2006年12月10日

ウェブ進化論

ようやく読みました、ウェブ進化論。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

まぁ一言で感想を言えば、「あぁ、グーグルとはてなが大好きなんだなぁ」ということなんですが、それで終わらせてしまってはあまりにも味気ない。ダメな本かと言えば決してそんなことはなくて、特に40代以上の人達は必ず読んでおく必要があると思う。でも、一方でネットにどっぷりとつかっている20代、30代の人が読んでも「何を今更」と思うんじゃないかなぁ。しかしまぁ、漠然とある事実をきちんと文章化して目の前に提示することは決して無駄ではないはず。

いくつか「そうだね」と思った部分を書き出すと、

モチベーションの高いメンバーだけで構成される小さな組織で、すべての情報が共有されると、ものすごいスピードで物事が進み、それが大きなパワーを生む。(80ページ)
確かにその通りだと思うんだけど、「モチベーションの高いメンバーだけ」で構成するのって凄い大変だよね(^^;

日米の専門家を比較して思うのは、日本の専門家はおそろしく物知りで、その代わりアウトプットが少ないということだ。もう公知のことだから自分が語るまでもなかろうという自制が働く。米国の専門家はあんまりモノを知らないが、どんどんアウトプットを出してくる。玉石混交だがどんどんボールを投げてくる。(143ページ)
米国のことは良く知らないけれど、日本はそうだね。情報は集めるけど、出さない。「覗き見」が大好き。

たしかにネット世界は混沌としていて危険もいっぱいだ。それは事実である。しかしそういう事実を前にして、どうすればいいのか。忌避と思考停止は何も生み出さないことを、私たちは肝に銘ずるべきなのである。(207ページ)
全面的に同意。

あ、でも、このくらいだなぁ。ま、いっか。本の評価は☆3つ。だから、とりあえずみんな読んだ方が良いよ。もしまだ読んでないなら。  

Posted by buu2 at 00:33Comments(3)TrackBack(0)読書││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年12月09日

天皇杯サッカー5回戦 横浜対大分

1対1で延長戦でも勝負がつかず、PK戦へ。

で、なんとか4−2で勝ったようです。ふぅ。

横浜 ○○○×○
大分 ×○○×

さて、次は入れ替え戦でも観戦しますか。  

2006年12月08日

一蘭桜木町店

5b0d5944.JPG名称:一蘭桜木町店
種類:福岡
場所:桜木町
評価:8/AAC
2006.12.8
コメント:一蘭のラーメンが場所によって味が大きく変わるというのもちょっと意外なのだが、実際にダメなところは本当にダメだったりするから不思議。では、この桜木町店はどうなのか、というと、首都圏周辺の一蘭の中ではかなり良い部類だと思う。

麺はかなり細めのストレート。しっかりとしたコシがあり、スープも良く絡む。替玉をすると麺にきちんと旨味汁がかかっているのもナイス。

スープはトンコツベースの醤油味。好みに合わせて細かく設定できるので、脂の量、ニンニクの量、特製タレの量(辛くなる)などを好きなようにアレンジできる。もうさすがに自分の好みがわかっているので、きちんと美味しいラーメンを食べることができる。

チャーシューはあまり美味しいとは言えないが、まぁ九州ラーメンだったらこんなものだろう。  

ヤマト

7d1b1eae.JPG名称:ヤマト善部店
種類:横浜
場所:南万騎が原
評価:5/ABC
2006.12.7
コメント:家系ライトという言葉があるのかわからないけれど、そんな感じ。トンコツ、トリガラともに家系ほどのこってり感がないのだけれど、方向性は一緒。そして、そのライト感覚が悪いのかというとそうでもないのがちょっと意外。ただ、動物性の脂が少ない分、塩分がストレートに伝わってくる。おかげで、「ちょっとしょっぱいよね」という感じ。決して「味濃い目」で注文したわけではない。

麺は中位の太さの縮れ麺。ちょっと北海道系のテーストを感じさせないでもない。店の中にはあちこちに「無添加の自家製麺」と書いてあるので、逆に「あぁ、スープにはたっぷり添加しているのね」というのが感じられてしまうのがどうなのかなー、という印象。スープにたくさんはいっていれば、麺にはいってなくてもトータルで考えれば一緒だよね、と思うが、ま、良いや。で、この麺、ちょっと柔らかい気がするけど、質はそれほど悪くない。それなりに存在感があって、スープとの調和も楽しめる。

チャーシューはまぁ普通。美味しくもないけどまずいわけでもない。  

特許庁って、なんかオカシクね?

そんな事より特許庁よ、ちょいと聞いてくれよ。ブログとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、特許出願しに行ったんです。特許。
そしたらなんか入り口で身分証明要求されるんです。
で、よく見たらなんか荷物チェックまであって、「写真の添付されているものを見せてください」とか言われちゃうんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、特許出願如きで荷物検査や身分チェックなんかしてんじゃねーよ、ボケが。
特許出願だよ、出願。
「出願書類作成はちゃんとプロに相談に乗ってもらいましたか?」とか言う奴もいるし。ちゃんとフォーマットは整えてるってば。
それで、電子出願じゃないと、べた打ち代で一枚あたり約800円とか言ってるの。もう聞いてらんない。
あのな、もうすでに電子データはあるんだよ。
入力に手間隙かけるなら、電子データを要求しろっていうの。いつでもただで出すから。なんで14枚分、約1万円も余分に出さなくちゃいけねーんだよ。
で、やっと出願できたかと思ったら、受付の奴が、表紙のコピーは取りましたか、とか言ってるんです。
取ってないよと言うと、「すぐそこにコピーセンターがあるのでそこでコピーを取ってください」とか言うの。
そこでまたぶち切れですよ。
だって、「コピー代30円です」とか言うんだもの。ボケが。
得意げな顔して何が、30円、だ。
今、コンビニのセルフコピーの価格がいくらなのか知っているのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、「領収書出します」って言いたいだけちゃうんかと。
役所通の俺から言わせてもらえば、ここでベタ打ち代とかコピー代とかを細かく稼いでいるのは天下り団体なんじゃないかと、これだね。
何かと言うと天下り団体優遇。これが役所のやり方。
考えてみれば会社の登記のときも、電子手続きはソフト代が高かった。イー・タックスもネットバンキングの登録料が高い。これ。
どうも、財団法人やら銀行やら既特権者との癒着が気になる。これ。
しかしこれをこうやってブログで指摘すると次から役人にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあ中小企業は、おとなしく搾取されておけってことですか?  
Posted by buu2 at 03:00Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

野田地図「ロープ」

75d0b255.JPG野田秀樹の久しぶりの新作、「ロープ」を観て来た。

新作も久しぶりだが、「これは面白かった」と思ったのも久しぶりである。ストーリーには大きなひねりはない。そしてテーマは反戦、反テロなんだから、傑作となることは事前にある程度約束されていたと言っても過言ではない。しかし、それでも間違いなく「贋作・桜の森の満開の下」や「キル」に並ぶ作品だと思うし、また宮沢りえさんが実況する戦争シーンは指折りの名シーンになるんじゃないかと思う。

#色々演劇を観ていれば「演劇史上屈指の名シーン」とか言えるのだけれど、残念ながらそこまでの見識はないので(^^; ただ、僕のまずしい観劇経験の中では、桜の森でてんてこ舞いする人達を笑う夜長姫のシーンを凌駕する出来だと思う。

以下、ネタばれ感想は追記に記述。未見でネタばれが嫌な人は以下、アクセス厳禁です。


  続きを読む
Posted by buu2 at 01:18Comments(10)TrackBack(3)演劇││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年12月07日

アジア大会、サッカー日本代表二次リーグで敗退

何やってるんだか。カレン・ロバートって、反町監督と仲が悪いんだっけ?  

2006年12月06日

経営情報学会「薄れ行く企業境界」研究部会

「ビジネスツールとしてのSNS」というタイトルで1時間ほど喋り、30分ほど質疑応答。  
Posted by buu2 at 22:32Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年12月05日

今日の一本気

07a83729.JPG友達のこまちゃんから朝電話がかかってきて、「これから一本気に行こうと思いますが、一緒にいかがですか?」とのこと。

もちろん行きますよ。

ということで、やってるかなー、やってないかなーと恐る恐る交差点を曲がったら、やってた! ラッキー。 この間は友達夫婦が楽しみにやってきたというのに、「研究のため」に閉店だったんだよね。

ということで、久しぶりにチャーシューそば、醤油を食べました。相変わらず美味しい。

こまちゃんは最初醤油を食べて、途中で塩を追加発注。二杯食べて帰りました。まぁ、世田谷とかから車で来るんだから、食べられるときにまとめて食べておかなくちゃ、という気持ちもわからないではない。

さすがに、食べ終わった後は苦しそうでした。でも、美味しくて満足だったようです。  

2006年12月04日

プレベンチャーセミナー

まぁ、こんな感じの奴に参加してきたわけです。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 プレベンチャーセミナー(12/4)の開催
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
バイオベンチャーの起業、あるいはバイオベンチャーへの就職をお考えの方々や、創業したばかりのベンチャー企業の方々を対象としたセミナーです。
 日経BP社バイオセンター長の宮田満氏にご講演頂くほか、バイオベンチャー企業経営者の方々を交えたエキサイティングなパネルディスカッションを予定しております。
 バイオベンチャーの創業や経営にご興味のある方は是非ご参加下さい。

◆日 時:平成18年12月4日(月)13:00〜16:20
◆会 場:虎ノ門パストラル本館8F「しらかば」
◆主 催:首都圏バイオ・ゲノムベンチャーネットワーク
     (事務局:財団法人バイオインダストリー協会(JBA))
◆内 容:
1)講演
  日経BP社・バイオセンター長・宮田 満氏
  「(仮題)バイオベンチャー 〜私の知っている成功者たち〜」
2)パネルディスカッション
  パネリスト:
    日生バイオ(株) 社長・松永政司氏
    (株)リバネス 社長・丸 幸弘氏
    (株)メディカル・プロテオスコープ 社長・松山哲人氏
    (株)レグイミューン 社長・森田晴彦氏
    (株)ライブログ 社長・元木一朗氏
    日経BP社・バイオセンター長・宮田 満氏


内容的には面白かったと思うんだけど、イベント的には課題山積。  
Posted by buu2 at 22:11Comments(0)TrackBack(0)バイオ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年12月03日

007/カジノ・ロワイヤル

f3cd3bf6.jpg久しぶりに観た007。なんで最近007を観ていなかったかって、それはやっぱりマンネリ化しちゃったからだと思う。ピアース・ブロスナンとかも決して悪くないと思うんだけど、どうも最近はなぁ、という感じだった。

ところが、今回の007は予告編を観ても、「え?誰がボンドなの?え?ダニエル・クレイグ?」みたいな感じで、かなりの変化球だった。おかげで、「どれ、ちょっと観てみようかなぁ」という気になった次第。

で、結論から言いますと、面白かったです。満足。007はまだ板についてない感じだけど、体を張ったアクション、カーチェイス、その他もろもろ、そつなく見せてくれる。で、ボンドよりも良かったのはヒロイン、ヴェスパー・リンド役のエヴァ・グリーンだよなぁ。イイっ!

ストーリーは本来最大の見せ場になるはずのカジノシーンよりも、他の場面の方が楽しめちゃったりするのだけれど、まぁ、ご愛嬌。というか、昔に比べて色々できるようになってしまった今、カードシーンをメインディッシュにするのはちょっと無理があるよね。仕方なし。

「これで、話はどうやって収拾をつけるの?」と心配になったけど、ちゃんと最後にはふろしきをたたんでくれます。「解せないなぁ」という部分も少なく、最初から最後まで一気に見せてくれるのはさすが。評価は☆2つ半、と言いたいところですが、エヴァ・グリーンで☆半分プラス、合計で☆3つです。  
Posted by buu2 at 23:53Comments(1)TrackBack(0)映画2006││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年12月02日

レッズサポの皆さん、おめでとうございます

あの弱小チーム、万年最下位の浦和が優勝するとは、90年代前半には誰もが想像できなかったわけで、レッズ選手、OB、その他関係者、サポーターの皆さんにはおめでとうという言葉しかない。

他に目を転じると、セレッソがフロンターレに完敗してJ2降格、アビスパは神戸と入れ替え戦、そして柏が横浜FCに続いてJ1昇格決定。

で、それはそれとして、マリノスはねぇ。今シーズンはスタートダッシュに成功したにも関わらず、すぐに失速。かなり早い時期に事実上の優勝断念状態に陥り、岡ちゃんの退任もあってチームはふらふら。優勝にも降格にも関係ないラインをいったりきたりして、すっかりつまらないシーズンとなってしまった。

シーズン終了間際にはドゥトラや奥といった、ここ数年マリノスの中盤の攻めの起点となっていた選手を戦力外にしたという話も伝わってきて、大丈夫なのかなぁ、という感じ。2連覇して、「さぁ、次はアジアチャンピオンズリーグだ!」という勢いはどこへやら、である。まぁ、中西や平野の戦力外通告には非常に同意するんだけど。

奥は俊輔の海外移籍が確実視される中で宿敵ジュビロから移籍してきてくれたわけで、俊輔なきあとのマリノスをしっかりと支えてくれた存在。上野や山瀬とかぶる部分がないとは言えないけれど、今年はたまたま故障がちだっただけで、まだまだやれると思う。何より、彼のプレイスタイルは独特の味があって、中盤を見ていて楽しいものにしていたと思う。

ドゥトラは2001年途中からの参加で、長い間左サイドバックをつとめてきた。マリノスの左サイドと言えば鈴木正治が移籍(後に引退)してしまったあと、なかなか良い人材に恵まれなかったわけだけど、2001年からは全く心配のないポジションとなっていた。

来シーズンに向けてはかなり不安があるのだけれど、大丈夫なのかなぁ。  
Posted by buu2 at 16:31Comments(1)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年12月01日

近日公開! マルチSNSブラウザ「EARIS」

「最近色々なSNSがたくさんあって困っちゃう。登録するのは良いけど、日記とか書くのが大変。結局ミクシィかなぁ」と思っている人は日本にたくさんいると思います。

そんなマルチSNSな時代にぴったりなウェブサービス、マルチSNSブラウザ「EARIS」を、もうすぐ公開します(特許出願中)。

EARISは、ミクシィ、グリーの2つのSNSと、ライブログが運営しているベイネット、スワンネット、スキックスの3つのSNSを一つの画面で一覧できる画期的なシステムです。サービス投入直後は合計5つのSNSから任意のSNSを選んで利用する形(もちろんミクシィとグリーの2つだけでもオッケー)ですが、今後、登録可能なSNSをどんどん増やしていく予定です。

現在はクローズドな環境で実験を重ねていますが、最短で来週中、遅くとも15日ぐらいまでには正式なサービスを開始できると思います。

なお、ユーザーの声を反映させながらブラッシュアップしていく予定ですので、サービス開始後はミクシィ、グリーなどのSNSの中に設置する専用コミュニティでご意見いただければ幸いです。  

iPod対応ナイキバックパック「Nike C.O.R.E Backpack iD」キター!

最近Appleとの蜜月が続いているNikeですが、今度は(というか、スニーカーよりは普通こっちが先だと思うけど)iPod対応バックパックが発売になりました。しかも、Nike iDによるカラーオーダー可能!

ということで、早速いくつかバリエーションを考えてみました。

まずは軽く、日の丸タイプ。

1

で、このグレーの部分を紺に変えるだけで横浜F・マリノスバージョン。

2

マリノスと言えば奥とドゥトラを戦力外にして僕に大ショックを与えてくれたわけですが、気を落とさずに続き。

3

僕の場合ビジネスでも使うので、こんな感じで地味にまとめてみるのも一興、と思ったのですが、「制服みたいでつまらない」との指摘アリ。

シャア専用iPodにコーディネートしてシャア専用バックパックにしてみるとこんな感じかと。

4

そんでもって、最後は現実的な路線でこんなカラーリングにしてみたわけですが。やはりここ数年のテーマカラーであるオレンジを採用してみました。

5

この製品についてもうちょっと補足すると、YKKのセキュリティジッパーも装備可能(って、それがどのくらいありがたいのかは良くわかりませんが、10ドル高くなります)。iPodに対応させると50ドル高くなりますが、専用スペースが付属する上に(いや、これはデフォルトであるのな?)、なんとショルダーストラップで選曲ができるようになったりします。いや、いつもシャッフル演奏しているなんて言わずに。で、汗っかきな人向けのクール&ドライなFlow Backpanelまでつけて、たったの125ドルですよ!!!!ユニクロで買えば3500円かもしれないけど。

あ、ちなみにニューヨークでもサンフランシスコでも問題なく受け取れますが、日本で可能かどうかは各自お問い合わせください。

ということで、僕がこれを背負っているところをみたら、「あーーー、買ったんですねー」と声をかけてください。よろしくお願いいたします。  
Posted by buu2 at 10:56Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加