2012年09月30日

辛しや

名称:辛しや
種類:東京とんこつ
場所:武蔵新田
評価:1/CCB
2012.9.27
コメント:にんにくがちゃんとお店でみじん切りにしたものだったのでちょっと期待したのだけれど、ダメだった。

スープは豚骨ベースの塩味で背脂が浮いている。昔で言うところの恵比寿丸富のような方向。じゃあ美味しいかというとさにあらず、非常にまとまりの悪いスープという印象を受ける。ベースがまずいのではなく、コーディネートが悪い。何と言うか、センスが感じられないのだ。

麺は中くらいの太さの縮れ麺。茹で過ぎでコシがない。ここまで出来の悪い麺は久しぶりに食べた。

チャーシューは標準的な美味しさ。

評価とは無関係だけど、メンマもまずい。

料理経験がない素人が見よう見まねでやってみました、という感じのお店。料理人として経験が足りないんだろうな、と推測する。

店名 辛しや
住所 東京都大田区矢口1-6-14
営業時間 平日:11:00 - 26:00 土曜:11:00 -26:00 日祝: 11:00 - 23:00
定休日 なし

「総統閣下はお怒りです」で取り上げました↓
  

横浜美術館

横浜美術館の常設展示がさりげなく良いんです。

12_09_22_1726


12_09_22_1727


12_09_22_1728


12_09_22_1730


12_09_22_1731


12_09_22_1732


12_09_22_1734


12_09_22_1735


12_09_22_1733
  
Posted by buu2 at 12:48Comments(0)TrackBack(0)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月29日

ウルトラマン最終回

WOWOWで放送していたので、ウルトラマンの最終回を観てみた(何度も観たけど)。

デジタルリマスター版のせいなのか、模型を吊っているピアノ線がバンバン見えちゃうのはともかくとして、改めて、撮影技術はさすがだなぁ、と思った。脚本も、これでどうやって終わらせるんだろう、と思っていたら、あっという間に収束してビックリした(笑)。挙句、「私はもう2万年(だったかな?)も生きた」とか、「命を2つ持ってきた」とか、斬新な設定が目白押しである。ゼットンとの対決は意外と淡白なのだが、「3分間」をきっちりと守っていると感じられるところが良い。

ウルトラセブンには負けるものの、なかなか侮れない作品だと思う。

  

「エッグ」野田地図 第17回公演(@東京芸術劇場プレイハウス)二回目

二回目の鑑賞。一回目の感想はこちら。

NODA・MAP 第17回公演 「エッグ」(初日)
http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/51358491.html

鑑賞前に「新潮 10月号」に掲載された戯曲をざっと読んでおいた。

前回は初日ということもあって芝居にもややまとまりがない印象を受けたのだが、今回は大分こなれていたような気がする。そして、観る側も戯曲を読んでいたので、非常に理解しやすかった。これから観る人に言っておきたいことは、戯曲の冒頭の6ページぐらいで構わないので、読んでおいた方が良いということだ。それだけで、芝居の構造がわかる(時空の配置と、野田秀樹のセリフ、そして深津絵里の歌う歌の歌詞)。特に、前から10列目程度よりも後方の席で観る人にはお勧めしたい。野田秀樹は以前からちょっとセリフの聞き取りやすさに難のある役者だったが、舞台が大きくなるとそれが顕著になる。この箱は役者野田秀樹にはちょっと大きすぎて、何を言っているのかが聞き取れない。そして、それが聞き取れないと、舞台の構造がわからなくなってしまうのである。

舞台が役者にとって大きすぎる、というのは、本作の場合、野田秀樹だけに当てはまるわけではない。名優橋爪功にもちょっと持て余し気味な印象だし、女子高生役の女の子たちは言うに及ばず、妻夫木聡にも大きすぎる。むしろ、大丈夫な役者の方が少ないくらいだ。物語を見せる現在の野田秀樹の芝居にとっては声が届かないというのは致命的で、それは観客サイドで補う必要がある。それが、「戯曲を読む」という行為である。また、全般的に良い演技を見せていた深津絵里だが、残念ながら歌唱の際の滑舌に問題がある。ここを補う意味でも、戯曲は役に立つ。

別に新潮社から何かをもらっているわけではないけれど、「新潮 10月号」は他にも面白い文章が掲載されていて、見所が多く、買って損はないと思う。

いや、ちょっと思うのは、劇団の先行予約で受け付けておいて、15列目とかはちょっとないんじゃないのかなぁー、と。そのあたりになると、正直、S席相当ではないと思う。下記を見るとわかるけれど、ほとんどS席なんだよね。

エッグ 座席表
http://www.nodamap.com/productions/egg/img/playhouse.pdf

でも、J列以降だと、この出演者では正直厳しい。正面を向いて発声していれば問題ないものの、ちょっと横を向いて声を出していたら、15列目までは声が届かない役者が半分くらいいるのだ。見切れてしまうから安くするというのは当たり前だが、声が届かないのも同じように安くするのが当たり前だと思う。

劇評が日経新聞に掲載されているのを読んだが、恐らくこれを書いている人の座席はかなり前方なんだと思う。ぜひ二階席正面などから観劇してみて欲しい。受ける印象は全く異なるはずだ。きちんと声が届いているなら「遠いほうが全体の構図がわかりやすい」などの考え方もあるが、最近の野田秀樹作品は「遠くから観たのではつまらない」という状態になっていることがわかると思う。

僕は野田秀樹がシス・カンパニーと文化村から離れたことを歓迎したクチである。その理由は、シスがあまりにも興行重視で、劇の質を無視していることと、文化村の料金の高さにあった。シスを離れ、拠点を芸術劇場に移して、それが改善されるかと思ったら、さにあらず。これでは何で変化を求めたのかがわからない。

#野田さんは、観客が満員に入っている状態で、客席の後ろの方から自分の芝居を観たことがないのだろうか・・・。それとも、シスや文化村とは別の問題をやっぱり抱えていて、思ったような芝居ができないでいるんだろうか。

さて、今回は運良くH列29番という、端ではあっても前から8列目というポジションだったので、内容はきっちりと把握できた。物語の流れは過去に一方的に遡っていくだけなので、以前の野田作品のような難解さはない。そして、後半、強烈にアピールする人間の「醜さ」には何の救いもない。まぁ、それはそれで良いのだけれど、何十年経っても心に残っている、「少年はいつも動かない。世界ばかりが沈んでいくんだ」といった、「セリフ」そのものが野田作品の特徴だったはず。そういうパワーを持った言葉が失われてしまい、道具を使った演出中心に力が入っているのがちょっと残念だった。これは、言葉が通じない海外での公演を通じての、野田秀樹なりの進歩なのかも知れないけれど、日本人としては、ちょっと残念である。

二度目を観ても、やはり評価は☆2つ。面白い作品ではあるものの、この芝居が9,500円のスタンダードになってしまうのはちょっと合点がいかない。衣装や美術、音楽に力が入っているのはわかるけれど、それでも6,000円ぐらいでぜひ、という感じである。

チケットは完売だから、この価格でも観る人が溢れているわけで、それなら価格を下げる理由はないんだけどね・・・。建物、立派になったし。

12_09_26_1736


12_09_26_1737
  
Posted by buu2 at 02:26Comments(2)TrackBack(0)演劇││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月28日

チャンドニー

以前は良く足を運んだチャンドニーなんだけど、最近ご無沙汰していた。新座のカレー屋さんに行ったので、最近のチャンドニーはどうかなぁ、と思って、久しぶりに行ってみた。

あれ?経営者が変わった?そんなことはないのかな?メニュー構成とか、ちょっと変わっていた。カレーも、以前は辛さを調節してもらえたのに、今は自分で辛味スパイスを追加する形に。これだと、あんまり辛くならないんだよなー。別にまずいわけじゃないんだけど、ちょっとガッカリ感が・・・。

12_09_26_1723


12_09_26_1724


12_09_26_1725


これだと、新座のハーブ&スパイスの方が良いかも?

店名 チャンドニー
TEL 048-466-4952
住所 埼玉県朝霞市岡3-1-5
営業時間 11:00〜14:30 17:00〜21:00
定休日 無休  

中川知洋 個展―君かもしれない― @万画廊

「総統閣下はお怒りです」にゲスト出演していただいたこともある伊藤愛さんの万画廊で「中川知洋 個展―君かもしれない―」という特別展を開催中だったので、見てきました。

元々は絵画が中心だったようですが、最近は立体も制作されているそうで、僕としては立体の方が面白いなー、と思った次第。

12_09_27_1722


12_09_27_1717


12_09_27_1718


12_09_27_1719


12_09_27_1720


12_09_27_1721


僕の場合、数年前の映画「パンズ・ラビリンス」の世界が目の前に広がっているような楽しさがありました。写真では伝わらないものがありますから、お近くに行くことがあれば、ぜひふらっと立ち寄ってみて下さい。

「中川知洋 個展―君かもしれない―」
◯会期:2012年9月21日(金)〜2012年9月30(日)
◯会期中無休 11:30‐19:30
◯万画廊
104-0061 東京都中央区銀座1丁目23-2 GINZA上野ビル1F
東京メトロ・有楽町線「新富町駅」番出口 徒歩4分
東京メトロ・有楽町線「銀座1丁目駅」番出口 徒歩6分
東京メトロ・日比谷線・「東銀座駅」ト崕亳徒歩6分


  
Posted by buu2 at 14:01Comments(0)TrackBack(0)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月27日

討論型世論調査に関する私見

原発問題に関して今年の夏、日本では「エネルギー・環境の選択肢に関する討論型世論調査」が実施された。この調査について、産経ニュースにこんなニュースが掲載された。

「討論型世論調査」から見えるもの
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120927/art12092708000002-n1.htm

こと原発問題に関しては、日本の新聞社の主張は賛成:日経、産経、読売と反対:朝日、毎日、東京に真っ二つにわかれているので、どちらの情報もバイアスがかかっていると最初から構えて読む必要があるのだが、この記事は原発推進派の産経らしからぬ、比較的中立な記事である。その主旨は、

政治と国民の乖離を埋めるシステムとして「討論型世論調査」への注目が集まりつつある中、世界で初めて公式に「討論型世論調査」が日本で行われた。結果については一定の留保をつける声もあるが、政治と有権者の距離を縮める有益な手段と評価する有識者もいる。討論型世論調査は政治家が政治判断を国民に丸投げしているに過ぎず、議会政治の制度疲労とも言える。


といったものである。

さて、この「討論型世論調査」について、僕は先日こんなガイドラインを書いた。

泥縄のガイドライン
http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/51358990.html

言うまでもなく、今年の夏に行われた「討論型世論調査」の混迷っぷりを揶揄したものだが、この討論型世論調査に関する僕のスタンスをもうちょっと明確にした文章にこんなものがある(必要なのは中間の2段落だけど、誤解を招かないように全文引用)。

こちらの記事で揶揄しましたが、

http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/51358990.html

「国民的議論をしましょう」と言った時点で、政治家は国民に議論を丸投げしてしまったのです。自民党もそれを許したんですから、同罪です。

「国民的議論」というものの定義にもよりますが、そのやり方をきちんと明確にせず、場当たり的に対応した結果がこれです。結果的に、日本で始めて(#註)、国民投票的な意思決定が行われてしまったわけで、結論が出てから騒ぎ出すのは馬鹿丸出し、という感じです。

というわけで、僕は自民党の雇用政策と原子力政策(=民主主義を否定する姿勢)には納得が行きませんので、自民党には投票しません。もちろん、民主党にも、公明党にも、社民党にも、共産党にも投票しませんが。

#上記引用中、「始めて」は「初めて」を誤記したもの

これは自民党前衆議院議員で、日の出テレビの代表を務める福田峰之氏のブログの記事について、Facebook上で当人宛に書いたコメントで、もとのブログの記事はこちらである。

国民の民意と政治家の決定
http://fukuroh.air-nifty.com/katsudou/2012/09/post-7bfd.html

福田氏の主張で一番おかしいのは「参加者の多くが言っているから、世論調査の数字が物語っているから、という理由で、政治家の判断を拘束すべきではないと思う。あくまで、国民意見は大切な判断材料の1つにしか過ぎない」という部分で、書いてある事自体は間違ってはいないけれど、書くタイミングが間違っている。つまり、結論が出てから言うことではないのである。これは言うなれば後出しジャンケンそのものである。

最初から、「国民的議論をしましょう。でも、その結論はあくまでも判断材料のひとつ。どんな結論になっても、それに従うわけじゃありません」と明示しておくべきだったのである。しかし、政府は“わざと”、討論型世論調査の結論をどうやって利用するのかを示さなかった。「示さなかった以上、どう使おうと勝手」と政治家サイドは思っていたのだろうが、国民は「示さなかった以上、最大限に尊重されて当たり前」と考えた。少なくとも、僕はそう考えた人間の一人である。そして、僕のように考えた人間たちの声の大きさに民主党は負けて、「原発ゼロ」を基本方針にせざるを得なくなった。ことここに至り、自民党は「これは民主党が勝手にやったこと。選挙で俺たちが勝てば、全部ご破算だ」という意向のようだ。昨日、自民党の総裁選があったけれど、テレビで候補者たちが語っている番組で、全ての候補が原発ゼロを見直すと表明していたので、僕は総裁選への興味も失ったし、次の選挙では自民党にも投票しないことに決めた。

さて、話を「討論型世論調査」に戻す。政治家の思惑通りだったのかは別にして、世界で初めて(冒頭の記事による)公式に討論型世論調査が行われ、政治が国民に丸投げされてしまった。僕は、「丸投げ」自体は、決して悪くなかったと思うのだが、手法そのものにはまだ改善の余地があると思う。

まず、最低限、「討論型世論調査の結果については、基本的にその時点での最終決定とする」という合意が必要だ。「有識者が検討する際の一資料」程度では話にならないし、参加する人間にとってもどっちらけである。やるからには、「これが最後の手段」という覚悟を持つべきだ。

次に、どういった形で情報提供が為されるべきかを考える必要がある。国民が討論し、判断するのだから、国民にはできるだけたくさんの情報がフラットに提供される必要がある。しかし、この夏に行われた事例でも、情報提供は「フラット」ではなかった。

参考:良く見たらすげぇ印象操作しているな、この資料(笑)
http://blog.livedoor.jp/buu2/archives/51349861.html

情報提供する側が中立を装いながら、その実フラットではないのでこういうことが起きる。3.11以後、日本が陥っている最大の機能不全は「政治不信」なのだが、これもその一端である。そして、日本人はもう政府に対する信頼を取り戻すことはないだろう。だから、討論型世論調査を実施する際は、政府以外の中立的組織がハンドリングする必要がある。その上で、当事者たちが我田引水するための資料をたっぷりと提供すれば良い。原発問題でも、利害関係者はあちこちにいるので、その人たちは徹底的に自分の説を支持してもらえるような資料を提供し、また相手方の資料を否定するような情報を発信すれば良い。つまり、土俵に上がるのは利害に関係する当事者たちで構わないのだ。加えて、中立を装っている行政もこれに参加すれば良い。

国民は、一人ひとりが審判である。「討論型」というけれど、専門性を持ち合わせない国民が有効な討論を実施できるとは思えない。利害関係者達が繰り広げるバトルをリングサイドで見ていて、ジャッジすることになる。これは裁判員裁判と同じようなものだが、判断にあたっては、助言する人間が必要になってくる。この助言者もできればフラットな立場の人間が望ましい。

これらをまとめれば、ボクシングの試合のようになる。

対戦者(利害関係者):情報を提出する
解説者(助言者):提出された情報をできるだけフラットに解説するとともに、戦況を分析する
審判(国民):解説者の解説を参考にしながら判定を下す


さて、討論型世論調査をボクシングの試合に喩えるなら、忘れてはならないことがひとつある。それは「試合時間」である。何ラウンドで実施し、各ラウンドは何分なのかを決めなくてはならない。トップダウン型の脳みその持ち主は「情報って、どのくらい提供すれば良いのかな?その情報はどのくらい噛み砕いてあげれば良いのかな?」などと考えがちだが、そんなのは実はどうでも良い話で、国民に理解してもらえなければ自分たちの意向は受け入れられない、という状況さえ作ってしまえば良いのである。お上が決めて、合意事項としなくてはならないのは次の3つだけである。

◯結果はその時点での最終結論ということ
◯試合時間
◯集計方法

リングに立つ人たちは利害関係者なので黙っていても登場するし、資料を提出するだろう。解説者も、インターネットの時代だから、ボランタリーにやる人がいるだろうし、ある程度みんなが納得するような人材をお金で雇うのでも良い。あとは、ニコ生やUstreamでそれを中継し、新聞やブロガーが記事にすれば良い。それらを見て、国民が判断すれば良いのである。残された問題は「誰が全体をハンドリングするか」で、これについてはしっかりと考える必要がある。私案はあるのだが、この部分が最大の問題になるところなので、あえてここでアイデアを出すことは控えておく。

最後に、「集計方法」についても考えておく必要がある。冒頭の記事では「参加者にバイアスがかかっている」という指摘があった。いっそのこと、国民投票的な手段を講じても良いと思う。ただし、不勉強な人が何気なく投票したり、お金で票が買われたりする可能性も念頭に入れておく必要があるだろう。

原発については負け犬が遠吠えを続けていて、なんだかなー、という状況である。でも、その無理筋が通ってしまう可能性が少なからずあるのがこの国で、だからこそ信頼を失った政府は、たとえ次の選挙で政権がどこになろうとも、その信頼を回復する可能性が低いと、僕は感じている。そうした決定的な機能不全に陥った日本にとっては、討論型世論調査はひとつの希望でもある。中には米軍基地問題のように高度に国際的で軍事機密を含むデリケートなものもあって、全てがこの俎上に乗りうるわけではないのだが、例えば科学技術関連の研究費をどうするのか、といった問題などは、お偉いさんに全てを任せるのではなく、討論型世論調査を実施してみても良いのではないかと思う。  

2012年09月26日

遺伝子組換えでないトウモロコシはこんなに怖い(;_;)(グロ注意)

白馬に行ったとき、生協でトウモロコシを買ったんです。前回、とても美味しかったから。

参考:異常なまでにうまそうな白馬産とうもろこし

それで、今回もウキウキして、トウモロコシを食べようとしたら・・・

12_09_24_1715


おや?????

12_09_24_1716


ひいーーーーー、怖いよ(;_;) あまりに動揺してピントがあいません(;_;)

断末魔でトウモロコシから飛び出してきた何かの幼虫・・・(;_;)(;_;)

迷わず、捨ててしまいました。美味しそうだったけど。そういえば、ちょっと傷んでいる気配があったし。

今回は、買ってきてすぐに食べず、ちょっと常温で保存しておいたんです。その間に、トウモロコシの本体に巣食っていた何者かが成長していたんでしょう。

トウモロコシの害虫は、トウモロコシの芯に生息します。そこまでは、ちょっとやそっとじゃ農薬が届きません。だからって、農薬でジャブジャブになったトウモロコシなんて食べたくないですよね?

僕は遺伝子組み換えトウモロコシの安全性にかなりの信頼を寄せているので、日本でもぜひ遺伝子組み換えトウモロコシを栽培して欲しいです。イモムシは食べたくありません。  
Posted by buu2 at 15:42Comments(0)TrackBack(0)バイオ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月25日

サブカルカテゴリで「総統閣下はお怒りです」が10位に!

順位はすぐに落ちるので、記念に(笑)

10i  
Posted by buu2 at 23:04Comments(0)TrackBack(0)読書││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ココナラ」の時代はコレマデか?

どんなサービスでも、500円で販売できます、という主旨でスタートした「ココナラ」。

ココナラ
http://coconala.com/home

面白いかな、と思って僕も会員登録だけはしたんですが、複数の全く異なるサービスを出品するのは難しいのかな、などと思い、出品はしないでいました。そうやって放置していたら、いきなり超強力なライバルが現れました。それはヤフオク。ヤフオクが、サービスも出品できるようになって、実質的に「ココナラ」のライバルとなったわけです。

ヤフオクに「スキル」出品可能に 家事代行や映像制作
http://www.j-cast.com/2012/09/06145395.html

試しに僕が「あなたが行くべきラーメン屋さんを紹介します」という商品(サービス)を出品してみたのですが、その結果がこちらです。

あなたが今日行くべき「この一軒」のラーメン屋さんを推薦します
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n115899206

僕が出品した商品は150円で売れて、落札者からは次のようなフィードバックをいただきました。

リアルな食べログサービス感謝します。 懐かしい味にありつけそうです。 (評価日時:2012年 9月 10日 21時 46分)


さて、「ココナラ」とヤフオクの比較を表にしてみます。

kokonarayahu


出品サイドから考えると、普段からヤフオクを利用しているなど、プレミアム会員の場合は、会費は無料と考えて差し支えないので、実質的な出品費用は10.50円です。しかも、この費用も様々なサービスによって無料のケースが少なくありません。落札時のシステム利用料は5.25%なので、3,000円以上の落札額にならない限り、ヤフオクの方が有利(しかも、絶対額で、です)となります。ただし、ココナラのシステム利用料には決済手数料が含まれており、ヤフオクではこれが落札者負担となっています。もうちょっと整理するなら、ココナラの場合、実質的な決済手数料150円を落札者が払っており、出品者は350円固定で出品していることになります。

先に挙げた僕の出品事例からすると、出品料は無料、システム利用料は約8円、出品者粗利約140円、落札者負担総額約250円となります。つまり、
僕:△140円
ヤフー:△110円
落札者:▲250円
となります。取引全体で見た場合、システム利用料比率は44%で、ココナラの30%に比較するとやや割高になります。これが仮に370円固定のオークション(出品者に350円の利益が出るように設定)だった場合は、システム利用料約20円、出品者粗利350円、落札者総負担額470円となり、
僕:△350円
ヤフー:△120円
落札者:▲470円

となります。したがって、システム利用料比率は約26%となり、ヤフオクのほうがココナラの30%よりも効率が良くなります。そのメリットは落札者のものなので、「30円安いなら、ヤフオクに出品されているものを使おう」と思うのが人情というもの。なお、このシステム利用料比率は落札額が高くなるにしたがって低くなっていきます。

加えて、無視できないのがシステムを利用している会員数です。対象となる会員数は実に1500倍以上。先日僕が出品したオークションの場合、アクセス総数は2,613件でした。ココナラの会員の半数がアクセスしたことになります。この数をココナラで実現するのは至難の業でしょう。

ヤフオクのメリットは、

◯1円から出品できる(ココナラは500円固定)
◯落札額に上限がない(ココナラは500円固定)
◯500円以上の場合、システム利用料が安価
◯会員数が多い
◯落札者の振込手段が多い

といったところで、デメリットは

●Yahoo!のプレミアム会員登録が必要なこと

ぐらいです。また、このデメリットも、少なくない人がすでにプレミアム会員登録していることから、それほど大きなデメリットとは言えないでしょう。

「知識・スキルを500円で売買できる!」という目の付け所はそれほど悪くなかったと思うのですが、コノママでは巨人Yahoo!に捻り潰され、ココナラの時代はコレマデ、来る前に終わった、ということになりそうです。

#システム利用料30%というのは決して高くありません。妥当な額だと思います。

#なんか、エア・ドゥを捻り潰そうとして、日本航空、全日空が嫌がらせをしていたのを思い出して、あまり良い気分にはならないんですけどね。Yahoo!がやったことといえば、「スキル・知識」のカテゴリを作っただけ(表面上は)という(笑)。  

2012年09月24日

政治家向けソーシャルメディア利用ガイドライン(徐々に増補の可能性あり)

最近、政治家の方々と話す機会が多いんですが、一々指摘するのも面倒くさいのでまとめておきます。一般の方々には何の意味もないガイドラインです。なお、ソーシャルメディアとひとくくりにしましたが、ブログ、SNS(Facebookを含む)、Twitter、動画配信(Ustream、ニコ生)あたりを想定しています。

1.ブログを使うなら、独自ドメインで
アクセスが増えやすいから、といった理由でアメブロとかを選ぶ人がいますが、やめた方が良いです。アメブロにして増えるアクセスは基本的にろくでもないアクセスです。本当にあなたの活動や政策、考え方に興味がある人は、どんなドメインでもアクセスしてきます。

2.記事を書くときは正確かつキレイな日本語で
「ら」抜きとか、論外ですが、なるべくキレイな日本語を使いましょう。文法的に正しいだけではダメで、文体も重要です。下手くそな日本語の使い手として山本一太氏や片山さつき氏を挙げることができますが、こういった方々の日本語は真似をしてはいけません。万一、これらの方々の日本語の難点が理解できない場合、あなたはキレイな日本語を使えない可能性が高いので、必ず誰かに日本語をチェックしてもらいましょう。あ、アメブロを使っている芸能人に良く見られる、改行だらけの文章ももちろん論外です。だって、あなたのまわりの文書で、そんな改行だらけの書類なんてないでしょう?え?これがネットの流儀だと思っていた?そんなことはありません。そんな書き方をするのは頭の悪いタレントぐらいです。

3.批判をするときはそれなりの覚悟が必要
ときどき「お前は五流」などと言い放つ政治家がいますが、他者を批判するときは必ず反論された時のことを考えておきましょう。もちろん反論されたら再反論、あるいは謝罪する必要があります。都合の悪い場合だけ無視するなどは最悪の対応で、反論されたら困ってしまうような批判は控えなくてはなりません。また、批判する場合もきちんと言葉を選びましょう。「五流」といった言葉は単に自分の品格を貶めるだけです。

4.閉鎖空間での発言はやめましょう
Twitterで非公開アカウントを使うなどは論外ですが、Facebookでの発言も、極力全て誰でもアクセスできる状態にしておきましょう。特定の人にだけ情報を発信するなどはダメです。

5.Ustreamなどの双方向メディアの利用も要注意
多くの場合、双方向メディアに寄ってくるのはnoizy minorityだったりします。noizy minorityに粘着された場合、一般人なら「うるせぇよ、バカ」で済むのですが、政治家だとそうもいきません。「一つの見識ですね」とか、「そういう考え方もあるでしょう」などとかわすことは可能ですが、Ustreamのようなメディアでは得てしてsilent majorityは「面倒くさい」と、サイレントの立場を貫くことが多いので、孤立無援となってストレスが溜まります。そういうのが嫌なら、やらない方がマシです。

6.訂正は前後がわかるように
誰でも間違いはするので、長い間ソーシャルメディアを利用していると、発信した情報について訂正する場面は必ず生じます。その時は、修正前と修正後をきちんと明示しましょう。誰かからの指摘だった場合は必要に応じて、それが誰からの指摘だったのかも併せて明示しましょう。「削除すればわからない」といったことはありません。変なことを書けばほぼ間違いなく親切な人が頼みもしないのに「魚拓」を保存してくれています。また、Facebookで「編集しちゃえばわからない」と高を括って赤っ恥を書いた市長もいます。

7.伏字は使わない
基本的に、伏字はダメです。特に「朝◯新聞によると」などという誰にでもわかってしまうような、意味のない伏字はダメです。また、「◯日新聞によると」のような、複数の候補が考えられるような記述もダメです。基本的に、伏せなくてはならないような書き方をしなくてはならない場合は、最初から書かない方が良いです。ただし、特殊な情報で、情報源を秘匿する必要がある場合は、この限りではありません。そういう特殊なケースでは、きちんと事情を明示するようにしましょう。

8.新しい支持者を獲得するためのツールではない
基本的に、ソーシャルメディアは「既存の人間関係のメインテナンス」のためのメディアで、同時に「新しい敵を作る」メディアです。人間関係のメインテナンスには大きな力を発揮しますが、「新しい支持者」を獲得することは非常に難しいと考えられます(一方で、新しい敵は比較的簡単に作ることができます)。したがって、もし利用するなら、あくまでも既存の支持者に対しての情報発信に注力すべきです。その範囲においては、使い方次第できちんと効果を出すでしょう。

9.何かトラブルがあったらすぐに対応する
周囲は味方ばかりではありません。何か文句をつけられたら、なるべく早く対応する必要があります。以前はTwitterならスルーしても構わないと考えられていましたが、Togetterなどで証拠保全されるのが一般的になって来ましたし、近々、Twitterも全ての発言が保管されるように仕様変更されるようです。当たり前ですが、自身のブログやFacebookなどの場合は無視は絶対にダメです。あ、急いで対応するにしても、必ずブレインに相談することを忘れずに。慌てず、急いで、正確に、です。

10.コミュニケーションを取るときはプラットフォームを変更しない
Twitterに批判があったのに「批判はFacebookでお願いします」といった、自分勝手なプラットフォーム変更を相手に強要してはいけません。「Twitterは実名ではないから」といった理由でプラットフォームを変更するくらいなら、最初からTwitterを使うべきではありません。TwitterのことはTwitterで、FacebookのことはFacebookで、同じ土俵でケリをつけましょう。

11.ブレイン選びも重要
きちんとしたブレインをつけましょう。その際、政治的な主義主張など、どうでも良いです。あくまでもソーシャルメディアの運用能力で評価すべきです。僕が知る限りでは、きちんとしたコンサルができそうな日本人は河野武さんだけです。他はほとんど全部、まともなブレインとは成り得ません。もちろん、僕が知る限り、なので、他にも存在はするはずですが。とにかく怪しげなコンサルタントが「どこかに余っている公的なお金はないか?」とウロウロしているので、そんなのに引っかからないように。安易に「Facebookをやりましょう」と言ってくる奴はほぼ間違いなくダメな奴です。

12.参考
反面教師も含め、僕が知っている範囲での政治家のソーシャルメディア利用能力について書いておきます。

◯片山さつき氏(評価0点)
とにかく日本語が酷い。馬鹿丸出しレベルなので、早急にブレインを採用する必要あり。

◯山本一太氏(評価3点)
妙な言い回しや、()書きが散見される。(ガクっ)また、内容も「俺はこんなに忙しいんだ!!」と主張するものが多く、共感しにくい。So-netとか使っているし。

◯河野太郎氏(評価100点)
政治家のお手本といえる。参考にすべき点は多々ある。

◯福島みずほ(評価70点)
意外と馬鹿にできないみずぽん。ソーシャルメディアの使い方はなかなか上手である。FC2とか使っているけど。  

iPadをまな板として使いたい人、必見

家のまな板がカビてしまったので、何か代わりのものはないかなー、あ、iPadとか、使えないかなー、でも、壊れちゃったらヤだなー、と思っていたら、ありました!!



商品はこちら。


  
Posted by buu2 at 15:07Comments(2)TrackBack(0)apple││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーリック・ジョーズ

「元町の海寄りの場所ににんにく専門店がある」と聞いて出かけたのは多分15年ぐらい前だと思う。その後、中華街に店を出したと思ったら、みなとみらいへ。元々のお店があったところはジョーズ・ガーリック・ビストロとして営業していたけれど、その後パパジョーズというスペイン料理のお店に変わった。「ジョーズ」が残っているので関連店かも知れないけれど、行ったことはない。

それで、クイーンズにできたお店はすっかり巨大化して、カジュアルな飲み屋に。それでも元町時代の料理の雰囲気は残っていて、そこそこのお金でにんにく料理とお酒を楽しむことができる。

今回は横浜美術館に行った帰りに、友だちを呼んで5人で飲み会。そこそこ長時間飲み食いして、一人あたりの支払いは5,000円程度とリーズナブル。ソフトドリンクは同一銘柄なら飲み放題とか、結構ナイスな設定である。

お店の人は、「当店自慢の料理をセットにしたものがあるので、まずはこれを注文してみるのがオススメです」と言ってくれたのだけれど、5つぐらいの料理を単に合算しただけの価格になっていたので、これなら普通に食べたいものを頼んだほうが良いなー、と思い、適当に注文。

12_09_22_1711


12_09_22_1712


12_09_22_1713


12_09_22_1714


そんなにやかましくもなく、にんにくたっぷりで、予約なしでも席が確保できたので良かった。

店名 ガーリック・ジョーズ クイーンズクスエア店 (GARLIC JO'S)
TEL 045-682-2870
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-8 クイーンズスクエア 横浜アット3rd B1F
営業時間 [月〜日]11:00〜23:00
定休日 不定休(クイーンズスクエアに準ずる)  

2012年09月23日

陳建一麻婆豆腐

麻婆豆腐のお店の担々麺をラーメンの枠で評価するのもどうかと思うけれど、念のため。

12_09_22_1704


名称:陳建一麻婆豆腐
種類:中華
場所:みなとみらい
評価:6/BAB
2012.9.22
コメント:麺は細めのストレート。中華料理屋さんにありがちなコシのないもの。以前は「中華料理だから仕方ない」と思ったものだけれど、最近はきちんとした麺を出す店も増えてきたので、このレベルだとちょっとなぁ、という感じ。

スープはとても手が込んだものだと思うけれど、辛さが足りない。一番辛くしてくれ、とお願いしたんだけれど、それでも足りない。担々麺を食べている、という満足感が得られない。

チャーシューは普通に美味しい。

予想していた通りの担々麺だった。しかし、これで1,200円はちょっと割高感あり。神保町の「辣椒漢」に比較すると、かなり下だと思う。

ちなみに麻婆豆腐もいただきました。こちらもかなり辛さが足りなかったけれど、テーブルに置いてあった赤い中国山椒をバカバカ振りかけたらそれなりに美味しかったです。

12_09_22_1705


12_09_22_1706


12_09_22_1703


でも、この店、本当に陳建一さんが味を作っているのかなぁ。永田町の四川飯店に行くといつも「本場の味で作ってくれ」と頼むんだけれど、もっと辛いし、しびれる記憶がある。日本人の舌にあうようにアレンジしてある可能性が高いと思う。

店名 陳建一 麻婆豆腐店 みなとみらい店
TEL 045-222-5111
住所 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ 1F
営業時間 11:00〜22:00(L.O.21:30)
定休日 不定休  

パキ蔵君の剪定

我が家のパキラのパキ蔵君、御年23歳くらいなんだけれど、さすがに大きくなりすぎた。天井につっかえてどうなるかと思ったら、そこで横に成長を始めて、家の中で一番大きな部屋の20%程を占めるくらいに大きくなってしまった。ということで、チョキチョキ剪定することに。

12_09_21_1700


上に伸びきってしまったところを切って、二回りくらい小さくすることに成功。

12_09_22_1701


本当はこれから寒くなる時期にやることじゃないんだけど、せっかくなので切った枝は挿し木にしてみた。

12_09_22_1702


でも、挿し木って、苦手なんだよね。ウツボカズラでもうまく行ったことがない。加えて、秋だからなぁ。ダメで元々。  
Posted by buu2 at 16:06Comments(0)TrackBack(0)植物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

a bit like you and me... 奈良美智:君や僕にちょっと似ている.

横浜美術館でやっている「a bit like you and me... 奈良美智:君や僕にちょっと似ている.」を観てきた。事前情報では、「上野のフェルメールばかり客が集まって、横浜美術館はさっぱり」という話だったんだけど、行ってみたら凄い混雑(;_;) これなら平日に来れば良かった。

12_09_22_1709


地震のあと、作風が変わったと言うよりは「とりあえず、まずは表現する」という方針に変わったのかも知れない。「すぐに劣化してしまいそう」という素材を利用して、短期間に大量に描かれた絵を一気に観ることができた。

「そりゃぁ、ちょっと痩せないとね」というインパクトがあった絵は、こんな風に利用されていたりして・・・(笑)

12_09_22_1710


集めているPUP君の今回バージョンがなかったのがちょっと残念だったり。横浜は日曜日で終了。展示はこのあと青森県立美術館で 2012.10.6 - 2013.1.14、そのあと熊本市現代美術館で 2013.1.26 - 4.14だそうです。

熊本って、この間は篠山紀信さんのをやっていたけれど、さり気なく良いのをやるね。  
Posted by buu2 at 03:12Comments(0)TrackBack(0)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月22日

燃費

e3a041af.jpg

63.90リットルで906.6キロ。燃費は14.19km/l。高速道路中心。  
Posted by buu2 at 01:32Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

鍵泥棒のメソッド

監督がやりたかったのは多分スティングの現代版のようなものなんだろう。その意味ではそこそこいけていたと思う。軽妙な笑いで繋ぎつつ、大きく騙している。

堺雅人、香川照之や脇役はみんな芸達者。良いキャストを集めたと思う。演技力に難のある広末もどうしたわけかコメディだけは上手に演じるので、この映画では適役だと思う。

脚本の出来も悪くない。冒頭の広末のシーンから期待させる。そこから大きな緩みもなく、面白く進んでいく。途中で「ここまで風呂敷を広げて大丈夫かな」と心配になったけれど、無難に畳んでいた。細かい伏線もなかなか凝っていて、それぞれがきちんと回収されていた。とはいえ、どこにも穴がないかと言えばそんなこともなく、スタート直後の「夜の団地のシーン」「昼の銭湯のシーン」「続く夜のシーン」の時間の流れがどうもゆっくりしすぎ、とか、貧乏役者の部屋が異様に広い、とか、体格の違う人間のオーダーメイドスーツがそこまでぴったりするの?とか、重要なはずの人間が国内でゴルフしていても良いの?とか、最初の8ページって、本は構造上「はじめの」なら奇数ページになるはずだろ、とか、色々疑問点もあった。一番「勿体ない」と思ったのはステレオを聞いての「転」がストーリーの中でかなり早めに来てしまったこと。もっと引っ張って欲しかった。「転」のあと、「転」「転」と畳み掛けたかったんだろうけれど、その細工が最初の「転」ほどではなかったので、冗長に感じたのもあると思う。大仕掛は一発のほうがすっきりする。大仕掛を用意しつつ、あとは単なるラブコメとして続けていけば良かったのになぁと思わないでもなく、そういう意味では映画よりもドラマ向けの設定だったと思う。

内田けんじ監督は、アフタースクールでは観客を騙す「承」のところまでが非常に退屈だったけれど、本作はちゃんと楽しめる。一方で、アフタースクールほどの爽快感がなくて、そこはちょっと残念だった。

細かな笑いでラストまで引っ張るなら「最強のふたり」の方が上。役者の表情で多くのことを語らせるなら「夢売るふたり」が上。堺雅人の良さを強烈に引き出すなら「リーガル・ハイ」の方が上。広末の良さを引き出すという意味なら「バブルへGO!!」の方が上。女優を可愛く撮るというのなら「モテキ」の方が上。騙し具合ならもちろん「スティング」が上、という感じで、「こりゃ傑作!」と膝を打つほどではないかな、と思う。  
Posted by buu2 at 00:05Comments(0)TrackBack(1)映画2012││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月21日

新世紀

知人から、「Yahoo!のラーメン特集で埼玉県の2位になっている、みずほ台のお店は食べたことがありますか?」と聞かれた。一本気のことかな?と思って調べたら、「新世紀」という食べたことのないお店だった。仕方ないので、食べてきた。

12_09_20_1699


名称:新世紀
種類:北海道(?)
場所:みずほ台
評価:5/ABC
2012.9.20
コメント:メニューが色々あって迷うので、一番上に書いてあった「凝縮」というのを注文。

スープは豚骨ベースでマー油っぽい風味付けがされたもの。熊本の味に近いけれど、背脂がかなり浮いていて、東京豚骨の流れも感じられる。独自に工夫して色々詰め込んだんだと思う。そこそこ美味しいけれど、ちょっとまとまりがない印象。

麺は札幌ゴム麺っぽい食感の縮れ麺。北海道系としてはやや細め。スープの絡みは標準的で、麺硬めで注文したらコシも十分。

チャーシューはまずい。トッピングするのはお金の無駄レベル。虫が知らせてくれたのでトッピングしなかった。ラッキー。

店名 革命的ラーメン 新世紀 (シンセイキ)
TEL 049-252-0360
住所 埼玉県富士見市東みずほ台1-9-10 MTビル 102号
営業時間 11:00〜14:00 17:00〜23:30
定休日 月曜日

この店が何で埼玉県2位なのか、さっぱりわからない。僕はみずほ台だけに限っても、ここよりも美味しい店を3軒知っている。要すれば、「集合知などというものはグルメ情報については全く成立しない」という当たり前のことを再確認したということだろう。別にこの店が悪いわけじゃないけど。

mentsu
  

ディ・チェコの11番はどうやらAmazonが底値のようだ

僕の環境ではここが一番お得。ということで、とりあえず、ポチっと。

  
Posted by buu2 at 12:15Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

やり直せるならやり直したいけど(誤植)

スポニチ、見出しが・・・。

kumagai


トップ昇格の横浜・熊谷 22日浦和戦にスタメンか
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/09/21/kiji/K20120921004157330.html  
Posted by buu2 at 11:28Comments(0)TrackBack(0)サッカー││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月20日

おまた

最近はいつも予約でいっぱいのおまた。今日はタイミングが良かったのか、予約なしでも飛び込めた。しかも、テーブル席。こういう幸運は滅多にない。

12_09_18_1682


12_09_18_1683


12_09_18_1684


12_09_18_1685


12_09_18_1690


12_09_18_1691


12_09_18_1692


12_09_18_1693


12_09_18_1694


12_09_18_1695


店名 酒・肴 おまた (さけさかなおまた)
TEL 03-3986-7770
住所 東京都豊島区西池袋1-7-8 関ビル 1F
営業時間 11:30〜13:15(L.O) 17:00〜22:30(L.O)
定休日 日曜・祝日  

風雲児

西新宿のスペース・ゼロといえば、スキー関係者にとっては石井スポーツのカスタムフェア会場としておなじみだけど、そのすぐそばにある行列店に行ってきた。以下、評価。

12_09_19_1689


名称:風雲児
種類:鶏白湯
場所:新宿
評価:6/BAB
2012.9.19
コメント:麺は中くらいの太さで弱く縮れたもの。コシ、スープの絡みともに申し分ないのだけれど、ごくわずかに小麦以外の臭いが感じられる。恐らくは熟成不足だと思う。人気が高く回転が早い店にありがちの雑味。

スープはずっと昔の天下一品を上品にしたような味わい。濃厚な鶏のスープをベースにして、和風だしの返しで味付けした感じ。池袋のまるきゅうの濃厚スープと似た方向。非常に美味しいと思う。

チャーシューは普通に美味しいレベル。

行列していなければまた食べると思う。

店名 風雲児 (ふううんじ)
TEL 03-6413-8480
住所 東京都渋谷区代々木2-14-3 北斗第一ビルB1F
営業時間 11:00〜15:00、17:00〜21:00(売り切れ次第終了)
定休日 日曜・祝日  

2012年09月19日

桐島、部活やめるってよ

運動万能でみんなからの人望もあつい桐島くんが部活を辞めることに。誰にも相談なく退部を決めたことによって、周囲には小さくない波紋が生じ、それが広がっていく。そして、それは全く無関係に見える映画部までをも徐々に巻き込んでいく。その様子を複数のアングルで見せていくことによって、高校生たちの人間関係を克明に描き出していく。

この映画の面白さは、まず構成と脚本。序盤であれ?と思わせ、そして徐々にその特異な構成で引き付け、次にそれを期待させる。この映画で初めて採用された手法ではないものの、使い方が非常にうまい。

脇役がまず楽しませ、次に意外なところから準主役たちが登場して徐々にストーリーの中心になり、そして最後にやって来る主役・・・。

作りが非常に演劇的で、それを上手にスクリーンに落とし込んでいるところが邦画らしい。乾いた笑いも随所に配置されていて、良くいるタイプの映画おたくは楽しめるはず。一方で体育会系には厳しいかもしれない。でも、いろいろなタイプの高校生を上手に配置しているので、ほとんどの人が「あるある」と感じるのではないだろうか。

川上麻衣子の若い頃に似ている清水くるみが個人的には好み(笑)

評価は☆2つ半。  
Posted by buu2 at 12:23Comments(0)TrackBack(0)映画2012││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

夢売るふたり

大好きな西川作品ということで楽しみにしていた。冒頭から引き込まれる作りは見事。そのあとはブラックユーモアを連発してくるので、笑いの連続。それで、途中からだんだん重苦しくなってきて、最後はいつもの西川作品らしいエンディング。ということで、あぁ、さすが、という感じではある。

人生経験と想像力がないと読み取れないシーンが多く、例えば何のために里子のオナニーシーンが挿入されたのかとか(別にブラック・スワンのナタリー・ポートマンに対抗したわけではないはず)、結婚生活を経験していないと良くわからないと思う。逆に、40歳以上ぐらいの既婚者だと、あーー、あるある、みたいなシーンがてんこ盛り。他にも暗示的なシーンが多いので、とりあえず映画館でゆっくり観て、あとはスカパー!なり、DVDなりで再確認・・・って、それでは制作サイドの思う壺か(笑)。一度観ただけでは、普通の人では理解しきれないと思う。僕も、「あぁ、これはこういうオチなのかな」と思った方向に進まなかったので、あれれ?もう一回観ないとだなぁ、と思った。

阿部サダヲは終始一貫して同じキャラなんだけれど、松たか子は作品の間中ずっと揺れていて、その中心にあるのは嫉妬。女性的な嫉妬心をドロドロと見せつけるので、印象としてはかなりエグい。女性監督ならではの作りだと思う。松たか子は野田地図のパイパーなど、舞台で見事な演技を観ているけれど、映画でもなかなかのもの。演出の良さもあるんだろうけれど、監督の演出意図をきちんと表現しているところが素晴らしい。鈴木砂羽も登場シーンは少ないものの、表情で多くを語っていた。その他の俳優も芸達者が多く、かつそれらを贅沢にちょい役で使っているあたり、西川監督もちゃんと評価されているんだなぁと感心した。

ただ、映画として満点か?もうちょっと、一つ一つのエピソードを深く描いてくれたら、里子と、その他の女性たちとの対照がはっきりしたのになぁ、と思わないでもない。そのあたりは、上映時間を切り詰めたい制作サイドとの調整なんだろうけれど。ブサイクなデブに入れ込み、子連れの家庭に取り込まれ、と、一つ一つの意図はわかるものの、それらがもう少し丁寧だったらもっと良かったのにと思う。評価は☆2つ半。  
Posted by buu2 at 12:21Comments(0)TrackBack(0)映画2012││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型チャイナ・シンドロームのガイドライン

1.日系企業、日本大使館、領事館を襲ったり、日本国旗を焼いたりする
正統的な反日活動です。

2.中国人の所有する自動車でも、それが日本製なら壊す
所有者は中国人なので、中国人同士の破壊活動です。自傷行為と言えます。

3.日系企業のショーウインドウに「尖閣諸島は中国固有の領土であることを支持する」などと貼り紙をする
はがされて終了ですが、はがされる前に写真を撮影し、ネットで拡散するのが定石です。

4.マクドナルドは米国に本社を置くファストフードチェーン店だが、中国に本拠地を置いていないので襲う
大分意味不明ですが、中国4,000年の歴史の賜物でしょう。

5.カルフールは世界各地にスーパーマーケットチェーンを展開するフランス企業だが、中国発祥の企業ではないので襲う
やはり、日本のような島国の国民には理解し難いメンタリティです。

6.イタリア領事館を襲う
中国とイタリアの間に何か紛争ってありましたっけ?

7.ワトソンズ(屈臣氏)は香港(中華人民共和国香港特別行政区)に本拠地を置くドラッグストアチェーンだが、ついでなので襲う
こうなるとただ暴れているだけ(汗)。

参考資料:「火事場泥棒だ」イタリア領事館も被害、暴徒化する反日デモに市民が批判

(従来型の「チャイナ・シンドローム」とは原子炉中の核燃料の連鎖反応が制御できない状態となり溶融、容器を突き抜けてしまうことを言います)  
Posted by buu2 at 12:01Comments(2)TrackBack(0)ガイドライン││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

白馬トレイルラン

蕎麦の花の状況を見に行ったら、ちょうど「白馬トレイルラン」の日だったので、スタートを見に行ってきた。

大体において、アルペンスキーヤーというのは坂を下るのが好きなのであって、坂を登るのは嫌いだし、登る必要があるときは機械に頼るものだ。僕はそういう、登るときは機械に頼るスポーツしかやってきていないし、登るとしてもせいぜい水泳のスタート台程度である。そして、今後も自力で登るようなスポーツはやらないと思う。スタートに集まった元、および現役の五輪代表選手の皆さんもそのあたりは一緒である(ノルディックの方々は登ります)。

12_09_16_1679


大会はロング、ミドル、ショートにわかれていて、7時にスタートするロングの選手の方々はあろうことか、八方と岩岳を脚で登るらしい。ありえない。

白馬トレイルランのコース

下の写真はスタート直後の酔狂な選手の皆さん。いってらっしゃい(^^;。

12_09_16_1680


相変わらずかわいい上村愛子さんも、「信じられない」とコメントしておりました(笑)。どうやらアルペンだけではなく、フリースタイルも登らないらしいです。

12_09_16_1681


でも、ノルディックは後走(けが人がいないかとかの確認のかかり。通常は車でやるところ、山道なので若手の選手が走るらしい)やっていました。ノルディック凄い。  
Posted by buu2 at 10:27Comments(0)TrackBack(0)長野││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月18日

ハーブ&スパイス

朝霞にはもうかれこれ10年以上住んでいるというのに、「ハーブ&スパイスってお店、知っている?」と聞かれて「知らない」と答える始末(^^;

このあたりでインドカレーと言えば、チャンドニーかヒマラヤン食堂なんです。でも、聞いたからには行かないと。ということで、ハーブ&スパイスに行ってきた。食べたのはマトン、チキン、野菜の辛口。

12_09_17_1674


12_09_17_1675


カレーとナンは結構美味しい。辛口指定で頼んだけれど、ちょっと辛さが足りないなぁ、と思っていたら、辛味追加のチャツネのようなものをくれた。何だかわからないけれど、そこそこ辛くできる。

12_09_17_1676


セットのデザートが出てこないのでちょっと待っていたんだけど、片付けを始めてしまったので、あー、忘れられちゃったかなー、でも、もうお腹一杯だから、いっかー、などと思って会計を頼んだら、レジを打っている間にセットだったことに気づいたようで、「デザート、まだでした!」と。律儀だなぁ、と笑いながら席に戻ったら、アイスを持ってきてくれた。

12_09_17_1678


日本語は大分たどたどしいけれど、頑張ってやっているのが好印象。居心地が良い店なので、ロヂャースに来ることがあればまた立ち寄ろうと思う。

どうでも良いけど、ランチが17時までで、ディナーが17時からって、意味不明(笑)。まぁ、そんなお店です(^^

店名 ハーブ&スパイス (HERBS&SPICE )
TEL 048-481-0668
住所 埼玉県新座市野火止1-9-44
営業時間 ランチ  11:00〜17:00 ディナー17:00〜22:00
定休日 無休  

僕達が蒔いた蕎麦の花

いつも蒔いたら蒔きっぱなしだった白馬の蕎麦の種なんだけれど、今年はちゃんと生育状態をチェックしに白馬まで行ってきた。

今年は芽が出るのが遅くてみんな冷や冷やしたんだけれど、無事発芽して、今はご覧のとおり。

12_09_16_1626


12_09_16_1625


蕎麦の花って、初めて見たけれど、真っ白な小さな花でした。さて、いよいよ11月のそば打ち体験会の準備に入ります。今年は数えて第4回となりますが、いつも通り、11月の第二週の土日、10日、11日の両日となります。ぜひいらっしゃって、種から作ったそば打ちをお楽しみ下さい(^^ 皆さんのご参加をお待ちしております。なお、イベントの正式な告知は今週中に行う予定ですので、もう少々お待ち下さい。

12_09_16_1627
  
Posted by buu2 at 13:49Comments(2)TrackBack(0)長野││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

白龍

飯田橋に美味しい餃子屋さんがある、ということだったので、食べに行ってきた。

全種類食べてみたけれど、個人的にはシナモンが効いている白龍「以外」が良かった(笑)。一皿4個で出てくるので、4人で行くのがオススメ。5人だと地獄っぽい(^^;あと、個人的に僕のCOOLPIXのホワイトバランスと相性の良い店内の照明がナイス(^^

12_09_13_1609


12_09_13_1610


12_09_13_1611


12_09_13_1612


12_09_13_1613


12_09_13_1614


12_09_13_1615


12_09_13_1616


12_09_13_1617


12_09_13_1618


12_09_13_1619


12_09_13_1620


12_09_13_1621


12_09_13_1622


12_09_13_1623


12_09_13_1624


店名 白龍 (パイロン)
TEL 03-3260-6571
住所 東京都新宿区新小川町8-32
営業時間 [月〜木]11:30〜14:30 17:00〜23:00[金]11:30〜14:30 17:00〜23:30
定休日 土・日  
Posted by buu2 at 12:40Comments(0)TrackBack(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月17日

りき@八方

蕎麦食べ比べツアーのラストはりき。蕎麦好きのためのお店、という感じ。何しろ、そば打ちマニアだった店主が警察官を脱サラして始めたお店である。

食べたのは山かけ蕎麦(?)の、杓子。そばが透き通っている。

12_09_17_1668


12_09_17_1669


このお店は蕎麦の量を小刻みに変更できるのがナイス。

12_09_17_1667


店名 りき (力)
TEL 0261-85-4311
住所 長野県北安曇郡白馬村北城3020-90
営業時間 11:30〜14:00 17:30〜20:00
定休日 木曜日  

林檎舎@白馬

白馬のリピート店トップ3の二つ目は林檎舎のおしぼり蕎麦。林檎舎さんは昔ながらの伝統と職人の味を楽しめる。

12_09_17_1660


12_09_17_1661


12_09_17_1662


12_09_17_1663


メニューはこんな感じ。

12_09_17_1659


くるみ蕎麦も白馬では良く食べるそうで、ちょっと試してみた。

12_09_17_1666


12_09_17_1665


あ、これも美味しい!!!

12_09_17_1664


店名 林檎舎 (りんごや)
TEL 0261-71-1566
住所 長野県北安曇郡白馬村大字北城八方5289
営業時間 11:00〜14:30(L.O.14:00)
定休日 不定休  

鷲家

八方に比較的新しくできたお店。早速行ってみた。山奥なのになぜかお刺身と魚が美味しかったのが謎(^^; シーチキン蕎麦を食べたかったんだけれど、お腹の具合でそこまで行き着かなかった。次回はぜひ。

12_09_16_1652


12_09_16_1653


12_09_16_1654


12_09_16_1655


12_09_16_1656


12_09_16_1657


12_09_16_1658


店名 鷲家
TEL 0261-72-3048
住所 長野県北安曇郡白馬村大字北城八方5752-1
営業時間 18:00〜24:00
定休日 水曜日  

2012年09月16日

白馬のイネ

スキーをやっていると大抵は米どころなので、いつも美味しいお米を食べることができるんだけれど、訪問するのは冬なので、もちろん田んぼの様子など見る機会がない。今回は蕎麦の花を見に来たんだけれど、蕎麦畑のすぐ隣が田んぼだったので、もうすぐ収穫の時期になるイネも見ることができた。

12_09_16_1628


山の上から見ると、こんな感じの八方なんだけれど、

12_09_16_1629


平地の、緑が蕎麦、黄緑がイネ。蕎麦も随分増えてきたらしい。ここに住んでいると、お米も、蕎麦も、両方楽しめて羨ましい。  
Posted by buu2 at 16:02Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

まえだ@八方

八方で蕎麦を食べると言ったら、林檎舎か、りきか、ここなわけで、三者三様の蕎麦を食べることができる。ここの蕎麦は「いつものやつ」な感じの、気取ってなくて、よそ行きじゃない蕎麦。あと、野菜中心のつまみ(^^ それと、にごり酒。残念ながら、今回はこのあと運転があったので、お酒は抜きだったけれど。

12_09_16_1646


12_09_16_1647


12_09_16_1648


12_09_16_1649


12_09_16_1650


12_09_16_1651


店名 まえだ
TEL 0261-72-2295
住所 長野県北安曇郡白馬村北城5054
営業時間 11:00〜15:00 [8月] 11:00〜19:00 [12月下旬〜3月] 11:00〜21:00
定休日 不定休  

八方尾根の花

車で黒菱まで上がって、そこからリフトを乗り継いで第二ケルンまで行ってみた。以下、道中で見かけた植物たち。

12_09_16_1630


12_09_16_1631


12_09_16_1632


12_09_16_1633


12_09_16_1634


12_09_16_1635


12_09_16_1636


12_09_16_1637


12_09_16_1638


12_09_16_1639


12_09_16_1640


12_09_16_1641


12_09_16_1642


12_09_16_1643


12_09_16_1644


12_09_16_1645
  

2012年09月15日

花舎

白馬の駅前にある「花舎」で一杯。

12_09_15_1603


12_09_15_1604


12_09_15_1605


12_09_15_1606


12_09_15_1607


12_09_15_1608


今日は元五輪選手で現在パラリンピック日本代表監督の丸山寿一さん、ソチでの活躍が期待される後藤悠子さん、渡部善斗さんとの飲み会。内容は内緒(笑)。

後藤さんのブログはこちら→スキー日記 白馬日記

店名 花舎 (居酒屋)
TEL 0261-72-4760
住所 長野県北安曇郡白馬村大字北城白馬町6369-3
営業時間 18:00〜23:00
定休日 不定休  

五色

松本で二軒目は五色というお店。カウンターのみのこじんまりとしたお店で、入ってすぐ左側の壁に石神さんの色紙が貼ってあって、「本物です!」と注意書きがあるのが可愛い。ニセモノがあるんだろうか(笑)? 日付けが9月14日って書いてあったけど、昨日じゃないよね?

以下、評価。

12_09_15_1602


名称:五色
種類:鶏白湯
場所:松本
評価:3/ACB
2012.9.15
コメント:麺はやや太目で自家製麺っぽい。何か練りこんであるみたい(いわゆる全粒粉だと思うけど)だけど詳細は不明。コシ、スープの絡みともに良い。

スープは鶏白湯。スープだけで飲めば非常に美味しいけれど、麺を食べさせるだけの味がない。味を調整しようにも、胡椒とからし味噌では難しい。この方向ならせめて柚子胡椒でもあれば、と思う。無化調系のラーメンでも良く見られるのだけれど、この手の「味不足」のお店は本当にもったいないと思う。つけ麺なら当たり前だけど、ラーメンにおいてもスープはあくまでも麺を食べさせる「洋服」のようなもの。ウインドウの中に飾ってあって美しいことが重要なのではなく、それを着ることによって、着る人が輝く必要がある。麺を美味しく食べさせるものでなければ、単独で飲んでどんなに美味しいスープでも意味がない。

鶏肉のチャーシューも無難だが、こちらも薄味。ただ、スープが薄味なので、バランスは取れている。

厳し目の評価だけど、それは十分な伸びしろがあるから。ちょっとしたことでずっと美味しくなると思う。

店名 五色 (ごしき)
TEL 0263-33-0853
住所 長野県松本市白板1-1-13
営業時間 11:30〜スープ終了まで(21:30)
定休日 毎週火曜、第四月曜(定休日が祝日の場合翌日に変更あり、年末年始は30日〜2日まで休業)  

松本城

12_09_15_1593


12_09_15_1594


12_09_15_1595


12_09_15_1596


12_09_15_1597


12_09_15_1598


12_09_15_1599


12_09_15_1600


12_09_15_1601
  
Posted by buu2 at 15:58Comments(0)TrackBack(0)長野││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひづき

12_09_15_1592


名称:ひづき
種類:東京西部
場所:松本
評価:6/ABB
2012.9.15
コメント:種類が色々あってちょっと迷ったのだけれど、店頭に「おすすめ」と書かれていた「コクにごり」を注文。

麺は細めでほぼストレート。コシ、スープの絡みとも良好な良品。ともすると強調され過ぎの感がある小麦の香りが適度で、食べやすい。

スープは豚骨ベースの醤油味で、ネギ油でアクセントをつけたもの。油が多いのに無化調っぽい味(多分無化調)なので、例によって味の足りない、ちょっとしまりのないスープになっているのが惜しい。

チャーシューは無難に美味しい。

長野で評価が高いと聞く店の多くは二郎系で、しかも東京だったらあまり褒められないレベル。長野でまともなラーメンってないのかなぁ、と思っていたのだけれど、この店はオススメ。ただし、長野っぽさはこれっぽっちもない。あと、地元の人に愛されるような店で、ラヲタが食べに行くようなタイプの店ではない。

店名 麺肴 ひづき
TEL 0263-34-9080
住所 長野県松本市大手4-6-3
営業時間 11:30〜14:30 17:30〜23:30
定休日 月曜日(ただし、堀内ひづきとして営業)  

燃費

fe62eceb.jpg4958
  
Posted by buu2 at 01:42Comments(0)TrackBack(0)TIIDA││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月14日

ベルリン国立美術館展@国立西洋美術館

真珠の首飾りの少女が来ているので、ベルリン国立美術館展を見てきた。

12_09_13_1591


先日のマウリッツハイスに比較すると随分と空いていたけれど、僕は真珠の耳飾りの少女よりも、首の方が好きなので、じっくりと鑑賞できて良かった。世の中的には首よりも耳なのかなぁ?ベルリン展はレンブラントのミネルヴァもあって、おーーーー、という感じではあったけれど、でも、トータルで見ると、僕はベルリンよりもマウリッツハイスの方が良かったかな?  
Posted by buu2 at 18:08Comments(2)TrackBack(0)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひみつ堂

かき氷の名店として有名なひみつ堂に行ってきた。

日暮里から徒歩で5分程度。細い道に大行列しているので、すぐにわかる。平日の15時に行っても行列って、いったいどんだけ?という感じである。

12_09_13_1590


店の外には「いちごみるく、売り切れました」の貼り紙。でも大丈夫だ、問題ない。他にも美味しそうなのが一杯ある。

12_09_13_1587


ということで、注文したのはラズベリーみるく。ただのかき氷なので、注文したらすぐに出てくる。

12_09_13_1588


氷に練乳がかかっていて、ラズベリーのシロップを少しずつかけて食べていく。ほほう、さすがは天然氷、ということはなく、正直、天然の氷と人工の氷の違いは良くわからない(^^;

でもまぁ、天然氷という気分が重要なんだろう。

一緒に行った人はメロンヨーグルトを食べていた。

12_09_13_1589


メロンは非常に美味しいと思うけれど、ヨーグルトをかけてしまう感性は僕には理解不能(^^; でも、「美味しかったです」とのこと(笑)。

あそこまでの大行列はどうかと思うけれど、いちごは食べてみたい。  
Posted by buu2 at 16:22Comments(0)TrackBack(0)かき氷││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月13日

美人すぎる画廊オーナーが教えるアートの買い方入門編 第二回

昨日事前告知してあった「総統閣下はもっとお怒りです」のアート特集第二弾ですが、浦崎鈴子総統閣下の質問に対して伊藤愛オーナーが回答するという、美人ツートップの構成でお送りしました。僕は基本的にカメラマン(笑)。

iPadによる中継でしたが、ちょっとマイク性能が追いつかず、聞き取りにくい部分が多い放送になってしまいました。が、画像と内容は大丈夫です、問題ありません。録画でも楽しめますので、ぜひこちらを御覧ください。

プリントしたらいくらでもサイズを変えられる写真作品の秘密など、他ではなかなか聞くことができないお話を聞くことができます(^^



Video streaming by Ustream  

丸美屋 海鮮あんかけ

ダイエット向け食品の試食、丸美屋編の第三弾は「海鮮あんかけ」。

12_09_13_1586


ホタテの旨味と鶏だし仕立て、とのことだけど、うーーん。これもちょっと練り込みが足りない感じ。どうも、カゴメ>S&B>>丸美屋という上下関係がはっきりしてきた感じ。あくまでも、味の面だけですが。サミットではなぜかS&Bのレンジグルメシリーズが40円も値上げされてしまい、ちょっと購入意欲が削がれています(^^;

これだけ価格が違っちゃうと、仕方なく丸美屋を買ってしまう・・・ことはないかな?

☆半分。  

2012年09月12日

兎に角

「そういえば、とみ田や富田食堂の評価を書いてなかったなぁ、もう一回食べておくかなぁ」などと思いつつ松戸に行ったら、絶望的な行列だったので、すぐそばの兎に角に行ってみた。以下、評価。

12_09_11_1585


名称:兎に角
種類:東京西部
場所:松戸
評価:9/AAB
2012.9.11
コメント:麺はかなり太めのうどんライクなもの。ここまで太くなるとちょっと茹で時間が変わってしまってもどうということもない様子で、調理場を見ているとかなりいい加減に茹でている。あー、このやり方だと、最初の方に作ったものと、あとに作ったものだと、麺の硬さがかなり変わってくるんじゃないかなぁ、などと思っていたのだけれど、僕のは最初のほうだったので問題なかった。実際に問題があるかどうかは不明。スープの絡みは良好。

スープは濃厚な豚骨ベースのスープにカツオを強烈に効かせたもの。食べ飽きているのはもちろんだが、それでも「ほほー」と思わせるだけの力強さがあって好感。

チャーシューは肉質がもう一歩という感じだが、スープとマッチしていて、特に問題があるわけではない。トッピングする価値はあると思う。

店名 兎に角
TEL 047-361-4667
住所 千葉県松戸市根本462 比嘉ビル 1F
営業時間 11:00〜23:00
定休日 無し(臨休はその都度告知)  

【告知】美人すぎる画廊オーナーが教えるアートの買い方入門編 第二回

本日の「総統閣下はもっとお怒りです」は銀座万画廊さんより、「美人すぎる画廊オーナーが教えるアートの買い方入門編 第二回」をお送りします。23:15頃から、日の出テレビで放映開始予定です。

日の出テレビ
http://hinode.tv/

なお、総統閣下の番組に先立って、22時より、福田峰之さんの「政治の時間」も万画廊からの放送です。番組では、「アートで経済」というテーマで、福田さんと万画廊の伊藤愛さんが対談します。「歴史と高い文化を持つ日本故、アートで経済を興すことが出来るはず。それには、何が必要で、何が足りないか深堀します」とのことです。ぜひ、こちらも合わせて御覧ください。

なお、好評だった第一回はこちらで録画を観ることができます。



Video streaming by Ustream  

2012年09月11日

突発健康診断頭部MRI付き

日曜日、トレーニング中にトラブルが発生した。突然右目が見えなくなったのである。詳細はこんな感じ。

-------------------------------
9月9日夜、ウェート・トレーニング中に発症。症状は視覚障害と頭痛の2つ。

視覚障害
まず、白くもやがかかった状態
徐々に白が強くなり、ほぼ真っ白に
そこから徐々に、暗いところから回復
約30分ほどで露出過多の状態から回復
眼は充血
やや視力が落ちている印象
就寝後はほぼ回復したものの、9月11日も若干右目の視力が低下している印象あり

頭痛
視覚障害と同時に発生
鈍い痛みで、右目の奥が痛む感じ
安静にしていると回復するが、動くと再発
約三時間しても治らないため、バファリンを飲んで就寝
9月10日朝以降は安定

血圧
発症30分後に計測して110-75程度で安定
-------------------------------

血圧が一気に上昇するトレーニングの最中に発症。症状が症状だけに、脳卒中とかだと困るわけで、正直かなりビビった。救急車を呼ぶことも考えたけれど、徐々に症状が軽くなっていったので、そのまま帰宅して様子を見た。中一日置いてみて頭痛はとれたものの、視覚はちょっと障害が残っている印象があったので、今日、病院に行って色々と検査を受けてきた。

まず行ったのが脳神経外科。ここで頭部MRIを撮影した。結果は、脳内には異常なし。ほっと一安心である。同時に血圧測定をしたけれど、105−70で安定。

続いて内科。血液検査やエコー検査などを実施したところ、脂肪肝はなくなり、高血圧もクリア。このあたりはダイエットの成果が出ていて嬉しい。しかし、尿酸や悪玉コレステロールなどは基準値をオーバーしており、うーーーん。とはいえ、これらは今回の症状とは無関係。

最後に眼科。ここで視力検査を含む詳細な検査をして、眼底出血などをチェックしてもらったのだけれど、こちらも結果は異常なし。

結局、目玉と脳みそをつなぐ神経が痙攣を起こして急性の症状が出たということらしい。何度も起きているとまずいらしいが、今回はあくまでもたまたまで、それほど心配する必要はないとのこと。

結果的には、脳みそを含め、目立った障害はなく、むしろ5年前よりも随分と健康状態が改善していることがわかって良かった。  
Posted by buu2 at 23:27Comments(6)TrackBack(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

負け犬の遠吠えの現場

【主張】「原発ゼロ」提言 これが責任ある政権党か
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/589780/

議論をしている最中にいくらでも主張する機会があったというのに、結論が出てからも主張するとは(^^;  
Posted by buu2 at 06:25Comments(0)TrackBack(0)ニュース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

早稲田ラグビー部員と武雄市長の共通点と相違点 @hiwa1118

早稲田のラグビー選手が帝京の選手に「五流」と言ったというコラムがあったんだけれど、

Vol.113「誇りと品格なきチームに明日はない!」
http://www.wasedaclub.com/soccer_school_journal/id=903

記事に日時がスタンプされていなかったので、これはいつの話なんだろうなぁ、と思っていたら、Yahoo!の記事になっていた。

帝京大選手に「5流大学!」「クロンボ!」 早大ラガーマンの誇りと品格どこへ行った
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120910-00000008-jct-ent

早稲田の選手に品がないのは間違いないけれど、当該選手が帝京監督に謝罪して、それが受け入れられたのならこれまで。

ところで、僕のブログの記事を陰でこっそり「五流」と中傷した武雄市長は相変わらず反論するでもなく、謝罪するでもなく、だんまりを決め込んでいる。早稲田の選手は面と向かって「五流」と言ったんだろうけど、武雄市長はこっそり(笑)。結局、ただのチキンなんだろう。

関連エントリー:武雄市からの回答の行間を読んでみる