2011年11月18日

荒野より

中島みゆきの新譜が出たので購入。

荒野より

水曜日に新横浜で打ち合わせがあったので、その前にビックカメラに買いに行ったら3,150円だった。定価かよ!それならAmazonで買えば良かった、ってちょっと思ったんだけれど、家に帰ってきてAmazonで価格を調べたらAmazonも3,150円だった。Amazonよ、お前もか。

それで、iTunesに食べさせて、歌詞を全部入れて、iPadで聴いたら、おい、歌詞が出ないぞ。おかしいなぁ、と思ってiPodで調べてみたら、歌詞はちゃんと追加されている。どうやらiPadだけの症状みたいだ。それで、「iPad 歌詞表示」でぐぐってみたら、え?iOS5になったら歌詞が表示できなくなったの?それって物凄い改悪だろ。

おい、スティーブ、何やってんだよ。最近のAppleは全然駄目だな!  

Posted by buu2 at 01:23Comments(2)TrackBack(0)中島みゆき││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

「遺伝子組み換え食品との付き合いかた」が予約可能になりました

僕の最新刊がAmazonで予約可能になりました。よろしくお願いいたします。



なお、最新情報はこちらの「いいね」をクリックして、フェイスブックページでチェック!

  
Posted by buu2 at 00:30Comments(0)TrackBack(0)読書││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月17日

今日の夕景

P1040156
  

新規渋滞創出信号システムに関する続報

先日、警察庁がやった信号実験について書いたんだけど、

1億4,000万円かけて渋滞を悪化させた警察庁(笑)

続報キタコレ。

新信号で渋滞緩和のはずが… 滋賀県警、運用休止へ
http://www.asahi.com/national/update/1117/OSK201111170005.html

なんだか良くわからん。

混雑した車線の点灯時間を長くする「ムーブメント信号」


のくせに、

直進の矢印の間に右折車線に停滞。右折の矢印の時間はほとんど変わらなかったため


って、全然機能してないじゃん。要するに「下手な考え休むに似たり」ということですね、それはわかります。それで、これを請け負ったのはどこのバカシンクタンクでしょうね(笑)?って調べてみたら、これかな?

http://www.npa.go.jp/yosan/kaikei/yosankanshi_kourituka/23-22reviewsheet27.pdf

システム構築は随意契約で決まっている株式会社日本システム様でしょうか。それにしても、100万円か(笑)。

大半を持っていった株式会社日本信号様もちょっと気になりますね。

日本信号株式会社役員一覧

時間ないから調べないけど、このうち、国土交通省とか、警察庁とかからの天下りって、いるんですかねぇー?「日本信号 天下り」でググったら色々出てきましたが(笑)。  

天皇杯に関するいくつか

昨日の試合でマリノスと松本山雅が対決することに。どこでやるのかなー、と思って調べてみたら、今年は4回戦、準々決勝、準決勝の会場って決まってないんだね。松本でやってあげれば良いのに。日産スタジアムのほうがお客さんは入るだろうけど、日産スタジアムでは来年追悼試合をやるんだし、アルウィンだって2万人入るからね。

その一方で、週末から天皇杯決勝の特別席のチケットが抽選発売されるそうですが、驚くのはこの価格。

第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会
決勝戦「特別席」先行抽選販売のご案内


18,000円かよ!!!凄い価格だなぁ。実は僕はこの座席で何度か天皇杯決勝を観戦したことがあるのですが、本山が中央の階段を握手拒否しながら登ってきていたのを今でも良く覚えています。だから本山は大嫌い。って、それはそれとして、この価格でチケットがはけるなら、素晴らしいことですね。「満員のスタンドで決勝戦をやらせてあげたい」ってヌードになったりした人たちがいたのが懐かしいです。

ちなみに僕がサッカーのチケットに対して、生涯で一番高額を払ったのはこちら。84,000円かぁ(笑)。

DSCN5345


天皇杯の決勝をお正月にやるのは今年で最後かも知れないみたいですね。ずっと正月に観てきた僕からしても、「元日決戦である必要はないよね」と思います。別に寂しくもない。  
Posted by buu2 at 12:07Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

実写版スーパーマリオ

右上のコインのカウントとか、細かいところが良くできている。



事故だけど。  

2011年11月16日

燃費

41e4599a.jpg1334
  
Posted by buu2 at 22:18Comments(0)TrackBack(0)モブログ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の夕景

P1040154


P1040155
  

「第三回 鹿島槍蕎麦打ち会」を終えて

今年の蕎麦打ち会は去年にもまして好評のうちに終了することができました。これもひとえに参加していただいた皆さんのご協力のおかげです。35名もの参加者を僕一人でハンドリングできるはずもなく、皆さんが少しずつ、あるいはたくさんの協力をしてくれたからです。本当にありがとうございました。

この蕎麦打ち会、そもそもは僕の友人が「鹿島槍スキー場を買ったので、夏の間に何かのイベントで使って貰って構わない」という話をくれたことと、知人の元五輪選手が、「最近白馬に来てくれる人が減ってきている。寒いのが嫌とか、スキーは面倒臭いというのは仕方ないので、ブルーベリーや蕎麦を食べに来てもらいたいのだが、何か良い知恵はないか」とお酒の席で僕に話しかけたことがスタートでした。ちょうど僕たちは「どうぶつしょうぎ」のマーケティングをしていたので、どうぶつしょうぎと蕎麦打ちをセットにして、鹿島槍でイベントをやってみよう、と考えたわけです。その後、いくつかの紆余曲折はあったものの、今は「夏に白馬の畑で不耕起栽培の蕎麦を育てよう」「自分たちで蒔いて育てた蕎麦で、蕎麦を打とう」という会になりました。

この会、先日、ある飲食の経営者の方に概要を説明して、「いくらだと思いますか?」と訊いたら、一泊二食で1万5,000円くらいだろう、との返答でした。実際はその半額以下でやっているわけです。だからなのか、今年は想定した参加者の1.5倍もの方が鹿島槍まで遊びに来てくれました。景気の悪い中、子供たちと一緒にご家族で参加していただくには、やっぱり負担の少ない価格設定が必須だと思っています。大きなトラブルもなく、イベントのあとは皆さんから「楽しかった」「また来年も参加したい」という連絡をいただいています。このイベントは、蕎麦蒔きが7月最終週の日曜日、蕎麦打ちが11月の第二週の土日と決まっていますので、ぜひ、また来年もご参加ください。

さて、ここでひとつ、皆さんにお願いがあります。僕は以前、「B to Cの関係をどうやって再構築していくか」という記事を書きました。また、最近ではTPPへの参加にあたり、「日本のコメが大事だというのなら、消費者が日本のコメを買えば良いだけのことだ。関税がなくなって、横で10分の1の価格のカリフォルニア米が売っていようとも、『オレたちは日本人なんだから日本のコメを買う』と考えれば良いだけのこと。農家を支援するのは国ではなく消費者だ」という内容の情報発信をしたりしています。両方とも、「事業者(コメなら農家)と消費者の関係を考え直しましょうよ」というものです。

僕はこのブログで健康食品を叩いていますが、それはインチキな商売、消費者を騙すマーケティング手法だからです。一方で、今回、皆さんを楽しませてくれた鹿島槍の人たち、あるいは美味しい豚肉をわざわざ自腹で持ってきてくれたアクアポークの小山さんは、彼らとは全く違います。一緒に蕎麦を打ったり、キャンプファイヤーをやったり、花火をやったり、お酒を飲んだりした仲間です。また、今回は残念ながら都合がつかずに参加していただけませんでしたが、皆さんが美味しい、美味しい、と言いながら食べた蕎麦の原料は、グルノーブルオリンピックの日本代表だった丸山寿一さんから提供していただいた蕎麦粉です。そういった人たちとの関係を大事にしてもらいたいのです。ネット時代になり、核家族化が進み、人と人との関係は希薄になってきています。ですから、この蕎麦打ちイベントで作った縁をぜひ大事にしていただきたいと思います。最近のスーパーの野菜売り場とか、玉子売り場とかで「顔が見える」みたいな売り方が流行りですが、僕はあんなの全然意味が無いと思っています。だって、顔写真が出ているだけですから。だから僕は、こういう売り方を「形ばかりのマーケティング手法、イメージ戦略の一つ」と考えています。だけど、今回協力していただいた皆さんは、ちゃんとそこにいた人たちばかりです。

鹿島槍は、どんどん夏の利用者が増えているようです。僕たちが遊びに行った時のレジャーも、もっともっと充実していくと思います。アクアポークさんも、皆さんが注文してくれれば、「来年もまた一緒に遊びたい」と思ってくれるかも知れません。来年のキャンプファイヤーでは、バーベキューも追加されるかも知れません。また、夏の蕎麦蒔きに参加すれば、丸山寿一さんもきっと歓迎してくれると思います。

僕ができることは、都会ではなかなか経験ができない蕎麦打ち、皮からの餃子作り、鰹節を削るところからの蕎麦つゆづくり、キャンプファイヤー、打ち上げ花火などの機会を企画・提供することぐらいです。でも、楽しい会の背後には僕以外の、多くの人の協力があります。だからこそ、とても楽しい時間を過ごしていただくことができました。

今年の冬、スキーやスノボに行こうと思ったら、ちょっと鹿島槍に行くことを検討してみてください。もしかしたら、僕たちの写真が飾ってあるかも知れません。宿泊は、ちょっと遠いかも知れませんが、八方の大根館(おおねかん)を考えてみてください(鹿島槍まで車で約20分)。豚肉を買おうと思ったら、アクアポークのサイトにアクセスしてみてください。そうそう、今回参加していただいた現代アートの吉島信広さんは、12月に東京神楽坂で企画展を開かれるようです。展示を見て、そのあと近所の蕎麦屋で一杯飲むというのも良いかも知れません。

「B to C」とか言うと難しそうですが、なんのことはない、みんなで楽しくやっていきましょう、というだけのことです。僕がわざわざこんな風に書く必要もなく、「そんなことはわかっているよ」と言われちゃいそうですが、引き続き、よろしくお願い致します。

今年は日程が合わなかった方、興味はあったけれどちょっと面倒くさいな、と思った方、そんな皆さんも、ぜひ来年はご参加いただければと思います。来年も20人集まっていただければ開催します。「平日にやって欲しい」というお話もありましたので、場合によっては平日と休日のダブルヘッダーも実現するかも知れません。

来年、鹿島槍でお会いしましょう。  
Posted by buu2 at 13:48Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonって、簡単に値上がりするんだね

この間まで8,000円ぐらいだったのでこれを2つ買ったんですが、



今日の価格は12,800円。5,000円近く値上がりしている。  
Posted by buu2 at 13:32Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

人類の進化の方向が見えた

最近は放射能(放射線)を機械なしに検知できるニュータイプが増えているようです。

放射能を検知できる人をながめてコツをつかむ
http://togetter.com/li/211348

こういう人たちは、健康診断の時とか大変なんでしょうね。  

半分の月がのぼる空

半分の月がのぼる空 [DVD]

サッカーを観たくて契約しているスカパーがおまけで「今月、好きな番組を一つタダで観て良いよ」と言ってきたので、「衛星劇場」を注文してみた。その中で見つけた「半分の月がのぼる空」をテレビ鑑賞。深川監督の作品は白夜行で初見、洋菓子店コアンドルも観ているけれど、神様のカルテはスルーした。

良くある難病モノとしてはまぁまぁな作りで、どうなっちゃうのかなーと、ハラハラまではしないものの、それなりの興味を持ちつつ、終盤まで観ることができた。例によって突っ込みどころはいくつかあったものの、ムキになって粗探しをしたくなるほど退屈な映画ではなかった。

そして、ラスト。あれ?この子、誰?あれ?こっちの子は????と、ちょっとおかしな展開になって、直後に真相がはっきりするという作り。これは結構脚本が良いかも、と思って調べたら、西田征史だった。おっぱいバレーやおにいちゃんのハナビはそれほど面白かった記憶がないんだけど。

ネタばれするとつまらなくなるので詳細は書かないけれど、HDDに保存しておこうかな、もう一回観ようかな、と思える映画だった。決して後ろ向きではなく、病気の人間も、周囲の人間も、それなりに前向きなラストなのが良い。

評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 00:00Comments(0)TrackBack(0)映画2010││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月15日

口パク

安室奈美恵さんが喉の調子が悪くてコンサートを中断したそうですが、

安室奈美恵 ライブ中止でも拍手される理由にプロ意識の高さ

この記事で気になったのがこの記述。

確かに安室の姿勢は、昨今の音楽界で当たり前となっている“口パクアーティスト”とは一線を画す。
「コンサートだけでなく音楽番組でも横行している。某アイドルは、テレビ番組で歌っている最中、マイクスタンドが倒れたのに声が流れ続けた」(テレビ局音楽担当者)


そういうのって、ようつべにあるよね、と思ったら、やっぱりあった(笑)。


(3分過ぎ)  

世界王者から陥落

北朝鮮相手に0−1で敗戦。これで1年以上守り続けたアンオフィシャルフットボールワールドチャンピオンシップから陥落。残念。  
Posted by buu2 at 17:55Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

薬膳火鍋専門店 天香回味 銀座店

薬膳火鍋専門店 天香回味 赤坂別館でごちそうになったら美味しかったので、自腹で銀座店に行ってみた。

メニュー構成は赤坂別館と一緒。鍋のセットに鶏肉、ラム肉を追加してみた。

11_11_14_586


11_11_14_588


11_11_14_589


11_11_14_590


11_11_14_591


11_11_14_592


スパイスに特色がある店なので、赤坂で食べたのと印象はほぼ同じ。ストレートに言ってしまえば東アジアのスパイスを使って作ったきのこ鍋。僕はきのこも辛いものも大好きなので、非常に満足。ただ、動物の肉は凡庸。特にラム肉は看板みたいだったけれど、わざわざ追加することもないと思う。締めに翡翠麺かうどんを選べるのだけれど、それよりも安いはずのご飯にチェンジできなかったのは非常に残念。というのも、翡翠麺は非常にがっかりな質だし、うどんも悪くはないけれど、このスープにはご飯を投入したいから。お金を払ってでもライスを貰えば良かったかも知れない。

評価は☆2つ半。

店名 薬膳火鍋専門店 天香回味 銀座店
TEL 03-5524-7767
住所 東京都中央区銀座2-4-6 銀座 Velvia館7F
営業時間 [ランチ]11:00〜15:00(L.O.14:00)[月〜金]17:00〜23:00(L.O.21:40)[土・日・祝]17:00〜22:00(L.O.20:40) 
定休日 不定休  
Posted by buu2 at 10:50Comments(0)TrackBack(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月14日

14歳

14歳 [DVD]

14歳の時のトラブルを抱えた大人が、14歳の子供との新たなトラブルに直面することによって、過去のトラブルを再認識する、というストーリー。

BGMをほとんど使っておらず、物凄く静かな作品である。また、ハンディカメラを使ったり、色々と演出上の細かい挑戦をしているところも感じられる。ただ、そういったひとつひとつが相乗効果をあげているかといえばそうとも言えず、若い監督が色々と試してみたいこと、自分の引き出しにあるものを片っ端から詰め込みました、という映画になっていると思う。良く言えば荒削り。悪く言えばまとまりがない。

脚本も、演出も、色々と難があるなぁ、という感じで、人によってはこういう映画を高く評価するのかも知れないけれど、エンターテイメントとしてはまだ一定の水準に達していないように感じる。同じ監督が10年後にこの作品を自分でリメイクしたらどうなるのかな、と思う。もちろん、10年後には失われてしまい、もう取り戻すことができない何かもあるんだと思うのだけれど、その「何か」よりも、これからの10年で監督が身につけるであろう別の「何か」の方が、価値があるんじゃないかな、と感じる。

あと、「また香川照之か!」と思う(笑)。物凄く器用な役者さんだし、何をやっても存在感があることは間違いがない。だけど、ちょっと出すぎな感じもする。別に良いんだけど。

評価は☆1つ。  
Posted by buu2 at 13:51Comments(0)TrackBack(0)DVD││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月13日

第三回 鹿島槍蕎麦打ち会 二日目

3時まで飲んでいたのに起床は7時、朝食は7:30から。そして、蕎麦打ちは9時にスタート。朝一は昨日蕎麦を打ったメンバーが後発隊にお手本を見せながら蕎麦を打ちます。

11_11_13_548


昨日の夜に到着した家族も、見よう見まねで蕎麦打ち開始。

11_11_13_551


そして、昨日打ったメンバーは変わり蕎麦に挑戦。

11_11_13_564


陶芸家の彼が打った蕎麦は茶そば。

11_11_13_569


去年は時間がなくて僕は蕎麦を打てなかったのですが、今年は宿泊チームが皆さん帰路についたあと、片付けが終わってから時間があったので、黒七味を使った蕎麦に挑戦してみました。

11_11_13_575


11_11_13_576


11_11_13_579


11_11_13_581


巨匠製作、京都祇園の黒七味を使った、黒七味蕎麦。ピリ辛の大人の味でした。

11_11_13_582


こちらはアクアポークの小山さん製作、山椒を使った山椒蕎麦。こちらも山椒の良い香り。

11_11_13_583


今年も去年と同じく、そばつゆはかつお節を削っての一手間かけたもの、皮から手作りの餃子、都会ではなかなかできない打ち上げ花火をたっぷり、と、東京ではなかなか体験できない手作り感満載の蕎麦打ち会でした。土曜日には自転車に乗って鹿島槍を走りまわったチームもいたりして、皆さん、満足されたようです。また来年、お会いしましょう。来年は11月10日、11日の予定です。

ところで、こんな豪華な蕎麦打ち会が、たったの7,000円で楽しめてしまったのも、協賛してくれた皆さんのおかげです。冬は鹿島槍でスキーをしてみてください。宿泊は白馬村八方尾根の大根館へどうぞ。餃子や焼肉で豚肉を提供していただいたアクアポークさんでは、いつでも通販で美味しい豚肉を購入できます。

鹿島槍スキー場
八方尾根大根館
アクアポーク  
Posted by buu2 at 23:46Comments(0)TrackBack(0)長野││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月12日

第三回 鹿島槍蕎麦打ち会 一日目

今年で第三回となりました鹿島槍蕎麦打ち会の一日目です。

今年の参加者は去年から倍増して35人!!!使った蕎麦粉は10キロ以上。しかもこれは自分たちで種を蒔いた蕎麦!

お昼すぎに集合して、まずは昼ごはんの蕎麦を打つことに。

11_11_12_523


11_11_12_525


小さい子供には蕎麦の手打ちはちょっと難しい(体重とか、力とかの問題で)ので、同時進行で餃子作りも。

11_11_12_526


蕎麦は、こんな感じで。

11_11_12_529


11_11_12_531


11_11_12_530


去年から参加しているチームはさっくりと。

11_11_12_533


今年初めてのチームもちゃんと蕎麦になります。

11_11_12_534


無事、蕎麦が打てたので、お昼ごはん。腹ごしらえがすんだら、例によって夜のお酒の魚を釣りに。

11_11_12_537


今年の釣果はイワナが10匹でした。

夜ご飯は鹿島槍の食堂で鍋。

11_11_12_539


うわ、写真を撮る前に少し食べられてしまった。

11_11_12_540


肉は無事でした。

11_11_12_541


お腹が一杯になったあとは、キャンプファイヤーと花火大会。

11_11_12_542


11_11_12_543


花火の写真はありませんが、楽天で15,000円分の花火を購入して持っていったので、かなりやりごたえがありました。

そして、子供が疲れて寝てしまった後は飲み会。昼間に作った餃子と、釣ってきたイワナ、それからみんなが持ち込んだつまみ各種を食べながら、日本酒、ワイン、焼酎などで3時まで談笑。

11_11_12_546


二日目に続きます。  
Posted by buu2 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)長野││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月11日

新少林寺

shaolin


試写会で鑑賞。

辛亥革命時代の中国を舞台に、失脚した将軍と、失脚の原因を作った裏切り者の戦いを描いたカンフー映画。

どんだけ派手にやりあうのか、と思っていたら、意外とアクションは地味に進んでいく。むしろ、政治劇のような感じで、テンポも遅いので、正直眠くなる。裏切りが起きて、将軍が失脚したあたりから派手になるのかと思いきや、将軍は普通に出家して、地味にトレーニングしている。相変わらず、テンポが遅い。もっと眠くなる。

あぁ、このまま終わってしまうのかな、と心配になってくるラスト45分くらいからは俄然面白くなってきて、どうして最初からこれをやってくれなかったの、という感じになるのだが、そのまま終劇。中心人物達が繰り広げるアクションシーンはどれも見事。スター・ウォーズのダース・ベイダー対オビ=ワン・ケノービがこのくらいやっていたらなぁ、という感じ。主人公の二人はきちんとキャラが描かれていて、全体を通しての心の変化もわかりやすい。

逆立ちシーンなどで明らかにワイヤーだってわかってしまうところもあったけれど、基本的に俳優さん達が体を張って頑張っているのが伝わってくる。あと、女優さんがすごく可愛い。

編集が雑だったり、マイナスポイントはいくつかあれど、カンフー映画としては上出来な部類だと思う。評価は☆2つ半(女優さんで半分おまけ)。  
Posted by buu2 at 00:11Comments(0)TrackBack(0)映画2011││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月10日

円高なんだから、海外で売って売って売りまくれ

こんなこと、やっていたんですね。すばらしい。

被災地支援へ計6.8億円で落札 村上隆氏らの21作品

奈良ちんの。

Patched Head
nara1


Hey Ho Let's Go!

Lone Star

村上ちんの。

And Then, And Then And Then And Then And Then. Yellow Universe

New day: Kaikai and Kiki, Faces All-Over

円高なんだから、海外で売って売って売りまくれ、という感じ。たくさん売らないと、稼げない。

Post-War and Contemporary Art Session I including Works from the Peter Norton Collection  
Posted by buu2 at 12:56Comments(0)TrackBack(0)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter後のネット社会 番外編 その12 地獄への道は善意で敷き詰められている

「福島の子供たちを救うために24時間」というサイトがあります。
http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?fp

「請願書に署名してください」という主旨のサイトで、請願書の内容は次のようなものです。

内閣総理大臣 野田佳彦 殿:
私たち憂慮する市民は、日本政府が、 未だに高放射能汚染地区に閉じ込められている福島市の子ども達を守るため、 早急に行動をとるよう強く要請します。 特に、渡利地区の住民に避難の権利があることを認識し、 安全地域に移住したいと望む人々に緊急の支援を提供するよう求めます。 子ども達、孫達の未来がかかっています。もはや時間はありません。


この記事を書いている時点(2011/11/10 11:00)で、Facebookで情報共有した人が約3.8万人、ツイッターでつぶやいた人が1.4万人もいるようです。私の友達の中にも、何人も「署名しました」と表明した人がいます。

しかし、署名する前に一度立ち止まってみて欲しいのです。このサイトの文章には2つ、「?」と思う所があります。

一つ目は、「黒い雨が空から降り」というものです。これは本当なのでしょうか。黒い雨が降ったとなればかなりセンセーショナルなのですが、私は昨日までこのニュースを知りませんでした。

もう一つは請願書の中身で、「特に渡利地区を何とかして欲しい」という趣旨のことが書いてありますが、渡利地区って、どこ?というものです。この手のことはちょっと調べればすぐにわかりますから、渡利地区について調べてみると、こんなニュースが見つかりました。

妊婦と子どもだけでも避難させてほしい――放射能汚染が深刻な福島市渡利地区住民の切実な訴えにも無策の政府
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111029-00000000-toyo-bus_all

なるほど、渡利地区の人々の状況はこの記事を読めばある程度理解することができます。ただ、同時に、「福島には同じような地域があるのではないか。そこも何とかしないとまずいのではないか」という疑問が生じてきます。それより何より、これまでに署名した人のどのくらいが、このニュースを知っていたんだろう、とも思います。少なくとも私は、こちらについても昨日まで知りませんでした。

ネットでの署名集めは非常に簡単です。しかし、簡単だからこそ、一時の感情でなんとなくやってしまう部分があるのではないでしょうか。そういう署名には、どの程度の価値があるのでしょうか。活動の目的自体は正しいと思いますが、きちんとした活動であることを示すためには、まず渡利地区の実情に関する記事をきちんと読んで理解してもらい、その上で署名してもらうべきだと思います。たとえば、良くある、Eコマースサイトの利用規約に関するシステムの利用などが考えられます。恐らく、利用規約をきちんと全部読んでいる人は少ないと思いますが、何もないよりはずっとマシなはずです。大事なことは、署名する人が渡利地区に関する知識を持っていることです。

署名した人は現時点で8万人近くになります。その人達は全員が福島に黒い雨が降ったと信じているのでしょうか。あるいは、全員が渡利地区のことをきちんと知っていたのでしょうか。

「Twitter後のネット社会」で指摘しましたが、今のネット社会は「空気を読む」「雰囲気に流される」社会です。雰囲気に流されただけの署名を集めるのには、Facebookやツイッターは大きな威力を発揮すると思います。しかし、今回の署名で大事なことは、私達が渡利地区、もしくはその近所の、同じような状況に追い込まれている地域に関する正確な知識を得ることです。知識を得た上で、「これはおかしい。野田総理、なんとかしてください」と署名することには私は賛成です。しかし、多くの人が、何も調べず、なんとなく福島が可哀想っぽいから、とか、みんなが署名しているから、とか、知り合いが署名したから、とか、知り合いに頼まれたから、という理由で署名したのであれば、その署名の価値は大きく低下すると思います。

すでに署名した人が、どの程度、「黒い雨」や「渡利地区」についての知識を持っていたのか、私にはわかりませんし、調べようもありません。しかし、そこそこの割合の人が何となく署名をしていたんじゃないかな、と思いますし、何より、この署名サイトにおいて、そういった情報の提供がなされていないことに違和感を持ちます。

私は福島の人達、特に子供たちのうち、避難したいと考えている人は自由に避難できるのが当たり前だと思います。色々と調べた後では、この請願書の主旨にも賛同します。しかし、この請願書に署名することについては後ろ向きです。

繰り返しですが、署名したみんながきちんと理解した上で署名しているのなら、何の問題もありません。しかし、もし理解しないで署名しているとすれば、それは典型的な「衆愚」です。3.11の前も、そして後も、散々言われた言葉をもう一度思い出してください。

The road to hell is paved with good intentions.
地獄への道は善意で敷き詰められている
  

黒5

池袋にめっぽううまいハンバーグを出す店がある、と聞いて、ハンバーグ評論家としては食べないわけに行かず、早速食べてきた。

#今のところ、ラーメン、とんかつ、ハンバーグの評論家です。

メニューはこんな感じ。

CA3B0829


1,000円のランチなので、過剰な期待は禁物。2,000円以下のとんかつに旨い店がほとんどないのと同様、ハンバーグも2,000円以下でまともな店はほとんどないのだ。

まず、出てきたのはスープとサラダ。

CA3B0827


CA3B0828


評価はなし。というか、何も書かないことから察して欲しい。

CA3B0830


ライス。無言。まぁ、1,000円だからな!

そして、いよいよハンバーグである。

CA3B0831


ちょっと割ってみるとこんな感じ。

CA3B0832


すいません、今日、デジカメを持ってくるのを忘れて、携帯のカメラなんです。撮り直し・・・・

CA3B0833


ま、ま、まぁ、良いよね、雰囲気だけでも伝われば。

さて、それで食べてみたんですが、このハンバーグ、ハンバーグというよりはユッケの丸焼き、という感じ。ちなみに「ユッケの丸焼き」というフレーズは来月出る予定の「総統閣下はお怒りです」に登場するフレーズなんだけど、まさかこんな所でお目にかかるとは。

とにかく、ぐちゃぐちゃにしすぎ。歯ごたえというものがない。なんか、あらびきのひき肉の歯ごたえみたいなものって、ハンバーグには重要じゃないですか?重要だと思うなぁ。それがこの店のハンバーグには全くない。皆無!(カイジ調)そこが、なんとも。ユッケよりももっと歯ごたえがない。そうだなぁ、ネギトロ?そんな感じ。

でも、普通に美味しいとは思います(渡辺樹庵さん風味)。

評価は☆2つ。一ヶ月に一度くらいは来ても良いかも知れない。

店名 焼肉キッチンスタジアム 黒5 本店 (クロゴ)
TEL 03-5396-6829
住所 東京都豊島区池袋2-46-3 シーマビル 1F
営業時間 17:00〜翌5:00
定休日 無休  

2011年11月09日

TPP参加

TPP交渉参加「慎重に」判断を…民主提言決定
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20111109-OYT1T01030.htm

参加ってことね。予想通り。

だけど、本当の勝負はこれからのはず。中野剛志さんみたいな人が矢面に立って交渉すれば良いんじゃないのかな。日本人同士でやりあったって仕方ない。米国に向かって、あの調子で、是非。  
Posted by buu2 at 23:51Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

カイジ2

kaiji2


カイジがイマイチイケテなかったので(レビューはこちら)パスるつもりだったんだけど、マガジンに載っていた吉高由里子のグラビアが可愛かったので観てきた(笑)。

前回はちょっと散漫な感じだった対決だけど、今回はパチンコ「沼」だけが基本なので、勝負についてはきっちりと見せてくれた。ただ、所詮パチンコなんだけど。裏の裏の裏を読む、ぐらいはやっていたと思う。ただし、全体的なストーリーはやや凡庸。「こうなるだろうな」という展開に大体なってしまう。ただまぁ、ラストのオチは想定の範囲内とは言っても、思わず笑ってしまった。

全体的にハリウッド映画的な、音楽でずっと引っ張り続けるような映画。つまり、音楽が鳴りっぱなし。なので、映画館で観たほうが楽しめると思う。その一方で、サラウンドの処理はあまりにもわざとらしく、もうちょっと自然にできないのかなぁ、と思ってしまう。つまり、「ほら、サラウンドですよ」という押し付けが感じられてしまうのだ。これがあると、ちょっと白けてしまう。

主人公の藤原竜也は相変わらず歯並びが悪い。前作同様のわざとらしい演出は健在で、慣れてしまえばこれはこれでありなような気がしてくるから不思議。だけど、本作で出色なのは伊勢谷友介。人間失格、あしたのジョーと、主役を食ってしまう演技は健在。個人的には今一番注目している男優である。香川照之は今回はちょっと抑え目。この人はあんまり前に出過ぎないほうが逆に存在感が出て良いと思う。そしてもちろん吉高由里子。可愛い。演技は、うーーーん、まぁ、良いじゃないの。

ということで、ストーリー的には大きな破綻もなく、☆2つ。だけど、伊勢谷の頑張りと吉高の可愛さで☆半分おまけして、☆2つ半。

映画館で観るのをオススメ。  
Posted by buu2 at 01:46Comments(4)TrackBack(0)映画2011││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月08日

塔の上のラプンツェル



劇場公開時に3Dで観たかったんだけれど、地震があったり、3D映画館が休館だったり、忙しかったりで結局観ることができず、今頃DVDで鑑賞。

なるほど、これはできが良い。無理のないストーリー、スピーディな展開、豪華な色使い、魅力的な登場人物たち、耳に馴染みやすい音楽、そして、めでたしめでたしなラスト。さすがにディズニーだな、という感じ。

同じようなプロットの映画に「八日目の蝉」があると思うのだけれど、随分と違う映画になるものだなぁ、と思う。どちらが良い、ということはないんだけれど、「蝉」を先に観ているので、「実際には、こうはならないよね」と、ちょっと冷ややかに感じてしまうところもある。

原題はTangledだったみたいだけれど、ラプンツェルでもなく、塔の上のラプンツェルって、それは風の谷のナウシカですか?という感じだけど、「の」を使うジブリ風味のタイトルは日本人受けが良いんだろう。あと、いくら聞いても「ラプンツェル」じゃなくて「ラプンゼル」あるいは「ラプンズエル」であって、それは英語発音なんだから当たり前。

IMAXで観たかった。評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 01:31Comments(0)TrackBack(0)DVD││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月07日

HDDを買っておいた

DSCN5151


タイの洪水でHDDが品薄、とか言われると心配になってしまう。半年以内にHDDレコーダーとデジイチを購入するのもほぼ確定なので、今のうちに、と思って2Tを2つ買っておいた。



一つの箱で送られてくるのかと思ったら、箱が2つ来た。どうでも良いけど。

ちなみに「今、2つ買っても、4テラなんて使い切らないでしょ。安いなーと思っても、2年後には4テラで8,000円かもよ?」という心の声もありました。しかし、8,000円だからねぇ。「信頼性が低い」というAmazonレビューが沢山あるけど、当面は両方を並行利用して片方が壊れたら、どうするか考えれば良いじゃん」みたいな?

売り切れちゃうと「やっぱり買っておけば良かった」と後悔するのが目に見えていた(いや、2年後には「やっぱり要らなかった」かも知れないけれど)ので、2つ。ちなみに外箱のシールは黄丸だったのでSEAGATE製のよう。評判の悪いSamusung製やWestern Digital製(ただし、風評)じゃなくて良かった。  
Posted by buu2 at 14:34Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

「遺伝子組み換え食品との付き合い方」から「はじめに」ノーカット版

今月発売予定の「遺伝子組み換え食品のとの付き合い方」(オーム社)の「はじめに」の文章です。実際の書籍ではスペースの都合でかなり短くなっていますが、元々のバージョンをこちらに掲載します。

はじめに

先日、ネットサーフをしていて、あるブログを見つけました。そのブログの運営者は、「イオンで売っているプライベートブランドのジンジャエールの原料を見てみてびっくりした。遺伝子組換え不分別の甘味料を添加している」と書いていました。さらに、「値段が少し安くても、遺伝子組み換え食品を口にするリスクを負わなくてはならないのは心外だ」という主旨のことを書いてもいました。

この文章を読んで、みなさんはどう思うでしょうか。「イオンは遺伝子組換えの食品を売っているのか。もうイオンでは買い物をしたくないな」と思いますか?

ジンジャエールは他社製品もあって、誰でも簡単に手に入れることができます。それらのジンジャエールは、どれもこれも遺伝子組換え不分別のトウモロコシから作られた果糖ぶどう糖液糖が添加されている可能性が高いのです。2009年に毎日新聞が国内飲料メーカー8社に対して行ったアンケート調査では、アサヒ飲料、キリンビバレッジ、サッポロ飲料、サントリー、ヤクルトの5社が「不分別を利用」、ポッカが「不分別使用の可能性がある」、日本コカ・コーラは「情報公開を義務づけられた内容以上の質問には答えられない」と回答し、「使用していない」と回答したのは大塚製薬1社のみでした。したがって、現在日本で飲むことができるジンジャエールの全てに遺伝子組換え不分別の甘味料が使用されていることが強く示唆されます。

現在、清涼飲料水の甘味料について、遺伝子組換えに関する表示義務はありません。他のメーカーが「義務はないから」と表示していない中で、イオンは唯一、自社のプライベートブランドで「遺伝子組換え不分別です」と表示しています。

清涼飲料水の「遺伝子組換え不分別」という表示ひとつをとっても、背景についての知識があるとないとでは、受け取り方が180度変わってしまう可能性があります。「すでに果糖ぶどう糖液糖のほとんどが遺伝子組換えトウモロコシから作られている」と知っていれば「義務がないのにきちんと表示しているイオンは素晴らしい」となりますが、実情を知らなければ、「イオンは遺伝子組換えの果糖ぶどう糖液糖を使っていてけしからん」となってしまうかもしれません。

私たちの「もの考え方」は日常の色々な情報から影響を受けます。テレビ、新聞、雑誌、インターネット、友達の口コミ・・・。情報の洪水の中で、私たちは情報を取捨選択し、自分にとって正しい判断に行き着く必要があります。そうした中、遺伝子組換えに関する情報は非常に入手が難しく、また、わかりにくくもなっています。この状態では、どうやって遺伝子組換え食品と付き合っていったら良いのかもわかりません。

この本では、皆さんに遺伝子組換え食品の現状をお伝えするとともに、それらとどうやって付き合っていったら良いのかについて、科学一辺倒にならずに考えてみました。今後の皆さんの生活において、ひとつのヒントになれば幸いです。


本屋さんの店頭やAmazonに並ぶまで、もう少々お待ち下さい。最新情報はこちらの「いいね」をクリックしてチェック!




  
Posted by buu2 at 08:10Comments(4)TrackBack(0)読書││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月06日

サプリメントなんて、もう要らないかも?

ちょっと前に、Archives of Internal Medicineに掲載された論文でこんなのが。

Dietary Supplements and Mortality Rate in Older Women
http://archinte.ama-assn.org/cgi/content/abstract/171/18/1625

1986年の時点で平均年齢61.6歳だった女性38,772人を対象に、ビタミンとミネラルのサプリメントの利用状況と、2008年末の生存状況(40.2%が死亡)を調査して、その相関を求めた、という論文なんだけれど、マルチビタミン、ビタミンB6、葉酸、鉄、マグネシウム、亜鉛、銅に関してはリスクがアップし、カルシウムだけがリスクが小さくなったとのこと。関連は鉄のサプリについてが一番高いらしい。

無料で読めるのがサマリーだけなのでなんとも言えないけれど、さもありなん、という感じではある。ビタミンAやその前駆体のβカロテンの危険性については以前このブログでも書いたけれど、現在ではビタミンDを始めとして、脂溶性ビタミンの多くが「適度に摂るなら害はない」といったところ。

僕もちょっと具合が悪いな、と感じるとマルチビタミンを飲むことがあるんだけれど、冷静に考えればビタミンって、多分普通の食生活の中で健康被害が出るほどに欠乏するものじゃない。ミネラルも、どうなんだろう。そんなにたくさん必要なものじゃないしねぇ。体の中で、「あ、これはあのミネラルだ」ってわかるのはカルシウムぐらい。あぁ、あと、ヘモグロビンの関係で鉄はわかるか。亜鉛とか銅とか、わざわざサプリで飲むようなものではないと、なんとなく感じる。理由はないけれど。

今回は高齢の女性を対象とした調査だけれど、これからはこの手の調査結果も色々と出てくるんだと思う。

最近、色々と調べていて思うのは、偏食よりもバランスが取れた食生活のほうが良い、ということ。そりゃぁどうしても不足するビタミンやミネラルはサプリに頼ってもいいけれど、そんな状況に追い込まれることって、日本ではほとんどないんじゃないかなぁ。この論文では唯一好評価だったカルシウムですら、大量摂取すれば腎結石や前立腺がんのリスクが上昇するという論文があるみたい(Pharmacist’s Letter/Prescriber’s letter Natural Medicine Comprehensive Database(2006))だし、アミノ酸の一種のトリプトファンですら、大量に摂り過ぎると健康被害が出るくらいだからね。以下、「「健康食品」の安全性・有効性情報」から抜粋。

・サプリメントとしての経口摂取は危険性が示唆されている。妊娠中・授乳中の使用は避ける。
・経口摂取での副作用として、吐き気、頭痛、ふらつき、口渇、かすみ目、運動失調、傾眠などがある。
・サプリメントとしてトリプトファン製剤を摂取して、好酸球増多筋痛症候群という健康障害を引き起こした事例がある。


出典:「健康食品」の安全性・有効性情報「トリプトファン」
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail623.html

それにしてもこの「健康食品」の安全性・有効性情報というサイトは素晴らしい。このサイトを運営している独立行政法人国立健康・栄養研究所は偉い。

健康はバランスの取れた食生活から。僕は、文化的な生活をしているならサプリメントは不要、ということでFAなんじゃないかと、最近は思っている。

ずっと昔、味の素(グルタミン酸のナトリウム塩、グルタミン酸はアミノ酸の1つ)を食べると頭が良くなるって言って、何でもかんでも味の素を振る時代があったけれど、今は「味の素で頭が良くなる」なんて言う人を見ることない。だから、20年ぐらいしたら、「あの頃はみんなサプリでビタミンやミネラルを摂っていたんだよね。今じゃ誰もそんなことしないけれど」っていう時代になっていても、全然不思議じゃない。  
Posted by buu2 at 08:16Comments(0)TrackBack(0)バイオ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月05日

たれ蔵

銀座もしばらく新規開拓しないでいたら色々と新しい店ができたようなので、4丁目あたりから絨毯爆撃することに。

11_11_04_521


名称:たれ蔵
種類:東京西部
場所:東銀座
評価:1/BCC
2011.11.4
コメント:麺は太めで加水率がやや高め。つけ麺屋に良くあるタイプの麺だが、なぜかスープの絡みが悪い。麺が悪いのか、湯切りが悪いのかは不明。

スープは豚骨ベースの醤油味で、魚系のだしを強めに効かせた東京西部タイプ。ベースの豚骨がかなりあっさりしているために、全体として水っぽい感じ。いわゆる「お湯の味がする」ってヤツ。これが絡みの悪い麺と相まって、麺に味がついてこない。典型的なダメなラーメン。

チャーシューはまずいので、トッピングするのはお金の無駄。

またつまらないものを食ってしまった。

店名 たれ蔵 (たれぞう)
TEL  03-3542-4158
住所 東京都中央区銀座4-10-10 GMビル 1F
営業時間 11:00〜翌4:00
定休日 不明  

1億4,000万円かけて渋滞を悪化させた警察庁(笑)

新信号機システムで渋滞悪化
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111105/t10013753371000.html

この信号機のシステムは、「ムーブメント信号制御」と呼ばれるもので、センサーで読み取ったその時々の交通量に応じて自動的に信号を調整し、渋滞の緩和に役立つと期待されています。警察庁では、ことし3月、全国に先駆けたモデル事業として、国道1号線など交通量が多く渋滞しやすい滋賀県内の4つの交差点に、1億4000万円をかけて導入しました。しかし、滋賀県警察本部が、この半年間、新しい信号システムの効果を確かめた結果、交差点を通る10本の道路のうち9本で、これまでより渋滞が悪化していたことが分かりました。最も悪化した道路では、渋滞の時間がおよそ4倍に延びたということです。


なんか笑っちゃう話だけど、こんだけお金かけるくらいなら、実交通量データを反映させたオンラインゲームを作って、信号をどうやって操作したら一番最適かをゲーマーに解かせてみたら良いんじゃないのかね?時々緊急車両が通ったり、事故が起きたり、アクシデントが起きる仕様にして。

一番良いのを見つけた人に1000万円、とか。毎年やるの。信号プログラムコンテスト。  
Posted by buu2 at 12:34Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ

railways


試写会で鑑賞。会場内は物凄く年齢層が高くてびっくり。真面目に、冗談じゃなく加齢臭がした。仕方ないけど。

さて、前作がイマイチだったので(下記参照)

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

本作も全く期待していなかったのだけれど、今回は普通に面白かった。余貴美子と小池栄子が上手なのは最初からわかっていたんだけど、他の役者も上手。このあたりの、役者の厚みは前作と同様。三浦友和も、「赤い疑惑」ですげぇ長いキスシーンを演じていたのはもう40年近くも前なのか。あのドラマで「コバルト60」って脳みそに刷り込まれたよね(笑)。加えて、ストーリーも普通に面白い。定年間近の旦那と、旦那の定年を待って自分の時間を持ちたいと考えた妻のすれ違いを描いている。脇役も結構細かく人物描写されていて、必要にして十分な感じ。

ただ、満点という感じでもない。90分まで良かったのに、仕上げの30分でずっこけた。まずは雷雨の中の電車のエピソード。そんな偶然、あるわけないじゃん、という感じでドッチラケ。あぁ、もったいない、もったいない。こういう脚本で映画をダメにしちゃう人って、いるよねぇ。もうひとつは最後の仕上げ。こんな展開、現実的じゃないよ。って、ネタバレになっちゃうから書けないけれど、こういうエンディングは、これまた脚本家さん、どうなの?僕が思うようなエンディングだとしても、きちんと良い作品になったと思うんだけれどねぇ。

細かいところだと、この間観た別の映画でもそうだったんだけど、口紅したまま寝るの、ちょっと普通じゃないよね。どうして映画の中の女優さんたちは寝起きでも口紅しているの?あと、定年までの勤務期間が35年から途中で42年に変わった気がするけれど、これは僕の気のせいかも知れない。

昔、仕事で泊まった宇奈月の延対寺荘が懐かしかった。50歳以上のおじさん、おばさんは楽しめると思う。評価は☆2つ。

ということで、ネタバレレビューは追記に書きます。本当に酷いネタバレする(しかも、ネタバレはこの映画だけじゃないかもよ)ので、覚悟がない人は見ちゃダメ、ゼッタイ。  続きを読む
Posted by buu2 at 02:27Comments(0)TrackBack(0)映画2011││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月04日

今日の夕景

P1040152


P1040153
  

大奥

大奥 <男女逆転>豪華版DVD 【初回限定生産】

柴咲コウと堀北真希の二大「ダメ映画・女優」(「ダメ・映画女優」ではない。すなわち、ダメな女優じゃなくて、この人が出ている映画はダメ確率が高い、という意味。ただし、柴咲コウはダメ・映画女優の可能性もある)出演なので、「これはダメだろうな」と思って劇場ではパス。ようやく準新作になったので観てみたけれど、予想通りひどかった。

江戸時代に病気が流行して男が女の4分の1になってしまった、という仮想世界での話なんだが、まず、見た目、4分の1どころか400分の1ぐらいの感じ。これは映像表現が下手くそだからかな。さて、そういう違和感を持ちつつ映画を観ていると、まず役者の演技力に問題あり。和服を着て学芸会をやっている現代ドラマみたいだ。役者が下手なのか、演出が下手なのか、多分両方だろう。「やれやれ、酷い映画を借りちゃったな」とスタート30分で感じたけれど、映画鑑賞はここからが勝負。大体、我らが女王、柴咲コウはまだ全然出てきていないのだ。

主人公が意味不明な理由から大奥に入って、これまた意味不明な感じで出世して、意味不明なライバルを蹴散らし、なんか謙虚な姿勢でいたら幸運の女神(もちろん柴咲コウでもなければ堀北真希でもなく、ご都合主義の原作者か脚本家)がにっこり微笑んで出世街道まっしぐら、という展開。このあたりもやれやれ感がただよう。

その後の展開も「それはない」の連発でラストの後味も個人的には悪い。お墓のシーンがないならまだマシだったかも知れない。

じゃぁ、セットや衣装が素晴らしいのかといえばそんなこともなく、斬り合いのシーンも下手くそ。登場人物たちの描写も含め、何から何まで薄っぺらい。ラストまで見るべきものは何もないので、これを観るのは単に時間が無駄なだけ。  
Posted by buu2 at 14:03Comments(0)TrackBack(0)DVD││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月03日

ハンサム★スーツ

ハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD]

着想は面白いけれど、オチが見えちゃうし、何と言っても脚本が弱すぎる。ハンサムとブサイクのデフォルメの仕方もありきたりだし、音楽も今一歩。この手の映画としては出来の悪い部類だと思う。GyaO!でタダで観たけれど、タダでもちょっと時間の無駄だった感じがする。

評価は☆半分。  
Posted by buu2 at 19:07Comments(0)TrackBack(0)DVD││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームから

e05020b1.jpgどこへ帰ったの?
  
Posted by buu2 at 02:39Comments(0)TrackBack(0)モブログ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月02日

たまにはケララ

カレー食べると太るのであんまり作らないようにしているんだけど、なんか頭痛が酷いので栄養をつけることにした。

下準備1(たまねぎ、にんにく)
11_11_02_514


下準備2(セロリみじん切り、にんじんすりおろし、生姜すりおろし、りんごみじん切り)
11_11_02_513


調理1 鶏肉を炒める
11_11_02_515


調理2 玉ねぎとにんにくを炒める
11_11_02_516


調理3 にんじん、セロリ、生姜、りんごを追加
11_11_02_517


11_11_02_518


調理4 鍋に肉と野菜を移して水を追加
11_11_02_519


完成
11_11_02_520


うう、おかわりしたい・・・・。  
Posted by buu2 at 20:14Comments(0)TrackBack(0)料理││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

常識的に考えて、野田総理はTPPに参加を表明する

先日、ツイッターの僕のタイムラインでこんなつぶやきがあった。

池田信夫がTPP賛成っていうと反対したくなる。福島みずほがTPP反対っていうと賛成したくなる。難しいな。

http://twitter.com/#!/fumita0818/status/130856763615494144

内容を検討するのではなく、「誰がどういうスタンスなのか」で判断するのはひとつの有効な方法だと思う。僕は、福島みずほと森永卓郎が反対しているだけで、あ、賛成しようかな?という気持ちになる。先日の記事で内田樹さんのエントリーを紹介したけれど、ああいう馬鹿記事を読むと「やっぱり、TPPに反対している人には馬鹿が多いな」と思ってしまう。

物凄く単純化するなら、TPPは変化を求めるのか、現状を維持するのか、ということ。僕は今の日本はこのままでは安楽死するだけなので、さっさと変化させなくちゃ、と思う。ただ、安楽死ではなくて、突然死する可能性もあるので、その危険性はないのかなぁ、と慎重になっている。

しかし、保守派は凄く大げさに影響を謳っているけれど、本当にそんなに大きな変化が出るんだろうか。ここまで強固に現状を維持し続けてきた日本がそう簡単に変わるんだろうか。なんか、あんまり変化、なさそうだなぁ、と思うのだが。

あと、これ、放っておいても野田首相はほぼ間違いなくTPP参加を表明する(理由は後述)ので、外野が何を言っても無駄だし、あとになって何か問題が起きたときに、「ほら見ろ、お前はあのとき賛成したけど、こんな風になったぞ」って言われるのは面倒くさいから、必要ない人(賢い人)は黙っているよね(笑)。

民主党政権になって、色々ボロが出て、「ほらみろ、だから自民が良かったんだ」とどや顔で言う馬鹿がいたけれど、TPPについてもそういう事態になることが容易に想像できる。ちなみに僕は今でも民主党が一度政権を取ったことは日本にとって良かったと思っている。体験与党の間に大災害が起きてしまったのは不幸なことだったけれど、自民党が与党だったとしても状況がそれほど大きく変わっていたとも思えない。

しかしまぁ、せっかくだから、有識者のコメントを読んでみよう。ここはまずモリタックにご登場願うのが一番だろう。

TPP参加で牛丼が350円になり農業関係者340万人失業の予測
http://www.news-postseven.com/archives/20111102_68444.html

消費者は安くておいしい輸入米に飛びつくでしょう


安くておいしいなら、そりゃ飛びつくよね(笑)

コストの低い輸入食品に一気に流れるでしょう


ファミレスとかはそうかもなぁ。

輸入牛を使用しているマクドナルドなどのファストフードや牛丼チェーンも看板商品を値下げする可能性が高い。


良いことじゃん。もともと輸入しているんだから、国内産業には関係ないし。

安さで外国産に太刀打ちできなくなります。生き残るのは、金持ちをターゲットにした一部の高級ブランド米だけ。


しかし、その金持ちが米国にだってたくさんいるので、米国にどんどん輸出すれば良いんじゃないの?単純計算で市場は3倍になるはずだよね。

大体、日本の産業が大事だっていうなら、みんな、高くても日本のコメを買い続ければ良いんでしょう?だいぶ前に「B to Cの関係をどうやって再構築していくか」という記事を書いたけれど、「日本の産業が大事だっていうなら、みんなで日本のものを買おうぜ、いくら割高でも」ということだよね。

とはいえ、農業にはそれなりにダメージあるだろうけどねぇ。うーーーん。なんかモリタックはちょっとあてにならないので、もうちょっと切れ味の良さそうな中野剛志さんの主張を読んでみる。

視点・論点「TPP参加の是非」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/99077.html

第一に、TPPへの参加は、東日本大震災からの復興の妨げになります。


ここはイマイチ根拠が良くわからないし、専門でもないのでスルー。

TPPとは、実質的に日米貿易協定なのです。


これはその通り。もし日本が参加するなら。

TPPでアメリカが輸出を増やせそうな国は、日本しかありません。


でも、日本も貧乏で購買力はないんじゃないかなぁ。

日本のような豊かな国が、食料の輸入を増やしたら、食料の値段はもっと上がり、発展途上国の貧しい人々はもっと苦しむのではないでしょうか。


なんか、これは物凄い我田引水のような気がする(笑)。豊かなのか貧乏なのかも良くわからない。少なくとも若者は貧乏だと思うけどなぁ。

これは、デフレをもっとひどくすることになります。給料は下がり、失業者は増え、不況は深刻化するでしょう。安い製品の輸入は、一見、良いことのように見えますが、実は、デフレのときには、デフレをもっとひどくすることになるのです。


ん?本当?それならユニクロもビックカメラもなくなるべきだし、カカクコムみたいなサイトも規制されるべきだよね。安くなったら、その分購入余力が生まれるわけで、デフレがもっとひどくなる、というのは「あれ?」という感じ。みんな貯金するんですか?しないでしょ?

特に、アメリカは、日本の保険制度をアメリカの保険会社に有利なように変えることを求めてきています。


ここは交渉力次第だよね。

特にTPPは、先ほど申し上げましたように、実質的に日米協定です。


だとすると、日本が不参加だった場合のTPPって、何なんだろう?

途中で抜けたら、アメリカは裏切られたかっこうになり、日米関係は非常に悪化します。


途中で抜けると悪化する、というのなら、最初から入らなくても米国のメンツは丸つぶれだよね。

うーーーーーん、中野さんの意見は内田樹さんやモリタックほど滅茶苦茶じゃないけれど、これまた簡単に首肯できる感じでもないなぁ。

ただ、わかったのは、「あぁ、これは、野田総理はTPPに参加するな」ってこと。だって、反対派の言い分は「どうせ米国の言いなりになるだけだろ」ってことでしょ。つまり、「お前ら、交渉能力ないじゃん。言いくるめられちゃうんだから、やめておけ」ってこと。どうせお前は無能なんだから引っ込んでいろ、と言われておとなしく引っ込むようじゃ、一国の総理大臣として恥ずかしいよね。「ちゃんとやってやるから、みていろ。目にもの見せてやる」って考えるのが普通。尻込みしたら、そこで政治生命終了でしょ。  
Posted by buu2 at 16:16Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月01日

「日本サイエンスコミュニケーション協会」のタックスイーター宣言を読み解く

科学コミュニケーショがろくでもない、ということはこのブログで散々書いてきていることだけど、今度「日本サイエンスコミュニケーション協会」という頭の悪そうな組織ができるそうで、どのくらい馬鹿なのか、ちょっと見てみた。資料はこちら。

講演:日本サイエンスコミュニケーション協会(仮称)の設立について
http://www.sci-edu21.org/kensyu.html

面白いから、順を追って突っ込んでみよう。

「学術的活動」できるかどうかは非常に重要である。


いきなり妙な日本語でこの人達、サイエンスやコミュニケーション以前にまず日本語を頑張りましょう、という感じ。あと、「非常に重要」な理由が皆目わからない。

サイエンスコミュニケーションの理論化


理論化だって(笑)。大きなお世話だよね。それで、サイエンス・コミュニケーターみたいな資格でも作るんですかね?もう、本当にこの手のヤツらの筋悪具合ったらないよなぁ。

あらゆる手段でアウトプットし、社会と共有しなければならない


また大きなお世話。っていうか、こういう風に「没個性化」「画一化」をしたがる人って、まだいるんだね。早く絶滅して欲しいんだけど。

これまでのサイエンスコミュニケーション実践例の整理と俯瞰が必要であろう


暇人だなぁ(笑)。こんなことして、何かの役に立つのかね?さっぱりわかりませんが。

サイエンスコミュニケーション学の範囲と人材養成について整理する


そもそも、人材って養成されてんですかね?まともなサイエンス・コミュニケーターってほとんど見たことないんですが。

研究・実践成果の社会との共有方法は最も注力すべきところ。


それで、何?税金を持って行くんですかね?タックスイーター予備軍ですか?

子供たちへの教育も切り離せない問題。


教育は小学校、中学校でやれよ、馬鹿。

先行事例を提供することは可能であるし、合意形成までも責任もってやるべきだろう。


「責任もってやるべき」って、失敗したらどう責任を取るんだよ(笑)。意味不明だ。

本協会がコンテンツを査読(確認)することで一定以上のクオリティを担保する仕組みがあればと思う。


うわ、権威主義。キモイ。お前らに◯×つけられたくないよ(笑)。

インターネットと雑誌など、媒体ごとで分け、サイエンスコミュニケータのお悩みQ&A掲示版を設置したり、サイエンスコミュニケーションのエッセンスを市民が無料で閲覧できるような仕組みを作ったり…。


まぁ、税金を食いつぶさないなら勝手にどうぞ、という感じだなぁ。

細かくは同意へこぎつけずに皆でワイワイと話し合いながら進めるのもありだろう。


同好会か(笑)こんなのでまともな結論に行き着くんですかね?どうでも良いけど。

本協会では各地域・活動主体が行っている活動や個人のサイエンスコミュニケーションに対する考え方の多様性を保証しつつ


「保証しつつ」って、いきなり上から目線キタコレ。

「サイエンスコミュニケーションとはこういったものです」という共通理解できるガイドライン(本協会の共通となる土台:サイエンスコミュニケーションベーシックス)を示し、サイエンスコミュニケーション俯瞰図を作る必要がある


必要があるらしいぞ(笑)。

協会の認定をもらうメリット、協会に加盟するメリットがないと意味がない


メリットなんて何もないだろ(笑)。馬鹿の仲間と思われちゃうデメリットは凄く大きそうだけど。

現状として複数の機関の講座で養成されたSCがいる


いるんだっ!知らなかった!別にどうでも良いけど。

地域のプログラムは良質なものが多いが、それらの活動をつなぐことができていない。その役目を果たすのがSC協会である。


良いよ、別にそんなことしてくれなくて、と思うけど、これも自己資金でやるなら勝手にどうぞ、という感じだな。

サイエンスコミュニケーションに関する人材や場等の情報窓口となり、それらをコーディネートする組織。


要するに、無能なサイエンスコミュニケーター達の事業協同組合みたいなイメージでしょうか。

各地域の行政に協力を仰ぐ


タックスイーター宣言(笑)。本当にろくでもないなぁ。

科学の著名人に会員になってもらう。日本を代表する科学者は200〜300名。これにテレビの科学番組に出ているタレント等にも協力してもらうなど。


要するに、有能な人にぶら下がって無能な人達の面倒を見てもらおう、ということですね(笑)。

会費を徴収


情報弱者から上納金を巻き上げるわけですね。

だめだ、こりゃ。一体、どういうヤツらがこういう馬鹿なことを考えているんですかね?

サイエンスコミュニケーターがつるむ理由が良くわからん。みんな勝手にやってるんだから、そのままで良いじゃん。なんで集まりたいんだろうって、要は使えないダメコミュニケーターの処理に困っているわけだよね?この文書を読む限りでは。

わかったことは、この組織に関係した(もしくは、これから関係する)サイエンスコミュニケーション関係者は十中八九馬鹿だってこと。  
Posted by buu2 at 14:48Comments(4)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加