2007年04月16日

白いプリン

4bb7eba9.JPGどうせ大したことないんだろうな、と思いながら買ってみたんだけど、意外と美味しかったです。味だけなら☆2つ半ですね。

ただ、生クリームがたっぷりというのが個人的には「?」。いや、あくまでも自分の体脂肪との兼ね合いであって、メーカーが悪いとか、品質が悪いとか、そういうことではないです。美味しいからっていつも食べていたらデブデブになっちゃうからなぁ。そういう意味ではかなり危険な食べ物と言えます。  

2007年04月15日

13時30分に行ったら

49210023.JPGもうスープ切れだった(;_;)
  

2007年04月14日

ジュビロに完敗(べつやくメソッド付き)

今日はスカパーでマリノス戦をやっていたのでのんびりテレビ観戦。が、完敗。これで2勝4敗かぁ。去年と違って今年は勝ちまくるチームがいないので、まだ優勝に赤信号というわけじゃないけれど、黄色なのは間違いない。

なんか、点が入りそうな感じがしないんだよね。

today match  
Posted by buu2 at 19:15Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

つけそば

90dd89f3.JPG塩とチャーくずめしは昨日卒業。そして、今日はつけそば卒業。  

ふゅーちゃーりんくねっとわーく

3054f384.JPG船橋で勉強会。遅く来て早く帰る石井社長。  
Posted by buu2 at 00:03Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年04月13日

最後のチャーくずめし

52e6cac9.JPGダイエット中なんだけど、今日は特別。チャーくずめしも食べておきました。この店の料理は味付けが濃いものが多いんだけど、これは例外的に薄味。  

最後の塩

9b9b477b.JPG昨日食べたら凄い旨かったので、今日も塩。残り、3日かぁ。  

三崎丸

36e15966.JPG四谷で打ち合わせがあって、そのあとみんなで三崎丸へ。これで1000円かぁ。うーーーーん、寿司と思えば安い。食べ物と思えば高い。5000円で良いから、まともな寿司が食べたい。  
Posted by buu2 at 19:34Comments(0)TrackBack(0)グルメー寿司││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

蟲師

c1215961.JPGどろろのこともあるのであんまり期待してみるのはいかがなものかと思ったのだけれど、このB級っぽさになぜか惹かれてしまう。ということで、観てきました。

うむ。どろろなんかより全然面白い。どろろの風景は中国っぽかったけど、蟲師の風景は間違いなく日本。昔の日本の雰囲気が良く出ている。映像の工夫もいやみがなくてさらりとしている。ストーリーは原作に比較すると女性の登場人物の厚みが増していたけれど、このあたりはエンターテイメントとしては仕方のないところ。

原作の雰囲気を生かしつつ、俳優もうまく使い、なかなかのB級映画に仕上がっていて、大友監督もやればできるんじゃん、という感じ。まさか、この映画を撮るのに5年とかかけてないよね(^^;?

評価は☆2つ。いや、蒼井優が可愛いので2つ半だ(笑)。

aoi  
Posted by buu2 at 00:33Comments(0)TrackBack(0)映画2007││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年04月12日

6fb50e83.JPGもう今週一杯で終了なので、最後に塩も食べておこうと思ったのだけれど、むしろ醤油よりうまかったりして。うむむ。  

2007年04月11日

血圧計

7e5f9d10.JPG怪我をして運動不足になっているせいか(体重は増えてないのだけれど)、日に日に血圧が上がって大変なことに。ちょっと前に比較して上が30、下が20も上がってしまった。あんまり急激な変動なのでちょっと心配になって、ビックカメラで血圧計を買って来てみた。これから体重、体脂肪だけじゃなくて血圧もチェックしておこうと思う。

折角なので体質改善しようと思う。実は3日ほど前からトレーニングを毎日に変更。基本的に飲み会のある日以外は毎日運動する予定。専用のヘッドフォンとかもあるし。  
Posted by buu2 at 15:49Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後かもしれないチャーシューそば醤油

6f2aa073.JPG今日は久しぶりに開店。開店の時点ですでに店の外まで行列。まぁ、今週一杯で終了だから仕方ないか。  

2007年04月10日

キッチンヨッチ

7d05c7c6.JPGまぁ、なんということのないカレーライスです。

できればキャベツを食べるためにフォークが欲しいけれど、それはそれとして。

「お腹すいたけど、何か手軽に食べられるものはないかなぁ」と思ったときには悪くない。少なくとも花月とかで食べるくらいなら断然こちら。

ココイチで食べるよりちょっと良いかな、ぐらいの位置づけです。評価は☆1つ。  

チャーシューの日

今日はチャーシューの日だった。

今度の日曜日で閉店なのに、ここ数日絶不調。要は、蛇口から出る水のバランスが今非常に悪いということ。一度こうなってしまうとなかなか回復しないのがこの店の特徴。

おばさんとちょっと立ち話したけど、このまま閉店日を迎えてしまう可能性も少なくないらしい。  

2007年04月09日

浪花家

eecbb80c.JPGたかがたい焼きと侮ることなかれ。

このたい焼き、天然モノ(一枚一枚丁寧に焼いている)です。それだけで只者ではないという感じ。手に取ると、すぐに気がつくのがその薄さ。ふっくらしているたい焼きは良くあるけれど、ぱりぱりのたい焼きはあんまりお目にかかれない。そして、その薄い生地の中にくるまれているあんこがまた甘すぎず美味しい。

たい焼き御三家の1つ、麻布十番の「浪花家総本店」の分家だそうですが、江戸川橋という土地柄もあって、小さな子どもが小遣いを手に並ぶ、そんな風景も楽しいたい焼き屋さんです。

先代は和菓子職人だったそうですが、関東大震災を機に小資本で始められるたい焼き屋に転身、独立したというベンチャーマインド溢れる人だったようで、それが今の時代にも定番になって残っているというのがすばらしい。

評価は☆2つ半。

店名 浪花家 江戸川橋 (ナニワヤ)
ジャンル たい焼き・大判焼き
TEL 03-3268-6261
住所 東京都文京区関口1-5-8
営業時間 10:00〜19:00
定休日 火曜日  

2007年04月08日

半月

bd9efb31.JPG四ツ谷で株式会社バイオクオリの取締役会。

差し入れでもらった半月を手にポーズを取るのはバイオクオリの監査役。

それで、このあと三崎丸で寿司を食べました。まぁ、それほど美味しいものでもないのだけれど(^^;  
Posted by buu2 at 20:45Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

前十字靭帯損傷についての勉強会

埼玉県総合リハビリテーションセンターで実施された勉強会に参加してきた。これは、前十字靭帯を断裂・損傷した人のための勉強会で、スポーツ整形担当の荻内医師主催。

どういう怪我なのか、どういうときに怪我をするのか、再建手術後のリハビリのポイントは何か、再発防止にはどうしたら良いのか、装具の装着ポイントやそのメリットなどなどが内容。

イングランド対スウェーデン戦でのオーウェンの怪我についてとか、詳しく解説してくれて面白かった。ケルンで生で観ていた試合だから、特に。前半2分で負傷、前半4分でクラウチと交代となってしまい、観客席では「なんでもないシーンなのにねぇ」と話していたのだけれど、パスを出して筋肉を使い、その収縮が間に合わなかったこと、意識がパスに行っていて着地する意識が欠けていたこと、つま先と膝の向きなど、説明されると「なるほど」という感じ。

ケルンのVIP席でイングランド対スウェーデン

ま、スキーの場合、ハイスピードの中でリカバリー運動を連続して行っているので、「怪我をしないように注意して滑る」なんていうことは全く不可能なんだけど、やはりどうしたら危ないのか、リスクを回避するためにマテリアル面ではどうしたら良いのか、再受傷しないためにはどうしたら良いのか、ということを知っておくのは非常に重要だと思う。特に最近のスキー技術は膝に負担がかかるものになってきているので、装具の再点検の必要性を感じた。今はマクディビッドのヒンジ入りのソフトタイプ装具を使っているのだけれど、やっぱりハードタイプのものをまた作った方が良いかなぁ。

#でも、高いんだよね(^^; これから下半身のトレーニングをするから、脚の太さが一定になってからだな、作るとしても。  
Posted by buu2 at 08:04Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

まつさをな

e0cfa4bd.JPGキャラメルボックスの「まつさをな」を観てきた。例によってブログライター枠で無料観劇。

結論から言うと、なかなか面白かった。評価は☆2つ。以下、ネタバレ感想なので未見でネタバレ御免の方はさようなら。

キャラメルボックスの持ち球は大きく分けて3つ。未来モノ、現代モノ、そして時代劇。それで、今回のは時代劇。舞台は幕末、場所は小田原。時代劇の見せ場はダンスではなくて殺陣。

ストーリーはそれほど工夫がないというか、なんというか、「え?本当にそういう何のひねりもない展開なんですか?」とか、「あれ?貧乏武士が・・・・ってプロットはどこかで観たような??」とか、クエスチョンマークが頭の上を行ったり来ちゃったりしたんですが、役者さんはなかなかに健闘していたと思います。初日ということもあってかセリフのとちりとかも散見されましたが、そういうのがあるところも生ものの芝居の楽しいところ。

客演の粟根まこと氏(新感線)が非常に存在感があって、逆に「キャラメルの役者は???」と思ってしまう部分もあるのだけれど、浮いているというよりは上手に取り込んでいるという感じで好感。ストーリーとか、演出とかでは僕はあんまり成井豊さんって評価していないのだけれど、客演の役者さんの使い方はいつもなかなか上手だと思う。

キャラメルの役者で良かったのはやはり何と言っても大内氏。彼の演技はいつも安定しているし、声が良く通るのがなんといってもポイントが高い。逆に言えば、他の役者さんは演技がマンネリだったり(って、これはもしかしたら演出側が要求しているのかもしれないけれど。例えば坂口氏はもっと器用で色々出来そうなのに、いつも同じような役どころ)、声が聞こえづらかったりするってことなんだけど。

主役の温井氏はどうなのかなぁ、ストーリーのこともあるのかもしれないけれど、途中から存在感がなくなってしまったのが残念。前半では主役だったのに、いつの間にか脇役になってしまった感じ。

前回の「サボテンの花」に良い役者をあまり持っていかれなかったので、こちらに中堅どころが揃っていたのも舞台の質を高めた要因だと思う。あちらがナビスコ、こちらがリーグ戦、という感じか。

大内氏びいきで岡田達也氏の演技をそれほど評価していない(良い人っぽいけど)僕としては、配役が逆でも良かったんじゃないかなー、と思うのだけれど、役の難しさは大内氏の方が上だったのかも知れない。ちなみに殺陣はそれなりに上手だったと思う。サンシャインの二階席から観ていても「下手なチャンバラ」みたいな印象は全くなく、なかなかの見せ場になっていたと思う。

もうひとり、僕の贔屓の實川氏は相変わらずなかなかの脇役ぶり。もうちょっと良い役をつけてやってくれよー、と思わないのでもないのだけれど、この劇団に温井氏や岡内氏がいる限りは当分脇役のままなのかな。どこかで大内&實川コンビの舞台ってなかったっけ、と思い返すとそういえば「ブラック・フラッグ・ブルーズ」のヴィーナスキャストがそれだったかもなー。

と、いうことで、今回は満足して帰ってきました。最近観たキャラメルボックスものでは上位に来ます。

余談ですが、帰りの二階席からの階段で、「もう号泣だったよ〜」「私も〜」という会話が聞こえてきたのですが、泣き所なんてあったかな(^^;?いくら思い返しても思い当たるところがない(^^; まぁ、僕はキャラメルボックスの演劇では一度も泣いたことはないのですけれど。

サンシャイン劇場での公演は5月6日まで。平日のチケットはまだかなり余裕があるみたいです。あ、なんか、僕が観てきたチケットの半券を持っていくと当日券なら半額で観ることができるみたいです。誰か欲しい人がいたら差し上げます。5500円だから、2750円お得(^^ 早い者勝ちです。

ちなみに加藤さん(製作総指揮)の記事はこちら→『まつさをな』初日!!  
Posted by buu2 at 01:36Comments(0)TrackBack(0)演劇││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年04月07日

揚州商人池袋西口店

33ac6322.JPG名称:揚州商人
種類:中華
場所:池袋
評価:4/BB-
2007.4.7
コメント:ま、チェーン店なので安心して食べられると言えば食べられる揚州商人。昔は目黒だけだったような気がするのだけれど、いつの間にかあちこちにできたよねぇ。そういうチェーン店の中では意外とまともな部類のこの店。

さて、食べたのはスーラータンメン。味はまぁまぁ。麺もまぁまぁ。チャーシューはなかった。で、今日食べたもので評価すると4点ぐらいですなぁ。あんまりお勧めのメニューとは言えない。  

2007年04月06日

リバネス5周年!(が、もうそろそろ)

昨日、神楽坂の事務所で仕事をして、近所のラーメン屋でラーメンを食べ(この時点で20:30ぐらい)、そこのテレビでタイロン・ウッズの勝ち越しツーランを見て、再び事務所に戻って打ち合わせをしていた(この時点で21:45ぐらい)のだけれど、近所に住んでいる友達に別件の調整でケータイでメールしていたら「今日まだご飯を食べていないので、何か一緒に食べませんか?」ということになった。さっき昼ごはん(食べたのは夜だけど、本日二食目。僕は食べる時間じゃなくて、朝起きてから何度目の食事かで、それが朝食か、ランチか、晩御飯かが決まる。あれ?ところで朝食というのは一般的だけど、昼食という言葉はあんまり聞かない。夜食としちゃうと晩御飯とは全然別の意味になるし。日本語は不思議だなぁ)を食べたばかりなのだけれど、子どもの頃から一人でご飯を食べることが多かった僕は「食事は一人より二人の方が楽しい」と思っているので、「オッケー」と返事。

それで、神楽坂の細木数子の事務所の向かいにあるジンギスカン屋さんでかなり遅め(食べ始めたのが22:10ぐらい。ラストオーダー22:30、23:00閉店)の夕ご飯を一緒に食べたのだけれど、その相手というのがリバネスという会社の創業者メンバー(なのかな?創業者よりはちょっとあとなのかもしれないけれど、とにかくかなり初期の段階から加わっている人)。

僕が役所でベンチャーの支援を本業としていたときにたまたま支援した会社がこのリバネスといういかにも儲からなそうなことをやる会社だったのだけれど、やっていることは本当に日本に必要なことだし、また民間という立場からのアプローチが最も必要な分野だとも思っているので、役所を辞めてからもリバネスの人たちとは連絡を取っている。で、支援していた当時の人たちとは今でも時々飲みに行ったり、遊びに行ったりしているのだけれど、そのリバネスがこの春に創業5周年になるとのこと。

それで、昨日会社の幹部から「創業5周年の記念誌を作るので、元木さんからも何かメッセージを書いてください」というメールが来ていた。ジンギスカンを食べながら、「これってさー、どこまでマジメに書かなくちゃいけないんだろうね?」「写真入りらしいんだよね。モルモットの写真を送ってさ、『リバネス5周年、おめでとうございまチュー。これからも頑張ってくださいでチュー』とか、どうかな?あれ?モルモットってチューって鳴かないかな?マウスの写真の方が良いかな?」などと話をしていたのだけれど、マジでまじめに何かを書くことって滅多にないので、いざ書こうと思うとなかなか思いつかなかったりする。

で、本題はそのメッセージ依頼メールの件なんだけど、送られてきたメールに
(200文字以内であれば字数制限はございません)
って書いてある。

うーーーーむ。これって、「出走する馬は白馬であれば色は何でも構いません」とか、「登る山は富士山であればどんな山でも構いません」とか、「住むなら、東京都内であれば日本中どこでも構いません」とか、「立候補するなら、自民党であれば政党はどこでも構いません」とか、そんな感じがする言葉ですね。

いや、それだけなんだけど、リバネスの皆さん、創業5周年おめでとうございます。関係者の皆さんにはこれまでも(半強制的に)コンパに誘わせていただいたり、相撲を一緒に観にいっていただいたり、野球を一緒に観にいっていただいたり、クリスマスパーティに誘っていただいたりして、とても嬉しく思っております。今後は一緒に温泉に行ったり、一緒にスキーに行ったり、一緒に泳ぎに行ったり、一緒にテニスをしたりしたいと思います。そうだ!カーリングで一緒にオリンピックを目指しましょう。近いうちに決起集会をやりましょう。

追記
ということを書いていて、さて、まじめにメッセージを書こう、と思って書きました。以下、担当の長谷川氏に送った文章です。
今日、リバネスから「5周年の記念誌を作るのでメッセージを送って下さい。200文字以内であれば字数制限はございません」というメールが来たでチュー。これって、「出走する馬は白馬であれば色は何でも構いません」とか、「登る山は富士山であればどんな山でも構いません」とか、「住むなら、東京都内であれば日本中どこでも構いません」とか、「立候補するなら、自民党であれば政党はどこでも構いません」とか、そんな感じがする言葉でチュね。

関係者の皆さんにはこれまでも(半強制的に)コンパに誘わせていただいたり、(朝青龍が優勝する)相撲を一緒に観にいっていただいたり、(中日が優勝する)野球を一緒に観にいっていただいたり、クリスマスパーティに誘っていただいたりして、とても嬉しく思っておりまチュー。今後は一緒に温泉に行ったり、一緒にスキーに行ったり、一緒に泳ぎに行ったり、一緒にテニスをしたりしたいと思いまチュー。そうだ!カーリングで一緒にオリンピックを目指しましょうでチュー。近いうちに決起集会をやりましょうでチュー。

最後になりましたが、以上の文章を読んだ上で次の中で正しいものに○をつけなさいでチュー。

1.元木は次のオリンピックにおいて、カーリングで金メダルを獲る。

2.元木さんからのメッセージ、おもしろーい。えー、どんな人なのー。一緒に飲みにいきたーい!!

3.5周年おめでとうございます。

【正解】1も2も3も全て正解ですが、この本は5周年の記念誌ですから、やはり一番正しいのは2でチュー。記念パーティのあとにみんなで飲みなおしでチュー!
若干200文字をオーバーしている気もする(カウントしたら約660文字だった)けど、ま、いっか!  
Posted by buu2 at 11:32Comments(2)TrackBack(0)バイオ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年04月05日

麻布羊屋

5826e15b.JPGかなり不思議なお店。

というのも、ここのジンギスカン、全然においがないんですね。羊の肉の特徴って、あのにおいだと思うんだけど。僕は北海道で色々な店のジンギスカンを食べてきたけど、ハイエンドの歌志内の斗利余至のジンギスカンだってやっぱりにおいがある。「家庭で簡単に楽しむならこれ」と定番のタンネトウのジンギスカンもやっぱりにおいがある。だから、羊の肉って、においがあってなんぼのものだと思っていたのだけれど。だから、においがないニンニク料理を食べているような感じ。においがないニンニク料理って最近珍しくなくなってきたけれど、においがないジンギスカンって初めてだったので「えー」って感じ。

なるほど、ジンギスカンをおしゃれに食べようと思うとこうなるのかー、というところなのだけれど、どうなんですかね。味はどれもこれもまぁまぁだと思います。においがない分、ちょっと押しが足りない感じはするのだけれど。

僕はやっぱりジンギスカンというと、もう脂がバンバンはねて、前掛けしていても臭いが服についちゃうんだけど、それでもやっぱり安くて美味しいよねー、というのを期待しちゃうので、その点では肩透かし。

でもまぁ、「最近はやってるよね。ちょっと行ってみようか」みたいな感じでデートに使ったりするのには良いと思う。

写真たっぷりの食べログ版レビューはこちら。
麻布羊屋  
Posted by buu2 at 23:38Comments(0)TrackBack(0)グルメ総合││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

浜ちゃん

a53509bf.JPG名称:浜ちゃん
種類:東京
場所:江戸川橋
評価:1/CCB
2007.4.5
コメント:麺は中細の縮れ麺。昔はこういうラーメンって普通にあったよなぁー、という感じの、茹で過ぎのコシのない麺。でもまぁ、嫌いじゃないんだけどね。

スープは胡椒がやたら効いているスパイシーなもの。トリガラ・トンコツブレンドの醤油味なんだけど、スパイスやら調味料やらで強引に味を整えました!みたいな感じ。これまた昔は良くあったものだけど、最近は滅多に食べることができなくなった。わざわざ食べるほどのものでもないと思うのだけれど、時々こういうのも悪くはない。

チャーシューだけは麺、スープに比較して美味しかった。  

アンパンマン

08b7d82c.JPGredたんぽぽのシエコさんがアンパンマンを教えてくれました。  
Posted by buu2 at 19:56Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年04月04日

本丸亭

fc66753f.JPG先日エフ横の鳥越アナウンサーに「春菊が美味しいんですよ〜」と教わっていたお店。平日の真昼間に時間が出来たのでちょっと食べに行ってみた。が、変な時間だったのに店の外に数名行列。春休みだからかな?

名称:本丸亭
種類:独自
場所:石川町
評価:7/BAA
2007.4.4
コメント:麺は平打ちタイプの縮れ麺。恐らくは故意に太目と細目の二種類の麺が混ざるようにしてある。で、この麺がやや柔らかめ。太いほうはコシを、細いほうはスープの絡みを、両方合わせて独特の食感を、というのが製作側の意図だと思うのだけれど、残念ながらちょっとゆですぎでその工夫が功を奏していない。ただ、その工夫自体はなかなか面白いと思う。もうちょっと茹で時間を考えたらもっと良くなると思う。

スープは透き通った塩味。トリガラや野菜などをベースに丁寧にダシをとったスープという感じで、単品で評価すると非常に美味しいと思う。ただ、残念ながらこれがラーメンのスープとしてはちょっと弱い。もうちょっと押しが強くないと、工夫に工夫を重ねた麺を活かしきれないと思う。ま、スープだけ飲んで「美味しい〜」と満足できる人達には良いのかもしれないけれど。

チャーシューは素材の味を活かした薄味の煮豚。これはスープとのバランスが絶妙。時々スープが薄口のデリケートなものなのに、チャーシューが普通にタレで味付けられた濃い口で、丼の中の調和が乱れてしまうケースが散見されるのだけれど、この店のスープとチャーシューのバランスは非常に良い。

ということで、スープとチャーシュー(具)のバランスは非常に良いのだけれど、残念なのはそれが麺の面白さを活かす方向に向いていないこと。恐らくこのラーメンをレベルアップするためにはまずスープを変えなくてはならず、スープを変えたらチャーシューも変えなくてはならない。と考えると麺に手をつけるのが手っ取り早いのだけれど、あのスープだと麺を変えても多分駄目。ということで、今の持ち駒を利用する限りではほぼベストな状態なんだと思う。これ以上の脱皮は期待できないが、そこそこに安心して食べることができる塩ラーメンだと思う。もちろん行列するだけの価値はないのだけれど。  

ラ・テイエール

7b960e6e.JPG元町を歩いていて久しぶりに「ラ・テイエール」に入店。この店のメープルシロップはいつ見ても美味しそう。これをガブガブ瓶からラッパ飲みしたら幸せだろうなぁ、と思うのだけれど、太るからやめておく。
  

笑堂

d395594d.JPG鋭意川越界隈じゅうたん爆撃中。

名称:笑堂
種類:福岡
場所:川越
評価:7/ABA
2007.4.3
コメント:川越という立地からすぐに思いつくのはトンコツベース和風だし強めの店なのだが、その中にあってこの行列店は意外にも九州系。

スープはトンコツベースでトリガラをブレンドした白湯タイプ。やや塩気がきついのが玉に瑕で、もうちょっとマイルドに仕上げたらずっと食べやすいと思う。一口食べて「うわ、しょっぱい」って感じ。ただ、それを支えているベースのスープはかなりの品質。ここまでのスープは都内でも滅多にお目にかかれない。

麺はかなり細めのストレート。九州系のノーマルタイプだが、コシ、スープの絡みとも申し分ない。

豚の角煮がデフォルトで入っているが、個人的にはちょっと脂が多くてうーんという感じ。ただ、味や肉質は良い。

替玉(150円のところ、今はサービスで100円)をしてみたが、スープが極端に薄くなる印象はない。ただ、味はどうしても薄くなる。旨み汁もきちんと置いてあったが、できれば辛子高菜が欲しいところ。  

2007年04月03日

燃費

4de4ef19.JPGTIIDAの燃費情報です。

今回は36.16リッターで463.8キロ走りました。ということで、リッター12.83キロです。今回は片道100キロ、合計200キロ高速道路を走ったので、かなり距離が伸びました。
  
Posted by buu2 at 14:09Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年04月02日

ハーブソーセージのポトフ風リゾット

e5d6f410.JPG最近、レンジグルメのリゾットは新製品ラッシュなんですかね?昔からあったのに気がつかなかっただけかな?

ま、そのあたりはどうでも良いのですが、食べたことがなかったのでこいつを食べて見ました。ハーブソーセージのポトフ風リゾット。まず、ハーブがかなりきつくてちょっと違和感アリ。でもまぁ、ハーブが大好き、という人には良いかも知れません。ポトフ風というのはどうなのかなぁ。それならもうちょっと野菜がゴロゴロしていると嬉しかったり。でも、それじゃぁリゾットじゃないから、やっぱこんなものですか?にんじんは存在感があったけれど、後の野菜はあんまり主張がなかったなぁ。

と、いうことで、評価は☆1つ半といったところです。まぁまぁ。  

ウニのクリームリゾット

e5f0c6f0.JPGこの手の安物レンジグルメも最近は二極化というか、高品質を求める声があるのだろうか。何もリゾットでウニまで行かなくても良いだろう、と思うのだけれど、折角だから食べてみた。

結論から言えばまぁまぁだけど、他のリゾットに比較して格段にウマイかというとそんなことはない。

確かにウニ風味のクリームリゾットなんだけど、魅力的に思うほど強烈にウニ風味というわけでもなく、調味料を色々工夫すれば人工的にこういう風味も作り上げられるよなぁ、という程度のもの。普通のリゾットが200円ぐらいで売っている中でこれが300円ぐらいだったら、やっぱり買わないかなぁ。220円ぐらいなら買っても良い。

評価は☆1つ半。  

2007年04月01日

「誤植学」単行本キタコレ!

このブログもアクセスが日量2000ヒットを超えることも珍しくなくなり、誤植を学問として捉える人も決して少なくなくなってきたわけですが、いよいよ誤植学がブログを飛び出して本になることが決まりました!

誤植の分類などは最初はこのサイトでやったわけですが、その後ヤフーのブログに転載され、さらに加筆・修正されて現在に至っています。

誤植の分類についてはこちら→誤植学

最近誤植ネタの数が減っていたのは、実はこの単行本化にあたり、新ネタだけで構成しなくてはならないと編集サイドからきつく言われてしまったからです。各分類ごとに最低3つ、理想的には5つの誤植を掲載する必要があるとのことで、レアモノに属する誤植を見つけてくるのはなかなか大変だったのですが、ようやく全てのカテゴリについてピックアップするめどが立ちました。

というか、実際はもう原稿は出来上がっていて、推敲も何度もやっています。なぜまだちゃんと出版されないのかと言うと、「誤植があったら困るから」という理由で何度も何度もチェックしているからです。通常、この手の誤植チェックは専門家に一回やってもらって終了となるのが普通(もちろんその前に担当の編集者が目を通していますし、著者である僕も何度もチェックはしているのですが)です。でも、今回は「誤植を学問として捉えているくせに自分で間違っているじゃん。バーカ」と2ちゃんねるで書かれてしまわないように、念入りにやっている次第です。すでに4人のチェックが入っています。が、4人目でもまだ誤植が見つかるのです(汗)。一人のチェッカーが一つも見つけられない状態になって初めて最終的なゴーサインが出る、という状態です。

が、とにかくもう少し。ようやくブログ上で公表してもオッケーという状態になりました。印刷に回れば本屋に並ぶまで約2週間です。うまく進めばゴールデンウィーク前には手にとってもらえる状態になると思います。

ということで出版記念をかねまして、まにあなポイントでMasterの称号を獲得している方(もちろんLordも)全員に、この本に直筆サインを入れてプレゼントしたいと思います。最終的な締め切りは出版日になりますので、「まだまにあなポイントが足りない!」という方は、頑張って誤植を探してタレコんでください。お待ちしております(^^ 基本的に1誤植につき1ポイントのまにあなポイントを差し上げます。  
Posted by buu2 at 10:54Comments(4)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加