2006年07月05日

準決勝を予想するぞ!

どうせ当たんないんだけどさ(投げやり)、やっぱ、予想はしとこうよ。

ということで、へぼ予想します。

イタリア-ドイツ
もう、いきなりわかんねぇよ、こんなカードでどっちが勝つかなんて。やってみなきゃわかんないだろ、これ。って、それじゃ予想の意味ないな。よし、予想。こりゃ、攻撃のドイツ、守備のイタリアの戦いだけど、裏を返せばしょぼい攻めのイタリアがしょぼい守りのドイツから何点取れるか、ということ。でもまぁ、さすがにイタリアも1点ぐらい取るだろ。じゃぁ、ドイツがイタリアから1点取れるかどうかって、そりゃ90分じゃ難しいだろ。あ、じゃぁ、もう1-0でイタリアじゃん。簡単、簡単。イタリアの勝ち。

ポルトガル-フランス
これもわかんねぇよ。ドイツもそうだけどさ、ワールドカップが始まったときと今のフランスって、戦力が全然違うじゃん。しかも、フランスなんてジダンの調子次第。当日の朝食べたカキフライでおなかを壊しちゃったら、もうこんな予想なんて意味ない。とまた投げやりになりそうだが、がんばってモチベーションを維持します。まぁ普通に考えればこりゃフランスだよな。ポルトガルは熱戦続きでカードももらいまくってるし、フィーゴもお疲れ。一試合休んで休養十分のデコ君はいるけれども、やっぱチーム全体の疲労はでかいでしょ。一方でフランスもブラジル戦でかなり疲れているだろうけど、ま、ポルトガルほどじゃないよね。ということで、2-0でフランスだな。

ちなみに準々決勝での予想は1勝3敗でした(;_;)  

2006年07月04日

そら

7740cbf5.jpg
いつもこの店の隣の飲み屋であるバイオ系の集まりの二次会をやっていて、前々から気になっていた。ということで今日食べに行ってきました。以下、評価。

名称:そら
種類:東京
場所:神田
評価:5/ABC
2006.7.4
コメント:食べたのはチャーシューメン、醤油。

麺は平打ちと細麺から選べるとのことだったので平打ちで注文。中くらいの太さの縮れ麺で加水率がやや高め。スープは良く絡むし、多加水麺独特のもちもち感がなかなか良い食感を生み出す。

スープはトンコツ、トリガラ、昆布などをベースにしたしょうゆ味。やや温度をおさえ目にしてダシを取っている様子で、スープの濁りが少ない。トンコツが強めで、その脂がスープの上層に膜を作っている。これがスープの味をぼやけたものにしているのが残念だが、味は悪くない。

チャーシューは焼き目をつけた煮豚で風味は悪くないのだが、いかんせん肉の質が悪く、チャーシューメンにすると途中で飽きてしまう。チャーシューから脂がでてますますスープの味がぼけてしまう危険性があるので、チャーシューメンの注文はお勧めできない。  

風の子

4bbba079.jpg
わりとリピートすることの多い風の子なんだけど、久しぶりにちゃんと写真を撮ってレビューを載せました。

こっちにもレビューを載せるべきかもしれないんだけど、ライブドアのブログって画像を複数貼るのが結構面倒なので、食べログにリンクしておきます。

追加した評価はこちらをご覧ください。  

2006年07月03日

中田、引退ですか

7a4cda9d.jpgちょっと早すぎる気もするけど、大分前から引退をほのめかせていたいこともあってそれほど驚きでもない。

最近はややパフォーマンスが維持できない点もあったが、ワールドカップで僕が直接観た2試合ではやはり日本人の中では一番の貢献度だったと思う。

次に何をやるのか知らないけど、いつかまたグラウンドに戻ってくるのかなぁ。それとももうサッカーはこれで終わり?

彼のキャリアで一番惜しかったのは、やはり絶頂期にトッティのいるローマに行ってしまったことかなぁ。  
Posted by buu2 at 23:54Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天

98809a9e.jpg先日新聞にこのお店の紹介記事が掲載されていたので、ちょっと食べてきました。

川越市駅から徒歩10分ちょっと。途中に「ごきげんや」というラーメン屋を発見したのだけれど、もちろん今日はトンカツ目的で川越に来ているのでパス。

お店はかなり小さくてカウンターに8人程度、小あがりに2テーブルといった感じ。昼時は混雑するのかもしれないが、2時過ぎに行ったらお客さんは誰もいなかった。ちなみに昼に利用しているかどうかは不明だが2階席もあるらしい。

レギュラーメニューは上ローストンカツ定食2000円、上ヒレトンカツ定食2000円という価格設定だったが、もちろんその上にある「特選かつ定食」を注文。3000円である。これまでの経験で2000円以下のトンカツで美味しいと思った店はないので、まず最初のハードルはクリア。カウンターの向こうでカツをあげている音が聞こえていたが、そのトーンがちょっと変わったところで「あがりましたー」の合図。さて、どんなトンカツが出てくるのやら。

トンカツの前にご飯、お新香、シジミの味噌汁が出てきたが、ご飯は定食系の店としては標準以下。お新香はほとんどおまけみたいな感じで、味噌汁だけはなかなか美味しかった。さて、肝心のトンカツだが、食べようとするとお店の人が「最初は塩で食べてみてください。あとはお好みでソースをお使いください」とのこと。なので、まずは何もつけずに食べてみた。

と、ロースにありがちな脂と赤味が完全に分離しているようなタイプではなく、適度にサシが入ったような肉。肉は厚みがあり、しっかりと火が通っているはずなのに低音であげたようにジューシーである。下味がしっかりついており、ソースはもちろん塩も不要。レモンを絞るのもちょっとどうかと思う。正直なところこの店の細かめの衣は僕の好みではないのだが、「こんなにパリパリっとしていても美味しくあげることができるんだ」と感心した。僕は普段ヒレばかり食べているのだが、ロースでもこんなに美味しいのがあることに驚いた。少なくとも勝漫の特ロースよりもこちらの方が美味しいと思う。

と、べた褒めなのはトンカツのみ。いや、もちろんトンカツを食べに行ったのだからトンカツが美味しければ言うことないはずなのだが、やはりご飯、お新香のマイナスは気になる。さらにはキャベツ。これまたトンカツには欠かせないものだが、このキャベツの千切りがイマイチである。ロースカツだけ取ってみれば今まで食べた中でも間違いなく最高レベルだと思うのだが・・・・。楽天  

2006年07月02日

マル

八丁堀の超人気店「マル」で一杯飲んでみた。

この店、スペイン料理店ということになっているようだけれど、部分的にはドイツ的でもあり、なんか欧州方面料理って感じ。色々食べてみましたが、そこそこに美味しかったです。ただ、ちょっと量は不足気味かなぁ。

写真入りのレビュー(というほどのことも書いていませんが)はこちら  

燃費

91bf656a.JPG毎度おなじみ、TIIDAの燃費報告会です。

今回は32.74リッターで344.4キロ走りました。
10.52キロ/リッターです。 高速道路をほとんど使っていないので、こんなもんでしょうかね。  
Posted by buu2 at 18:09Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

牛乳屋さんのなめらかプリン

82d3eeef.jpg
オハヨーの「牛乳屋さんのなめらかプリン」(4個入り)を食べてみた。

やっぱ、オハヨーの製品ってクオリティ高いよなぁ。森永は勉強すべし、という感じ。ただ、すげぇ美味しいけど「なめらか」っていうのはどうよ、と思わないでもないです。なめらかを冠するにはちょっと固めな気がする。別にそれによって味が損なわれているわけじゃないんだけど。ということでプリンの評価は☆2つ半。やめられない、とまらない。  

かえすがえすもジダンは

すげぇ。  

イングランド対ポルトガル 延長戦へ

うーーーん、ポルトガルの攻めにスピードが足りませんなぁ。ルーニー退場、ベッカム交代で有利なはずなのに。まぁ延長戦に持ち込んでイングランドの体力を消耗させようってことかもしれないけど、それじゃぁあまりにも消極的。

本来なら攻めるポルトガル、カウンターのイングランドとなるはずなのに、ポルトガルが攻めに出てこないのでイングランドもまったりディフェンス。おかげでちょっと退屈な試合になっちゃいました。ちゃんとしていたのはロスタイムの3分だけって感じ。相手は10人だし、攻めの手段は基本的にセットプレーとクラウチ頼み。ポルトガルが攻めないでどうする、という感じ。

あ、ミック・ジャガーだ。  

2006年07月01日

残り2試合の予想

あーでもない、こーでもないとくだらんごたくを並べようと思っていたのだけれど、PRIDEを観てきたらその余裕がなくなった。ということで、今日の2試合については簡単に。

イングランド-ポルトガル
前試合で消耗戦を繰り広げた両チームだが、消耗具合はポルトガルの方が激しいと思う。仮に勝ったとしてもイエロー累積の問題などで今後苦戦が予想されるポルトガルよりはイングランドに勝ってもらいたい。という希望も含めてイングランドってことで。

ブラジル-フランス
98年の決勝と同じ好カード。戦力的にみれば間違いなくブラジルが有利。しかしフランスにはスペードのエース、ジダンがいる。ジダンが前戦のような活躍を見せればこのバランスは一気に逆転する。問題は、前戦とのインターバルが短いことがジダンにとってどう影響するか。良くも悪くもジダンの出来=チームの出来となる今のフランスにとって、ジダンの体力が回復しているかどうかは大きな問題である。僕としてはフランスに勝って欲しいが、予想はブラジル。  

田舎亭

5ebff55e.jpg南浦和の飲み屋さん。お店の評価は食べログに載せましたので、そちらをご参照ください。

田舎亭  

PRIDE

b3c61f40.jpg
格闘技というとせいぜいボクシングを時々見る程度で、テレビ観戦すら滅多にしないのだけれど、友達が「チケットが余っちゃった」というので行ってきましたよ、PRIDE。

ということで感想ですが、まず最大のものは吉田不甲斐なし、ということ。いや、僕は素人だから良くわかんないけどさ、ローキックをばしばし決められてTKO負けっていうのはどうなの?もちろんキックはダメージが大きかったんだろうけど、ミルコに強烈なローキック(と、ついでにハイキック)があるのはわかっていたんだから、もうちょっと対策できないものなのかなぁ。なんか、ブラジルと日本のサッカーを観る思いというか、ロッテと読売の野球を観る思いというか、そんなものを感じた。

PRIDEってルールを良く知らなかったんだけど、倒れている相手にも攻撃して良いのね。これは新鮮といえば新鮮だけど、倒れちゃうともうほとんど挽回不能なわけで、スポーツとしてはどうなのかなぁ、という感じ。あと、時間が10分、5分、5分の3ラウンド制なんだけど、打撃よりグラウンドの関節技が得意なタイプは第1ラウンドにある程度勝負を決めておかないと厳しい感じがした。

試合は割と予想通りというか、強い人が順当に勝つ試合ばかりで、もうちょっとトーナメントが進んで強い人同士の戦いになってこないと面白くないかも。ミルコとシウバとか。

で、これは全然違う話なんだけど、埼玉スーパーアリーナって、この手の興行にはあまり向かないと思う。モニターが4角にしかなくてしかもそれが小さかったというのも大きいかもしれないけど、アリーナに座っている人たちは全然試合が見えない様子で、試合中みんな後ろにあるモニターを見ている状態。これじゃあパブリックビューイングと全然変わらんぞ。で、僕達はスタンドのかなり前の方で見ていたんだけど、やっぱり角度がないので試合がグラウンドになると後ろにあるモニターを見なくちゃならない。で、スタンディングで試合が進んでいるときもレフリーの位置取り次第ではやはり後ろを向かなくちゃならない。せめてモニターをリングの上部に置いてくれ、という感じ。

「一体どんな感じなんだろう」と楽しみにしていたのだけれど、試合内容的にも、観戦環境的にも「?」という感じだった。  
Posted by buu2 at 16:07Comments(0)TrackBack(0)スポーツ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加