2005年04月06日

ハサミ男(映画)

050406_2004~01.jpg恐らくは生涯読んだミステリーの中でもベスト5に入ることになるであろう「ハサミ男」、その映画化ということで、お台場まで見に行ってきた。

製作年:2004年
日本公開:2005年3月19日
(シネマメディアージュ 他)
■スタッフ■
監督: 池田敏春
原作: 殊能将之
音楽: 本多俊之
美術: 西村徹
編集: 大畑英亮
■キャスト■
豊川悦司
麻生久美子
斎藤歩
阿部寛
樋口浩二
石丸謙二郎


ちなみに原作の感想はこんな感じ。
ラスト40ページぐらい、作者の罠にはまってもう一度読み直さなくてはならなかった(^^;。

文句なく面白いし、読んだ後の印象もすこぶる良いのだが、それ以上に好印象を演出したのは所々に出てくる固有名詞だとか、ちょっとした引用が、僕の趣味にあってたり、知識に適合していたりしたことだろう。固有名詞までいかなくても、例えばビリーホリディをちょっと知ってるだけで、何となく「にやっ」としてしまったりする。また、文章のリズムも僕の感性に合っていたみたいで、そこそこの長編だったにも関わらず、二日で読み終えてしまった。

で、映画の感想なんですが・・・・・うーーーーーん、まぁ、原作読んじゃっているから「あぁ、映像にするときにはこういう表現手法を取ったのね」というのがネタバレなわけで、映画を観る視点は「映像化が困難な原作をどうやって料理するのか」のみ。そして、映画の評価はラストがどうなるかに集約されてしまった。その結果・・・・・・駄目でしたね(^^;

原作は非常に高いレベルの緊張感を維持しつつ、ラストまで一気に駆け抜け、そしてラストで非常に楽しませてくれた。ところが、映画はそれなりのテンションでラストまでいくのだが、ラストがあまりにも陳腐。

ラスト直前までを評価して☆1つ。やっぱり、文字でしか表現できない作品というものは厳然として存在すると思う。

公式サイトはこちら

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/18183202
この記事へのトラックバック
豊川悦司・麻生久美子主演。池田俊春監督。殊能将之の小説「ハサミ男」の映画化。 『ハサミ男』 男(豊川悦司)と女(麻生久美子)の前に女子高生が現れる。 次の瞬間、女子高生の喉にはハサミが突き立てられている。 「上手く刺さらなかったね」 「骨は硬いから」
『ハサミ男』2005年49本目【映画とJ-POPの日々】at 2005年05月04日 21:49
この記事へのコメント
はさみ男、とりあえず読まなくちゃ! 怖いの苦手だけど、怖くないですか?
Posted by かりん at 2005年04月07日 23:26
え???

マジ????

読んでないんですか??????????

信じらんなぁーーーーーーーーーーい。

全然怖くないですよ(主観)。
Posted by buu* at 2005年04月07日 23:31