2005年01月17日

NHKへの介入問題

なんか、ちょっと目を離していた隙にブログ界はNHKと安倍、中川の問題で盛り上がっていたらしい。

それで、色々な意見があるのは構わないのだけれど、できればブログに書くにあたり、放送法をきちんと理解した上で書いているのか、それとも理解していないのか、そのことを明記して書いてくれるとありがたい。

たとえば「税理士>ガソリンスタンド>コンビニ」さんは「政治家よ、もっとNHKに介入干渉せよ!」というエントリーで

「政治家という公人による信念に基づく指導指摘は
 しっかりきちんと為されたのか?」

を問題視したいと考えます。


と書かれているんですが、これは放送法の第1章の2の第3条「放送番組は、法律に定める権限に基く場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない。」を理解した上で書いているのか、それとも読んだことがないのか、どっちなのかわからないわけですね。どっちなのかによってエントリーの楽しみ方も全然違ってしまうので、そういう配慮があると嬉しいと思う次第。

以下、追記(17日10:08)  続きを読む

2005年01月16日

多分世界最速ブログ中継「WCスキー男子SLウェンゲン」

まもなく2本目。1本目は1位トーマス・グランディ、2位ベンジャミン・ライヒ、3位カレ・パランダー
佐々木は1.46差の18位、皆川8位はコンマ99差。

2番スタートのマルティン・ハンソンが好タイム。
5番スタートのパトリック・ビグスがこれを上回る。結構タイムがでそうだ。
8番スタートのエングルがさらにベストタイム。
11番スタートのシルバン・ツルブリッゲン、地元の利をいかせず。
コンマ01差でエングルにかなわず。
いよいよ佐々木明。うわー、コンマ14差。ここまでで3位。納得いかない表情。それにしても応援している人間には心臓に悪い滑り。片反ギリギリだよ。
15番スタートのプランガー、滅茶苦茶気合が入ってる。ゴール。コンマ32上回って1位。佐々木はこれで4位。
ところでこのセット、ゴール前のストレートが長いね。
20番スタートのマルクス・ラルソン、1位にはなれないが、暫定2位。これで明は5位。
22位のボディ・ミラー、スタート直後にコースアウト。
そして、いよいよ期待の皆川。マージンはコンマ41。スタート。あーーーーーーーーーーーー、スタート良かったのに、日なたに出る直前にコースアウト。惜しいなぁ。もったいない。表彰台も狙えたのに。
続くジョルジュ・ロッカ、速い。すげぇ速い。コンマ75上回る快走。さすが二連勝中で絶好調男。
残り6人。まずはイヴィツァ・コステリッチ。ロッカに及ばず2位。
ジャンカルロ・ベルガメリ、賢太郎がトキったところで大きなミス。暫定5位。
アロイス・フォグル、急斜面の入り口で大きなミス。コンマ15差で暫定2位。あのミスがなければ。
いよいよトップスリー。まずは気合男のカレ・パランダー。うわーーー、中間計時でトップだったのに片反。これを見た公宣と小田島、「見たことないような転び方ですね」って、明らかな片反じゃないか(^^; あ、公宣が気がついた。遅いよ(^^;
ベンジャミン・ライヒ、ゴール手前で大ミス。残念。
さて、ラップのトーマス・グランディ、あーーーーー、コーースアウトーー。
ロッカ優勝?あれ?ロッカ、片反で失格???失格だぁ。

1位 フォグル
2位 コステリッチ
3位 ライヒ
4位 プランガー

ドイツ人の優勝は15年ぶりだそうで。
明は・・・・・9位。お疲れ。うーーーーーん、賢太郎がもったいなさ過ぎる。  

地雷

うわっ、地雷を踏んでしまった。  
Posted by buu2 at 20:03Comments(8)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

デルピエロ

え??? デルピエロですか? マジで? あり得なくないですか?

出典はこちら

1974年出身だから、今31歳。確かにリーグ戦では最近は途中出場ばかり。でも、チャンピオンズリーグなどではフル出場したりもしている。

本当に来たら、凄いことになる。スタンドの座席にはまだまだ余裕があるから良いんですけど。でもまぁ、きっと来ないよね(^^; 来て欲しいけど。  
Posted by buu2 at 14:03Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

TIIDA実乗レポート2

基本的なところでは満足しているので、書くことは否定的なことが中心になってしまうのだけど、その点、ご了承願います。

高速道路で走っていて気になったのはステアリングの軽さ。もうちょっと重い方が安心できるかなぁ。

あと、やはりステアリングが戻るスピードが早い。途中で手で止めてあげないと思った方向に曲がらなかったり。これもやっぱ慣れの問題かな。

あと、メインパネルにもうちょっと情報を集めたらどうなんだろう。今自分が4駆で走っているのかとか、そういった情報があると良いんだけど。まぁ、「そんなこと、忘れるな」といわれれば返す言葉がないのですが。

ドライビングコンピューターがついてなのも残念。安い車だから仕方ないか(^^;  
Posted by buu2 at 13:28Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

アフガン再訪

アフガン清里の超有名カレー店、「アフガン」にまた行ってみた。前回行ったのは9月。たかちゃんとのお別れツアーできたんだった。今日はなっちゃんの初遠出ツアー。この店、いつもは物凄い繁盛店なんだけど、今日は大雪ということもあってか、客はゼロ。極端だなぁ(^^;

今日食べたのは数量限定の文字が輝く「牛スネ肉のカレー」、1500円也。辛さはC、ご飯の量はM。そういえば前回もCだったんだから、今日はウルトラCにしておけば良かったなぁ。

アフガン2ご飯は相変わらずかなり乾いた感じなんだけど、しっかり煮込んだ肉がなかなか美味しくて、あっという間に完食。前回は☆2つだったけど、☆2つ半に格上げ。次は絶対ウルトラCだな、うん。カレーはもうちょっと辛くないとね、やっぱり。ところでこの店のカレーは欧風カレーだと思うんだけど、「アフガン」っていう以上、やっぱアジア系ですか?でも、店内の雰囲気を見ると、やっぱ欧風って気もするし、じゃぁ「アフガン」って何よ、って思わないでもない(^^;

以下余談。  続きを読む

なっちゃんの初試練

朝起きると、すでに5センチぐらいの雪が積もっていた。清里、野辺山界隈はかなり標高が高いので、雪は水分が少ない。これはスタッドレスにとってはありがたい環境。さて、e四駆、四輪レヴォ1の威力の見せ所である。

寒冷地仕様の威力か、ワイパーもきちんと機能するし、バックミラーも視界すっきりである。

さて、発進。上り坂なのでもともと運転しやすいのだが、運転には全然不安感がない。踏切のあたりがブラックアイスバーンになっていて若干グリップを失ったが、その際にペダルに微妙な振動が。こういう仕様なのかな?

試しにわざと悪路の農道を走ってみたが、こちらも何ら問題なし。

スキーしている間はなっちゃんはおとなしく待機。その間にも雪は降り積もり、道路は完全な雪道に。

清里板にワックスを塗ったり、食事をしたりしている間もかなりの量の雪が降り積もり、なっちゃんは写真のような状態(^^;

さて、ここからは最初の本格的な試練、下りの雪道である。2速にしてエンジンブレーキを使いながら時速40キロぐらい、先がカーブのときは30キロぐらいに落としながらの走行。安定した走りで特に問題はない。フロントガラスには雪が積もってしまうので、ワイパーは動かしっぱなし。フッ素コートが落ちちゃうのはやむなしか。あと、リアガラスとバックミラーの熱線が自動的に消えちゃうため、時々スイッチを入れなくちゃならないのが面倒。

続いて長坂から高速走行。これが二つ目の試練。四駆を切って、通常のモードで走行。道路上は完全な圧雪状態で、チェーン規制。走行車線は40キロ、追い越し車線は70キロぐらいが流れ。速度規制は50キロ。車線変更で雪ダマリを踏み越える時以外は運転には全く支障がない。

ナビの到着時刻予想もなかなか正確。高速道路の案内板には「高井戸まで120分以上」なんていう赤い文字が光っていたんだけど、「最新の道路情報をもとに再計算します」で出てきた数字だと、120分後には家についている。さて、どっちが正しいのかなぁ、と興味津々だったわけだけど、ナビの方が断然正確だった。

快適、快適。

ただ、燃費は思ったよりも良くないかなぁ。まぁ、出発前にアイドリングしたりしているので仕方ないけど。リッター10行くか、行かないか、その程度だと思う。あとで正確に計算してみよう。  
Posted by buu2 at 11:39Comments(2)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年01月15日

第1回ジャパーナカップマスターズ選手権

野辺山のウェブサイトがなくなったと思っていたら、レーシングキャンプ野辺山っていう名前に変わっていたのね(^^;

で、その野辺山で開催された大回転の試合。出てきたのは良いのですが、4位という大変情けない成績でありまして、臥薪嘗胆する所存です。

知り合いのKさんとか、Mさんとか、優勝してたのになぁ。  
Posted by buu2 at 22:48Comments(4)TrackBack(0)スキー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年1月14日の富士山

fuji050114  
Posted by buu2 at 11:34Comments(0)TrackBack(0)今日の富士山││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年01月14日

ナビも

050114_2239~01.jpgきちんと動いてます。純正以外はつかない、なんてことはないです。明日はスキーの大会。東京は雪?
  
Posted by buu2 at 22:41Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年1月13日の富士山

fuji050113  
Posted by buu2 at 11:20Comments(0)TrackBack(0)今日の富士山││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年01月13日

遺伝子組換え作物について

組換え作物についてかなり急進的なエントリーをアップしようとしたのだけれど、ちょっと抑え目なバージョンに書き換え(^^;  続きを読む
Posted by buu2 at 23:59Comments(0)TrackBack(3)バイオ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの知らない本当の自分

どこで見つけてくるの?って感じのcocoaさんの占いコーナーですけど、今回は「あなたの知らない本当の自分」って奴。cocoaさんの自己分析を読んでみるとかなり期待できそう。まぁ、占いっていうより心理テストなわけだが。さて、結果。

  続きを読む
Posted by buu2 at 23:58Comments(2)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

悩んでも仕方がないので

shuffleとっとと注文しました。

アップルクーポンがどっかになかったかなあ、と思ったら、去年期限切れしているクーポンを発見。だめもとで入力してみたら、案の定「ナンバーが無効です」だって。こういうところだけしっかりしている。

そのうちどうせクーポンくれるだろうから、ドックとか、周辺機器は一切購入せず(^^;  
Posted by buu2 at 15:34Comments(5)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

まにあなポイント大放出(かも)

別エントリーで宣伝しました本の中に誤植があった場合、発見者に対して1件につき1ポイントのまにあなポイントを差し上げます。

「プレゼント対象のまにあなポイントは本の発売日までじゃないかー」とか、「誤植を発見するために本を買ってあるなら、もう一冊本をプレゼントされても意味ないじゃん!」などという正論はこの際無視です。発売初日に買って、大至急誤植を探し、ランキングトップになったらもう一冊本を手にして喜んでください。

なお、誤植報告はこのエントリーにコメントの形で投稿してください。

どうせ追記することになると思うので今のうちに書いちゃいますが、25日(予定では23:59)で第一回のランキングを締め切ります。それ以降は新たに第二回のランキングを始めますが、プレゼントの内容は未定です(^^; ということで、26日以降も引き続き誤植報告は受け付けますので、よろしくお願いします。

#コメントが200とかにならないように祈ります(^^;  
Posted by buu2 at 14:54Comments(22)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

本(宣伝)

「まにあなポイントを集めたら、サイン本がもらえるよ!」なんて言っておきながら、何の本だかさっぱりわからなかったわけですが(^^;、ようやく詳細が決まりました。

『ブログ・ビジネス〜仕事で活かせるブログの始めかた〜』
仕様:A5判/208ページ/1色刷
定価:1,600円+税=1,680円
ISBN:4-89977-096-0
発売予定日:1月25日
内容:
PART1 ブログってなに?
PART2 「閲覧者」としてどこを活かすか
PART3 プロモーションツールとして活かす
PART4 スケジュールや在庫の管理ツールとして活かす
PART5 コミュニケーションツールとして活かす
PART6 ブログサイトを維持するために  
Posted by buu2 at 14:07Comments(4)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

欲しいなぁ、iPod shuffle

itunes見れば見るほど欲しくなる、というか、絶対買ってしまうiPod shuffleですけど、今回はこんな記事が。

本田雅一の「週刊モバイル通信」の、「対照的だったMicrosoftとAppleの基調講演」から。もちろん誤植があります。まにあなポイント対象です。ちなみに今回プレゼントされる本のスペックが決まりましたので、記念で今回は2ポイント差し上げます。  
Posted by buu2 at 13:33Comments(2)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブドアトップページ切り替え

livedoorのトップページが変更になった。一部のブログ関連コンテンツがトップページに盛り込まれた感じ。未来検索とかは前からこうなっていたのかな?今は検索がウェブとかブログとかに分かれている。こっちの方が便利っぽいのだけれど、いつこうなったのかはわからない。

今までのブログの入り口がなくなったのかといえばそんなこともなく、ブックマークから普通にいける。

結論:この程度のことならこそっとやっても無問題だったんじゃないの?

ま、色々妙なトラブルが起きなかったから、いっか。  

2005年01月12日

遺伝子組換え作物

日本では相変わらず遺伝子組換え作物への理解が進まない。本来、どんどん導入すべき北海道で、その旗頭になるべき道知事が組換え作物に対してそっぽを向いている。現在、北海道独自の規制条例を制定すべく、着々と作業を進めている。彼女が農水省出身というならまだ理解可能だが、これが経済省出身というのだから始末に終えない。この条例は遺伝子組換え作物の商業栽培を原則禁止するもので、狙いは「北海道ブランド」の質的向上である。

遺伝子組換え作物とは、品種改良の一種である。品種改良を効率的に行ったものに過ぎない。もちろんこれまで食べていたものとは異なる遺伝情報を持つものだから、そこに含まれているタンパク質等も既存のものとは異なる可能性もある。しかし、これらについては検証が可能である。そして、栽培が認められているものは基本的に「安全」とお墨付きを貰ったものだけである。

そもそも、高橋はるみ道知事がなぜ遺伝子組換え作物の規制に積極的なのか。もちろん、再選するためには規制したほうが良いからだ。では、なぜ規制すると票につながるのか。生活者が遺伝子組換え作物を理解していないからだ。まず必要なのはこうした事態を改善するための啓蒙作業のはず。

なぜ、日本で組換え作物の栽培を推進しなくてはならないか。このことに頭をめぐらせたことがあるのだろうか。ほとんどの日本人は考えたことがないに違いない。

全地球で考えたとき、エネルギー源は大きく考えて2つしかない。今あるものと、太陽から供給されるものだ。今あるものはもちろん化石燃料を主としたものになる。理論的には質量のあるものは全てエネルギーに転換できるはずだが、実際にはそこまで効率的にエネルギー生産はできない。となると、化石燃料に乏しい日本は、化石燃料を海外から得るか、あるいは太陽からのエネルギーを利用するしかない。海外に過剰に依存せず、国家として独立性を保持しようとすれば、太陽のエネルギーをうまく活用していく必要がある。

太陽エネルギーの活用にも手法は複数あるが、そのうちの一つが農業である。ところが、日本の国土は農業には適していない。では、どうしたら良いか。ひとつには農業を効率化すること。もうひとつは農業を諦めることである。

日本の産業としての農業に求められるものは、安定して必要量の農作物を供給して行くことである。決してグルメの舌を満足させることではない。もちろん品質が高いに越したことはないし、高品質の米を東アジアに輸出することも視野に入れて行くべきではあるが、それはオプションに過ぎない。日本の国力を増強するために、農業の効率化は必要であり、その切り札が遺伝子組換え作物なのである。

こうした理解があれば、国家のやるべきことは明らかである。啓蒙が必要であれば、啓蒙を担当すべき人間達が率先して組換え作物を食べれば良いではないか。公務員に対して組換え作物を安く供給するのでも良い。組換え作物を税制で優遇するのでも良い。何らかの方法で組換え作物が安全であることを提示して行く必要がある。道知事はこうした作業を放棄し、無知な道民を無知なままにしながら人気取りをしているとしか思えない。

「未知の食べ物はアレルギーの原因になる可能性がある」という主張もある。正論ではある。しかし、アレルギーの原因になったのであれば、その人は食べなければ良いだけの話だ。今でも蕎麦でアレルギーになる人もいれば、牛乳でアレルギーになる人もいる。

大体、今食べているものだってすでに多くのものが組換え作物によって作られている。食べている人間が知らされていないだけの話である。おそらく、ここ数年でそれらは明らかにされる。「実は、あなた方の食べていたものには組換え作物が含まれていました」ということになる。そして、事後承諾の形で「でもまぁ、今までトラブルがなかったんだから、良いですよね」ということになる。これは日本の政府が意図しているのではない。世界の農業がそういう方向に進んでいるのである。

現在の農業行政の行き先には何があるのか。このままでは我が国の農業は世界から大きく遅れをとる。そのときになって慌てて対応しても手遅れである。

昨日の青色発光ダイオードの和解を見て、日本人はどう感じたのか。「8億ももらえば十分」と考えているようでは、日本を技術で立国するのは無理だ。なぜなら、正当に評価してくれる国が海外に存在するからだ。能力のある人間、正当に評価して欲しい実力者はどんどん海外に流出して行く。これまでは海外にそういう場があることすら知らなかったのかもしれない。しかし、今は違う。インターネットでちょっと調べれば、技術者にとっての天国が海外にあることを簡単に知ることが出来る。そうした頭脳流出はもうとっくの昔に始まっていて、その分野で日本は手遅れになりつつある。日本の科学者を評価する尺度はネイチャーやサイエンスといった海外の雑誌に掲載されることや、海外での研究実績だ。

農業に関しても、同じ事態、いや、場合によってはもっと深刻な事態になるかもしれない。今の日本は江戸時代末期の日本と全く変わりがない。  
Posted by buu2 at 22:13Comments(0)TrackBack(0)バイオ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

第54期王将戦第1局

久しぶりに羽生マジックを見た。

先日、「あんまり期待していない」みたいなことを書いたけど前言撤回。二度にわたる桂馬の妙手によって羽生が勝った。

棋譜はこちら

序盤、羽生の誘導で相振り飛車へ。森内がやや作戦勝ちかと思った場面で羽生が動く。それが54手目。森内が9筋からのすずめ刺しを見せたところで先行した。しかし、この棒銀はいかにも無理筋っぽい攻め。どうやらプロの検討でも「この攻めは切れそうだ」との評価だったらしい。しかし、その一方で「攻めているのはあの羽生だから、攻めが切れないのかもしれない」という評価もあったようだ。

最初の羽生マジックは74手目に放たれた7六桂。なんのひももついていないところにぽつんと打った桂馬である。どうやらこの桂馬で森内のペースが崩れたようだ。解説をやっていた鈴木大介氏もこのあたりでは「先手が負けようのない将棋」と見ていた様子である。そして無理に攻めるのかと思ったら、78手目に7五歩として手番を相手に渡す。このあたりの駆け引きは僕レベルではさっぱりわからない。

そして、二回目の羽生マジックは92手目の5一桂。4三と6三の二箇所の急所に効かせる盤上この一手とも言える手である。ただで取れる飛車をとらずに放たれたこの二回目の桂馬によって、攻守逆転したようだ。

以後の寄せも僕ぐらいだと「すごいなぁ」という感じだが、プロなら一本道だろう。結局、それ以後森内に勝機は訪れなかった。  
Posted by buu2 at 21:10Comments(0)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPod shuffle

ipodうわぁ、これは欲しいね。もうちょっと安いともっと良かったんだけど・・・・

で、誤植です(^^;

いや、これも正確には誤植ではないだろうし、書いているほうは「これで良いんだ」と思って書いているだろうし、正直微妙だと思うんだけど、一応辞書で調べたら載ってなかった。ということで、無理やり誤植認定です。まにあなポイント対象。

追記(18:54)
ちなみに出典はYahoo!ニュースの「「iPod shuffle」登場〜国内価格は1万980円から」という奴だったんですが、先ほどコメントでタレコミがありまして、ITmedia ライフスタイルの「「iPod shuffle」登場〜国内価格は1万980円から」では、もっとおしゃれな誤植がありました(^^;

ipod2いやぁ、素晴らしい。名乗り出ていただければ、まにあなポイントを差し上げます(^^ >名無しさま

正直申し上げますと、この記事を読んで、「あぁ、これ、ブログに書きたいなぁ」と思ったんですが、うちのページはITやPCグッズの紹介ページではないので、「じゃぁ、何か誤植はないかなぁ」と探してみた次第。もっとしっかり探せば良かったです。ヤフーで満足してしまいました・・・  
Posted by buu2 at 13:01Comments(13)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年1月11日の富士山

fuji050111  
Posted by buu2 at 11:24Comments(0)TrackBack(0)今日の富士山││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

山瀬の移籍騒動

去年の年末に浦和レッズ山瀬の移籍志願が表面化し、何気なく大騒ぎになっていた。山瀬の移籍先候補として一番に上げられているのがマリノスであることから、個人的にマリサポである自分はちょっと静観しておこうと思っていたのだが、そろそろ落ち着いた頃なので、加筆しつつ「下書き」から「公開」にランクアップします。

#って、世間的には全然大した事ないのかもしれないけど。

  続きを読む
Posted by buu2 at 10:34Comments(0)TrackBack(1)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年01月11日

春木屋

050111_2025~01.jpgラーメン屋からの帰り道に見かけた春木屋の看板。もちろん飲み屋ですが、きちんと地下にあったところが評価高いです。残念ながら、今日は看板だけ。  

海神

050111_2005~01.jpg池袋の「ごとう」の隣にラーメン屋、「海神」ができた。なんでまた隣に、とは思うが、まぁ、いっか。以下、評価。
名称:海神
種類:独自
場所:池袋(豊島区西池袋3-33-17)
評価:9/AA-
2005.1.11
コメント:これが、ラーメンか?と言われれば間違いなくラーメンなのだが、ほとんど食べたことのないようなもの。

麺は九州系を思わせるストレートの細麺。良くスープが絡み、雑味がない。ちょっと残念なのは麺が絡まって丸くなってしまっていたこと。丁寧にほぐせばなんとかなるのだが、ちょっと工夫が必要ではないか。スープは魚をダシにした塩味。ダシはその日その日で使うラインナップが異なるらしい。多分、味はきちんと調整するのだろうけど、時々隠しメニューみたいな凄い魚を使ったら面白そう。ま、それは置いておいて、味の方はかなり良い。間違ってトッピングの薬味を口にしてしまうと繊細な味が楽しめなくなるので、要注意。ちなみに辛塩というメニューもあるが、こちらは辛味でスープの味が死んでしまうので、初めて食べる人には勧められない。

チャーシューは載っていないので評価なし。ただし、代わりに載っていた海老、軟骨入りの鶏のつみれはどちらも美味しかった。

この間のラ博の千草も空いていたけど、ここも空いていた。店は大変だろうけど、客としては行列なしで美味しいラーメンを食べられて幸せである。  

惜しいなぁ

今、テレビの画面に「津波の驚異」って出たよ(^^;

でも、テレビは証拠を残すのが難しい。残念。おばかをやったのはTBSの「ニュースの森」です。誰か、教えてやってくれ(^^;

・・・でも、見間違いかもしれないから、自分で指摘しておこう(^^;  
Posted by buu2 at 18:00Comments(4)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナー博物館へ行こう!

hakubutsukan毎度常連さんの@nifty:デイリーポータルZの、「マイナー博物館に行こう!」という記事から。

まにあなポイント対象です。  
Posted by buu2 at 17:42Comments(4)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

TIIDA実乗レポート1

TIIDAがやってきてほぼ一週間。徐々にインプレッションを書いていこうと思うっす。

ちなみにTIIDAの前に乗っていたのがZ33なので、あんまり走りとか、加速とか、そのあたりを比較するのはやめようと思います。排気量もタイヤも全然違うから(^^;

さて、使用感で「これはどうなの?」って思ったのはライトの自動点灯。聞いた話だとキセノンの電球は点灯時間よりもオン・オフの回数で寿命が決まるとのこと。まぁ、この話がガセである可能性もあるんだけど、一応この話を信じている。というわけで、不必要にライトのオン・オフをしたくない。だから、自動オン・オフに設定してちょっとした立体交差や暗めの立体駐車場に入るたびにライトがつくのは避けたい。ところが、ライトのスイッチが、

オフ→自動→通常モード

の順番になっていて、必ず自動モードを通過するのが鬱陶しい。まぁ、もともと寿命の長いキセノンだから、あんまり気にしなくても良いのかな。


車を止めると相変わらず左手でサイドブレーキを探してしまうのだけれど、何でフットになったのかちょっと考えてみた。

1.構造上の問題
構造上、何らかの理由で足元にあったほうが部品の数を減らすことができる。

2.ラインナップ上の理由
手が使えない人向けの特殊バージョンを生産する必要があり、バージョン数を減らすため。

3.ユーザーの利便性
サイドブレーキを引きっ放しで運転することがないように、足元においてみた。実際運転するとわかるが、サイドブレーキをふみっぱなしで運転しようとすると足にぶつかるのですぐわかる。ちなみに解放してあってもちょっと邪魔。

4.室内拡張
サイドブレーキの部分を足元に回すことによって、中央部分を簡素化するため。

多分、1か3か4なんだろうね。


いや、しかしこの車は静か。エンジンかけて、「あれ?かからなかった?」って思って、エンジンがかかっているのにもう一回キーを回しちゃった(^^;


ちなみにTIIDAのブログでは今、1万円のギフトカードがあたるクイズをやってます。最後にアンケートに答えなくちゃならないけど、クイズは結構簡単。一番難しいのは最後の問題かな。答えを教えちゃうと興ざめだから書かないけど、僕はさすがに一発で全問正解でした。  
Posted by buu2 at 13:38Comments(0)TrackBack(1)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

企画倒れ

nengajo常連さまの@nifty:デイリーポータルZさまの、「1000枚こなかった」という記事から。まにあなポイント対象です。

ただ、これは本当に間違っているか自信ないっす(^^; 間違ってなかったらごめんなさい。ちなみにこの企画には僕も年賀状を出しました(^^ ちゃんと紹介してくれるかな???  
Posted by buu2 at 13:25Comments(4)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

200億が8億で示談って・・・

青色発光ダイオードの職務発明に関する訴訟で示談が成立したらしい。中村氏にわたる金額は8億4000万円って、これ、凄い過少じゃない?

2004年1月の東京地裁の判決は、発明の対価は200億円

良く「理系離れ」が論じられるが、何故理系離れが進んでいるかって、答えは簡単。理系の方が生涯賃金が少ないから。科学がどんなに面白くたって、収入につながらないんじゃ面白くない。「お前は好きなことをやってるんだから、いやいや営業をやっている奴より生涯賃金で1億や2億ぐらい少なくたって文句を言うな」ってことでしょ。

ようやく知的財産という形で理系の人間にも一山あてる「夢」が見えてきたのに、「弁護士の助言に従って勧告を受け入れることにした」みたいな理由で折れてしまったのでは大山鳴動してなんとやら、である。結局文系の人間(まぁ、担当の弁護士が文系である保証はないけど)に良いように丸め込まれてしまったのか?

理系を目指す人間の夢がノーベル賞だけだっていうなら、やっぱり理系離れにはストップ、かからないよね。まぁ、ノーベル賞獲っても賞金は1億程度。付随して増加する収入を考慮しても8億にはならないかもしれないけど。結局理系の人間は搾取される側なんだよな。やっぱりもっと、そういう知恵をつけないと。これだけの利益をあげて、たったの8億じゃ割に合わん。その裏で日亜がどんだけ儲けているのか、ってこと。

まぁ、社会主義国家に洗脳された人たち(日本人のことですよ、念のため)は、8億ぐらいでも「十分」って思うのかもしれないけど。米国に行けばこのくらい数年で稼ぐ野球選手は山ほどいる。「ここは日本だ」というのは正論なんですけどね。このままでは日本の科学技術はダメだろうね。広告と銀行と商社と保険で立国しますかね。

日亜化学、「当社の主張をほぼ裁判所に理解して頂けた。特に青色LED発明が1人ではなく、多くの人々の努力・工夫の賜物(たまもの)とご理解頂けた点は大きな成果と考える」ってコメントを出したらしいけど、これは誤解じゃないの(^^;? 裁判所はそんなこと言ってないじゃん。それと、確かに「多くの人の努力・工夫の賜物」ではあるでしょうけど、それなら日亜化学は、それらの多くの人全員に、きちんと対価を払えっちゅうの。  
Posted by buu2 at 12:55Comments(3)TrackBack(7)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

止まらない官僚の人材流出

「週刊!木村剛」の「商品先物は省庁再編をもたらすか?」というエントリーでも取り上げられていたが、ネット先物取引のベンチャー、「ドットコモディティ」の副社長に元経済産業省の車田直昭氏が就任した。同氏は年末からブログをはじめている。

このブログでは「21年間勤めた経済産業省で、商品先物取引を異例の2回5年間担当」と書かれているが、確かにこれは珍しい気がする。経済産業省では鉱産物(金、銀、白金、アルミニウム、パラジウム等)、ゴム、繊維などを管轄しているが(金融は財務省、穀物などの農作物は農水省)、経済省内では商務情報政策局商務課と産業政策局商務流通グループあたりが関係部署かな?車田氏が辞めた時点で室長級(その上が課長)だとすると、同じ部署に二度行ったのではなく、違う部署で同じ「先物」を扱ったのかもしれない。

僕は金融は専門じゃないから、経済省の金融方面は良くわからないけど、生物関係だと生物と化学とか、似たようなところをまわすケースは良くあるようだ。やはり内容の専門化が進んでいるので、特に技官においてはゼネラリストの中でもややスペシャリスト寄りに人材育成するケースがあるのだろう。金融ということであればおそらく車田氏は事務官なんだろうが、経済省としてもスペシャリスト色の濃い人材育成をしていたのではないか。

会社概要を調べてみると代表取締役社長は車田氏の実父で、車田氏自身はとりあえず代表権のない副社長となっている。

さて、この(副)社長ブログであるが(ちなみにドットコモディティのオフィシャルサイトもブログをコンテンツ・マネジメント・システムとして利用しているようだ)、今のところ5月1日の開業までの期間限定を予定している様子。今のところ、簡単な会社紹介程度の内容だが、まだ4ヶ月強あるわけで、休みの日とかには経済省でどんなことをやってきたのか、もっと突っ込んだことを書いてみて欲しい。一応「平日は毎日書いていこうと思います」って予防線は張られているんだけどね。「忙しくて毎日は書けないのでは」とは思いますけど、休日の方が時間があるのでは(^^;??

それにしても、僕の知っているある課は、2年間に課長補佐級が3人(1名はVC、1名はベンチャー、1名は衆議院選挙に向け活動中)、係員が1人(現在留学中)、ついでに課長が1人(現在参議院議員)退職してしまった。30人ぐらいの課なので、2年間での退職率は15%ぐらい。2年後の人員数を85%とすると、たった4サイクル(8年)で半分になってしまう。半減期8年っていうのは、なんかやばそうな感じもする(^^; ま、良いんですが。  続きを読む

2005年01月10日

悩み深きアミダラ

昨日の夜のショウビズカウントダウンでエピソードIIIの予告編を流していた。アミダラちゃんはちょっとしか出てこないんだけど、苦悩に満ちた表情。そういえば、チュウバッカも出ていたな。最後はコルサントの上空で戦闘しているシーンで終了。

あと4ヶ月ですか?  

タンネトウのジンギスカン

今や日本で最も安心して食べられる羊の肉。タンネトウはこの羊の肉の本場、北海道で「おいしいから食べてみろ」と勧められた品。北海道のスーパーではどこでも売ってるという話だったんだけど、残念ながら小樽の長崎屋では売ってなかった。しかし、千歳空港のお土産屋で発見して早速1.2キロほど購入しておいた。

ということで、ようやく食べてみました、タンネトウのジンギスカン。確かに美味しい。今回はフライパンで焼いたんだけど、多分脂が落ちるような焼き方の方が美味しいはず。バーベキューとかで焼いたらもっと美味しそうだ。ジンギスカンのコツは焼きすぎないこと。ちょっとくらい生っぽいほうが柔らかくて美味しい。

ということで、大満足だったわけだけど、難点が一つ。それは匂い。別に肉に臭みがあっても全然構わないのだが、家で焼いたら部屋中がジンギスカン臭くなってしまった(^^; まぁ、仕方ないか。まだあと800グラム残っているので、今度ホームパーティで食べようかな。参加者全員が臭くなりそうだけど(^^;

ちなみにタンネトウのジンギスカンはこことか、こことかで購入可能です。  
Posted by buu2 at 17:36Comments(0)TrackBack(0)グルメ総合││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

多分世界最速ブログ中継「マジョルカ対デポルティボ」

リーガ・エスパニョーラのマジョルカに移籍した大久保、初出場の試合で1ゴール1アシストの活躍。まずは1点をリードされた後の後半12分、右サイドからのクロスがガルシアのヘッディングゴールを生んで1アシスト。さらに2−1とリードされた直後の後半20分、今度はゴール前に上がったクロスに対してディフェンダー、キーパーとせりながらゴール右へヘッドで押し込んだ。

やるな、大久保。ちなみに今日のセリエAはといえば、中村は途中交代、柳沢はロスタイム出場、中田は不出場。  

2005年01月09日

世界最速ブログ中継:ワールドカップ男子スラローム第4戦 シャモニー

今シーズンのスラローム第4戦。場所はフランスのシャモニー。期待の佐々木明は2番スタートも途中でコースアウト。登ってレースを続けたが、その後途中棄権。皆川は一本目20位。二本目で微妙に順位を落として21位。

1位 ジュルジュ・ロッカ
2位 ベンジャミン・ライヒ
3位 マルクス・ラルソン
21位 皆川賢太郎

佐々木明、岡田利修、湯浅直樹は途中棄権。次はウェンゲン。  

050109_1701~01.jpg名称:螢
種類:東京西部
場所:大和田【GPS情報
評価:7/BAA
2005.1.9
コメント:ラーメンは醤油と鶏の2種類。こういう二種類のスープを出す店は大抵両方ともまずかったものだけれど、最近はそういうセオリーがすっかり通用しなくなった。両方ともかなりハイレベル。まず、鶏。こちらは麺は細めで角が立ったタイプ。細いけれどもコシがあってなかなか。もうちょっとスープが絡むとさらに良いと思う。スープは鶏ベースで豚骨ブレンドの塩味。鶏の風味がしっかり楽しめるもので、かなり上質。鶏ベースであっさり仕上げたものは良くあるし、超こってりに仕上げたものには天下一品があるが、その中間ぐらいを狙っている。チャーシューも美味しい。全体としては味付けがかなり濃く、人によっては「しょっぱい」と感じるかもしれないが、ハイクオリティである。

hotarusyouyu次に醤油。こちらは豚骨ベーストリガラブレンドで和風ダシを強めに聞かせた東京西部タイプ。やや動物脂で味がボケている感じはあるのだが、和風のスープが好きな人にはかなり美味しく感じられるのではないか。麺は鶏スープとは異なり太目の多加水麺。コシ、スープの絡みとも文句ないのだが、スープとの相性は正直イマイチである。チャーシューは美味しい。

どちらかといえば鶏の方が好み。  

おにぎり占い

現実逃避の格好のネタをいつも供給してくれるcocoaさんのブログでおにぎり占いを紹介していたので、やってみた。

まぁ、変わり者という意味では比較的当たっているような(^^;
onigiriuranai

おにぎり占い  
Posted by buu2 at 14:00Comments(4)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の将棋

将棋倶楽部24という、ただで将棋を指せるサイトがある。ここでは時々タイトル戦を開催していて、今実施されているのは「名人戦」。一応、僕も参加中。30人リーグの4段Cという、分不相応のレベルのリーグで苦戦しております(^^;

で、それはまぁ良いんですが、去年は森内に始まって渡辺で終わった1年でした。森内は去年末まで絶好調で、羽生が持っていたタイトルを片っ端から奪取。竜王、名人、王将という重要タイトルを独占していました。ポスト羽生として同年代の森内が名乗りを上げたかと思われましたが、年末に20歳の渡辺明が竜王を森内から奪取。そして谷川棋王への挑戦権を争ったトーナメントでは、本割で一度森内に負けた羽生が敗者復活戦で再び挑決戦に勝ちあがり、そして森内に2連勝して挑戦権を得ました。1年間続いた森内の勢いにかげりが見え始めています。

まもなく始まる王将戦では森内が羽生のリターンマッチを受けて立つことになります。去年、一時期「羽生朝日」が現実味を帯びたこともあるのですが(将棋の主要タイトルは7つ。これらを全て失うと永世タイトルか、あるいは段位を名乗ることになる。若手棋士では永世タイトルを名乗ることは希なので、タイトルを全部失った場合は段位を名乗ることになるが、羽生は7大タイトルより1ランク落ちる「朝日」というタイトルを持っている。このため、「羽生朝日」という呼称になる可能性があった)、そこからの巻き返しは目を見張るものがあります。もっとも、目を見張るといっても羽生が負けていたのは2日制の勝負における対森内戦ばかりで、他は相変わらず勝ちまくっていたのですが。

もし王将戦で羽生が森内に対して雪辱を果たせば、再び羽生を中心として棋界はまわっていくと考えられます。一方で森内がタイトルを防衛すれば、もうしばらく森内時代が続くことになるでしょう。

そういった意味で、この王将戦は非常に楽しみではあるのですが、個人的にはこれよりも棋王戦の谷川対羽生が楽しみです。何で楽しみなの?といわれてしまうと困るのですが、例えば渡辺対森内みたいなタイトル戦だと、ほとんど中座飛車か矢倉、みたいに戦型が予想できてしまうのです。谷川と羽生だと、何が飛び出すかわからない。谷川にも角換わりや左美濃みたいな得意戦法がありますが、「そればっかり」ということがない。5番勝負は2月4日から始まります。ちなみに王将戦は週明けに始まります。  
Posted by buu2 at 01:04Comments(2)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

千草

050108_1304~01.jpgラーメン博物館、SLIPカードをもらえなくなってしまってから全く行ってなかったんだけど、かれこれ3、4年ぶりぐらいに行ってみた。並ぶのは嫌だったので、唯一待ち時間のなかった「千草」へ。以下、評価。

名称:千草
種類:岩手(岩手のラーメンらしいけど、東京ラーメンだと思う)
場所:新横浜【GPS情報
評価:6/BA-
2005.1.8
コメント:麺は細めの縮れ麺。最初のうちは適度な腰なんだけど、だんだん弱くなってくる。細い麺だから仕方がないといえば仕方ないんだけど、それなら最初からちょっと固めにしておくといった配慮があると嬉しい。

スープは鳥ベースの醤油味。かなりあっさり目だが、雑味のようなものが全く感じられない。ストレートなトリガラスープ。これが非常に美味しい。余計な工夫をしないのが逆に大きな工夫ということか。ネギラーメンなどにしてしまうと具の風味がそのまま入り込んでしまうので、余計なトッピングはお勧めしない。デフォルトのスープは非常に美味しいと思う。

チャーシューと呼べるものは入っていなかったので、チャーシューは評価なし。

いや、美味しかったですよ。こういうラーメンが行列なしで食べられるなら、ラ博も捨てたもんじゃない。しかし、この店に行列がなくて、どこでも食べられる支那そばやに大行列しているのは謎。まぁ、別に良いんだけどね。みんな支那そばやに行列していてくれ(^^  

2005年01月08日

日本テレビ、やってくれるぜ

決勝戦は鹿実対市船。

まぁ、それは良いんだけどさ、日本テレビ、どうなのよ。「延長してお伝えします」と言いながらPK戦の途中でいきなり終了。これがNHKだったら証人喚問だね。

おまけに、その直後の番組(生放送のサッカー番組だよ)でも結果がわかっているくせになぜかすぐに放送しない。武田とかが「勝負はついてますが、まずは第一戦のダイジェストから」なんて番組をはじめやがった。何考えてるんだか。生放送なんだから、まず結果を言えよ。本来なら字幕スーパーででも伝えるべきだろ。

スポンサーを覚えていたら不買運動を起こすところだったよ。残念ながら、全然覚えてないんだけどさ(^^;

まぁね、サッカーが全然人気がなかった頃から高校サッカーを放送し続け、天皇杯決勝には客が来ないけど高校サッカーの決勝には客が来る、みたいな状況を作った功績は認めるよ。しかし、そういう先人の功績が全部パーだよね。今サッカーを観ている人の多くは、そんな過去の話なんて全然知らないんだから。  
Posted by buu2 at 17:28Comments(0)TrackBack(1)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

動かざること山の如しという言葉もあるが

ブログサービスについては、何かやるときは8割方ろくでもないことをやるライブドア。今度はトップページを再編するらしい。

文字を読んだだけでは良くわからないのだけれど、今回は一体何をやるんだろう。12日が楽しみなような、怖いような。っていうか、怖い(;_;)

告知はこちら

変更後、ご利用いただいているお客様にとっては紛らわしい表現になるかもしれませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

と予防線を張っているところが笑える。  

日産TIIDAオーナーズブログリスト

1名の熱烈なリクエストがありましたので(^^;、TIIDAのオーナーズブログリストを作成しました。基本的にはTIIDAのオーナーと思われる方のブログを登録します。別に内容は車のことばかりじゃなくて構いません。あと、TIIDAが好きならオーナーじゃなくても構いません。「私も登録してくれー!」っていう方は、このエントリーにコメントで記入してください。やっぱ、オフィシャルブログも登録しなくちゃな、と思いましたので、日産:TIIDA BLOGも登録しました。

#日産のオフィシャルブログでも使ってくれれば良いのだが(ぼそ)

ソースは下記になります。コピペしてサイドバーとかに貼ってやってください。


<script language="javascript" type="text/javascript" src="http://list.myblog.jp/list/js?code=d7fc3a33c3d801e2ef53d5f6634ad499"
charset="EUC-JP"></script>


どういう感じで表記されるかは、このブログの右下の方の、「TIIDA Owner's Blog List」を参照してください(^^  
Posted by buu2 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2005年01月07日

2005年1月7日の富士山

fuji050107  
Posted by buu2 at 23:54Comments(0)TrackBack(0)今日の富士山││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

さぁ、笑いたい人へ!!

去年は折角紹介したのに記事がなくなっちゃって残念無念だった「笑いたい人へ」シリーズ。新年、心も新たに再開です。しかも、まにあなポイント対象だ!!!

では、まずこのヤフオクを見ましょう。

PS2のスロット北斗の拳!のソフトの入れ物

はい、良く見ましたか?ちゃんと商品紹介まで読んでくださいね。次に、同じ人が出品したこちらのオークションをご覧下さい。  続きを読む
Posted by buu2 at 22:54Comments(7)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

色々ある日本振興銀行

去年ウォッチしていた切込隊長と木村剛氏のブログ対決。

年末年始に大きく動いたのは木村氏。ただし、ブログの中でではない。出版社の社長を年末に退任、4日にはKFiの社長も退任し、日本振興銀行の社長に就任。銀行の経営に注力するという姿勢を明確にした。

切込隊長から投げられたボールを「経営の成果でお応えしようと考えております」と、ややあらぬ方向へ打ち返したわけですが、切込隊長は今日になって再びタマを投げています。いや、正確にはタマは投げておらず(トラックバックはしているけど)、木村氏が刑事告訴されるという事態に至り、ヲチ側にまわったようです。

「落合氏の名誉を毀損したかどうか」という点については第三者的に判断されることになったわけで、裏でのドロ試合は展開されないことになったわけですが、面白いブログ対決もこれで見られなくなってしまった模様。

しかし、切込隊長は再三、「木村氏と落合氏で再び手を組んで欲しい」という趣旨のことを書いていますけど、この真意はどこにあるんでしょうね。こんな状態になってしまった二人が本当に手を組めたりするものでしょうか。まぁ、トラブルの原因がちょっとしたボタンの掛け違いとかであれば、もしかしたら笑って水に流せるのかもしれないけれど。そのあたり、本当の根っこのところ(トラブルの原因)がわからないので、やはり外野から観戦するしかないのですけどね。ま、本当に戦わなくてはならない敵は別のところにあるのだから、少ない戦力は内紛をやってないで一致団結しろと、そういうことなのかな・・・。

まぁ、その一方で毎日新聞はこんな記事を書いてますけどね(^^

きょう「千葉国」誕生 /千葉」  続きを読む

海辺のカフカ

とても長い時間がかかってしまった海辺のカフカ、ようやく読み終わりました。つまらないから時間がかかったんじゃないです。忙しくて読む暇がなかった。

海辺のカフカ〈上〉


海辺のカフカ〈下〉
ネタバレの感想は追記に。  続きを読む
Posted by buu2 at 18:37Comments(0)TrackBack(0)読書││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメン初め

050107_1757~01.jpg今年の一杯目は一本気のみそ野菜のっけそば。「のっけそば、うまからつけて」って頼みましょう(^^

GPS情報

まぁ、今年もちょぼちょぼ食って行こう、と思ったんだけど、そういやぁ大崎さんは結局何杯食べたんだろうって思ってブログを観にいったら、914杯だったらしい(^^ 食いすぎ(^^;  

2005年01月06日

ドラクエ日記12

さて、いよいよ物語も佳境に入ってきた感じ。大体飛べるようになるとゴール間近である。

ということで、長老がいう町の西へ。レティスの影がうろうろしているのでこれを追いかけるがすぐに見失う。そして、すぐに現れるかと思ったら全然現れない。早くでてこいよー、ってことで、ルーラでよそにいったり、宿屋にとまったり、色々。やっと出てきたと思ったらまた見失う(^^;そんなこんなで5回目にやっとレティスをキャッチ。異世界への扉が開く。

どこにいったら良いかわからないので、とりあえず表の世界でレティシアがあったところへ。長老に会うと、レティスの場所を教えてくれる。見つけたと思ったらレティスと戦闘。なんなんだー(^^;

レティスを倒したら今度は彼女のお願いを聞くためにレティスの巣へ。出てくる敵はあんまり強くないので、とにかく宝箱を全部ゲット。行ったり来たりして、ゲモンを撃破。無事、空が飛べるようになった。

ということで、楽しい遊覧飛行。世界中でお宝と強いモンスターをスカウト。でも、肝心の、どこにいったら良いかがわからない。ま、いっか。

プレイ時間 72時間 43分
レベル 39

ドラクエブログリストはこちら

このエントリーはLIBLOGにトラックバックしています。
LIBLOG  
Posted by buu2 at 18:37Comments(3)TrackBack(0)ゲーム││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

たまにテレビでも観ていると

書いていた本がようやく校了し、某省の人材育成テキストの原稿も昨日の夜中に書き終わり、さて、今週中に片付けなくてはならない仕事は数件ということになった。あ、年賀状を作ってないな・・・・

で、まぁ色々な件がほぼ片付いたので、久しぶりに真昼間からテレビを観ていたのだが、TBSの「(特)情報とってもインサイト」って、なんだ、こりゃ(^^;僕は基本的にほとんどテレビは観ないので(観るのはウルトラマンネクサスと、ネプリーグのアキバカンペーさんと、ポンキッキーズの爆チュー問題やトーマスと、とんねるずの食わず嫌いと、トリビアの泉と、世界遺産ぐらい)誰だかわかんないんだけど、多分お笑いの芸人と思われる人がメイン。それで、不機嫌そうな顔をしながら偉そうにふんぞり返って「なんでもっと早く逮捕できなかったんですかねぇ」「なんでもっと色々情報を提供しないんでしょうか」などとコメントしている。警察だってお前に言われたくないだろうよ(^^; 警察にだって警察の都合があるだろう。色々やっていたって、それを逐一国民にご報告していたら犯人だって警戒するだろ。

大した見識もないくせに偉そうにテレビでコメントを発するのが最近のはやりなんだろうか。報道ステーションの古館氏、とくダネ!の小倉氏・・・

なぁんて思っていたら、テレビだけじゃ足らず、新聞・ネットでもわざわざコメントを発信している人もいた。

大谷昭宏/フラッシュアップ「趣味と犯罪の境界 社会が決めるべき」

いやね、この事件、逮捕された奴をみて、「あぁーあぁ、またまたいかにもっていう奴が捕まったね」とは思ったよ。しかし、この文章はちょっとどうなの?

まず、この人、ジャーナリストなんだから文章を書いて米を買ってるんだと思うんだけど、どうなの、この文章。内容云々以前に、「はっきりさせておきたいことがあるのだ」「ほら、言った通りだ、と言いたいのではない」「この点についてはっきりさせておきたい」と3回も希望を書いているにも関わらず、どうも何をはっきりさせたいのか、何を言いたいのかわからない。

非常に好意的に読んであげれば、「なんらかの歯止めをかけることが必要なのではないか」というのが彼のはっきりさせておきたいことなのかもしれない。まぁ、あなたはそう思うかもしれないけど、コラムの表題で「社会が決めるべき」って自分で書いてるじゃん(^^; あんたは社会か?みたいに感じてしまう。

内容も、例えば

公開質問状での「その類の嗜好についてきちんと取材したのか」という指摘を待つまでもなく、実際に大阪の日本橋など、マニアが集う場所も取材してみたし、インターネット上でのやり取りも見せてもらった。

と書いているが、「マニアが集う場所も取材してみたし、インターネット上のやり取りも見せてもらった」が「きちんと」した取材に値するのかは微妙だ。まぁ、きちんとした取材と考える人もいるかもしれないが、その取材をもって文章を書けるのがジャーナリストであればこんな楽な商売もない気がする。だって、ちょっと近所を見て、あとはネットで情報収集でしょ。

大体、

社会がそんな被害を未然に防ぐために努力するのは、いわば当然のことではないのか。

って、じゃぁ、具体的にはどうするんだろう(^^; 成人は人形の購入を禁止するの(^^;??

ついでだから大谷氏のコラム、色々目を通してみたけど、こりゃ古館氏や小倉氏と全然変わりがないね(^^;

ま、このエントリーもそうだけど、攻撃するのは簡単だよな。  
Posted by buu2 at 16:59Comments(1)TrackBack(1)テレビ番組││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリーポッターとアズカバンの囚人

映画館で観ようと思っていたのにいつの間にか上映終了していたハリポタ3。DVDで観ました。ハウルは気をつけなくちゃな。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版

以下、感想はネタバレなので追記に書きます。
  続きを読む
Posted by buu2 at 16:20Comments(0)TrackBack(1)映画2005││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加