2012年07月08日

BassoDri(ばっそどりきゅう)

本当はスープカレーを食べに行ったんだけれど、潰れちゃったみたいでやってない。仕方なく、池袋最後の食べ残しの店、BassoDriに行ってみた。この店、僕が池袋でも屈指と評価しているまるきゅうと目白ではそこそこのドリルマン(元ゼットン)のコラボ店らしい。そんな形態ってあるんだー、とちょっと驚くけれど、とりあえず行ってみたので、以下、評価。

12_07_07_1337


名称:ばっそどりきゅう
種類:東京
場所:池袋
評価:7/ABA
2012.7.7
コメント:麺は太めで弱く撚りが入ったもの。つけ麺屋で良く見かけるタイプで、横浜ラーメンとはまた違った感じ。きちんとコシがあるし、スープの絡みも良好。ただし、スープとの相性は今一歩である。

スープは鶏ベースの醤油味で、魚介系の返し。醤油の味なのか、魚のせいなのか、苦味が残るのが残念。脂がやや多めで、その分味が濃いのだが、そのせいで苦味も強くなっているのかも知れない。

チャーシューは普通に美味しいので、トッピングするのも良いと思う。

別に7月7日だから7点というわけではない。

店名 バッソ ドリキュウ (Basso Dri)
TEL 03-5995-3057
住所 東京都豊島区西池袋4-19-14 吉野荘 1F
営業時間 11:00〜21:00
定休日 無休(臨時休業あり)  

40歳定年制

国家戦略会議の分科会が40歳定年を提言したそうで。

雇用流動化へ「40歳定年を」 政府が長期ビジョン
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO43478440X00C12A7EA2000/

大変良いアイデア。前々から、雇用問題は「どうせ全員が既得権者にまわることはできないのだから、既得権そのものをなくすべき」というのが僕の考え方。

定年制の前倒しには労働者の強い反発が必至


ってことだけど、無理強いしなくても税制でコントロールすれば良い。ざっくり書くなら、例えば(定年の年齢−10)%の法人税率にするとか。65歳定年なら法人税率は55%。当然、給料は安くなる。労働者は安定を取るか、給与を取るかを選べば良い。

ちなみに原文はこちら。

<繁栄のフロンティア部会報告書>
http://www.npu.go.jp/policy/policy04/pdf/20120706/shiryo3.pdf

40歳定年制に触れているのはこの資料の13ページの6。こういうニュースを読むと馬鹿ほど原典を当たらずに騒ぐし、馬鹿ほど自分は既得権者でもなければ既得権者になれる可能性もないのに、既得権の維持を願うんだよね(笑)。あ、例えば社民党のことですけど(笑)。

試験制度とか英語の扱いとかで疑問に思う部分もあるけれど、概ね納得できる内容。ところでこの資料をまとめた事務局の三菱総研武田洋子って、誰だろうな?知らないぞ?主席研究員格なら多分僕とそんなに違わない年齢のはずで、知っていても不思議じゃないんだけど。よそから来た人かな。

資料の原典を当たることの大切さはこちらで実感して下さい。↓
  

はつね

写真を撮ったらピンぼけで非常に残念。以下、評価。

12_07_06_1331


名称:はつね
種類:東京
場所:西荻窪
評価:4/BBB
2012.7.6
コメント:取材拒否の有名老舗。このお店の看板メニューはタンメンだけど、あえて普通のラーメンを注文。

麺はやや細めの縮れ麺。スープの絡み、コシともに標準的。微妙にかん水臭さが残っているのが残念。

スープは鶏ベースの醤油味。野菜の甘みがある東京ラーメン。昔はこの手のスープが珍しくなかったけれど、今となっては絶滅が危惧されるような状態。通常、化学調味料で味を整えるものだが、この店はそれがあまり感じられない。当然、味が足りないスープで、ちょっと物足りなく感じる。

チャーシューは肉質がイマイチで、味付けが濃い。わざわざトッピングするほどのものでもない。

やはりタンメンを注文すべきだったかも知れないが、麺が急に良品になると思えず、頑張っても6点ぐらいだと思う。

店名 はつね
TEL 03-3333-8501
住所 東京都杉並区西荻南3-11-9
営業時間 11:00〜17:00 土曜 〜16時頃(スープ切れ営業終了)
定休日 日曜・祝日・第1、3週月曜  

<広告>話そう “エネルギーと環境のみらい”

「2030年を見据えた日本のエネルギー政策について国民全体で議論を深めたい。」と言いつつ、あんまり告知がされていないようなので自主的に広告しておきます。こんなサイトが開設されています。ぜひ、見ましょう。

話そう “エネルギーと環境のみらい”
http://www.sentakushi.go.jp/

2030年のエネルギー・環境に関する3つの選択肢(原発依存度を基準に、0%、15%、20〜25%の依存度の、3つのシナリオ)の中から、国民の議論によって(有識者じゃないですよ?国民全体で、です)、方向を決めましょう、ということになっています。

#本当に国民全体の議論によるのかもチェックしておく必要がありますが。

「国民全体で議論しましょう」なので、このコンテンツを読んだら、どんどんパブコメを書いて良いんだと思います。今回のパブコメは専門性とか全然関係ないみたいですから、資料を読んだ上で、「俺はこう思う」っていうのをどんどん書けば良いはずです。

要は、原発をどうするんだ、ということなんですが。

あと、こちらもあわせてどうぞ。
国会事故調報告書
http://naiic.go.jp/report/
  

大木屋

市ヶ谷にある「大木屋」に連れて行ってもらった。

もんじゃ焼きのお店とのことだったけれど、ウリはもんじゃよりも肉だったようだ。あと、もんじゃも、僕が知っている、小さいヘラで鉄板に押し付けるタイプではなく、でかいヘラですくって食べるタイプだった。個人的にはこっちの方が好き(笑)。肉も美味しかった。

どSな店員さんにどんどん指示を出されて言いなりになる店なので、どMな人には特にお薦め(笑)。

12_07_07_1332


12_07_07_1333


12_07_07_1334


12_07_07_1335


12_07_07_1336




店名 大木屋
TEL 03-6228-1676
住所 東京都新宿区市ヶ谷砂土原町3-2-1 市ヶ谷フラッツB1
営業時間 DINNER TIME(2h制)1.18:00〜 2.18:30〜 3.20:15〜 4.20:30〜
定休日 日曜日、祝日  

臨床真理(上・下)

「臨床真理」読了。

 

何とも、ストレートでひねりのない小説。その上で、主人公の美帆が全く魅力的じゃないというのが一つ目の問題。三流スリラーにありがちな、感情的に動いて事態を悪化させる馬鹿の見本のような人物である。主人公がこの調子なので、最初から最後まで、ずっとイライラさせられる(^^;
後半に入ってきて、「え??このまま終わるの?」と心配になってきたのだけれど、本当にそのまま終わったのでびっくりした。
評価は、うーーーん、☆半分。

細かいところで気になったのは以下のとおり。
まず上巻16ページの「人間が命をどうにかしようと思うことなど、おこがましいとさえ思えてくる」はブラック・ジャックの「ときには真珠のように」での本間丈太郎の「人間が生きものの生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね」という言葉のパクリだと思う。
下巻25ページの「必ず関係している人間がひとりだけいる」というのはなぜ「ひとりだけ」なのか不明。「必ず関係している人間がひとりいる」では。
下巻80ページの「マスコミはここ連日、」って、「ここ数日」じゃないのかなぁ。ここ連日って言い回しはある?
下巻145ページ「すぐに見れるように」、うーーーん。
下巻189ページ「それは、他人が強制するじゃない」ってこれは脱字。


以下、超ネタバレは追記に。


  続きを読む
Posted by buu2 at 09:00Comments(0)TrackBack(0)読書││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

パパパパパイン

渡辺樹庵さんのお弟子さんの店だと思うのだけれど、パイナップル大好き人間としては食べないわけにはいかない店なので、ちょっと不便な場所だけど、暇を見つけて食べてきた。以下、評価。

12_07_06_1329


名称:パパパパパイン
種類:独自
場所:西荻窪
評価:4/ACA
2012.7.6
コメント:スープは鶏ベースなんだと思う(#追記アリ)のだけれど、東南アジア系の辛味も感じられる。色々と混ざり合っていて不思議な雰囲気。じゃぁ、美味しいのかと言われると、正直微妙。パイナップル味は間違いないんだけれど、鶏のスープ(#追記アリ)とパイナップルよりも、トッピングされている刻みネギとパイナップルが喧嘩している。僕もパイナップルは大好きだが、パイナップルジュースで蕎麦を食べようとは思わない。それと同じく、ラーメンのスープにパイナップルというのも、僕はマッチしないと思う。「常識に縛られてどうする」と言われるかも知れないが、常識、非常識ではなく、純粋に味だけを考えて、無理がある。

麺はやや細めのほぼストレート。コシの点でやや心もとないけれど、スープの絡みは良い。

チャーシューは美味しいと思う。

このパイナップルラーメン、ありか、なしか、と言われれば、個人的にはなし(笑)。一度は食べてみたらどうかとは思うけれど、ほとんどの人が二度目はないと思う。僕もない。パイナップル好きにお薦めと言うなかれ。僕は自他共に認める、日本人でも有数のパイナップル好きである。だからこそ、逆にこのラーメンはなしだと思う。

店名 パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン
TEL 03-3247-2181
住所 東京都杉並区西荻南3-12-1 日伸西荻プラザ1F
営業時間 11:00〜20:00
定休日 水曜

20120708追記
渡辺樹庵氏からスープのベースについて「煮干し、昆布、椎茸の出汁に、パイナップルジュースをブレンド」で、鶏は使っていないと教えていただきました。ありがとうございます(^^  

2012年07月07日

ネペンテスの手術終了

手術終了しました。今回はミズゴケがきちんと株に近接するように、料理用のタコ糸でミズゴケごと巻いてみました。

さて、何本根がつくか・・・・。それにしても、元気な葉っぱやできかけの捕虫器を切り取るのはちょっと可哀想ですね(;_;)。

親の株はこんな感じにさっぱり。

12_07_07_1328


子供の株はこんな感じで。

12_07_07_1327
  
Posted by buu2 at 11:48Comments(0)TrackBack(0)植物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネペンテス(ウツボカズラ)の株分け

去年、株の5倍増を狙って実施し、全滅した(笑)ネペンテスの株分けですが、今年もやってみます。これから切ります。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・・。

元気なうちに、最後(かもしれない)の姿を撮影・・・・。

12_07_07_1326
  
Posted by buu2 at 10:21Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

フヌケ!

いじめによる自殺についてこんな記事がありましたが、

「いじめた生徒にも人権がある」? ネットでは大津市教委に非難沸騰

「ちゃんと調べませんでした。ごめんなさい。関係者を処分します」で終わらせておくべきところ、人権なんていう一見便利そうなものを持ち出すから「お前が死ね」と思われちゃうんだよね。僕も責任者はさっさと処分したほうが良いと思います。処分しても代わりはいるから。

ところで、本題は誤植です。

funuke


どこから「ふ」が出てきたんですかねぇ。  
Posted by buu2 at 09:59Comments(0)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

確かにベッカムのキックは素晴らしく正確だが



笑うべきは、ボールが当たった途端に元気になって飛び起きたCroninの方だな(^^  

2012年07月06日

総統閣下はお怒りです 第拾九話 予告

最近面倒くさくてサボっていた予告編動画の作成ですが、視聴者の方から「ちゃんと作れ」と言われたので作りました。今日はラーメン特集です。時間が許す限り紹介しますが、この一週間で6軒ぐらい溜まったので、一気に放出します。週末には「日本一●●なラーメン屋」シリーズの動画も作ろうかな、と思っています。とりあえず、今晩21時から、日の出テレビの総統閣下はお怒りですをよろしくお願い致します。

  

国会事故調報告書

サイトが混雑していてなかなかダウンロード出来ないんだけど、これは国民全員が読んでおいた方が良いと思う。

最低限、どれを読めば良いの?という人にはこちら

国会事故調ダイジェスト版

ちゃんと読みたい人はこちら

事故調報告書

「おら、日本語が苦手ずら」という人には英語版もあります。

事故調報告書英語版

回線が非常に貧弱なようで「Service Temporarily Unavailable」と出ますが、F5を連打するとそのうちつながります(笑)。あ、でもみんながこれをやると一層つながりにくくなるので(笑)、我慢できる人はあとでにしましょう。でも、あとで、とか言っていると忘れちゃうんだよね。

ここにサマリーを載せても良いんだけれど、やっぱり現物を見たほうが誤解がなくて良いと思います。

ただ、ひとこと。
関係者に共通していたのは、およそ原子力を扱うものに許されない無知と慢心であり、世界の潮流を無視し、国民の安全を最優先とせず、組織の利益を最優先とする組織依存のマインドセット(思い込み、常識)であった。

って書いてあるんだけど、大飯再稼働については大丈夫なの?ちゃんと体質改善できたの?ってか、できてないでしょ?と思います。

あとさ、「無断転載を禁じます」って書いてあるんだけど、何でダメなの?  
Posted by buu2 at 12:53Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜の環八なのに、全然車がない場所もある

年がら年中車が一杯で、加えてしょっちゅう車線を減らして工事をしているおかげで、いつも車がたくさんな印象のある環八だけど、いつ来ても車が全然いない場所もあるんだよね・・・・。

12_07_05_1323
  
Posted by buu2 at 12:41Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

あげづきのこだわり

都内にあるとんかつ屋さんとしては屈指の名店、あげづきのこだわりについて紹介しておきます。

12_07_05_1322
  

2012年07月05日

伊吹

ここもずっと宿題だったお店。車で行くのがなかなか面倒な場所で、近くにある100円パーキングが一杯だったり、スープ切れだったり、ずっと縁がなかったんだけれど、ようやく食べることができた。以下、評価。

12_07_04_1321


名称:伊吹
種類:東京西部
場所:大泉学園
評価:9/AAB
2012.7.4
コメント:麺は細めのストレート。デフォルトでしっかりとコシがあるし、スープの絡みも非常に良い。良品。

スープは豚骨ベースの醤油味で和風だしを強めに効かせた東京西部タイプ。非常に荒削りで、良くいえば力強い、悪くいえば素人臭いもの。ここをどう評価するかがこの店の評価の別れるポイントだと思うが、僕はポジティブにとりたい。ただ、一つ残念なのは、食べているときではなく、食後感。店を出る位のタイミングで、口の中に苦味が残るのである。このマイナスをどう評価するべきか、非常に迷う。しかし、食べている最中には苦味は感じなかったし、すぐにガムでも食べれば問題なく解消する類のもの。ここは減点せずにおく。

チャーシューは普通に美味しいけれど、ちょっと甘みのある味付けは、僕の好みではない。あと、脂が多いのも僕の好みではない。ただ、これらがスープの味を乱すようなことはなかった。

家でラーメンを作る人が「そこら辺のラーメン屋よりよっぽど美味い」と言っているのを時々耳にするけれど、それは当たり前。店は、採算に乗せつつ、安定した味を提供するからこそ、プロなのだ。しかし、この店は「安定」という要素を外してしまった。毎日ブログにその日の煮干しのだしの具合を掲載しているのである。なるほど、インターネット時代ならではの手法である。こんな業態を思いついて、それを実行しているこのお店に拍手を送りたい。他にも「煮干しが苦手な方はご遠慮ください」とか、「近所のローソンの駐車場には駐車しないで下さい。苦情が山ほど来てます」みたいな、もっともだけど、客商売としてはもうちょっと表現方法があるんじゃないの?と思わないでもないような貼り紙もちょっと微笑ましい。平成版のがんこラーメンといった感じ。

店名 中華ソバ 伊吹
住所 東京都練馬区西大泉1-2-10
営業時間 11:45頃〜15:00頃 18:30頃〜スープ終了まで ※昼営業でスープ終了時は夜営業はなし
定休日 月曜日  

2012年07月04日

絶滅危惧種の見間違い系が復活

もう絶滅したのかな、と思っていた「見間違い系」が復活の兆しです。

って、誤植の話です。このブログが誤植を学問として真剣に調査していることはみなさんご承知の通りですが、最近はネットコンテンツの粗製濫造が進み、誤植コレクターの僕も「あーーー、またかぁ」ぐらいでスルーしてしまうことが多くなりました。誤植の事例もありきたりで、「おお」と思うことも少なくなりました。

そんな寂しい状況にあって、今日はちょっと嬉しいお知らせです。絶滅危惧種にも登録されていた「見間違い系」に復活の兆しがあるのです。

誤植の分類はこちら
見間違い系の事例

「こういう見間違いって、最近ないよねぇ」と思っていたら、技術の進歩によって、全く新しい形の「見間違い系」が発生してきているのです。その現場をご紹介しましょう。

shinsyu


サトエリ会見当日に自殺か イエローキャブ社長「内部怨恨」説

この中で、「体裁を気にしてか、ここlカ月の間に新人を増やした」という記述があるのですが、この一見「1」に見える文字は、実は1でもなければ1でもなく、半角小文字のLなんです。はて、どうしてこうなった?と推測するに、多分雑誌のハードコピーをスキャンして、OCR機能によって自動的にテキスト化したからなんだと思います。なぜ最初からテキストデータを使わないんだ、と思わないでもないのですが、そのあたりが出版業界の難しいところなんでしょう。

ところで、こうして最新型の「見間違い系」を見てみると、思い出すのがアジア系の食材のラベルです。特に中国系で多いのですが、「シ」と「ツ」や、「ソ」と「ン」など、慣れていないと見間違えてしまう文字に関しての誤植が結構あります。あるいは、先日のAnonymousによる霞ヶ浦攻撃事件も、非日本語圏の方々の見間違いによるものでした(^^。

アノニマス「日本語難しい」…霞ヶ浦は霞が関?

ははぁ、してみると、絶滅が危惧されていた「見間違い系」は、機械化とボーダーレス化によって、むしろ増加していたのか、と認識したのです。いやぁ、良かった、良かった。これで見間違い系は当分大丈夫です。  
Posted by buu2 at 11:11Comments(0)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

友達にFacebook勧誘のスパムメールを発信しないために

Facebook上で書いたらちょっと反響があったので、ブログにも書いておきます。

Facebookは物凄くインチキで危険なシステムなので、ちょっと油断すると、自分が使っているメーラーやGmailなどのアドレス帳にアクセスしてしまいます。そして、そのデータを元に、勝手に招待状を送ったりします。Facebookの利用者が爆発的に(?)増えていて、一方で「増えてきたなぁ」と実感することが滅多にないのは、こういう無理やり会員がたくさんいるせいだと思うのですが、それはそれとして、勝手にアドレスデータを参照して「あなたもFacebookを始めませんか?」とメールされてはたまったものではありません。

「あなたは大丈夫?」ということなんですが、Facebookにはそれを確認するページが用意されています。これが意外と知られていないようなので、ちょっと紹介しておきます。

招待とインポートした連絡先を管理(Facebook内)

Facebookを利用するにあたっては細心の注意が必要です。しっかり準備して、知らないうちにみんなに迷惑をかけていないか、きちんとチェックしましょう。あと、知り合いから何度も「Facebookをやりませんか?」と勧誘メールが届いたら、上記のリンク先を教えてあげてください。  

2012年07月03日

田舎の自治体ってすぐに騙されるんだよね(大刀洗町の事例)

田舎の自治体が変なコンサルに騙されて、無能な役人が旗を振って「Facebook導入だー」とかやらかすのが流行り始めている様子。今日も僕の画面上に怪しい「自治体Fcebook講習会」とかいうタイトル(後にFacebookに修正された)が現れた。これ、ひとつ重要な点なんだけど、僕が見に行ったんじゃなくて、僕のタイムラインにプッシュされたのね。

それで、「あー、また馬鹿な役人が騙されたのかな」と思って、「Facebookなんか導入しても何も良くなりませんよ、馬鹿じゃないの?」みたいなことを、その情報を僕にプッシュした友達(当時(笑))に書いてやったわけです。その際、丁寧に調布市の市議会議員の記事まで紹介してあげた。すると、彼はまず僕が書いたことをごっそり削除して(これ、だめな奴の常套手段です。消せば良いと思っている)、その上で、「友達関係を継続するのは困難と判断しました。あしからず。」とか連絡が来て、絶交されました(笑)。彼の名前は「宮澤尚史」さんね。三菱総合研究所時代の元同僚ですが、彼もタックスイーター(税金泥棒)というダークサイドに落ちちゃったのかな?もともと三菱総研という会社はタックスイーターに非常に近いところにある会社だからね。ま、僕はタックスイーターとは仲良くする気が全くないので、絶交でも全然構わないんだけど。

それで、それとは別に、僕のところに宮澤氏がプッシュしたのと同様、僕が書いたことも宮澤氏経由で、そのいかにも筋が悪そうなイベントを主催していた村田まみというお姉さん(Facebookはhttp://www.facebook.com/mami.murata.90、Twitterは@hornmami)にプッシュされたわけで(つまり、一番悪いのは自分のウォールの公開範囲を理解していなかった宮澤氏なんですが)、その村田女史が「どういう意図なのか」と質問してきていた。仕方がないので親切な僕は、ジムに行く前の貴重な時間を割いて、ざっくりと説明してあげたわけです。すると今度はその村田女史(大刀洗町の役人みたいです)が

それではご自分で「自治体FaceBookやめたほうがいいよ講習会」をお開きになられてはいかがでしょう?
わたくし村田まみのイベントウォールを借りるつまり人の褌で相撲をとるようなことをなさらずに^^


とか書いてきたわけです。Facebookこそが他人の褌であって、そこの公開スペースでつらつら書いていることについて「私の」とか書く時点で脳みそが糠味噌っぽいのですが、まぁ、仕方がない。それで、僕も丁寧に

「人の褌」なんかじゃないんですよ。

これもFacebookの特性。Facebookの機能をきちんと理解したほうが良いです。

インチキコンサルはいいところばかり主張して税金を浪費させます。今回は、たまたま縁があったから情報を提供しただけ。都合がわるいというのなら、さようなら、です。その調子で血税を無駄遣いすれば良い。公務員には良い公務員もいれば、悪い公務員もいるので。それは僕も散々見てきました。

あ、このやりとり、念のためキャプっておきますね(^^ 僕の主張が間違いだったとわかった場合には、丁寧に謝罪させて頂きます。5年後か、10年後か、わかりませんが。


と書いてあげたら、今度はそのイベントが不可視化されました(笑)。それで、僕はこういう三流役人のやり口って非常に良く知っているので、事前に画面はキャプってあるわけです(笑)。

fukuokafacebook


そのあとの続きももちろんキャプってあるし、参加者とかもリストアップしてある(Facebookすげぇ。実名ですからね(笑))のですが、今回はここまでで。公務員は大学の先生も含めて全部晒しちゃって良いと思うけど、今回はスタンスが不明なのでやめておきます。

#何しろ、隠されると公開したくなるのが人情ってもので。

大体、自治体でこれからFacebookやろうっていう人間たちがブロックしたりアクセスを制限したり、アホかという話なんですが、まぁFacebook初心者にはそういうことの馬鹿さ加減がさっぱりわからんのでしょう(^^; あ、そうそう、捨て台詞はこんな感じで

元木さんFBを理解されてあるようなので、ブロックさせていただきますね


こんなことを書いても、書いた直後にブロックされたら読めないし(僕はブロックされた後でも読める方法を知っているんですが(笑))、それ以前に、標準語まで不自由なようで、相手が九州の人間じゃないなら標準語で書いたほうが良いよなぁ、などと思ったり(笑)。

#20120704 00:19 加筆
その後、心ある方より「"されてある"というのは宮若、大牟田、大野城など九州北部あたりの方言である」と教えていただきました。大変失礼いたしました。小生、生まれも育ちも横浜のため、九州の一地方の方言までは存じておりませんでした。「日本語まで不自由」というのは言いすぎでしたので、お詫びして訂正させて頂きます。

前:「日本語まで不自由なようで、ちゃんと小学校で日本語を勉強し直したほうが良い」
後:「標準語まで不自由なようで、相手が九州の人間じゃないなら標準語で書いたほうが良い」


とりあえず、僕は「自治体でFacebookなんて税金の無駄遣いだからやめておきなさい」と進言しました。5年、10年経って、この大刀洗町がFacebookで大繁栄していたら、僕はこの村田さんに謝ろうと思います。逆に、全然役に立たなかったら、村田さんは私財から、Facebook導入に関連して費やした無駄金を町に返すべきだと思います。

どうなりますかねぇ?

さて、ついでなので、もうひとつ、過去の記事で触れていない「自治体のFacebook利用に関するリスク」について。まだしっかり調査してなくて、だから記事にもしていなかったんだけど、心配なのは犯罪や損害が絡んだ場合。Facebookの規約には

本規約またはFacebookに起因または関連する、弊社に対する申し立て、訴訟原因、または争議(以下「申し立て」)はすべて、米国カリフォルニア州サンタクララ郡に所在する州裁判所または連邦裁判所で解決するものとします。抵触法にかかわらず、利用者と弊社の間で生じたあらゆる申し立てには、カリフォルニア州法が適用されます。利用者は、申し立てを行う目的において、カリフォルニア州サンタクララ郡に所在する裁判所の対人管轄権にしたがうことに同意します。


と記載されています。自治体が旗を振って加入させておいて、あとで訴訟が起きた時、「じゃぁ、あとは勝手にカリフォルニアで裁判をやって下さい」で済ませちゃうことができるのかな?ってか、お前ら、カリフォルニアの法律、ちゃんと読んだのか?という話なんですが。著作権にしても、プライバシー権にしても、あるいはサーバーが吹っ飛んでデータが喪失したときも、Facebookが倒産してサービスが突然停止したときも、誰がどうやって誰の責任を追及をするんですかね?

日本の自治体が、他国の私企業の褌で相撲を取ろうっていうマインドが、僕にはさっぱり理解不能なんです。


関連エントリー:Twitter後のネット社会番外編シリーズ

その1「情報拡散は公式RTを利用しよう」

その2「自分ができることをやる」

その3「ポジティブ情報も生き残れないTwitter」

その4 ツイッターでの議論はソーシャルリンチにつながります(草稿)

その5 自分にとってのカリスマ

その6 芦田さんのツイッター微分論について その1

その6 芦田さんのツイッター微分論について その2

その7 来る前に終わった?フェイスブックの時代

その8 遅れて登場した「村の重鎮」

その9 自治体までFacebook

その10 芦田宏直氏の講義の事例

その11 Twitter微分論について

その12 地獄への道は善意で敷き詰められている

その13 来る前に終わったFacebookの時代

その14 Facebookの行政利用って、本当にうまくいくの?

その15 Facebookの怖い話


あわせて読みたい:街で見かけた馬鹿女に関するエントリー
珍獣と飲んだ件

このあと自称武雄市長に中傷された件:
武雄市長を名乗る人物( @hiwa1118)が僕のブログの記事を五流とか書いていたので
武雄市からの回答の行間を読んでみる



  
Posted by buu2 at 22:42Comments(0)ネットウォッチ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

スープカレー(テレビドラマ)

録画してあった「スープカレー」、全部見終わった。

以下、微妙にネタバレありなので、ちょっと改行しておきます。









うーーーーーん、なんだこれ(^^;?なんでそれぞれのエピソードをわざわざ分割したのか良くわからない。というか、単純にのりしろ部分(前回放送したところをもう一度放送する部分)を増やしたかっただけなように感じる。その他にもロゴの部分やテーブルにみんなが座っているシーンなど、不必要に水増ししている映像が多くて、ついつい早送りボタンを押したくなる。一つ一つの話もそれほど面白くなくて、額の裏から領収書が出てくるとか、テレビドラマのセリフに実生活をダブらせるとか、「ワンポイント」で引っ張っちゃったところに無理を感じる(とはいえ、一つ一つのドラマは1時間ドラマ程度だから、中身が薄いのは仕方ないけど)。

最大の問題点はそれぞれのドラマがいつまで経っても関連を持ってこないことで、結局最後までほぼほぼそのままだった。ドラマ同士の橋渡しって、せいぜい携帯電話で連絡を取るぐらいだったと思う。

この内容で観た人たちの満足度が高いというのなら、テレビドラマのレベルなんか、ずっとこのまんまだろうと思う。いや、でも、リーガル・ハイは面白かった。☆をつけるならリーガル・ハイは☆3つで、こちらは☆ゼロ(笑)。点数をつけるなら、リーガル・ハイは100点で、こちらは0点。

何かあるのかなー、と思って見続けたんだけど、結局何もなくて、でもまぁ、そりゃぁ自己責任か。自己責任ですね。あ、でも、料理パートだけは結構楽しめた。AKBの女子と大泉洋のアドリブ掛け合いが。でも、それって、ドラマの中では全く関係ないし、大泉洋の「人生のスパイス」って何もなかったような気がする・・・。

これなら、大泉洋とAKBで料理番組をやったら良かったのになぁ(笑)。今度、秦さん(脚本監修)に会ったら、何でこんなのになっちゃったのか、聞いてみようと思う。とりあえずハードディスクが勿体ないので、ドラマは削除かな?いや、「実はこれこれしかじか・・・」という話があったら困るから、念のため、一ヶ月ぐらいはとっておくか・・・。

#脚本監修って何だろう???

  
Posted by buu2 at 19:48Comments(0)TrackBack(0)テレビ番組││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年07月02日

ピザパーティで餃子を焼いてみた

毎月一回、ピザパーティを開催しているのだけれど、そろそろ暑くなってきて、ピザを焼くのも部屋が暑くなって大変だよね、ということで、餃子にしてみた。

餡はもちろん、皮もラー油も自作である。それで、味の方は・・・・ということなのだが、いつもどおり、14時から終電まで飲みっぱなしなので、良く覚えていません。そんなに飲み食いした記憶もないんだけれど(ってか、ほとんど失われているのですが)、日曜日にジムで体重測定したら1.3キロ太っていたので、やっぱりそこそこ飲み食いしたんだと思う。カメラにも餃子の写真が一杯残っていた。

12_06_30_1303


12_06_30_1305


12_06_30_1306


12_06_30_1307


12_06_30_1308


12_06_30_1309
  
Posted by buu2 at 15:16Comments(0)TrackBack(0)料理││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

蕃茄

映画を観る前にラーメンを一杯、と思ったら、伊吹に振られ、井の庄にも振られた。このあたりのお店はスープ切れで終了なんだけれど、予定営業時間よりも2時間以上も早く終了するっていうのはちょっとプロ意識的にどうなの、とか思ったけれど、それはそれ。ということで全く予定になかったのだけれど、3店目の正直、という感じでこのお店に行ってみた。以下、評価。

12_07_01_1302


名称:蕃茄
種類:東京西部
場所:大泉学園
評価:6/ABB
2012.7.1
コメント:麺は細めで弱く縮れたもの。コシは問題なし。そして、凄く評価できるのがスープの絡み。ここまでしっかりスープが乗ってくる麺も珍しい。

スープは豚骨ベースで和風だしが効いた東京西部タイプ。ちょっと味が足りない感じでお湯の味がするのは残念。調味料で調整しても良いと思うのだけれど、今日はそのままで食べてみた。もう一工夫あれば格段に美味しくなりそうなのが惜しい。

チャーシューは一枚は美味しくて、もう一枚はイマイチだった。今回は美味しい方で評価。

また行っても良いかな、というレベル。でも、このあたりは似たようなお店が多いんだよね。とりあえず、まずは宿題を片付けないとだな・・・。。

店名 麺屋 蕃茄 (ばんか)
TEL 03-3922-5201
住所 東京都練馬区東大泉5-41-22
営業時間 【月〜土】11:00〜23:00(LO 22:45)【日・祝】11:00〜22:00(LO 21:45)
定休日 火曜日  

「ありません」と「おりません」

僕の感覚では「アスベストは使用してありません」っていうのは間違った日本語なんですが、平成17年からずっと放置されているってことは正しいんですかね?

12_07_01_1301


大泉学園の駐車場で発見しましたが。  
Posted by buu2 at 14:43Comments(0)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子家

中山のスタジオで収録前に一杯。以下、評価。

12_06_29_1300


12_06_29_1299


12_06_29_1298


名称:甲子家
種類:横浜
場所:すずかけ台
評価:2/ACC
2012.6.29
コメント:麺は太めで弱く縮れたもの。コシ、スープの絡みともに悪くない。家系ならこの程度は全く珍しくなくなった。

スープは豚骨鶏ガラブレンドの醤油味。家系としてはかなり豚骨よりで、かつこってりしているだけで味がない。別にまずいとは言わないが、ちょっと質が低い。しょうがや豆板醤などで味を整えればなんとか、という感じ。

チャーシューは標準的。

なぜかネット内ではこの店を高く評価する人が多いようだが、家系としては落第レベル。向かいにある魁力屋霧が丘店の方が段違いに美味いと思う。

店名 甲子家 (コウシヤ)
TEL 045-921-7719
住所 神奈川県横浜市緑区霧が丘2-18-10
営業時間 11:00〜16:00 18:00〜21:00
定休日 水曜日  

2012年07月01日

フルル

池袋の宿題店としてはラストに近いかも、というフルルに行ってきた。これで池袋の注目ラーメン店はほぼ網羅したかなぁ。

12_06_27_1297


名称:フルル
種類:東京
場所:池袋
評価:7/ABA
2012.6.27
コメント:麺は細めのストレート、コシは普通、スープの絡みも良好

スープはとりベースの醤油味。無化調ラーメンっぽい味気なさがあって惜しい。というか、無化調(かどうか知らないけど、多分無化調)ラーメンの典型的な弱点を備えている。味が不足しているのに、風味がそこそこにあるトッピングを色々載せているので、それらが微妙に味を乱していてまとまりが悪くなっている。特にメンマが良くない。無化調ラーメンはよっぽど素材と調理に気を配らないとまともなスープにはならず(まともなスープの例は「一本気」)、そういうベースがしっかりしていないスープに色々トッピングしちゃうと、「あーーー」というものになる。

チャーシューは普通に美味しい。これならトッピングするのも悪くない。

店名 フルル (Hulu-lu )
TEL 03-3983-6455
住所 東京都豊島区池袋2-60-7
営業時間 [月・水〜土]11:30〜14:30 18:00〜21:30(スープ終わり次第終了)[日・祝]11:30〜15:30(通し営業)
定休日 火曜