2007年02月28日

ディパーテッド

774db2a9.JPGアカデミー賞の作品賞を観ていないのもいかがなものかと言うことでちょっと観てきた。

とにかく人が良く死ぬ映画である。すぐに頭を撃たれて死んじゃう。こりゃ大変。内容といってもそれほど深いものがあるようには思えず、たとえばゴッドファーザーPART IIとかと比較すると「うーーーーーん」という感じ。これ、面白いんですかね?これ、感動するんですかね?映画としては別につまらなくはないけれど、これがアカデミー賞かぁ。今年は不作だったということかな?
  

Posted by buu2 at 21:34Comments(0)TrackBack(0)映画2007││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイナマイト

c0a7845d.JPG横浜で仕事の打ち合わせ。場所はいつものダイナマイト。ここでのランチミーティングはすっかり常連となってしまい、そろそろ「いつものやつ」が使えるかもしれない(笑)。
  

2007年02月27日

ピッツェリアスペリアーモ!

82afb0fe.jpg今、ライブログからスピンアウトする形で一つ会社を作りかけている。その相談と、下調べを兼ねて西横浜へ。何をやるのかはあと半月ぐらいすればオープンにできるかなー、というところなんだけど、今日はお店の紹介。

このお店、芸能人御用達のお店で、誰が来るのかを書いちゃうとそれだけで僕たちが食べにいけなくなっちゃうようなことになりかねないのだけど、とりあえず書いちゃうと、食べに行ったのは西横浜の「ピッツェリアスペリアーモ!」というイタリアン。

写真付きのレビューはこちらをどうぞ。

食べログ版まにあな日記「ピッツェリアスペリアーモ!

  

つけそば

6af51f95.JPGちょっと確認したいことがあったので、久しぶりに一本気でつけそば。美味しかった。満足。お店は最近臨時閉店が大分減っている様子。調子が良いのはなにより。
  

2007年02月26日

唐突ですが、フランス語を勉強してオペラに行こう!

このブログを読んでいる人の中にフランス語に興味がある人がどのくらいいるのかさっぱりわからないのですが、きっと98%ぐらいは「ジダンに「頭突きしたのはやっぱり頭が痒かったからですか?手を使わずに頭をかくにはアレしかありませんでしたか?」とかインタビューするためにもフランス語ぐらいは喋れないとイカンな」とか思っていることと思います。

しかし、タモリが喋るフランス語ですらさっぱり理解できず、わかるのはボンジューフとボナペティとメフシーとジュテームとオフヴォワーフぐらいしかなくて、フランスに行ってもサッカーも見れなければマクドナルドの場所も探せず、地下鉄にだって乗れないぜ!みたいな人が90%ぐらいなんじゃないかな、とも思います。

そ、こ、で、そんなアナタのために素晴らしいサイトを紹介します(素晴らしく怪しいフリですが、決してアフィリエイトとかじゃないです(^^; ライブログのお客様のサイト)。それがこのサイト。

chocolat

どこが素晴らしいって、ポッドキャストでフランス語を聞いて勉強できちゃうんですねぇ。特長はこの3つ。

1 自然なフランス語が身につく
2 好きな時にフランス語が聴ける
3 レベルに合わせた学習機能

ま、詳しくはこっちを見てください。

月額850円のサービスですが、今はオープニングキャンペーン中で無料でサービスを試せます。え?お前はフランス語どころか英語だって喋れないだろ、って?御意。でもまぁ、朝日新聞や毎日新聞の記者も日本語もろくに出来ずに記事書いてますからノープロブレム!(意味不明)

ということで、だましてませんので、フランス語に興味がある人はだまされたと思わずにアクセスしてみてください(^^  
Posted by buu2 at 18:40Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

食べログで『ペンタックスオプティオ A30』のモニターを募集!

僕も応募しているからこんなところに書いちゃうと当選確率が下がるわけですが、食べログがデジカメのモニターを募集しています。

【募集期間】
* 2007年2月26日から2007年3月2日まで

【モニター条件など】
* 応募は食べログ会員の方のみとさせていただきます。
* 応募時に、3ヶ月以内に写真投稿しようと考えているお店を5つお書きください。
* モニター期間は3ヶ月間になります。
* モニター期間中、毎月10件以上の店舗の写真投稿できる方。(再訪もOKです)
* モニター期間中は、プロフィールページに「使用カメラ:ペンタックスオプティオ A30」と記載してください。

モニター応募ページはこちら

最近僕が使っているデジカメはほとんどのケースでイクシィ、ちょっと気合を入れて撮る時はルミックスという感じなんだけど、両方とも400万画素で、画素オタクの僕としてはそろそろ1000万画素クラスのデジカメが欲しい。あと、ペンタックスのデジカメも一度使ってみたかったんだよね。というのは、アナログ一眼でペンタを使っていて、ペンタのレンズがたくさんある。なので、ペンタのデジイチに興味があるんだけど、ペンタのデジカメの特性が良くわからないので、まだ手を出していない。コンパクトタイプのデジカメとデジイチとじゃ全然違うだろうから簡単には比較できないだろうけど。当たらないかなー。当たらないだろうなー(^^;

ペンタックスオプティオ A30についてはこちらとかをどうぞ(って、リリースにリンクされているだけど)
CCN新製品エキスプレス「ペンタックス オプティオA30

それにしても、「3ヶ月以内に写真投稿しようと考えているお店を5つお書きください」というのはなかなか難しいハードルだ(^^; どの店に行くかなんて、そのときの気分だからなー。

あ、たまには「魔人ブウ*のラーメン中心データベース」もどうぞ(^^  
Posted by buu2 at 12:14Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

都知事選も大変みたいですが(誤植)

なおと都知事選、なにやら色々と大変みたいですが、東京都には全然税金を払っていない立場なのでどうでも良いです。なんだかんだで、石原裕次郎のお兄さんが勝つんでしょ?

ということで、本題は誤植です。出典は夕刊フジBLOGの「逃げるな、菅直人!! 都知事選出馬固持の理由は? | 「月刊少年ジャンプ」33年の歴史に幕を下ろす」という記事です。まにあなポイント対象です。  
Posted by buu2 at 11:53Comments(4)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月25日

今日の体重と体脂肪率

体重 74.6
体脂肪率 23.2

結局のところ、適度に食べて適度に運動していれば着実に痩せていく。今までが食べすぎだったということ(^^;

過剰に運動するとおなかがすくから、ついつい過剰に食べちゃうんだよな。  
Posted by buu2 at 10:52Comments(0)TrackBack(0)ダイエット││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月24日

AFURI

30d5d01d.JPG名称:AFURI
種類:東京西部
場所:恵比寿
評価:6/ABB
2007.2.24
コメント:あの中村屋の関係店ということで結構期待して行ったのだが、意外と平凡というか、逆に弱点が目立つラーメンだったのでびっくり。

スープはトリガラトンコツブレンドの醤油味。やや脂が多く、味がぼけている感じは否めない。ただ、これはこれで色々な旨みが楽しめて、悪くはない。

麺は細めのほぼストレート。個人的にはもうちょっと固めが好みだが、この程度なら十分。スープの絡みも良好でなかなかの良品。

と、ここまでは特にマイナスポイントはないのだけれど、一番の欠点はチャーシュー。チャーシューも普通に美味しいのだけれど、その風味がスープに溶け出してしまい、折角のスープが台無し。チャーシュー抜きで注文すれば良かったと後悔するぐらい。もうちょっと何とかならないのかなぁ。

超有名店なので大行列かと思ったのだけれどさにあらず。20時過ぎに行ったのだが空席がかなり目立っていて、すんなり座れた。こうやってすぐに座れるなら次は塩を試してみようかなぁと思わないでもない。
  

ちょっとフライングでサイト設立10周年

魔人ブウ*のラーメンデータベースもおかげさまで、この7月でサイト設立10周年になります。10年間で登録したお店は900軒。この中にはもう閉店してしまったお店も少なくありません。読み返してみると「あぁ、あんなお店もあったよなぁ」などと懐かしくもあり、古いデジカメで撮影した写真を見て「昔の技術ってこんなもんだったよなぁ」などと思うこともあり、それにしても良く続いているなぁと我ながら感心します。

ということで、いくつか10周年関連の企画を考えているのですが、まずは先行第一弾として「運営10年でたった1軒だけの13点満点の店「一本気」」という文章をエントリーします。正式バージョンはこのブログに掲載しますが、草稿段階の文章を食べログの日記に掲載しておきました。「待てない!すぐ読みたい!」という方はこちらをどうぞ(ただし、今後加筆・修正の可能性があります)。

運営10年でたった1軒だけの13点満点の店「一本気」その1
運営10年でたった1軒だけの13点満点の店「一本気」その2
運営10年でたった1軒だけの13点満点の店「一本気」その3  

2007年02月23日

飛鳥


飛鳥名称:飛鳥
種類:京都(?)
場所:神楽坂
評価:1/CBC
2007.2.23
コメント:京風ラーメンということで例の恐怖ラーメンのようなもの(あかさたなとか、糸ぐるまとか)を想像していたのだけれど、意外としっかりしたトンコツだったのでびっくり。スープはトンコツベースの弱めの醤油味。京都ラーメンというよりは横浜ラーメンに近いと思うが、まぁ本人達が京都というのなら京都でも良いかも。標準的な味で特に美味しいわけではない。

麺はやや細め。茹で過ぎでがっかり。もうちょっときちんと茹でればもう少し食べることが出来る麺だと思う。

チャーシューはこの丼の中で最も出来が悪い。というか、ここまでまずいチャーシューを食べたのは久しぶり。質の悪い肉をほとんど味付けせずに出している感じ。業務用のチャーシューなるものがこの世に存在するかどうか知らないのだけれど、もしそういうものがあるとすればこれなんかはそれだろうなぁーという感じ。とにかくまずいので、トッピングとかでチャーシューを載せるのは絶対やめたほうが良いと思う。僕はあんまり食事を残すのは好きではないのだけれど、今日のこのチャーシューは半分も食べずにギブアップ。  

やっぱりね

25956cb5.JPG昨日、レディースオープンに関するエントリー
今日も里見が負ければ馬鹿マスコミは「里見無念、女流名人の壁を破れず」などと見出しをつけそう
と書いたわけだけど、やっぱり、という感じ。読売新聞の記事ですが。

一方で「レディースオープン・トーナメント2006中継サイト」の方はきちんと最初に「矢内女流名人、優勝!」というエントリーをあげていて、馬鹿新聞とは一線を画した感じ。当たり前と言えば当たり前なので別に褒めることじゃないけれど。

さて、昨日の棋譜をちょこっと並べてみたわけですが、素人目には50手目の4二銀を許してしまったあたりで里見1級は作戦負けという感じ。先手である以上、全体の主導権を握らなくてはならないのに、結果として千日手(先後を入れ替えての指しなおし)か無理攻めかの二者択一を迫られることになってしまった。矢内名人は里見1級が我慢しきれなくなって繰り出した桂馬を標的にしつつ、もぐらたたきの要領で危なげなく有利を拡大していった感じがする。

第1局を落として勝負を面白くしたけれど、終わってみれば第2局、第3局とも名人の格の違いを見せつけた感じで、さすがと言うほかない。他の棋戦でも是非頑張って、矢内時代を確固たるものにして欲しい。

一方で日本で最大発行部数(なんですよね?良く知りませんが)を誇る読売新聞は自分の駄目さ加減を世の中に示していてやれやれという感じ。勝負事にあるのは年齢とか性別とかじゃなくて、勝者と敗者。その他の要素を盛り込んで敗者だけをクローズアップするのは勝者に対する敬意がなさ過ぎる。まぁ、読売新聞の場合はレディーストーナメントなんていう棋戦のことはどうでも良くて、中学生が勝つかも、ということだけが重要だったんだろうけど。
  
Posted by buu2 at 14:17Comments(0)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月22日

確かにこれは恥ずかしくて聞けないや(誤植)

7188eafa.gifasahi.comの「ワンセグやラジオを見るのに、お金はかかるの?」というコラムからの誤植です。

朝日新聞の質の低下には目を覆わんばかりですなぁ(^^; まにあなポイント対象です。  
Posted by buu2 at 21:45Comments(4)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の体重と体脂肪率

体重 75.2
体脂肪率 24.3

骨折したおかげで運動はできないし、体脂肪率も計測できなかったんだけど、ようやく腕が前に出せるようになったので、ちょっと量ってみた。

おお、体重、増えてないじゃん。体脂肪率、増えてないじゃん。これだけ運動を規制されている中で体重を維持できていれば上出来。早く運動したいなぁ。  
Posted by buu2 at 16:23Comments(0)TrackBack(0)ダイエット││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

レディースオープントーナメント決勝

今、女流将棋の大会、「レディースオープントーナメント」の決勝三番勝負の第三局。つまりこれに勝てば優勝という大一番をやっている。

ま、世の中の大部分の人は将棋のタイトルなんて名人戦と竜王戦ぐらいしか知らなくて、名人だって「なんか朝日新聞と毎日新聞で取り合いしていたみたいだけど」といった具合で誰が名人なのかすら知らないんじゃないかなー、あるいは羽生が名人だと思っているんじゃないかなー、などと思うのだけれど、まぁ良いや。とにかく今日は注目の一戦なわけです。

で、この注目のタイトル戦がいつになくマスコミで取り上げられているのは決勝戦の対局者が今までの顔ぶれと違うから。女流棋士だと、最近は中井、清水、矢内、千葉、斎田といったところが主だったところで、ここに最近ちょっと不調の石橋とかが絡んだり絡まなかったり、という感じだった。そもそも林葉がすねてどっかに行っちゃったあたりからは女流棋士のタイトルは中井、清水の二強時代がずーーーっと続いていて、最近になってようやくこの二強に矢内、千葉あたりが追いついてきたかなー、という状態だった。

で、わりと混沌としてきたかな、いや、やっぱり中井、清水も頑張っているな、という状況の中でまだ中学生の里見香奈女流1級が決勝戦に残ったものだから俄然注目されちゃっているわけである。

ここで日本のマスコミの大馬鹿具合が発揮されたのは第二局、矢内が完勝を収めたにも関わらず、負けたほうの里見にばかり注目して記者会見までやってくれたところ。ロリコンマスコミの面目躍如という感じで、まぁ勝負の世界だろうがなんだろうが可愛い子供が出てくればとりあえず取り上げて報道する方も馬鹿ならその報道を喜んで読んでいるほうも馬鹿だよな、と思うわけでかなり不愉快だったのでこれまでこのブログでは取り上げもしなかった。

今日も里見が負ければ馬鹿マスコミは「里見無念、女流名人の壁を破れず」などと見出しをつけそうなので、今のうちに記事を書いておこうと思う(^^;

それで、この里見女流1級はゴキゲン中飛車といわれる、ここ5年くらい活発に指されている戦法の使い手。

将棋の戦法にははやり廃りがかなりあって、情報化が進んだ最近はそのピッチが非常に早くなっている。とにかく将棋は先手有利というのが常識で、にも関わらず同じく先手有利の囲碁に比べてハンデをつけにくいという特質があるので、プロレベルになると「後手でいかに勝つか」がテーマになりつつある。この「後手で頑張れる戦法」として現れたのが中座飛車、あるいは横歩取り8五飛戦法と呼ばれるものだったんだけれど、この戦法は研究が進みすぎて先手の対策がかなりはっきりしてきてしまった。ということで、「あぁ、やっぱり先手有利なのか」という雰囲気になってきたのだけれど、今度は後手が研究が進んでいる矢倉、角換わりなどの居飛車系の将棋を避け、徐々に振り飛車系の戦法にシフトしつつある(と思う)。その中でも、四間飛車のように定跡化が進んでいる戦法ではなく、力戦になりやすく研究がまだあまり進んでいないゴキゲン中飛車は採用率が高くなってきている。

とは言ってもゴキゲン中飛車は後手専用の戦法ではなく、先手でも採用できる。そして里見女流1級は先手でゴキゲン中飛車を採用したときの勝率が滅茶苦茶高い(はず。ちょっとデータを調べる暇がないのだけれど)。ということで、最終局はどちらが先手になるのか、というのがまず注目だったのだけれど、里見女流が先手となった。よし、じゃぁいつものようにゴキゲン中飛車で、と誰もが思ったところで意外にも里見女流からゴキゲン中飛車を放棄して、割と昔みたようなタイプの中飛車を採用。一方の矢内名人は舟囲いから左美濃、銀冠と進めて4枚の金銀を左翼に集中。今はかなりゆっくりした将棋が進んでいる。

インターネットの時代は大変ありがたいわけで、テレビ中継はないけれどネット中継はきちんとやってくれている。

レディースオープン・トーナメント2006中継サイト

今、後手が66手目を指したところ。いよいよ中盤の難所で、ここで先手がうまく手を作れるかどうか、というところなのだが、残念ながらここら辺で仕事なので、続きは見ることができない。うーーーむ。  
Posted by buu2 at 14:58Comments(0)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nike C.O.R.E. Backpack iD

99535a01.JPGこちらで紹介したNike C.O.R.E. Backpack iDが到着しました。

意外と地味だったような気もするし、意外に派手だった気もする、かなり微妙なものになりましたが、まぁそのうち慣れるでしょう。

とりあえずシャア専用iPod nanoを装着してみたのですが、なかなか快適です。ノートPCも専用ポケットにすっぽり収まるし、金をかけただけのことはあります(たかがデイパックに12075円!)。

ただ、問題が一つ、iPodを操作するボタンが右側のストラップの下部にあるのですが、僕は今、右肩を骨折中で、右肩でこのデイパックを背負うことができません。とりあえず本格利用は肩がもうちょっと良くなってからですねぇ。残念。
  
Posted by buu2 at 11:47Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月21日

回送の次は仮免

ad8b3f08.JPGこのあいだはパトカーの回送を見つけたけど、今日は自衛隊の仮免許練習中。仮免って、やっぱり戦車にもあるのかな!?
  
Posted by buu2 at 20:43Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

はつがい

d6c25fcd.JPG名称:はつがい
種類:東京西部
場所:朝霞
評価:2/CBB
2007.2.21
コメント:朝霞に新しくお店がオープンしたので食べてきた。すぐそばにあった万力があっけなく閉店してしまったのでここには頑張って欲しいのだけれど。

スープはトンコツベースの薄口醤油味。かなり調味料を抑えた感じで、和風ダシを強めに効かせている。スープにはデフォルトで魚粉が振りかけてあるが、さらにテーブルの上に「お好みでどうぞ」と魚粉が置いてある。とにかく魚を味わえ、ということなんだろうけど、これってあんまりやりすぎると気持ち悪くなるので要注意。ま、スープは取り立ててどうということもなく、無難に美味しいと思うのだけれど、ラーメンのスープとしてはやや力不足。タマネギなどが半生で入っているのだが、これがまた風味を壊している。ベースのスープに力強さがあまりないのに、小手先で色々小細工をするものだからその粗が目立つ。

麺は細めの縮れ麺。完全に茹で過ぎで落第。

チャーシューはそれなりに美味しいというか、このどんぶりの中では唯一頑張っているかな、というもの。しかし、チャーシューを目当てにラーメンを食べに行く人はあまりいないわけで、店の前途は多難である。
  

しつらえ家

586f6ae3.JPG先日「味噌ラーメンなんてどこを食べても大抵味噌汁ラーメンで駄目」みたいなことを書いたけれども、今日もまた味噌ラーメン食べました。いや、正確には味噌汁ラーメンですが。以下、評価。

名称:しつらえ家
種類:北海道
場所:神楽坂
評価:3/ACB
2007.2.20
コメント:麺は北海道系の縮れた札幌ゴム麺。ただし、通常の札幌ゴム麺に比べるとやや細め。最近のラーメン屋の良いところは二打数一安打ぐらいの打率でちゃんとした麺を出すということ。これは恐らく背景に製麺所の寡占の進行と、麺方のマニュアルの整備があるんだろうな、と思うのだけれど、10年ぐらい前に比較すると恐ろしく進歩していると思う。元の麺が良ければ、それを調理する側がきちんとやっていればまぁそれほど大外しした麺が出てくることはない。中には新日本橋の八島みたいにとんでもないものというか、言っちゃ悪いけど家畜の餌レベルのものを出す馬鹿店があったりするので油断できないのだけれど、この店も麺はきちんとしている。ま、茹でる時間を守って、言われたとおりの湯きりをしていればこの位のものは出せるようになったということ。誰でもパソコンを買ったその日からインターネットができるのと一緒である。

スープはとういと、やや薄めのトンコツベースのスープに味噌をぶち込んでしまった味噌汁タイプ。この手のラーメンを美味しいという人は大抵の味噌料理を美味しく感じるタイプの人(つまりラーメンじゃなくて味噌が大好き)か、大抵のラーメンを美味しく感じるタイプ(つまりラーメンなら何でも良い人)だと思う。僕は駄目。食べている最中から「あぁ、またつまらないものを食べちゃったなぁ」と悲しくなる。

チャーシューはそこそこ美味しい。けど、このチャーシューを食べるためにこの駄目なラーメンを再び食べる気にはならない。
  

鍋めし 韓国風海鮮チゲ

022d1062.JPG「まるごと帆立が自慢」「キムチと魚介の旨みたっぷりスープ」だそうですが、うーーーーん、どうなんですかね。まず辛さが圧倒的に足りない。そしてしょっぱい。自慢の丸ごと帆立は確かに存在感はあるけれど、これを自慢されてもなぁ。ま、スープの量がそこそこにあるのでそれなりにおなかは一杯になるし、「うわーー、こりゃまずい」ということもないんですが、どうもキャッチコピーとの乖離が気になります。

単純に味だけを見れば☆1つ半ぐらいかな。また食べてみても良いかな、というレベル。
  

2007年02月20日

超久しぶりに「ラーメンデータベース」を更新

単に怠けていただけなんですが、「魔人ブウ*のラーメンデータベース」、9ヶ月も更新していませんでした(^^;

昨日、今日で一気に更新したわけですが、新規登録は60軒以上、さらに再評価店がいくつかあって、作業量が凄いことになってました(^^;

やっぱ、まとめてやるのはかなり苦痛なので、日頃からマメに更新しないとだめだよなぁ、と思ったのですが、多分次の更新はまたしばらく先になると思います。

でも、今年はサイト設立十周年。何かイベント(要は飲み会ですが)でもやりますかねぇ。  

2007年02月19日

つまらない所でお金をふんだくる財団法人工業所有権電子情報化センターは特許庁の天下り先ですか?

僕は経済産業省にいたとき、バイオベンチャーの支援をしていたわけだけど、そのときに「知的財産こそが日本の武器になるから特許になりそうなものはどんどん出願してください」と講演していたし、中小企業庁の補助金を特許の海外出願にも利用できるように、などと制度変更をして、少しでも日本の対外競争力を強化しようと努力してきたわけです。

それで、今はITベンチャーの社長なわけですが、バイオもITも変わりがないのは知的財産が重要ということ。それで、昨年一本特許を出願したわけです。これは複数のSNSを一つのブラウザでまとめてみることが出来るという技術。これを利用してマルチSNSブラウザ「エアリス」というのを開発中で、すでにセカンドバージョンを公開中。SNSは海外でもどんどんいろんなものが登場してきているので、海外へのPCT出願も予定しているわけですが、問題なのはこの特許の国内出願。

そのときの顛末については吉野家コピペでこちらに「特許庁って、なんかオカシクね?」という記事を投稿してあるわけだけど、その後電話で「お金を払ってね」という連絡が来たので、この財団法人に「あの、ここにすでに電子データがあるので、わざわざそちらでベタ打ちしていただかなくてもこの電子ファイルを送れば済む話なんですがそれでは駄目ですか?」とか、「そうやって中小企業からお金を搾取するあなた達は特許庁の天下り先ですか?」とか質問してあげたんですが、「お金を払っていただかないと困ります」との一点張り。ご親切に「虎ノ門にある発明協会に来ていただければ無料でできます。ただし今回の分は駄目です」とか教えてくれました(^^;

で、腹が立ったのでそのまま放置してやったんですが、今度は財団法人工業所有権電子情報化センターと特許庁からわざわざ二通郵便(しかも特許庁からは書留)が届いたわけです。前者は「電子化料金振込の未納・不足のご案内」で、後者は「手続補正指令書」だって。要は、「さっさとお金を払わないと特許出願を無効にしますよ」ということ。だからさ、ここに電子データはあるんだってば。これをメールで送れば終了ジャン。どうしてそんなにお金が欲しいんですかね。ま、11000円ですけどね、このお金を作るためにどのくらい中小企業が苦労しているか、役所やそこから天下りした財団の人にはわからないんですかね。あ、天下り先かどうかは知らないんですが(^^;

これでさ、もしこの特許がパーになって、おまけに海外のどこかの会社が似た様な技術で大もうけしたらどうするんですかね(^^; 今回の技術がどのくらいの効力があるのかはもちろん全然わからないわけだけど、なんか、「お前ら、ちょっと間違ってないか?」と思うわけです。あ、でもあなた達はきっと日本の企業がどうなろうが、国際競争力が低下しようが関係なくて、自分達が食べていくための11000円をふんだくるので一生懸命なのかもしれませんね。

で、書類の発送日は2月6日で、特許庁長官は「30日以内に支払わないと出願は却下します」と書いてあるんですが、さて、どうするかなー。

#とにかく黙ってお金を払うのは腹が立つので、ブログに書いてやれ、ということでぶちまけました。一応このブログも一日に1000人ぐらい読むこともあるブログなので、多少はストレス発散になります(^^;  
Posted by buu2 at 11:59Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

どろろ

5be0b782.JPG広告偏重の洗脳型社会」というエントリーでテレビ局が絡んだつまらねー映画が興行収入を押し上げているということを書いたけれども、この映画はTBSの絡み。ということでいくら「大ヒット上映中」でもその品質を保証するものでないのは明らか。特にTBSは昨年日本沈没でかなりやらかしてくれている(しかしまぁ、あれだけ大ヒットしたのに日本アカデミー賞では何一つ受賞できなかったわけで、そりゃ当たり前だよな、という感じ)ので、そうとうにビクビクしながら映画館に行ったわけです。

結論から言うと、前半はクソだけど、真剣に魔物退治を始めたあたりからはなかなか面白い。ラオウを連想させる中井貴一演じるパパがなかなかに格好良く、存在感がある。しかし、それより何より妻夫木聡が良い。一方で柴咲コウは結局何をやっても柴咲コウにしかならないので、ただただうるさい印象。彼女にしても仲間由紀恵にしても、今日本のスクリーンやブラウン管で大活躍している女優というのはどうして演技に幅がないんだろうなぁ、という感じなのだが、看護婦をやろうが、どろろをやろうが、何をやってもやっぱり柴咲コウなのには残念というしかない。彼女が悪いんじゃなくて、彼女の使い方が悪いんだろうけど。で、前半、寺が焼けたあたりまではかなり退屈な感じで見所もなく、「あぁーあ、やっぱり日本沈没のTBS」という感じだったのだけれど、そこら辺からテンポがアップして、あとは眠くならなかった。

ストーリーは原作、テレビ版のどちらともやや異なるものになっていて、短時間で見せるためにうまく料理していると思った。前半をごっそりカットしちゃえばもっとすっきりしてもっと良くなったと思うけど、半分寝ながら見ていたので詳しくコメントすることはできない(^^;

ということで、柴咲コウのファンだったら全編楽しめると思うけれど、僕は柴咲コウよりも蒼井優の方が好みなので、映画の評価は☆1つ半。
どろろ  
Posted by buu2 at 00:09Comments(0)TrackBack(1)映画2007││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月18日

かきばた

7f87464d.JPG今日はカキバター。そろそろカキもシーズンじゃなくなるので、食べるなら今のうちってことで。

19:10頃に行ったらすでに2人待ちでしたが、僕たちが食べ終わる頃には店の外にも待っている人がいました。定食屋も大繁盛ですな。
  

2007年02月17日

やれやれ、なニュース

●スキー盗み遠征費に、小学校講師を逮捕   吾妻署
 吾妻署は十五日、窃盗の疑いで、草津町草津、小学校非常勤講師、星野芳大容疑者(29)を逮捕した。

 調べによると、星野容疑者は一月十四日、長野県上田市のツバクロスキー場で、広島県福山市の男子高校生(18)の競技用スキー板とストックそれぞれ一組(十万円相当)を盗んだ疑い。盗んだスキー板とストックは、インターネットオークションで販売したという。

 星野容疑者は「スキー競技をするための遠征費用が足りなかった」と容疑を認めているという。ほかにも同様の犯行をほのめかしており、同署は余罪があるとみて捜査している。

 星野容疑者は二〇〇三年四月から、吾妻郡内の小学校で特別支援教室の補助教員として勤務。スポーツ少年団などで、子供たちにスキーの指導もしていた。

 小学校の校長は「子供たちと仲が良く、人気があった。誰に聞いても、誠実で明るい先生だったので信じられない」と驚き、勤務する自治体の教委は「誠に遺憾で残念なこと。事実を確認してから処分を考えたい」とコメントしている。

 星野容疑者は、高校三年の時にジュニアオリンピックのアルペン競技で総合優勝するなど国内トップレベルのスキー選手として活躍。昨年の尾瀬国体では大回転男子成年Bクラスで八位入賞を果たした。星野容疑者が所属しているスキークラブの会長は「選手育成のために一生懸命指導していたので信じられない」と話した。
出典は上毛新聞ニュースの「●スキー盗み遠征費に、小学校講師を逮捕   吾妻署」という記事。

星野容疑者は弟の秀太君と並んでスキー選手としてかなり有名。ま、弟さんはこの際関係ないので色々書かないけれど、とにかくアルペンスキーをそこそこ真剣にやっていれば知らない人はあんまりいないんじゃないのかなーという存在。

星野容疑者は最近はスポーツユニティという、これも結構な大御所のスキースクールでコーチをしていて、このスクールはテレビの解説者でおなじみの小田島さんが校長。そういうところの有名スキーヤーが選手の板を盗んでヤフオクで売っていたっていうのはねぇ。いくらなんでもないんじゃないの?  
Posted by buu2 at 22:28Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

でかけようとすると雨が降る

骨折してから3週間以上。そろそろ肩を動かすようなことも始めていて、自転車漕ぎなどのトレーニングも開始しようと思うのだけれど、「さて、でかけるか」と思うと雨が降る。

傘を持つともう何も持てないし、濡れた道路で滑って転ぶのもしゃれにならない。ということで、雨が降ってしまうとどうも外に出る気にならない。

今日はトレーニングして映画を観ようと思ったのだけれど。  
Posted by buu2 at 19:28Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月16日

らーめんダイニング ど・みそ

96bccbac.JPG名称:ど・みそ
種類:北海道
場所:京橋
評価:7/ABB
2007.2.16
コメント:味噌専門店とういことで最初から「どうせ駄目だろうな」と色眼鏡で見ながら注文しちゃうのは仕方がないところ。注文したのは一番人気と券売機に書いてあった特みそこってり。出てきてたものを見てちょっと安心したのはきちんとダシを取っている形跡がスープにあったこと。これなら少なくとも大外しにはならない。で、スープを一口。あぁ、やっぱり味噌汁ラーメンだ。この手の味噌汁ラーメンがいつまで経っても「うまい、うまい」と評価されるんだから日本人はよっぽど味噌が好きなんだろう。まぁ僕自身も味噌は好きだし味噌汁も好きだけど、味噌汁が好きなのと味噌汁ラーメンを評価するのは全く別なはず。味噌汁ラーメンとは、要は味噌の強烈な調味力によってベースのスープが死んでしまっているラーメン。味噌汁ラーメンが好きな人というのはラーメンを食べているんじゃなくて、味噌を味わってるんだよな。それはそれで構わないけれど、味噌汁ラーメンはやはりラーメンとしてはイマイチ。実際、味噌汁ラーメンじゃないラーメンも数は少ないけれど実際に存在しているわけで、そういうちゃんとした味噌ラーメンが存在する以上味噌汁ラーメンの評価は低くせざるを得ない。

麺はかなり太目の太平手打ちタイプ。こちらはモチモチ感が楽しめてなかなかの良品。ただし麺の量が少ない。

チャーシューはそこそこの肉質の煮豚。味付けがほとんどないのだけれど、味噌の味が強烈なのでスープに浸して柔らかくなった頃に食べればなかなかのもの。ただし間違っても食べはじめに口に入れてはいけない。デフォルトで2枚の肉が載ってくるので、わざわざお金を払ってさらにトッピングする必要はないと思う。

さて、ここまでは定番の麺、スープ、チャーシューの評価だけど、ここの店はそれ以外にマイナスポイントがある。まずモヤシ。必要以上にモヤシが放り込まれていて麺を食べるときに非常に邪魔になる。ライトじゃなくても「俺はモヤシが食べたいんじゃなーい」などと叫びたくなる。次に邪魔なのがコーン。北海道系の定番ではあるけれど、ラーメンにコーンを入れるのってどうなんですかね?続いてのマイナスポイントはカウンターの上の調味料が七味だということ。味噌ラーメンには余計な雑味が欲しくないので、できれば一味にして欲しい。単に辛さだけを加えたいということ。

あと、これは個人的に「あれれ」と思ったことだけど、玉子が味付け玉子じゃなくてただの半熟ゆで卵。ラーメンの中にあってかなり浮いた存在となってしまい、邪魔に感じるくらい。

と、トータルで見ると一つ一つのパーツがばらんばらんでどうなっちゃってんの、これ、みたいな印象。一口で言っちゃうとラーメンの作り手としてのセンスが感じられない。店の人たちは凄く熱心そうなので、あと3年ぐらい色々勉強したら結構良くなるんじゃないだろうか。センスは天性のものだけど、努力でカバーすることはできるから。
  

2007年02月15日

すげぇ大量

8e91342f.JPGマジ? 出典は週刊アスキーですが。
  
Posted by buu2 at 23:23Comments(5)TrackBack(1)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

大龍門

3fb33f84.JPG池袋の大龍門というお店でランチ。

ランチの売りは陳麻婆豆腐だということだったのでこれを注文。スープ、ごはん、サラダ、デザートが付いて1100円。味はまぁまぁ。

写真入りのレビューは例によって食べログに掲載しておきました。

食べログ版まにあな日記「大龍門
  
Posted by buu2 at 12:18Comments(0)TrackBack(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月14日

中村の入団テスト(誤植)

cca01911.gifこの一件、ソースがどことはいえないのだけれど、パリーグの某球団関係者(超大物)がセ・パ各球団に「示しがつかないのでこういう人物は獲らないでくれ」と要請を出したそうで、まぁ、一種のいじめのような気がしないでもない。

中日にしたって獲ると決めたわけではなく、あくまでもテストだけどね。数百万円でこの選手をテストできるなら悪い話じゃない。そういえば昔、中山を獲るなんてこともやったよなぁ。

ということで本題は誤植です。まにあなポイント対象です。出典は日刊スポーツの「主力選手らは反応複雑…」という記事です。  
Posted by buu2 at 18:39Comments(2)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月13日

伊都屋

5aca1fe9.JPG名称:伊都屋
種類:九州
場所:大宮
評価:6/ABB
2007.2.13
コメント:麺はかなり細めのストレート。きちんと腰があってスープの絡みも良好。

スープはトンコツベースの白湯タイプ。醤油味がやや強めで九州系としてはあっさりタイプの部類。ベースのスープがしっかりしていて、さらに味付けもなかなか。九州トンコツとしてはかなり良い部類だと思う。

チャーシューは肉質自体はイマイチだけど、味は悪くない。ややスープに雑味を与えてしまうところもあるのだけれど、許容範囲。

味玉はイマイチ、辛子高菜もイマイチと、ちょっとトッピング系に弱いところがあるけれど、とりあえず九州ラーメンとしてはそこそこのポジションだと思う。
  

2007年02月12日

もぐら できたてほやほや

ec1fa345.JPGもぐらのできたてほやほやをあけちゃった。

この「もぐら」という銘柄は「少し寝かせた方が美味しくなる」という噂があって、しかもこいつは寝かせてくれと言わんがばかりのコルク栓である。なので、「できたてほやほや」をわざわざ寝かせて幾年月。新酒が売りの銘柄をわざわざ寝かすのはどうなんだろう、とやや自信なしにいたわけだけど、そろそろ良いかな、熟成したかな?ということで期待をしながら開栓。

で、この酒ですが、美味しかったです。ハナタレに通じるアルコール感が残っていて、それでいてとがってなくてマイルド。甘みが残っていてそれがまた食欲をアップさせる感じ。全部飲んじゃってから、「二回にわけて飲めば良かった」などとけち臭いことを思ったのだけれど、考えてみればコルクを砕いちゃったので(^^;、一気にあけちゃう運命だったに違いない。
  
Posted by buu2 at 19:11Comments(0)TrackBack(0)グルメ−焼酎││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

良くカキ喰う客

川をはさんで向いに住んでいるお友達の家でカキ喰いパーティ。やはりノロウイルスでみんながビビッている今がチャンス。

1 2

3 4

5 6

7 8  

2007年02月11日

焼肉苑

64f5f057.JPGちょいと難航している仕事の件で丸氏と四谷で打ち合わせ。ベストな解がなかなか見つからない中でとりあえずの方向だけ決め、ここ一ヶ月ぐらいの行動プランを立てておいた。

そのあと、何か食べようと言う事になって四谷の「焼肉苑」へ。どこ産の牛肉なのかを明記していない店で食べるのはちょっと嫌なんだけど、まぁ仕方ない。

などと言いつつ、ウェブサイトから直接焼肉苑に問い合わせたところ「オーストラリア産を使用」とのこと。これなら安心して食べられる。

料理の写真や評価などはこちらをどうぞ。
食べログ版まにあな日記「焼肉苑
  

2007年02月10日

網代一菜

6ebf065c.JPGカナグルの会合で大船で飲み会。お店は「網代一菜」という海鮮居酒屋。ここでカキ鍋、刺身、寿司、たこ焼き、メヒカリのから揚げなどを食べた。

刺身はどれも大振りで味、ボリュームともに楽しめる。カキが大好きな僕にはニンニクたっぷりのカキ鍋も大満足。寿司はちょっと大振り過ぎてネタとシャリのバランスが悪く、寿司だと思って食べるとイマイチなのだけれど、刺身にご飯がついていると思えば問題ない。いくら、ウニといった寿司は軍艦に乗り切らないほどで神田の『江戸っ子寿司』みたい。これを一口で食べてしまうのは勿体無いので、少しずつ箸で食べて量が減ってからパクっと食べるような感じ。いくらは標準的だけど、ウニはかなり美味しかった。

ビールを飲んで、焼酎を一本あけて、一人あたり5000円の支払は非常に安い。大船恐るべし。

写真入りのレビューはこちら。
食べログ版まにあな日記「網代一菜
  

断言することはできない

「味噌汁にダイエット効果がないとまで断言することはできない」そうで。

みそ汁「減量効果ないとは断言できず」 関テレの報告書

それはそうですね。僕もそういうことは色々あると思います。

「元木さんの肩の骨が折れているとは断言はできません。切って開いて見た訳ではないので」(整形外科医)

「地球が温暖化しているとは断言はできません。ここは年がら年中寒いので」(ホッキョクグマ)

「新品だからと言ってウィンドウズ95を登載しているパソコンがないとは断言できません。全部買って確かめたわけではないので」(ビックカメラ)

「関が原の戦いがあったとまで断言することはできません。私が生まれる前の話なので」(歴史学者)

「次の選挙で社民党が政権を取る可能性がゼロだとは断言できません。たとえ今の支持率がたったの1%であったとしても」(福島党首)

「宇宙人が存在すると断言することはできません。私以外の人は宇宙人に会ったことがないので」(矢追純一)

「あなた、絶対に地獄に落ちるわよ、と断言することはできません。私も地獄に落ちるところまで確認しているわけではないので」(細木数子)

「あなたへのスピリチュアルメッセージが必ず聞こえてくるとは断言できません。事前に是非色々とあなたのことを教えてください」(江原啓之)  
Posted by buu2 at 12:11Comments(1)TrackBack(1)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月09日

クルンテープ

15e83cba.JPG池袋パルコのレストラン街にある「クルンテープ」で食べてみました。

写真入の評価はこちらでどうぞ。

食べログ出張所
クルンテープ
  
Posted by buu2 at 18:05Comments(0)TrackBack(0)グルメ−お店││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月08日

てりはん

d16cd8d0.JPGもはや定番過ぎて報告するのも気が引ける照り焼きハンバーグ定食。
  

2007年02月07日

伊太八 (いたはち)

43148d81.JPG名称:伊太八
種類:東京トンコツ
場所:神楽坂
評価:2/CBB
2007.2.7
コメント:麺はやや太めで弱めに縮れたタイプ。とにかくゆですぎなので、表面はちょっととろけている。太いけど腰はなくて、まぁ出前で頼んだラーメンと言う感じ。今ではラーメンを出前で頼むなんて考えられない(のびちゃって美味しくなくなるから)けれど、そういえば昭和40年台ぐらいは全然普通だったよなぁ。ま、中華料理屋としては普通かもしれないけれど、ラーメンとして評価したらCランク。

スープはトンコツベースの醤油味で、背脂が浮いている東京トンコツタイプ。と書くとこってりっぽい感じがするけれど、実際はかなりのあっさりタイプ。別にまずくはないのだけれど、すっかりラーメン文化が熟成した現代では目をひくものもない。

チャーシューは特に肉質が悪いわけでもないが、かといって凄く良い素材を使っているわけでもなく、また味付けに工夫があるわけでもない。

ま、ラーメンとしてはあまり良いものとは言えない、そんな一品。
  

2007年02月06日

東京麺珍亭本舗

72bab842.JPGこれがラーメンですか、といわれるとはなはだ疑問だし、いつもと同じやり方で評価できるかと言うとそれも無理な気がするのけれど、無理やりやってみます。

名称:東京麺珍亭本舗
種類:油そば
場所:江戸川橋
評価:6/A-B
2007.2.6
コメント:麺はかなり太めで弱く縮れたタイプ。そこそこにコシがある。麺の表面がうどんのようにちょっとでろでろしているのだけれど、おそらくそのくらいじゃないとスープが絡まないのだろう。

スープはしょっぱめの醤油ベースのたれ。これに酢とラー油を好みでぶっかえる方式。好みで、と言いつつも店にはあちらこちらに油そばの食べ方が書いてあって、そこには「とにかくどんぶりに二周りずつ酢とラー油をかけなさい」「もたもたしているとあっという間にまずくなるよ」「たっぷり酢とラー油をかけない奴は油そばがわかってない」といったことが書かれている。そういうのを読むと「それなら最初から酢もラー油もかけてくれよ」と思わないでもないのだけれど、まぁ油そばがわかっていない人にも配慮しているのかもしれない。で、この酢とラー油たっぷりの味付けだけど、ジャンクで決して悪くない。というか、結構美味しいから不思議。

チャーシューは部分的に「むむむ?」と思わないでもないんだけど、味付けが濃いので食べれてしまう。

ぶぶかとかで食べる油そばに比較すると格段に美味しいと思う。
  

雨が降ったら

266b3e2e.JPG破けちゃうので、ビニールか何かをかぶせることを勧めます。それにしても、5分間ちょっと街を歩いただけでパトカーと張り紙と、二つも「うーむ」というものを見つけちゃった。世の中色々だなぁ。
  
Posted by buu2 at 16:38Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

パトカーにも

0994b6bc.JPG回送があるとはね。回送中は事件があっても素通りするのかな?
  
Posted by buu2 at 16:34Comments(6)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、そろそろ下火になってきたのかな、と思っていたら

馬鹿がまた何か言っているようで(笑)

柳沢発言問題:「健全」発言に強く抗議 社民・福島党首ら

社民党の福島瑞穂党首は6日の党参院議員総会で、柳沢伯夫厚生労働相が同日の記者会見で「2人以上の子どもを持ちたいという健全な希望」と発言したことについて「女性不在、また頭数で(少子化対策を)言ったことに強く抗議する」と述べた。民主党の輿石東参院議員会長も党参院議員総会で「2人以上産まない女性は健全じゃないのか」と批判した。


もう、こいつらはこういう言葉尻を捉えることしかできないんだろうね。社民党も民主党もこんな風になっちゃったらおしまい。福島瑞穂の馬鹿さ具合を男である僕が色々言っても仕方ないかもしれないんだけど、同性から見てどうなんですか?

ちなみに問題になっているやりとりについての詳細な情報はこちらにあります。以下、毎日新聞のサイトの「<柳沢厚労相>子ども2人以上「健全」発言、波紋に拍車」という記事から抜粋。
■柳沢伯夫厚生労働相の6日の記者会見での主なやり取りは次の通り。
(記者) 少子化対策は女性だけに求めるものなのか、考えはいかがか。
(厚労相) 若い人たちの雇用形態が、例えば婚姻状況などに強い相関関係を持ち、雇用が安定すれば婚姻率も高まるような状況なので、まず若者に安定した雇用の場を与えていかなければいけない。また、女性あるいは一緒の所帯に住む世帯の家計が、子どもを持つことで厳しい条件になるので、それらを軽減する経済的支援も必要だろう。もう一つは、やはり家庭を営み、子どもを育てることには人生の喜びのようなものがあるという意識の面も若い人たちがとらえることが必要だろう。そういうことを政策として考えていかなければならない。他方、当人の若い人たちは結婚をしたい、それから子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけだから、本当にそういう若者の健全な、なんというか希望というものに我々がフィットした政策を出していくことが非常に大事だと思っている。


安倍首相の政策を僕はほとんど支持しないけれど、「わが家も残念ながら子どもがいないが、いちいち言葉尻をとらえるより政策の中身をお互いに議論していくのが大切だ」という安部首相のコメントは全くその通りだと思う。同じように輿石東参院議員会長の言葉尻をとらえたら、「2人以上産むのが健全だと言ったら怒られるということは、2人以上産むのは不健全ということか」ということだって言えちゃう。

そもそも、この柳沢発言のどこがまずいんだか理解不能。我が家は子どもがいないけれど、確かに夫婦が2人以上の子供を持ちたいと思うことは極めて健全だと思うよ。別に子供を2人以上持ちたいと思わない夫婦は不健全だと言っているわけでもないし、そもそも「少子化が問題だ」と考えているなら、平均して夫婦1組あたり2人以上子供を持たなくちゃ人口は絶対に減るんだから、至極まっとうなことを言ってる。2人以上産みたいのが健全と言って怒られるというのならどうしろと。2人以上産みたいのは健全じゃないけれど、年金を制度として成立させるために産んでください、ってこと(^^;? あるいは少子化はそもそも問題じゃない、ということですかね? いや、それならそれで構わないのですが。

お前らなー、くだらねぇこと言ってないでさっさと国会に行って審議しろよ、この税金泥棒!!!というのが僕の偽らざる気持ちですね。ボイコットして審議をサボった分、ちゃんとお金を返せと言いたい。

結局のところ、こういうくだらないところでしか争点を見出せないからいつまで経っても野党なんだろうね、社民党も民主党も。自民党が良いとは決して思わないけれど、それ以上に他が駄目っちゅうことだよねぇ。

ちなみに馬鹿らしいのでブログに書かなかったけど、最初の柳沢発言に対して僕があるクローズドな場面で書いたのは下記の通り。

僕はバイオ関連の授業を大学でやっていますが、その中で「生物はすべからく遺伝情報を伝達するための機械である」という主旨のことを言っています。

個人的に思うのは、「機械」と「道具」だとかなりニュアンスが違うということ。

「女性は子どもを産むための道具である」と言ってしまうといかにも男性中心主義からの発言という感じになりますが、「女性は子どもを産むための機械である」なら、僕は全然違う受け止め方をします。

氏の発言の意図が「女性は子どもを産むための機械」であった場合、では男性はなんなのか、という部分が実は重要で、そこが現在のデータからは推測できない以上、「推定無罪」というのが一番現実的な考え方だと思います。

現状、政治家もテレビのレポーターも「男性はなんなのか」という部分に踏み込まずに感情的に煽っているだけなので、この国の民度は相変わらず低いな、と思う次第。


それから最初の柳沢発言の要旨(2007年1月30日06時00分スポーツ報知)。
なかなか今の女性は一生の間にたくさん子どもを産んでくれない。人口統計学では、女性は15〜50歳が出産する年齢で、その数を勘定すると大体分かる。ほかからは生まれようがない。産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、機械と言っては申し訳ないが、機械と言ってごめんなさいね、あとは産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない。(女性)1人当たりどのぐらい産んでくれるかという合計特殊出生率が今、日本では1.26。2055年まで推計したら、くしくも同じ1.26だった。それを上げなければいけない。


最後に蛇足。
「産む機械、という発言が相変わらず取りざたされていますが、どう思いますか?」(記者)

「なんか、その言葉を問題視している人は僕のことをどう思っているのかなぁ、みたいな」(アトム)
  

広告偏重の洗脳型社会2

c9ec3e48.gif先日、「広告があふれている中で自分の立ち位置を常に確認することが必要」というような記事を書いたけれども、「色々大変だよなぁ」と思うようなことがあったのでさらに追記してみる。

ライブドアでブログを書いている人はほぼ全員が気付いたと思うのだけれど、昨日ぐらいからブログ記述のインターフェイスが大きく変わったんです。どう変わったのかと言うと、新しく「プレスブログ」からの情報提供が始まったんですね。

ブログをリードオンリーの人だとこの画面を見てもピンとこないと思うのだけれど、実際にブログを書いたことがある人なら「なるほどね」とすぐにわかるはず。

要は、「さも口コミ情報のように見せかけて当社の広告を書いてください。書いてくれた方には先着200名、さらに抽選で200名、そして当社に都合の良い記事を書いてくれた方10名には通常の倍額をお支払いします」みたいなオファーをブロガーに出している。この手の広告サービスはもう随分前から存在していたのだけれど、ブログサービスを提供している会社と提携しちゃっての展開を図ったというところがなかなかあからさまで潔い。

ということで、じゃぁライブドアとプレスブログの思惑に乗って200円欲しさに記事を書いた人がどのくらいいるのかなぁ、とチェックしてみるわけですが、試しに「Shall we shop in イギリス&フランス キャンペーン/英国政府観光庁&フランス政府観光局」という奴でチェックしてみましょう。わざわざ「このURLにリンクしてね」などと書いてあるので、そのURLでテクノラティやグーグルでブログ検索すれば一発なわけです。その結果はこんな感じ(2月6日現在)。

テクノラティ  652個のリンクがあります

google ページの検索結果 494 件

という具合に、ネット内に素人広告が氾濫しちゃっているわけですね。ちなみにプレスブログのウェブサイトはこちらですが。

一応、「企業の商品について書く際は、率直な感想をそのまま記載ください。」などと書いてはあるのですが、その一方で「内容の素晴しい記事を書いて頂いた10名の方には、謝礼を倍額お支払い致します。」なんて書いてあったりするわけで、わざわざけちょんけちょんに書く奴はいないよなぁ、と思うわけです。

で、こうした状況を良いとか悪いとか論じたいのでは決してないわけで、もう、我々は街中にいようが、テレビを観ていようが、映画を観ていようが、もちろんネットを見ていようが、いつの間にか広告にさらされているわけです。みのもんたが「カルシウムを摂るには乳製品が良いんですよ!」と言えば「ははぁ、どこかから広告費が出ているな」と思わなくちゃいけないし、007の秘密兵器がBMWのロゴから登場すれば「ははぁ、BMWから広告費が出ているな」と思わなくちゃいけないし、不自然にイギリスやフランスの旅行に関して記述しているブログが多ければ「どこかの会社がブロガーに金を払って書かせているな」と思わなくちゃいけないわけです。

大事なのは、世の中がそういうものになっているということを認識しておくこと。知っていれば対処もできます。知らなければ「よし、牛乳買うぞ」「よし、次は納豆だ」「そうそう、車はBMが良いな」「なんとなくイギリスに行きたいぞ!」みたいなことになっちゃうわけです。広告が悪いわけではないんですね。必要としている人に適切な広告を届けることは凄く大事。要は受け手の問題です。

ところでこの手のブロガー広告サービスには大抵「 *ブログへの「原稿料支払条件」「原稿料」の転載・記載、及び本プレスリリースへのリンクを禁止いたします。」なんてことが書いてあるんですが、何か後ろめたいことでもあるんですかねぇ?普通にリンクをたどっていくと誰でも見ることができるところに書いてあるので転載しちゃいましたけど。

それで思うのは、こういう記事を書いてお小遣いを稼ぎたい人向けのサービスを作っちゃったらどうかということ。

1.記述したいキーワードを入れてください(最大5個まで)
2.リンクしたいサイトのURLを入れてください
3.表示したい画像があれば指定してください(最大2個まで、GIF、JPGのみ)
4.食べ物なのか、サービスなのか、製品なのかを選んでください
5.「作成ボタン」を押してください

で、押すと記事が書けちゃうんですね。そういうジェネレーター。例えばこんなのはどうでしょう。

1.「海外ショッピング」「海外旅行」「 Shall we shop in イギリス&フランス」
2.http://www.shopbritainandfrance.jp/
3.なし
4.サービス
5.押しました。以下、作品。

ブログ広告ジェネレーターver.I
今日、私は「海外ショッピング」を見てきました。あり得ない。凄かったです。わたしみたいな人がたくさんいるんですね。「海外旅行」も良かったと思います。この間テレビで観た番組でもこのことについて取り扱っているのがありましたが、みなさんも見ましたか?わたしはこういうのが大好きなんです。意外でしょう?そうそう、会社で隣の席の同僚も「Shall we shop in イギリス&フランス」が大好きだって言ってました。私も頼んじゃおうかな!なんにしても、今私の一押しです!!詳しくはここを見てね(^^ →http://www.shopbritainandfrance.jp/


#マジでつくるか(笑)?  
Posted by buu2 at 13:04Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月05日

姫だるまの麦味噌ラーメン

6b766566.JPG味噌がうまい、というコメントがあったので早速食べてきました、姫だるまの麦味噌。

#前回の記事はこちら

結論から言うと、評価としては3/CBAといったところ。どうしても味噌汁ラーメンになってしまうのは仕方がないのかな。でも、胡椒たっぷりのスープに伸びきった麺は、「子どもの頃出前で頼んだ宝来(多分もうないです。緑区東本郷町)の味噌ラーメンってこんな感じだったよなぁ、などと懐かしい味でした。

単純に評価しちゃうと駄目駄目なんだけど、また行きたくなる。そんな店です(^^  

2007年02月04日

大渋滞

f2d6ed7b.JPG相変わらずIKEAのおかげで周辺の道路は大渋滞です〜。
  
Posted by buu2 at 14:23Comments(0)TrackBack(0)自動車││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

燃費

8f75fe63.JPGTIIDAの燃費情報です。

今回は32.98リッターで427.3キロ走りました。ということで、リッター12.96キロです。大体、リッター13ぐらいがこの車ってところなんですかね。ま、これだけ走れば十分ですが。
  
Posted by buu2 at 13:15Comments(1)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月03日

豚のピカタ定食

6387679b.JPG食事を作るのが面倒なので今日も一本気へ(^^;

今日は豚のピカタにしてみました。一食分としてはややカロリー過多なんですが、朝、昼がかなり軽めなので、ま、いっか。

ちなみに体重、体脂肪を掲載していませんが、それは我が家の体脂肪計が体重計に乗って腕で測定器をつかむタイプだから。昨日体重を量ったら、76キロでした。一応、怪我をする前とあんまり変わっていません。筋肉はどうしても落ちてると思うんですけどね。うーーーーん、運動したい。  

硫黄島からの手紙

d4df12f0.jpgぼーーっとしていると終わってしまうし、どうせ肩骨折でアクティビティが落ちているので、これも観ておかないと、と思って観て来ました。

まぁ、ほぼ予想通りの内容というか、予想以上でも予想以下でもないというか、クリント・イーストウッドがドリームワークスで映画を作ればこの程度のクオリティのものはつくるよな、という感じ。

これは別に面白くなかったということではなくて、逆に映画は結構面白かったです。渡辺謙 、伊原剛志の二人は最後までカッコイイし、二宮和也の抑えた演技もなかなか。公私共にすっかり悪役となってしまった中村獅童の存在感も良い。特撮も必要にして十分と言う感じで嫌味がない。

驚いたのは米国人であるクリント・イーストウッドがこういう映画を撮ったということ。エキストラの人たち(?)が背後でしゃべっている声などはどうも棒読みっぽく聞こえることが多いのだけれど、これは在米の日系人を使ったためかもしれない。どうしてもそういう細かいところに意識が行ってしまうのだけれど、さすがに外人にはそこまでのチェックは不可能だろう。

栗林陸軍中将、西竹一陸軍中佐を過剰に演出するわけでもなく、フィクションとノンフィクションを上手にブレンドしてあって、戦争映画の傑作のひとつだと思う。あ、あと音楽が良かった。

評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 00:58Comments(0)TrackBack(0)映画2007││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月02日

とん兵衛

177be7b3.JPGいよいよ花粉が飛び始めたようなので、病院が混雑する前に耳鼻咽喉科へ。理研時代から診てもらっている和光市の耳鼻咽喉科まででかけたわけですが、せっかくなので帰りに「とん兵衛」に行ってカキフライを食べてきました。

このお店、本来はトンカツ屋なんですが、残念ながらトンカツはイマイチ。このブログで散々書いていることですが、やはりトンカツは肉がまず重要で、揚げ方がうまかろうが、パン粉が良かろうが、とにかく肉がイマイチなら美味しいトンカツになるわけがない。で、良い肉を使うためには当然費用がかかるわけで、原価が高くなるんだから売値も高くなります。トンカツの場合、「これは美味しいね」と思うための必要条件はヒレカツ定食で2000円。これを下回る店で美味しい店はみたことがないです。もちろん2000円以上でも美味しくない店はあるわけですが。で、この店もヒレカツ定食の価格は1000円台。なので、まぁ凡庸なヒレカツ、ロースカツを出します。でもまぁ、この店にそこまでの味を期待している人はあんまりいないんでしょう。わざわざここのトンカツを食べるために和光市くんだりまで来る人もいないでしょうし、もしそういうアクティビティのある人なら川越市の楽天とか、あるいは上野、秋葉原あたりの名店に行くと思います。ということで僕もこの店でトンカツを注文する気はないのですが、カキフライは結構良いと思います。

ここのカキフライの特徴は、ひとつのフライの中にカキが二つ入っていること。ある意味邪道だと思うのですが、二つ入っているために火のとおりが抑え目になって、ジューシーさが強調されるんですね。量も多くなるので満足感も得られます。ちょっとした工夫ですが、「なるほど、良いアイデアだな」と思います。ま、このカキフライにしてもわざわざ食べに来るほどのものではないのですが、1500円程度のお金を出しても損をした気にはなりません。また来月耳鼻咽喉科に花粉症の薬をもらいにくるときは食べようかな、と思います。