2010年07月08日

朝日でも夕陽でもなく、普通の空

DSCN7196
  

カフェ・ド・リバネスの新しいランチプレート

DSCN7183


打ち合わせをしながらだったので十分に味わうことができなかった。なんとなく、美味しかった気がする(笑)。やはり、食べるなら食べる、打ち合わせるなら打ち合わせる、と決めておかないと。最近、年をとって並行処理が物凄く苦手になった。  

YUKI CONCERT TOUR 2010 うれしくって抱きあうよ 神奈川県民ホール

長いこと中島みゆき、坂本龍一、佐野元春以外のコンサートはほとんど行かなかったのだけれど、最近はYUKIのコンサートもその中に入れている状態。明らかに場違いというか、客層とかけ離れているんだけれど(笑)

ということで、神奈川県民ホールのコンサートにも場違いを承知で行ってきた。今回は「うれしくって抱きあうよ」というアルバムが落ち着いたトーンなので、「みなさん、座って聞いてください」とアーティスト側から提案があるような内容。おじさんにはありがたい限り。

コンサートが始まってすぐに「ずいぶんと中域に厚くした音作りだなぁ」という印象を受けた。箱のせいじゃないと思う。故意に低音と高音を抑えて、ボーカルを前面にだした感じ。アコースティックな構成になっていたってこともあるのかも知れない。ちょっとこもったような感じで、個人的にはあんまり好みではなかった。

セットリストとかはネタバレ追記で。  続きを読む
Posted by buu2 at 00:25Comments(0)TrackBack(0)音楽││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年07月07日

なんと恐ろしい

2f62c10d.jpg魔力に負けて1つ買ってしまった。
  

WiMAXのプランを再検討

今日、WiMAXの請求書が来た。先月の22日からだっけ?使い始めたのは。それで、定額料金4480円。最初の一年間は割引が適用されて、請求金額は3969円。内訳は基本試料料約10日分で1280円、減額200円、登録料2700円、消費税189円。

ま、こんなものだろう。使ったパケットが少ないなら、プランを変更しても良いよなぁ、と思い、6月の利用パケット数を調べてみた。

1,018,421パケット

だって。

で、定額プランなんですが、えっと、380円で済むのは9050パケットまで、118575パケットで満額。以後4980円。ってことは、大体分水嶺が65000パケット/月ぐらいか。え?それで、10日間で100万パケット?ってことは一ヶ月なら300万パケット?

すいません、ちょっとでも検討しようかと思った僕が馬鹿でした。もう、ずっと今の定額プラン(4480円)でオッケーです。っていうか、9000パケットって、一体何ができるんだろう(笑)?  
Posted by buu2 at 15:04Comments(0)TrackBack(0)電化製品││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ大詰め、ワールドカップ準決勝

59aefa08.gifワールドカップを将棋でたとえるシリーズ。

もう残すところ、あと数回で終わってしまうこのシリーズですが、本当に目が離せません。まずは簡単に準々決勝のおさらいをしておきましょう。

まずは戸部六段対窪田六段の一局。この一局は死闘と言うにふさわしい一局となりました。ハイライトは最終盤、千日手指し直し局の最後に訪れました。「これで、詰んだ!」と思ったのは窪田六段。遠目の角打ちに合駒がきかず、これにて万事休すと誰もが思った瞬間、まさかの戸部六段の鬼手は合駒に歩。しかもこれは2歩!!誰もが反則負けと思った瞬間、なんと窪田六段が投了!!!大会規定では2歩の反則負けよりも投了が優先されるとのことで、最後の最後で戸部六段が準決勝進出を決めました。もちろん戸部六段は2歩をわかっていて指したわけで、この歩が果たして殊勲の2歩なのか、結論は今も出ていないようです。

続いては深浦王位対羽生三冠のタイトルホルダー対決。こちらは戦前の予想では王者羽生三冠の優位は動かないというものでした。対局開始直後から羽生三冠の華麗な駒さばきが決まり、中盤の入り口では控え室のほぼ全員が羽生乗りという状態でした。しかし、この状況が一変したのは15時過ぎのおやつ休憩のあとからです。それまでひとつひとつの駒の働きが悪かった深浦王位の駒が突然全軍躍動を始めます。そして、完全無欠と思われた羽生三冠は突然リズムを崩し始めてしまいました。手が震えて、駒をきちんと盤面に置けなくなってしまったのです。最後には守備の要と思われていた馬を盤面の外に落としてしまい、角一枚足りない状態での勝負となってしまいました。結局、その後も落ち着いた指し回しを見せた深浦王位が羽生三冠を破り、堂々の準決勝進出です。

翌日行われた準決勝2局も好カード。まずは佐藤九段対山崎七段の一局。この勝負、今回負けなしで絶好調の佐藤九段が中心の駒である龍をどこまで駆使するのか、一方その龍を山崎七段がどう封じ込めるのかが注目されました。ところが、開局直後から意外な展開を見せます。まずいきなり山崎七段が目にも留まらぬ速さで歩得となります。昼食休憩まではそれなりにバランスを取っていたのですが、おやつの時間あたりからは山崎七段が一方的に攻める展開。大活躍が期待された佐藤九段の龍はほとんど良いところがなく破れてしまいました。これまでも将棋界では何度か特定の駒使いの名手が現れました。それに対応するかのように、組織的なシステマティックな戦法が編み出されました。今回は、佐藤九段の龍を山崎システムが完全に封じたと言えます。

続いて行われたのは飯塚七段対渡辺竜王の一局。相穴熊の長期戦となりましたが、終盤で渡辺竜王の見事な波状攻撃が決まり、飯塚七段の堅城を撃破しました。

これで準決勝は戸部六段(ランキング16位)対深浦王位(同4位)、山崎七段(同6位)対渡辺竜王(同2位)の対局となりました。

さて、今日はまもなく戸部六段対深浦王位の一局が開始になります。お楽しみに。

参考:ブラジル戦が始まるまでまだ少し時間があるので、FIFAワールドカップを将棋でたとえてみる  
Posted by buu2 at 00:59Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年07月06日

どうぶつしょうぎアプリ開発バージョンのバグ取り

ゲームの開発をやっていると、「え?」ということが起きます。全然関係ないところをいじっているはずなのに、変なところに影響がでたりします。

いま、どうぶつしょうぎアプリは、レジューム機能の開発に着手しています。これは、ゲームを一時中断する機能です。間違って電源を切ってしまったり、あるいは急な用事ができて途中でゲームをやめなくてはならなくなったときに使います。それで、その機能がほぼ完成して、じゃぁ、挙動を確かめようということになったのですが・・・・

f6222afb.jpg



あれ?お前、そこのぞう、どこへ行くんだよ。

26eda3c6.jpg


数手先の場面。おいおい、お前も(汗)。そこのきりん!!

一筋縄ではいかないのがゲーム開発ですね。どうぶつたちが逃げ出してしまいました。  
Posted by buu2 at 15:10Comments(2)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年07月05日

アボカドの芽

アボカドの種を水栽培していたら芽が出てきたので、鉢植えに移してみた。埋めてしまうと様子がわからないので、「まだ何も起きないなぁ」などと思いながら水をあげ続けて多分一週間程度。今朝、土が盛り上がって芽が出てきたのを確認。

DSCN7175


実はアボカドの種を発芽させるのはずいぶん前から何度かチャレンジしてきていて、ようやくかなりの頻度で発芽させられるようになってきた。じっくり時間をかければそこそこの確率で発芽に至るんだけれど、ポイントがあるのと、あと、時間を短くする方法がある。

まず、僕が経験から得た知見。アボカドの種はゆで卵のような構造をしている。一番外側が殻。これは茶色い色がついている。ここがまず固い。構造上はこれと一体化したような感じでゆで卵の白身にあたる部分がある。これは僕の専門が生物学じゃないので良くわからないのだけれど(汗)、この部分からは芽が出てこない。この奥に黄身にあたる部分があって、白身が割れて、その中にある黄身から芽と根が出てくる必要がある。そして、この「殻」と「白身」の部分が割れるのに結構な時間がかかるのである。

そこで僕がやっているのは、あらかじめ殻に切れ込みを入れてしまうという手段。といっても、別に特別な工程はいらない。どうせアボカドを食べるとき、包丁を縦にいれてアボカドの身をぐるっとまわして、種に歯をつけつつ切るのである。他の人がどうやってアボカドを食べているのかは知らないけれど、多分多くの人がこうやって切り込みを入れて、種を中心に身を両手でつかんでぐぐっとひねっているんだと思う。だから、この、包丁を入れるときに、ちょっと力を入れて、種に傷をつけつつ、ぐるっと切ればいいのだ。これによってアボカドの種の外周にぐるっと切り込みが入る。すると、ここから種が割れてくれるのだ。あと、アボカドの種にはどうやら上下がある。平たい方が下で、こっちから根が出てくるようだ。だから、ぐるっと歯を入れた種を、平たい方を下にして水栽培する。これで、多分かなりの確率で種が割れて、そしてそこから芽と根が出てくるはずだ。

じゃぁ、発芽したらどうなるのか。まだ、それはわからない。とりあえずアボカドはかなりたくさん消費するので、たくさん栽培してみようと思う。  
Posted by buu2 at 00:23Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年07月04日

三四郎

名称:三四郎
種類:東京
場所:お茶の水
評価:3/ACB
2010.7.3

DSCN7168_01


コメント:麺は細めの平打ちタイプ。なめらかさに気を配っているのか、非常にすべすべした表面で、箸にかかりにくく食べにくい。しかし、コシとか、スープの絡みは良好。箸を代えて欲しいけれど、色々な思いがあるんだろう。

スープは鶏とんこつブレンドの醤油味。醤油にこだわっているようだが、残念ながらそういうものを全部吹き飛ばしてしまうほどに焦げたラードの苦味が前面に出ている。狙ってやっているのか、チャーシューからにじみ出てしまったのかはわからないが、とにかく苦い。これでは他の様々な工夫がだいなし。もともとのベースが素材のダシに依存したデリケートなスープなので、ちょっとしたことでバランスが崩れてしまう。

チャーシューは中華料理屋で出てくるような感じの肉質だった。ラーメンとのバランスは悪い。

このお店は中村屋の系列店のよう。中村氏のラーメンは個人的に非常に高く評価しているのだけれど、この店の味はどうなんだろう。他の中村氏の手による店に比較して明らかに雑なつくり。これだとつじ田が大行列の中、行列はおろか、空席の方が目立つという状況も不思議ではない。僕も次にこのあたりに来たら、多分磯野で食べると思う。

店名 三四郎 (さんしろう)
TEL 03-3294-5346
住所 東京都千代田区小川町3-26 大築ビル 1F
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜23:00
定休日 水曜日  

嗟哉 (あなや)

オペラタワーで仕事があったので、帰りにちょっと寄ってみた。以下、評価。

名称:嗟哉
種類:独自
場所:初台
評価:3/CBA
2010.7.2
コメント:麺はやや細めの手打ち縮れ麺タイプ。茹で過ぎでコシがないのは多分写真からでも推測できると思う。全然だめ。そして、熟成不足なのか、麺のかん水臭さが凄い。これだけで食欲が一気に減退。

スープはとんこつベースの塩味。悪くないスープだと思うけれど、麺の臭いが酷いので全然楽しめない。

チャーシューは特に味付けのない煮豚。肉質も標準以上で悪くない。

とにかく麺だけでがっかり。ちなみに二毛作の店で、夜は二郎系のラーメンを出しているらしい。

DSCN7166
  

まずい中華料理屋(店名調査中につき抽象的な名前)

リバネスがあるビルの一階にラーメン屋ができた。「食べてみてくれ」と言われたので、あんまり気が進まなかったのだけれど、ちょっと食べてみた。以下、評価。

店名とか、調査中(笑)
0/CC-
東京都新宿区四谷2-11-6

食べたのは坦々麺。あまり期待できそうにない店構えだったので、無難なところで食べてみた。これが、まぁ、酷いでき。麺はやわらかくてコシがない。スープは鶏ベースの味噌味なのかなぁ。薄くて良く分からない。その上、全く辛くない。本当に、全く辛くないのである。これは駄目だ。二度と食べない。語るべきこともない。近所には太陽のトマト麺がある。そちらも凄く美味しいわけではないけれど、ソッチの方がずっとマシ。いや、この近所には10分ほど新宿方面に歩けばおいしい店がいくつかある。無理にこのあたりで食べる必要はない。

DSCN7146
  

NIKEのエアマックスってこうやって駄目になるのか!

今日は朝からデートだったので、たまにはちゃんとした靴でも履くか、と思って野茂マックス君を下駄箱から取り出して、履いてみた。ちょっと小さいかなぁ、と思ったけど、ま、いっか、ということで歩き出したんだけれど、マンションの廊下をエレベーターまで歩いている間に違和感が。

あれ?

なんか、スリッパの底が抜けたような感じ。ぺったん、ぺったん、みたいな。なんだろうと思って靴を見て驚愕。なんと、靴底が砕けている。

DSCN7173


DSCN7171


出先で壊れたんじゃなくて良かったけれど、それにしてもきれいに使っていた靴がこうやって駄目になってしまうとちょっと悲しい。

不可能なんてない、じゃなくて、永遠なんてない、だなぁ。あれ?Nothing is impossibleってアディダスだっけ?  
Posted by buu2 at 02:59Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年07月03日

ヒックとドラゴン

4f21c778.jpg九段会館で、吹き替え2D版の試写会を鑑賞。

いきなり「ヒックとドラゴン」というわけのわからない邦題にげんなりさせられる。といっても、この邦題については「ショウ・ビズ・カウントダウン」などで知ってはいたのだけれど。出てくる男の子とドラゴンはHICCUPとトゥースレス(歯なし)で、映画を観ればなるほど、という仕掛け。でも、ヒックとドラゴンじゃ全然わからない。しかも、ドラゴンの名前はトゥースになっている。意味が逆じゃん。「どうせ子供は英語なんか分からないんだから」という、日本語製作者達の人を馬鹿にした顔が目に浮かぶ。もう、普通にみんな英語を勉強しているんだから、How to Train Your Dragonで十分じゃない?わかんないなら英語を勉強すれば良いじゃん。

さて、映画の方はドラゴンと男の子の交流というもので、プロット自体は日本では散々アニメで扱われたことのあるものだし、実写映画でも最近なら「アバター」で描かれたもの。アバターも実写版というよりは実写のように見せたアニメと言っても良い作品だけれど、アバターを子供向けにアニメにしたらこうなりました、といった感じである。

映画は少年ヒックのひとり語りが中心で、交流するドラゴンはヒトコトもしゃべらないから、結果としてヒックがずっと喋っていることになる。この構成はもうちょっと何とかならないものだろうか。登場人物は他にも数名の主要な人物が出てくるものの、完全に脇役。おかげで映画は短くなったが、物語の深みはなくなってしまった。同じように登場人物が物凄く少なかった「WALL・E/ウォーリー」に比較するとどういうわけか本作の方がかなり軽く感じられるのだけれど、それは中途半端に出てきたパパやライバルのせいなのかも知れない。ドラゴンの中のドラゴン、Night Furyがイマイチえらい感じじゃないのもどうなんだろう。誰も見たことすらない凄い奴、って感じがしない。

本作で最大の見せ場となるのはおそらくは飛翔シーン。ところが、この飛翔シーンがいまひとつなのもちょっと残念。へたくそとは言わないが、標準レベルで収まってしまっていて、躍動感のようなものがないのを背景でごまかしている。飛翔シーンだけで言えばちょっと前なら2年前のスカイ・クロラ、最近なら上に挙げたアバターなどの方がずっと出来が良いと思う。

アニメの中で空を飛ばす演出力というのはやはり日本人なんだろうか。

トータルで見れば悪い映画じゃないし、中だるみはあるものの、十分に楽しめる。子供向け映画や教育映画、どうぶつ映画には物凄く評価が甘くなるYahoo!映画やぴあの映画生活ではきっと高評価になると思う。しかし、ピクサーに比較しても、また、日本のアニメと比較しても、ちょっと落ちるといわざるを得ないのもまた事実。5作以上続いている児童文学の1冊目ということで、これからも続きが映画化されるんだと思う。だから、最初の一作目のできには目をつぶろう。次からは、もうちょっとピクサーに迫って欲しい。

ちなみに、3Dや字幕で観たら、また違った感想になるかも知れない。評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 21:52Comments(0)TrackBack(0)映画2010││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライ勝ち縛り2

a7bf16ce.jpgなんとかトライ勝ちに。73手もかかった。
  
Posted by buu2 at 09:59Comments(0)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

トライ勝ち縛り

e24eb92d.jpgにわとりでキリンを捕まえると失敗。
  
Posted by buu2 at 09:52Comments(0)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年07月02日

WiMAXの最大の弱点

ネットの接続能力には全く不満がないのだけれど、とにかく発熱が凄い。夏にこの熱量はちょっと気になる。

冬だったらカイロの代わりになって良いかも知れない。  
Posted by buu2 at 22:20Comments(0)TrackBack(0)電化製品││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年07月01日

意外と難しいどうぶつしょうぎのトライ勝ち縛り

2e9d5107.jpg皆さんに良くCPUが弱すぎると言われてしまうどうぶつしょうぎアプリですが、僕はトライ勝ち縛りで遊んでます。これが結構楽しめます。間違って相手がつんでしまわないように、かつ、相手にトライを決められないようにしつつ、相手のライオンとすれ違って、トライを決めるのがなかなか面白いのです。

CPUの強化も今後の開発課題にはなっていますが、実現はもう少し先になります。それまでは遊び方を工夫してみていただけると良いかも知れません。
  
Posted by buu2 at 14:55Comments(0)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルに向けて

日本のワールドカップが終わった。

ネットを見ているといろいろな意見があって、別にそれで構わないと思うのだけれど、僕の個人的な感覚とはずいぶんとかけ離れている部分が少なくない。もちろん、同意するところもあるけれど。

まず、日本は大健闘した、という意見。これには概ね同意する。

しかし、岡田監督が頑張ったという意見。これには正直同意しかねる。岡ちゃんがやろうとしたのはもっと全然違うサッカー。でも、直前になって結局それが無理だってことに気がついた。そして、選んだ方針は、それほど新しいものではなかった。今持っている戦力で負けないサッカーをやるなら、まぁそれだよな、という戦術。ディフェンスを増やし、守備を安定させ、カウンターを狙う、というもの。これなら、オシムのあとにやってもすぐにできたサッカーである。これをやるなら、最初からこの方針で2年半やったほうが結果は良かった可能性が高い。ただ、勝負事はどうしたって不確定要素がつきまとう。最初から守備重視でやっていてグループリーグを勝ち抜けていたかどうかはわからない。

今回、日本の成績を決定づけたのはあのカメルーン戦の一発に尽きる。ほめられた試合運びではなかった。ただ、相手の注意を徹底的に右サイド(相手にとっては左サイド)に集中させ、ここぞというところで相手の注意が希薄になった左サイドにパスを通し、そしてその唯一のチャンスをものにした。この勝負強さは相当なものだが、博打に勝ったに過ぎない。勝つべくして勝った試合ではなかった。続くオランダ戦は大負けさえしなければ良い試合だったし、デンマーク戦は勝つしかないデンマークがふらふらと前に出てきたところをもぐら叩きよろしくフリーキックで試合を決めた。カメルーン戦での本田の一発がなければ、全試合1-0で負けていても不思議ではなかった。

日本の敗退が決まった今、「もっと攻撃的なサッカーをするべきだ」という意見を多く見かける。確かに、点が取れなければ話にならない。そして、今回のワールドカップで日本がとった作戦は、「点を取られなければ負けることはない」というもの。でも、点を取られなくても運が悪ければPK戦で負けてしまうのだ。だから、点を取りに行くサッカーをしなくてはならないのはもちろんである。ただ、それがすなわち攻撃サッカーを意味するのではないと思う。日本がアルゼンチンやかつてのブラジル、クラブで言えばレアルやバルサのようなサッカーが出来るかといえば、それは非常に難しいと思う。それは、個人技がないからだ。日本はどうしたって組織的なサッカーを展開せざるを得ず、そしてそのためにはまず組織的な守備と動きがベースになる。そんなサッカーは見ていて楽しくない、という意見は正しいが、2-5で負けるよりも1-0で勝つサッカーを目指さざるをえないのが日本の現状だ。

では、そのためには何をすべきか。今回のワールドカップで、日本の守備はそこそこ世界に通用することがわかった。パラグアイのミスに助けられた部分は少なくなかったし、局面によってはラインを下げすぎてメッタ打ちにあったり、ボールを放り込まれるだけの単純な攻撃に翻弄され、セカンドボールを全く拾えなくなるといった場面もあるにはあったが、二枚のセンターバック、運動量の豊富なサイドバック、それらを的確にカバーするディフェンシブハーフの動きはなかなかに見事だった。ならば、そこからどうやって攻撃を組み立てるか、である。そこで期待されるのは、本田、岡崎、そして香川の3人である。このメンバーをどう使っていくか、ここに日本代表の将来がかかっている。その将来は、決して暗くはない。  
Posted by buu2 at 12:37Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうぶつしょうぎアプリ、販売開始から一ヶ月で2000ダウンロード達成

先程会社のウェブサイトに「どうぶつしょうぎアプリ、2000ダウンロード達成」というお知らせを掲載しました。

どうぶつしょうぎアプリはすでに一度バージョンアップを実施し、iPadでの快適な利用を実現していますが、6月24日に次のバージョンアップを申請中で、大きな問題がなければもうまもなくVer.1.2のダウンロードが可能になります。Ver.1.2では対人対戦モードで発生していた一部のバグを修正してあります。また、7月中旬を目処に、さらにデザイン、機能の改善に向けたバージョンアップを予定しています。

ベーシックなデザイン及び機能の熟成はVer.1.3で一区切りをつけ、以後は対戦機能、効果音、演出、操作性の向上、棋譜・対戦成績保存といった付加機能の充実に重点をシフトする予定です。

引き続き、どうぶつしょうぎアプリをよろしくお願い致します。

<iTunes AppStoreへはこちらからどうぞ↓>
どうぶつしょうぎアプリ  
Posted by buu2 at 12:36Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

しっかりしろよ、サミット

僕の家の近所にはサミットとオリンピックがある。比較的近いところにあるので、僕は買い物の時、両方を使い分けている。例えば、S&Bのリゾットはサミットの方が断然安いし、不二家のホームパイはオリンピックの方が安い。日頃自分で買い物をしていれば、二つのお店でそこそこに価格差があるのがわかってくるから、そういう人は安い方で買うに違いない。

さて、そんな状況下にあって、MEGMILKの「おなかにやさしく」という乳飲料がある。牛乳なんだけれど、乳糖を減らしてあるので乳飲料という括りになるのだろう。僕は乳糖不耐症で、普通の牛乳を飲むとお腹を壊してしまう。だから、この「おなかにやさしく」しか飲むことができない。他のメーカーでも乳糖不耐症対応の加工乳があるのかも知れないのだけれど、残念ながらサミットとオリンピックではこれしか扱いがない。そして、その価格が、サミットでは248円、オリンピックでは198円で販売されていた。これは、ずっとこの価格だったのだ。当然僕はいつもオリンピックで買っていたのだけれど、買い物上手の人はみんなオリンピックで買っていたようだ。50円も違うのだから当たり前といえば当たり前。おかげでサミットの「おなかにやさしく」は全然売れなかったのだろう。一週間ぐらい前に、サミットは「おなかにやさしく」の扱いをやめてしまった。だから、今、サミットで乳糖不耐症用の加工乳は買うことができない。一方、今まで価格差を知らなかった人たちは、サミットで買うことができなくなって、あちこちを探したんだと思う。しばらくするとオリンピックで扱いがあるのを見つけるわけで、「あぁ、良かった」と思いつつ、オリンピックで買い物をする。さて、どうなったか。オリンピックではこれまで普通に買えていた「おなかにやさしく」が、品薄になってしまったのだ。おかげで夜中にしか買い物に行けない僕はさっぱりこの加工乳が買えなくなってしまった。先日、ちょっと早めに帰宅できたので、19時ぐらいに行ってみたのだけれど、やっぱり売り切れ。

さて、この事態、誰が得をして、誰が損をしたんだろう。

まず、サミットは間違いなく損をしている。なぜなら、お客様がオリンピックに流れてしまったからだ。乳糖不耐症というのは相当数の対象者がいるはずで、安定したニーズがあると考えるのが普通。サミットで売れなかったのは、単に価格調査が甘く、他のお店が通常でも2割も安かったからに他ならない。それなのに、ニーズがないと勘違いして、扱いをやめてしまい、お客様を逃がしてしまった。これは痛恨の一撃だろう。もちろん、サミットの人は気がついていないだろうけれど。

オリンピックは問題なく勝ち組。商品の特性を良く考えて、上手にプライシングしたと言える。「おなかにやさしく」ではそれほど利益が出ていないかも知れないが、これを目当てに来てくれるお客様もいるはずだ。少なくとも、僕はそのひとりだし。

次に、僕のような消費者。乳糖不耐症の消費者は、常に安価で買えるのは良いのだが、頻繁に品切れになるのは大問題。だから、僕などは損をしている。それから、オリンピックで「おなかにやさしく」を売っていると知らない乳糖不耐症の人。この人は最悪の事態だ。飲みたくても買えないのである。

じゃぁ、普通の人はどうなんだろう。あ、別に全然関係ないか(笑)。

ということで、結論としては「しっかりしろよ、サミット」ということである。  
Posted by buu2 at 01:21Comments(2)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加