2013年07月07日

今日の虹

住んでいるところは筑波山からスカイツリーを経由して富士山まで、全てを一望できるような空が広い場所なので、今日みたいに西の空に太陽がある状態で夕立があると、まず間違いなく虹が出る。もちろん、今日も出た。

問題は、この虹を一枚の写真に収めることができないことである。

こちらは西側。




こちらは東側。こちらは虹が二重になっている。


  

Posted by buu2 at 18:12Comments(0)TrackBack(0)││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

また、オニヤンマが来た

ただし、今回は前回よりも二回りほど小さい。オニヤンマじゃないのかな??







カメラを向けてもビビらないので、どアップで撮ってみた。もうちょっとアップで、と思った所でくしゃみをしてしまい、さすがに逃げられた(^^;  
Posted by buu2 at 17:50Comments(0)TrackBack(0)動物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の動詞

f5dc2cab.jpg
電線する
  
Posted by buu2 at 16:09Comments(0)TrackBack(0)誤植││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月06日

炎の歴龍超級攻略パーティ(個人的ゲームメモ)

メモしておこう。

リーダー:メガロドランLv56+6、覚醒ヘラLv53+5、アビスネプチューンLv62+11、歌姫Lv74+9、クリスタルオーロラドラゴンLv45+4、フレンド:灼爪龍フレアドラールLv53+3で安定クリア。

ついでだから他のもメモしておこう。

天上の海原/天海神マラソンパーティ

リーダー:イシスLv86+30、剛腕の巨人ギガンテスLv23+10、マシンゴーレムIIILv60+11、逆心の神魔王ルシファーLv56+3、エンシェントドラゴンナイトLv75+5、フレンド:イシスの9倍パーティでほぼ安定。9階の前にルシファーのスキルを貯めて、9階でサンライトカーバンクルを瞬殺、10階は青、紫、黄色を適度に減らしてからギガンテスのスキル、エンシェントドラゴンナイトのスキルで緑を増やし、イシスの9倍で完了。失敗のポイントは9階までにスキルが貯まらないこと。  
Posted by buu2 at 16:13Comments(0)TrackBack(0)ゲーム││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間よりウナギがやばい

少子化がどうのこうのと言うけれど、こうして比較してみるとウナギ(内水面漁業漁獲高、農水省統計より)の方がずっと深刻だな。

unagihito
  
Posted by buu2 at 13:21Comments(0)TrackBack(0)選挙関連││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月05日

やまらぁ

13_07_05_2890

名称:やまらぁ
種類:東京西部
場所:人形町
注文:やまらぁ(醤油味)
評価:9/AAB
2013.7.5
コメント:麺はやや太めでごく弱く縮れたもの。やや偏平タイプで加水率がやや高め。スープの絡み、コシともにしっかりした良品。

スープは鶏ベースの濃厚タイプ。ここまで濃厚になってしまうと鶏なのか豚なのか良くわからないのだけれど、ちょっと粘度が感じられるくらいに濃い。ところが、後口は意外とさっぱりしていて、口の周りがベトついたりしないのが面白い。

チャーシューはなかなか美味しいけれど、絶品とまではいかない感じである。

バランス、まとまりが良く、作り手のセンスが感じられる一杯だった。塩や担々麺も食べてみたい。

店名 麺 やまらぁ
TEL 非公開
住所 東京都中央区日本橋人形町2-29-3
営業時間 [月〜金]11:00〜15:00 18:00〜21:00 [土]11:00〜15:00(夜の部定休)
定休日 日曜・祝日(祝日でも営業する場合あり)  

イタリアンバル UOKIN 池袋店

親知らずを抜いた直後の外食ということで、柔らかい食べ物があるバルUOKINへ。お酒も飲めないので、ミネラルウォーターを飲みながら、生魚を中心にオーダーして、ナイフで一口大に切って、抜いた歯の反対側の奥に押し込みながら食べた(笑)

ここまでして食べているので、全く食べた気にならない(笑)。料理を作ってくれた人に申し訳ないので、適当にお腹がいっぱいになったところで退散。今度、もうちょっとゆっくり来ようと思った。
















店名 イタリアンバル UOKIN 池袋店 (ウオキン)
TEL 03-3971-0793
住所 東京都豊島区西池袋1-35-8 東海ビル B1F
営業時間 [月〜金]17:00〜23:30(L.O.22:30) [土・日・祝]16:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日 無休  

馬頭

朝霞台にある焼肉屋で焼肉。

あれ?ここ、結構良い店で何度も行ってるんだけど、ブログで紹介したことはないんだったっけ?













焼肉といえば普通は牛肉なんだけれど、この店は豚とか、鹿が美味しかったりする。でも、店の名前は馬頭(笑)。このブログで紹介しても、「よし、行ってみよう」と思う人はすごく少ないと思うけれど、良い店です(^^

店名 馬頭
TEL 048-464-7771
住所 埼玉県朝霞市三原1-29-36
営業時間 17:00〜23:00(L.O22:30)
定休日 日曜日  

ブログでバイオ 第80回「効果効能とイメージの分業」

最近、知人の間でまことしやかに「膝痛に効く」と言われている商品がDHCの「らくらく」という奴である。パッケージにはグルコサミン+コンドロイチン+況織灰蕁璽殴鵑箸任く書いてある。そして、それよりもかなり小さい文字でCBP、MSM(メチルスルフォニルメタン)、コラーゲンペプチド、ヒドロキシチロソールが配合成分として列挙してある。

さて、裏返して「栄養成分」を調べてみると、グルコサミン塩酸塩、メチルスルフォニルメタン、コンドロイチン硫酸、況織灰蕁璽殴鵝▲灰蕁璽殴鵐撻廛船鼻▲リーブエキス末(ヒドロキシチロソール20%)、CBP(濃縮乳清活性たんぱく)と書かれている。それぞれ、経口摂取した際の膝痛への効果についてまとめると、

グルコサミン:分子量179.17、塩酸グルコサミンは経口摂取で骨関節炎に対する有効性が示唆されている

メチルスルフォニルメタン:分子量94.13、ヒトに対する有効性については信頼できる十分なデータが見当たらない。

コンドロイチン硫酸:分子量2〜5万、点眼での白内障の術後処置としておそらく有効と思われているが、経口摂取による有効性については信頼できる十分なデータが見当たらない。

況織灰蕁璽殴鵝分子量10万程度、経口摂取による有効性については信頼できる十分なデータが見当たらない。

コラーゲンペプチド:コラーゲンの分解物で、有効性については況織灰蕁璽殴鵑汎韻検

ヒドロキシチロソール:分子量154.165、経口摂取による有効性についてはデータが見当たらない。

CBP:牛乳の乳清を濃縮したもので、経口摂取による有効性についてはデータが見当たらない。

といった感じである(ヒドロキシチロソール、CBP以外については(独)国立健康・栄養研究所の「「健康食品」の安全性・有効性情報」より抜粋。ヒドロキシチロソール、CBPについては同サイトにデータが見当たらない)。

さて、この中で、常識的に言って効果がある可能性があるものは、グルコサミンのみ、可能性は低いものの、完全に否定できないものはメチルスルフォニルメタンとヒドロキシチロソールで、他の物質はほとんど効く可能性がない。では、なぜコンドロイチンやコラーゲンが配合されているのかといえば、イメージを良くするためである。「あーーー、コラーゲンが入ってるんだー。なんか、効きそうだねー」という感情を喚起するのが目的である。

こうした、効果効能パートとイメージパートの分業というのは比較的良くある手段だが、本来効果効能パート部分だけで売れば良いものを、なぜイメージパートを追加するのかというと、商品の価格をアップさせるためとか、他社製品との差別化が目的だ。

たとえば、ロキソプロフェンという、非常に一般的に利用され、しかもきちんと効果のある鎮痛医薬品がある。これは黙っていても間違いなく効果がある薬品だが、ミドリムシの抽出成分と配合し、「『ユーイタクナイナ』(ユーグレナ抽出物、ロキソプロフェン配合、医薬品)」などとして商品化すると、新しい薬効成分が開発されたかのように感じるわけだ。ミドリムシの抽出成分は鎮痛作用とは全く関係ないのだが、ロキソプロフェンが配合されているので、きちんと鎮痛効果がある。これを買って飲んだ人は、「ミドリムシって、効くなー」と勘違いするわけである。そして、ただのロキソニン錠よりも高い価格で売れてしまったりする。

このロキソプロフェンの事例はあくまでも仮想事例だが、「らくらく」がやっていることはこれとあまり変わりがない。

別に嘘をついているわけではないし、何の問題があるわけでもないのだが、ミドリムシが歯痛に効くと勘違いされるのは困るのと同じく、コラーゲンが膝痛に効くと勘違いされても困る。ミドリムシは所詮鞭毛虫に過ぎずそんなものを食べて嬉しい人は勝手に食べれば良いし、コラーゲンは単なるたんぱく質なのでそんなものを飲んで嬉しい人は勝手に飲めば良いのだが、消費者はきちんと知識だけは持っておく必要がある。

#「らくらく」が効かないと言っているわけではないですよ。効くという人が数名いたので、面白いなー、と思って調べてみたわけです。

#現在「小学校高学年からの食育」という本を執筆中である。健康食品の規制が緩和される方向のようなので、効きもしない食品で騙されないように、最低限の知識だけはもっておいてもらおう、というのが本書執筆の狙いである。

  

2013年07月04日

さすがに自民党ネットメディア局次長は局長の馬鹿を把握していた件

自民党の平井卓也ネットメディア局長がニコ生で馬鹿を晒した件だけど、J-Castではこんな感じで報じられていた。

平井氏の事務所では、取材に対し、「その件については、まだ確認が取れていません」と秘書が答えた。自民党の報道局などにも聞いたが、事実関係などは把握していないとのことだった。

福島瑞穂党首に「黙れ、ばばあ!」と書き込み? 報じられた自民党ネットメディア局長はなぜか沈黙
http://www.j-cast.com/2013/07/01178453.html

これはネットメディア局の次長に聞いてみなくては、と思い、昨日の日の出テレビ政治の時間で福田キャスターに質問してみたところ、回答は次のようなものだった(動画では15分ぐらいから)。

それはねー、あのー、平井局長もですね、えー、失礼したということを言って、反省をしておりますので、えー、もうこういうことはないという風に思いますし、あくまでも自民党のネットメディアはー、えー、要は人の悪口を言わないで、えー、明日から選挙に臨んでまいりたい




Video streaming by Ustream

秘書も報道局も把握してないとのことだけど、さすがに次長は把握していました。

参考:自民党ネットメディア局の馬鹿が馬鹿発見器により発見された事例  
Posted by buu2 at 12:12Comments(0)TrackBack(0)選挙関連││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

政治家が運用しているTwitterアカウントのフォロワーの質に関する調査

ネット選挙が解禁ということで、何が変わるのか良くわかりませんが、とりあえず情報発信力の質という視点で政治家の皆さんを評価してみようかなー、などと考えまして、でも、何で比較したら良いのかわからないので、試しにツイッターのフォロワーの質で比較してみようかな、と。利用するのはStatus Peopleというサイトです。ツイッターのフォロワーの質を、Fake、Inactive、Goodの3種類に分類してくれます。ただ、このサイト、利用者ごとに、利用回数の制限(15分に2アカウント)があるようで、かたっぱしから調査、ということができないようです。徐々に増やしていこうかな、と。どなたか、親切な人がいたら、他の政治家についてのデータを教えてください(^^

政治家のツイッターアカウント調査はこちら参照(データがちょっと古いですが)
ツイッターと政治

Status Peopleはこちら
http://fakers.statuspeople.com/Fakers/Scores


調査済みアカウント(Fake率順)

現役政治家
猪瀬直樹(inosenaoki)
Fake31% Inactive18% Good51%

山本一太(ichita_y)
Fake26% Inactive22% Good52%

安倍晋三(AbeShinzo)
Fake26% Inactive20% Good54%

蓮舫(renho_sha)
Fake24% Inactive18% Good58%

原口一博(kharaguchi)
Fake23% Inactive23% Good54%

河野太郎(konotarogomame)
Fake21% Inactive25% Good54%

石原慎太郎(i_shintaro)
Fake21% Inactive23% Good56%

谷垣禎一(Tanigaki_S)
Fake21% Inactive20% Good59%

片山さつき(katayama_s)
Fake20% Inactive20% Good60%

福島瑞穂(mizuhofukushima)
Fake20% Inactive20% Good60%

石破茂(shigeruishiba)
Fake19% Inactive20% Good61%

江田憲司(edaoffice)
Fake13% Inactive19% Good68%

志位和夫(shiikazuo)
Fake8% Inactive14% Good78%

野田よしひこ(NODAYOSHI55)
Fake7% Inactive13% Good80%

樋渡啓祐(hiwa1118 )
Fake7% Inactive11% Good82%

平井卓也(hiratakuchan)
Fake7% Inactive10% Good83%

福田峰之(fukudamineyuki)
Fake5% Inactive11% Good84%

引き続き調査中・・・

元議員
笹山登生(keyaki1117 )
fake2% inactive8% Good90%

引き続き調査中・・・

一般人
元木一朗(笑)(Amidalachan)
fake1% inactive6% Good93%

引き続き調査中・・・  
Posted by buu2 at 09:52Comments(0)TrackBack(0)選挙関連││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月03日

ニチヅラピグミーモウセンゴケの花

我が家のモウセンゴケが開花時期になったようで、今日はニチヅラピグミーモウセンゴケが非常に小さい花を咲かせた。


  
Posted by buu2 at 14:18Comments(0)TrackBack(0)植物││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸寿司

ずっと昔から「飲み屋をやりたい」と言っていた古い友人がようやく秋にお店を出せることになって、今日はその作戦会議で寿司屋に来てみた。赤塚にある幸寿司というお店。握りはあまり頼まず、一品料理を中心に注文して、お酒を楽しむ感じ。一番驚いたのはシジミのサイズで、ちょっとしたアサリなんかよりもずっとでかい。シジミって、こんなに大きくなるんだ!!

良いお酒も置いてあって、なかなか良い店でした。地元での飲みでは使いやすい感じ。

























店名 幸寿司
TEL 03-3939-1679
住所 東京都練馬区田柄2-32-19
営業時間 11:00〜14:30 17:00〜22:30
定休日 水曜(祝日の場合翌日)  
Posted by buu2 at 14:09Comments(0)TrackBack(0)グルメー寿司││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

「続きは有料で」のステマ色に関する雑感

ネット時代以前、売文のお金の流れは、読者>小売>出版社>売文家というほぼ唯一の形が存在した。

ネットのインフラが成熟してきて、特にマイクロペイメントのシステムが徐々に浸透してきて、出版社の役割が小さくなり、売文家がどうやって読者から集金するかという新しい秩序を構築する必要が生まれてきている。今はその試行錯誤の段階である。なので、「?」と首を傾げたくなる場面も少なくない。個人的に特に違和感を持つのが、コンテンツそのもののステマ化である。何かといえば、例えばこの記事をここで終了して、

「続きは有料メルマガでどうぞ」

とやるようなことである。前振りの文章そのものが有料メルマガの宣伝であって、しかもそのことは文章を読み進まないとわからない。一番最初に「この文章の後半は有料です」と記述されているのなら全く問題ないのだが、全部無料だと思って読み進めると、途中で記事が終了してしまうので筋が悪い。

こうした手法では、無料で読める部分の情報性が少ないほどステマ色が濃いと言える。ただし、タイトルのみなどであれば単なる告知で、前ふりだけで内容が全くないものが一番ステマ色が濃いと言える。もちろん、冒頭に「後半は有料」と明記されているのであればステルスではなく普通の広告なので、全く問題がないのは言わずもがなである。記事の導入部分だけを読ませておいて、「続きは有料」というのがどうも、ということである。

また、有料化されている情報には「有用な情報」と、「発信者の主義主張」の2種類がある。これを簡単に表現するなら、前者は「読ませてあげる情報」であり、後者は「読んで欲しい情報」である。さらに簡単な事例を挙げるなら、前者にはお買い得情報など、後者には新聞社の社説などがある。「今、ここでこんなバーゲンをやっていますよ!」という情報は受信者にとって有用性が高く、有料化される裏付けがある。一方で、「今の政府の方針はこんな風に間違っている」という情報は発信者が発信者の主義主張に理解を求めているのであって、発信者が情報を広く伝えたいのだから、こういう情報を有料化するのはお門違いである。

一番リーズナブルなやり方は、無料で記事の大半を読むことができて、記事自体は一応そこまでで完結していて、有料でプラスαの情報を得ることができるというスタイル(これはいわゆるfreemium)である。

以下、身の回りの事例で検証してみる。

事例:cakes(ケイクス)
【特別編】シャラップ上田事件の教訓 vol.3 部下の怒り方
https://cakes.mu/posts/2243
無料で読める文字数:約350文字
無料で読める文章の情報性:ほぼゼロ
情報全体の性格:有用情報の提供
無料で読める文章の性格:ステマ色が濃い
所感:ケイクス自体はコンテンツ販売サイトなので、そこに掲載されている記事が途中から有料化されようと、ステマとは言えない。問題は、1.ケイクスがコンテンツ販売サイトであるというコンセンサスが十分に形成されているとは言えない、2.Twitterなどで、「ケイクスによる有料販売」である旨を表明せずに記事へ誘導されることがある、の2点である。1.については今後は徐々に浸透していくと考えられるが、2.については記事のタイトルに「後半は有料」「一部有料」といった但し書きをつけることが親切だと思う。

事例:MyNewsJapan
早大が「授業上限週4コマ」強行、「非常勤5年でクビ」に追い打ち 講師15人が鎌田薫総長を告訴
http://www.mynewsjapan.com/reports/1851
無料で読める文字数:約2,100文字
無料で読める文章の情報性:かなり高い
情報全体の性格:有用情報の提供と主義主張色が混在
無料で読める文章の性格:ステマ色が薄い
所感:MyNewsJapan自体は記事が途中から有料化されるので、読者との間にMyNewsJapanはそういうもの、という了解が形成されて来るなら問題はなくなっていく。ただ、これもケイクスと同様、Twitterなどの外部サイトからの誘導があるのが問題である。無料の情報でもかなりの分量になるため、Freemiumと捉えることも可能だが、無料パートと有料パートの切り分け方針が不明瞭なため、若干のステマ的色彩を帯びている。

事例:Joe's Labo
採用活動とは、一言でいえば「ブラック労働者をふるい落とす作業」です
http://jyoshige.livedoor.biz/archives/6621201.html
無料で読める文字数:約1,900文字
無料で読める文章の情報性:かなり高い
情報全体の性格:主義主張を無料(一部有料)、有用情報を有料
無料で読める文章の性格:ステマ色は薄いとも濃いとも言えない
所感:Joe's Laboの最大の問題点は、ブログ内で完結している記事と、有料コンテンツに誘導される記事が混在していて、それが記事の最後まで読まないとわからないという点である。色々と参考になる記事が多い城繁幸さんのブログなので、この点は是非改善して欲しいと思っている。

事例:朝日新聞 社説
http://astand.asahi.com/column/editorial/
無料で読める文字数:約75文字
無料で読める文章の情報性:ほぼゼロ
情報全体の性格:主義主張
無料で読める文章の性格:ステマ色はない
所感:最初から「有料です」と謳っているので、ステマ色は全くない。ただ、天声人語を有料化するならともかく、自身のアイデンティティを含めて展開している主義主張を有料化する意図は皆目不明である。読んでもらってなんぼのものなのが社説であって、むしろここだけでも無料化すべき部分であると、小一時間問い詰めたい。ナベツネは嫌いだが、読売新聞の社説は無料で読むことができるし、毎日新聞などはアーカイブへのアクセスも容易である。
読売新聞 社説
毎日新聞 社説


追記のテンプレ
事例:
無料で読める文字数:
無料で読める文章の情報性:
情報全体の性格:
無料で読める文章の性格:
所感:  

2013年07月02日

塩そば 桑ばら

13_06_27_2865

以前まるきゅうだったところが桑ばらという名前に変わっていた。あれ?と思いつつ、近づいてみると、変わったのは看板だけで、券売機も、店の内部も以前のままだ。メニューも一緒。これは面妖な、と思いつつ、塩ラーメンを食べてみた。

味の方は、ちょっと塩がきつい感じだが、それ以外は特に変わったとも思えない。どうしたのかなーと思いつつ食べ終わって店頭をチェックしたところ、「商標の都合で店名を変更しました」とのこと。ははぁ、暖簾分けで親と何かトラブルを抱えたようだ。西口のまるきゅうはまだ見ていないけれど、あちらの濃厚系と仲違いしたのだろう。どんぶりの「九」はこのままで良いのかな?

まるきゅうのスタッフブログもなくなっていて、キャッシュを見ても3月に「【本店】4/1(月)8周年記念イベント開催!!」という記事があるだけ。一号店の閉店については言及なし。うーーーーん。何があったのやら。  

ぜんや(再評価)

新座のぜんやに久しぶりに行ってきた。まず、過去二回の評価。

10/AAA
1999.9.16
麺は喜多方系の麺をそのまま縮小して細くしたような感じ。中華鍋で4、5玉一度に茹でていて、スープに入れてからの手際も悪いので「きっとのびのびだろう」と思わせるがさにあらず。コシもしっかりしているし、やや薄味のスープもしっかり絡んでいる。スープはトリのダシが前面に出たもので、恐らく豚骨をベースにして、ネギやタマネギなどの野菜、昆布などの海産物を煮込んだ塩味。個性的とは言えないが、非常に丁寧に仕上げられており、女性や中高年に受けそう。チャーシューもスープとの相性が良く、楽しめる。回転が非常に悪いので、「これならビールや餃子は出さない方が良いのに」と思うが、まぁ味とは関係ないからいっか。行列していたらとなりのセブンイレブンで雑誌か新聞でも買っていくと良いだろう。


5/ABC
2004.7.29
ラーメンを食べて一口、「しょっぱーい」。とにかくしょっぱい。トリ、ブタなどの動物系の素材と野菜を中心にしてダシを取っているんだろうけど、とにかく塩分強すぎ。がんこラーメンに通じるところがあるけど、がんこよりも塩分が際立つ。ちょっと割り下で薄めたくなるようなスープ。麺は太目のよりの入ったもの。太いので腰はあるし、スープがしょっぱいので麺とスープの調和は取れている。しかし、個人的には食感は好きじゃない。熊本系とまではいかないが、噛むとぐしゃっとつぶれるような感じ。チャーシューは肉質が悪いのか、風味が悪い。
99年に食べたときはすごくおいしいと感じたけど、こんなんだったっけ?これだったら、たとえ行列していなくてもすぐそばの欧風カレーの店に行くなぁ。


以下、最新版。

13_06_30_2863

名称:ぜんや
種類:塩
場所:新座
注文:チャーシューメン
評価:10/AAA
2013.7.1
コメント:スープは鶏をベースにして、野菜や魚介類を加えたと思われる塩味。以前はしょっぱいと感じるほどに塩分が強めだったのだが、今はとてもまとまりが良くなっていて非常に美味しい。

麺はやや太めの縮れ麺。最近では珍しい、手ざるを使った湯切りをする店である。かつて神保町にあった立ち食いの名店「ピカ一」を彷彿させる。スープとのマッチングを考えるともう少し細いほうが良いと思うけれど、質的には何の問題もない。

チャーシューも美味しい。

過去15年ぐらいの間に何度も改良を重ねているのだろう。今のラーメンは過去に食べたものの中で一番熟成されていると思う。しかし、流行り廃りがあるのがこの世界。今日は行列なしで食べることができた。行列がないなら、もうちょっと頻繁に食べてみようかな、と思う品質だった。

13_06_30_2864  

麺屋 翔

新宿で時間の合間に昼ご飯を急いで食べなくては、という状況に追い込まれ、ラーメンなど。以下、評価。

13_07_01_2862

名称:麺屋 翔
種類:塩
場所:新宿
注文:香彩鶏だし塩らーめん
評価:6/BAB
2013.7.1
コメント:麺は細めのストレート。コシ、スープの絡みともに良好だが、麺に若干刺激臭が残っている。細麺ではありがちな欠点で、店が気がつけばすぐに改善ができるはず。

スープは鶏ベースの塩味。やや脂が強めだが、味がぼけてしまうほどではない。「これは美味い」と感嘆するほどではないけれど、丁寧に作られているようで、受ける印象は良い。

チャーシューは脂が少なめのバラ肉。これもなかなか美味しいけれど、わざわざトッピングしてまで食べたいというレベルではない。

近所にhachiもあるので、どちらにするか迷うところ。

店名 麺屋 翔
TEL 03-3364-5787
住所 東京都新宿区西新宿7-22-34
営業時間 [月〜金]11:00〜15:00 18:00〜22:00 [土・日・祝]11:00〜15:00 18:00〜20:00(スープ切れしだい閉店)
定休日 無休  

真夏の方程式

女優としては柴咲コウよりも吉高由里子の方が断然好きなんだけれど、ガリレオでの吉高は全く魅力的ではない。ということで、彼女が前面に出れば出るほどつまらなくなるだろうな、と思いながら観に行ったのだが・・・

結論から言えば、吉高はそれほど活躍しなかったけれど、映画はやっぱりつまらなかった。テレビの特別版ならこれでも良いかも知れないが、1,800円を取る映画版としてはいかがなものか(1,000円で観たけど)。キャスト・スタッフが海に観光に行きたかった(ただし、西伊豆あたりの近場だけど)のだろうなぁ、という感じである。

最大の問題点は、物理学者の湯川の知識がほとんど活用されないことだ。全く役に立たないわけではないけれど、この程度なら明智君でも金田一君でも解決できただろう。このシリーズの最大の差別化ポイントは主人公が物理学者という点なのに、である。おかげでガラスや壁に無関係な数式を書きなぐることはなかったけれど、湯川らしさがさっぱり表現されないのもいかがなものか、と思う。

子供との、ロケット作成エピソードは、あの程度の仕組みで200メートル(野球場2つ分)も飛ぶのかちょっと疑問。ただの水ロケットならともかく、今回は中にオモリが入っていて、距離の計測用に釣り糸まで付属している。本当に飛ぶなら、実写でやって見せて欲しかった。

展開もちょっと腑に落ちない。犯人の手口が酷くて後味が悪いし、「真実を目の前にしてそれで良いのか」という思いもある。実際の警察は本当にああいう風に動くのだろうか。疑問が残る。

吉高はメイクが篠原涼子的だった。まだ若いんだからあんなメイクしなくても良いのに。とはいえ、テレビドラマほどキーキー言ってなくて、そのあたりは良かったと思う。

このシリーズは映画版一作の「容疑者Xの献身」でピークを迎えてしまった感で、以後はちょっとネタ切れという感じだ。TVシリーズでさらにネタを浪費してしまい、もう出がらししか残っていないのではないだろうか。

評価は☆半分。  
Posted by buu2 at 16:01Comments(0)TrackBack(0)映画2013││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

華麗なるギャツビー

gatsby


リアルタイムで村上春樹の「ノルウェイの森」を読んだ人間の多くは、まず「村上春樹、すげぇ」と思い、次にノルウェイの森以外の村上作品を読み、そして、村上春樹が絶賛するフィッツジェラルドのギャッツビー(以下、ギャツビーじゃなくてギャッツビーなのは仕様です)を読む、というのがお決まりのコースだった。僕もその一人だったけれど、本は途中で読むのをやめてしまった。この映画は過去に4回も映画化されていて、その中でロバート・レッドフォード主演の奴は観たけれど、こちらもこれといって印象に残っていなかった。「あれ?どんなストーリーだったっけ?」という、ほとんど白紙の状態での鑑賞だった。

貧乏人から始めて一代で巨万の富を築いたけれど、その原動力は浮気がちな女性が原動力でした、みたいな、米国にはありがちな話。1900年代前半の、米国のイケイケ時代を背景にしているだけれど、そのイケイケを物凄くきらびやかに描いているのがなんとも印象的。何かもう、やけくそ気味に思えてくるぐらいに豪華で、ここまでやれば天晴、という感じがしてくる。すぐ飽きるけれど。ただ、その飽きた頃に挿入されるのが米国映画の最大の象徴であるカーチェイス。これで目が覚める。

序盤、観ていて眠くなることが何度かあったのだが、最後の30分ほどはスピーディに話が進み、なかなか面白かった。多分、本で読んだときは中盤の退屈な部分で我慢できなくなってしまったのだろう。さすがに映画では席を立つことができないので、寝てしまわない限りは最後まで観ることができる。目に刺さるくらいに豪華なパーティシーンが続くので、このあたりはストーリーではなく映像を楽しむべきなんだろう。前半の映像と後半のストーリー、とわけて考えれば、それぞれに楽しめると思う。

謎の大富豪を演じたディカプリオ、異常に華美な画面を引き締めたスパイダーマン・トビー・マグワイア、ライバルの大富豪夫人にシェイムで好演したキャリー・マリガンと、ぴったりの役者や良い役者を配置しているのはさすが。終わってみての感想は、「あーーー、グレート・ギャッツビーって、こういう話だったのか!」というもの。これはやはり文字で読んでみないと、と思った。

Amazonで村上春樹訳のグレート・ギャッツビーをポチっとした。あ、映画の評価は☆2つ。

  
Posted by buu2 at 11:41Comments(0)TrackBack(0)映画2013││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

さよなら渓谷

真木よう子ファンとしては見逃せない作品だったので、公開後すぐに観てきたのだけれど、観ていてすぐに「あれ?」となった。広告で書かれている重要な事実が、なかなか明かされないのである。こ、これは・・・。ネタバレ広告が最悪の一言に尽きる。PR担当者は脳みそが腐っているのだろう。このレビューを読んだ人はすでにネタバレ広告を読んでしまっている可能性が高いのだが、良くクリエイターサイドがこんな広告手法を許したな、と思う。観る側としては1,800円を返せ、という気分である。

映画は、ちょっと音楽の使い方が演出過多で、正直鼻につく。日本映画的な、ところどころで音楽を挿入していくやり方なのだが、突然ボリュームがアップしてパタッと止む、の繰り返しで、そのあたりがどうなのかな、と。あくまでも好みの問題なんだろうし、監督は意図的にこういう演出手法を選択しているので、こういう個性が好きな人もいるんだと思う。僕はあまり好きではない。これは音楽だけではなく、シーンのつなぎ方でも同じで、ちょっと僕には合わない感じがした。

原作未読だが、原作はそこそこ長編のようなので、小説で書かれていたことはほとんどが省かれているはずで、それで的確に小説の記述をきちんと表現できていたかは原作を読まないとわからないのだけれど、映画を観た限りでは、雑誌記者の二人の能力差がありすぎて、これじゃぁ渡辺がかわいそうだなぁ、と感じた。それと、ラスト。「最後にひとつだけ」と質問したくなる渡辺の気持ちがさっぱりわからなかった。小説で読めばそれが伝わるのかも知れないのだが、映画で観る限り伝わってこないのであれば、映画としては失敗だったと思う。この映画、尾崎とかなこはどうやったって描けるはずで、問題は渡辺をどうやって描くかがポイントだったはず。しかし、体育会系という設定も、妻との関係も、消化不良だったと思う。わざわざ靭帯の再建手術の跡を見せたり、色々と伏線を張ったはずなのに、それらが役に立たずに空回りしていた。

役者の演技は大部分はなかなか良かったと思う。ひとり、渡辺を演じた大森南朋の除いては。兄が監督ということで、使い方がおかしいということはないんだと思うのだが、どうもしっくり来かった。脚本が悪いのか、演出が悪いのかはちょっとわからないのだが。最大の目的だった真木よう子は良い演技を見せていた。演技の質という意味でも、幅という意味でも、世代を代表する役者だと思う。ただ、歌唱力は・・・。これは「朧の森に棲む鬼」でも感じたのだけれど、もうちょっと頑張りましょう、という感じだった。

良いところと悪いところが混在していて、評価が難しい映画だと思うのだが、☆は2つにしておく。  
Posted by buu2 at 07:17Comments(0)TrackBack(0)映画2013││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月01日

ラーメン屋絨毯爆撃シリーズ第三弾、杉並区編が発売!!



ラーメン屋絨毯爆撃シリーズの第三弾、杉並区編が発売されました。東京都杉並区のラーメン屋34軒を紹介しています。

掲載店は中華そばJAC、一本気あき田AKITA高円寺店、はやしまる、田ぶし、素和可、じもん、汁や きりん、ねいろ屋、春木屋、春木家本店、丸長中華そば店、十八番、二葉、ビンギリ、久保田、四麺燈、はつね、パパパパパイン、睦月、まる家、永福町大勝軒、たんたん亭、一歩、甲斐、最大元、てっぺん、蘭鋳、桂家、ばりこて、ビアビア、えん寺、じゃぐら、鶏とふじ、チキュウの各店です。

Google Maps直結のリンクを設置しているので、ネット接続環境下なら、その場でお店の場所もわかります。「このお店でラーメンを食べたい」と思ったとき、全く迷わずにお店にアクセスできます。

電子書籍の特徴を生かして、今後も最新情報をアップデートしていく予定です。もちろん、購入者の方々は無料で最新版にデータ更新可能です。

Kindleダイレクトパブリッシングが可能にした、「低価格」「即時性」「ネットとの融合」をお楽しみいただけます。

このシリーズでしか読めない書き下ろしエッセイは「ラーメンの老舗」を掲載しています。杉並区のラーメン店を絨毯爆撃して見えてきた老舗の姿とは。ラーメン評論家の視点からの「春木屋と永福町大勝軒の違い」をお楽しみください。

まだ旧作を読んでない方は、これを機に、是非シリーズ第一弾、第二弾もどうぞ。3冊とも趣向が異なっていますので、それぞれに楽しめるはずです。

   
Posted by buu2 at 10:06Comments(0)TrackBack(0)Amazon││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加