブログで為されたことである。木村氏はブログにより独特のコロニーを作り上げてきている。そうした馴れ合い集団が果たしてこのエントリーについてくる事ができるのか??木村氏というだけで無条件に全てを受け入れてきた人達に対しての踏み絵でもあるわけで、そうした人達の対応も楽しみだ。

ZAKZAKの記事
竹中の盟友木村剛指南の日本振興銀早くも黄信号

切込隊長の主なエントリー
木村剛1 〜薮蛇呼ばわりされるのは大変光栄なわけだが
せっかくだから、一般論を騙っておこうか
木村剛2 〜クイズ17人に聞きました
わーい、木村剛様から返事が来たよー
木村剛3 〜実は私もビートルズマニアです

参考資料
切込隊長がまとめた参考報道一覧

週刊!木村剛の主なエントリー
切込隊長、本当に残念です。でも、ありがとう。
切込隊長、なぜ無断訂正されたのですか?

時系列が重要っぽいので、以下に関連エントリーリストを時系列で並べています。

11.2 ブログはマスコミに報いる庶民の一矢だ!
11.17 公取委のドン・キホーテいじめ
12.7 木村剛1 〜薮蛇呼ばわりされるのは大変光栄なわけだが
12.8 せっかくだから、一般論を騙っておこうか
12.10 木村剛2 〜クイズ17人に聞きました(オリジナルは現在入手不能)
12.11 木村剛2 〜クイズ17人に聞きました改筆
12.12 切込隊長、本当に残念です。でも、ありがとう。
12.13 切込隊長、なぜ無断訂正されたのですか?
12.13 わーい、木村剛様から返事が来たよー
12.16 木村剛3 〜実は私もビートルズマニアです

さて、もうちょっと勉強しようかな・・・・何か参考になる資料とかあったら適宜加筆します。

#この手のエントリーはいつの間にか改筆されたり、削除されたりしますから、未来永劫いつでも楽しみたい人は何らかの形で保存しておくことをお勧めします。まぁ、すでに誰かがやっていて、必要に応じてこっそり(?)公開してくれるだろうけど。あと、マメにチェックすることも重要(^^ え?もう削除されちゃったの?みたいなことにならないように(^^

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/10621136
この記事へのトラックバック
別称:「仁義なき戦いPartII:切込隊長VS木村剛」 やはり来たか・・・ 木村剛「切込隊長、本当に残念です。でも、ありがとう。」 泥沼化を避けようとする一方、厳正な対応。ただ、切込隊長氏が速やかに対応する気配はなく、死闘は避けられない様子。 切込隊長にお願い申し上げ
ブログと言論の自由【Richstyles!】at 2004年12月13日 20:28
まずは、議論の場が設定できるか、否か。次に成立したとして、わざと議論を混ぜ返したり、開き直ったり、何を聞かれても同じ言葉を繰返し
アウフヘーヴェン【冬枯れの街】at 2004年12月19日 23:06
この記事へのコメント
こんにちは。
早速削除修正が入ってしまいました(笑)。原文は残すべきだと記事を書いて両者にトラバしておきましたが、アツクなってるご両人には目に入らないでしょうね。
buuさんもアツクなってるんですか?本来ならぷろとたいぷでエントリするとこなのに^_^;
Posted by jackyhk at 2004年12月12日 13:36
全然アツクなってないですよ。所詮他人事ですから。ヲチしているのが面白いです(^^
Posted by buu* at 2004年12月12日 13:48
何か起こっているとは思っていたけど、何のことやら分からなかったので、まにあな日記さんの文・参考資料で経緯が分かりました。ありがとうございます。
Posted by こいとはん at 2004年12月13日 01:24
お役に立てて幸いです(^^
Posted by buu* at 2004年12月13日 09:39
buu*さんは"どちらかと言うと"隊長の肩を持ってるようですね。
Posted by 外野 at 2004年12月13日 10:01
切り込み隊長の木村剛関連の投稿は読んでいますが、日本とアメリカの会計制度の違いなのか、会計士としては理解できない箇所が幾つか見受けられました。

落合という人の発言を擁護しているような印象を切り込み隊長から受けますが、この人の発言は、はっきり言うと負け犬の遠吠えとしか思えません。

銀行のトップに立つ人物が、何らかの疑惑と直結しているような胡散臭さがあってはいけないのではないかな? そこの所を落合という人はわかっていないので、経営者としては失格だと言っても過言ではないでしょう。

木村剛さんのブログは読んでも面白いと思わないのですが、切り込み隊長の「木村剛の出自」に関する投稿などを読み、なぜ一企業のトップがそのような経営者としての資質とは無関係であるような内容を問詰められないといけないのか疑問でした。

大体、まだ30代前半で戦争体験など全くない切り込み隊長が、なぜ田舎の年寄りが口にするような時代錯誤な言葉を連発しているのかわかんないわね。(三国人という言葉を好んでつかっていることですが)

切り込み隊長のブログを読むうちに、それまでは興味がなかった木村さんの印象がぐんと良くなりました。

Posted by こねこ at 2004年12月13日 10:29
純粋に「この件」だけみれば、あくまでも僕は観客席でのんびり見ているだけなので、どちらの肩を持つわけでもありません。衛星放送で夕方にやっている香港フェニックステレビの「時事弁論会」というのがありますが、あれのブログ版みたいな気持ちで見ています。

ただ、現在のところ「どちらが優勢と判断するか」と聞かれれば切込隊長の方が優勢だと思います。切込隊長は攻撃側なのでそれだけで当然有利な立場にいます。

この手の話は攻撃された側が自分の正当性をアピールするのは至難のわざですから、木村氏が劣勢になるのは必然でもあります。攻める側は気になるところがあれば好き勝手に突付けば良いわけですが、守る側はどこから飛んでくるかわからない矢にいちいち対応しなくてはなりません。それらについて一々過去の発言との整合性を取るのも大変です。一部のブログでも取り上げられていますが、かつて自分のブログをマスコミではないとしながら、今回の反論では「切込隊長のブログはアクセス数が多いので、マスコミみたいなものと考えてよいと思われます」などと書いてしまうなど、すでに整合性が取れない部分も出てきています。こうした点をつつくのは論点がずれるのでどうでも良いことですが、攻撃の対象とはなる可能性があります。

さらに切込隊長は攻撃にあたって「正直、いろいろ聞きまわってもどれが事実なんだかよく分かりません。」と断りを入れるなど、巧妙に責任を回避しています(どこまで回避できているかはこれまた裁判所の判断でしょうが)。木村氏は木村氏で切込隊長の書き込みについては単に「デッチ上げ」「ガセネタ」などとしているだけで、あくまでも正面の敵は落合氏としています。恐らくは現段階で正面の敵に設定するには相手の情報が少なすぎると判断しているのでしょう。あるいは、上記のように断りを入れているので、正面にまわしても逃げられると考えているのかも知れません。

個人的にはブログとしてはゴーログより切込隊長の方が好きです。ゴーログは僕が興味を持つエントリーについては内容が表層的だと思っています。ただ、今後はどうかわかりません。今回の件で、木村氏も深く立ち入ったことを書かなくてはならない場所に引きずり出されつつありますから。

そんなこんなで、「面白い」と感じている次第です(^^
Posted by buu* at 2004年12月13日 10:32
>こねこさま

ちょっと長文を書いているうちにコメントがついていたので、一個飛ばしになってしまいました。こちらがこねこさまへのコメントです(^^

落合氏に関しては、現状では勝ち目はほとんどないでしょうね。今の焦点は「木村氏も負け組になるか」だと思います。

切込隊長は別に落合氏を擁護しているわけではないのではないでしょうか?あくまでも木村氏の対極に位置しているだけで、ベクトルが一緒だとは思えません(違うのかな????このあたりが素人なわけで)。

国籍問題については木村氏が「金融分野緊急対応戦略チーム」(通称竹中チーム)の一員として動いたことが公務員の国籍条項に違反・抵触するかどうかについて述べているわけで、銀行云々とはあまり関係のない話だと思います。まぁ、議論を発散させると同時に攻撃ポイントを分散させ、木村氏を消耗させるのが狙いだと思います(これも全然違うかもしれません(^^;)。

三国人とか、そのあたりについては僕もわかりません(^^;

僕に関して言えば、ゴーログはこれからは面白くなるかもと思っています。今まではなんかファンクラブを作るためのブログみたいでしたから(^^;
Posted by buu* at 2004年12月13日 10:55
こねこさんの意見に近いなぁ。

会計制度知っていれば、監査法人が取材に答える分けないんだけど(守秘義務違反)、あえて取材を試みて失敗した(かのように印象つける)経緯を載せてるのを見ても、切込さんの意図ってもの考えてしまいます。

その他、関係者(に変更されてしまった)の言い分も、会計制度上有りえない(wと言うレベルの物も有って、その辺りには(金融のプロなら)注釈を付けるべきなんじゃないかな?
と思う訳です。

>ただ、現在のところ「どちらが優勢と判断するか」と聞かれれば切込隊長の方が優勢だと思います。

言葉のやり取りで判断すると、そんな風に感じちゃうのかもね…
Posted by わん at 2004年12月13日 11:14
おお、なんか、期せずして観客席が盛り上がってまいりました(笑)

切込隊長のスタンスというのは、あくまでも想像ですけど、11月2日に木村さんがエントリーした「ブログはマスコミに報いる庶民の一矢だ!」の、第二段落の「例えば、いま私の関連では、ある背景がありまして、」以降の部分に対して生理的に嫌悪感を感じて攻撃しているというものではないでしょうか。

>言葉のやり取りで判断すると、そんな風に感じちゃうのかもね…

実際は違うんですか?
Posted by buu* at 2004年12月13日 11:36
同時にアップしようとしていたのかしら?
自分のコメントを送信しようとしたら、すごく時間がかかりました。
子供が一緒にテレビを見ようと誘いに来たので、一旦マックを離れて戻ってきたら、まだ投稿が受け付けていられないようなので驚いていました。でも、実際にはぶうさんのブログにはコメントが届いていたようなので不思議です。

前置きが長くなりましたが、切り込み隊長の訂正前と後の投稿と木村さんの投稿にさっと目を通しただけの印象では、切り込み隊長の投稿は裏が取れていないのにうわさの段階やら自分の感想を事実であるかのように書いているような感じなので、切り込み隊長が優勢であるという風には見えません。

印象だけにこだわると、切り込み隊長は木村剛を煽っているだけで、それを冷静に受け止めてコメントを公開した木村剛の方が「まともな人」であるように見えます。

人によって印象が全く違うのだなと驚いています。

Posted by こねこ at 2004年12月13日 12:36
 面白そうだと思ったんですけど「庶民の一矢だ」っていう表現に脱力しました。
Posted by LSTY at 2004年12月13日 12:42
切り込み隊長の所にあった落合氏とのやりとりで理解できなかったのは、その後に木村氏が述べている、

>内部監査と外部監査の区別もつかず、中間決算と本決算と監査証明の関係も分からず、貸倒引当金の基本的なコンセプトも理解できていない落合伸治氏

の部分などです。中間決算で監査が入らないと思いますが、そうしたら監査の意見書(日本語でこういうと思いましたが、違ったら訂正します)が出るわけないじゃん。

それから、監査法人が木村氏が関係しているKPMGから他の大手に変わったのも、当然じゃないかと思いました。日本語の会計用語でどのように言うのかわかりませんが、英語でいう所のindependence(多分、独立性になるのかな?)という根本的な所で問題が生じるので、監査法人が変わらなかったら、その方が問題になります。

子供が寝る時間なので、ママは歯を磨いてあげないといけないので、また後で。。。
Posted by こねこ at 2004年12月13日 12:44
>こねこさま

コメントを受け付けるときは、多分
1.コメント送信(発信者)
2.サーバー受付(サーバー)
3.サーバー受付完了の信号発信、コメントの掲載(サーバー)
4.コメント受付完了の信号受信(発信者)

の順番になるので、今回は3.と4.の間で何かトラブルがあって引っかかったんだと思います。まぁ、ネットでは色々あるのであんまり気にしない方が吉かと(^^

>裏が取れていない

この部分の受け止め方次第なんじゃないでしょうか。「木村剛2・・・」のエントリーの中身が全部フィクションだとしたらそれはそれでびっくり仰天ですが、僕はそこそこに裏を取っていると思っています。ただ、「裏を取っている」のは事実だとしても、その内容が事実である保証はありません。裏を取っている先は誰もがなんらかのしがらみがある人で、ニュートラルな位置での発言ではないですから。例えば木村氏と個人的な遺恨がある人であれば、虚偽の発言やわざと誤解を招くような発言をする可能性もあります。

そのあたり、どうなっているんだろうなー、と。有吉佐和子に「悪女について」という名作ミステリーがありますが、これをパロってエントリーしているところがまた面白いわけですね。

僕のスタンスはあくまでも観客席であって、金融は全くの素人ですから、一つのエンターテイメントとして今回のやり取りを見ています。しかし、そこからは凄く面白いものが出てくる可能性もあると思っています。理論物理を目指していた頃、「マダムキュリーやアインシュタインの頃に生きていなくて残念」と思ってバイオに転向したわけですが、一つの価値とか、文化とか、そういったものがつくられていく現場に居合わせることはなかなかにエキサイティングだと思っています。個人的には、ブログというツールについてそういう大きな動きがこれから両者のやり取りのなかで発生するかもしれないと思っています。もちろん、何もないかもしれませんが(^^;

>LSTYさま

良く読むと結構面白いと思います。本当はジャーナリズム論に関するやり取りなども含めて読まないと味が出てこないのですが、それを全部やるのは結構大変です(^^;
Posted by buu* at 2004年12月13日 13:01
自分のブログに切り込み隊長の所にあった(落合)関係者の発言で理解出来ない所を抜粋して、自分の疑問点を整理しました。

それなのに、送信しようとしたら、いつのまにかログアウトになっていて、アタシの投稿は消滅してしまいました。。。

奇遇ですが、今日の午後に有吉佐和子さんの「開幕前のベルがなる」(タイトルが違うような気がするなあ)を読み返しました。有吉さんの作品は「悪女について」から入りましたが、いい作家ですよね。切り込み隊長のブログが「悪女について」をパロデイにしていたとは、じぇんじぇん気が付きませんでした。

切り込み隊長はまだ木村バッシングを続けるのかしらね? 今回の騒動で、それまでどちらかというと嫌いだった木村剛の株が上がりました。それまではオールバックの髪型や表面は取り繕っているけど中身がない投稿している〜と生理的に受け付けない部分が多かったのよ、実は。でも、切り込み隊長の煽りと誹謗中傷への冷静な対応の仕方を見ていると、好きではないけど嫌うこともないなという風になりました。

それにしても(落合)関係者というのは本当に企業の経営に携わっていたのでしょうか? 切り込み隊長の所にあった発言を見ていると、こんなのが経営する会社には出資なんてするものかと思います。
Posted by こねこ at 2004年12月13日 15:00
うう、良くあることですが(消失)、心中お察しいたします・・・。

僕は最近その手のトラブルには大分慣れてきて、ライブドアがおかしいな、と思ったときはすかさず全部選択してCtrl+Cします(^^; 反応遅いぞ、と思ったら即左手を動かします(^^;

パロディなのか、単なる偶然の一致なのかはわかりませんが、「事実は一個だけなのに、人それぞれに真実がある状況と言うのは微笑ましいですなあ。」というコメントはそのまま「悪女について」の書評の冒頭に使えそうですよね(^^ いくら30代前半でも、この本ぐらいは読んでいるでしょう、多分。ずぶずぶの理系の僕ですら読んでいるんですから。

木村さんの株が上がるのは全然構わないのではないでしょうか?今までの木村さんのエントリーは上にも書いたけど表層的で、ちょっと突っ込まれてもそういった意見はほとんど無視していたわけです(ジャーナリズム論争のあたりは例外ですが)。

折角のブログの双方向性を一方通行にしてしまっていたわけですが、切込隊長が木村さんを無理やり土俵に上げたことによって、今まで見えていなかった木村さんの他の部分も見えてくるでしょう。それによって木村さんのサポーター(とまで言わないまでも、好意的に考える人)が発生するのは道理だと思います。
Posted by buu* at 2004年12月13日 15:26
こんばんは。

えらく場外で盛り上がってますね(笑)
記事の修正削除について続きを書いていろんなところにトラバしてきました^_^;
こちらにもトラバしたんですが全く反応してくれません。(前のもだめでした)ライブドア同士なのに相性悪いんですかね〜。
もう一度だけトライしてみます。もし重複したら削除お願いします。
Posted by jackyhk at 2004年12月13日 23:36
なんでですかねぇ?>トラバ無反応

全然入ってません(^^;
Posted by buu* at 2004年12月14日 00:24
うわさを元に、というのは違うと思います。
木村氏と落合氏という当事者がいて、切込隊長は
落合氏側に取材を行っている。ただのまた聴きや
うわさなどの2次情報のみから構成されたエントリでは
ないでしょう。そのほか、金融庁、株主、社員など、
できるだけ他の1次的情報提供者にも取材しているし。

それらの人々のいっていることがどれだけ真実を
含んでいるのかは、だれにもわからないわけですが。

ただ、日本では、個人の名前をあげて言及すると、「かわいそう」
とか、よくわからない理由で心情的にそちらに傾きがちですが、

木村氏は絶対に断じて全く「庶民」なんかではないのだし、
今回の日振銀のことについては明らかに説明すべき責任を
持っている人です。筆頭株主であると同時に外部取締役であり、
設立に際し大きな「役割」を果たした人であり、「公器である銀行」
の内部の対立によって経営が紛糾している、その対立の片方の当事者
です。

名前があげられたからといって、即「攻撃」だとかいって説明を
逃れられる性質のものではないでしょう。
それをよしとする「庶民的感覚」やら「生活者の視点」やらが、
日本の社会を「庶民の住み難い」ものに、結局してしまうのでしょう。

また、切込隊長のエントリも、木村氏のいうような「庶民」をたたく
「マスコミ」という構図ではありません。木村氏のブログも切込氏のブログも
同様にネット世論に大きなパワーをもっている。切込氏が「マスコミ」で
あるというなら、木村氏のブログも同様に「マスコミ」です。
Posted by どうでしょう、 at 2004年12月14日 04:07
一次情報を収集しているのは確かにその通りなのですが、その内容はもちろんのこと、収集したという行動自体も相手が匿名のため、確認が出来ません。最初のエントリーでは個人名が出ていましたが、後日それが修正されてしまいましたし。個人的にはフィクションではないと思いますが、その可能性もあることは念頭に入れておく必要があると思います。

個人名をあげて言及するとかわいそう、というのはどうなんでしょうか。少なくとも僕はそういう感情を持ちませんが、日本的にはそうなのかもしれません。

僕も別に木村氏は庶民だとは思いませんが、庶民であるかどうかは特に関係ないと思います。ただ、ブログを通じての説明責任があるかどうかについては判断に迷うところがあります。

切込隊長がマスコミならゴーログもマスコミだ、というのはもちろん異論がありません。上にも書きましたが、木村氏サイドに過去の発言との整合性がとれていない部分は散見されると思います。
Posted by buu* at 2004年12月14日 09:24
どうでしょうさん♪

切り込み隊長が(落合)関係者などに直接会い話をしたのは、アタシの感覚では取材ではありません。たんに話を聞いただけですよね。(落合)関係者に限って言えば、悪いのは木村だ!オレは悪くないと陰口を叩いたのに耳を傾けただけではないですか。

この(落合)関係者の発言を読んでいると、悪いのはすべて木村剛で自分は被害者だということばかり繰り返しているだけにしか見えないけどな。

切り込み隊長のブログを読んで、(落合)関係者がいかに企業のトップに立つにはふさわしくない人間かということがよくわかりました。話せば話すほどボロが出てくるので、自分のバカさをネットで永久に公開されないようにと切り込み隊長に名前をふせてくれと泣きついたのかなと思いました。

ぶうさん、長々と言いたいことを書いて、すみませんね。これからは自分のブログに思ったことを書くようにします。
Posted by こねこ at 2004年12月14日 13:40
「どうでしょう」さんは個人データを何も残していないので(こちらではIPを把握していますが)、回答があるかどうかわかりません。ということで、ちょびっと引き受けます。

「取材ではない」というのはちょっと違うのではないかと僕は思います。逆にいえば、「では、何をすれば取材ですか?」となります。当事者の中には完全にニュートラルな人はいないわけで、当然反木村の人もたくさんいるわけです。たとえ恣意的に反木村サイドを集めたとしても、それはそれで「取材」ではあると思います。それが落合氏個人であったとしても、です。別に取材が公平である必要はありませんから。

また、その中で落合氏が自己弁護と木村氏批判を展開したとしてもなんら違和感は持ちません。あくまでも落合氏サイドの考え方ですから。

ここは観客席ですので、観客としてであればいくらでもご利用ください(^^ もちろん、こねこさんのサイトで続けるのでも一向に構いません(^^
Posted by buu* at 2004年12月14日 14:06
取材ではないと考えているのは、切り込み隊長はたんにいろいろな人の話を聞いただけで、その発言を裏付けるといった検証を行っていません。

例をあげると、(落合)関係者が「中間決算の監査証明が出ていない」と言ったのに対して、監査法人(中央青山)や金融庁に電話をかけています。切り込み隊長のブログでは、監査法人にも金融庁にも一度だけ電話しただけのような印象を受けますが、たったの一度か多くても二度くらい電話したけど誰とも話が出来なかった。だから取材を試みたが失敗した。電話をかけまわることなど誰にでもできます。これでは子供のお使いレベルのやりとりです。

監査法人に電話をするにしても、監査を担当した公認会計士の名前など前もって落合関係者などに聞き調べることも出来たでしょう。そういった下調べもせず、人に話を聞いて回り、言われたことを検証することもなくそのままネットに公開したようですが、この作業のどこが取材なのかわかりません。

第一、どういった趣旨の元にどのような情報を得ようとしたのかも曖昧です。アタシの印象では木村剛の悪いうわさを集めようとしただけになります。
Posted by こねこ at 2004年12月14日 17:28
切込隊長自身は「取材」という文言を使っていませんので、これ以上「取材」という言葉の定義について話しても意味がないと思います。ということで、そこはパス。

また、情報を得ようとした趣旨も特に問題ではないと思います。切込隊長自身が何か利害関係があるのかもしれませんし、誰かから依頼されたのかも知れませんし、単なる義憤なのかもしれませんし、嫌がらせかもしれませんし、暇つぶしの可能性もあります。

「木村剛の悪いうわさを集めようとしただけ」でも構わないんじゃないですか?その噂を突きつけた上で、「どうなってるの?」とブログを用いて質問したわけです。それに対して木村氏が「裁判だ」って言おうが、無視しようが、きちんと回答しようが、これまた木村氏の勝手です。

ただ、木村氏がこれまで主張してきたよそ行きの言葉と、いざ自分が当事者になった場合の発言が整合性が取れていなかったりするのは面白いし、また、話自体もなかなか勉強になります。僕も会社の社長をやっていましたが、公開企業ではなかったので、例えば、中間決算の監査証明は出さなくても良いけど出すケースも良くあるとか、勉強になりました。あと、参加型ジャーナリズムの事例になる可能性もありますから、その点でも興味深いです。

単純に面白いし、勉強にもなるので、個人的には何の問題もありませんし、もしこういったやり取りが不快であれば、ただ単に両サイトにアクセスしなければ良いだけだと思います。
Posted by buu* at 2004年12月14日 17:51
>不快であれば、ただ単に両サイトにアクセスしなければ良いだけだと思います。

不快ならそうだけど、社会的に有害なら単純にアクセスしなければ良いって問題でも無いと思う。

当然、しょせん庶民だしーってのも有りだけど。

>切込隊長自身が何か利害関係があるのかもしれませんし、誰かから依頼されたのかも知れませんし、単なる義憤なのかもしれませんし、嫌がらせかもしれませんし、暇つぶしの可能性もあります。

どの理由かが問われるレベルの話題で、単純に2人が喧嘩してるねー○○さんの方が好きだから応援する。
ってな感覚は、ちと怖いかなぁ…と思いますですが。
Posted by わん at 2004年12月14日 19:36
社会的に有害かどうかは僕たちの判断ではないですよね。

>どの理由かが問われるレベルの話題で、単純に2人が喧嘩
>してるねー○○さんの方が好きだから応援する。

そうですか?別に僕は理由なんか関係ないと思いますが。ま、理由が重要だと思う人は隊長に直接質問すれば良いのではないでしょうか?僕はあんまり興味がないのでやりませんが、隊長にはコメントでもトラックバックでもアクセスできるのですから。

基本的に第三者は公開されている情報で判断するしかありません。応援したい人は応援すれば良いし、傍観して楽しみたければ傍観すれば良いだけのことです。社会的に有害であれば警察が出てくるでしょうし、何らかの損害が出たのであれば当事者が民事裁判をやれば良いだけのことです。

書きたきゃ書け、やりたきゃやれ、と。今回は匿名でやっているわけではないですし、理由はわかりませんが切込隊長が事実の公表を迫っていることについて「やめておけ」と言う理由は何もないと思います。逆に自主規制を迫るような考えの方が「僕は」嫌いですね。

で、今のところ僕は切込隊長が次にどんなエントリーを出すのか、楽しみにしております。
Posted by buu* at 2004年12月14日 22:55