2006年10月31日

器楽

411a655f.JPG江戸川橋で会社の取締役会をやったあと、会社の人と飲み会。行ったのは「器楽」というお店。

地元の人の憩いの場、という感じのお店で、今日もカウンターには良い具合にできあがったお客さんが4名ほど。

で、僕達は奥の座敷でのんびり焼酎を飲みながら食事。写真入りの評価は食べログの下記のエントリーを参照してください。

食べログ「器楽

  

2006年10月30日

全く正論である

こういう学生がいるなら、日本もまだ捨てたものではないかもしれない。

履修不足:高3男子告発「学校は潔く認めて」

 全国各地の高校での履修単位不足問題で、北関東の私立高校に通う3年の男子生徒(18)が、毎日新聞に「時間割では『世界史』となっていたが、授業内容は『現代社会』だった」と「告発」を寄せた。各地の高校で問題が発覚しても学校側は問題であるとは認めていないという。高校生は「きちんとした説明がないのが気に入らない。『教育は人間形成のため』と言っておきながら、受験の結果を出すためには何でもやっていいというのは矛盾している」と学校側の姿勢に不信感を示している。「現代社会」は大学入試センターの公民3教科の中で、選択した受験生が最も多い。

 男子生徒によると、時間割では世界史となっているが授業内容は現代社会で、教科書も現代社会のものが使われていたという。これまで教師からは「現代社会は世界史と似ているところがあるからいいんだ」との説明を受け、男子生徒も「そういうものなのかな」と思っていたという。全国で問題が発覚した後も教師は「大丈夫」と同様の説明をしているという。

 こうした学校側の姿勢について、高校生はライブドアの堀江貴文前社長(34)=公判中=らによる証券取引法違反事件を引き合いに出し、「先生は『金を稼ぐために何をやってもいいというのはおかしい。社会のルールではやってはいけないことだ』と話していたのに、受験のためには何をやってもいいというのと同じではないか」と批判する。

 この学校は現在までに履修単位不足があったとは公表していない。受験を控えた同級生らは「問題が発覚したら補習を受けなければいけなくなるので発覚してほしくない」と話しているといい、高校生も「その気持ちも分かる」と微妙な心境をのぞかせる。それでも「教える立場の先生たちがそういうことをやっていて一体何を教えるんだと言いたい」と語った。【佐藤敬一】

出典:毎日インタラクティブ「履修不足:高3男子告発「学校は潔く認めて」

ところで、今回のこの問題は被害者救済にばかり焦点が当たっているが、責任の追及はどうなっているんだろう。関係者は当然厳重に処分されるべきだと思うのだけれど、例によってのらりくらりとかわして責任逃れするつもりなんだろうか。

告発だけじゃなくて、裁判のやり方も教えてあげたほうが良いかもしれないな。  
Posted by buu2 at 17:14Comments(4)TrackBack(0) ││編集

大黒家(誤植)

5e7e2aa0.JPGまずいラーメンを食べると美味しいラーメンを食べたくなる。同じ理屈で、まずい家系ラーメンを北海道で食べてしまって、美味しい家系ラーメンを食べたくなった。ということで、以前からちょっと目をつけていた新座の「大黒家」に行ってみた。以下、評価。

名称:大黒家
種類:横浜
場所:新座
評価:8/AAC
2006.10.30
コメント:注文したのはチャーシューメンノリトッピング味濃め麺固め。横浜出身の人間のデフォルトだと思う。

スープはトンコツトリガラブレンドの醤油味。標準的な横浜ラーメンと比較するとスープはややトンコツ寄りでこってりしている。そのままだと味がなくなってしまうところなのだが、そこを鶏油で調節している様子。おかげで全体としてはかなりこってりしていて、それでいて味はしっかりしているという理想的なスープに仕上がっている。

麺はラーメンとしてはやや太め、横浜ラーメンとしてはやや細め。そして横浜ラーメンの麺の特徴である加水率の高さがあまり感じられない。あんまり見たことがない麺だなぁと思っていたら自家製麺らしい。麺固めで注文したこともあって、コシはしっかりしているしスープの絡みもすこぶる良好である。この品質なら文句は全くない。

チャーシューは麺、スープの完成度に比較するとかなり見劣りがするが、そこまで横浜ラーメンに期待するのはちょっと酷な気がする。

所沢の「伝家」もなかなかにハイレベルで嬉しかったが、ここもそれに劣らずに良い味を出していると思う。北海道にも支店を出して欲しいくらい。

ということで本題はラーメン評価なんですが、誤植もあります(^^; 食べログの「よこはまラーメン大黒屋」からの出題です。まにあなポイント対象です。

だいこくや  

2006年10月29日

日本シリーズとは旅であり、旅とは日本シリーズである

〜1974年10月 - 2006年10月〜

僕が「日本シリーズ」というたびに出てからおよそ24年の月日が経った。
8歳の10月、秋空のもととあるダブルヘッダーの第二試合からその旅は始まった。

あの頃は白球を追うことに夢中になり
必死でホームランボールをキャッチすることだけを目指した。
そして、ひたすらゲームを楽しんだ。
応援メガホンは常に傍らにあった。

この旅がこんなに長くなるとは僕自身思いも寄らなかった。
1982年の近藤野武士軍団、1988年の星野竜独走優勝、1999年神宮での二度目の星野胴上げ、2004年のオレ流監督胴上げ。そして今年、東京ドームでの宿敵読売の眼前での胴上げ。
そのたびに、自分の野球観戦人生の大半を占める日本シリーズを観戦した。

ナゴヤドーム、西武ドーム、札幌ドームにも行き
日本中のあらゆる場所でいくつもの試合を観戦した。

日本シリーズはどんなときも僕の心の中心にあった。
日本シリーズは本当に多くのものを授けてくれた。
喜び、悲しみ、友、そして試練を与えてくれた。

もちろん平穏で楽しいことだけだったわけではない。
それ故に、与えられたことすべてが僕にとって素晴らしい“経験”となり、
“糧”となり、自分を成長 させてくれた。

半年ほど前から今回の日本シリーズで中日が優勝したら
25年以上続けてきた中日の日本シリーズ観戦から引退しようと決めていた。

何か特別な出来事があったからではない。その理由もひとつではない。
今言えることは、日本シリーズ観戦という旅から卒業し“新たな自分”探しの旅に出たい。
そう思ったからだった。

日本シリーズは日本野球界の最高峰を決める試合。
それだけに、多くのファンがいて、また多くのジャーナリストがいる。
選手は多くの期待や注目を集め、そして勝利の為の責任を負う。
時には、自分には何でも出来ると錯覚するほどの賞賛を浴び
時には、自分の存在価値を全て否定させられるような批判に苛まれる。

球場で全試合を観戦するようになって以来、「日本シリーズ、好きですか?」と問われても
「好きだよ」とは素直に言えない自分がいた。
球場に来ることのできないファンの気持ちまでを背負って応援することの尊さに、大きな感動を覚えながらも
いつまで応援しても日本一にならないドラゴンズに対する苛立ちが生まれていた。

けれど、今年の最後のゲームになった10月26日の日本ハム戦の後
日本シリーズを愛して止まない自分が確かにいることが分かった。
自分でも予想していなかったほどに、心の底からこみ上げてきた大きな感情。

それは、傷つけないようにと胸の奥に押し込めてきた中日優勝への思い。
厚い壁を築くようにして守ってきた気持ちだった。

これまでは、周りのいろんな状況からそれを守る為
ある時はまるで感情が無いかのように無機的に、またある時には敢えて無愛想に振舞った。
しかし最後の最後、僕の心に存在した壁は崩れすべてが一気に溢れ出した。

日本ハム戦の後、最後のスタンドの感触を心に刻みつつ
込み上げてきた気持ちを落ち着かせたのだが、最後にスタンドにいた知人の日ハムファンに挨拶をした時、もう一度その感情が噴き上がってきた。

そして、思った。

どこの都道府県のどんなスタジアムにもやってきて
声を嗄らし全身全霊で応援してくれたファン――。
日本中のどのピッチにいても聞こえてきた「燃えよ!ドラゴンズ」の歌声――。
本当にみんながいたからこそ、20年以上もの長い旅を続けてこられたんだ、と…。

日本シリーズ観戦という旅のなかでも「札幌ドーム」は、僕にとって特別な場所だった。

今年最後となる26日の戦いの中では、選手たち、スタッフ、そして大多数を占める日ハムファンに
「僕は一体何を伝えられることが出来るのだろうか」、それだけを考えて応援してきた。

僕は今回の日本シリーズ、中日ドラゴンズ日本一の可能性はかなり大きいものと感じていた。
今のドラゴンズ選手個人の技術レベルは本当に高く、その上経験もある。
ただひとつ残念だったのは、自分たちの実力を100%出す術を知らなかったこと。
それにどうにか気づいてもらおうと僕なりに応援してきた。
時には励まし、時には怒鳴り、時には選手を怒らせてしまったこともあった。
だが、メンバーには最後まで上手に伝えることは出来なかった。

日本シリーズがこのような結果に終わってしまい、残念な気持ちでいっぱいだった。
僕がこれまで日本シリーズを通じてみんなに何を見せられたのか、
何を感じさせられたのか、札幌でラーメンを食べながらいろいろと考えた。
正直、僕が少しでも何かを伝えることが出来たのか…
ちょっと自信がなかった。

けれど千歳空港で色々飲み食いしてみて、
僕が伝えたかった何か、日本シリーズに必要だと思った何か、
それをたくさんの人にまだ伝えていないことを知った。
それが分かった今、ブロガーたる僕の“姿勢”は
「さっさと今回の旅行記をまとめることだ」と自信を持って言える。

何も伝えられないまま日本シリーズから離れる、というのは
とても辛いことだと感じていた。僕のブログを読んでくれている“みんな”が
きっと川上、井端、福留、そして岩瀬の将来を支えてくれると信じている。

だから今、僕は、安心して旅立つことができる。

最後にこれだけは伝えたい。

これまで抱き続けてきた“誇り”は、
これからも僕の人生の基盤になるだろうし、自信になると思う。
でもこれは、みんなからの“アクセス”があったからこそ
守ることが出来たものだと思う。

みんなのアクセスを胸に、誇りを失わずに生きていく。

そう思えればこそ、この先の新たな旅でどんな困難なことがあろうと
乗り越えていけると信じられる。

新しい旅はこれから始まる。

今後、応援団として日本シリーズのスタンドに行くかどうかはわからないけれど
中日の応援をやめることは絶対にないだろう。
旅先のスタンドで、カラオケボックスで、運転中の車で、誰かと言葉を交わす代わりに
燃えよ!ドラゴンズを歌うだろう。子供の頃の瑞々しい気持ちを持って――。

これまで応援してきたすべての選手、関わってきてくれたすべての人々、
そして最後まで信じアクセスし続けてきてくれたみんなに、心の底から一言を。

“また来年”


関連エントリー
旅とはブログであり、ブログとは旅である  
Posted by buu2 at 10:33Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

2006年10月28日

初すべり

420cce04.JPG折角北海道まで来た
のでスキーをしてきた。

まにあな日記の経験が浅くて行間が読めない人は追記を読んでください(^^
  続きを読む
Posted by buu2 at 16:30Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

2006年10月27日

カキバター

4af35d60.JPG北海道から会社に戻って最初に食べたのが一本気のカキのバター焼き定食。うまい(^^
  

キタカレー

1d80c8ea.JPGこの店、以前も普通のカレーを食べた気がするんだけど、限定のスープカレーが一日50食ということでまだ食べたことがなかった。ということでスープカレーを食べてみたのですが、ダメだ、コリャ。最悪。かなり残して退店。
  

白樺山荘

40420e30.JPGラーメン共和国、店がちょっと入れ替わったというので行ってみた。どこがどう入れ替わったのか良くわからないのだけれど、食べたことのない店があったので食べてみた。

名称:白樺山荘
種類:札幌
場所:札幌
評価:2/ACC
2006.10.27
コメント:麺は森住製麺のゴム麺。西山、小林と並んで札幌を代表する製麺所の麺なので、よっぽどのことがない限り美味しいはず。そして、ここの麺もやはり素晴らしい。コシ、スープの絡みともに申し分なく、理想的な品質である。

スープはトンコツベースのこってりタイプ。本当は無難に醤油を注文したかったのだが、店の人が味噌がお勧めというので仕方なく味噌を注文。一口スープを飲んでみてやはり後悔。恐らく醤油や塩なら、このスープならかなりいけていると思う。でも、味噌は支えきれない。どうしてこの程度の味噌ラーメンを店が勧めてくるのか不思議で仕方がない。ちなみに味自体は標準的なものだったが、後味は悪かった。

チャーシューは九州系かと思うほどの低品質。お金がもったいないのでチャーシューのトッピングだけはやめたほうが良い。
  

2006年10月26日

いきなりピンチ

8f06c745.JPG1回の裏からいきなりピンチ。前途多難。
  
Posted by buu2 at 18:25Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

バックネット裏

0869af7e.JPGと、言うよりは、バックネット遥か上方という感じ。

一番上でタバコを吸ってる馬鹿が数名いて超迷惑。札幌ドームのお兄ちゃんに「喫煙ルーム以外は禁煙なんだから注意しろ」と言ってやったのだが、「すいません」というだけで全く対応せず。こいつら、何のために配置されてるんだろう。
  
Posted by buu2 at 17:25Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

今日も札幌ドーム

1f489fb0.JPGすっかり追い詰められてしまいました。札幌に来たときはこんなことになるとは夢にも思わなかったわけですが(;_;)
  
Posted by buu2 at 17:03Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

三四郎

71dd35c5.JPG札幌に来て食べたラーメンはことごとくイマイチで、今回は調査不足だったなぁと反省。で、そんな状態のときはやはり専門家に頼むのが一番ということで、ラーメンメーリングリスト主宰の中村先生に電話をしてお勧めのお店に連れて行ってもらうことにした。中村先生は北海道のラーメン、特に加藤ラーメンなどの旭川系に非常に造詣が深く、今回連れて行ってもらったのもその流れを汲むところ。以下、評価です。

名称:三四郎
種類:旭川
場所:西18丁目
評価:8/AAB
2006.10.26
コメント:麺は細めで加水率が低い旭川系。加藤製麺。麺の扱いに難点はなく、コシ、スープの絡みともに全く問題ない。良品。

スープはトンコツベースの醤油味で魚のダシが強めに効いた旭川系。かとうラーメン系や山頭火などに近いが、やや五丈原的なマイルドさがあって、旭川ラーメンのとがった部分を札幌風にアレンジした感じ。非常にまとまりが良く食べやすい。

チャーシューは普通に美味しい。
  

cd89b6ce.JPG札幌の北15条にある「心」に行って来ました。

写真入の詳細な評価はこっちをご覧ください(^^

食べログ「
  

ロイヤルホスト

311c8b18.JPGなぜか北海道まで来てロイヤルホスト。

考えてみるとファミレスで食事するのってすごい久しぶりだと思う。で、注文したのは北海道限定メニューのオホーツクサーモンホイル焼き1380円。

味のほうはまぁまぁ。ライスの代わりに鱒子ごはんと帆立ごはんを選べたんだけど、鱒子ごはんを食べたら結構美味しかった。

まぁ、ロイホでも北海道なら馬鹿に出来ないということか。
  

ラーメン評論家山神キターーー

6cdce160.JPGただそれだけ(^^
  
Posted by buu2 at 11:36Comments(0)TrackBack(0)読書││編集

山岡家月寒店

c06f0411.JPG名称:山岡家月寒店
種類:横浜
場所:福住
評価:1/BCC
2006.10.26
コメント:いつの間にか山岡家って札幌を中心に50店舗以上あるんですね。驚いた。まぁそれは良いんですが、しばらく食べないうちに非常にダメなラーメンになっていてそれもまた驚き。でも、横浜界隈でもダメな家系はもちろんあるので、仕方ないといえば仕方ないのかな。

麺は太め、麺固め指定で注文したらコシはそこそこ。スープはまぁまぁ絡んでくる。家系としてはやや細い部類だと思うけど、これは札幌ゴム麺に慣れている道民に向けたアレンジなのかな?

スープはトンコツベーストリガラブレンドの醤油味。本家の横浜ラーメンのスープをお湯で薄めたようなスープで全くいただけない。以前食べた山岡家はこんなスープを出していなかったのだけれど、すっかりクオリティコントロールに失敗した様子。家系ライトという感じ。

チャーシューは家系としては標準的なまずさ。許容範囲ではあるけれど、北海道まで来てわざわざこんなまずい肉を食べなくてもな、というのが正直なところ。

ダメだね、この店は。
  

2006年10月25日

今日も完敗

c0b2a8cf.JPG今日も完敗。今日は完全な采配ミス。まぁ、仕方ないのかなぁ。

明日は川上。これで負けたらもう仕方がない。あとがなくなったので、逆にすっきりした。
  
Posted by buu2 at 22:33Comments(2)TrackBack(0)プロ野球││編集

とにかく点が入らない

948dcb09.JPGヒットがでないならまだ納得も出来るんだけど、ヒットはでるんだよね。ヒットは出るのに点が入らない。残塁の山。すげぇストレスが溜まる。
  
Posted by buu2 at 21:57Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

オレンジのスタンド

82a54331.JPG四面楚歌というよりも、一人だけ取り残されているような感じ。
  
Posted by buu2 at 18:26Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

プレイボール

b7327a53.JPGさて、プレイボールです。
  
Posted by buu2 at 18:10Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

今日もキタコレ札幌ドーム

25d542c1.JPGもちろん今日も来ました札幌ドーム。

今日はかもい岳スキー場の関係者達と一緒に観戦。もちろんみんな日ハムファン。マジで右を向いても左を向いても日ハムファンばかり。
  
Posted by buu2 at 17:00Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

藤女子大学

1f4ce7a9.JPG中島みゆき様の出身校です。

それだけですが。東大も東工大も一橋も京大も早大も慶大も見に行って何かを感じたことはなかったけど、ここにはオーラを感じるぞ。
  
Posted by buu2 at 14:24Comments(0)TrackBack(0)国内旅行││編集

味八

0cac8fcf.JPG中島みゆきも食べたんだろうか、藤女子大学北門のまん前にある「昔風ラーメン」のお店である。食べたのは無難に醤油ラーメン。以下、評価。

名称:味八
種類:北海道
場所:北18条
評価:1/CCB
2006.10.25
コメント:麺はやや太目の札幌ゴム麺。ややコシが不足している印象。ゆですぎなのかな?

スープはとんこつ鶏がらブレンドで野菜などを加えたもの。かなり動物脂が強く、味がぼけているのが残念。

チャーシューは普通に美味しい。

昔風といわれればまったくそのとおり。もちろん昔風だから美味しいということはなくて、ちょっと時代に取り残されてしまっている感じ。札幌のラーメンは全体的にそういう傾向が強い(あまり進歩していない)のだけれど、懐古主義は懐古主義で存在すると思うので、こういう店の存在意義はもちろんあるんだと思う。  

2006年10月24日

芳蘭

c9c828a9.JPG名称:芳蘭
種類:北海道
場所:すすきの
評価:1/BCC
2006.10.24
コメント:すすきのの老舗だが、典型的な味噌汁ラーメン。このレベルでも以前ならなかなかのレベルだったのかもしれないが、ここ5年ぐらいでラーメンのレベルの、特に下の方はかなり底上げされたので、正直非常に見劣りがする。

スープはとんこつベースで野菜などからだしを取っている様子だが、中華なべでもやしなどを炒めて味を出す、いわゆる札幌ラーメンの手法はとっていない様子。味噌の味だけが前面に出てしまい、スープとしての面白みにかける。もやし入りの味噌汁といった印象。

麺はやや太目の札幌ゴム麺。西山としてはやややわらかい部類で、飲んだ後にはちょうど良いのかもしれないが、普通の状態で食べると物足りない。

チャーシューはまずいわけではないが、美味しくもない。

余談だが、メンマもかなりまずい。

すすきの界隈のラーメンのレベルは決して高くないが、その中においても平均以下だと思う。  

何も見えん!

a6764097.JPG1塁側のスタンドだというのに、みんな(日ハムファン)が立ち上がって喜ぶので何が起こったのかさっぱりわかりません。どうやらゲームセットのようですが。
  
Posted by buu2 at 21:23Comments(2)TrackBack(0)プロ野球││編集

スリーラン食らった

6814b31b.JPGちょっと不利だな。
  
Posted by buu2 at 21:15Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

日ハムファンばかりの1塁側スタンド

2a16ad59.JPGそしてドラゴンズはゲッツーばかり食らって見せ場がない(;_;)
  
Posted by buu2 at 20:36Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

いきなり逆転(;_;)

e0cec699.JPG谷繁のフィールダースチョイスを発端にしてあれよあれよの3失点。だーかーらー、ミスが出たほうが負けるって言ってるじゃーーん。しっかりしろよ、谷繁!!
  
Posted by buu2 at 18:30Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

ドメ先制タイムリー

a6562b2f.JPGキタキター!センター前ヒットの荒木が盗塁、そして福留がタイムリー。これこれ、これだよ、ドラゴンズの野球は。
  
Posted by buu2 at 18:21Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

試合前

42dd4573.JPGスタンドは日ハムファンばかり!中日ファンは一体どこにいったんだーーー!まさかテレビの前?
  
Posted by buu2 at 17:39Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

札幌ドームキタコレ

4b37f5c5.JPG名古屋決戦を1勝1敗で痛み分け。ここ札幌ドームの3連戦で日本シリーズの大勢が決まる。まず今日を確実に勝っておきたいところ。先発は朝倉か。
  
Posted by buu2 at 17:19Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

狼スープ

6087130e.JPG名称:狼スープ
種類:北海道
場所:中島公園
評価:5/BBA
2006.10.24
コメント:中島公園の脇の道を入った先にあるお店。北海道の味噌ラーメンとしては超有名店のひとつなので、食べてみた。結論から言えばここも良くある味噌汁ラーメンの店だった。

麺はやや太目の札幌ゴム麺。いわゆる札幌系の麺に比較すると縮れ具合がかなり緩めだが、食感は札幌のそれとほぼ同じ。食べ始めはいい感じだったのだが、スープが熱いので、劣化スピードが速く、途中でだいぶだれてしまったのが残念。

スープはとんこつベースの味噌味で野菜や肉からもだしを取っている正統派札幌味噌。ベースのスープが弱くて味噌が前面に出てしまっているのも札幌ならでは。やはり全盛期のすみれや初代の味噌を期待するのは無理なんだろうか。かなりがっかり。

チャーシューだけは評判に違わず美味しかった。  

チケットレスと言いつつ

e0d9b724.JPGチケットがあるのが謎。
  
Posted by buu2 at 10:34Comments(3)TrackBack(0)日記││編集

2006年10月23日

ベッカム、レアルを退団?(誤植)

882c9611.jpgワールドカップもとっくの昔に終了し、我が横浜マリノスは残る楽しみは天皇杯だけという状況で、心は今のところすっかり日本シリーズなわけですが、こんなニュースもあるようです。だからといってマリノスの右サイドにベッカムが来るわけでもないしねぇ。

ということで、Yahoo!スポーツの「Rマドリードのベッカムが退団示唆…ベンチ要因の現状に不満」という記事からの誤植です。

まにあなポイント対象です。


  
Posted by buu2 at 12:58Comments(7)TrackBack(0)誤植││編集

燃費

b2b5df3d.JPGTIIDAの燃費情報です。

今回は36.00リッターで542.0キロ走りました。ということで、リッター15.06キロです。東名高速、東名阪あたりを走り回ったおかげでものすごく距離が伸びました。今まで13キロ台がやっとこさだったのに一気に15キロ台です。もう二度とココまで走ることはない気がします。

やっぱり、同じ高速でも山が多い中央や関越に比べると東名は負担が軽いんでしょうね。
  
Posted by buu2 at 03:45Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

大龍門

8dc9ef66.JPGサービスエリアのラーメンに何を期待するって、何も期待するものはないのだけれど、意外とニーズはあるのかもしれないので評価だけしておく。

名称:大龍門
種類:中華
場所:浜松SA
評価:0/CCC
2006.10.23
コメント:まともなチェーン店でもSAに出店するとまともじゃなくなる気がする(たとえばモスバーガーとか)ので、ラーメン屋でも同じだと思う。

この店はどこかのラーメンチェーンらしいけど、きっとそのチェーンの中でもだめな部類なんだと思う。

麺は中くらいの太さの縮れ麺。茹ですぎでコシがなく、スープの絡みもわるい粗悪品。

スープは鶏がらベースの中華タイプ。まぁスープの味自体は普通にまずい程度で、残すほどではない。

チャーシューは異常にまずい。

全体的にいいところがないラーメンなので、これを食べるならおにぎりあたりを買って食べたほうがましだと思う。  

2006年10月22日

まけた……

33cce62c.JPG言葉がありません。
  
Posted by buu2 at 22:21Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

第2戦キタコレ

77d1b6c5.JPG先発は予想通り八木と山本
  
Posted by buu2 at 18:04Comments(1)TrackBack(0)プロ野球││編集

信忠閣

dd7ff7f2.JPGナゴヤドームの中にあるお店なのでもちろん食べる前から大体のレベルは想像可能。それでも食べちゃうところが評論家の悲しいところ。まぁ、ほかの食べ物も同じくらいに期待できないので、同じまずいものならラーメンの方が良いかな、というのりだけど。

名称:信忠閣
種類:中華
場所:ナゴヤドーム
評価:0/CCC
2006.10.22
コメント:麺はやや細めの縮れ麺。コシがなくスープの絡みも悪い。まぁ、当たり前といえば当たり前のもの。

スープは鶏がらベースのしょうゆ味。これも特に目立ったところはなく、普通にまずい。

チャーシューも普通にまずい。

食べる前からわかっていたが、やはりまずかった。これなら幸楽苑の方が安い分ましだと思うけれど、まぁ場所代もあってなかなか大変なんだろうね。  

丁子屋

2a698e4c.JPG今回の名古屋グルメはどこにしようかなーと考えていたら、同行者が「そりゃぁ桑名の焼き蛤ですよ」というので早速行ってみた。食べたのは丁子屋さん。店自体は非常に雰囲気のある構えなのに、すぐ隣に馬鹿でかいショッピングセンターか何かが出来てしまってぶち壊し。うーーーむ。

それで、食べた内容は食べログに載せましたので、そちらを参照してください(^^

食べログ「丁子屋
  
Posted by buu2 at 13:56Comments(0)TrackBack(0)グルメ−和食││編集

2006年10月21日

本日の試合

写真を含めた最終的な更新は後日まとめて作業するとして、今日のまとめ。

お互いエースを立てての初戦なので、当然勝てば心理的に非常に優位に立てる。そんな大事な試合、ポイントは2つ。

まずは3回裏、同点に追いつかれた直後の2死2、3塁の場面。井上はダルビッシュの変化球にまったく目があっていない状態だったので、「やっぱりはじめてみるピッチャーの変化球は難しいですね」という話をしていたら、続けて2球の直球。しかもほとんど同じコース。これではコンパクトに振られて流されても仕方ない。井上のタイムリーヒットで貴重な勝ち越し点をあげた。

もうひとつのポイントは6回表のツーアウト2塁の場面。敬遠してダルビッシュ勝負でもいい所で8番バッター金子と勝負をしてきっちり抑えたこと。おかげで日ハムは次の回に荒れ球なりにそこそこ抑えていたダルビッシュに代打を出さざるを得なくなった。結果としてダルビッシュは中4日で第5戦に使える形にはなったが、果たして第5戦があるのかどうか・・・・。で、それはそれとして、代わって出てきた武田がぼろぼろだった。あれではシリーズでもう一度使うのはためらわれるだろう。

制球難のダルビッシュを叩き、貴重な中継ぎだったはずの武田に駄目の烙印を押したこと。この初戦は非常に大きな成果をあげたと思う。

今日見た限りでは日ハムのポイントは小笠原と稲葉。この二人をきっちり抑えておけば特に怖いところはない印象。あと3つ、しっかり勝っていただきたい。

明日も観に行きます。  

守護神登場

335d3d0e.JPG守護神岩瀬登場。

これで事実上試合終了。さて、明日に備えて今日は飲み会の相談でもしようかな。  

アレックス、フェンスダイレクト

880c4f08.JPG同点に追いつかれたあとすぐに勝ち越し。そして終盤のアレックスのタイムリーで4-2。理想的な展開で完全な勝ちゲーム。
  

谷繁キタコレ

aca78b8c.JPG2点タイムリー!

ピッチャーが川上ってことを考えるとほとんど勝利確定。
  
Posted by buu2 at 19:05Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

試合前

ad592ecb.JPG今日はプライムシートという、部屋付き、料理付き、テレビ付きという座席で応援。この部屋は10人部屋だったんだけど、すでに先発隊がスタンバっていて、何故かまずは名刺交換。

こんな野球観戦初めてだーーー!
  
Posted by buu2 at 19:01Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

いよいよキタコレ

629361c4.JPG駐車場はもちろん11番!
  
Posted by buu2 at 17:38Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

マリノス勝利!

4ff9f892.JPGですが諸事情により名古屋におります。

って、これだけでは不親切なのでちゃんと書くけど、今日から日本シリーズで名古屋に来てます。同行者がどうしても月曜日の早朝までに関東に帰らなくてはならず、第二戦を最後まで見届けるために車できた。しかも、同行者は土曜日の昼過ぎまで関東で仕事のため、名古屋まで単独行。

名古屋に到着したところで大学時代の友人の宮地に電話。それから彼の家まで行って彼のお母様に挨拶。宮地は大学のときに丹沢で大怪我をして、非常に長い間北里病院や七沢のリハビリセンターに入院していた。そのときに何度もお見舞いに行っていたことと、彼の結婚式のときにも会っていて面識があったのだけれど、もう10年近く会う機会がなくご無沙汰していたので、元気な姿を見せておいた。

続いて彼と伏見のホテルまで車で一緒に行き、車を駐車場に停めてチェックイン。荷物を置いて食事にでかけた。
  
Posted by buu2 at 15:56Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

燃費

f7ad46ba.JPGTIIDAの燃費情報です。

今回は37.81リッターで512.3キロ走りました。ということで、リッター13.55キロです。東名を走ってきたのでそこそこに距離が伸びましたね。

  
Posted by buu2 at 15:37Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

インド風チキンカレー+ふっくら釜炊きごはん

9b570a6e.JPGカレー専用サトウのごはん付きというレトルトマニア(ではないのだが(^^;)の心をくすぐる一品。ちょっと価格は高めだけど仕方ない。食べてみた。

で、なるほど悪くない。サトウのご飯はさすがに良い感じ。カレーがたっぷりあるのでレトルト独特の臭みとかべちょべちょ感も薄れるというか、気にならない。例によって「もっと辛くしてよ」と思わないでもないが、中辛だから仕方ない。

チキンの存在感が薄くて「これは中村屋の勝ち」という感じだが、「もう食べない」という感じでもない。家にご飯がなくて炊くのが面倒くさいなー、というときはこれを買って食べてしまうかもしれない。

評価は☆2つ。  

2006年10月20日

一風堂横浜ポルタ店

caf54cdc.JPG名称:一風堂横浜ポルタ店
種類:福岡
場所:横浜
評価:9/AAB
2006.10.16
コメント:正直なところ、「今更一風堂ですか?」という感じなのだが、座って話をしたかったのと、午後のおやつタイムにダイナマイトで長い間打ち合わせをしてしまいちょっとあの界隈もなぁ、ということで意を決してこの店へ。

で、注文したのはいつもどおり赤玉肉入(要はチャーシューメン)。

そして、一口食べてみて「あれ?」という印象。美味しい。一風堂は僕の中では完全に終わってしまったラーメン屋で、一風堂 クイーンズイースト店を筆頭に高田馬場店にしても恵比寿店にしても「なんでこんな風になっちゃったのかなぁ」という感じ。今日も「どうせダメだろうな」と思いつつ、一応確認のために食べてみた、という感じだったのだが。

スープはトンコツベースの塩味であっさりタイプだが旨味が十分に出ている。試しに替玉をしてみたのだが、旨味汁で調整する必要もなくレベルは非常に高いと思う。

麺は細くてストレート。スープは良く絡むし、コシもある。麺固めで注文しておけば九州ラーメンの楽しさを満喫できる。替玉はちょっと湯切りがしっかりしていないので、自分で水分を切る必要があるが、その他の点は問題がない。

チャーシューは「美味しい!」まではいかないが、決してまずくはない。これも十分に許容範囲。

ということで、意外や意外、まだ一風堂でも美味しいラーメンが食べられるようです。横浜の地下街などという人通りの激しい場所で掘り出し物でした。