2011年07月07日

さぼうる2

神保町で打ち合わせがあったので、さぼうる2でランチを食べながら、ということにしたのだが・・・・。

11_07_07_274


生姜焼きにするか、ハンバーグにするか迷ったのだけれど、無難にハンバーグに。

そうしたら、これのいけてないこと、おびただしい。このハンバーグなら、僕が自分で作るハンバーグのほうが絶対に美味しい。肉も、ソースも、どこをとっても褒めるところがない。その上で最悪だったのはライス。どこのお米を使ったらこんなにマズいご飯になるんだろう。松屋やすき家でもずっとまともなご飯を提供していると思う。

もう、絶対、二度と行かない。

店名 さぼうる (サボウルツー)
TEL 03-3291-8405
住所 東京都千代田区神田神保町1-11
営業時間 8:30〜23:00ランチ11:00〜14:00
定休日 日曜日  

九電の「一国民の立場から」

九電やらせメール、これが社員らへの「指示」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110707-00000001-yom-soci

うふふ。()内は僕の注釈です。

 本件については、我々のみならず協力会社におかれましても、極めて重大な関心事であることから、万難を排して(うわー、そんな一大事なんだ!働いている場合じゃないね!)その対応に当たることが重要と考えております。

 つきましては、関係者に対して説明会開催についてご周知いただくとともに、可能な範囲で、当日、ネット参加へのご協力をご依頼いただきますよう、御願い致します。

 説明会ライブ配信websiteにアクセスの上、説明会の進行に応じて、発電再開容認の一国民の立場から(一国民である以前に九電の社員として、ですね。わかります)、真摯(しんし)に、かつ県民の共感を得うるような意見や質問を発信。

 なお、会社のPCでは処理能力が低いこと等(「等」の中には「IPを抜かれて九電からのアクセスだとバレてしまうとまずいので」というのが含まれていますね?)から、是非、ご自宅等のPCからのアクセスを御願致します。


「一国民の立場から」というのが、「歌留多下手」の「フラットに聞いてこい」に通じていて味わい深いったらありゃしないですね(笑)。

参考:御用学者の明けない夜

ただ、こういうのって嘆いていても仕方ないよね。システムがこれを許している以上、根絶は無理。さっさと国民総背番号と国民投票を制度化して、必要に応じて自分の責任で堂々と意見を言えるような社会を実現すべき。  
Posted by buu2 at 00:43Comments(0)TrackBack(0) ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

食べたくない奴は食べるな、で解決しろよ

マジか、レバ刺し食べられなくなるかも知れないのか?

<生食用牛肉>生レバーの提供、当面禁止を通知 厚労省部会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110706-00000114-mai-soci

いい加減にしてくれよ、民主党さん。

「牛のレバーには細菌がいることがありますよ。このところ、食中毒はこんな感じで発生していますよ。死者もこれだけ出ていますよ。食中毒を起こした店はここですよ。一応、厚労省からは処理業者、店舗向けにガイドラインを発表しておくので、あとは自己責任でよろしく。まぁ、もしも何かあれば店の責任は問うし、被害者は個別に民事訴訟をやれば良いと思うよ。子供やお年寄り、体力が落ちている人は要注意ね。お店は自分で選んで。食べる、食べないは自分で決めて。ゼロリスクが良い人は最初から食べないでね」で何か問題あるの?

何で規制しなくちゃならないんだよ。食べたくない奴は食べなければ良いじゃん。レバ刺し、美味しいのに・・・・・。超迷惑。頼むよ、もう。レバ刺しに比較したら、周囲の人間に迷惑をかける分、タバコの方がよっぽど規制にふさわしいだろうに。

関連エントリー
ユッケ食中毒について
焼肉関連の続き
  

2011年07月06日

竜王戦挑戦者決定トーナメント開幕戦

竜王戦って、システムは結構複雑なんだけれど、実力さえあれば若手でもあっという間に竜王になれちゃう、というシステムで、しかもなかなか良く考えられている。加えて、名人戦と違ってお金を払わなくても(大体、公益法人を目指す団体の一番大事な棋戦が有料って、全然公益じゃねぇじゃんか)速報を見ることができるので、僕の中では一番好きな棋戦。それで、今日はその挑戦者決定トーナメントの開幕戦、羽生二冠(!)対橋本七段の対局があった。今日は本当はトレーニングに行く日だったんだけれど、こちらが面白くてついつい最後まで見てしまった。羽生さんが無難に勝ったかな、と思っていたら、終盤で大逆転(多分)があって橋本七段の勝利。

羽生さんでも5年に一度くらい、こういう大逆転負けを喫するんだよね。中盤での羽生さんの大胆な指し回しから最後の大逆転まで、とても面白かった。  
Posted by buu2 at 23:10Comments(8)TrackBack(0)将棋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

派手にドカーンと、しかも2ヶ所で、さすがはCNN

nenbou


つまり、これを書いた人は「ねんぽう」じゃなくて、「ねんぼう」だと思っているんでしょうね。「うるおぼえ」と一緒。誤植学的には「ちゃんと勉強しろ」に分類されます。

出典:新IMFトップにラガルド氏就任、年棒4500万円(CNN)  
Posted by buu2 at 12:00Comments(2)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年07月05日

松本龍のガイドライン

これをマスターすると、あなたも松本龍復興担当相(元職かも)になれるかも知れません。

1.馴れ合いは拒否
参考:宮城県庁での村井知事との会談の際、あとから入室してきた村井知事が握手しようとしたらこれを拒否。

2.べらんめぇ口調
参考:「仮設作れば良いじゃん」「県でコンセンサスを得ろよ」「だからちゃんとやれ」「どんどん使いな」「アレが欲しいコレが欲しいは駄目だぞ」と、内容はもっともなのに石原都知事のような語り口で台無しにする。

3.先輩風を吹かせる
参考:村井知事に対して「お客さんが入ってくるときは、自分が入ってからお客さん呼べ。いいか。長幼の序がわかっている自衛隊ならそんなことやるぞ。判った?」と発言。また、岩手県達増知事に対して「ずっとこの仕事やっているから。ずっと指示しているから」「あれ(宮古市山本正徳市長)、俺の弟みたいなものだから」と発言。

4.オフレコ
参考:村井知事との会談の最後に「最後の言葉はオフレコです。いいですか、みなさん。書いたらもうその社は終わりだから」と発言。ただし、「最後はオフレコです。いいですか、○○したら、○○は終わりだから」は震災時必須イディオム集に登録される可能性大。

5.辞任
参考:「オフレコ」を要請した件について放送され自分が終わる。


ワンポイントアドバイス
「オフレコだからね。書いたら終わりだからね」を上手に使いこなしましょう。石原都知事や菅首相との違いは、オフレコ要請をするかどうかと、最後に辞任するかどうかです。


想定適用例
「ベントやれよっ!」「視察に行くからヘリを用意しておけよな!」とべらんめぇ調で命令。「おれは原子力には詳しいんだよ」と自らの知識をひけらかす。翌日、原発が爆発。「原子力に詳しいって言ったのはナイショだぞ。書いたら終わりだからな」と要請したにも関わらずニュースで報道され、総理大臣を辞職。

  
Posted by buu2 at 11:53Comments(4)TrackBack(1)ガイドライン││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年07月04日

リバネスの「うこんとしじみ」問題に関して厚生労働省にも質問を送付

厚生労働省 監視指導・麻薬対策課 担当者様
03-3501-0034

弊社ではネットの利用に関するコンサルティング業務を行っており、それを通じていくつかの薬事法上の疑問を持っております。別紙に2点をまとめましたので、厚生労働省の見解をお知らせいただければ幸いです。

以下、別紙

1.一般人によるインターネットを通じた広告
インターネットの普及にともない、一般の人が独自に広告を掲載したり、情報発信できる時代になりました。アフィリエイトと呼ばれるものは、ブログなどの個人運営サイトに広告を掲載し、その商品が売れた場合にブログ運営者に一定額が支払われるものです。こうした手法においていはブログ運営者の理解不足により、本来は謳ってはならない商品の効果効能について広告してしまう可能性があります。こうした活動は薬事法上問題があると考えますが、いかがでしょうか。

想定事例:コラーゲンを含む健康食品について、ブログ運営者が「これを飲んだら肌がプリプリになったし便秘も治った。アトピーにも効く」と広告した。



2.関係者、あるいは関係者であることが推測される第三者による広告
ツイッターなど、簡単な情報発信ツールが普及したおかげで、誰でも簡単に広告できるようになりました。そのおかげで、単なるクチコミなのか、広告なのかが分かりにくくなっています。例えば、先日、こんなことがありました。

(1)A氏が「飲み過ぎた」とツイッターに記述
(2)B氏がA氏に対して、懇意にしているC社の販売する健康食品(うこんを含むもの)を「効きますよ」と推奨

このケースの場合、B氏とC社の関係が不明確です。もしC社が直接A氏に対して「二日酔いに効きます」と連絡していれば話が早いのですが、このケースでは直接ではありません。

このようなケースについてはどのように考えたらよろしいでしょうか。

事例:http://togetter.com/li/156722
登場人物:木下斉氏(内閣府政策調査員、内閣官房地域活性化伝道師、経産省まちづくり会社等支援事業委員等)、黒籔誠氏(経済産業省地域経済産業グループ)、平田睦氏(石垣島商工会事務局長)、丸幸弘氏(株式会社リバネス代表取締役CEO)
リバネスについてはこちら:http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/51272685.html

もしこうした手法によって商品の効果効能を謳えるとなれば、無関係を装っていくらでも商品の効果効能を謳えることとなり、薬事法の形骸化を招くと思うのですが、このあたりの判断はいかがでしょうか。
  

リバネスの「うこんとしじみ」問題の続報

経産省、内閣府に問い合わせ中。

経産省についてはこんな感じ。

先日、経産省地域Gの黒籔誠氏、およびまちづくり会社等支援事業委員、街元気サイト運営検討委員を務める木下斉氏を含めた4人によって、次のような会話が為されています。

現場:http://togetter.com/li/156722

リバネス社について:http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/51272685.html

かねてよりリバネス社のいい加減な対応を追求していますが、今回の黒籔氏、木下氏のやりとりも公務員、あるいは国の委員として著しく妥当性に欠ける行動と感じます(内閣府には別途木下氏について追求中)。

薬事法関連につきましては厚生労働省に対して別途相談しますが、リバネス社と全く無関係とは言えない立場の人間が、オープンなネット上で健康食品の効果効能(もちろん、うこんの二日酔いに対する効果効能は科学的に証明されていません)や、現物の供与に言及することの妥当性についてはどのようにお考えでしょうか?
  

コクリコ坂から

kokurikosaka


試写会で鑑賞。

ゲド戦記で脚本・監督を担当して大ゴケした宮崎・息子・吾朗氏の監督第二作。(あまりに評判が悪くビデオすら観ていない)ゲド戦記のことがあるので全く期待していなかったのだけれど、冒頭で「脚本 宮崎駿(と丹羽圭子(ゲド戦記、借りぐらしのアリエッティの脚本))」と出て「おおお!」という感じ。映画はやっぱり脚本が大事だからだ。ちょっと期待が高まる。

さて、映画だが・・・・これは・・・・結構良い。女の子が空をとぶわけでも、ロボットが出てくるわけでも、戦争を始めるわけでも、風力発電をPRするわけでも、人がゴミのようでもないのだが、大人のためのアニメ映画として十分に成立している。

舞台は1960年頃の横浜。チョコレート色のウンコ電車(客車の真ん中に縦に棒が立っていた)が懐かしい。というのはまぁどうでも良いのだけれど、高校を舞台にしたちょっとした恋愛模様。主人公は女性ばかりの大家族兼下宿を切り盛りする女子高校生。味付けは学生運動っぽい学生会館(サークル棟、建物の名前はカルチェ・ラタン)保護運動。戦後の混乱などの社会情勢を加味しつつ、将来日本の高度成長期を支えていくことになる子供たちをいきいきと描いている。

全く事前情報なしで観たのだけれど、しばらくは海ちゃんとメルちゃんがしっかり把握できず、ちょっと混乱した。そういう不親切なところも逆に楽しいところなんだけれど、子供にはちょっとハードルが高いと思う。あと、普通にどこにでもプリンターがある現代じゃ、「ガリ版」とか、わかんないよね。ちょうど僕が大学生だった1985年くらいがガリ版からプリンターへの過渡期だったけれど。そうした社会的な背景とか、学校生活とかも含め、高校生ぐらいにはちょっと難しく、ノースタディでは十分に楽しめないんじゃないかと思う。大学生でもどうなんだろう・・・。メインターゲットは僕たち、1960年代生まれのような気もする。でも、考えてみればナウシカやラピュタをリアルタイムで見ていた世代でもあるんだよね。そういう意味では先日の「SUPER 8」とかと一緒で、おじさん、おばさんをメインターゲットにした映画なのかも知れない。

ジブリならではのワクワク感とかはほぼ皆無(無理に言えば自転車の二人乗り?)だけれど、さらっと楽しめる作品だと思う。

ここ10年くらいのジブリ作品の中では一番面白かった。いつも出色の音楽だけど、本作も主題歌は透明感があって良い(とはいえ、「いつも何度でも」ほどのパワーはない)。あと、声優を使わずに俳優を使う点もいつも批判されるところだけれど、本作ではそれほど違和感がなかった。強いて言えば、長澤まさみさんの声がちょっと年長に聞こえちゃうことぐらいだろう。

ちなみに海が毎日揚げていた旗はU旗とW旗。ふたつ並べると「安全な航海をお祈りします」の意味になる。このくらいはネタバレでも知っておいた方が楽しめる。

#文字旗がわかる人間なんて全日本人の0.1%もいないはずで、そのあたりを全く解説しないのは、多分こうやって「あの旗はね・・・」みたいに語ってもらうことを期待しているんだろうなぁ。

#夏休み映画としてジブリがこの映画を投入する意図は不明。

#監督は、ガリ版とか、お釜を使ったご飯の炊き方とか、今の40後半ぐらいなら知っている色々なことを映像に固定化したかったんだと思う。

評価は☆2つ半。もうアラサーでもなく、「夏休み?そんなのカンケーねぇ」というおじさん、おばさんにオススメ。もちろん、子どもがいないレイトショウでぜひ。  
Posted by buu2 at 09:01Comments(0)TrackBack(1)映画2011││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな奴が復興相で良いの?(オフレコ笑える)

松本復興相、岩手・宮城両知事にきわどい発言連発



こういう、えばりくさる奴っているよね。

実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな  

2011年07月03日

健康食品販売に今度は経産省、内閣府関係者が関与?

現場はこちらにまとめておきました。

関係者(経済産業省地域G含む)のコンボによる効かない健康食品のPR

解説すると、こんな感じになります。

1.経産省地域G(地域産業政策課、地域レベルでの産業振興政策などを担当する部署。沖縄の産業振興も当然所掌のひとつ)の官僚・黒籔誠氏と、木下斉氏(内閣府 政策調査員)が飲み会の相談をした。

2.飲み会(誰と飲んだかは不明)で飲み過ぎたと木下氏。

3.沖縄県石垣島の商工会事務局長 平田睦氏が、飲み過ぎた木下氏に、「リバネスの「うこんとしじみ」が効くはずよ〜」と宣伝活動。平田氏とリバネスの関係は不明なものの、リバネスは石垣島で石垣牛事業などを実施しており、無関係とは思えない。

4.内閣府政策調査員木下氏、「こないだ丸さんから頂きました」と仰天?発言。

5.リバネス丸社長、「ぜひー。送りましょうか(笑) 」と贈賄?を示唆する発言。

6.木下氏、「DMさせていただきます(^-^)」と収賄?を示唆する発言。


良く知らないのですが、内閣府政策調査員というのは公務員ではないんですかね?違うのかも知れませんね。黒籔誠氏は公務員のようですが。

参考資料:
賄賂罪(わいろざい)
日本の刑法197条〜198条に規定されている犯罪類型の総称。公務員に公権力の行使に関して何らかの便宜をはかってもらうために、金品などを提供する賄賂による職権濫用・法律違反に関する犯罪規定。

内閣府政策調査員の立場が公務員なのかどうか、月曜日に内閣府に問い合せてみましょう。もし公務員なら、賄賂罪についても調査する必要がありそうです。

ちなみに二日酔いに効く健康食品が存在しないことについてはこちらで書きましたが、

二日酔いについて考える

経産省地域Gの官僚、内閣府政策調査員を巻き込んでの商品PRというのはどうなんでしょうね?平田商工会事務局長はリバネスの「うこんとしじみが二日酔いに効く」と明記しているわけですが、リバネス社内の人間ではないとしても、密接な関係が想定される立場の人間が効きもしない健康食品の効果効能を謳うのは、薬事法上どうなんでしょうね。こちらは厚生労働省に問い合せてみます。もしこれが違法じゃないなら、ツイッターを使えばいくらでも(部外者を装うことによって)効果効能を謳えることになるわけですが。以前、「そんなんじゃクチコミしないよ」(河野武著)を紹介したときに、ブログのペイパーポストを利用した効果効能PR手法について次のような感じで軽く触れたんだけど、

コラーゲンの広告手法について取り上げて笑いものにしたわけだけれど、無知なブロガーが広告料をもらって「肌がしっとりきれいになりました」とか、コラーゲンのありもしない効果効能をブログに書いた場合、一体どうなるんだろう、と考え込んでしまった。いや、肌がしっとりきれいになりました、ならまだ良いのだけれど、「コラーゲンを食べてがんが治りました」とか、書いてしまったら、誰が責任を取るんだろう。うーーーーん、やっぱり、そりゃ、ブロガーだよなぁ。著者はこの手のペイパーポストサービス関連のプロモーションで薬事法にひっかかりそうな案件を知っているようで、へぇーという感じ。


今回は経産省、内閣府を巻き込んでいるので、ちょうど良い参考事例になりそうです。ツイッターで効果効能を謳った場合、それに関与した人たちの法律上の立場はどうなるのか。


ちなみにヒアルロン酸が全然効かないことに関する楽しい話はこちら。

「皇潤」、宣伝しすぎて利益まったく出ず、社長ら取締役全員クビ 


関連エントリー
その1「どうしてこうなったんだろう?」
その2「リバネス批判」
その3「国からの委託・補助の状況(調査進行中)」
その4「博士号を利用したマーケティング」
中間報告:リバネスを中小企業庁が呼び出し、指導することが決定
食品関連のマーケティングで見かける科学者の専門性判定
中小企業庁への要望書(ファックス送信済み)
サイエンスにこだわるのをやめちゃった(笑)リバネスショップ
リバネスの健食の件について、ようやく中企庁経営支援部新事業促進課から返答があった
中小企業庁に対して、再質問
リバネス問題に関してひどい対応の中小企業庁
ウソツキ社長が経営するインチキベンチャーになめられっぱなしの中小企業庁
ようやく訂正とお詫びの記事を載せたリバネス。でも、総統閣下はお怒りのご様子です
リバネスが早速消去したお詫びの全文
二日酔いについて考える  
Posted by buu2 at 10:32Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

チャーシュー力 V3三芳店

関越道三芳スマートインターチェンジから近いので、この店が使えると素晴らしいと思い食べてみた。

11_07_01_270


名称:チャーシュー力V3
種類:東京とんこつ
場所:みずほ台
評価:2/CBB
2011.7.1
コメント:麺は細めの縮れ麺。コシがなく、やや臭いもきつくて食べていて苦痛になるレベル。

スープはとんこつベースの塩味で東京とんこつタイプ。そこそこしっかりとダシが取れているけれど、麺が駄目なのでスープが生きてこない。素晴らしく美味しいわけでもなく、東京とんこつとしては中の上といったところ。

ラーメン屋のくせに「チャーシュー専門店」と看板を立てているのでチャーシューに期待したけれど、普通に美味しい程度。これを目当てに食べに行くほどではもちろんない。

このあたり、何気なくラーメンのレベルが高いので、これだとちょっと厳しいんじゃないの?と思うのだが、何故か(笑)繁盛している様子。ぜひそのまま頑張って欲しい。他の店が空いてくれるので好都合。僕は多分もう二度と行かないと思うけれど。食べていて気がついたけれど、店名は長州力が語源と思われる。

店名 チャーシュー力 V3三芳店 (ちゃーしゅーりき)
TEL 049-257-0331
住所 埼玉県入間郡三芳町上富1040-1
営業時間 11:00〜翌2:00
定休日 12月31日と1月1日  

2011年07月02日

木菟

池袋に行きつけの古本屋さんがあって、そのそばにあったので入ってみた。以下、評価。

11_06_27_268


名称:木菟ラーメン
種類:中華
場所:池袋
評価:2/CBB
2011.6.27
コメント:麺は細めで弱く縮れたもの。中華系のラーメンにありがちなコシのない麺で、かなり物足りない。スープの絡みは標準的。

スープは鶏ベースの醤油味で、東京ラーメンというよりは中華系の味わい。昔のラーメンって、こんなのが多かったよなぁ、という気分になる。が、美味しいかと言われると、うーーーーーん。無理に類型を思い出すと神保町の名店、ピカ一に近いんだけど、ピカ一に比較すると生姜とか前面に出ているものがなくて、ちょっとぼけた感じ。特徴に乏しい。

チャーシューは標準的。特に美味しいわけではない。

ということで、僕の評価では2点。でも、この店の魅力はこういう無粋な点数評価では表現できないと思う。ラヲタがラーメン本を片手に食べに行くような店じゃなくて、地元のおじちゃん達が集まってきて、ビールをのみながら、八百屋の倅はどうしてんだっけ?みたいにくだを巻くような店、社交場的な場所なのだ。

こういう評価をブログに載せること自体、どうなのかな、と思うけれど、点数評価が全てじゃないよ、と自戒を込めて載せておくことにする。

店名 木菟ラーメン (みみずくラーメン)
TEL 03-3971-0584
住所 東京都豊島区雑司ヶ谷3-2-6
営業時間 [月〜土]11:30〜21:00
定休日 日曜・祭日  

関東は(放射能をかぶっていない)ネギ不足で困った

昨日、近所のオリンピックに買い物に行った。

ネギを買おうと思ったら、茨城産と千葉産しかない。いつもは群馬産があるからここの店で買っているのに。それで、店員のお兄さんに「群馬のネギはないの?」と聞いたら、「今は茨城と千葉しかありませんが、ダメですか?」というから、「嫌だよ。放射能をかぶってない奴を食べたいんだから」と言ったら、「でも、これは体には影響がないと政府が許可したものですよ」というので、「政府がなんと言おうと、茨城や千葉や埼玉の野菜は買いません」と言ってやった。するとこいつ、政府の回し者なのか、ただの馬鹿なのか、まだ食い下がってくる。「危ないものは市場に出回っていませんから」だって。「じゃぁ、あとになってやっぱり駄目でした、ということになったら、あなたは責任取るんですか?」と質問してやったら、返事に窮している。「じゃぁ、あなたが取らないなら、責任者を呼んでください。店の責任者はどなた?」とたたみかけてあげたら、そばにいた年長者のおじさんが、「いやいやいや、すいません、今日は群馬のネギがないんですよ。また今度お願いします」と助け舟。

こうやって店頭で店員に直接消費者のニーズを伝えるのも重要かも知れない。彼らは、なんで茨城のネギが売れ残るのか、本当に理由を分かっていないのかも知れない。「今年はネギが売れないなー。なんでだろうなー」とか考えないのかな。まぁ、下っ端には無理か。言われたことをやって給料貰っているだけだもんね。  
Posted by buu2 at 14:50Comments(6)TrackBack(0)買い物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

金丸

先日、銀座に来たときに見つけたお店。その日はなんと財布を忘れていて(財布がなくてもほぼ丸一日携帯だけで生活できてしまうので)、いざ食べようと思ったときに財布がなくて断念した。ということで、ほぼ半月ごしの来店。久留米ラーメンと称しているのでかなり期待したのだが・・・。

11_06_30_269


名称:金丸
種類:福岡
場所:銀座一丁目
評価:2/ACC
2011.6.30
コメント:麺は細めの中ではやや太め、福岡系の麺に比較しても太めの細麺。特に嫌な臭いもなく、麺硬めで注文したらちゃんとコシもあった。なかなかの良品。

スープは豚骨ベースの白湯タイプ。久留米を名乗っているのに残念ながらかなりの薄口、薄味でいわゆる豚骨ライト。ちょっとコクが足りないなぁ、と思ってテーブルの上にあった胡麻をすってみたけれど改善にはつながらない。次に、にんにく絞りでにんにくを入れたらスープが壊滅した。おいおいおい、と思い、今度は辛子高菜を入れたら、これは全くの薄味。結局にんにく風味の高菜そばになってしまった。替玉は100円と比較的リーズナブルな価格だったけれど断念。

チャーシューは九州系としては標準的な肉。非常にマズイわけではないけれど、わざわざトッピングするほどのこともない。

久留米というよりも博多ラーメンに近いと思う。豚骨ライトのつもりで食べるならそれほど後悔しないだろうが、久留米ラーメンのつもりで食べるとダメージが大きいと思う。

店名 久留米らーめん 金丸 (きんまる)
TEL 03-5524-5901
住所 東京都中央区銀座1-13-9 栄楽ビル1F
営業時間 月〜金11:00〜4:00 土日11:00〜22:00
定休日 無休  

いち川@朝霞

このヒレかつ定食が1400円というのは本当に、どう考えても信じられない。朝霞のいち川

今日も、「これなら都内の有名店にも全く引けを取らないよなぁ」と思いつつ食べた。実は今日は税務署と郵便局に行く用事があって、昼ごはんにも関わらず、入店が16時前とかなり微妙な時間だった。申し訳ないなぁ、と思ったのだけれど、お腹がすいていたし、このお店は中間閉店がないので。くつろいでいるところ申し訳なかったんだけど、今日も美味しくいただきました。

本当に、ご夫婦がお元気なうちにぜひ食べに行ってください。注文はヒレかつ定食で。

11_06_28_267


11_06_28_266
  

プリンセス トヨトミ

toyotomi


冒頭、いきなり、綾瀬はるかがおっぱいをゆさゆささせて走り回るサービスシーンで、期待が高まる。ご丁寧にスローにしてくれたりして、「監督、わかってんじゃん」って感じ。

それからしばらくは会計検査院の三人が活躍するのだけれど、面白いのは計算機を使うところだけ。そして、だんだんと風呂敷が広げられていって、その広がり具合に不安が高まっていく。これ、ちゃんと回収されるんだろうか。

ふと気がつくと、いつまで経っても状況説明だ。性同一性障害とか、いじめとか、何やら放り込むだけ放り込んであって、唯一恋愛ファクターがないのだけが救い。しかも、設定が破綻して来る。大阪の街ががらんどうになるあたりではもう滅茶苦茶。大阪にいる東京人は三人だけなのか、とか、子供はどうしたんだ、とか、どんなに急いでいたって、火の始末ぐらいはしておけよ、とか、色々と突っ込みたくなった所でまた綾瀬はるかがおっぱいゆさゆさ。綾瀬のおっぱいはガス抜き装置か?

鬼の検査官があっさり不正を黙認してナニコレ状態。大体、大阪府民が独立して云々カンヌンという話で不正の金額が年額5億って、滅茶苦茶しょぼい。それなら大阪府民から100円ずつ集めた方が良いじゃん。ってか、最初から地方税でやれよ、せこいなぁ。それに年額5億で何ができるんだよ。せいぜい100人の人件費で消えちゃうよ。

ヤクザの代紋をぶっ飛ばしちゃった件とか、いじめ問題の顛末とか、未回収のネタも山盛り。性同一障害なんかストーリーとほぼほぼ無関係だぞ、これ。大阪国民の設定とか、内容と矛盾しまくっているし。あと、元役人の僕に言わせれば、霞が関から荷物を持って新幹線に乗るなら霞が関〜日比谷公園〜有楽町〜東京駅を徒歩なんていうルートは使わず、素直に丸ノ内線に乗る。あと、往路の新幹線、ちょっと両数が少なくなかった?それで良くわかんなかったけど、何で堤真一が撃たれたの?綾瀬はるかはおっぱい以外は食ってばかり。って、それが笑わせどころなんだろうけれど、別に全然面白くない。王女を守るとか言っておいて、そのパパとママ(ママは元王女で当時は女王だったんじゃないの?)があっさり事故死するって何なんだよ。

なんか、行き当たりばったりで途中で色々とストーリーを変えちゃって、一番最初に脚本書いた作家が激怒、みたいなことになっていなければ良いんですけど。邦画って、ときどきこういうビックリするような駄目映画が出てくるから面白いよね。映画の日にうってつけですが、来月1日には当然のごとく終了しているでしょうから、ぜひTSUTAYAで。もちろん、旧作になってからで大丈夫です。お金と暇のある方はぜひ映画館で!大画面で綾瀬はるかのおっぱいを満喫してください。

予告編は凄く面白そうだっただけに、予告編作家のスキルに感動した。評価は☆ゼロ。  
Posted by buu2 at 01:38Comments(0)TrackBack(0)映画2011││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

127時間

127


映画の日ということで、風の噂で「凄く面白い」ということだったこの映画を観にはるばる東武練馬まで行ってきた(やっているところがもうほとんどない)。

さて、どんな映画かなー、と思っていたら、いきなりオープニングでつまずいた。良いとか悪いとかの問題ではなく、全く僕の趣味じゃない。「こ、これは失敗したかも」という嫌な予感が・・・・(I have a bad feeling about this.)。でも、今日は映画の日だから大抵のことは許す。

それで退屈なオープニングから女の子と出会って、さてさて、と思ったら・・・・・あらららら。そりゃぁ大変ですね、という事態に。ところが、ここから先がまたまた超退屈。なんなんだよ、これ。最後にちょっと生理的に訴えるシーンはあったものの、これって面白いの?正直、全然面白くなかった。なんか、「この映像、オシャレでしょ?」「この音楽、カッコ良いでしょ?」みたいな、監督の自己陶酔的な映画って感じ。主人公の心理描写とか全然なくて、妄想と思い出のフラッシュバックで進行。そして何より最悪なのが、タイトルから逆算して「あぁ、ここはどうってことないな。何も起きないな」というのがわかってしまうこと。だから、土曜日も日曜日も月曜日も緊張感がない。

ソウとか、あの手の映画が好きな人には良いんだろうけど・・・・。評価は☆半分。  
Posted by buu2 at 00:45Comments(0)TrackBack(0)映画もろもろ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年07月01日

想定内の事象で騒ぐ人たち

福島の子ども男女10人から放射性物質検出
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110701-798174.html

わけわかんないニュースだなぁ。放射能ふりかけのど真ん中で生活しているんだから、放射性物質を体内に取り込んでいるのは当たり前のこと。今福島で生活しているってことは、「でも、そのくらいの放射性物質はなんでもないよね」という人ばかりのはず。

「原発が爆発した日、官房長官は『直ちに影響はありません』と言い張りました。国の言葉を信じた私がバカでした」


っていうのはその通りだよな。おしっこから放射性物質が出たら嫌だっていうのなら、さっさと逃げるべきだった。別に枝野さんを擁護するわけじゃないけれど、この程度のことは全く想定の範囲内の話で、枝野さんはそれを百も承知で「健康に影響はない」って言っていたはず。評価が分かれるのは、これだけの量を体内に取り込んだ時に健康に被害が出るのか、出ないのか、であって、政府は出ないと言っていて、僕たちは「わかんないけど、安全サイドに考えるなら福島にはいない方が良い」って言っていた。健康に被害が出るかどうかはまだわかんないわけで、現時点では判定のしようがない。つまり、3月と今とでは状況は全く変わっていないわけで、その中で「信じた私がバカでした」と言ってしまうのは、信じたことがバカなんじゃなくて、世の中に情報が山ほど溢れている中できちんと情報収集と評価を行わなかったことがバカなんだよ。6月末っていうのがタイミング的には遅すぎるけれど、ようやくであっても気がついたのは良かった。子供は親を選べないわけで、親がバカなおかげで被曝させられた子供はたまったもんじゃない。

この件に関しては、この程度の影響でガタガタ騒いでいる方がおかしい。全く想定内の事象だよ。本当に、この程度のこともわかっていないのかな?福島の人たちは。

関東の人たちも平気で放射能ふりかけのかかった茨城産の野菜とか買っているけれど、今、福島や茨城の農水畜産物を買って食べている人たちは、この程度のことでガタガタ騒いじゃだめだよ。だって、全く想定の範囲内のことだもの。