2005年01月06日

ハリーポッターとアズカバンの囚人

映画館で観ようと思っていたのにいつの間にか上映終了していたハリポタ3。DVDで観ました。ハウルは気をつけなくちゃな。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版

以下、感想はネタバレなので追記に書きます。

さて、感想。面白いんだけど、今回はちょっと敵がちょろくないか?っていうか、どっか行っちゃったじゃん(^^; もうちょっとすげぇ敵が出てこないとなぁ。スネイプ先生とかも、1でどういう存在なのかがわかってしまったので、物語の中で扱いに困っちゃってる感じ。

ハリポタの場合、大体味方だと思っている登場人物が実は敵で、敵だと思っていた登場人物が実は味方である、というパターンができあがっていて、今回もきちんとそれを踏襲している。多少のひねりはあったものの、3作目にしてすでに予定調和になってしまっている感は否めない。

一方で、予定通りに行ってないのは役者。役者が成長しちゃって、1作目からみると随分と大人になっている。外人の成長ってすげぇスピードだから、日本人をベースに考えると「えええーーーー、マジで??」みたいな感じ。まぁ、卓球の愛ちゃんとテニスのシャラポワがほとんど同い年ってことを考えると、海外では当たり前なんだろうね。個人的にはハーマイオニーしか観てないわけだが(^^;、彼女は1では単なる生意気なガキだったわけだが、2では随分と可愛くなっていて、さて、3ではどうなるんだろう、って思っていたら、もう随分大人になっちゃった。ロンはレンドルみたいな目になってきたけど、ハーマイオニーとロンが仲良しでちょっとむかつく。

あと、本筋とは関係ないけど、マルフォイがすっかりちょい役に成り下がっちゃって、可哀想。もうちょっと出番を与えてやってくれ。

評価は☆1つ半。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/11876562
この記事へのトラックバック
harrypotter ハリー・ポッター (J.K.ローリング)
『ホグワーツ校友の会』(ハリー・ポッターファンクラブ)【0 1/2】at 2005年01月06日 21:03