2009年05月03日

今日の飲み会

0af3b3e2.JPG今回の白馬旅行は単にお酒を飲みに来ただけ。ということで、メインディッシュは飲み会なのである。

まず、一次会はアズでチーズフォンデュを食べながら。隣に座った高谷秀司さんはミュージシャンであちらこちらで演奏して回っているらしい。

高谷秀司さんのオフィシャルサイト

おお、ブログがある。おお、MTだ。そして、もう随分長いこと更新されていない(笑)。何を喋ったのかは、酔っ払っていて良く覚えていないのだけれど、新しいワックスの話とか、どうぶつしょうぎの話とか、そんなことを話したような、話さなかったような(笑)。

二次会は「林檎舎」で。ここのご主人と高谷さんがお知り合いということで、かなりざっくばらんな話というか、まぁここでも書けないような話を色々としたわけですが、実際のところ泥酔していて良く覚えていません。一番印象に残っているのはここでいただいた菜の花が非常に美味しかったこと。折角出してもらったのに、みんなおなか一杯で手をつけていなかったので、一人でぱくぱく食べていた。

林檎舎のウェブサイト

こ、これは・・・・・営業資料をおいてくれば良かったかな(笑)?

三次会は大根館(宿泊した宿)で。ここは入ってすぐのところに飲み会スペースがあって、24時間飲み会可能(笑)。24時過ぎに二次会が終わって、「さぁ、寝ようかな」と思ったのだけれど、ちょっとやり残した仕事があったのでワイヤレスラン完備のこのスペースで仕事をしようと思ったら、そこで三次会が始まってしまった(笑)。

ワイヤレスラン完備の素晴らしい宿、大根館のウェブサイト

おお、このサイトはなかなか良くできてる。ブログを使ってコンテンツをマネージメントしているし、ひとつひとつの作業がしっかりしている。素晴らしい。営業資料をおいてこなくて良かった(笑)。

三次会では深夜に到着した花井氏などとウィスキーを飲みながら2時30分ぐらいまで。さすがに飲みすぎ。気持ち良いを通り越して、気持ち悪い領域へ(泣)。ということで、「では、僕はこの辺で」ということで部屋へ戻ることにしました。

花井さんが特命課で働く花井エンジニアリング株式会社のウェブサイトはこちら。

花井エンジニアリング

とりあえず今度、東京は恵比寿でうまいものでも食べに行きましょう、ということになったので、楽しみ。

高速道路が安いということでふらっと飲みに来た白馬だったけれど、色々な出会いがあって、大収穫だった。雪がなくても、人が集まるところは素晴らしい。

#ちなみに他にも色々な人と楽しく飲んできたのだけれど、代表的なところだけピックアップした次第。  

Posted by buu2 at 04:47Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年05月02日

アズ

以前にも紹介したことのあるお店ですが、白馬のアズでチーズフォンデュを食べてきました。ワインでフォンデュが当たり前のところ、芋焼酎のお湯割り、ロックなどでがぶがぶいってしまったため、お店の人にはちょっと迷惑な客だったかも知れません。

白馬に行ったときはこいやとこのお店ははずせない感じ。

店名 レストラン・アズ (レストラン AZ)
ジャンル 洋食、パスタ
TEL 0261-72-5582
住所 長野県北安曇郡白馬村大字北城森上12867-222 グリーンバレーガーデン
営業時間 10:00〜19:00[8月]10:00〜21:00
定休日 不定休

CA3B0067 CA3B0066  

今日の白馬

P1010477

街のあちこちに、このネジでつくったかざりがある。自称スリランカ人の江戸っ子が手作りであちこちに配置したらしい。どこにあるのか探してみるのも面白いかも知れない。ちなみにパターンはあまりない。

P1010478

なんか、由緒正しい感じ。

P1010482 />

とりあえず、花。

P1010483 />

ブルーベリー。丸山寿一さんが畑に植えている。名前をつけてくれるらしいので、そこはひとつライブログで是非。あ、でも新ワックスの名前でも良いかも?

P1010484

もうすっかり春な景色。でも、バックの山はまだ寒そう。

#ところで、デジカメで撮った写真はいつもはフォトショップで写真をリサイズしてアップしているのだけれど、今回はそのままアップしてみる。自動圧縮されるらしいので、やっぱ画質はフォトショップに比較して大分落ちちゃうと思うのだけれど、ものはためし。普通にサムネイルで見る分には問題ないと思う。  
Posted by buu2 at 17:14Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

高速道路割引の効果

34040da1.JPG高速道路がどこまで乗っても1000円。これって、なんだかんだ言って効果はあると思う。なぜなら、僕自身が「それならでかけてみようかな」と思うから。

ということで、今日はちょこっと白馬まで酒を飲みに行くことにした(笑) お酒を飲むので、当然現地一泊。

11時前に家を出て、関越道から上信越道へ。途中、嵐山のあたりで一度渋滞。そのあと、更埴の前でまた渋滞。こちらの二度目の渋滞が結構ひどく、長野まで乗るのが面倒になったので更埴で降りてしまった。そこから白馬までは一般道で走ったのだけれど、信州新町とかいう知らない町を通ってみた。というか、カーナビを信用していたらそういう道を使わされてしまった。それで、到着したのは15時ごろ。予定より1時間オーバーだけれど、まぁ、こんなものか。高速料金は1650円だったので、納得。

白馬についてはまた別エントリーで紹介します。  
Posted by buu2 at 15:25Comments(0)TrackBack(0)高速道路││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

おっぱいバレー

8da7d8fc.jpgなかなか期待させるタイトルだけれど、もちろんエロではない。エロじゃないからつまらないかと言えば、そんなこともなくて、まぁ、普通の成長物語。しかも、子供たちじゃなくて綾瀬はるかの成長物語。だから、そういうつもりで観にいけば、結構楽しめるんじゃないかと思う。

でも、普通、綾瀬はるかのおっぱいバレーなら、期待するでしょ。期待しないほうがおかしいでしょ。それで、画面の作りも、もちろん綾瀬はるかが出ている場面は胸から上ばかり。だから、「いつもっとサービスしてくれるの?」と思いながら物語は進んでいく。

スポ根ものと思って観てしまったら全く物足りない。だって、6人目の仲間が入ってくるエピソードとか、全くひねりがない。もともとのレベルがあまりにも低いし、バレーシーンを観ていても、とてもあの相手にセットを取れるような動きではない。そのあたりがどうにもこうにもひっかかる。ただ、この映画はスポ根ものじゃない。だから、そこは大目に見ておこう。

時代を昭和40年代ぐらいに設定したのは、身の回りにあまりエロがなかった時代にしたかったんだと思う。でも、おかげで車とか、服装とか、町並みとか、色々なところにお金をかけなくてはならなくなってしまった感じ。それでいて、「だよねー」「ですよね」とか、昭和40年代には絶対になかったようなしゃべり方が凄く違和感があるし、それより何より、北九州の人たちが全員標準語を喋っているのが凄い開き直り。懐メロを色々使うのは良いんだけど、松山千春のあの曲とキャンディーズのあの曲はちょっと時代が離れているような気もするのだけれど、そんなことはなかったっけ。ま、これは余談。

ところであの、昔のボス。なんで「俺にも見せてくれ」とか言わなかったんだろう?

ということで映画は終了。生徒たちだけじゃなくて、この映画を観る観客も「おっぱい、おっぱい」と思いながら観ていたはず。生徒たちは満足したようだが(ネタばれ自粛)、観客は満足しない、と思う。

ということで、評価は☆1つ半。まぁ、悪くはないけれど、綾瀬はるかも出演作に恵まれない役者の一人だと思う。

ちなみに、
恵まれている人→蒼井優、沢尻エリカ
恵まれてない人→綾瀬はるか、堀北真希、長澤まさみ  
Posted by buu2 at 00:09Comments(5)TrackBack(0)映画2009││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年05月01日

全国私立学校教職員組合連合

「滞納者は卒業不可」 私立高7割が方針 私教連調査(出典:アサヒコム)

学費払ってないなら卒業できないのは当たり前だと思うんだけど。学校だってボランティアでやってんじゃないんだし、公立高校ならともかく、私立高校だしねぇ。

なんでそこまでして私立に行きたがるかって、それは公立高校の教育レベルが低いことが原因なわけで、そこんところを何とかしないといつまで経ってもこういう問題は発生しうるし、また、金持ちの子供ばかりが良い教育を受けられるという、教育格差の固定化も進むことになる。ただ、そういう状況を盾に取って、


「多くの学校が私学助成の抑制や削減で厳しい状況に直面している。公的な授業料助成が抜本的に拡充されることが必要だ」


とか我田引水しているのを見るとこいつらレベル低いなぁ、と思う。まぁ、そもそもの調査の目的はこれであって、「公立高校のレベルを上げましょうよ」ってことじゃないのは当然なんだけれど(笑)、ムハマド・ユヌスさんは自伝

施しをすることは、彼らの抱えている問題を無視し、ただ彼らを堕落させるだけだ。


と言っているわけで、「金をくれ」というのは自ら「堕落させてくれ」と言っているのと一緒。っていうか、もうすでに堕落しているのかも知れない。

借金で良いじゃん。教育を受けさせたいのに受けさせられないなら親が借金すれば良い。教育受けたいのに教育受けられないなら、借金して将来返せば良い。学校の経営が苦しいなら借金して将来返せば良い。そのためには当然「お金を返すためのビジョン」が必要になるわけだけど、それがなくて「公的な援助をお願いします」っていうのはなんだかなぁ。

借金をしにくい状況があって、それを何とかしてください、っていう話なら十分理解可能だし、対応する必要があると思うんですが。

何しろ、教育のレベルというのは、こういうところからも推し量ることができるわけですね。  
Posted by buu2 at 12:14Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加