2008年03月31日

グラデーションメッシュを勉強中 その4

今度は景色に挑戦してみようと思う。

こちらは自然を描いたもの。

白馬ぐらめす

それで、こっちは人工物。

横浜グラメス

明日中には完成の予定。

ちなみに堀北の似顔絵のメッシュはこんな感じになってます。

堀北グラメス

手を抜いたところもバレバレだけど、ま、いっか(笑)。  

Posted by buu2 at 22:04Comments(0)TrackBack(0)イラスト││編集

ETCの方が

3c235f2f.JPG混雑(泣)

ETC4レーン、一般2レーンでETCが大渋滞。そして一般がスイスイ。一般が勝ち組じゃねぇか。ETCを5レーンにしろ。いや、6レーンも検討すべし。
  
Posted by buu2 at 07:22Comments(0)TrackBack(0)高速道路││編集

飛車と角

将棋には駒落ちというハンデ戦があるのだけれど、たとえば飛車と角の二枚落ちというのは強いほうが飛車と角を使わずに戦う。たとえば僕は将棋はアマチュアで三段ぐらいなんだけれど、将棋のプロを相手に指すと、二枚落ちでも結構良い勝負だと思う。

が、強いほうが使わない飛車と角を弱いほうに「好きに使って良いよ」と与えてしまうということはなくて、もしこれをやってくれれば、多分僕でも世界で一番強い将棋指しにも勝てるんじゃないかと思う。

え?飛車と角がどのくらい重要なのかわからない?そうだなぁ、プロ野球で言うと、グライシンガーとラミレスみたいなものでしょうか。  
Posted by buu2 at 00:31Comments(0)TrackBack(0)プロ野球││編集

2008年03月30日

ガーリックライス

1dd790b2.JPG
ラ・ベットラ流のガーリックライスです。食べてみました。

うーーーん、やっぱ、レンジグルメだからべちゃべちゃしちゃうんだよね。このあたりをどう評価するかなんだけれど。あと、ガーリックライスと言いつつ、あんまりガーリックが前面に出ていない。このあたりもなかなか難しいところ。

評価としては☆1つ半。「ガーリックライス」という名称の時点でかなり期待しちゃったんだけれど、ちょっと期待はずれだった。  

2008年03月29日

佐野元春

de6a2a2e.JPG


NHKホールで佐野元春のSWEET SOUL BLUE BEATツアーを観てきた。曲目はこんな感じ。

1. グッドタイムス&バッドタイムス
2. アイム・イン・ブルー
3. マンハッタンブリッジにたたずんで
4. シュガータイム
5. ハートビート
6. 7日じゃたりない
7. ドライブ
8. ワイルド・オン・ザ・ストリート
9. 君が気高い孤独なら
10. 荒地の何処かで
11. 黄金色の天使
12. レイナ
13. 恋しいわが家
14. 観覧車の夜
15. 君の魂 大事な魂
16. ワイルド・ハーツ
17. ロックンロール・ナイト
18. 約束の橋
19. サムデイ
20. アンジェリーナ
21. ハッピーマン
22. ソー・ヤング
23. 悲しきレイディオ
24. ナイトライフ


ちょっと前は佐野元春って、結局初期三部作プラスビジターズ、カフェボヘミアくらいまでの曲に頼っているよね、という印象で、「もう、いっそのことそういったアルバムは演奏しない方が良いんじゃないか」なんて思ったものだけれど、もう、そろそろそういうことっていうのはどうでも良い領域に入りつつある気がする。

中島みゆきでもそうなんだけれど、そろそろ年齢的に喉が厳しくなってきていて、高音が出にくいからどうしても音程を外しがちになる。今回も、多くの曲でどうも歌い出しでふらついちゃう。だけど、「そりゃ仕方ないよな、いつまでもベストな状態で歌い続けられるわけじゃないし」というのが、歌う方と聴く方と、両サイドでの了解事項になってきている気がする。

あぁ、今回も元気な佐野元春を観ることができて良かった、みたいな。

しかし、「アイム・イン・ブルー」から立ち上がっちゃうのはどうかと思った(^^; いや、僕はたまたま二階席の通路の後ろの席だったので、ずっと座りっぱなしで観ることができたけれど。シュガータイムで立つのは良しとしても、と(笑)。  
Posted by buu2 at 21:23Comments(0)TrackBack(0)音楽││編集

2008年03月28日

グラデーションメッシュを勉強中 その3

完成4
その2からその3にいたる間に一体どこがどう進歩したのかと疑問に思う方もきっと多いと思います(笑)。

しかし、実は細かいところがかなり修正されているんです。修正されているんですが、どこがどうなったのか、わかんないなら意味ないですよね(^^;

ぱっとわかるところは、前髪が増えていることとか、右目の眉毛が濃くなっていることとか、襟元の髪の毛の処理が少しまともになったこととか、耳が描かれたとか(今までなかった(笑))とかなんですが、他にも色々あったり、なかったり。

もういーや。これで完成(笑)。まぁ、グラデーションメッシュで初めて描いたイラストとしては上出来でしょ。  
Posted by buu2 at 23:16Comments(0)TrackBack(0)イラスト││編集

グラデーションメッシュを勉強中 その2

065fd661.jpg早起きしたのでちょこっと手を入れてみました。って、かなりですが。左目、右目、鼻、口、髪の毛の一部をいじりました。

髪の毛の表現が難しい・・・・・・。  
Posted by buu2 at 09:14Comments(0)TrackBack(0)イラスト││編集

2008年03月27日

人間ドック

今日は久しぶりの健康診断。

なかなか面倒で行く気にならないのだけれど、最近体のあちこちにガタが来ている感じがするので、ちょっと予約して行って来た。

思ったのは、まず最近の注射が全然痛くないってこと。採血のときと胃のレントゲンのときの2回注射があったんだけれど、恐ろしいほど痛くない(変な表現だけど)。っていうか、全然痛くない。これって、針が良くなったってことなのかな?

それから、採血するときの血の量が格段に少なくなってる。以前はかなりの量を採っていたと思うんだけれど、今は10ccぐらい?まぁ、センサーの感度が物凄く向上しているだろうから、サンプルの量は当然少なくて良くなっているはずなんだけれど、技術の進歩って素晴らしい。

バリウムを飲んでの胃の検査も、以前は手すりにしがみついているだけで一苦労だったけれど、今は肩のところで支えてくれる。胃を膨らませてもあんまりゲップが出そうにならないし(これは注射をしているからかもしれないけれど)、どれもこれもここ数年で凄く負荷が低くなっている感じ。

ちなみに問診では「運動不足なので、週2回ジムに行っているなら、週5回に増やしてください」とのこと。無茶言うなぁ(笑)。いや、頑張りますけど。

とりあえず、心肺機能には問題がなかったらしい。その他のデータは2、3週間後に送られてくるらしい。  
Posted by buu2 at 12:19Comments(2)TrackBack(0)日記││編集

2008年03月26日

グラデーションメッシュを勉強中

途中


ちょっと試しに描いてみたのだが。

まだまだ途中だけれど、大体作業の流れのようなものはわかってきた。わかってきたけれど、今までのやり方とは随分違う。イラストの見栄えも全然違うね。どっちが良いかは好みの問題だけれど、リアリティはこちらの方が全然上だなぁ。

「でもさ、写真に近づけるなら、写真で良くね?」

という疑問はさておき(笑)。  
Posted by buu2 at 17:40Comments(0)TrackBack(0)イラスト││編集

シリアナ

シリアナ

シリアナを観てみた。

しかし、スキーから帰ってきてヘトヘトになっていたこともあり、また内容の難解さもあってか、正直何が何だか、良くわからなかった(笑)。

いや、結構面白い映画なんじゃないかなーーーーーとは思うのだけれど、もっと精神的にも肉体的にも余裕があるときにじっくり観ないと駄目だな、コリャ、という感じ。レンタルDVDで観たので、返却期限が来てしまってそのまま返してしまった。

アマゾンで調べたら1500円らしいから、そのうち購入してきてじっくり観てみようかな、と思う。

そんな状態なので、今回は評価なし。多分、☆2つ〜3つの間だとは思うけれど。  
Posted by buu2 at 09:13Comments(0)TrackBack(0)映画2008││編集

2008年03月25日

ナイチンゲールの沈黙

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ) ナイチンゲールの沈黙(下) (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)

バチスタの続編。

続編なのだが、読後感はバチスタとは随分と異なる。良い意味で、ではなく、悪い意味で。まず、バチスタではメインディッシュとなっていた白鳥が完全に脇役になってしまっている。これではまったく味が出ない。そして新キャラとして登場したデジタル・ハウンド・ドッグ。これが白鳥の味を一層消してしまう。二つのキャラが相乗効果を生み出すのではなく、お互いの良さを消してしまっている。

そして、同じように存在感をなくしてしまった田口医師。その役割を分散するように配置された脇役達もその位置づけが中途半端。白血病の少女などは非常にポテンシャルを持っていたキャラだと思うのだが・・・・・。

途中までは事件が起こらないので、普通の小説のように進んでいくし、事件が起こってからはちょっとトンデモっぽい話になっていく。まぁこの手の展開は宮部みゆきなども良くやることなのでそれほど違和感はないのだけれど、事件のアウトラインが容易に想像がついてしまうのはどうか。事件の詳細についてはほとんど驚きはなく、自分が描いたメインストリームの枝葉末節について解説をしてもらう、という感じ。美術館でざーーーーっと一通り鑑賞した後に気に入った作品だけをじっくり観る、といった趣なのだけれど、その「気に入った作品」となるべきものが見当たらないのが至極残念。

伏線らしい伏線もほとんどなく、読み返してみたくなるような部分もあまりない。テレビ局が絡んだ映画で良くあるような、子供を使ったあざとさのようなものも感じられてしまい、イマイチ読後感が良くないのである。

文章自体は読みやすいので、さらっと読めるのは確かだが、バチスタの出来が良かっただけにがっかり感も強い。評価は☆半分。  
Posted by buu2 at 22:39Comments(0)TrackBack(1)読書││編集

2008年03月24日

燃費

991f1fd3.JPGTIIDAの燃費情報です。

今回は48.02リッターで684.5キロ走りました。ということで、リッター14.25キロです。高速道路中心だったので、かなり走りました。
  
Posted by buu2 at 20:15Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

ぽん太

491392b0.JPG都内のトンカツ屋さんは大分食べ歩いているつもりなんだけど、ここはまだ行ってなかった。ということで、春休みの宿題を終わらせるようなつもりで行ってきた。

出てきたトンカツは衣がかなり白い。低温で揚げている証拠だが、きちんと時間をかけているために肉にはしっかりと火が通っている。カツはお皿に載ってきているのだが、肉汁が染み出してきていてちょっとしっとりしている。このあたりは網に載せて提供するという手もあるわけだが、この肉汁が結構良い味なので、しっとりした、それでいて旨味の濃いトンカツを食べさせたいのだろう。ラードの香りがするカツは脂身が少なく、それでいてジューシーでかなり上質。カツ自体には塩、胡椒できちんと下味がついているので、ソースも、塩も不要。そのままで美味しく食べることができる。もし何か手を入れるなら辛子。これをつけると若干風味が増すので、半分はそのまま、残りの半分は辛子で味付けをして食べると二通りの味が楽しめる。

と、カツが美味しいのにも関わらず、残念なのはその周辺である。まずご飯。特に美味しくないということはないのだが、2700円の定食にあっては「もうちょっとなんとかならないか」と思ってしまう。次に味噌汁。なめこ汁はかなりしょっぱくて、全部飲むべきか迷ってしまうようなもの。トンカツも味が濃いのだが、それに輪をかけて味が濃いので、喉が渇いてしまう。そしてキャベツ。昼間に切って作り置きしてあったのかと思ってしまう。わざとこういうカラカラのキャベツを出しているのかも知れないが、僕はもうちょっと水気のある、シャリシャリしたキャベツが好みである。最後に漬物。これもラップをしないで冷蔵庫に入れておいたようなもの。どうも野菜の新鮮味というものが感じられない。

肉とその周辺のギャップが物凄く大きいのが特徴といえば特徴。僕はもうちょっと肉以外にも気配りしてくれたらな、と思う。多分次に行くとしたら単品でカツを頼んで、あとはビールを飲むと思う。

全体では評価は☆2つ。肉だけなら☆3つなのだけれど、ギャップがあまりにも大きい。  

と、と、ととビッグが、当たったー

1075b929.gifただし、4等ですけど。

結果論で文句を言えば、ヴェルディが清水に勝って(実際は0-0で引き分け)、マリノスが大宮に勝って(実際は0-0で引き分け)、広島が水戸に勝っていれば(実際は2-2で引き分け)、6億円だったじゃないか!!!

何やってんだよ、マリノス。広島はもうちょっと天皇杯優勝の意地を見せろよ、馬鹿。まぁ、ヴェルディに対して清水に勝てと言うのはちょっと酷かもしれないけれど・・・・。マリノスが勝っていれば約95000円、広島が勝っていれば337万円だったのに・・・・。結果、12000円だって。まぁ、当たらないよりは良いけど。

当たってみてわかったのは、「こりゃ、なかなか当たらねぇぞ」ってこと(^^;。これだけ当たっても12000円しか貰えないんじゃぁねぇ。  
Posted by buu2 at 13:16Comments(0)TrackBack(0)toto日記││編集

2008年03月23日

雪あかり

2ab38c5d.JPG名称:雪あかり
種類:北海道
場所:新千歳空港
評価:1/BCC
2008.3.23
コメント:ここって、青龍があったところですか?お店の名前が変わったのかな?お店には西山製麺の文字があったので「最悪でも麺だけはそれなり」と思って入店したのだけれど。頼んだのは「ほぐしチャーシュー味噌」。店では二番人気らしい。

で、食べたわけですが、これまで「味噌汁ラーメン」というものは色々見てきたのだけれど、これは味噌湯ラーメンという感じ。とにかく全然ベースのスープが取れてない。なんだ、コリャ(笑)。ダシを取らずに味噌汁を作るとこういう味になるよね、という感じのスープ。一口食べて「これは酷い」と思ったのだけれど、一緒に食べた人が注文した醤油のスープも同じように酷かった。で、醤油には胡椒、味噌には一味唐辛子を大量に投入して味を整えたんだけれど、感じたことは「スープのベースがまずい場合、味噌ラーメンの方がまだマシ」ということ。醤油はちょっとやそっとじゃごまかしがきかない。これはちょっとだけ勉強になった。

麺はやや細めの札幌ゴム麺。それほど悪くもないが、スープが絡んで来ないので、美味しく食べることはできない。

チャーシューは非常にまずいので、トッピングするのはお金の無駄。ほとんど残してしまった。

しかしまぁ、こんな店でも満席なんですよね。やっぱり、場所って重要だよなぁ。
  

伊勢鮨

60d2b4b6.JPG北海道といえば寿司、寿司といえば小樽、ということで、小樽まで来て寿司を食べました。

今日来たのは、いつも年末に来ると閉店しちゃっている伊勢鮨。食べたのは道産握り(3700円)。非常にリーズナブルなお寿司でしたが、食べ終わって思ったのは「ちょっと足りない」っていうこと。ケチらずにどーんとおまかせ握りにすれば良かったな、と思いました。

寿司のほうは、どれも丁寧に仕事がされた江戸前で、まったく醤油が要りませんでした。小樽に来たときの定番になりそうです。  
Posted by buu2 at 16:19Comments(0)TrackBack(0)グルメー寿司││編集

白いプリン

00e54eb5.JPG北菓楼で白いプリンを購入。これが、あんまり甘くなくて、牛乳寒と牛乳プリンの中間ぐらいの食感の素晴らしい逸品。これは、ちょっと、他では食べられない感じ。北菓楼では、これかソフトクリームだね、やっぱり。  

ソメス

d206318e.JPG砂川で有名どころと言うと北菓楼とソメス・サドル。ソメスは馬具のメーカーなんだけれど、革製品を色々と作っていて、十年ぐらい前からは都内などでも購入できるようになっている。でも、どうせ買うならやっぱり砂川のソメスで、ということで、北海道に来るときは大体立ち寄っている。今日はそろそろ駄目になってきた定期入れを購入。

いや、僕、ほとんどデイパックで済ませちゃう人間だから(汗)。  
Posted by buu2 at 10:58Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

2008年03月22日

街の歌

2a3650dc.JPGチェリストの藤原真理さんのサイン入りCDを入手〜。
  
Posted by buu2 at 21:33Comments(0)TrackBack(0)音楽││編集

山家

7e96accd.JPG名称:山家
種類:北海道
場所:滝川
評価:6/BAB
2008.3.22
コメント:麺は細めのストレート。やや熟成があまいみたいで、ちょっと臭みがあるのが残念。あっさりしたスープなのでそのあたりが顕在化してしまう。コシやスープの絡みは良好。

スープは鶏ベースのしょうゆ味。北海道は水が良いので、こうしたあっさりしたスープの方が実は実力が発揮しやすい。北海道といえば味噌と思われがちだけれど、東京あたりではなかなか出せない味である。

チャーシューは普通に美味しいが、わざわざトッピングするほどではない。  

空知川

6dad3c4e.JPG
国道直線日本一の道路から。

ここ、ずーーっと美唄まで29.1キロ、まっすぐらしい。

ということで、Google Earthで見てみたら、確かにまっすぐだ(笑)。

直線  
Posted by buu2 at 11:50Comments(0)TrackBack(0)国内旅行││編集

まあ、ありがち

4ea6c149.JPGまぽた
  
Posted by buu2 at 07:58Comments(1)TrackBack(0)誤植││編集

2008年03月21日

こうやると、動画をアップできるのかな?

今日のスキー。



あ、できたね。広告がいっぱいでうるさいけど(笑)。  
Posted by buu2 at 17:56Comments(4)TrackBack(0)スキー││編集

かもい岳はいつきても

5d2131c0.JPG快適ですなあ。
  
Posted by buu2 at 11:21Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

2008年03月20日

彩未

5aee14dc.JPG名称:彩未
種類:北海道
場所:美園
評価:6/ABB
2008.3.20
コメント:すみれの暖簾わけということでどうしたって期待してしまうわけで、滅多に行列しない僕もついつい行列してしまった。というか、周りに全然お店がないので、ここに食べに行って諦めたら食べる場所がほとんどない。結局店の外に18人が待っていたのだが、実際に食べるまでに1時間も待った。観察していると4人がけのテーブルに2人客を案内して相席にしないなど、オペレーション的にどうなのか、と思うところもないわけではない。

さて、まずは麺だが、森住製麺ということもあって、一級品。中くらいの太さの縮れ麺だが、熱いスープの中にあってもまったくだれることがない。スープの絡みもすこぶる良く、札幌ゴム麺のど真ん中ストレートという感じ。ちょうど今日先発して完封したダルビッシュの剛速球のようである。

スープはとんこつベースでかなり脂っぽいもの。このあたりはすみれを踏襲しているのだが、以前の絶好調だった頃のすみれに比較すると大分マイルド。味噌と醤油を食べてみたのだが、味噌はすみれのにんにくに対して彩未のしょうがという対照になっていた。醤油はすみれと同じようなつくりだが、岩のりが入っているのが新しい。苦味は同じようにあるのだが、すみれに比較すると大分あっさりしている。

チャーシューは味付けは悪くないのだが、肉の質が悪い。東京ならこのレベルだと普通かもしれないが、北海道でこのレベルの肉を使ってしまうとちょっとがっかりされると思う。

全体的にずいぶんとマイルドで、すみれや純連にあったようなとげとげしさがまったく感じられない。正直、電車に乗って札幌から食べに行くほどのラーメンではないし、行列するのも真っ平ゴメンである。喩えて言えば、日本風にアレンジされたタイ料理を食べているような感じで、「わざわざ北海道まで来てこれを食べるのはチョットね」という印象を持たずにはいられない。決してまずいわけではないが、多分もう二度と行かないと思う。  

北海道まで来て

dd4588ee.JPGユニクロ、しかもメカ沢。

東京のユニクロで十分だろ、と思うのですが、北海道に来ると買いたくなるから不思議です。北海道に来ると必ず立ち寄るのがこのユニクロとビックカメラ。
  
Posted by buu2 at 20:13Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

テレビ塔

129efc1a.JPGもう北海道も50回ぐらいは来ているわけで、道民カードも持っているし、歌志内市の名誉市民でもあるのだけれど、テレビ塔に登ったのは初めて。

まぁ、あんまり登らないよね。登ってみて悲しかったのは、となりにあるマンションの方が背が高かったこと(;_;)。
  
Posted by buu2 at 20:11Comments(0)TrackBack(0)国内旅行││編集

ラーメンで

fa09cd85.JPG行列するの、久しぶりだなぁ。店の外に17人。店の中にもたくさん。うーーむ。
  

あのよー

a2aaea20.JPGもうちょっと、何とかなりませんか、このネーミング。

黄色いって…せめて、「白い恋人たち」とか。
  
Posted by buu2 at 12:36Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

寝不足のせいか

fae98bb5.JPG意味がわかりません(泣)
  
Posted by buu2 at 09:25Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

新東京タワーの名称

名称候補は

「東京EDOタワー」
「東京スカイツリー」
「みらいタワー」
「ゆめみやぐら」
「ライジングイーストタワー」
「ライジングタワー」

だそうで。出典はこちら

なんか、どれもこれも駄目な名前だなぁ(笑)。どれに決まっても、「E電」と同じ道を歩みそうです。

え?評論するんじゃなくて、代替案を出せ?そうですね、「新東京タワー」でどうでしょう?  
Posted by buu2 at 00:36Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

2008年03月19日

新宿西口ビックカメラ

d5b38147.jpgイラストレーター(ソフト名)でイラストを描いているわけだけど、基本的に完全自己流なわけです。だから、「えーーーー、そんなやり方でやっちゃってるの?凄い非効率じゃない???」などと言われそうで、怖くてどういうやり方で描いているのかは書けません。ちょっとだけヒントを書くと、グラデーションメッシュはもちろん、グラデーションですら使っていないのです。

でも、なんか、もっと表現力があっても良いよな、と思うし、もっと上手に描けたら良いのにな、とも思うし、一番は、「もっと手軽に描けたらもっと楽しいのに」と思うわけです。先日のイラストとかも、描いているときは楽しいのですが、描き終わると虚脱感のようなものに襲われます。「よし、次はこっちを描いてみよう」などと思うには、凄く時間がかかるんですね。

で、先日思ったのは「もうちょっとグラデーションをきちんと使えるようになりたいな」ということ。それで、だーいぶ前に本屋で立ち読みした「Adobe Illustratorリアルトレース実践マスター」という本のことを思い出したんです。そういえば、あの本はグラデーションメッシュについてかなり詳細に記述されていたはず、と。そういうわけでまず本屋に行ってみたのですが、この本はありません。代わりに宮本幸男さんの「Illustratorプロフェッショナル・ワークショップ」を購入したのですが、宮本さんは「グラデーションメッシュよりもまずはグラデーション!」という哲学をお持ちの方で、それはそれで素晴らしいし、またその作品も素晴らしいのですが、「でも、グラデーションメッシュも使いたいよね」と思ったわけです。

Illustratorプロフェッショナル・ワークショップ―バージョンCS2対応

それで、僕の悪い癖はまずリアルショップを探してしまうことなんですね。探した後に、「そうだ、アマゾンで良いじゃん」と思い出すわけです。ということでアマゾンで検索したら・・・・

検索結果

をいをい、在庫ナシかよ。しかも、中古品が4,988-9,800円?プレミアついてんジャン(笑)。どうなってるのよ、これ、と思ったわけです。ま、さすがに僕もプレミア価格でこの本を買う気はしないので、「ま、そのうち神田の古本屋で見つかるかもしれないな」と思いつつ、宮本本を色々読んでいたわけです。

それで、今日。今日は横浜で仕事をして、湘南新宿ラインで新宿に出て、伊勢丹でちょっと用事を済ませて、それから神楽坂で仕事だったんですが、途中でちょっと時間が出来たので、新宿西口のビックカメラに行ったんです。何をしに行ったのかと言えば、USB接続のワンセグチューナーを買おうかな、と思ったんですね。別に凄く必要って言うわけでもないんだけれど、なんとなく欲しいなぁ、みたいな。で、売り場を探していたらかなり奥まったところにあったんですが、先週号だか、先々週号だかで、週刊アスキーのレビュー記事で褒めていたものがどれだかわからなくなってしまいました。「やれやれ、ちゃんと調べておけよ」と思ったのですが、後の祭りです。いつもこうやって詰めが甘いのですが、なかなかなおりません。仕方なしに購入を先延ばしにすることにしたのですが、ふと横を見るとそこはパソコンの本棚。イラストレーターの本はあるかなー、と何の気なしに見てみると、なんと、棚に「Adobe Illustratorリアルトレース実践マスター」があるじゃないですか。素晴らしい。早速購入してしまいました。

捨てる神あれば拾う神ありだなぁ、というのはちょっと違いますが、なんとなくそんな気分になりました。雨の中、西口まで歩いて良かった。

ということで、時間ができたら、もうちょっと「誰を描いたのか」がわかるようなイラストを描いてみたいと思う今日この頃です。  
Posted by buu2 at 22:37Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

2008年03月18日

蟲師7〜9

蟲師 其ノ漆

蟲師 其ノ捌

蟲師 其ノ玖

第18話「山抱く衣」
第19話「天辺の糸」
第20話「筆の海」

第21話「綿帽子」
第22話「沖つ宮」
第23話「錆の鳴く聲」

第24話「篝野行」
第25話「眼福眼禍」
第26話「草を踏む音」

これで完結。例によって見ていると眠くなるけれど、面白い(笑)。なんとも微妙なDVDだと思う。  
Posted by buu2 at 21:10Comments(0)TrackBack(0)DVD││編集

2008年03月17日

味千

cabd4d2c.JPG
名称:味千
種類:福岡
場所:新宿
評価:8/AAC
2008.3.1
コメント:味千といえば、もう20年も前に長津田で食べたのが最初。その店は多分もうないと思うけれど、随分と息の長いチェーン店である。そんなお店なので、どうせ味の方は、と思っていたのだけれど、食べてみたら非常にしっかりしているのでびっくりした。恐らくクオリティコントロールには苦労しているはずで、全国どこで食べてもここと同じ味が食べられるということではないと思うのだが、少なくとも新宿のこのお店のクオリティは高い。なんとも侮れない老舗の味である。

麺は細めのストレート。硬めで注文したけれど、コシ、スープの絡みともに全く問題がない。

スープはトンコツベースの白湯タイプ。このスープがまたしっかりしているのが驚き。なかなかここまでのスープは作れないと思う。この店がどういう手法でスープを各店に配布しているのかはわからないのだけれど、例えばセントラルキッチン&冷凍配布というパターンであったとしても(天下一品などはこのパターン)、このレベルなら十分に満足できる。

チャーシューは「まずい」ということはないが、美味しいわけでもない。  

またe-Taxかよ(笑)

アホアホなe-Tax、まだ問題が解決しない。今度は保存したファイルが開けない(笑)。ファイルが正しくないとかメッセージが出てくるけど、難じゃコリャ(笑)。

14:45 国税庁のウェブサイトからヘルプデスクの電話を調べて電話。

ナビダイヤルでつないでくれるらしい。90秒ごとに10円かかるらしい。

担当者が出たので、「確定申告のファイルは送ったんだけど、いくら振り込むのかとか、振込み口座とか、そういうのが全然わかんないんですけど」と伝えると、「私もわからないので、わかる人間を探してくる」だそうです。

14:55 電話かかってきた。

なんか、おかしいらしい(笑)

僕が会社と個人と両方で使っているおかげで色々複雑なんですか?

15:11 相手もわからないらしい。どうなってんの(笑)?

15:14 申告で送付したデータがようやく印刷できた。

15:25 お、できたーーーー、やったーーーーーー!!!!!!すげぇ苦労したけど。なんか、いらないプリントアウトも沢山やっちゃったけど。

それで、多分また来年もこうやって苦労するんだろうね。っていうか、その前に会社の決算があるか(^^;  
Posted by buu2 at 14:56Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

2008年03月16日

BLOOOMのステッカーつきラシーン

b90ab426.JPG渋滞の関越道で横を走っているスノボ帰りの所沢ナンバーのラシーン。良くみたらBLOOOM!(ライブログのお客様)のステッカーが貼ってある。埼玉の人もラシーンが欲しかったらBLOOOM!に行くんですね。

って、今見たら、一番遠くは利尻らしい。

あれから・・・・もう少しで2年!利尻発!

このサイトを運営されている吉原さんは、非常に短期間でビジネスブログの利用方法をマスターしていただけた方です。このブログは当社がサポートしているビジネスブログの中でもお手本になっているサイトで、他社に営業に行ったときには良く「こんな感じで利用していただいています」と紹介させてもらっています。
  
Posted by buu2 at 19:17Comments(0)TrackBack(0)自動車││編集

また渋滞

f8227e5f.JPG帰り道も大渋滞。いつの間にかウィンタースポーツは復活していたの?

結局、月夜野からほとんどずーーーーーっと渋滞。
  
Posted by buu2 at 18:16Comments(0)TrackBack(0)高速道路││編集

表彰

7491afdb.JPG3位とはいえ、一応表彰台。横浜市はメダルと商品券くれた。気前が良いなあ。神奈川は紙切れだけだからね(^^; 賞状は、火事になったら燃えちゃうからな。
  
Posted by buu2 at 15:24Comments(2)TrackBack(0)スキー││編集

ヨコハマシティカップ二本目

b57ded92.JPG結局、一本目4位、二本目3位で合計3位。優勝狙ってきて、これはちょっといかがなものか。修行が足りません(泣)
  
Posted by buu2 at 13:42Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

ヨコハマシティカップ一本目

3a4ba39c.JPG普段は神奈川県の大会に出ているのだけれど、今日は横浜市の大会。当然、大会のレベルは県の大会より落ちる。なので、今日のノルマは優勝だったのだけれど・・・・・。一本目が終了して・・・・。

やべー、1秒1も負けてる!

得意な緩斜面なんだけれど、残念ながら雪が物凄く柔らかい。そして、ボブスレー状態。これが苦手なんだよなぁ・・・・。
  
Posted by buu2 at 11:09Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

2008年03月15日

アホのイータックスのまとめ

このブログでは何度もe-Taxの使えなさをPRしているのだけれど、最近になってさらに被害者が増加してきた様子。なので、ちょっとまとめておく(笑)。

ちなみに今年は確定申告もやってみたのだけれど、相変わらず馬鹿システム。しかも、全部終わったら「月曜日までに税金を振り込んでください」とか書いてあるくせに、収納機関番号とかも書いてないし(あとで調べたら00200だったかな?)、他に振込みに必要なデータが全然ない。やっぱり税務署にいかなあかんのん?振込みに必要なデータくらい、全部メールで送って来いよ。別によその人に見られたって構わないからさ。

#よその人が勝手に払ってくれるならなお嬉しい。


さて、まずは僕のブログの記事からのまとめ。しかし、こうやってまとめてみると同じようなタイトルばかりだな(爆)。

税務署は税金を払って欲しくないのか?

ネットマニュアル、マニュアル伝達人間、人間

イータックスが相変わらず使えない

イータックスが使えないので

相変わらず使えないイータックス

またイータックスに電話中(笑)


続いて関連エントリーを拾ってきました。

週刊!木村剛「[ゴーログ] 税務署は税金を払って欲しくないんだろうか?

池田信夫 blog「e-Taxの憂鬱

NextReality「e-Taxスゴイ


もうね、アホかと(笑)。税務署の馬鹿っぷりをあらわすエピソードをもうひとつ。僕がこうやってブログに記事を書いたじゃないですか。そうしたら、わざわざ「ライブログ」っていう会社を調べて、電話も調べて、会社に電話してきたんですよ。でね、ちょうどそのとき、イータックスを諦めて税務署に行ってたから、なんだろうと思って担当者を訪ねたら、「こちらへどうぞ」と椅子に座らされて、「是非イータックスを利用していただきたくて」って、お前ら、暇だなー(笑)。もう税務署に来てるじゃないか。君の目の前にいるだろう?その、顔の中央やや上より、鼻を挟むような形で二つ配置されているものはビー玉か何かですか?

蛇足ながら、上に紹介したNextRealityさんの「e-Taxスゴイ」という記事の中で出てきている

原因はわからないがいろいろやってると突然カードを認識して通信もできるようになった。


という現象が僕にも起きました(笑)。イータックスのヘルプデスクが「お手上げです。日立に電話してください」って言ってきたあとで。なんなんだよ、これ。

基本的に、e-Taxっていうのは納税者のためじゃなくて、税務署が楽をするためのシステム。なんだから、もうちょっと納税者にメリットがないとね。税務署に行くより手間がかかるんだから、まず税金を安くしろよ、ば〜か。  
Posted by buu2 at 15:24Comments(0)TrackBack(1)社長││編集

忘れ物

25fe1eb0.JPG練習会は午前、午後だったんだけれど、午後も滑っていると宿の夕食に間に合わなくなるので、午後はパスして帰宅(笑)。道はすいていて快調。で、無事帰宅したら、玄関で大事バッグを発見!なぜこれを忘れるのか・・・・。
  
Posted by buu2 at 14:47Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

やっと着いた

52d35931.JPG試合は明日。大事な荷物は膝のサポーター、腰痛ベルト、ワンピ、着替えなどなど。これはいつも大事バッグに入れて、夜のうちに玄関においておくんだけど、今日はその大事バッグを家に忘れてきた。玄関に置いてあるのに、なぜ忘れる(^^;

膝のサポーターがないと滑れないんだけれど、仕方なしに今日はサポーターの代わりにテーピングでスキー。あとで一度家に帰らないと。大渋滞の中、苦労してここまで来たというのに(;_;)
  
Posted by buu2 at 11:01Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

前橋過ぎても

633a2246.JPG渋滞ってどんだけよ!もう、ずっと渋滞なんですけど。
  
Posted by buu2 at 09:14Comments(0)TrackBack(0)高速道路││編集

スキー渋滞

5bdbec2f.JPG僕は土日に働いて平日にスキーをしているので、滅多に土日に高速道路を使わない。土日に試合があるときも、大抵は金曜日に現地入りするので、土日の朝の高速道路って使わないんだけど、今回は土曜日が練習会、日曜日が大会というスケジュール。なので、土曜日の朝に現地に向かうことにしたんだけど・・・・・、今、土曜日ってスキー渋滞するんだ!びっくり。
  
Posted by buu2 at 07:33Comments(0)TrackBack(0)高速道路││編集

2008年03月14日

燃費

5c670a56.JPGTIIDAの燃費情報です。

今回は37.62リッターで581.3キロ走りました。ということで、リッター15.45キロです。高速道路ばっかりだったから、滅茶苦茶走りました。
  
Posted by buu2 at 19:12Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

縁や

5f414d45.JPG今やラーメン激戦区の筆頭になりつつある池袋。その東武デパート地下二階にある縁やでラーメンを一杯。食べたのは海老そばしょうゆ。

名称:縁や
種類:北海道
場所:池袋
評価:2/ACC
2008.3.14
コメント:6年前にも食べているんだけれど、店の場所が移ったことだし、ということで再食。

麺は角の立ったやや細めのストレート。スープの絡み、コシともに標準といったところで、A評価はちょっと甘いかも知れない。

スープは味噌、醤油、塩と種類があるが、今回は醤油を食べてみた。トンコツ中心のスープがベースだけれど、かなりライト感覚。これに海老のエキスがかなり強めに効いているのだけれど、ちょっとやりすぎ。バランスが悪い。まぁ、海老が大好きな人には良いのかも知れないけれど。

チャーシューは以前はそこそこ美味しかった記憶があるのだけれど、今は全然だめ。非常にまずいので、トッピングするのはお金の無駄。
  

ニッポン放送Show Up Nighter

899a3953.JPG昭和っぷナイター。この「っぷ」が謎だった遠い昔。
  
Posted by buu2 at 17:20Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

ズバリ予想

dd831288.gifYahoo!には「ズバリ予想」という地味なサービスがあって、ちょっと個人的な事情もあってこれを試している。

色々予想をしちゃって、ポイントを稼いでね、というもので、ポイントを稼いでも特に良いことはないんだけれど、一種のゲームなのでとりあえず全国ナンバー1を目指して色々な予想をしている。

今の僕のランキングは

現在のヨソポ : 6838
ヨソポランキング : 2349位/158719人中

という状態。

で、添付した画像が最近の僕の予想の結果なんだけれど、「映画で稼いでサッカーで摩る」という状態が明白。

実際、映画は予想がしやすいんですね。特に狙い目は映画の満足度ランキング1位を当てる、という奴。話題作の倍率が低く設定されがちなんだけれど、観客動員数じゃなくて満足度なんだから、話題性なんて関係ないわけです。逆に、宣伝をたくさんやっている作品は観る側に「面白そう」というイメージを植えつけてしまうので、「なぁんだ」となることが多いことになります。そんなのよりも、「あんまり期待してなかったけれど、観てみたら凄い良かった!」と思われちゃうような作品とか(例えば「ガチ☆ボーイ」)、あるいはもう初めからそのシリーズが大好きで、目的のキャラが活躍していれば大満足、みたいな作品とか(例えば「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」)が狙い目になるわけです。

逆にサッカーは難しい。赤字にはなっていないと思うけれど、なかなか大きく黒字にすることができない。だからtotoも当たんないんだよ、ってことなんですが、本当に難しいです。

そろそろ野球が始まりますが、サッカーよりは野球の方が大分予想がしやすいと思います。ただ、胴元もなかなかのもので、かなり微妙な賭けを設定してくるんですよね。「今日の読売対横浜は4点差以上で読売が勝つ」みたいな。単純な勝ち負けで設定してこない。このあたりの条件設定を見ていると、別の楽しみもあったりします。  

アルゼンチンババア

8440eb7d.jpgアルゼンチンババアを観てみた(もちろん、堀北が出ているから(笑))。

なんとも微妙な映画である。原作があるから、原作を読めばまた違った印象なんだろうけれど、映画を観るだけだとストーリーの良さは良くわからない。

まず、ストーリーの中核であるところのアルゼンチンババア。このキャラクターがイマイチ良くわからない。どうやら癒し系のキャラと言う設定のようだが、なぜ彼女が癒し系なのかわからない。猫を飼っているからだろうか。それとも自家製蜂蜜の魅力だろうか。ちょっと臭いみたいだけれど、普通に美人のおばあさんという感じで、それ以外には何もない。

続いて役所演じるお父さん。この人、妻が入院して大変だって言うときに失踪しちゃう。まさに今死ぬ、というときにタイミング良くいなくなるのが不思議。死ぬのがわかっていたのだろうか。また、どうしてアルゼンチンババアのところに行ったのかも良くわからない。その後全く連絡がなくなったというのに全然探している形跡がないし、あんなにすぐそばにいたのなら探さなくてもすぐに噂になりそうなものだ。

他にも、マッサージ師に惚れちゃうエピソードもなんだかとってつけたような感じだし、なんだかなぁ、という感じ。多分、どれもこれも本を読めばきちんと理解できるのだろうけれど、本を読んでいない人には伝わってこないんじゃないだろうか。少なくとも僕には伝わらない。

しかし、「全てをチャラに」とまではいかないまでも、堀北はなかなかに光っていたと思う。パンをこねているシーンはどれも味がある。他にもさまざまな場面で見せる感情表現はなかなかに見所で、芸達者振りをいかんなく発揮している。だから、堀北真希のプロモーションビデオだと思って観れば非常に満足度が高いと思う。もちろん、堀北ファン限定の楽しみ方ではあるのだけれど。

結局のところ、意味不明の意気地なしのオヤジが母の死に際に失踪してしまった娘が、交通事故など泣きっ面に蜂という目に遭いながら、町外れで蜂を飼っている女とのエピソードを通じて父親と和解する、みたいな感じの話なのだが、どうにも軽い。死と再生といえば僕の世代ならもちろん「ノルウェイの森」なのだが、多分吉本ばななの原作はそれよりも大分軽いんだろう。

ということで、評価は☆半分、と言いたい所だけれど、堀北が可愛いので☆1つ半おまけして☆2つ。ただし、堀北ファン以外には全くお勧めできないことはもちろんである。

アルゼンチンババア  
Posted by buu2 at 01:31Comments(0)TrackBack(0)映画2008││編集