2006年11月13日

綺・Luck(きらく)

033390b1.JPGカナグルの総務部長(?)とともに紅葉坂の途中にある「綺・Luck(きらく)」へ。洋食ランチコース(1500円)の炭火焼ハンバーグ定食を食べてみた。一本気のハンバーグと比較してしまうとちょっと落ちるけど、まぁ悪くない。写真入りの詳細は食べログに載せます。

食べログ「綺・Luck」

それにしても、綺・Luckってへんな名前(^^;  

凄いゲーム現る!

9e0d0d07.JPG世界各国の諜報機関のトップが大富豪でしのぎを削るのも凄いけど、それを忠実に再現して奥の深い逸品にしちゃうのも凄い!PS3よりこっちをやりたい。が、ドコモだけらしい。
  
Posted by buu2 at 12:49Comments(0)TrackBack(0)ゲーム││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

正治だ!

a75f1221.JPG最後に飲んだの、もう5年ぐらい前?
  
Posted by buu2 at 09:41Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月12日

ワールドカップスキー開幕! 第1戦はLevi

佐々木明はゼッケン7番スタートでいきなり途中棄権(^^;

一本目の速報はこんな感じです。

1 6 ライヒ 5147
2 5 ロッカ 5150
3 11 ラーソン 5173
4 2 ティソ 5179
5 13 マイヤー 5204
6 9 シェーンフェルダー 5207
7 22 フォグル 5208
8 23 プランガー 5218
9 21 ヤニク 5232
9 15 皆川 5232
11 1 グランディ 5236
12 10 スビンダル 5239
13 17 ノイロイター 5246
14 51 バウマン 5255
15 29 ツルブリッゲン 5257
16 49 ベルトッド 5260
17 34 ビグマルク 5265
18 30 ブロース 5267
19 14 マット 5268
20 65 レイノ 5269
21 52 ミシラー 5283
22 26 デビル 5284
23 47 ベイディック 5287
24 53 ビグス 5288
25 4 パランダー 5291
26 27 モエルグ 5294
27 29 ハンソン 5299
28 36 コクラン 5303
29 68 ゴルツァ 5311
30 8 ブルジェ 5318

主な30位以下
16 ミラー 5347
3 リゲティ 5420

で、二本目終了しました。リザルトはこんな感じ。
1 6 50625 RAICH Benjamin 1978 AUT 51.47 50.66 1:42.13
2 11 500656 LARSSON Markus 1979 SWE 51.73 51.02 1:42.75
3 5 290478 ROCCA Giorgio 1975 ITA 51.50 51.40 1:42.90
4 2 191425 TISSOT Stephane 1979 FRA 51.79 51.46 1:43.25
5 9 50547 SCHOENFELDER Rainer 1977 AUT 52.07 51.38 1:43.45
6 34 501101 BYGGMARK Jens 1985 SWE 52.65 50.82 1:43.47
7 21 102435 JANYK Michael 1982 CAN 52.32 51.25 1:43.57
8 1 100115 GRANDI Thomas 1972 CAN 52.36 51.22 1:43.58
9 23 50624 PRANGER Manfred 1978 AUT 52.18 51.45 1:43.63
10 29 510890 ZURBRIGGEN Silvan 1981 SUI 52.57 51.12 1:43.69
11 4 180251 PALANDER Kalle 1977 FIN 52.91 50.86 1:43.77
12 14 50707 MATT Mario 1979 AUT 52.68 51.18 1:43.86
13 15 300804 MINAGAWA Kentaro 1977 JPN 52.32 51.55 1:43.87
14 51 51215 BAUMANN Romed 1986 AUT 52.55 51.38 1:43.93
15 36 534040 COCHRAN Jimmy 1981 USA 53.03 51.05 1:44.08
16 20 500124 HANSSON Martin 1975 SWE 52.99 51.13 1:44.12
17 65 180292 LEINO Jukka 1978 FIN 52.69 51.51 1:44.20
18 17 201702 NEUREUTHER Felix 1984 GER 52.46 51.79 1:44.25
19 53 102456 BIGGS Patrick 1982 CAN 52.88 51.47 1:44.35
20 10 421328 SVINDAL Aksel Lund 1982 NOR 52.39 52.00 1:44.39
21 22 200251 VOGL Alois 1972 GER 52.08 52.41 1:44.49
22 8 190915 BOURGEAT Pierrick 1976 FRA 53.18 51.41 1:44.59
23 26 291145 DEVILLE Cristian 1981 ITA 52.84 51.82 1:44.66
24 47 560425 VAJDIC Bernard 1980 SLO 52.87 51.96 1:44.83
25 52 192506 MISSILLIER Steve 1984 FRA 52.83 52.04 1:44.87
26 30 420069 BURAAS Hans-Petter 1975 NOR 52.67 52.47 1:45.14
27 68 560406 GORZA Ales 1980 SLO 53.11 52.25 1:45.36
28 27 292491 MOELGG Manfred 1982 ITA 52.94 58.37 1:51.31
  
Posted by buu2 at 19:32Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

焼き鳥やまと

今日は神奈川グルメクラブ会長の田中氏(タックス横浜の社長さんです)と藤棚(戸部?保土ヶ谷?西横浜?)にある「やまと」で焼き鳥を食べてきました。

ほぼ一年ぶりに再訪しました。クリスマス前ということもあって、鶏の丸揚げの注文についての貼り紙がありました。ちょっと聞いたらクリスマス用のオーダーで12月は大忙しとのこと。それもそのはず、素晴らしくおいしいです。今日食べたのはモモ揚げ、包み揚げ、鳥サシミ、皮揚げ、焼き鳥(皮、ミサキ、レバー、背ギモ)などなど。

焼鳥と称して焼き豚を食べさせている店がたくさんある昨今、純焼鳥を食べさせてくれる貴重なお店だと思います。以前お薦めした背肝は一日に5本程度しか出すことができないそうなので、早めに行って、早めに注文する必要があります。

今回は保土ヶ谷の駅から歩いてみました。藤棚の商店街を抜けて一本脇に入ったところです。ちょっと交通の便は悪いと思いますが、地元の人に愛される本当の焼鳥屋です。昔ながらの横浜の雰囲気を感じたい人は、一度行っておいた方が良いと思います。

雨の中、保土ヶ谷から歩いてお店まで行ったんですが、その価値は十分。お店は常連さんであふれていましたが、みんながつめてくれたおかげで二人分の座席をキープできました。

満腹になってから関内に出てさらに一杯飲んだら、終電がなくなってしまい、途中からタクシーになっちゃいました(;_;)

総合評価 5
料理 5
サービス 4
雰囲気 4

cde258dc.JPG CA340519

CA340520 CA340521

CA340522 CA340523

CA340525  

2006年11月11日

松坂の記事に関する吉野家コピペ

そんな事より、ちょいと聞いてくれよ。ブログとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、スポニチ読んだんです。スポニチ。
そしたらなんか松坂をヤンキースが10億円で落札かとか書いてあるんです。
で、よく見たらなんか意外と安価とか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、入札額の推測如きで新聞に記事を書いてんじゃねーよ、ボケが。
「相場は現実的な適性額に下がった」とか書いてあるし。新聞の記事で「適性」か。おめでてーな。
新聞の日本語ってのはな、もっと正確であるべきなんだよ。
新聞の記事がいつ受験問題になっても恥ずかしくない、
お手本となる日本語、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。日本語書けねぇ奴は、すっこんでろ。
それが今度はスポーツ報知でレンジャーズが35億円で入札したかも、とか書いてるの。もう見てらんない。
お前らな、130円払ってるんだからまともな記事を書けと。
で、結局ヤンキースなのかレンジャーズなのか、どっちなのよと思ったら、日刊スポーツの奴が、レッドソックスが50億前後で入札か、とか書いてるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、お前らは夕刊紙かっちゅーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、レッドソックスが、だ。
お前は本当にレッドソックスが落札したと思っているのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、松坂の名前を記事に書きたいだけちゃうんかと。
俺が知りたいのは地元新聞が報じたとか、スポーツ専門局の公式ウェブサイトが報じたとか、そういうことじゃなくて球団発表の正式なリリースなんだよ。
松坂が結局来年はどこのチームでやるのか。これ。
できればどのくらいの額で落札されたのかがしっかりわかっていればナイス。これ最強。
しかしあんまりお金のことばかり注目しているとただの俗物と思われちゃう危険も伴う、諸刃の剣。
ブログで表明するのはお薦めできない。
まぁ、日本のスポーツ新聞は米国の新聞やウェブサイトでMatsuzakaの文字を一生懸命探す暇があるなら、日本語の勉強でもしておけ、ってこった。  
Posted by buu2 at 12:23Comments(7)TrackBack(0)プロ野球││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

謎の会@船橋

考えてみれば船橋という場所にはこれまで全く縁がなかった。西船橋とか、幕張とかには縁があるのに。あれ?ザウスがあったのは南船橋だったっけ?

で、今日は知人に「面白い交流会があるからちょっと来てみないか」と誘われていて、そのあと赤坂で別件があったのだけれど2時間ほど、というつもりで参加してみた。

とーーーーこーーーーーろーーーーーーが、その知人とは19時に駅で待ち合わせだったのに、待てど暮らせどやってこない。どうしたんだーと思っていたら電話がかかってきて、「ちょっと急用が出来たので遅れる。ちょっと待ってて」とのこと。「じゃぁ、先にご飯でも食べてますよ」と言うと「いやいや、交流会は食事つきの、要は飲み会なんだよ。だから食べないで待っていて。言わなかったっけ?」とのこと。聞いてないよ。「それで、何時ごろになりそうですか?」と聞くと「20時ぐらいかなぁ」だって。まだ30分以上あるじゃーーーーん。「わかりました。適当に時間をつぶして待ってまーす」と答えて電話を切って、迷わず食べログにアクセス。今いる場所から5キロ圏内で美味しいラーメン屋をチェック。

おお、近所にわりと評価の高そうな店があるじゃないか、ということで店の前まで歩いていくと、全然繁盛していない店が一軒。向かいにある九州ラーメンの方が混んでるなぁ。でもまぁ、折角だからこっちで食べよう、ということで入ったのは「竈の番人」という難しい店名の店。

で、評価は別エントリーを参照してもらうこととして、ラーメンを食べてからまた駅に戻り、デパートの一階で自動演奏のピアノを聞きながらパソコンで原稿書き。と、お店の人が「そろそろ閉店になりますのでよろしくお願いします」とのこと。何をよろしくなのか、はっきり言えーと思ったけれど、考えてみれば、そろそろ閉店のお時間となりますので・・・・・うーーーん、出て行け、帰れ、って、丁寧に言うなら何て言えば良いんだろうね(^^;? こりゃ難しいな。あいまいに表現してお茶を濁したくなる気持ちもわかる。

それで、閉店って何時なんだよー、と思って時計を見るともう20:30である。次の赤坂の件もあるので帰ろうかなー、と思っていたら電話。「そろそろ着くから」だって。遅いーーーーー。もう。次の件は23時までなんですけどー。間に合わないー。

で、ようやく某生命保険会社のMKN氏と落ち合い、目的の店へ。お店は普通の日本料理屋さん。10〜15人ぐらいの人が飲んでる。

何がなんだかわからないので、とりあえず皆さんと名刺交換してビールを一杯。おなか一杯で料理が食べられない。ラーメンは失敗だったな、と反省すること15分。

それから自己紹介タイムになったので、「では、皆さんの記憶があるうちに」などと言いつつ簡単に自己紹介。最近はバイオ系、IT系、スキー系、ラーメン系の自己紹介があるのだけれど、今日はバイオとITを中心に。

で、以後は飲みながら雑談。と、ここで話した内容がなかなか面白かったのだけれど、酔っ払っちゃっていて細部を良く覚えていないのはいつものこと。キーワードとしては、

富津にうまいラーメン屋がある
アクアラインは高い
W−03が欲しい!(いや、僕が自慢しただけなんですが)

さて、そうこうしているうちに時計を見たらもう22時過ぎである。あぁぁ、赤坂に行けない(;_;) ということで、赤坂の知り合いにメールで謝罪。今日はもう終電まで船橋で飲むしかない。

さて、それからさらに飲んでいたわけだけど、メンバーは徐々に「そろそろ電車が終わるので帰ります」という感じで減っていっていて、「そうなんだー、終電は何時なんだろうなぁ」と思いつつ、僕も「そろそろ終電なので帰ります」と挨拶をして、知人と一緒にお店を出たわけだけど、そこで乗換案内をチェックして愕然とした。船橋から帰るためには一度山手線の某駅まで行かなくてはならないのだけれど、そこでの待ち時間が240分である。ありえねーーー。

ということで、店に戻って「こんばんは、はじめまして。よろしくお願いします」と挨拶。もう一度飲むことにした。同じ240分なら駅でつぶすよりもお店の方が寒くないし、料理もあるし、お酒もあるし、ずっと良いことに気がついたわけである。

と、こ、ろ、が、その店はなんと24時くらいで終了。うわーーー、会もお開きになっちゃった。「さて、どうしましょうか」ということになったのだけれど、「じゃぁカラオケに行きましょう」ということになりそのまま徹夜でカラオケモードに突入。まぁ、一年に数回はこういうパターンがあるわけだが。

知らない路地を歩き回ってついたところはカラオケ館。ここで帰りの交通手段が回復するまでカラオケである。今日の歌のテーマは「冬」。ところが冬の歌って言うのが酔っ払っていてなかなか思いつかない。あ、これだな!とひらめいて歌ったのが「なごり雪」だったのだが、これって歌ってみたら 

♪いーまー、はるがきてーきみぃーはぁーーー

って、春じゃん(;_;)

それで、次に入れたのが「いい日旅立ち」だったのだけれど、これはこれで

♪ゆきーどけーまぢーかのーー

って、これもなんか春っぽい。冬の歌はないのか!と思い、「冬を待つ季節」を入れようとしたらマイナー過ぎて登録がなかったよ(;_;)

ということで色々歌っている間に酒も抜けて、夜もふけて、家に帰りましたとさ。

そのとき、さっき食べたラーメン屋の向かいにある九州ラーメンの店にちょっと呼ばれたのだけれど、「いや、ここで食ったらデブるだけだ」と心を鬼にして素通り。この店はまた今度来たときに食べてみます。

うーーーーーーん、千葉は良いところだった。  
Posted by buu2 at 06:39Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月10日

竈の番人

b9deda3b.JPG名称:竈の番人
種類:東京西部
場所:船橋
評価:3/ACB
2006.11.10
コメント:典型的なラヲタ系ダメラーメン。スープに味が全然ない。化学調味料を使ってないか、あるいは非常に抑えているのが原因のひとつ。豚を前面に出しているために味のない脂(やってみればわかるが、トリガラと違ってトンコツはどんなに煮込んでも味は出てこない。こってりしてくるだけ)で味がボケているのが次の原因。その脂を固まらないようにということなのか、スープの温度を高くしているのも悪影響。さらに悪いことに味がないのをリカバリーするために大量の魚を使っているようで、スープが苦い。ラヲタにはウケが良いかも知れないけれど、彼らの多くはリピータータイプではない。結果としてお客さんはあんまり増えないんじゃないかな、と思う。

かようにスープはダメだが、麺はなかなか。中位の太さで弱めに縮れたものだが、コシ、スープの絡みともに良好。加水率はやや低めなのかな、という印象だが、かなり変わった食感で面白い。

チャーシューは普通に美味しかった。

勝手な想像だけど、飲み会の帰りにふらっとお客さんが来てくれる分、向かいの九州ラーメンの方が客足が期待できそう。手間暇かけてわざわざあまり美味しくないラーメンを作っているのは勿体ないと思うけれど、ラーメンヲタク向けにマニアックなラーメンを作っているか、あるいはラヲタの店主が自己満足のために作っているということだろうから、ま、いっか。
  

龍朋

afe674f0.JPG名称:龍朋
種類:九州
場所:神楽坂
評価:3/CBA
2006.11.9
コメント:「東京ラーメン」と名前がついているのになぜかトンコツベースの白湯スープ。これじゃぁ東京じゃなくて九州、それも熊本かあるいは長崎方面だよな、と思うのだけれど、まぁ良いや。トリガラベースの醤油味が出てくることを期待していくと肩透かしを食らうのでそこだけ要注意。

スープはそういった感じの白湯スープで、弱めに醤油味という雰囲気。ベースのスープはそれなりに美味しいが、ネギを炒めたような油系の風味がつけてあって、これが好みの分かれるところ。苦味などはなく、ちょっとした変化球という感じ。

麺はぱっと見、北海道系のゴム麺っぽい。食べてみるとゴム麺というほどのコシはない。中くらいの太さで強めに縮れたもので、西山麺あたりをゆですぎるとこうなるかな、という感じ。スープは良く絡むが、まぁ普通の出来栄え。

チャーシューは非常に美味しい。これだけでチャーシューメンを注文する意味があると思う。

麺はややがっかり、スープにはびっくり(全然東京ラーメンじゃないから)、そしてチャーシューで満足、という感じ。このチャーシューを使ったチャーハンとかがあればそれが一番おいしそうな予感。  

松坂、ポスティングでヤンキースが落札(誤植)

656636df.gif「日本野球界の空洞化」とか言ってプロ野球の重鎮OBとかは日本選手のメジャー流出を心配しているけれど、実際のところ米国の方が市場規模がでかくて選手の待遇も良いんだから、一流選手がどんどん流出するのは当たり前。実質的に日本のプロ野球が大リーグの下部組織になるのは仕方がないことで、我がドラゴンズの福留、川上、岩瀬といった面々も数年後には海の向こうへ渡っているかもしれない。結果として日本のプロ野球はスター不在になってどんどんつまらなくなるだろうけど、まぁ世の中そんなものだよね。

ということで松坂のポスティングが実施されて、噂どおりヤンキースが落札したわけで、ヤンキース戦の視聴率は以前にも増して期待できることになったわけだけど(といっても、松坂が投げるのは一週間に一回だろうけど)、本題は誤植です。

出典は「松坂の入札額“安すぎる”?!」という記事。まにあなポイント対象です。  
Posted by buu2 at 10:26Comments(4)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月09日

相変わらず馬鹿な米国、無責任な厚生労働省

米国産牛肉:胸腺混入 輸入解禁3カ月、不信再燃の恐れ 定着機運の矢先

 米国産牛肉に輸入できない「胸腺」の混入が見つかった問題について、日本政府は軽微な違反と判断した。しかし、ずさんなミスであることは確かで、米国の輸出システムの信頼性に対し消費者から疑問の声が改めて出かねない。7月27日の輸入解禁から3カ月余り。ようやく軌道に乗り始めた牛肉輸入にまた支障が出る可能性もある。

 厚生労働省と農林水産省が米政府から受けた説明によると、加工済みの肉の箱はバーコードを読み取って出荷先を確認するが、全箱を確認しなかったか、機器の故障が原因と考えられるという。

 混入が特定危険部位なら、日本側は再び全面輸入停止する可能性もあった。しかし、両省は、特定危険部位を取り除く工程でのミスではなかったことなどから、「今回のミスが特定危険部位の混入につながるとは考えられない」とみている。

 輸入解禁後、輸入された米国産牛肉は3570トン(7日現在)。そのうちスイフト社グリーリー工場からは177トンが入っている。まだ量は少ないが、外食産業などで扱う店も徐々に増えてきた。今回の輸入停止は、米国産受け入れの空気に水を差す可能性もある。

 牛丼チェーン大手の吉野家ディー・アンド・シーは同工場を含む米10工場と取引している。「他の9工場からの調達量を増やすなど方法はある。12月からの『毎日販売』への影響はない」と冷静に受け止めている。

 一方、政府は10月末に発覚した混入について、1週間以上発表しなかった。原因調査などに時間がかかったと説明しているが、7日投開票の米中間選挙への影響を避けたとの見方もあり、公表の仕方にも問題を残した。【位川一郎、三沢耕平】

毎日新聞 2006年11月9日 東京朝刊

出典:毎日インタラクティブ

「ミスだからまぁ良いんじゃないの?」ということかも知れないけど、問題は二つ。

一つ目は「ミスがあることを前提とした制度をどうして設計しないのか」ということ。目で見て仕分けするなんて、うまく機能するわけがないのは誰だってわかること。それなのに、「唯一の対策はきちんと特定危険部位を取り除くこと」って馬鹿じゃないの?肉骨粉を使わないのが唯一の方法だろうに。吉野家で相変わらず牛丼食べている人達は、米国では相変わらず肉骨粉を使ってる(ちなみに日本とヨーロッパではきちんと法律で禁止されてます)って知ってるのかな?

二つ目はこの情報を米国選挙に配慮して情報操作したということ。「原因調査に時間がかかった」? 馬鹿言ってるんじゃないよ。事実は事実として厳然としてそこに存在しているんだから、それをきちんと国民に教えるのが公務員の仕事じゃないの?原因なんて「現在調査中です」で十分じゃん。

一応参考資料として民主党衆議院議員の山岡けんじ氏のブログにリンクしておきます。
”これが!!アメリカの実態!”BSE米国調査報告

#どうでも良いけどこのエントリー、アウトプットされたものを自動読み取りして記事にしたことが強く推測されます(^^; まぁ、時間がなかったんでしょうけど(^^

何にしても、自分の身は自分で守らないとどうしようもない。脳みそスカスカになって何がなんだかわからないうちに死んでしまうことがないように、きちんと自己防衛しないとです。国のやることを妄信している正直者は馬鹿を見ますよ。  
Posted by buu2 at 11:37Comments(0)TrackBack(1) ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月08日

プレベンチャーセミナー

12月4日に虎ノ門パストラルで開催する「プレベンチャー・セミナー」の調整。

もう一ヶ月ないので、色々決めなくちゃならない。今まで似たようなセミナーばかりやってきたので、色々と新しい企画を考えている。より実践に近い経験を積めるような場を提供したい。

青写真は出来ている。あとは、良いものを提供できればオッケー。

こちらもブログで色々報告する予定。  
Posted by buu2 at 23:06Comments(0)TrackBack(0)バイオ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月07日

復活のシャア専用iPod nano

5a1072f2.JPGということで、ケース買い換えました(^^;

シール貼るのに失敗してちょっと悲しい(;_;)
  
Posted by buu2 at 13:26Comments(0)TrackBack(0)電化製品││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、Seesaaがとんでもなく重い

いや、別にどうってことなくて、それだけなんですが。

いつまでも表示されないので暇になってしまい、こちらに書いてしまいました(小人閑居為不善)。そのくらい重い。  

もう年賀状の時期かぁ

cba5bb68.jpg別にまにあなポイント対象ではないのですが、年末も近くなって色々大変なんでしょうね。

それとも日本を発売するんですかね?だけど、そうだとすると「きがは賀年」って何だろうなぁ。縦書きなら悩まなかったのに。  
Posted by buu2 at 02:08Comments(6)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

元シャア専用iPod nano

934f4934.JPG折角購入したシャア専用iPod nanoだったのに、シリコンカバーをつけたらこれがピンク。ということで、シャア専用じゃなくなっちゃいました(号泣)。
  
Posted by buu2 at 00:08Comments(1)TrackBack(0)電化製品││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月06日

手紙

fc6c9e4e.JPGへー、いつの間にかこんな映画を撮っていたんだ、って感じ。今まで予告編とか見たかなぁ?なんか、オフコースの歌は聞いたような気がするんだけど、うーーーん。

でもまぁ、「手紙」という本が凄く良かったので、結構期待して観にいきました。ちなみに「手紙」の書評はこちら

例によって結論から書くと、なかなか面白かったけど、ラストに号泣するようなカタルシスがないというか、もうちょっと盛り上げてよ、という感じだった。

なんかね、ラストよりも他のところでじーーーんと来ちゃうんですよ。っていうかさー、もう、内容を知っているので、一番最初に映画が始まって数分でちょっと来ちゃうんだけど(^^; で、さぁ、最後はどうなるんですか、というところで、今ひとつ。なんなんだろう。漫才のシーンがイマイチなのかなぁ。そもそも何で漫才にしたのか良くわからないけど。

しかし、全編通じて思うのは、「あぁ、ちゃんと演技が出来る俳優さんがやってくれると日本映画も捨てたものじゃないな」ということ。特に由美子役の沢尻エリカは良いなぁ。川崎の工場の由美子も良かったけど、美容師の頃の由美子も良かった。山田孝之と尾上寛之もなかなか良い感じだった。ってか、ジャニーズがいないだけで随分とまともになるわけで、もしかしたら日本沈没もジャニーズがいなければまともだったのかなー、と思ってしまう。

何より、誰も死なない(正確には一人死ぬけど)のに「生きていくことの辛さ」にうるうるしちゃうわけですね。「ノルウェイの森」(そういえば、ノルウェイの森っていつまで経っても映画化されないね・・・・)にも生命力豊かな女性が出てきたけど、この映画にも生命力豊かな女性が出てきて、後ろ向きでともするとすぐに逃げてしまう男を強烈に引っ張っていく。主人公はそういう強烈な個性を疎ましく思ってしまったりするわけだけど、引っ張っていくだけじゃなくて、凄く献身的でもあって、あぁ、女性は強いなぁと感心することしきり。一方で「これからは俺がお前を守る」みたいなことを言っちゃう主人公には失笑してしまうわけだけど(^^; 無理だろ、みたいな(^^;

まぁ、こりゃ映画館で観た方が良いと思います。どうせすぐ上映終了しちゃうので、さぁ、映画館へGO!

評価は☆2つ半。  
Posted by buu2 at 23:42Comments(0)TrackBack(1)映画2006││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月父さんキター

51911b9b.jpgアグネス仮面がちょっとイマイチな終わり方をして残念だったけど、ヒラマツ・ミノル氏の連載が始まりました。いきなり飛ばしております。

ということで、注目。

余計なことではありますが、ミクシィにコミュも立ててみました(^^;  
Posted by buu2 at 19:42Comments(0)TrackBack(0)読書││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

すずらん

81a7c146.JPG以前から気になっていたこのお店、いつもいつも中間閉店にぶつかってしまって食べる機会がなかったのだけれど、今日はクロスタワーでの打ち合わせが終わってから渋谷駅に向かう途中でやっているのを発見。早速食べてみた。

#食べている最中に暖簾を片付けていた。危なかった。

名称:すずらん
種類:東京
場所:渋谷
評価:9/AAB
2006.11.6
コメント:味噌と醤油と鶏白湯が柱のようだったけれども、今回は無難に醤油を注文。食べたのは薩摩チャーシュー。

麺は細めのストレート。ノリとしては完全に九州系で、スープとの相性はそれほど良い感じがしない。ちょうど昨日食べた白楽の「ひらやま」と麺を取り替えたら良いんじゃないかというもの。ただ、スープとマッチしていないだけで、コシとか、スープの絡みとかは非常に良好。

スープはトンコツトリガラブレンドの醤油味で、最近には珍しいやや透明な東京ラーメンタイプ。透明度が高いということはスープを作るときの温度が低いということで、クオリティコントロールが難しく、それだけで「たぶん美味しくない」と思ってしまうのだけれど、ここのスープはきちんとしている。動物系の旨味はきちんと出ていて、それでいて脂のこってり感もある。脂で味がぼけそうになるところを濃い目の味付けでカバーしているので、「しょっぱすぎる」と感じる人もいると思うが、僕はこの程度で正解だと思う。

チャーシューはそれなりに美味しいが、絶賛するほどではない。

渋谷でここ数年食べた中では一番美味しかった。次は鶏白湯に挑戦してみようと思う。  

Bay Netのオフ会

397a7688.JPGBay Netの会員が順調に増えているので、そのお祝いということで桜木町の麺房亭でオフ会を開催。

例によって鯛の塩釜を予約してあったので、大分から参戦してくれた温泉太郎さんに木槌で塩を叩き割ってもらった。

皆さん遠くから集まっていただきありがとうございました(^^  

2006年11月05日

ひらやま

b27ddd19.JPG一年前のこの時期に食べて「おお、変わってるけどうまいじゃん」と思ったひらやま。一年ぶりに再訪。

一年前のレポートはこちら


前回食べたときも感じた「ちょっと変なの」という思いは相変わらずなのだけれど、今回はそういうものとわかっていたので驚きはない。驚きさえなければ素直に「おお、美味しいじゃん」と思える。

ラーメンを作っているところをじっくり見学させてもらったが、その作り方は非常に丁寧。どんぶりを温めるのは普通としても、レンゲまで温めているのにはちょっと驚いた。加えるタレなどの量もかなり正確に量っていて、一杯のラーメンにかける熱意が窺い知れる。

今、横浜でお勧めできるラーメンはここと関内のいまむら、そして地元横浜ラーメンの元祖吉村家。この3軒だと思う。  

ふれあい通り

ef751edf.JPG子どもの頃散々走り回った六角橋のふれあい通りである。

って、こんな名前だってことも知らなかったのだけれど。今通るとかなりの場所で家が取り壊され、空き地になっている。そもそも防災の観点からこの密度は厳しいんじゃないかと思うのだけれど、大分前に火事になった気もする。

何にしても、まだ昔の面影が残っているのはナイス。いつまで続くかはわからないけれど。

で、一番思ったのは懐かしいとかではなく、「あれ?ここってこんなに距離が短かったっけ?」ということ。子どもの頃は走っても走っても白楽の駅には到着しなかったのだけれど・・・・
  
Posted by buu2 at 14:02Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月04日

すみれ

ffa3ad41.JPG以前は大行列でとても食べられたものではなかったけれど、川崎店が出来たりしてこちらはすっかり落ち着いた様子。土曜日の夕方というのに空席が目立ち、全く並ばずに食べることが出来た。

味噌をまともにラーメンにするためにはここまでやらないとダメだろうな、というお手本のような店なのだが、当然こってりしていてボディにずっしりと来る。なので、毎日のように食べられるわけもなく、まぁ一度食べたらしばらくは良いかな、という感じのラーメン。ということで、東京の人間がすぐに飽きてしまうのも想定の範囲内。で、そうなる頃を見計らって行列無しで食べるのが得策だろう。食べるなら今がチャンス。

以前チャーシューが美味しくなかったので今日は普通の味噌ラーメンを食べてみたけど、麺、スープともに無難に美味しい。北海道の改装前のすみれはもっとニンニクが効いていて、もっと下品でもっと美味しかったのだけれど、デパートの12階に出店するのであればこの程度がちょうど良いのかもしれない。以前のすみれのパワーは全く失われてしまったが、まともな味噌ラーメンを食べさせる希少な店であることには変わりがない。
  

山口晃が描く東京風景

c5744869.JPG丸の内の丸善で山口晃さんの講演があったので行ってきた。前にもちょっと書いたけど、山口さんが今みたいにメジャーになる前に一度、科学技術館という北の丸にある博物館に置くコンテンツの制作をお願いしたことがあり、それ以来個展やら何やらの際には可能な限り顔を出させていただいている。

#なお、当時制作したコンテンツについては書籍化の話もあるらしい。非常に楽しみである。

もうちょっと会社が安定し、きちんと利益が出るようになった暁には会社のロゴとか、サイトのデザインとか、色々お願いしたいなぁと思っているのだけれど、会社がビッグになるスピードよりも山口さんがビッグになるスピードが速いので、いつまで経ってもお願いできずにいる。

今日は大手町でワインをしこたま飲んでからの訪問だったのでこちらも元々テンションが高めだったのだけれど、それにしても絶妙なひとりボケひとりツッコミで楽しめた。

サイン会があったので、一番最後に並んで、オールドファッションの宇宙人を描いてもらった。この宇宙人は講演の中に登場したもの。アーティストに絵を描いてもらってしまうのは反則のような気もしたのだが、快く描いていただいた。


山口晃が描く東京風景―本郷東大界隈  
Posted by buu2 at 17:39Comments(2)TrackBack(1)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

大手町のリヨンで蝦夷鹿三昧

マイミクつながりの嶋 啓祐さんからお誘いをうけて、昼間っから大手町でワイン片手に鹿を食べてきました。

サンケイビルで僕が司会をやる講演会が2ヶ月に1度くらいあって、その打ち上げでリヨンを良く利用させていただいている。ちょうど先月もそういう機会があったので、「そうそう、嶋さんに挨拶を」と思い、お店の人に「今日はいらっしゃいますか?」と質問したらたまたま不在だったので名刺だけ置いてきた。まぁそんなこんなで色々つながりがあって、今回は特別な集会に参加させてもらった次第。

今回の主旨は「蝦夷鹿を食べる」というもの。嶋さんは出身が砂川で、僕が名誉市民をやっている歌志内市はすぐお隣。砂川にはちゃんと電車が通っていて、ライラックはもちろん最近はスーパーホワイトアローもとまるし、北菓楼なんていう有名店も現れ、「駅からバス停までが遠いぞ!」なんていう文句もかき消されてしまいそうな勢い。一方で歌志内は色々なゴタゴタでかなりやばい雰囲気だけど、まぁそれは良いや。で話を戻すと、その砂川の近辺で獲った蝦夷鹿を使ったジビエを楽しんできた。

まぁ皆さんご存知のとおり僕はB専なのでフレンチとかワインとか良くわからないのですが、美味しかったです。濃厚なソースで食べる二種類のローストも美味しかったけど、パテがいかにもジビエらしくて良かったと思う。

3時から別件があって途中で退席せざるを得なかったんだけど、かなり後ろ髪をひかれました。丸の内での別件が終了した後にもう一度お店に戻ったんですが、お店は閉店していました。秘密の会(でもなかったのかな)は何事もなかったように終了したようです。

カキ カルパッチョ

鹿1 鹿2

鹿3  

楊貴妃も腰を抜かす

b8657357.JPG今日はカナグルのタックス横浜社長とワインの試飲会で桜木町へ。そして、その帰りに三陽へ。

ラーメンがうまいのかといわれると思わず言葉に詰まる。この店で味わうべきはラーメンではない。野毛の雰囲気を味わうべきである。

周囲はソープランドやキャバクラが所狭しと並んでいる桜木町の歓楽街。しかも、ギンギンギラギラという感じではなく、ちょっとさびれた感じ。

二人連れで行けば特等席は「ロイヤルシート」。ここに座ることができればまず幸運に感謝すべき。席に着くなり日本語の怪しいお姉さんに「ビールと餃子二人前ですね!」と半ば強制的に注文を決められる。さらに「お勧めはとりやきとねぎとりです」みたいな勢い。注文にあたって客に自由度などほとんどない。これぞ野毛。

トイレにいくお客さんが居ればみんなでつめないと通れない。そのくらい狭い店内で食べる餃子は格別。そして、サービスでもらえるバクダンをつまむ。これぞ野毛。

ラーメンが大したことがないのは大きな問題ではない。ここでラーメンを食べておかないと、横浜でラーメンを食べたとは認定されない。吉村家と並んで横浜を代表する店なのだから。

何十年もの間、なんら変わらない佇まいがそこにある。それだけで、浜っ子のソウルフードである。

美味しいラーメンが食べたければすぐそばの一蘭にでもどうぞ。野毛の雑然とした雰囲気を楽しみたい人だけ、こちらへどうぞ。
  

2006年11月03日

今日のみなとみらい

37304854.JPG今日はブリーズベイホテルでワインの試飲会。

ということで色々飲んでみたんだけど、お気に入りはアイスワインの「トリアー イエズイテンミンゲルト」(02)とか、アウスレーゼの「ドスルハイマー ゴールドロッホ」(05)とか、要は甘い奴(笑)。

あと、コニャックの「レロー ピノー・デ・シャラント 15年」とか。

次から次へと飲まされてすっかり酔っ払いました。
  

味噌豚あいもり

ad599cb2.JPG松屋で「味噌豚あいもり定食」なるものを食べてみた。

すげーーーーーーーーーーまずい(^^;

これで600円以上かぁ。ありえない。もう二度と食べない。やっぱ、豚丼か牛丼を食べておくに限るな。

評価は☆ゼロ。
  

なぞ

a60a9cc5.JPGちょっと税務上の手続きがあって緑税務署(市ヶ尾)へ。

で、その帰り道に謎の定食屋を発見。うまいのかなぁ。一度食べてみないとだなぁ。
  
Posted by buu2 at 13:32Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年11月02日

久しぶりに一本気でつけそば

5bbcac2b.JPG平日の2時過ぎなのに行列。
  

2006年11月01日

父親たちの星条旗

76c5781e.JPG映画の日だというのに「秘密」も「デスノート」もまだ未公開。ということで、「父親たちの星条旗」を観て来ました。

登場人物たちを殺すのも、登場人物に殺されるのも日本人ということでやや複雑な心境ではあるのだけれど、そのあたりをイーストウッドは配慮しているのか、日本人が日本人らしく登場することはほとんどない。

大きな戦績をあげたわけでもない3人の兵士を国策のために英雄に仕立て上げた米国をやや斜に構えて描いた作品。イーストウッドらしくマイノリティに光をあて、しかしそこに対して明確な救いを与えない。こうした展開はミリオンダラー・ベイビーですでに経験済みなので大きな驚きもなければ失望もなく、淡々と観ることができた。

戦争シーンはスピルバーグらしさが出ていたし、それぞれの持ち味をそれなりに発揮していると思う。ただ、自分が米国人でないので、あまり思いいれできないところがある。

評価は☆2つ。まぁ、硫黄島からの手紙を観るためにも一応これはおさえておいたほうが良いかな、みたいな。  
Posted by buu2 at 23:55Comments(0)TrackBack(0)映画2006││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のダイナマイト

d9b616f5.JPGすっかり打ち合わせの場として定着してしまった裏横のダイナマイト。今日は一口スープ、パスタ、ケーキ。

丸のまんまのブルーベリーが美味しかった。
  

花形(誤植)

84d84924.JPG今週号の少年マガジン「花形」からの誤植です。まにあなポイント対象です。
  
Posted by buu2 at 12:22Comments(11)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加