2012年03月12日

備忘録

埼玉だって被災したんだ。

滅茶苦茶な台所。

11_03_11_893



破壊された、愛用の食器たち。

11_03_11_894



滅茶苦茶な仕事机周り。机の下で転がっているDELLのパソコン。

11_03_11_895



オーディオルームももちろん滅茶苦茶。

11_03_11_896



テレビの上にいたテディベアは障子に突っ込んで逆さ吊り。

11_03_11_897



ハマーン様のキュベレイも途方にくれている。ってか、そこ、危ないですよ。

11_03_11_898



まだ何事もなかった11日早朝のスカイツリー(おまけ)。

11_03_11_899
  

Posted by buu2 at 01:23Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年03月11日

総統閣下はお怒りです 第弐話「見知らぬ、秘書」

第弐話「見知らぬ、秘書」

本日のニュース
国家公務員新規採用4割減について

本日の映画
SHAME−シェイム−
適正価格2,800円

本日のラーメン

適正価格1,100円

日常の疑問
パスタの茹で方について

録画放送はこちら。



Video streaming by Ustream  

2012年03月10日

総統閣下はお怒りです「侵略される若者たち」(註釈はのちほど)

モリタック:日本の出生率が低すぎて、このままだと日本人は絶滅するそうです。

ヒロッコ:そりゃぁ、全部の国民が結婚して、みんなが2人以上の子供を産まないなら、人口は減る一方ですからね。そのままの傾向が続くなら、いつかは絶滅するわよね。

モリタック:それで良いんですか???

ヒロッコ:良いんですか、と言われてもねぇ。それに、いつまでもずっとこの傾向が続くとも限らないし。

モリタック:それにしても、なぜ日本人は減り続けているのでしょうか?

ヒロッコ:子供を生むと大変だからじゃない?

モリタック:みんな子供が嫌いなんですか?

ヒロッコ:いや、みんながみんな子供嫌いってことはないと思うわよ。

モリタック:育てるのが大変だから、生まないのかな?

ヒロッコ:それはあるわよね。日本社会は全く先が見えない状態だから。子供は短くても20年は面倒を見る必要があるから、子供を持つというのは簡単な決断ではないわよね。

モリタック:やはり、公務員のように安定した家庭のほうが子供は多いんですかねぇ?

ヒロッコ:国勢調査とか調べれば分かるかも知れないわねぇ。

モリタック:調べてくれないんですか?

ヒロッコ:あなたのためにはね(笑)

モリタック:世の中、そんなものですよね。でも、できちゃった結婚した人たちを見ていると、みんななんとかやってますよね?

ヒロッコ:そうねぇ。なんとかならないと大問題だしね。

モリタック:そりゃぁそうなんですが・・・

ヒロッコ:一体、どうしたの?こんな話、あなたらしくないわよ。

モリタック:いや、だって、このままじゃ日本はおしまいだって言う人がいたから。

ヒロッコ:じゃぁ、あとで閣下に見解を聞いてみたら?

モリタック:あれ?今日は総統閣下は不在なんですか?

ヒロッコ:合コンらしいわよ。もうすぐ帰ってくるんじゃない?

閣下:ただいま。

ヒロッコ:ほら。サザエさんのお父さんみたいね。噂をするとなんとやら。

モリタック:ご都合主義ですね。・・・閣下、今日の合コンはいかがでしたか?

閣下:残念ながら収穫なしだな。

モリタック:時間の無駄でしたね。

閣下:楽しかったから良いけどな。

モリタック:今日はどんな相手だったんですか?

閣下:損保の営業担当の女性たちだったよ。

モリタック:いくつぐらいの方ですか?

閣下:30代半ばだったなぁ。

モリタック:可愛くなかったんですか?

閣下:いや、全然。むしろ、なんでこんな可愛い子がこの年齢まで独身だったの?という感じだったよ。

モリタック:なんでなんですかね??

閣下:俺の経験から言うとアラフォー女子独身のパターンはいくつかあるんだが、ありがちなのは「10年付き合っていた彼氏と最近別れた」というのだな。これは本当に頻出ケースだ。

モリタック:ほほう・・・興味深いですね。

閣下:それで、30も半ばぐらいまで働いていると、彼女たちもそこそこに社会的に評価されていて、自分一人なら独立して食っていけるぐらいには稼げるんだよ。

モリタック:海外旅行やら何やら、私よりもよっぽど遊んでいる感じです。

閣下:日本社会の多くは年功序列で終身雇用だ。結婚しないなら、ずっと働いていれば良い。最近は男女の差別も大分なくなってきたから、女性が一人で暮らし続けることも以前ほど大変ではなくなったよな。

モリタック:女性がみんなお局さん化したら、会社としては迷惑なんじゃないですか??

閣下:そんなことはないだろう。ちゃんと働いてくれるなら、会社としては文句がないはずだ。

モリタック:じゃぁ、もう、女性は結婚する必要はない、と。

閣下:普通に働いて、普通に遊んで、それで人生終了、っていうのが嫌じゃないなら、女性がそういう一生を送るのに全く問題ない世の中になってしまった。

モリタック:それでは子供は生まれませんね。

閣下:そうだな。少なくとも、今アラフォーの女性の少なくない人たちがそんな感じじゃないか?

モリタック:でも、そんな女性たちがなぜ合コンに来たりするんですか?

閣下:一人でいいわ、私、これで一生遊んで暮らすの、という女性もいるけれど、やっぱり結婚したい、子供生みたい、という女性もいるからな。

ヒロッコ:むしろ、そちらの方が多いんじゃないでしょうか。

閣下:本人的にはそれで良くても、頭が古い親とかが文句を言ったりするからな。だから、話がややこしくなってくるんだ。

モリタック:どうややこしくなるんですか?

閣下:40近くなって「結婚したい」って言ってもなぁ。女性の価値は、男性の価値に比較して経年劣化が早いんだよ。

モリタック:そんなこと言ったら、フェミニスト達が文句を言ってきて作戦室は大混乱ですよ!!急いで発言を取り消さないと。

閣下:そうか?例えば子供を作る能力に限定すれば、女性はどんなに頑張っても45歳だろ。一方で、男性は60歳でも大きな問題がない。こればっかりはどうしようもない話だ。

ヒロッコ:そうですね。

閣下:加えて、男は若いオネーチャンと美人が大好きだ。

ヒロッコ:若いオネーチャンが良いっていうのはオジサンの証拠ですよ。

閣下:それはそうかも知れないけれど、一般論として、男は若くて可愛い子が好きなんだよ。だって、グラビアとか、AKBとか見ていても、頑張ってもせいぜい30歳ぐらいまでだろう??

モリタック:ほんとだっ!!!

ヒロッコ:誰も口に出さないだけで、みんな知っている話だから、「!」を3つもつけなくても良いわよ。

モリタック:ちょっと何を言っているのかわかんないです。

ヒロッコ:なんで何言ってるかわかんないのよ。

閣下:とにかく、だ。女性の、「女性」としての魅力というのは30歳ぐらいから激減していくんだよ。

ヒロッコ:また、元も子もないことを(笑)。

閣下:だから、25から付き合い始めた女性なら、5年も経ったら「あんた、ちゃんと責任取ってよね」って言い出さないと、トンデモないことになりかねない。

ヒロッコ:それはそうですね・・・。

閣下:35ぐらいがぎりぎりのラインだろうなぁ。そこから先は、相当頑張らないと売り先は見つからないと思うぞ。40過ぎたら絶望的だ。

ヒロッコ:なんか、ちょっと日本の少子高齢化の原因が見えてきた感じですね。

閣下:少子高齢化なんて難しい話を考えていたのか?

ヒロッコ:閣下が合コンに行っている間にモリタックと話していたんです。

閣下:4、5年付き合ったら、さっさと結婚しろ、ということだな。

ヒロッコ:女性に結婚願望があるなら特に、ですね。

閣下:そう。タイミングとしてはもっと早くても良い。2年も付きあえば、大体わかるだろ、相手のことなんか。

ヒロッコ:わかりますねぇ。

閣下:結婚はゴールじゃないんだ。それから先、下手したら5〜60年も一緒に暮らすんだから、むしろスタートラインだろ。気立てが良くて、健康な相手なら、あとはのんびり関係を作っていけば良いだけの話だ。

ヒロッコ:おっしゃるとおりで。

閣下:2年も付き合ったら、さっさと結婚して、子供を作って、家族ゲームを楽しめば良いんだよ。なんて人間らしい一生だろう。

ヒロッコ:ほんと、ほんと。

閣下:それに、相手のことが嫌になったらさっさと離婚すれば良いだけのこと。とにかくやり直しがきくうちに色々動かないとダメだな。こと結婚に関しては、女性に対するセーフティネットはすごく貧弱なんだから。

ヒロッコ:さっさと動け、と、そういうことですね。それで、結婚して、さっさと子供を産め、と。

閣下:産んだら産んだで、また問題はあるけれどな。

ヒロッコ:どんな問題ですか?

閣下:誰が育てるか、どうやって育てるか、という問題だ。「女性は専業主婦として子育てをしていれば良い」という時代じゃないし、そういう時代に戻れるわけでもない。

モリタック:そんな、「女性は結婚して家庭に入っていれば良いんだ」とか言い出したら、我が帝国でも大問題になりますよ。

閣下:そりゃそうだ。

ヒロッコ:結局のところ、社会全体が、少子高齢化に向かって突き進んでいるわけですね。

閣下:ただ、少子高齢化には他にもいろんな要素が入ってくるはずだ。大体、それは日本だけじゃなくて、先進国のほとんどに見られる現象だろう?

ヒロッコ:単行本化される場合にはデータを集めてきます。

閣下:日本について言うなら、社会がすべからく、制度が若者向けになっていないんだ。

ヒロッコ:昨日のテレビでもおっしゃってましたね。

閣下:昨日は就職活動と年金について語ったけれど、制度だけじゃなくて、マインドもそうだな。「高齢者を大事にしなくては」と言われると、みんな言葉につまるんだよ。誰だって高齢者は大事にしたいからな。でも、二者択一なんだ。今会社にいる人間と、まだ会社に入っていない人間と、どちらを大事にするか。

モリタック:難しい選択ですね。

閣下:「大事にする」というから難しくなるのかも知れないな。言葉を変えるなら、どちらに機会を与えるか、と考えても良い。今の社会は、年長者の「雇用継続の機会」と、若年者の「就職の機会」を天秤にかけて、前者を優先している。おかげで、生まれた年によって、就職しやすかったりしにくかったりするという不公平が生まれている。これはオカシイ。

モリタック:では、どうしたら良いんでしょうか。

閣下:会社や公務員については、入社・入所の機会は均等に、入社後は競争して、役に立たない奴はクビ、いつまでも腰掛けないように早期退職の勧奨、給与は基本的に能力給で、年功給制度の廃止、同一労働同一賃金に、で良いんじゃないのか?

モリタック:そうしたら、子供は増えますか?

閣下:効果は期待できるだろうな。俺の大学時代の友達たちはほとんど結婚しているし、その多くが子持ちだ。ずっと結婚していない奴はほとんどいない。ちゃんと就職できれば、子供もできる。

モリタック:でも、雇用の継続を保証しなかったら、クビになるのが怖くて結婚できない人が出てきませんか?

閣下:しかし、クビになるのは本人の努力が足りないからだろ?努力が足りないなら諦めもつくんじゃないか?問題なのは、本人の努力とは無関係な、生まれた年や卒業の年次によって、就職できたりできなかったりする不公平が蔓延していることなんだよ。

モリタック:なるほど、生まれた年によって権利を得てしまっている人たちが既得権にしがみついているのが悪いんですね。

閣下:ただ、民間企業の方針に口を出すことはできないから、まずは公務員の制度改革だろうな。もちろん、これは問題の一つに過ぎないから、これを解決するだけじゃダメだ。

モリタック:他には何がありますか?

閣下:例えば年金制度だ。これも、全く若者に配慮していない。強制的にお金を巻きあげて、既得権者にばらまいているだけだからな。

モリタック:もうちょっと詳しくお願いできますか?

閣下:年金問題は長くなるので、また別の機会にしよう。問題は、就職にしても、年功序列にしても、年金制度にしても、すべからく日本の社会は高度成長期時代のものをそのまま踏襲していて、全く見直しがかかっていないってことだ。

モリタック:なぜ見直しがかからないのですか?

閣下:みんな、「俺達が生きている間は大丈夫だろう」って思っているんじゃないのか?

モリタック:大丈夫なんでしょうか?

閣下:俺の知り合いの年金の専門家は、「みんなが思っているほど破綻は早くない」って言ってたな。

ヒロッコ:「早くない」って具体的には、何年後ぐらいと思われているのですか?20年後ぐらいですか?

閣下:そいつの説では、5年後だったな。

モリタック:十分早いですよっ!!!

閣下:つまり、事態は、国民が思っているよりもずっと切迫しているってことだろ。

モリタック:どうしたら良いんでしょうか?

閣下:とりあえず、政治家の皆さんに頑張っていただくしかないんじゃないのか?

ヒロッコ:でも、自民党も、民主党と大して変わらないんじゃないでしょうか?

閣下:何しろ、国民の大多数が「既得権者」だからな。これじゃぁ、若者はいつまで経っても幸せになれない。子供も増えない。お先は真っ暗、ということだな。

ヒロッコ:「このままでは日本人は絶滅する」という記事は、あながち間違いではないんですね。

閣下:今のままでは、生物学的な絶滅よりもずっと早く、その時期が来てしまいそうだな。  

12_03_03_883


名称:旬
種類:東京とんこつ
場所:川越
評価:11/A特AA
2012.3.3
コメント:こってりしょうゆ650円、こってりしょうゆちゃーしゅーめん900円のところ、後者を注文。

スープは和風だし強めの醤油味に背脂をたっぷり載せたもの。東京とんこつとしてはかなり上品に仕上げている。背脂がかなりあるので、味がぼけてしまいそうなところ、きちんと調整されているところが素晴らしい。味が濃すぎることもなく、絶妙なバランス。東京とんこつは山ほどあるけれど、ここまで見事に仕上げた例は少ない。非常に感心したので、久しぶりの「特A」である。

麺はやや細めの縮れ麺。最近のラーメン業界ではそれほど珍しくなくなってしまったレベルだけれど、十分に満足できる。

チャーシューも美味しい。丁寧に作られていて、余計な臭みがなく、ラーメンに沈めても大きく風味が変わってしまうことがない。

ぱっと出てきた時、丼の上の方にもやしがたくさん入っていて、麺はどこだろうなー、と探すような感じだった。一抹の不安がよぎったのだが、麺を見つけてからはただただ美味しいの一言。店は観光客がそこそこいたけれど、基本的には近所の家族連れという感じ。交通の便が良くない場所にあることもあって、ラーメンオタクに酷く荒らされてしまうという感じでもない。地元の人に愛される店として、末永く頑張って行って欲しい。

店名 麺屋 旬
TEL 049-223-3996
住所 埼玉県川越市今成1-3-1
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜23:00
定休日 火曜日  

2012年03月09日

総統閣下はお怒りです「勇気ある祝辞」

モリタック:そろそろ卒業式シーズンですね。

ヒロッコ:あ、やばい、総統閣下が頼まれている卒業式の祝辞の原稿、手配してない!

モリタック:閣下はいつも自分で書いているから平気でしょ?

ヒロッコ:とはいえ、何が起きるかわからないでしょ?一応、原稿だけは用意しておくものなのよ。

モリタック:そんな時こそインターネット。親切な人がここに例文をアップしてくれています。

来賓の卒業式の祝辞の例文・文例
http://www.jp-guide.net/businessmanner/b-manner/speech-b-sotsugyou.html#3

ヒロッコ:あら、これ、どこかで見た気がするわね。

モリタック:さすがヒロッコ、もう調査済みでしたか!

ヒロッコ:一応参考として、過去の事例調査はするんだけど・・・あ、あった、これね。

平成22年度卒業式祝辞
http://www.kochinet.ed.jp/akisakuragaoka-h/dousoukai%20HP/syukuji.html

モリタック:あ、ほとんど全部一緒ですね!!黎櫻会会長の山本諭さんもこのサイトを参考にしたんですね!!

ヒロッコ:それにしても、この相同性の高さは凄いものがあるわね。ひな形から引用した部分を太字にしてみるわよ?

 卒業生の皆さん。本日はご卒業おめでとうございます。
 ご臨席のご父兄の皆様には、心よりお祝いを申し上げますと共に、校長先生並びに諸先生方のご功労に対し、改めて敬意を表したいと存じます。
 卒業される皆さん。皆さんはこれまではご両親に守られ、学校という安全なカゴの中で、学生という肩書によって文字どおり「加護」を受けて参りました。
 しかし、これからは、一人前の大人として、責任と自覚を持って行動することが求められます。

 特に今年は、日本は未曽有の経済危機と言われる状況にあり、皆さんは非常に厳しい環境に身を投じることになります。時には、「辛抱」や「忍耐」という経験も積む事もあるでしょう。
 しかしながら、皆さんが夢を持って、その夢までいかにして到達するかを強く心に思い描けば、必ず道は開けます。
 努力も、忍耐も、結果としては「すばらしい経験」となって、皆さんの中に蓄積されていくことでしょう。

 例えば、人が物事を判断する時、知識だけではなく「経験」が非常に重要な役割を果たします。
 これまでの学生生活で学んできた事が「知識」だとすると、これから先の人生で得られる「経験」が皆さんを格段に豊かな人間にしてくれます。
 こんな時代だからこそ、どうか皆さん、恐れず、ひるまず、前向きにチャレンジしてください。どんな経験も必ず皆さんを育ててくれます。

 結びにあたり、少しだけ私の経験をお話しましょう。私は社会人になって、四十年近くになります。私の経験から間違いなく言える事は、学生時代の友人ほど、本音で語り合える相手はおりません。
 皆さんには、友達と呼べる相手が何人いますか?上下の関係なく、プライドも見栄もなく、苦しい時もつらい時も腹を割って語り合える友が、人生の宝となります。
 何かあった時に本音で語り合える友人をどうか大切にして下さい。
 この先どんな事があっても、皆さんの年齢がかわっても、職業や肩書が変わっても、学生時代の友人とは一生、裸の心の付き合いができます。

 これからは、家族や友、職場の同僚を大切にし、しっかりと地に足を付け人生を歩んで行って下さい。
 尚、本日の卒業をもって、安芸桜ケ丘高校同窓会「黎櫻会」の一員となるわけですが、同窓会行事に多くの方に参加して頂き、親睦を深めてもらえれば幸いです。
 黎櫻会総会は、安芸市内で開催され、各支部でも毎年支部会を開催しております。各地区同窓会への積極的な参加をおまちしております。
 最後になりますが、高知県立安芸桜ケ丘高校のご発展と、卒業生の皆さんならびに、ご臨席の皆様のご健勝とご活躍をお祈り致しまして、私のお祝いの言葉とさせて頂きます。


モリタック:うわっ!真っ黒だっ!!

ヒロッコ:ひな形の方にはわざわざ「2009年1月作成」って書いてあるから、どちらがオリジナルで、どちらが模倣かははっきりしているわね。

モリタック:えっと、2009年っていうことは・・・

ヒロッコ:平成21年よ。それで、黎櫻会会長の祝辞は平成23年。

閣下:それにしても、これだけ心のこもっていない祝辞も珍しいな。



  

総統閣下はお怒りです 第弐話「見知らぬ、秘書」は本日21時から生放送!

予告最新版です。



第壱話ではすっ飛ばしてしまったラーメンも、今日は必ずやります。

日の出テレビ  

2012年03月08日

天気玉 20120309

おっす!おら、てる君!

12_03_08_885


みんなの天気をちょっとずつ分けてくれ!!

天気玉の使用場所:東京都渋谷区
天気玉の使用時間:10:00〜12:00  
Posted by buu2 at 16:06Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

だるま大使

以前の評価を全文掲載するとこんな感じ。

8/B特AA
麺はやや細めの縮れ麺。スープの絡みは良好だが、コシはかなり劣る。麺固めのオーダーが必須。カンスイ臭さが残るのもマイナスポイントで、B評価は若干甘い気もする。スープは4種類も用意されているが、今のところトンコツベースの達磨ラーメン、達磨ラーメンパート2を既食。達磨ラーメンはさらにこってり、あっさりがあり、こってりしか食べてないが確かにこってりしている。長浜系のトンコツ白湯スープに背脂がどっちゃり。恐らくこの背油でこってりとあっさりを演出しているのだろう。替え玉 にもびくともしないこってり具合は日本でもほとんど食べることが出来ないクオリティではないか。ただ、スープの味は薄くなるので、替え玉 の時は旨味汁、高菜などで調節することが必須。パート2のスープはデフォルトでかなり塩気(醤油味)が強いので、この点も安心。チャーシューはかなり味が濃いものだが、かなり高品質。達磨ラーメンに入れるとバランスを崩すが、パート2なら全然大丈夫。全体として濃い味付けになるが、パート2にチャーシュー、麺固め指定というのがお薦めのパターン。全国的レベルの九州系と判断する。


僕の中では群馬県といえばだるま大使、というのがあって、昔はこのラーメンを食べるだけのためにわざわざ前橋まで行ったりしていたので、よし、番組で取り上げよう、と思って食べに行ってきた。以下、評価。

12_03_07_884


名称:だるま大使
種類:福岡
場所:群馬八幡
評価:1/BCC
2012.3.8
コメント:麺は二種類から選ぶことができるが、お店のオススメ、博多麺のバリカタで注文。細めのストレートで、嫌でもスープが絡むべきところ、スープが全く絡まない。恐らく、湯切りが不十分で、麺の周りに水の膜ができてしまい、これが麺とスープが一体化することを妨げているんだと思われる。折角の麺も湯切りがダメなら台無し、という好例。

スープは豚骨ベースの白湯タイプ。まず一口スープを飲んでみると、ぬるい。あれ?と思って麺を食べたら、こちらは熱い。ぬるめのスープに熱々の麺を投入してバランスを取ろうとしているのかも知れない。「面妖な」と思いつつ、麺とスープを一緒にして温度を一定にしたのち、食べてみると味がしない。見た目は味が濃そうなのに、食べてみるとスカスカである。うーーーん、と思いつつも、そこは福岡系のラーメン。よし、辛子高菜で調節してしまえ、と思って高菜を入れたら、これがまた全然辛くない。味が調整できることもない。にんにくは保存剤入りのもので、生にんにくの注文もできないようだ。

チャーシューは味の濃い煮豚だが、肉質、味付けともにイマイチ。

なんか、以前の美味しさは見る影もなく、「とんこつラーメン盛者必衰の法則」にドンピシャはまってしまった感じだ。地元の店ならともかく、首都圏からわざわざ食べに行くような店では全くなく、近所にも良い店はいくらでもありそうな気がする。

客の動線を無視したようなレジの配置など、どうなってんだ??というのが正直なところ。一応、そのうちだるまPART2も試してみようと思うが、ご臨終のお知らせを出すことになるかも知れない。

店名 だるま大使 本店
TEL 027-344-8566
住所 群馬県高崎市剣崎町1186-12
営業時間 18:00〜23:00
定休日 月曜日  

2012年03月07日

スキーの回転(スラローム)で目が追いつかなかった件

昨日の夜、全身の筋トレをして、5キロのランニングを終えてから知人に電話をした。その知人は毎週水曜日にスキーのトレーニングをしている。明日もやっているかなー、と思って電話を入れたのだが、「明日試合。元木さんも出て」と言われてしまった。場所は軽井沢プリンス。水曜日はいくつか用事があるけれど、早朝と夜に回せばあけられないこともない。ということで、早起きして、スキーの大会へ。

と、書いてしまうと非常に簡単だし、実際、行くだけなら造作も無いことなんだけれど、問題は、僕がかつてないほどに競技スキーから遠ざかっているということだ。もう2年、ポールに入っていないし、大回転の板は履いてすらいない。それで、今日一日で大回転と回転2本である。おまけに前日、全く翌日のことを考えずにみっちりトレーニングしてしまった。

さらに、大会に出ることなど全く想定していなかったので、板のチューンナップなど全くやっていないし、それ以前に、ベースのワックスすら塗ってないのである。

さて、どうなることやら、と思いつつ、軽井沢へ向かったわけである。

軽井沢は朝でも1度もあって、この季節としては非常に暖かい。これ、ワックス勝負、ということ。まぁ、こちとら、2年もやってないんだから、成績が悪くても仕方ない。むしろ、試合勘を取り戻す練習程度に思って、スタート台に立った。最初は大回転。

が、これが、意外と悪くない。確かに板は滑らないけれど、体の動きは悪くないし、ラインも外さない。結局、53人参加の試合で、53番スタートで14位。ほほう。意外と行けるものだ。

続いて、午後は回転。食事も取らずに回転2本で勝負するというのだから凄い。さすがは社会人大会。その一本目。2年前はせいぜい1秒ぐらいしか離されなかった人に4秒近く負けて、52番スタート(参加者52人)で12位。しかし、上4人ぐらいはコンマ差なので、それほど大きな差でもない。相変わらず板の滑りはイマイチだが、それも気にならない。

ということで、最後の、回転2本目。普通に滑れば10位以内は固い状態だったのだが、今回の状況で守りに入っても仕方がない。行けるところまで行け、ということでそこそこに攻めたら、ゴール前の超緩斜面でストレートに入りきれず、旗門不通過で失格。

問題は、この旗門不通過の原因である。正直「うわーーー、こりゃぁだめだーーー」って感じでの不通過だったのだが、こんな経験は競技人生で記憶にない。確かに、今日のセットはインターバルが長めで、スピードセットだった。にも関わらず、ストレート、ヘアピンのブラインドゲートはかなり狭く(といっても、正確にルールの範囲内だが)、ストレート系で忙しくなるのが必然だった。加えて2本目は1本目よりバーン状況が良く、夕方になって気温が下がり、バーンがしまっていたこともある。要は、一本目よりもスピードが出る状況だったのは間違いがない。実際、不通過のままその後もポールに入って(これ、マナー違反だけど、もう4旗門ぐらいしかなくてどうしようもなかった)ゴールを切ると、一本目よりも1秒ぐらい速かった。それにしても、「むむむ」という感じである。

すぐに思いつく原因は、前日のトレーニングの疲れから、素早い反応ができなかったということ。これも多分あると思う。だけど、それ以上にありそうなのが、動体視力の衰えである。あーーー、2年もやらないと、やっぱりポールが見えなくなっちゃうんだなぁ、と感じた。これを取り戻すには、やはりスラロームのポールにどんどん入るしかない。でも、もう3月も中旬になりつつあるんだよね。来年かなぁ。  
Posted by buu2 at 21:50Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

燃費

bd0e97b2.jpg3791
  
Posted by buu2 at 20:30Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

総統閣下はお怒りです 第弐話「見知らぬ、秘書」

日の出テレビ 総統閣下はお怒りです 第弐話の予告です。



なお、第壱話はこちらでご覧下さい。

http://www.ustream.tv/recorded/20824601  

2012年03月06日

岡田斗司夫さんのトリセツ

昨日の夜、ニコ生で岡田斗司夫さんの番組を観た。僕はテレビはほとんど観ないんだけど、岡田さんの番組は時々観る。もちろん、面白いからだ。だけど、僕はあんまり人に彼の番組を勧めない。特に、若い人に勧めたことがない。わざと、勧めないようにしている。なぜかといえば、彼の主張がまっとうすぎるから、正しすぎるからである。特にダイエット本を出した頃ぐらいから、岡田さんの正論っぷりは凄いと思う。

#とはいえ、僕は最近じゃなくて、「ぼくたちの洗脳社会」から、岡田さんの正論は凄いと思っているのだけれど。

言っておくけれど、これは皮肉ではないし、褒め殺しでもない。単純に褒めているのである。正直、岡田さんの話は色々と参考になることが多い。

じゃぁ、なぜ僕が他人に岡田さんを勧めないのか。

それは、岡田さんが提示しているものが、一定の目的地への最短ルートだからである。

例えば東京駅から大阪に行こうと思った時、そのルートはたくさん存在する。その中で一番楽なのは、多分新幹線の利用である。しかし、「一番楽」が唯一の価値ではない。ところが、最初から一番楽(あるいは一番早い、一番安い、でも良いが)な方法を聞いてしまうと、試行錯誤のフェイズが欠落してしまい、結果として、常にそれしか選択肢がない状態になってしまう。

その結果、どうなるか。岡田さんに傾倒してしまうと、岡田さんがいないと何もできない、岡田依存症の人間になってしまうだろうな、と思うのである。

岡田さんの喋りは説得力があるし、悩み相談などを読んでいても「なるほどね」と思わされることが多い。だけど、同時に強く感じるのは、「これは近々、岡田依存症の患者がたくさん出てくるだろうな」ということだ。
一つの問題を解決する時、岡田さんに質問するのは一番簡単な解法である。しかし、「岡田さんに聞く」というのは決して賢明な策ではない。

色々と自分で考えて、色々な人の意見を聞いて、その上で自分で決めることこそが重要だ。その結論が岡田さんと同じであっても、である。

化学や生物が得意なのに、数学や物理が苦手な人がいる。そういう人に多く見られる特徴は、答えを覚えようとすることだ。あるいは、公式だけを覚えて満足してしまうこと。実際には正しい答えに行き着くことが重要なのではなく、どう考えるか、どうやって正しい答えに行き着くかが重要なのに、正答に行き着いて満足してしまう。公式とは、考え方を単純化したものだけど、それだけを覚えて、考えることを放棄してしまう。これをやってしまうと、特に物理では致命的だ。物理の成績の良い人間は、公式を証明、説明することぐらいなんでもないのである。

岡田さんの番組にも、これに通ずるところがある。岡田さんの思考回路は基本的にブラックボックスで、岡田さんがどういう経験を経て、どう考えているか、その一端は示されるものの、もちろん全ては提示されない。答え“だけ”が提示されるわけではないが、それに近い色彩があって、岡田さん、あるいは岡田さんが示す「答え」に傾倒してしまうと、「答えが与えられないと困ってしまう」「思考回路が構築されない」人間になってしまう可能性が高い。

岡田さんの考えを聞くのは、一定の人生経験を積んで、自分で考える技術を習得している人間であることが望ましい。特に、岡田さんのような考え方をやったことのなかった人には、新しいオプション、新しい角度からのモノの見方が凄く勉強になると思う。だけど、そうじゃない人にはちょっと注意が必要だ。過度に依存すれば、岡田さんがいなくなったときに路頭に迷う事、うけ合いである。  

2012年03月05日

総統閣下はお怒りです「消された絆」(註釈は後ほど)

ヒロッコ:なんか、最近モリタックが元気ないのよね。

ノブポン:少なくとも、私はその原因について承知しておりません。

ヒロッコ:どうしたのかしらね、あ、キタ。

モリタック:絆とか、結局のところきれいごとですよね。

註釈:絆
「絆」とか、「寄り添う」とか、加齢臭が伴う単語で正直キモイ。使っている奴を見ると馬鹿だと思う。


ノブポン:我が作戦室の絆はいつも強固であるとの自負がありますが・・・

註釈:我が作戦室
確認されたところによれば閣下、モリタック、ヒロッコ、ノブポン、カツマーナの5名。


ヒロッコ:何か、道端で拾って食べたんじゃないの?

モリタック:そんなことはないですが、NHKのニュースでも、地震のあと、絆は弱くなったってやってましたよ。

ノブポン:ええ?被災地の絆は相変わらず強固で、それが弱くなったなんてありえないのではありませんか?

ヒロッコ:モリタックが言っているのはこれね。

震災後“絆弱まった” 3人に1人
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120305/k10013493051000.html

閣下:38%が弱まったと言っているのか。でも、強まったと言っている人もいるんだろう?

ヒロッコ:63%ですね。

閣下:おかしいだろ。足すと100%を超えてしまうぞ。

註釈:100%を超えてしまう
38+63=101


ヒロッコ:確かにおかしいですね。

閣下:良く読め。「弱まりを感じたことがある」「強まったと感じたことがある」であって、「強まった」「弱まった」ではないじゃないか。

ヒロッコ:見出しがおかしいですね。「絆弱まった」では、地震前に比較して絆が弱まったと判断しているように感じられますが、実際は弱まったと感じたこともあれば、強まったと感じたこともある、という人が結構いると予想されます。

閣下:そういうアンケートを元に、「絆弱まった」と見出しを打つのも情報操作だが、その結果を元にして「災害とは家族や家を奪うだけでなく、人と人とのつながりや人を思いやる余裕、将来に対する希望といった精神的なものまで奪ってしまうことだと思う。被災した人に寄り添って気持ちを理解することが重要で、お互いの連帯感、共通の目標が生まれると、そこに絆も生まれてくる」とか分析している室崎益輝教授っていうのも、良くわからんなぁ。

註釈:寄り添って
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


ノブポン:このアンケートはNHKのお手製のようですが、どこかにきちんとアンケートに関する情報が公開されるのでしょうか?

ヒロッコ:さぁ、どうなのかしらね?

モリタック:なんでもっとストレートに、「震災の前に比較して絆はどうなったと思いますか?1.強くなった、2.弱くなった、3.変わらない、4.わからない」って聞かないんでしょうか?

閣下:俺に聞くな、NHKに聞け。  

今日来たスパム

単刀直入にお話すると貴方に4000万を受け取って頂きたいんです。

いきなり4000万を受け取ってもらいたいと言われても何が何だか分からないですよね。
どうしてかと言いますと、当ててしまったんです、宝くじを…。
それも日本の物ではなくて海外に旅行に行った時なので私もビックリしてしまって…。

税金とか色々な面倒な問題もあったのですが、それもようやく落ち着きました!
でも、手元に残ったお金を全部独り占めするわけにもいかないですし
もし困ってる人がいたらその人に受け取ってもらいたいと思ってご連絡しました!

4000万はもしお困りだったらお渡ししますがどうでしょうか?

ご連絡があればすぐにお渡ししますからね!お待ちしてます!


僕じゃなくて、東北の被災地に持っていけ。僕よりも困っている人がきっとたくさんいるから。  
Posted by buu2 at 16:16Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年のJ1順位を予想してみる

今シーズンのJは非常に読みにくい。というのは、Jの順位を左右するような有力選手がどんどん海外に出ていくようになって、チームの戦力が非常に接近してきているからだ。J2から昇格してきていきなり優勝争いなんていうこともそれほど不思議ではない。Jの場合、審判の笛の吹き方でコロッと勝敗が変わってしまったりするし(つまり、審判の質が今一歩、ということ。でもイタリアとかでも平気でオフサイドがスルーされたりするけれど)、夏にシーズンのために、リーグの真っ最中に五輪で選手を抜かれたり、不確定要素が多いこともある。ということで、順位予想は困難を極めるのだけれど、別に罰金があるわけでもないので無理やり予想してみる。

まず、全体をトップ、ミドル、ボトムに分けてみる。「ここには壁があるよね」というところで3分割(今年のセ・リーグなら読売−中日・ヤクルト−阪神・広島−−−横浜、みたいな)してみる。

トップ:ガンバ、名古屋、柏、鹿島
ミドル:仙台、横浜F、東京、浦和、神戸、大宮、川崎、新潟
ボトム:磐田、セレッソ、清水、広島、札幌、鳥栖

とりあえず、こんなもんだろう。それぞれの枠内での上下を読むのは凄く難しいんだけど、好き嫌いや希望をまじえて適当に順番をつけてみる。

まずはトップグループ。

トップ:名古屋、ガンバ、柏、鹿島

かなぁ。ガンバは結局ヤットの出来、不出来に左右されるわけで、ワールドカップの最終予選には絶対に呼ばれるんだから、1シーズン続けてのトップコンディションは難しいだろうな、と。あと、監督が変わったことも不確定要素。鹿島は強いと思うけれど嫌いなので、希望を込めてトップグループでは一番下にしてみた。

ミドル:横浜F、東京、仙台、神戸、大宮、新潟、川崎、浦和

ミドルはと言えば、そりゃぁやっぱりマリノスには頑張って欲しいので、期待を込めて一番上に。きちんと補強を成功させた東京、神戸、大宮あたりも侮れない。仙台はトップに入ってきてもおかしくないと思うけど、選手層が薄いのでこのあたりで。新潟はぱっとしないけれど、サッカーのスタイル自体は非常に良いと思うので、ここ。もちろん、降格争いに加わっていても何の不思議もないんだけど。川崎、浦和は嫌いだからここ(笑)。

ボトム:広島、清水、セレッソ、磐田、鳥栖、札幌

このあたりになってくると正直あまり興味もなく、上下関係は良くわからない。広島は本来はミドルグループだと思うんだけど、得点源が抜けてしまってどうにもならない予感がするので、ボトム領域。でも、ボトムの中ではそこそこやるんじゃないかと。清水はベテランの働き次第だけど、元代表がそこそこいるので怪我さえなければボトムの中では上位をうかがえるんじゃないかと思う。セレッソは若手が良いけど、軒並み五輪で引っこ抜かれるので、Jではボロボロと予想。磐田は駒野が抜けてガタガタになるんじゃないかと。札幌、鳥栖の2チームはさっぱりわからないんですが、このあたりじゃないかなー。鳥栖のほうが守備が良さそうなので、評価は上。両方共降格圏ですが。

ということで、まとめ
1位名古屋、2位ガンバ、3位柏、4位鹿島、5位横浜F、6位東京、7位仙台、8位神戸、9位大宮、10位新潟、11位川崎、12位浦和、13位広島、14位清水、15位セレッソ、16位磐田、17位鳥栖、18位札幌  
Posted by buu2 at 15:47Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいプラットフォームで情報を発信し始めると

今まで存在しなかった馬鹿がわらわらと湧いてくる(笑)。ご苦労様なことです。

とはいえ、そういう馬鹿どもの周囲にはまともな視聴者がたくさんいるので、新しい領域に情報が届くようになって良かった。

一時期、ちょっと売れ行きが鈍っていた「総統閣下はお怒りです」もペースが回復しつつあるようです。

書籍も面白いはずですし、つまらなかったら買取保証もありますから、ぜひ、ご購入ください(^^



買取保証についてはこちら
宣伝グリーンベレーが閣下を応援(Facebookページ)  
Posted by buu2 at 13:40Comments(3)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年03月04日

戦火の馬

warhorse


なんか、この間そっくりな映画を観たよなー、と思ったら、マイウェイ 12,000キロの真実だった。違いは、戦争の中を右往左往するのが人なのか、馬なのか、という点。

ただ、そこはさすがにスピルバーグ、同じような素材でもちゃんと大作に見えるように仕上げている。しかし、ご都合主義は一緒だし、ドイツ人もフランス人も全員が英語で会話しているせいで「あれ?これ、どこの国??」みたいに狐につままれたような感じにもなる。英語圏の人に対して物凄く不思議に感じるのは、先日の「ヒューゴの不思議な発明」もそうなんだけれど、英国以外のヨーロッパの人たちが英語を喋っていても全く不自然に感じないという点。僕達は、韓国人や中国人が流暢な日本語を喋っていたら、あれ?って思うものね。

おいおい、馬耳東風とまで揶揄される馬がそんなことわかるのかよ、と突っ込みたくなるシーンも多々あれど、馬が大好きな欧米人にとっては「ブラボー!」な感じなのかも知れない。日本人は馬と鹿を並べて馬鹿と称するくらいにしか馬を評価していないから、これまた「あれ??」という感じだけど、それもまた良し。

不自然だなぁー、と、ちょっと腑に落ちないでいると、夕焼けの中での感動的なシーンを盛り込んで、その不信感を一掃しようとするところもスピルバーグの上手なところ。僕は一掃されませんでしたが。

そして、最後に「字幕:戸田奈津子」の文字。実際、ところどころで「それ、意訳しすぎじゃない???」などと思うところもいくつかあったけれど、「これは酷い」と思う程ではなかった。でも、英語が得意なら、字幕は読まなくても良いと思う。そんなに難しい英語は使ってないから。願わくば、字幕は一番最初に誰なのかを表示して欲しい。

評価は☆1つ半。スピルバーグとしては不出来な部類だと思う。  
Posted by buu2 at 22:11Comments(0)TrackBack(0)映画2012││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年03月03日

総統閣下はお怒りです 第壱話「総統、襲来」

録画動画がアップされました。最初のうち無音で5分ぐらいあとから始まります。

放送概要

●番組の概要説明

●今週のニュースにお怒りです
◯公務員のバスの運転手の給与
年功で給与がどんどん上がっていくのはおかしい!

●今週の映画
◯ヒューゴの不思議な発明
何も発明しないヒューゴ!

●今週のラーメン
次週に延期

●日常にお怒りです
◯合コンの割り方
3対3で33,000円だったらどうする?


Video streaming by Ustream  
Posted by buu2 at 03:03Comments(7)TrackBack(0)テレビ番組││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年03月02日

新規開店「総統閣下はお怒りです」@日の出テレビ 予告

予告動画が完成しました。

  
Posted by buu2 at 12:16Comments(0)TrackBack(0)テレビ番組││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年03月01日

燃費

7f0f4596.jpg3816
  
Posted by buu2 at 18:29Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加