2011年01月09日

愛のむきだし(18禁レビュー)

愛のむきだし [DVD]

「ちゃんと伝える」がいまいちだった園子温監督が、その前年に撮った作品。僕は満島ひかりが結構好きなタイプなので、それだけが理由でDVDをレンタルしてみた。

評価は☆3つ。ということで、良い子の皆さんはここでさようなら。以下、追記で。

  続きを読む

Posted by buu2 at 14:22Comments(0)TrackBack(0)映画2008││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

芳麺

三芳サービスエリア上りにある「芳麺」で一杯。以下、評価。

名称:芳麺
種類:東京
場所:三芳サービスエリア上り
評価:0/CCC
2010.1.5
コメント:麺は中細の縮れ麺。茹で過ぎだし、スープの絡みも悪い粗悪品。最近は普通の麺を仕入れてきて、普通に茹でればちゃんとそこそこの麺が作れる時代なんだけれど。何しろ、茹で過ぎなのに、麺の臭みが残っているのが最悪。こういう状態になるケースは僕が知り限りひとつだけで、それは麺を麺茹でのざるに入れて放置したケース。多分、この店もそんな感じのことをやっているんだろう。

スープは鶏がらトンコツブレンドの醤油味。これがまた何の工夫もない一品で、がっかり。いまどき、インスタントラーメンだってもうちょっと味があるんじゃないかなぁ、と突っ込みたくなるもの。でもまぁ、別に競争があるわけじゃないし、こんなスープでも利益は出るんでしょうね。いや、逆か、こんなスープじゃないと利益は出ないのかも。

チャーシューももちろんまずい。

余談だけれど、メンマもまずい。唯一、ねぎだけが普通だったかな?

普通に競争原理が働いていない店はこうなっちゃうんだね、という見本のような店。ここで食べるくらいなら、もうちょっと我慢して、高速を降りてから店を探したほうが良い。スマートインターチェンジを使って三芳から降りれば、一本気がすぐそばですよ(笑)。

DSCN2941


店名 芳麺
TEL 049-274-1118
住所 埼玉県入間郡三芳町大字上富 三芳PA(上り) Pasar三芳内
営業時間 24時間営業  
Posted by buu2 at 13:16Comments(0)TrackBack(0) ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年01月08日

今日の夕景

P1030465


P1030466


P1030467
  
Posted by buu2 at 17:25Comments(0)TrackBack(0)今日の富士山││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

山口晃展 東京旅ノ介

年末の市ヶ谷ミヅマの個展に引き続き、銀座の三越で山口晃展があったのでみてきた。三越の絵を描いている山口さんなので、三越には関連する作品が多くあるみたい。おかげで結構充実した内容だったと思う。同時に版画展もやっていたので、そちらも観てきた。いや、版画展じゃないか、これは。インクジェットとなっていたので、印刷。最近の印刷技術は凄いですね。要は、作品をスキャンして、それを印刷しているんだと思う。そして、そこで展示されていた作品に山口さんがサイン、シリアルナンバーをつけて販売していた。価格は30万円(税別)。僕に今もう少しお金があれば買っちゃうんだけれど、今はかなり金欠で、どうせ買うならまずはニコンD7000という状況でして、諦めました(笑)。うーーーん、いつもいつも、少しずつ僕の可処分所得の上を行くんだよな、山口さんは(笑)。

以前、このブログのバナーをデザインしてもらおうと思ってミヅマの人に連絡をしたんだけど、そのままスルーされちゃった(涙)。お断りの返事ぐらいくれても良いのに・・・・(涙)。

今日はトークショウもあったので、例によって聞いてきた。おしゃべり大好きの山口さんなので、今日も軽妙なおしゃべり。一種の漫談を聞くような感じ。最近は絵かきというより、漫談家なのに絵も描ける、という、そんな山口さんなのでありました。

11_01_08_049


消えもののホワイトボードも撮影しておきました。

11_01_08_050


11_01_08_051
  
Posted by buu2 at 15:56Comments(0)TrackBack(0)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年01月07日

愛という名の疑惑

愛という名の疑惑 [DVD]

まず、このいかにもつまらなそうな邦題をつけた担当者に拍手を贈りたい(もちろん悪い意味で)。なんだ、このタイトル(笑)。

さて、内容は、というと、二転三転するミステリー。でも、それほど複雑なところはない。また、一つ一つの謎はすぐに解決してもらえる。なんというか、ドラクエとかの、お使い型ロールプレイングゲームみたいな。ひとつ謎が生まれると、それを解決、また謎が生まれて、また解決、の繰り返し。ずーーっと昔に張ってあった伏線を回収する、といった感じの映画ではない。自転車操業型ミステリーと言えば良いのか(もちろん、悪い意味で)。そういう、右に行けー、右に行きましたー、謎があるだろー、謎がありましたー、謎だろー、謎ですー、答えはこれだー、あーそうですかー、みたいな展開が好きな人には良いと思う。あまり難しいことを考えなくて済むし、「これは見逃せない」というシーンもないし、とにかく緊張感に欠けるミステリーであることには間違いがない。

じゃぁ、全然つまんないかっていうと、それがそんなこともないのが不思議。B級ミステリーとでも言うのでしょうか、そんな映画。TSUTAYAとかで、「5本借りると安くなるのに、観たいのが4本しかない!!」みたいな場面で最後に追加するのに最適。20年近く前の映画だけれど、画質は意外と良かったと思う。

評価は☆1つ。  
Posted by buu2 at 19:11Comments(0)TrackBack(0)映画-2004││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の夕景

P1030464


P1030463
  
Posted by buu2 at 18:22Comments(0)TrackBack(0)今日の富士山││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

中間報告:リバネスを中小企業庁が呼び出し、指導することが決定

年末年始にネットを賑わせたニュースの筆頭は衝撃のおせち料理だったわけですが、まだゴニョゴニョやっている様子。

グルーポンの「謹製おせち」騒動の顛末まとめ、販売元社長は辞任へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110106-00000017-mycomj-sci

ネット販売分しかないのに定価の半額ってどういう意味よ?って、昔メガネドラッグがやって顰蹙を買った奴なわけですが、しかし、ネット販売が普通になった今、「10万円です」ってネットショップで販売していれば、それがダミーだろうがなんだろうが実績となってしまうわけで、やろうと思えば色々できちゃう。でも、だからといって「消費者庁様、よろしくお願いいたします」と丸投げしてしまうのは能がない。結局のところ、消費者自身が賢くならなくちゃいけない、という話であって、おせち料理なんか、ネットで注文すんな、ということかも知れない。

さて、このおせち料理と似たような案件であり、個人的には国のお金を使っている分もっときっちりと白黒をはっきりしておくべきだと思っているのがタイトルの案件。リバネスの健康食品販売についての過去ログはこちらを見てもらうとして、

その1「どうしてこうなったんだろう?」
その2「リバネス批判」
その3「国からの委託・補助の状況(調査進行中)」
その4「博士号を利用したマーケティング」

先日、中小企業庁から連絡があって、1月13日にリバネスの担当者と沖縄(総合事務局?)の担当者を中企庁に呼び出して、誤解を招く販売方法を改めるように指導するとのこと。

年末に担当者と話した限りでは「補助金は製品の開発に関してのもので、ショップ展開とは無関係」として逃げを打つつもりかと思ったのだけれど、さにあらず。きちんと駄目なものは駄目、との姿勢を打ち出すとのことで、その姿勢は非常に高く評価したいと思う。

ただ、僕が現在待っているのは、サイトの閉鎖や書き換え(こういった対応の場合は現代表取締役、および担当取締役の辞任はおせち事件同様に不可避だと思うけれど)ではない。丸代表取締役は、沖縄タイムスに対してこんなコメントを残しているわけで、

「ウコンとシジミの相乗効果などを探り、『日本ブランド』としてアジア、欧米にも販路を見いだしたい」

出典:沖縄と青森タッグ 「しじみウコン」開発へ

まさか「ただ混ぜただけです」などということはあるはずがないと思っている。相乗効果をどのように調査、研究し、どこにそれを発表したのか、そのあたりについての「科学的な」説明を待ちたいと思っている。といっても、こんなものは商品化のずっとずっと前に行われているべきことなので、「この論文を読んでください」と、論文を指定してくれれば良いだけのことだから、今月一杯ぐらいでも時間的には十分だと思う。もしそれができないのであれば、正真正銘、「最先端疑似科学のリバネス」だったということになると思う。まぁ、根拠も何も示さずにいるのであれば、疑似科学ですらなく、ただのインチキ商売なんだけれど。

現在までに僕の問い合わせに対して返答があった役所は下記の通り。

経済産業省
「いくつかの関係ケースあり。ただし、ショップの運営直接の委託、補助の実績はない。社長の説明が適切でない。」

文部科学省
「本件については該当ケースなし。」

総務省
「該当ケースなし。」

また、厚生労働省、農林水産省、消費者庁については問い合せてあるものの、まだ返答はもらっていない。

それから、中小企業庁の担当者が念を押していたのは、リバネス・ショップの運営は委託でも、補助でもなく、中小企業庁のお金は直接渡っていないということ。だからどうだって、企画段階で名前を連ねている以上、お金には名前が書いてないんだから、関係ないも何も無いでしょ、と思うし、社長の丸さんはツイッターで「国の委託事業でもあります」って明記しているんだから、じゃぁどこが委託したんだよ、っていう話でもある。中小企業庁の話は、「この件に関しての国の関与はあくまでも補助金を製品開発会社に出したことであって委託ではない」「リバネスに補助金を出しているのではないし、もちろん委託もしていない」ということで、丸社長のコメントとは大きな食い違いがある。どちらも正しいとすれば、この事業には中小企業庁以外のどこかの役所がリバネスに委託していることになるわけで、それが厚生労働省なのか、農水省なのかは今後の調査次第、ということになる。また、中小企業庁、あるいは丸社長のどちらかが嘘を言っている可能性もあるので、関連するコンテンツについては全て証拠として保全するとともに、中小企業庁の担当者には13日以前に、この「国の委託事業でもあります」というコメントの真意もリバネス社に対して問いただし、またそれが虚偽だった場合にはきちんと責任の追求をするよう要請する予定です。

何より、さっさと「ここに論文あります」って見せてくれるのが早いんですけどね。  

今年の年賀状

年賀状2011GIF


主催者の独白
「本年は、2年も前から海老年と決まっておりましたのです。それが、みなさまもご存知のあの事件・・・・。私どもも、ギリギリまでどうするべきかを考えました。エビ反りになって謝罪するもよし、我関せずと逆エビ視点からの「あけてやったぜ、おめで海老だぜ。全然ダジャレになってねぇだと?おい、腕相撲やるか?それとも灰皿で甘酒飲むかい?」みたいなメッセージもよし、海老年ならではのパフォーマンスでも、と正直考えました。でも、やはりですね、それは、たとえここでチャンスを逃して、もう一世紀以上も干支に入ることができないとしても、常にカニの後塵を拝することとなっても、ですね、やはり反省すべきを反省し、海老としてやり直すべきなんじゃないかと、ね。社会はちゃんと見てますから。それでね、じゃぁ、どうするんだと。今年は何年になるんだと。色々考えていたわけですが、あぁ、クエさんがいるじゃないか、と。鍋の王様。魚の王様。マグロが赤(身)の女王なら、クエは白(身)の女王。じゃぁ、これから、朱鷺年の次は、クエ様につとめていただこうじゃないですか。ねぇ?よござんしょ?決まりました。では、今年はクエ年で。末永くよろしくお願い致します。あ、そうそう、舞台を急に変えるわけにも行きませんので、海老用に整えたものになってしまいました。このあたりは、事情を察していただければと存じます。本年も、よろしくお願いいたします」  
Posted by buu2 at 00:50Comments(0)TrackBack(0)イラスト││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年01月06日

どうぶつしょうぎDX らいおん・はんと 公開!

毎回毎回、思ったように開発が進まずに申し訳ありません。今回のらいおん・はんとは本当はクリスマスプレゼントだったのですが、ちょっと遅めのお年玉になってしまいました。

ということで、ようやくライブログの新年がやってきました。お年玉は「どうぶつしょうぎDX らいおん・はんと」の公開です。

このアプリはどうぶつしょうぎ版の詰将棋です。ただし、いくつか、詰将棋と異なる部分があります。一番大きな違いは「トライ」があること。これは将棋とどうぶつしょうぎの違いでもあるのですが、らいおん・はんとでは相手のライオンを捕まえるのとは別に、トライを決めてしまう、という正解が存在します。また、ひっかけ問題として、相手のライオンを詰ますのではなく、捕まえてしまう、という問題も含まれます。また、正解が複数存在する問題も含まれます。要は、「とにかく素早くライオンを捕まえるか、あるいはトライを決めよう!」ということになります。

#今後、皆さんのご意見を参考に少しずつルールを変えていきたいと思います。

何はともあれ、らいおん・はんとが正式にAppleゲームセンター対応となりました。世界のハンターたちと、らいおん・はんとの得点を競ってください!!!!

↓どうぶつしょうぎDX
どうぶつしょうぎアプリ

追伸:どうぶつしょうぎDXにつきましては、現在、Android版の制作を急ピッチで進めております(ただし、らいおん・はんとは現在のところ未搭載)。早ければ、今月中旬にもマーケットで購入可能になるかと思います。Android端末をお持ちの方は、もう少々お待ちいただければ幸いです。  
Posted by buu2 at 14:15Comments(0)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

自然と調和したナチュラルモダン

僕はスキーやカーリングの帰りは所沢インターで関越道を降りてしまうので、三芳サービスエリアに立ち寄ることはまずないんだけれど、自然と調和したナチュラルモダンなサービスエリアに生まれ変わったらしいので、ちょっと寄ってみた。

すげぇーなー。

DSCN2933


DSCN2935


パッと見、全く自然に調和してないっていうか、まばゆいばかりの電飾が非常に人工的です。ところどころ、電飾で川を表現しているところがまた微笑ましいですね。  
Posted by buu2 at 13:02Comments(0)TrackBack(0)高速道路││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

とりまる

軽井沢のアウトレットモールにある「とりまる」でランチを食べてきた。このお店、夜は焼き鳥屋さんなのかも知れず、でも昼は鶏の唐揚げを中心とした定食屋さん。色々とメニューがあったけれど、注文したのはお店のいちおしの「ぶっかけ丼」。唐揚げ、野沢菜、肉味噌、のりがトッピングされている一品で、まずはかき混ぜて一口、次はスープをかけて一口、最後にわさびを入れてどうぞ、という、ひつまぶしのようなもの。

DSCN2927


お店の指導どおり食べたつもりなんだけれど、一番最初が一番美味しかったのがちょっと皮肉。要は、ぶっかけないほうが美味しかったということ。唐揚げ自体はちゃんとそこそこに美味しかったので、非常にもったいない。ただ、唐揚げだけを取り上げても、東京界隈でももっと美味しい唐揚げを出す店は山ほどあるわけで、別に損をした気持ちにはならないけど、わざわざ軽井沢まで来て食べるものでもないかな、という感じ。なんか、近々東京にも出店するらしく、苦戦するだろうなぁ、と他人事ながら心配になった。いや、開店直後は流行るかも知れないけれど、定番にはならないんじゃないかなぁ、と。

評価は☆1つ(ぶっかける前なら1つ半)。

店名 とりまる プリンス店
TEL 0267-42-0525
住所 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178-161 プリンスショッピングプラザ
営業時間 11:00~21:00
定休日 水曜日(月に何日か臨時休業あり)  

2011年01月05日

なんか全部監視されているカップル

放鳥トキ、小枝渡して愛情表現
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110104-00000582-san-soci

こんなカップル、そうはいない。

でもまぁ、子どもが産まれたらおめでたいね。ちなみに去年は朱鷺年でした。

今年の年賀状(過去ログのおまけ付き)

今年は海老年ですが、年賀状の公開はもう少々お待ち下さい。一応、リアル版が皆さんの手元に届くまで、規制かけてます。

「我が家の子供たちが、元木さんの年賀状の大ファンです」とまで書かれていたりするわけで、今年も満足していただければ幸い。いや、毎年毎年、自分では「これは傑作だな」と満足しているのですが、今年のももちろん大満足の出来です。待て、緊迫の次号!!!  
Posted by buu2 at 03:06Comments(2)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年01月04日

リバネスが健康食品を販売していることに関して:その4「博士号を利用したマーケティング」

1990年代後半から、政策的な意図を以て博士号取得者が大量生産された。この政策の目的のひとつは、競争的環境下における基礎研究人材の国家的充実だったと思われる。これ自体は決して間違っていたと思えないが、それが日本社会の持つ2つの特性によって「余剰博士」という存在を産み出してしまった。その特性とは、一つには硬直した労働市場、もう一つには他者を評価することが決定的に苦手というものである。具体的には、限られたアカデミアポストが既得権者によって占められてしまって空きがなく、また、人材が優秀なのかどうかを評価できないため、「運が良くなければしかるべきポストに就けない」という事態となってしまったのだ。

そうした中で、博士号を有効に使おうという会社も現れた。四ッ谷に本社を置く「リバネス」という会社である。この会社は教育事業をメインとし、これまでに多くの博士号取得者を採用してきた。そのリバネスがオープンしたのが「リバネス・ショップ」というネットショップである。ツイッターで繰り返し流される宣伝文句は「サイエンスにこだわったあれこれを届けています。」というものだ。同サイトでは現在までに、米、ウコン、しじみ、ビルベリー(ブルーベリー)を販売している。普通なら小さな会社が健康食品を売っているだけのことだが、このサイトは、リバネス社長のツイッターによると国の委託事業でもあるそうなので取り上げてみたい。

本稿では、同サイトのラインナップのうち、「生まれも育ちも確かなビルベリー栄養機能食品(βカロテン)」という商品に着目してみる。栄養機能食品であることをわざわざ商品名にまで入れてアピールしているのだが、これは厚生労働省の定義によると次のようなものになる。

栄養機能食品:栄養素(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養素の機能を表示するものをいいます。

出典:厚生労働省ウェブサイト

同サイトにはβカロテン(=βカロチン)について次のような記述もある。

本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。

出典:厚生労働省ウェブサイト

また、東京都のサイトでは次のような統計データ(データの出典はイギリスの医学雑誌「ランセット」)が提示されている。

フィンランドの喫煙者→肺がん発生率が18%上昇
米国の喫煙者→肺がん発生率が28%上昇
米国のほぼ非喫煙者→害なし、効果もなし
先進国で実施された8件のデータを総合すると、βカロチン投与群のほうが寿命が短かった


出典:東京都福祉保健局「ベータ・カロチンのビタミン剤

βカロテンのサプリメントについては専門家も「本来、全く飲む必要のないサプリメント」「健康な人が飲んで、寿命を短くしてしまう」(出典:2003年12月1日、東北大学坪野吉孝助教授講演「健康情報の科学的な読み方」から抜粋)と述べている。また、米国保健福祉省のガイドラインには「がんや循環器疾患の予防のために、β・カロチンのサプリメントを利用することには、単剤であれ合剤であれ、反対する」(2003年7月)と記載されている。つまり、現在、βカロテンは、わざわざサプリメントとして摂取する必要があるものではないし、逆に摂取することによって害があるとも言える物質なのである。

ただ、これだけでビルベリーは体に悪いから食べないほうが良いと即断することはない。上記のような情報に対して、βカロテンの安全性とサプリメントとしての有用性をきちんと論文上で明示し、さらには論文を読み慣れていない消費者に対してその内容をわかりやすく説明するのであれば、「さすがは博士である」ということになるはずだ。論文化されているということは、すなわち他者の評価を受けていることを意味する。科学ではそれこそが大事なポイントであり、また、だからこそ価値があるのだ。

生活者は、商品に、博士ならではの科学的アプローチによって、より客観的、かつ信頼性の高い価値が付加されることを期待している。「博士号」とはそれだけで価値を生むものではない。博士号を取得するまでの過程において身につけているはずのものの考え方、これこそが価値を生むのである。そして、博士としてのマーケティング活動は、博士号という看板だけを利用するのではなく、最低でも、原著論文による科学的根拠を基礎に行われるべきなのだ。

最後に、お手本となるべき事例があるので紹介しておく。

コーヒーと健康


過去の関連エントリー
その1「どうしてこうなったんだろう?」
その2「リバネス批判」
その3「国からの委託・補助の状況(調査進行中)」  

今日の富士山

DSCN2923


P1030459


P1030460


P1030461


P1030462
  
Posted by buu2 at 17:20Comments(0)TrackBack(0)今日の富士山││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

公務員の採用試験をもっと遅くしたらいかがでしょうか?

昨日「公務員試験を受ければ良いじゃん」って書いたけれど、いつが試験なんだろうなー、と思って調べてみたら、試験って5月の連休なんだね。I種は第1次試験が5月2日。なぜかII種は一ヶ月後の6月20日。これ、早くない?なんか、「就職活動の開始が早すぎ」とかいう意見があって、「確かにそうだよな」と思わないでもないんだけれど、その一方で「でも、民間企業にあーだこーだ言うのはなかなか難しいでしょ」とも思うわけで、国民が唯一正々堂々と口を出せるのはここだよね。なんで一次試験をセンター試験の頃にできないんだろうね?2ヶ月もあれば選抜なんてできるでしょ。え?通常国会が始まっちゃう?でも、一次試験なんてどうせマークシートでしょ?え?良い人材が青田買いされちゃう?大丈夫だよ、本当に高い志を持った人間なら内定切りしたって国に来るから。大体、「うちを蹴って国に行くなんてけしからん」ってそっぽを向くことができる会社なんて、そうざらにないから。どちらかと言えば、「いやぁ、これも何かの縁ですから、引き続きよろしくお願いしますね」ぐらいが関の山でしょ。

そういえば、僕は三菱総研在職時に転職活動をして、野村総研の内定を蹴って経産省に行ったけれど、野村総研は僕が内定切りについての謝罪の連絡を入れても全く返事がなくて、経産省在職中も一切コンタクトを取ってこなかった。これは素晴らしい。逆に三菱総研なんか、主任研究員のなんちゃらさんが僕のところに来て、「元三菱総研なんだから情報提供を」とか便宜を図らせようとして、「ふざけんな」って言ったら、今度は人事部から「それはおかしい」って連絡が来たくらい(笑)。確かに僕は任期付きの官民交流法で経産省に入省したけれど、当時から片道切符ということだったし(要は、三菱総研と野村総研のあいだでの人間の取り合いが紳士協定で禁止されていて、その協定破りの最初のひとりに僕がなりそうになってしまったので、それをご破算にしたいっていうのが三菱総研側にあったとの噂。三菱総研としちゃぁ、とにかく僕が野村に行かなければ良かったわけで、その目的はきちんと果たした)、それ以前に「官民交流法で入省しているから」っていう理由で前職の企業に便宜を図ることを迫るっていうのは、これは違法行為じゃないの?人事部には「これは物凄く問題だと思うのですが、○○さんの意見は会社としての意見ですか?」って聞いたら黙っちゃった(笑)。僕はこういう人間だから平気で「そんなこと言って大丈夫?」って問いただしちゃうけど、普通の人間なら人事部から文句が来たらおとなしく従っちゃうよね。って話がそれましたけど、野村総研さんは素晴らしい。けど、そんな会社はマイノリティでしょ。ってことで、大手を振って内定切りすればよろしい。なんで国家公務員試験をもっと遅くにやれっていうことにならないんだろう。

不思議だなー、と思って、「公務員試験 実施時期 問題」でぐぐってみたら、こんなニュースが。

大阪府、人材確保へ民間型試験 11年度から

二ヶ月も前倒しかよ!逆じゃんか(笑)。あ、でも良いニュースも。

府職員希望者の減少を憂慮しており、幅広い人材を確保するのが狙いだ。


だってよ!公務員希望者、減少してんじゃん。チャンスじゃん。仕事がないって困っているなら、みんな公務員になりなよ。

あ、大分古い資料だけど、平成14年8月2日に行政改革推進本部決定なんていうのが出ている。ぐーぐるさんは素晴らしいね。

採用試験の抜本改革の在り方

また、試験日程については、受験者の立場に十分配慮して、合格発表の後に各府省の総合的な人物評価が行われるよう早期化・短縮化の方向で見直す。


おいおい、短縮化はもちろん歓迎だけれど、早期化かよ。これじゃぁ、国をあげて就職活動を前倒しさせているんじゃん。この方針はまだ続いているのかね?えっと、こういう話はみんなの党とかに言えば良いのかな?  
Posted by buu2 at 16:25Comments(0)TrackBack(0)社長││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶり大根2011

スーパーでぶり大根用のブリを売っていたので、ちょっと作ってみた。以前のやり方からは大分変わっていて、凄い手間がかかる(笑)。以下、レシピ。

材料

ぶり
ぶり大根用のもの。なるべく小骨が少なそうな部位を選ぶ。少し価格は高くなるけれど、小骨満載のあらは避ける。500グラム目安。


少々

大根
大根の真ん中の部分。3~4センチぐらいで切って、6個ぐらい。鍋の大きさと相談する。

米のとぎ汁
適量

こんぶだしの素
適量

日本酒
5合ぐらい

しょうが
1個

たれ
 酒 3/4カップ
 砂糖 大さじ4
 みりん 1/2カップ
 しょうゆ 1/3カップ

1.準備
大根は3センチぐらいの厚さに輪切りにする。皮をむいて、面取りをする。片側に1センチぐらいで十字に隠し包丁を入れる。鍋に入れて、かぶるぐらいの量の米のとぎ汁を入れ、火にかける。煮立ったら5分ほど、アクをとりながら茹でる。アクを取り切ったら、昆布だしの素を入れる(本当は昆布のほうが良いんだろうけれど、何か濁っているし、ここはダシの素でちょっと手抜き)。さらに5分ほど煮て、そのまま置いておく。

ぶりはざるに並べて軽く塩を振り、10分ほど置く。沸騰した鍋に投入して、さっと色が変わったら取り出す。鍋のお湯を捨てて、日本酒を入れて加熱。沸騰する前にぶりを入れ、中火で加熱、沸騰したら3分ほどでぶりを取り出す。日本酒は捨てる。ぶりはすぐに水にくぐらせて、手早く流水で汚れを落とす。洗ったら、キッチンペーパーの上に置いておく。

2.ぶりを煮る
しょうがの皮をむき、本体はすりおろす。たれに皮、おろししょうがを入れて鍋に投入、煮立てる。沸騰したら、水気を切ったぶりを投入。紙ぶたをして、さらに鍋の蓋をして中火で15分ほど煮る。ぶりの身を取り出して、皿に載せておく。

3.大根を煮る
2の煮汁に水をカップ3足して煮立てて、1の大根を投入する。2で利用した紙ぶたをかぶせ、中火で20~30分ほど煮る。このときは鍋に蓋をしない。大根が十分に柔らかくなったら、2のぶりを鍋に戻す。強火にして、スプーンかおたまで煮汁を全体にかけて、仕上げる。

ポイント1
とぎ汁で煮るときはまめにあくを取る。

ポイント2
大根はダシで煮ておいたほうが美味しいと思う。

ポイント3
ぶりはすぐに味が抜けてしまうので、最初に煮るときは日本酒で煮る。大根と煮るときはなるべく短時間にする。

ポイント4
ぶりを煮るときは鍋にふたをする。大根を煮るときはふたをしない。ただし、タレが煮詰まるので、目を離すのは厳禁。

ポイント5
大根もぶりも新しいほうが良い。

さて、できあがり。

11_01_04_048


うん、これは美味しい。人に食べさせることができるレベル。でも、ぶりはすぐに味が抜けちゃうので、作りおきしておいて何度も何度も食べるようなものじゃない。お客さんが大勢来たときに作るのが良いね。でも、鍋を二つ使うから、これを作っちゃうと、普通の家だと他のものが何も作れなくなっちゃう。そのあたりが問題ですなぁ。評価は☆3つ。  
Posted by buu2 at 15:17Comments(0)TrackBack(0)料理││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年01月03日

就職したいなら黙って東大、京大に行け(これ、結論)

中小企業の門戸は大手の9倍 就職事情
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110102-00000571-san-bus_all

当たり前の話なので全然驚かない。

この間の朝生でもわかったけれど、「就職が大変」って騒いでいるのは「俺達も勝ち組の椅子に座らせてくれ」と言っているだけのこと。そういう椅子に座りたいならまず三流大学じゃなくて、最低でも東大、京大ぐらいには行っておけ、という話。そのあたりの大学は少なくとも全く勉強せずに合格する大学ではないので、一応「あぁ、こいつはちゃんと努力することができる奴なんだな」ということはわかる。そのあと、大学で何をやったのかはわからないけれど。早慶あたりだと看板になるのかなぁ?まぁ、なるのかな?その下になったら看板としてはもう全然役に立たないよね。正直なところ、早慶のどっちが上かなんてわからないし、理科大、上智あたりの上下関係もわからない。理系の私大だと、その下はもう全く無意味だろうし。

公務員試験なら大学による差別もないんじゃないの?知らないけど。公務員試験を受けるんじゃだめなの?会計士は就職が大変みたいだけど、司法試験ならまだそこそこ就職あるんじゃない?それなら、司法試験を受けるんだって良いし。色々あると思うけどね。もちろん努力は必要だけど、就職試験で無駄な努力をするよりはずっと良いと思う。

それで、それがダメなら、起業するのでも良いし、小さい会社に行くのでも良いし、何でも良いじゃん、食べていけるなら。大学や資格の看板に頼らなくたって食べていく方法はたくさんある。いつも言っているけど、うちの会社だって、常時募集していますよ(笑)。もちろん、履歴書も不要です。ただし、能力低いとすぐに辞めることになっちゃうと思うけれど。以前、「これまで○○社連続で就職試験に落とされています」ってブログで書いている人が受けに来たけれど、もちろん、うちの判定は「合格」(笑)。でも、彼の方から辞退した。「自信がありません」って。連敗記録に終止符を打たせちゃってちょっと悪いことしちゃったかな?

大学に入るため、資格を取るために努力をした人は、それなりに優遇されるのが日本。そこで努力しなかった人は、別のところで、何らかの形で努力をしないとねぇ。でも、一番簡単なのは大学受験だと思うよ。僕とか、30過ぎてからセンター試験を受けてもちゃんと820/900とか取れたし。そのくらいは普通に受験勉強すれば取れるでしょ。800目標としたって、理系なら数学・理科2科目で400は当たり前。残り500点のうち、400ってことは、2割も間違えて良いんじゃん。英語9割、国語9割取っておけば、社会なんて4割取れば良いだけ。こりゃ簡単。

でもまぁ、「もう手遅れです」っていう人にだって、なんだかんだで色々とセーフティネットはある。ただ、「生涯、どこでも努力せずに遊んで、勝ち組になる」っていうのは、なかなかハードルが高いと思うよ。あと、就職のための努力は将来ほとんど役に立たないので、正直オススメしない。  
Posted by buu2 at 04:22Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年01月02日

夕焼けでもなく、富士山でもなく、スカイツリーでもなく、朝焼けでもない

ただの曇り空

P1030454
  

ズームでみるスカイツリー

P1030455


P1030456


P1030457


P1030458
  

検証!2010年のおみくじ

2010年の初詣でひいたおみくじの内容を検証してみます。

DSCN2917


総論:凶

元木の感想:総じての感想は末尾に。

メッセージ:いかばかり 雪はふるらむ 富士の嶺は 裾野もみえず 雲に かくれぬ

元木の感想:素晴らしい。誰がこういう歌を考えるんでしょうね?「凶にぴったりの歌をひとつお願いします」とか頼むんでしょうか。見事です。

運勢:今一番苦しい時です。苦しむのだと決心して一所懸命努力し勤めている間に、自分が磨き上げられ、やがて運が開けます。天分を見失ってはいけません。

元木の感想:このおみくじを常に目の前において、雨の日も雪の日も頑張ってみました。まだ磨きが足りないようで、運は開けていません。諦めずに磨こうと思います。それが3年になるのか、5年になるのかわかりませんが、磨く余地が残っていることはありがたいことです。

各論
願望:つつましければ意外に叶う

元木の感想:つつましくなかったようです。

縁談:もう一度相手を注意して見なさい

元木の感想:御意。

交際:自分の反省が足りない

元木の感想:もっと反省します。

産児:産後に特に注意しなさい

元木の感想:該当する案件なし。

病気:軽い

元木の感想:確かに。せいぜい、賞味期限を大幅に過ぎた鯖でお腹が痛くなったくらいです。それ以後、スーパーの鯖はやめました。

転居:早い方がよい

元木の感想:ついついそのままです。そろそろ引っ越そうかな。

事業:苦しいが世の為に頑張りなさい

元木の感想:引き続き頑張ります。

試験:成功する

元木の感想:試験と名のつくものはひとつも受けませんでした。会計士の資格ぐらいは持っておいても損ではないかもしれませんが、試験は12月13日ごろだったはずなので、もう手遅れですね(笑)。


総じての感想:結構当たっていて驚いた。2011年も鎌倉に行ってくじを引いてこようと思う。このくじは、木に結びつけるんですかね?それとも焼くのかな?2010年の記録としてとっておくのでも良いな。このおみくじのおかげで有意義な一年でした。ありがとう。同じくじを引いた皆さんも同様に良い一年を過ごせたことをお祈りしております。  
Posted by buu2 at 15:08Comments(2)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中はどうだか知りませんが

僕のカレンダーは現在のところ2010年12月33日となっております。今、年末の大掃除をやっています。もう3日目ですが。少しずつ、足の踏み場ができてきたところです。今日は心に余裕があればぶり大根を作ってみようかな、と思っています。そして、お正月はキュベレイの制作!!

でも、その前に掃除をして、洗濯をして、あ!今日限定でApple Storeでセールやっている!!!よし!iPadのcamera connecting kitを買っちゃおう!本当はiMacとかiPod touchとか欲しいけど、じっと我慢。ポチ。

あぁ!AmazonではニコンのD7000のボディが安売りしているぞ!みんな年末で在庫一掃セールですか?え?箱根駅伝?なにそれ。そもそも関東の大学だけを対象としているような競技にはあまり興味ありませんから。え?天皇杯ではまた本山が活躍して腹が立つ?しりません。

まだ33日です。

アジアカップ開幕には新年を間に合わせたいですね。あっ!年賀状!今年も完璧な構想とシナリオ。そして新しいプリンター。でも年賀状は50枚しか買ってません。あの、基本的に、メール添付でよろしいでしょうか?サイズは年賀状サイズなので、各自、余ったはがきにプリントしていただく、ということで。

さて、掃除、掃除!  
Posted by buu2 at 14:46Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年01月01日

朝生を見ながらツイッター

Amidalachan 2:16am via HootSuite
勝間さんと森永さんって、本当に大したこと言わないよね(笑)それで、その二人が議論しているところが電波の無駄遣い(笑)

Amidalachan 2:21am via HootSuite
正直どうでもいい。 RT @asamadetv: 小沢一郎元代表の政倫審出席について、皆さんはどのようにお考えでしょうか?

Amidalachan 3:08am via HootSuite
どうでも良いけど、自分で「#asamadetv」を使えと言っておいて自分で使っていない理由を140文字で是非。 RT @asamadetv: 「デフレ不況」、誰が原因?何のせい?と皆さんは考えますか?皆さんのご意見を@asamadetv2011で。

Amidalachan 3:18am via HootSuite
今日はじめて勝間さんはまともなことを喋った。「わかりません」という結論だから意味ないけど。
#「アンケートの母集団推計が実感と乖離があるため、アンケートの信頼性には疑問がある」という発言

Amidalachan 3:20am via HootSuite
アンケートやるならこんな信頼性の低いシステム使わないで、普通に投票してもらえば良いのに(笑)。馬鹿は必要なシステムを必要な場所で使う、ということができない。

Amidalachan 3:26am via HootSuite
この間の不倫暴露のときも、芸能レポーターたちの慌てっぷりはひどかった。「なぜツイッターだったんですか」って、手軽だからだろ、ばーか。

Amidalachan 3:29am via HootSuite
ハッシュタグを知らないのかと思った(笑)。 RT @kwsmhr: 番組側が素材を吸い上げるための手段としてしか捉えておらず、視聴者側がtwitterでアンテナを立てる際の利便性を軽視しているからRT: 「 #asamadetv」を使えと言っておいて自分で使っていない理由

Amidalachan 3:36am via HootSuite
あずまんはまとも。

Amidalachan 3:37am via HootSuite
それだ。
#何が「それだ」なのかは今となってはさっぱりわからない。

Amidalachan 3:38am via HootSuite
勝間はひっこめ。

Amidalachan 3:39am via HootSuite
勝間さんは主張にオリジナリティがない。あずまんの拡声器(ただのりしているだけだけど)。こういう軽い人間は出てこなくても良い。

Amidalachan 3:41am via HootSuite
田原さんがツイッターを知らないのが致命的だな(笑)
#冒頭で田原総一朗さんがツイッターの本を書いたって宣伝していたのに。

Amidalachan 3:43am via HootSuite
ただ、ツイッターはツイッターで別に万能じゃないぞ。出演者達はツイッター教信者か(笑)?

Amidalachan 3:50am via HootSuite
勝間さんって、ひろゆきとか、切込隊長とか、あずまんとかが大好きだけど、片想いなんだよね。
#一所懸命「あなたたちに共感してます」ってポーズを見せるのが見苦しい。あんたには彼らが共感すべきものが何もないじゃないか。

Amidalachan 3:58am via HootSuite
海老蔵は低次元だろ。「低次元です」って言え。
#突然田原さんが「海老蔵事件って、低次元な話ですかね?」と真顔でパネラーに尋ねるから。

Amidalachan 4:07am via HootSuite
日本語が少し変。 RT @asamadetv: メディア、テレビ、ツイッターについて討論が白熱しています。皆さんが今のマスメディアに問題と思うことについて、ご意見をお寄せください。ただいま、分析中です。
#厳密には正しいのかも知れないけれど、「今のマスメディアで問題と思うこと」の方が正しい感じ。あるいは「今のマスメディアに対して問題と思うこと」。文字数には余裕があるんだから。

Amidalachan 4:09am via HootSuite
っていうか、どこだかのデータマイニングシステムの宣伝をしたくて仕方ないみたいだけど、全然役に立たないことがバレていて笑える。
#冒頭でわざわざ「○○社の開発した××を利用して」って繰り返し宣伝していたんだけど、もちろん全然役に立たない。そういう統計処理をするなら普通のアンケートシステムを用意してボタンを押させれば良いだけのこと。

Amidalachan 4:11am via HootSuite
情報のリークは、あたりまえだけど全部ポジショントークだからね。

Amidalachan 4:20am via HootSuite
田原さんはウィキリークスを読んだのかなぁ。
#あまり読み込んでいる感じじゃないので。もちろん僕もしっかりは読んでないけれど。

Amidalachan 4:45am via HootSuite
やっぱり政治家はなんとしても規制によって存在感を示したいのだよね。
#たとえ機能しなくても、何らかの規制が・・・・みたいな話なので。機能しないなら規制は要らないだろ。

Amidalachan 5:08am via HootSuite
既得権者であるところの正規から権利を剥奪するところになんで踏み込まないの?
#労働市場の流動化に関して。

Amidalachan 5:12am via HootSuite
おい、折角池田さんが本質を述べたんだから、そこから突っ込めよ。年功序列と終身雇用について。
#各局から干されている池田さんぐらいしか、これを言う人はいないからね。

Amidalachan 5:14am via HootSuite
だめだな、このデモの人。会社なんかリクナビマイナビ以外でもいくらでも調べられるだろ。うちの会社なんか365日募集しているぞ。しかも履歴書不要。
#スタジオに見に来ていた学生。「俺たちはこんな大変な思いをしている。何とかしてくれ」というのが主旨。要は「俺たちも既得権者の場所に座らせてくれ」という話。まだ「もうそんな場所はない」ということを理解出来ていない。労働組合は「気の毒にね」とは言ってくれるが、自分たちの座っている場所を明け渡してくれるわけではないことに気がついていない。

Amidalachan 5:18am via HootSuite
与えられた水の中でしか生きられないと思っているところがダメ。
#件の学生について。

Amidalachan 5:21am via HootSuite
このお兄さん、良く言った。自分でやらなくちゃ駄目なんだよ。
#パネラーのひとり。中国にいる人らしい。「中国なんか20%しか大学に行けないし、大学生の就職率も凄く低い。日本に比べたらずっと厳しい状況だ。お前らも頑張れ」といった主旨の発言。

Amidalachan 5:23am via HootSuite
正社員が取り過ぎというのは大筋で正しいけど、厳密には正しくない。社員をクビにしやすくしろ、という方がより正しい。

Amidalachan 5:23am via HootSuite
まーた、大して考えてもいない勝間さんがベーシックインカムとか言い出すし(笑)
#「そろそろ真剣に考えたほうが良い」だそうで。頑張って失敗した人のセーフティネットは必要だろうけれど、なんで何もしないでいる奴らにセーフティネットが必要なのか、そのあたりをひとつ教えていただきたいところ。

Amidalachan 5:29am via HootSuite
マイクロクレジットとソーシャルビジネスは違う話じゃないの?やっている人が同じだけで。

Amidalachan 5:30am via HootSuite
ソーシャルビジネスを税制優遇するくらいなら、終身雇用、年功序列の会社に重課税したら?
#基本規制には反対だが、既得権者層を崩壊させるための規制はあっても良いかな?と思わないでもない。

Amidalachan 5:39am via HootSuite
うーーーーーん、いつもどおり、発散しまくって全然生産的じゃない。年功序列・終身雇用を政策的に排除する方法に絞って議論したらどうだろうね。

Amidalachan 5:40am via HootSuite
この北京のお兄さんは良い。加藤さんって言うの?

Amidalachan 5:42am via HootSuite
池田さんも「正社員の待遇を落とせ」と言っていて、これも良く言った、という感じ。

Amidalachan 5:43am via HootSuite
勝間さんは別にリスクとってないだろ(笑)

Amidalachan 5:49am via HootSuite
大きな企業に入って生活を安定させる、っていうことに希望を持ち過ぎなひとたち。
#景気が良くなれば大企業の雇用も増える、という流れ。それで、新卒の解釈を広げろ、と。日本の閉じた社会だけでやっていくならそれもあり。でも、国際的な競争力は失われる。全部国営化するようなもの。あ、そんな国が東アジアにもあったっけ?

Amidalachan 5:49am via HootSuite
さて、寝るか。


総評
細野豪志(民主党・衆議院議員)→☆
片山さつき(自民党・参議院議員)→☆☆☆
辻元清美(無所属・衆議院議員)→☆
東浩紀(批評家、作家)→☆☆☆☆☆
池田信夫(経済学者)→☆☆☆
猪子寿之(チームラボ代表取締役社長)→☆☆
上杉隆(ジャーナリスト)→☆☆☆☆
勝間和代(経済評論家)→なし
加藤嘉一(コラムニスト、北京在住)→☆☆☆☆☆
長谷川幸洋(東京新聞・中日新聞論説副主幹)→☆☆
森永卓郎(獨協大学教授、経済アナリスト)→なし
森本敏(拓殖大学海外事情研究所所長)→☆☆
湯浅誠(内閣府参与、反貧困ネットワーク事務局長) →☆
田原総一朗→☆☆

テレビ朝日→池田氏、上杉氏を連れてきたことは評価大。ツイッター連動システムはおはなしにならないレベル。

せっかく東氏、池田氏から良い発言を導き出しているのに、それで終了しちゃう。どうしてその発言を実務者(→民主党、自民党の政治家)に問いたださないのか。

勝間氏の上っ面だけの評論っぷりはいつもの通り。この人の専門って何なんだろう?どうしてこんなにちやほやされているのか不明。誰かが何か言うと「そうそう、そうなのよ」って、そりゃやじうまだよね。

森永卓郎の馬鹿っぷりは相変わらずだけど、その隣に池田氏を座らせたのは素晴らしい慧眼。おかげで間に挟まれてひどい目にあう人ができなかった。

猪子氏は面白い発言もあるのだけど、終始なげやり。ああいった発言はみんなが自分に都合が良いように取って我田引水する。一方で北京在住の加藤氏は初めて個体認識したけれど、少ない発言機会の中できちんとした意見を言っていた。彼を発見したことが今朝の番組における最大の成果かも知れない。有名な人なんですか?あ、そう。  
Posted by buu2 at 13:57Comments(2)TrackBack(0)テレビ番組││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の富士山

ちょっとピンクの富士山。

P1030448
  

今日の朝焼け

寒いのでめったに撮らないのだけれど、今日は日の出も撮影してみた。スカイツリーの背後からのぼってくる朝日。飛行機と、飛行機が作った飛行機雲がちょっと邪魔?それとも多少のアクセント?

P1030390


P1030393


P1030396


P1030402


P1030405


P1030408


P1030414


P1030417


P1030421


P1030424


P1030427


P1030430


P1030431


P1030432


P1030433


P1030434


P1030435


P1030436


P1030437


P1030438


P1030439


P1030440


P1030441


P1030442


P1030443


P1030444


P1030451
  

今日の月と金星

夜明け前に。

P1030384


P1030387


P1030399