2015年03月31日

大輪ラーメン

玉名のラーメンを食べてみようと思い、大輪に行ってみた。以下、評価。




名称:大輪ラーメン
種類:熊本
場所:玉名
注文:ラーメン
評価:9/A特AC
2015.3.31.
コメント:麺は細めのストレート。麺硬めで注文したけれど、それでも若干柔らかめ。しかし、コシが足りないといったことはなく、スープの絡みも良好。

スープは豚骨ベースの白湯タイプで、やや濃厚な感じ。九州系としては一番万人受けしそうなところをついていると思う。テーブルにどんぶりを持ってきてくれたタイミングで「にんにく入れますか?」と質問され、はいと応えるとスプーン一杯の揚げにんにくを振りかけてくれる。甘みとコクの強いスープで、揚げにんにくを入れるとさらに旨味が増す。ネギなどの薬味によって味が乱されることもなく、最後まで美味しく食べることができる。

チャーシューには力を入れてない様子で、スープに比較すると見劣りする感は否定できないが、九州ラーメンならこんなものだろう。

替玉がなく、テーブルの上には胡椒が置いてあるだけと、この辺りのラーメン屋に比較すると至ってシンプルなところも印象的である。この近辺で食べたラーメンの中では一番印象が良かった。

店名 大輪ラーメン (だいりんらーめん)
TEL 0968-73-3548
住所 熊本県玉名市中1177-4
営業時間 [月] 11:00〜15:30 [火・水・金〜日] 11:00〜23:00(材料無くなり次第閉店)
定休日 木曜(祝日の場合は前日または翌日)  

万田坑

荒尾に来たら、やはり万田坑を見ておくべきだろう。ということで、行ってみた。万田坑は三井三池炭鉱の一つ。世界遺産に申請中らしく、最近だとるろうに剣心のロケでも使われたらしい。この万田坑をかつてここで働いていた徳田さん(だったと思う)が丁寧に案内してくれたのだが、廃屋感が凄く、見どころいっぱいだった。あまりにもたくさん写真を撮ってしまったので、ここで紹介するのも大変だ。










このヤグラ、立て直したわけではなく、ペンキを塗り直したらしい。それだけでピカピカになったように見えるんだけど、実際はボロボロらしい(笑)。











































このあたりをるろうに剣心で使ったのかな?




















































風呂場らしい。







































































































世界遺産になっちゃったら、こんなにじっくり見ることはできなくなっちゃうだろうなぁ。  
Posted by buu2 at 16:30Comments(0)TrackBack(0)熊本││編集

東洋軒 本店

美味しい熊本ラーメンを求めていて、なぜか福岡まで来てしまった。福岡と熊本の県境は本当に何でもない小さな通りで、標識がなければ気が付かない。

さて、そんな福岡県は大牟田の「東洋軒」で一杯。以下、評価。




名称:東洋軒 本店
種類:福岡
場所:大牟田
注文:ラーメン
評価:9/AAB
2015.3.31.
コメント:麺は細めのストレート。加水率がやや低めで、コシが強い。上手に扱われているようで、スープの絡みも良い。

スープは豚骨ベースのやや濃厚タイプ。バランスよく仕上がっていて、辛子高菜などの主張が強いトッピングを乗せても大きく崩れたりはしない。今回は替玉はしなかったが、無料のトッピングも充実していたし、替玉用のタレも用意されていたので、替玉後も楽しめる可能性が高い。

チャーシューは九州に良くある薄切りタイプだが、肉の質はまぁまぁで、これなら追加トッピングしても良いと思う。




店名 東洋軒 本店
TEL 0944-52-4443
住所 福岡県大牟田市不知火町1-4-18
営業時間 10:00〜15:30 18:00〜20:00
定休日 日曜  

武蔵




名称:武蔵
種類:熊本
場所:南荒尾
注文:チャーシューメン
評価:5/ABC
2015.3.31.
コメント:麺はやや細めでほぼストレート。麺硬めで注文したところ、コシがしっかりしていて、余計な臭みもなかった。スープの絡みも良好で、文句をつける要素が見当たらない。

スープは豚骨ベースの白湯タイプで、豚骨系としてはアッサリしている。味のまとめ方はなかなか上手だが、何か凄い特徴があるわけではない。強いて言うなら、チェーンでもないのに低価格でこのクオリティのスープを提供しているところが凄い。ただ、コストパフォーマンスよりも味の良さを求める観光客には向かない。

チャーシューは肉の質がイマイチでわざわざトッピングする価値はないと思うが、たった100円強のアップなので、とにかく肉が食べたいという学生には良いかもしれない。

特別美味いわけではないけれど、いまどきラーメン一杯430円、チャーシューメン543円という価格にはビックリさせられる。地元の生活者たちのソウルフードなのかも知れない。







ちなみにこちらは同行者が注文した味噌。ベースがしっかりしていないので、味噌にすると味が土台から崩れてしまう。地元の人以外にはお勧めできない。




店名 武蔵ラーメン
TEL 0968-68-6162
住所 熊本県荒尾市一部1409-1
営業時間 11:00〜24:00
定休日 月曜  

2015年03月30日

勝烈亭

熊本ナンバー1とんかつとの評判を耳にしたので、食べてみた。

店は熊本の中心街から徒歩圏内。なかなか重厚な見た目である。




店内では昼時を外したにも関わらず、数名の待ち客がいた。




待つこと約20分、ようやく席に案内された。注文したのは「超特選 鹿児島県産 六白黒豚 厚揚げ 棒ひれかつ膳 180グラム 2,500円(税別)」である。

まず最初に漬物とゴマが運ばれてくる。




漬物は普通に美味しいレベル。




あとはゴマを擦りながら、かつの到着を待つ。ほどなく、大根おろしとかつがやってきた。







かつの衣は標準の粗さで、ややしっとりしている。かつは標準か、もしくは標準よりわずかに低い温度で揚げているようだが、揚げている時間が若干長いようで、肉のジューシーさが失われているのが残念。肉の断面を見ても、揚がりすぎている感じがする。要は、ぱさぱさしているのである。これは「超特選」としては致命的である。なお、下ごしらえには大きな問題が見当たらない。




ソースは洋風、和風の二種類用意されており、和風にはゴマをすって投入するようにと言われたのだが、ゴマを入れると苦味が強く出るのでお勧めできない。洋風は洋風で味が濃くかなり辛口なので、豚の美味しさが失われる。超特選のかつには塩が付いてくるので、おとなしく塩で食べるのが一番良い。同行者が注文したロースは脂がジューシーさを演出していて、旨味も濃く、ソースで美味しく食べることができた。この店ではロースの方が圧倒的にお勧めである。

ご飯と味噌汁は普通に美味しいレベル。キャベツも合格点。







店名 勝烈亭 新市街本店 (かつれつてい)
TEL 096-322-8771
住所 熊本県熊本市中央区新市街8-18 林ビル 1F
営業時間 11:30〜22:00(L.O.21:30)
定休日 12/31〜1/2  

2015年03月29日

ジェラト・ヒルトン

熊本でアイスといえばここ、という程に有名かどうかは知らないけれど、ちょっと立ち寄って食べてみた。




まぁ、普通に美味しかった。




店名 ジェラト・ヒルトン
TEL 0967-46-2691
住所 熊本県阿蘇郡小国町宮原1454
営業時間 9:30〜19:30
定休日 無休  

九州新幹線初乗車

九州新幹線に初めて乗った。2004年からあったんだね。全線開通していなかっただけで。











  
Posted by buu2 at 00:30Comments(0)TrackBack(0)大阪││編集

2015年03月28日

マンジェ(六回目ぐらい?)の東京-X

もう、これまで何度振られたかわからないマンジェの東京-Xである。大阪在住ならそれでも良いかも知れないのだが、東京からわざわざ食べに行くとなればちょっとシャレにならない。最初は「大体週末で売り切れます」と言われ、次には「昨日で売り切れました。土曜日に来てください」と言われてしまった。要は、東京-Xを確実に食べるには、土曜日の昼に来るしかないのである。ということで、今回は万全を期して、金曜日の夜に大阪入りし、土曜日に備えておいた。朝の9時過ぎにノートに記入した時点ですでに二巡目だったが、「12時頃には食べることができるはずです。東京-Xも多分大丈夫です」とのことだった。そして、予定通り、12時過ぎに着席。せっかくなので、東京-Xと特上ヘレカツの至高の盛り合わせにしてみた。

塩はいつも勢いで白トリュフソルトにしてしまうのだけれど、今回は黒炭ソルトにしてみた。




さて、しばらくしてやってきたのがこれ。







まずは手前にある特上ヘレカツを黒炭ソルトで食べてみる。白トリュフソルトも美味しいのだが、主張が強すぎるのが難点。全部白トリュフ味になってしまう。しかし、黒炭ソルトの主張は適度で、肉の良さが引き立つ。特上ヘレカツでも十分に美味しいなぁ、と思いつつ、次はいよいよ東京-Xである。




左の方は赤身で、右に行くにしたがって脂が増えていく。この脂身で驚いたのが、ほとんど臭いがないこと。黒炭ソルトだと、豚肉の脂が持つ臭みが前面にでるのでは、と予想していたのだが、良い意味で裏切られた。肉の旨味も十分で、ソースよりも塩で食べたほうが素材の良さを満喫できる。

例によって、店のお兄ちゃんはテーブルの遠くはなれたところにご飯や味噌汁をまとめて無造作に置くなど全く気が利かないのだが、それ以外は素晴らしい店である。

この店では、東京-Xがあるなら、一択である。他はない。しかし、東京-Xがなくても、他のとんかつでも十分に楽しめる。  

2015年03月27日

人類みな麺類

泊まっていたホテルのすぐそばにあった行列店。大量の丸椅子が用意されていたので、せっかくだから並んでみた。




名称:人類みな麺類
種類:独自
場所:南方
注文:macro チャーシュー厚め、メンマ細め
評価:10/AAA
2015.3.27.
コメント:麺は中くらいの太さの多加水ストレート。コシ、スープの絡み共に問題なく良質。全粒粉を使っているようだが、その効果は例によって良く分からない。

スープは貝のだしが効いたしょうゆ味の清湯スープ。暖簾分けの「クソおやじ最後の一振り」よりマイルドで、上手にまとめた感じがする。

チャーシューは「厚め」で注文。なかなか食べ応えがあったし、味も良かった。

ラーメンというよりもだいぶうどん方面に踏み出している感じがする。なかなか良かったけれど、30分待つ価値があるかと言われると正直微妙。でも、一度はmicroも食べておかないとだろうなぁ。

店名 人類みな麺類
TEL 06-6309-9910
住所 大阪府大阪市淀川区西中島1-12-15
営業時間 11:30〜14:00 18:00〜22:00 ※チャーシューがなくなり次第終了
定休日 日曜日、第2・4土曜日  

くそオヤジ最後のひとふり




名称:くそオヤジ最後のひとふり
種類:独自
場所:十三
注文:はまぐりラーメン
評価:9/AAB
2015.3.27.
コメント:麺は中くらいの太さの太平ストレートタイプ。最近流行りの全粒粉を使っているようだが、加水率は高そう。全粒粉というと粉っぽさを主張したがっていて、多加水麺とは求めている方向が真逆のような気もするのだが、これはこれでなかなか面白い。コシ、スープの絡み共に良好である。

スープははまぐりラーメンというくらいなので、貝を中心にしてだしをとったしょうゆ味。醤油からの苦味がわずかに気になるものの、うまくまとめてある。

チャーシューはこれまた流行りの低温処理タイプだが、この手のチャーシューでは珍しく、なかなか美味しかった。ただ、この腕とセンスがあるなら、普通のチャーシューを作ればもっと美味しいものになりそうだ。

全粒粉、低温処理チャーシューと、流行を敏感に取り入れているのだが、それをきちんと消化していて、猿真似になっていないところが良い。開店直後に行ったので行列することもなく食べることができたが、食べ終わって店を出るころには10人ほどが行列していた。まだ「あさり」と「しじみ」を食べていないので近いうちに再訪したいと思うが、行列はしたくないなぁ。

店名 くそオヤジ最後のひとふり
TEL 06-6308-3930
住所 大阪府大阪市淀川区十三本町1-3-13 1F
営業時間 [月〜木曜日]11:30〜14:00(L.O.) / 18:00〜23:30(L.O.) [金曜日]11:30〜14:00(L.O.) / 19:00〜01:00(L.O.) [土曜日]19:00〜01:00(L.O.)
定休日 日曜日、第2・4月曜日  

くちびるに歌を

長崎の五島列島の観光映画かな、と思っていたら、ちゃんとまじめに作られた作品だった。

トラウマを抱えてピアノが弾けなくなったピアニストの再生をさわやかに描いている。同時期に上映されている「暗殺教室」とは全く違ったテーストで、僕としてはこちらの方が断然評価が高い。何しろ、ヒロインが新垣結衣だし、自閉症児とその家族を正面から描いているのも良い。日本では自閉症というと引きこもりみたいなのを想像する人が多いような気がするので、こういう映画できちんと認識を新たにしてくれたらと思う。あと、自閉症児の演出と演技も上手だった。

ところどころで「ん?」と思う演出もあった(新垣結衣がいきなりピアノの前に座っていたところとか)し、設定的にどうかというところもあった(狭い世界のはずなのに、同級生の兄が自閉症児だと知らなかったり)けれど、総じて良い演出、良い脚本だったと思う。ピアノを含め、音も良かった。

クライマックスが映画の6分目ぐらいのところで来てしまい、あとは少しずつ風呂敷をたたむ感じ。でも、決して悪くない。

ただ、どうなんだろう。子供を中心に描いた映画だけど、子供は「暗殺教室」とかのほうが観たいんだろうな。僕なら断然本作を推すけれど、子供には「喪失感」なんてなかなか理解できないんじゃないかなぁ、などと思ったり。

ソラニンが☆2つ半、僕等がいた前編が☆2つ半、同後編が☆1つ半と、三木孝浩監督とは相性が悪くないんだけど、本作もなかなか良かったと思う。評価は☆2つ半。大人は、「暗殺教室」に行くなら、こっちを観たほうが良い。  
Posted by buu2 at 01:47Comments(0)TrackBack(0)映画2015││編集

暗殺教室

月を破壊した謎の生物が中学校の先生になる、という設定の時点で「こりゃ凄い」と思うのだが、同時に大人の鑑賞に堪えるものなのか、かなり不安にもなる。海外でも「ハンガー・ゲーム」とか「ダイバージェント」みたいに、子供向けの酷いストーリー(ただし、前者は観てないので想像です(笑))に大金をつぎ込んで映画化しちゃうケースがあるので、「子供向け」も一定の市場は見込めるのだろう。

本作は冒頭からなかなか見応えのあるシーンが続く。殺せんせー(ころせんせー)の合成もそれほど違和感がなく、日本の特殊効果技術もずいぶん良くなったものだと感心させられる。いや、もちろん弾丸を避けるシーンとか、ちょっと子供だましなところもあったけれど、子供向けなんだから仕方ない。

と、特撮はそこそこだったのだが、役者の演技力はどうにもならない。役者の中心が中学生という、一番演技力が期待できない年齢層ということもあって、セリフの棒読みや、殺せんせーとの会話のシーンであらぬ方向を見ているなど、「これ、テレビドラマじゃないよね?」と確認したくなるような場面もチラホラ見受けられた。

原作漫画の内容を無理やり押し込んだのか、一つ一つのエピソードが異常に唐突で、エピソード間の前後の脈絡が全く存在せず、「何で突然鉄塔に登るんだよ??」みたいな必然性のない展開もあり、しかも24時間という短時間で東京ドームよりでかそうな施設を作り上げて爆発させるなどあっという間に一件落着していくスピード感ありまくりの脚本だが、慣れてしまえばこんなものかな、という感じ。要は、設定と殺せんせーのキャラクターだけで基本終了していて、あとはちょっとした小ネタをつなげていって2時間の映画に仕上げているという、昔懐かしいドリフターズのコントを観ているようだ。大人に納得してもらうにはちょっと厳しいかも知れないが、子供なら満足してくれるかも知れない。殺せんせーの目的とか、強さの秘密とか、ほとんど何もわからないままに映画は終了してしまい、だだっ広い風呂敷の上に放置されたままなのがすっきりしないのだが、そういう不満は以後の続作を観て言え、ということなのかも知れない。最後に「つづく」と出ていたし。

突っ込みどころは当然満載で、水酸化ナトリウム水溶液が何で泥水みたいなんだよ、とか、エンドロールでリリー・フランキーってあった?あれ?そもそも、出てなかった??

海外の子供向け映画を観ると結構腹が立つのだけれど、邦画だと意外と余裕をもって観ることができるようだ。ただし、僕の場合。

評価は☆1つ半。  
Posted by buu2 at 01:05Comments(0)TrackBack(0)映画2015││編集

2015年03月26日

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 池袋店

神田の鬼金棒が池袋に出した支店。いつも並んでいるので食べる機会がなかったのだが、今日は珍しく行列がなかったので食べてみた。神田点も麺以外はなかなかの評価だったので、ちょっと期待していた。




本店の評価:鬼金棒
http://buu.blog.jp/archives/50917193.html


以下、評価。

名称:鬼金棒 池袋店
種類:担々麺
場所:池袋
注文:肉増し、辛さ普通、痺れ普通
評価:10/AAA
2015.3.26.
コメント:麺は太めの平打ち縮れ麺だが、手打ちのように太さがバラバラ。しかし、茹で加減が不均一になっていないところが面白い。やや加水率高めかな、という感じで、食感が良く、スープも良く絡む。本店の麺は茹で過ぎだったが、こちらの店はそんなこともなく、適切にハンドリングされていると感じた。

スープはおそらく豚骨ベース鶏ガラブレンドの濃厚タイプ。これを唐辛子や花椒を使って担々麺風の味付けに仕上げている。辛さ五段階、痺れ五段階(なし、少なめ、普通、増し、超増し(100円))に設定されている。今回は味がわからないと困るので普通で注文したけれど、辛さ、痺れともにちょっと物足りないぐらいの味。でも、スープの味をきちんと楽しもうと思えば、こんなものかも知れない。次からは辛さ、痺れともに増し、あるいは100円払ってさらに増量してみようと思う。

チャーシューは大きな塊の角煮みたいな感じで提供された。甘い味付けで、辛口のスープに良く合っていた。これなら250円アップでも納得。ただ、脂が多いので、健康上の配慮から、僕は次からは肉増しにはしないと思う。

神田の店も印象が良かったけれど、こちらも美味しかった。独自性もあり、池袋東口ではかなり上位にランクされる店だと思う。完成度が高いので、行列もやむなし、という感じがする。並ばないけど。

店名 カラシビ味噌らー麺 鬼金棒 池袋店
TEL 03-5396-4202
住所 東京都豊島区東池袋1-13-14
営業時間 11:00〜22:00
定休日 無休  

キャンドゥ ダイヤモンドパフ

先日、風呂掃除をしたとき、かなり念入りに鏡を洗ったんだけど、こんな感じだった。




何も見えないって?いや、そんなことはない。これでもかなり見えるようになったのだ。それまでは真っ白だったのだけれど、大掃除のあとはモヤがかかった程度には見えている。

ところが、先日、東洋経済で「凄く綺麗になる掃除道具がある」という記事を読んだ。ほほーと思ったけれど、Amazonでは売ってないらしい。いや、売ってるには売ってるのだが、キャンドルという似たような名前の会社の製品で、価格は6倍だ(笑)。



ということで、近くのキャンドゥを探したら、池袋東口のドンキの左にあるらしい。さっそく出かけてきて、買ってみた。




おおう、キャンドル製とソックリなパッケージである。っていうか、同じじゃないの(笑)?

そして、帰宅して試してみた。ちょっと水で濡らして、こすること約10分。




こ、これは・・・・凄い。凄すぎる。世の中にはたった108円で人を感動させる会社があるんだなぁ。感心したよ。  
Posted by buu2 at 16:30Comments(2)TrackBack(0)買い物││編集

2015年03月25日

日本が後進国から脱却できない理由

日本人の皆さんはご存知ないかも知れませんが、国連に最初にできた歴史ある専門機関が「国際労働機関」、いわゆるILO(International Labour Organization)です。加盟国は185ヶ国で、日本は単に加盟しているのみならず、1954年以来、常任理事国(現在はアメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・日本・イタリア・ロシア・中国・インド・ブラジル)の一つです。常任理事国というと安保理ばかりが注目されますが、それ以前に、日本はILOにおいて非常に重要な地位にあります。

ところが、日本は、ILOが採択した189条約のうち、わずか4分の1しか批准しておらず(主要国の批准数は(日本48、ドイツ83、イギリス86、スウェーデン92、フィンランド98、オランダ106、ノルウェー107、フランス123、スペイン133)、ILO憲章(フィラデルフィア宣言)の前文に明記されている「いずれかの国が人道的な労働条件を採用しないことは、自国における労働条件の改善を希望する他の国の障害となる」という基本姿勢に対して明確に反しており、自国のみならず、ILO加盟各国にも迷惑をかけている状態です。

ILO憲章との齟齬として最大で、かつ国内的にも経済停滞の大きな足かせになっているものが「同一労働同一賃金」に関する問題です。前述のILO憲章前文にも「同一価値の労働に対する同一報酬の原則の承認」が急務であると明記されているにも関わらず、日本の労働基準法第三条および四条で、国籍、信条、身分、性別による差別的取り扱いを限定列挙して禁止しているだけで、学歴、勤続年数、雇用形態などを理由とした差別的扱いは合法とされています。

(均等待遇)
第三条  使用者は、労働者の国籍、信条又は社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱をしてはならない。

(男女同一賃金の原則)
第四条  使用者は、労働者が女性であることを理由として、賃金について、男性と差別的取扱いをしてはならない。


安倍内閣がデフレ脱却のための3本目の矢を放とうとするなら、やることは同一労働同一賃金の実現しかありません。逆に言えば、これをできないのなら、日本経済の復活は、未来永劫実現しないというのが私の考えです。ILO憲章の冒頭に書かれているのは、

世界の永続する平和は、社会正義を基礎としてのみ確立することができる


です。日本は、この社会正義すら実現できないでいる後進国なのです。そして、残念ながら、先進国の仲間入りできそうな気配はまだありません。  
Posted by buu2 at 12:43Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

2015年03月24日

今日の陶芸教室

かき氷皿
釉薬:青白ガラス
粘度:赤
制作:2/23
削り:3/2
釉掛け:3/9







自宅でかき氷を食べるとき用の皿である。なんか、ちょっと歪んでしまったのだけれど、気にしない(笑)。青白ガラスをかけて、還元焼成してみたら、こんな色になった。なんか、還元焼成した方が渋くなって焼き物っぽい。  
Posted by buu2 at 14:46Comments(0)TrackBack(0)陶芸││編集

福島武山作 バルタンセイジン(バルタン星人)

苦労して手に入れた九谷焼ウルトラマンアートシリーズの看板作品のひとつ、福島武山氏のバルタン星人だが、伊勢丹での展示期間が終了してようやく我が家にやってきた。早速撮影会である。













福島武山さんといえば、九谷赤絵の第一人者として超有名だが、同時にスキーヤーとしても知られている。まだ一緒に滑ったことはないのだが、機会があればぜひ白馬のオリンピアンたちと一緒に八方のゲレンデを滑ってみたいと思っている。

ちなみに、このバルタン星人の話をグルノーブル五輪出場の丸山寿一氏にしたところ、「あーーー、八十吉さんは良く知っていて、何度も遊びに行って釣りの話を良くしたんだけど、福島さんは会ったことあったかなぁ」などと言っていた。

関連記事
伊勢丹新宿店、Go!Go!Go!
http://buu.blog.jp/archives/51476269.html

中村陶志人作 カネゴン
http://buu.blog.jp/archives/51476390.html  
Posted by buu2 at 12:57Comments(0)TrackBack(0)福島武山││編集

和ガリコ 寅

先日飲んだアガリコの系列店、と書こうとして過去のログを探したらアガリコの記事が見当たらない。書いてなかったっけ?

ともあれ、池袋の和ガリコで飲んでみた。




























和の居酒屋メニューとジビエ料理をスパークリング日本酒で楽しむ、という店である。料理はどれも安価で、普通に美味しい。このくらい楽しめて、酒の3杯も飲んで支払いがひとり4,000円程度というのだから、池袋としてはかなり安い。

店の場所はラーメンの有名店フルルのすぐそばである。

問題は、コストパフォーマンスゆえか、客層が非常に悪いこと。狭い店なのでうるさいし、客の喫煙率が高くて煙草の煙が凄い。これだけ狭い店なら、店内禁煙にすれば良いのに、と思う。店の人に頼んで出入口そばの席に変更してもらい、寒いのを我慢してドアを半開きにしないと咳が止まらない状態である。環境さえ改善されれば、あるいは、貸し切りならまた来てみたいと思う。

店名 和ガリコ 寅 池袋西口 (和GALICO 寅)
TEL 070-1319-7406
住所 東京都豊島区池袋2-58-9 清水ビル 1F
営業時間 [火〜木]17:00〜26:00(LO 25:00) [金・土]17:00〜5:00(LO 4:00) [日・月]17:00〜24:00(LO 23:00)
定休日 不定休  

2015年03月23日

将棋電王戦FINAL第二局を観戦して

経過よりも結末が面白かった。ほぼ必勝となった永瀬六段が、さらにダメ押しするようにソフトのプログラム上の不備を明らかにして完勝したのである。局面自体も人間有利となったところだったが、そこで指された角成らずは、プログラムにない手で、ソフトがハングアップしてしまった。永瀬六段は事前の研究でソフトが成らずに対応していないことを知っていたそうで、ここしかないという究極の場面で伝家の宝刀を抜いたことになる。やや専門的になるが、1.形成は永瀬六段有利、2.しかし、ソフトの形勢判断はソフト有利、3.角不成でも、角成でも、ソフトの対応手はひとつに限定されている、という、作ろうと思っても作れないような絶好の場面だった。

今回の永瀬六段の指し手からわかるのは、人間とソフトは必ずしも対立した場所にいるわけではないということだ。もし本当に反対の場所に位置するのであれば、今回のような相手の不備を明らかにする必要はなかった。あるいは、単に恥をかかせたければ、▲2六歩 △3四歩 ▲4八銀 △7七角不成りで終了だったはずだ(王手じゃないと成立しないのかも知れないけれど)。しかし、実際はそうはならなかった。永瀬六段は、「可能な限り、真剣勝負を展開したい」と考えていたのだろう。だから、最初から伝家の宝刀を抜くことはなかった。そして、ソフトを圧倒したのちに、必要はなかったにも関わらず、宝刀を抜いた。ソフトの不備はそれほど致命的なものとも思えないので、多分、二度と発生しない質のトラブルだろう。衆人環視の状態でそれを明らかにしたのは、恥をかかせたというよりは、全ての将棋愛好家に対して「ソフトにはこんな弱点もあるんですよ」と知らせるとともに、開発者に対しての「早く対応してね」というアドバイスでもあったと思う。

僕は、ソフトは近いうちに人間の能力を超えると思っているし、そのことを何回かこのブログに書いてきた。その見解は今も全く変わらないのだが、最強ソフトを創り出すためには、トップ棋士の協力が必要だ。少なくとも、迅速な開発には、トップ棋士の協力があった方が良いのは間違いない。棋士たちは、追い越されるのは悔しいから、などとせこいことをいわず、どんどん開発に協力したら良いと思う。また、「人間とコンピューターの対決ではなく共存を模索したい」といいつつ、5対5の団体戦をこれで最後にするというドワンゴの意向も意味不明である。現在の電王戦は多くの開発者に挑戦の門戸を開きつつ、全ての開発者たちに平等にヒントを与えている。ソフト開発に向けて理想的な場を提供しており、興行的に成立しているのであれば、ここでやめてしまうのは非常にもったいない話である。電王戦を含め、トップ棋士も一体になってソフト開発に協力するぐらいの姿勢でないと、気がついたら世界最強棋士はインド産ソフトだった、などということになりかねない。

関連エントリー
コンピュータ対竜王
これまでの将棋界
今の将棋界
ソフト優位後の将棋界
将棋というゲームの変質
プロ棋士の価値
パラダイムシフト
日本将棋連盟理事会の構造的特徴
活路はコミュニケーション要素か?

番外編
プロ棋士に返信  
Posted by buu2 at 11:59Comments(0)TrackBack(0)将棋││編集

2015年03月22日

Yuya Matsumoto exhibition 松本侑也 個展―傍観図―

今日からスタートしたYuya Matsumoto exhibition 松本侑也 個展―傍観図―を観に、万画廊まで行ってきた。

前回も観ているのだけれど、相変わらず面白い。紙にペンで細かく描いていく手法は僕が知り合ったばかりの頃の山口晃さんにちょっと似ている。漫画で言えば大友克洋の雰囲気。構成要素は直線主体でところどころに曲線が混じる。無機的な図形が集合して、遠くから見ると有機的な絵になっていたりする作品もある。抽象画にならないぎりぎりのところを表現している感じだ。

前回と異なるのは、墨の濃淡で遠近感を表現している作品があったことで、ボールペンでは表現不可能なところをやっていた。

ちょっと思ったのは、文字で書き込まれている実在の建造物が実際の配置と異なっている点についてで、ここは完璧に正確ではなくても、もうちょっと事実に沿った配置にしたら良いのでは、ということ。あまりに忠実にしてしまうと洛中洛外図みたいになってしまうので塩梅は難しいと思うのだけれど、みなとみらいとサンシャイン60がすぐそばにあって、ランドマークタワーがないのは「????」という感じだったりする。モチーフをいくつかの建造物に絞って、それを自分なりにアレンジして表現し、その上で周囲に色々なものを配置したらどうなんだろう?今は、街を描いていても、主張がどこにあるのかわからず、どの絵も同じように見えてしまったりするので、「金閣寺」みたいに誰でも知っている建造物をまず決めてしまえば、観る側も「あ、あの、金閣寺の絵は良いよね」などと会話することができる。あと、インスピレーションのおもむくままに彩色している感じなんだけれど、遠くから見ると別の意匠が浮き出てくる、みたいな仕掛けがあればもっと面白いのになぁ、と思った。

まだまだ荒削りで、色々と工夫していける余地があるとは思うのだけれど、ユニークな絵で、遠くからでも「あ、松本さんの絵だね」とわかる。次の個展ではどんな作品を見せてくれるのか、楽しみである。

松本侑也 個展 - 傍観図 - 
YUYA MATSUMOTO 
 -Sidelines Figure-

場所:万画廊(〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目23-2 GINZA 上野ビル1F)

会期:2015年3月21日(土) ‐ 4月5日(日)

開廊時間:11:30−19:30
最終日は18:00終了/会期中無休
  
Posted by buu2 at 01:06Comments(0)TrackBack(0)美術││編集

2015年03月21日

ソロモンの偽証 前篇・事件

あまり早くに観てしまうと前編の内容を忘れてしまいそうなので、あえてちょっと待ってからの鑑賞。

冒頭の雪のシーンで、「あれ?この監督、本当の積雪を見たことがないのかな?」と思ってしまうような珍妙な描写があっていきなり不安になって、ツッコミ手帳を取り出そうかと思ったのだけれど、以後は特に違和感なく観ることができた。

子供が中心の映画にも関わらず、要所で良い役者を配置していて、プロデューサーの力量が感じられた。夏川結衣、黒木華、田畑智子、余貴美子、松重豊、小日向文世・・・と、ちょい役ではもったいない役者たちが次から次へとちょい役で登場する。さすがに子役の演技力にはムラがあって、下手な子もちらほら見受けられたけれど、中心となる子役の演技はなかなかだった。

女子に冷たく、さっさとストーリーから退場させていく宮部テーストも健在。

後編へのつなぎも上手で、前編だけ観て後編を観ないというのはかなりのひねくれ者だろう。前編が面白かったのに後編でずっこける映画もあるので油断はできないのだが、後編が公開されたらすぐに観に行きたいと思わされる内容だった。評価は☆2つ半。  
Posted by buu2 at 00:31Comments(0)TrackBack(0)映画2015││編集

2015年03月20日

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜



映画館で観ることのほどもないだろう、と思って映画館では鑑賞せず、わざわざレンタルするほどでもなかろう、と思ってレンタルすることもなかったのだが、親切にテレビで放映していたので録画しておいた。今日になってようやく時間が取れたので、自宅鑑賞。

二時間ドラマと思えば悪くない。絵作りはテレビっぽいし、時々挿入される音楽は全く画像にフィットしていないのだが、無料だしテレビだと思えば悔しくない。重要っぽい登場人物を惜しげも無く殺してしまうあたりに東野圭吾テーストが感じられるものの、「面白いっ!」と唸らされるほどのこともなく、感動も薄い。どちらかと言えば、知っている景色や店を見て、「あぁ、甘酒横丁をまっすぐに行った、たいやき屋の先の雑貨屋だね」などと感じるための作品で、人形町や日本橋界隈の知識がないと楽しめないかも知れない。

目先がコロコロ変わってしまい、真犯人は思いもよらない方角から現れたりするので、最初から疑われていた人物の立場がなかったりするのだが、これは横溝正史あたりからの日本ミステリーの伝統なので、納得するしかない。容疑者が容疑者のままで終わるなら30分ドラマにもならないのだから。

事件の構図が理解できてから改めて内容を考えると、観る人たちをミスリードしたくて仕方がないという感じで、それにしてはトリックが親切すぎる。「子供からお年寄りまで楽しんでもらおう」ということなのかも知れないが、欲張りすぎで、映画ファンやミステリーファンには食べ足りない内容になってしまったと思う。せっかく新垣結衣の登場機会がたっぷりあるのに、彼女の魅力をこれっぽっちも引き出せていないのも残念なところ。

評価は☆1つ。映画なんて欲張らず、テレビドラマにすれば良かったのに。  
Posted by buu2 at 14:12Comments(0)TrackBack(0)映画2012││編集

2015年03月19日

超高性能耳かきも万能ではない

身のまわりのほとんど全ての場面で利用し、自動車にも耳かきを載せているほどの耳かきマニアの僕ですが、「匠の技」の前に耳かきなし、「匠の技」の後に耳かきなし、というくらいに惚れ込んでいます。これまで幾多の耳かきを、それこそ金属製のハイテクから、つげを使った伝統工芸品まで購入しては試してきましたが、この10年ぐらい、この耳かきにまさるものを使ったことがありません。

それほどに高い完成度を誇る「匠の技」ですが、5年ほど使ったものを別のものに交換しました。




下が、これまで使っていた「匠の技」、上が今度新調した耳かきです。先っぽの角度が全く違うことがわかると思います。耳かきの命は「細さ」と「角度」です。下の「匠の技」は角度が甘くて、快感を得ることができません。


では、この新しい耳かきは何だ?ということになるのですが、これも「匠の技」です。

耳かきは腐るものではないので、床に落としていて足で踏んづけて折ってしまったなどのトラブルさえなければ半永久的に使えそうなものですが、さにあらず。もともと真っ直ぐな竹を職人が成形しているものなので、徐々に昔の姿を取り戻していきます。つまり、先っぽがまっすぐになっていくわけです。先っぽが伸びてしまった耳かきは、素人は納得させることができても、マニアには通用しません。そこで、定期的な買い替えが重要になってきます。

耳かきを安全で快適にお使い頂くためにも、長い時間を経過した耳かきは交換することをお勧めします。


  
Posted by buu2 at 12:05Comments(0)TrackBack(0)買い物││編集

2015年03月18日

FacebookやTwitterの使用料金を自分で支払っている安倍総理(笑)

動画はこちら。



以下、文字起こし(関連質問は11:25あたりから)

13:35
大久保「総理はTwitter、Facebookを使用するときに、使用手数料は払ったことがありますか?手数料を支払って発信しているか?」

13:55
安倍「個人の方についてはもちろん、個人の方でそうした費用を持っているわけでございますが、官邸のホームページ、いや、官邸のFacebook等々についてはこれ、官邸で出しているものでございますから、これは公費でまかなっているものでございます」

14:11
大久保「いや、ちょっとあの確認したいんですが、FacebookやTwitterに関しては無料で普通はやりますが、費用はかからないはずなんです。ということは、本当に総理自らこういったことをされているんですか?誰に、あの誰に対して手数料を支払っています?」

14:35
安倍「あの、そういう細かいことについては私も一々詳細を理解しておりませんが、基本的にですね、私が行うのは、いわばどういう中身について配送するかということだけでございまして、それ以外のことについては、官邸のものについては官邸のスタッフが対応している、と、当然のことではないかと思います」


理解していないくせに、ちゃんと確認を取らずに国会で堂々と間違った答弁をする安倍総理であった。

なお、この案件の前の下村文科相ネタもなかなか興味深い。  

なぜ、元スキー選手はスキーの板を盗むのか?

今日、こんなニュースを見つけた。

<窃盗>元学生王者、スキー板盗む 小樽の大会表彰式で
スキー大会表彰式の最中に優勝者のスキー板を盗んだとして、北海道警小樽署は17日、札幌市中央区宮の森4の2、スポーツウエア会社「フェニックス」(本社・東京)社員、花田雄司容疑者(30)を窃盗容疑で逮捕した。花田容疑者はかつてスキーアルペンの選手として活躍し、2004年に全日本学生大会で優勝したこともある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00000009-mai-soci

またか、という感じだ。前回は8年前である。

やれやれ、なニュース
http://buu.blog.jp/archives/50314985.html

星野芳大については「星野芳大 草津」とか、「十二屋旅館 草津」などでググってもらって2ちゃんの過去ログを読んでもらえれば結構わかると思うので(去年の秋に炎上)割愛。

そして今回である。花田雄司容疑者は中学生時代に全中回転で優勝、名門札幌第一高校時代にインターハイ回転で優勝。法政大学時代の成績もそこそこで、アルペンをやっている人間なら名前ぐらいは知っている選手だった。現在はフェニックスというスキーウェアの老舗メーカーに勤務しつつ、技術選などでもそこそこ活躍していた。そのようなトップアスリートが遊ぶ金欲しさの小遣い稼ぎで、後進の女子高校生の板を盗んで捕まったというのだからいただけない。

実は、僕も10年以上前に、上越国際での大会中に板を盗まれたことがある。犯人は不明のままだったが、保険に入っていたので、板の代金は保障された。この辺りが、スキー業界のドロドロしたところで、「スキー選手の板を盗むなんて信じられない!」と激怒する友達がいる一方で、「保険に入っていたんでしょ?ラッキーじゃん」と笑う友達もいた。

僕は県で一桁の順位になるかならないかといったレベルの競技者だったので、全盛期でもシーズンに1種目あたり1本の板を買うぐらいだったのだけれど、これが県3位以内、つまり国体レベルの男子になると、最低でもシーズンに1種目あたり2本、多い選手だと、3本、4本と購入する。チューンを同じにしておいて、大会前に滑る板と、大会本番で滑る板を変えるのはもちろん、板のチューンを変えておいたり、異なるワックスを塗った板を複数用意しておいて、本番の天候や気温に応じて板を選んだりする。毎年複数の板を買うと、当然毎年複数の要らない板が発生し、後輩に安く売ったり、粗大ごみに出したりすることになる。主要なスキー大会が終了してしまえば、あとは一番気に入っている板以外には大して愛着もない、という人もいるだろう(いや、もちろん、全ての板に愛情を注いでいる選手もたくさんいるんですよ)。そういった、愛着のない板は、大会では「下駄板」として扱われる。下駄板とは、大会バーンに行ったり、大会のポールセットをインスペクション(下見)する際に使う板で、大会中はリフト乗り場のそばなどに無造作に立てかけられている。つまり、いつでも盗める場所に放置してあるのだ。僕が盗まれた板も、こういう「下駄板」だった。

今回盗まれた板は下駄板ではなく、本番用の板だったみたいだが、「下駄板なら盗んでもそれほど大事にならない」という事情が背後にあって、たまたま盗んだのが本番板だった可能性も否定できない。僕が警察なら、「今回はたまたま露見したけれど、裏ではもっとやってるんじゃないの?」と余罪を追求するところでもある。

「ありがとう」とまでは言わないまでも、盗まれてしまってもそれほどダメージを受けない要因として、板の大切さ以外に前述の保険という要素がある。このスキー保険、今存在するかどうかは良く知らないのだが、スキー選手にとっては非常にありがたり保険だった。そもそも、制度の設計が「年に数回スキーを楽しむ」という一般的なスキー愛好家を想定した保険なので、年間70日滑る、といった競技スキーヤーを想定していない。7日滑る人を想定して作られた保険を70日滑る人が利用すれば、利用できる可能性は単純計算で10倍である。この保険が年間5000円だったりするから、競技スキーヤーはほぼ間違いなくスキー保険に加入していたと思う。滑走スピードが速いので、転倒するだけでも板が曲がるとか、ストックが折れるとか、日常茶飯事なのだから、加入しない理由がない。

#あまりに儲からないのでほとんどの保険屋はスキー保険(対人障害ではなく、物損対象の保険)から撤退したようだが、僕も地震以後はきちんと調べていない。

盗まれてもそれほど痛くないスキーヤーから板を盗んで転売する、というのは、転売ルートさえあれば大きなリスクがない。ただ、これで大損するのは保険屋で、被害届が多ければ当然調査をするだろう。頻繁に盗まれる人がいれば要注意人物としてマークするだろうし、そういったもろもろが面倒くさくなってそもそも保険から撤退したのだと思う。そうやって、スキーの盗難保険がなくなってくると、今までは「盗まれてもどうということもない」と考えていたスキーヤーたちの意識も変わってくる。盗まれたことに激怒して、その板が中古屋に並んでいるところを見かけて通報したというのも、なるほど、という感じである。

大人になってすっかり心が汚れてしまい、「盗まれて嬉しい」と考えるスキーヤーも少なくないとは思うし、今回の事件の花田容疑者も、そういうタイプのスキーヤーをたくさん見てきたのかも知れないのだが、それでも悲しい思いをする選手は大勢存在する。特に、選手が高校生となれば、話は全く別だろう。相手を選べば盗んでも良い、という話ではないのだが、高校生の板を盗んで転売し、小遣い稼ぎというのは筋が悪すぎる。

#ちなみに優勝者の片桐成実選手は北照高校で板はロシニョール。準優勝だった矢部里奈選手は札幌第一で、花田容疑者の直接の後輩。

#それにしても、時価5万円は安い。当然選手用だし、ビンディングも含めて新品で15万円前後だと思う。ビンディングは中古でもそれほど価格が落ちないので、今シーズンモデルなら10万円ぐらいの価値はありそう。旧モデルの下駄板だったのか、あるいはメーカーからのサプライ品で、その分安く申告したのか。  
Posted by buu2 at 12:38Comments(2)TrackBack(0)スキー││編集

碧い夢

朝霞台にはうどんと焼き鳥とカレーで美味しい店があるので、滅多に行くことがないお好み焼き屋なんだけれど、今日はうどんが店じまいしていて、焼き鳥屋は空気が悪く、カレーは雨で面倒臭かったので、お好み焼きで。
















煮物はわかるんだけど、焼き鳥まであるのが面白い。ちょっと脂が多かったけど。すげぇ美味い、というわけではないけれど、もう行かない、という感じでもなく、お腹がすいた時には悪くない。ただ、残念なのは店内が禁煙でなく、客層がイマイチなので喫煙者が多いこと。おかげで、店内の空気が悪い。お店に頼むと空気清浄機を動かしてくれるけれど、それでは足りず、喉が痛くなってくる。外から店の中の状態がわからないので、分煙か、店内禁煙にしてくれれば良いのだけれど。

この店に限らず、飲食店はもうちょっと喫煙に対して敏感になるべきだと思う。

店名 碧い夢 朝霞店
TEL 048-465-8166
住所 埼玉県朝霞市東弁財1-8-38
営業時間 ランチ 月〜金 11:30〜15:00(L.O.14:45) ディナー 月〜金 17:00〜23:00(L.O.22:45) 土・日・祝 11:30〜23:00(L.O.22:45)
定休日 無休  

2015年03月17日

樹真(再訪)

和光市の樹真、2年以上前に一度行ったきりだったので、再訪してみた。

前回の評価はこちら
樹真
http://buu.blog.jp/archives/51363848.html

今回は宿題になっていた濃厚を食べてみた。以下、評価。




名称:樹真(きしん)
種類:鶏白湯
場所:和光市
注文:濃厚焼豚塩そば
評価:5/ABC
2015.3.17.
コメント:スープは鶏白湯の濃厚タイプ。多くのラーメン屋でこの手のスープを高温で提供して、味が足りないように感じさせてしまうものだが、この店はきちんと温度と味の関連に配慮している。ところが、ぬるい。これでは何のために温度調整しているのかわからない。もしかしたら、チャーシューをトッピングしたせいで店側の想定よりも温度が下がってしまったのかもしれないが、その位の配慮はあって当たり前である。また、薬味として提供された高菜は辛さよりも塩気が前に出ているもので、ラーメンにはフィットしていなかった。これなら、テーブルの上に置いてあった柚子胡椒の方が良いだろう。

麺は中くらいの太さの縮れ麺。若干茹ですぎな感じはあるものの、大きな弱点は見当たらない。

チャーシューは品質、味共に無難だが、トッピングすると1050円では、割高感が強い。

普通に存在していたら多分二度はないと思うが、そこはラーメン不毛の地、和光市である。この界隈では間違いなくナンバーワンなので、和光市に用事があると食べてしまう可能性がある。もちろん、わざわざ食べに行くことはないが。

店名 樹真
TEL 非公開
住所 埼玉県和光市本町12-33
営業時間 11:00〜15:00/17:00〜23:00  

2015年03月16日

LINEクリエイターズスタンプ、いくらなんでも待たせすぎじゃない?

もうすぐ「審査中」になって4ヶ月だぞ。

line
  

今日の陶芸教室

特大マグカップである。

巻きマグカップ
釉薬:土灰透明
粘度:赤
制作:2/9
削り:2/18
釉掛け:3/4

板作りで部品を作り、組み立てていく。底を丸くして、そこにぐるっと巻き付けるような感じだ。取っ手の部分と反対側に繋ぎ目ができるのだが、それほど気にならない。取っ手の部分には細くて短い紐を作って強度をあげておく。

土灰透明はムラができにくい釉薬で、使いやすい。

自分用に作った馬鹿でかいマグカップで、使ってみるとたっぷりお茶が注げて非常に便利である。














  
Posted by buu2 at 14:19Comments(0)TrackBack(0)陶芸││編集

久しぶりの麻婆豆腐

僕のおもてなし料理の表芸はビーフ・ストロガノフで、裏芸が麻婆豆腐。麻婆豆腐は作るのに30分かからないお手軽料理だけど、使っている辣油が自家製なので、そちらに時間がかかっている(笑)。今日は大平真己さんの器によそってみたんだけど、透明系の釉薬よりも飴系の釉薬のほうが美味しそうに見える。







ホワイトバランスの取り方にもよるんだろうけど。今作っている大皿の釉薬選びの参考にしよう。  
Posted by buu2 at 00:04Comments(0)TrackBack(0)料理││編集

2015年03月15日

パンダチーズ コマーシャルはひとつじゃない

色いろあるんだよ。

  

2015年03月14日

今日のもり山

結構飲んだので、写真を撮らずに食べてしまったものがあるかも知れない(^^;

























池袋 もり山
http://skmoriyama.blog.fc2.com/

店名 もり山
TEL 070-6985-4086
住所 東京都豊島区池袋2-27-5
営業時間 18:00〜23:00
定休日 日曜・祝日  
Posted by buu2 at 23:46Comments(0)TrackBack(0)グルメ−和食││編集

今年の百貨店対抗の写真

百貨店対応2015GS


こうして見ると、ちょっと掘れてたんだな。高温だったから。  
Posted by buu2 at 10:18Comments(0)TrackBack(0)スキー││編集

2015年03月13日

映画に詳しい人、教えてください

はてな匿名ダイアリーにこんな記事があったので、真似してみる。

元ネタ:映画に詳しい人、教えてください。
http://anond.hatelabo.jp/20150312115954


以前見た映画をきちんと見直したいのです。思い出せる限りの情報は以下の通り。

・主人公は男
・主人公はイタリア人
・舞台はフィラデルフィア
・主人公はボクサー
・練習は精肉店
・主人公は彼女とうまくいっていない
・トレーナーはかつて名トレーナー
・トレーナーは今は落ちぶれてアル中

なにぶん記憶も曖昧だけど、教えてください。

ちなみに、町山智浩をリスペクトして自分なりに回答してみよう。
・主人公は男⇒主人公は女の間違い。
・主人公はイタリア人⇒英国人の間違い。
・舞台はフィラデルフィア⇒ニューヨークの間違い。
・ボクサー⇒ミュージシャンの間違い。
・練習は精肉店⇒レコーディングはニューヨークの街なかの間違い。
・彼女とうまくいっていない⇒彼氏とうまくいってないの間違い。
・トレーナーはかつて名トレーナー⇒名プロデューサーの間違い。
・今は落ちぶれてアル中⇒無職の呑んだくれの間違い。

結論:あなたの探している映画は現在上映中の「はじまりのうた」に間違いありません。
自己解決しました。ありがとうございました。  
Posted by buu2 at 14:06Comments(0)TrackBack(0)映画││編集

過労死しそうな後輩のつぶやき

過労死しそうな後輩のつぶやきが公開データとしてネットに存在しているので、まとめておいた。もちろん、すでに画像保存してあるので、会社が圧力をかけて消去させても無駄である。

http://togetter.com/li/794384

僕はこれまでにスキー部関連に限定しても2人の後輩を過労死と強く疑われる状況で亡くしている。家族との調整がついていて(多分、それなりの保障があったんだろう)今から第三者がほじくり返す話でもないから、過去のことは仕方がないのだが、彼を3人めの犠牲者にしたくない。彼の最新のつぶやきはこれである。




会社の同僚たちは、なぜ黙って放置しているのだろう。みんな同じ境遇だから慣れているのだろうか?

こんな会社、潰れてしまえば良いのに。  
Posted by buu2 at 11:05Comments(0)TrackBack(0)日記││編集

2015年03月12日

はじまりのうた

beginagain


no music no life的な内容で、正直あまり得意な分野ではないが、十分に楽しめた。序盤の導入こそもたついた感があったけれど、途中から加速して一気にラストまでテンポよく進んでいく。

キーラ・ナイトレイはちょっと老けたけれど、歌声は可愛らしかった。

失恋してライブハウスでふさぎ込んでいる歌手と、落ちぶれたかつての凄腕プロデューサーが出会い、人脈を頼りにレコーディングを続け、一枚のアルバムを作り上げる、というと、なんかロッキーみたいな話である。

日本で同じような映画を撮ると、曲がダメだったり、役者の歌唱力に大きな問題があったり、挙句は歌っている場面で音が無くなったりしてなんだかなーという気分にさせられるのだが、その辺はさすがに米国映画である。

映画の中のアルバム同様、あまりお金がかかっている感じのしない映画だが、貧乏臭いこともなく、上手に節約している印象。

映画館から出てきて、iTunesでサントラを検索してみて世の中の世知辛さを感じた。映画どおりなら完璧だったのに。

評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 19:55Comments(0)TrackBack(0)映画2015││編集

2014年 映画ランキング 邦画編

1位 WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜 ☆☆☆
演出や脚本にも嫌味がなく、仕上げも気持ち良い。そして、何よりも出色なのが「におい」を感じられる映画だということ。

2位 紙の月 ☆☆★
役者の演技は良かったが、演出と脚本が足を引っ張った。

3位 寄生獣 ☆☆★
面白かったけど、後編があるならあると最初にわかりやすく提示して欲しい。

4位 私の男 ☆☆★
原作のミステリー感が失われてしまったのは残念。

5位 土竜の唄 ☆☆★
漫画調で始まって非常に不安になるのだが、そこから先はノンストップ。途中で息切れを起こすのがいつものことになっているクドカンの脚本も、本作ではラストまで一気に駆け抜けている。

6位 舞妓はレディ ☆☆
インド映画風のミュージカルで楽しめる。

7位 青天の霹靂 ☆☆
ありがちなタイムスリップもので特にこれといったひねりはないのだが、普通に良い話に仕上がっている。

8位 海月姫 ☆★
褒めるところはたくさんあるが、残念なところも多い。

9位 思い出のマーニー ☆★
伏線の回収にあたり、丁寧に説明を繰り返す脚本が子供向け。

10位 ほとりの朔子 ☆★
方向で言えば、「めがね」のような作品で、大きな展開がないままに淡々と進んでいく。長回しを多用した撮影手法、灰色の空に灰色の海といった日本らしい海岸の描写、BGMを極力使わない演出、これらの全てが、少しずつ僕の好みからはズレていた。

11位 サンブンノイチ ☆★
脚本に意外性がなくて退屈するが、数名の役者の熱演で眠くなることはない。

12位 ジョバンニの島 ☆★
内容自体は教養として役立つので、テレビ放映の時に観ておくか、レンタルでの鑑賞を推奨。

13位 るろうに剣心 伝説の最期編 ☆★
過去2作よりはマシだが、監督の力量不足が響いて単調なでき。

14位 るろうに剣心 京都大火編 ☆★
浅草の場面をなぜか熊本で撮影している珍品。脚本が悪いので眠くなる。

15位 ジャッジ! ☆★
ヒロインがストーリーを引っ張り切ることができないので、物語には深みがない。

16位 家路 ☆
同じことを訴えるにももうちょっと違った表現手法があったはずで、その点でイマイチ評価できない。原発や放射能だけでなく、ボケや親子についての描写もあったけれど、どれもこれも消化不良でフォーカスがぼけてしまっていたことも残念。

17位 日々ロック ☆
二階堂ふみはさすがだが、監督の力量不足が目立つ。

18位 超高速!参勤交代 ☆
役者は普通に頑張っていたと思うし、演出も普通だし、ストーリーに嫌味なところもなく、これといって悪いところは見当たらないのだが、とにかく笑えない。

19位 バンクーバーの朝日 ★
監督、脚本以前にプロデューサーの腕が疑問。

20位 柘榴坂の仇討ち ★
ほとんど見どころがなく、広末涼子の大根役者っぷりを眺めるのが関の山。

21位 まほろ駅前狂騒曲 ★
それなりに豪華な役者陣だが、ストーリーの底が浅くて残念。

22位 ルパン三世 ★
意外と突っ込みどころがないのが逆に残念。

23位 トワイライト ささらさや ★
演出と脚本がダメなのでつまらない。本来なら☆ゼロだが、新垣結衣の可愛さにおまけ。

24位 渇き。 ★
中島哲也監督は「告白」(2010年)ぐらいからちょっと明後日の方向に行ってしまった感があり、常に新しいものを提示し続けている作家性は高く評価したいけれど、この作品は嫌い。

25位 息を殺して 無星
正直、何が面白いのかさっぱりわからなかった。

26位 小さいおうち 無星
「どうせ観客は馬鹿だから、ちゃんとわかりやすく説明してやらなくちゃ」という配慮なのかも知れないが、「次はどこそこの村に行け」「その次は城に行って王様に話を聞け」と、一々事細かに次にやることを指示してくれるロールプレイングゲームのようで、こういう映画を、『つまらない映画』という。

27位 MONSTERZ モンスターズ 無星
冒頭から超能力を使うと効果音がなるベタベタな演出で「あぁ、この映画はダメだな」と開始3分で気がつく。

28位 劇場版 零〜ゼロ〜 無星
ホラーなのに全く怖くないし、驚くこともないダメな映画  
Posted by buu2 at 14:39Comments(0)TrackBack(0)映画2014││編集

2014年 映画ランキング 洋画編

1位 インターステラー ☆☆☆
映画ファンなら、ぜひとも映画館で観ておきたい作品。

2位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ☆☆★
大人から子供まで楽しめる。続編を作る気満々。

3位 ジャージー・ボーイズ ☆☆★
イーストウッドらしさは薄口だが、批判らしい批判が出てこない映画。

4位 ストックホルムでワルツを ☆☆★
実話の持つパワーが凄い。

5位 アバウト・タイム ☆☆★
せっかくの特殊能力を意外と小さな幸福のために利用するところが良い。

6位 ウォルト・ディズニーの約束 ☆☆★
びっくりするような仕掛けがあるわけでもなく、子どもでも楽しめるような作りになっているけれど、しみじみと良い映画だと思う。

7位 マダム・マロリーと魔法のスパイス ☆☆★
全然主役級の活躍をしないマロリーがタイトルになってしまうのが謎だが、映画としては面白い。

8位 ゴーン・ガール ☆☆★
後半、キチガイたちが大活躍する。

9位 フューリー ☆☆★
戦争の現実を生々しく表現。戦勝国でこういう映画が撮られたことは興味深い。

10位 RUSH ラッシュ/プライドと友情 ☆☆★
スポーツの世界でライバルたちと戦った経験がない人がどう感じるのかは分からないが、そういう世界にいたことがある人間の一人としては、最後まで飽きない内容になっていた。

11位 ジゴロ・イン・ニューヨーク ☆☆
軽い笑いに終始していて、観終わったあとの印象も良い。デートに最適。

12位 ベイマックス ☆☆
単純に楽しめるので、肩肘張らずに鑑賞すれば良い。

13位 ウルフ・オブ・ウォールストリート ☆☆
余計なうんちくを盛り込んだり、お説教のような教訓話にせず、お祭を描くことに徹しているのが良かった。

14位 アナと雪の女王 ☆☆
ストーリーはストレート、演出はダイレクト。PIXARが時々見せる(例えばモンスターズ・インクのラストシーン)奥ゆかしさが全くない。子供向けには良くできていると思う。

15位 アメリカン・ハッスル ☆☆
言葉、風俗、音楽、下敷きになっているアブスキャム事件など、米国人じゃないと理解が難しい要素がてんこ盛りなので、米国人が「三丁目の夕日」を楽しめないのと同じように、日本人がこの映画を心の底から楽しむのは難しいと思う。

16位 悪童日記 ☆☆
内容が文学的で、映画には馴染まない印象。本で読んだほうが楽しめそう。

17位 バルフィ! 人生に唄えば ☆☆
長いので途中で眠くなるが、ラストまで頑張ればスッキリする。

18位 グランド・ブダペスト・ホテル ☆☆
演出やコネタは楽しいが、ストーリーが散漫だったのが残念。

19位 her ☆☆
脚本と設定が面白いのだが、最後の仕上げが下手くそだった。

20位 X-MEN:フューチャー&パスト ☆☆
旧作との整合性がとれなくなってしまったが、それを気にしないのであれば楽しめる。

21位 記憶探偵と鍵のかかった少女 ☆★
設定は秀逸だが、ストーリーは陳腐。

22位 猿の惑星:新世紀(ライジング) ☆★
さらなる続編が前提なので、食べ足りない部分はある。

23位 GODZILLA ゴジラ ☆★
エメリッヒ版よりは面白かったけれど、すげぇ面白いかと言えば、そんなこともない。

24位 オール・ユー・ニード・イズ・キル ☆★
タイムスリップの定義がかなりいい加減でご都合主義なので、映画に入り込みにくいのだが、ラストシーンは良い。

25位 複製された男 ☆★
一度観ただけでは解釈が難しいのだが、二度観たら寝ちゃいそうな困った作品。

26位 はじまりは5つ星ホテルから ☆★
男性とか、専業主婦の女性が観てもあまりピンと来ないかも知れないが、仕事に生きている女性が観たら色々と共感するところがあるのではないかと思う。

27位 ぼくを探して ☆★
小品だとは思っていたが、予想以上に小品だった。

28位 ローン・サバイバー ☆★
戦争映画が好きなら楽しめそう。山岳地帯を舞台にした大量のタリバーンと4名の精鋭の戦闘シーンは迫力満点である。

29位 ラストミッション ☆★
眠くなるほどつまらないわけではないけれど、この映画に1,800円出すのはどうなの?という感じ。

30位 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー ☆★
カッコイイ主人公が大活躍、という内容なので、特に文句はないのだけれど、大味な展開に終始している。

31位 サボタージュ ☆
正義対悪の対決というよりも暴力対暴力という構図。最終的にわりを食うのが弱者ばかりで不快な気分になる。

32位 ブルージャスミン ☆
どうしてそこで終わっちゃうの?という終わり方で、ちょっとストレス。

33位 パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト ☆
バイオリンの演奏は凄い。録音も良い。コンサートだと思えば十分満足なのだが、残念だけど、これ、映画なのよね。

34位 マイティ・ソー/ダーク・ワールド ☆
前作よりも明らかにパワーダウン。

35位 トランセンデンス ☆
観るべきものはほとんどないダメ映画。

36位 プロミスト・ランド ☆
ごくごく当たり前の内容なので、映画館で観るほどのこともない。

37位 アメイジング・スパイダーマン2 ★
まるでミュージカルのように音楽がなりっぱなし。この音が個人的にはあまり好きになれなかったので、映画にも乗りきれなかった。

38位 キック・アス/ジャスティス・フォーエバー ★
結局、続編に着手するまでに2年間を要したという時点で、失敗は決まっていたのだと思う。

39位 リベンジ・マッチ ★
何やら、加齢臭がしてきそうな映画。

40位 マレフィセント ★
完全に子供向けなので、大人の鑑賞には堪えない。子供を連れて行く場合は眠気対策必須。

41位 ワールド・エンド ★
映画オタクだと楽しめるのかも知れないが、普通の映画ファンだと、映画の暴走っぷりについていけなくなる。

42位 ルーシー 無星
驚きに溢れた珍作。でも、ラズベリー賞ではノミネートさえされず。

43位 トランスフォーマー ロストエイジ 無星
当たり外れの差が大きいシリーズだが、間違いなく大ハズレ。

44位 ダイバージェント 無星
何か残るものがあるわけでもなく、爽快感もなく、では突っ込みどころ満載かといえばそんなこともない、普通にダメな映画。  
Posted by buu2 at 14:34Comments(0)TrackBack(0)映画2014││編集

2015年03月11日

シャンティ 池袋店(再訪)

3年前に一度食べているんだけど、再訪。

前回はオリジナルスープだったので、今回はサイゴンスープにした。辛さをどうしようかなと迷って超辛にしたら、お姉さんに「かなり辛いですよ」と脅されたのだが、どうも信じられない。前回、オリジナルの20ボーガで「まぁ辛いかな」という程度だったので、そのままオーダーを通した。







食べてみると、予想通りというか、予想以上に辛くない。これでは辛さよりも塩気が優っている。やはりサイゴンスープではテラ辛にすべきであった。でも、次はないかも知れない。

こちらは同行者がオーダーしたオリジナルスープ。




これで二人で3,000円以上だと、ちょっと高い印象。でも、辛くしないと美味しくないし、しかもかなり辛くしないと普通の辛さにならない。うーーーーーん。何しろ、この程度の辛さで「かなり辛い」と説明するのはどうなのかなぁ。評価は☆1つ半。多分、もう行かない。

店名 シャンティ 池袋店 (SHANTi)
TEL 03-3981-9991
住所 東京都豊島区西池袋5-1-6 第二矢島ビル 1F
営業時間 11:30〜24:00(L.O)
定休日 年末年始  

2015年03月10日

陶芸というあそび

陶芸をやったことがある人は意外と多い。でも、ちょっとやってみただけで、長続きしている人はあまりいないみたいだ。もったいない。

僕が焼き物を始めたきっかけは、焼き物を購入する際、その良し悪しの判断が難しいので、自分で作ってみようと思ったことだ。自分でやってみれば、陶芸家がどこで苦労して、どこで工夫しているのかがわかってくるはずだと思ったのである。自分でやってみて、軽いものが良いのか、とか、形は修正がきくが、釉薬はどうにもならないので、色は膨大な試行錯誤の成果なのか、とか、わかってきたことは色々ある。

僕たちが何の気なしに使っている技術の背後には、長い時間、色々な陶芸家たちが積み重ねてきた経験があって、おかげですぐに一定のレベルに到達することができる。これは科学と同じで、僕たちがその上に積み重ねることができるレイヤーは多分非常に薄いものではあるのだが、陶芸を通じて、膨大な経験知に触れる楽しさは非常に大きい。

そうやって知識を貯めつつ数ヶ月が経って、今、僕が焼き物を作る主眼は「プレゼント」になりつつある。

僕がこれまで生きてきて感じることは、「お金の尺度では人間色々不公平だが、時間に関しては全人類平等」ということだ。もちろん時間もお金で買うことはできるが(例えば僕の知人のお金持ちは、海外旅行の際、成田まで自宅の隣のビルからヘリコプターを利用する)、それでも、お金よりもずっと公平なのが、それぞれに与えられた時間である。だから、僕はお金で何かを買ってプレゼントするのではなく、自分の時間を使って焼き物を作ってプレゼントすることにした。

陶芸作品が僕にとって良いところは、日常的に使えるということはもちろんだが、それが壊れるという点だ。いつまでも残るものではない。人間関係と同じ。どこかで壊れてしまうと思えばそれはそれで気楽だし、ものが壊れてしまってもまだ人間関係が継続しているなら、また焼けば良いだけのことである。

ただ、ここで問題がひとつ。貰っても嬉しくないような、実生活で使えないようなつまらない焼き物ではありがた迷惑なだけである。だから、スキルアップは絶対に必要だ。そういう理由で、僕はわりと熱心に陶芸教室に通っている。もうすぐひと通りの玉作り、紐作り、板作りを修了し、今度は色々な土を使って焼き物を作ることになる。少しずつ、表現できることの幅が広がってきているので、自分のカラーも出していかなくてはならないのだが、まだそこまでのレベルにはない。幸いにして、教室の師匠たちはみんな素晴らしいスキルの持ち主なので、今は彼らの技術を模倣し、吸収しようとしている。今は手始めに、一番お世話になっている大平師匠の白化粧を教わっている。

貰った人が喜ぶようなものを、自分の時間を使って作る。これができる点が、僕が陶芸が面白いと感じる理由である。

「面白そう」と思ったら、やってみるのが一番。探してみるとわかるが、陶芸教室は都会なら結構あちこちでやっている。ちなみに僕が通っているのは池袋の陶芸.com。駅前のビルのオーナーが趣味でやっているような、ほとんど商売っ気を感じさせない教室で、講師たちもとても親切で教えるのも上手。どこでこんな良い人材を集めてくるんだろうと感心してしまう。

陶芸.com
http://www.nishiikebldg.com/site0002/

偉そうなことを書いているが、僕が教室に通い始めてからまだ3ヶ月である。昨日できてきた角皿はこんな感じだ。













でも、お世話になった人にプレゼントすれば、使ってもらえて、「これ、あいつが作ったんだよ」と話の種にしてもらえるぐらいには良くできていると思う。  
Posted by buu2 at 11:51Comments(0)TrackBack(0)陶芸││編集

Apple Watchを見て思ったこと

中途半端にアップル信者の元木です。

一番最初に自宅で使ったPCは、マックのLC575か何かでした。iPodは最初のモデルから、ほとんど全種類持っていたし、ボンダイマックは石神さんにプレゼントするまで我が家の主力でした。ただ、三菱総研を辞めてからは、職場のPCがウィンだったこともあって、徐々にウィンドウズ化が進み、今使っているアップル製品はiPad、touchの2つだけ。iPhoneも使っていません(ガラケーとiPadの利用なので、そもそもスマホを使っていない)。その程度のApple信者ですが、当然、アップルウォッチには注目していました。昨晩、発表がありましたが、当然寝ていたので、朝になっていくつかのレポートを流し読みしたのですが、一番参考になったのがこの記事。

Appleから18時間しかバッテリーが持たない腕時計が登場!
http://zapanet.info/blog/item/2920

機能はなかなか面白いのですが、バッテリーが18時間しかもたないとは。例えば、僕が愛用している腕時計は機械式の手巻きですが、42時間もちます。

この時計を買った当時、僕はムーン・フェイズの腕時計コレクターだったのですが、ピンズ収集仲間でアポロ大好きだった「きしなみん」さんが見せてくれたスピードマスターに一目惚れし、オメガからムーン・フェイズが出てないかな、と思って探したところ、ちょうど新発売されるところだった3575.20を見つけて購入してしまったわけです。2001年の夏ぐらいだったでしょうか。当時の価格で45万円ぐらいだったでしょうか。びっくりするほど高いわけではないですが、当時の僕としては、車の次に高い買い物でした。




この時計、今も愛用しているのですが、針は動いていません。僕と会ったことのある人は知っていますが、時計の針はずっと1:30を指したままです。なぜか。巻くのが面倒くさいからです(笑)。一日一度巻けば良いのですが、僕のように不規則な生活を続けている人間は、「毎朝巻く」とかのルーチン作業が非常に苦手なのです。この時計、月齢表示があるので、一度停止してしまうと時間合わせがとても面倒で、それが嫌でいつの間にか、完全な飾りになってしまいました。でも、この時計は、飾りとしても十分に使えるのです。時間を知りたければ、touchを見れば良いんですから。

問題は、Apple Watchが飾りとして役に立つのか、ということ。うーーーーん。どうなんですかね?僕は今までどおり、オメガをつけます。でも、新しいもの好きなので、ちょっとだけ、興味ありかな?そんなことを言っていて今までiPhoneを買っていない実績があるのですが。

ところで、僕のオメガが1:30で止まっていることには意味があります。昼に友達とランチをしていると、大抵の場合、彼らは僕の時計を見ます。そして、「もうそんな時間か!!」と驚きます。あるいは、夜に友達と飲んでいる時、やはり彼らは僕の時計を見ます。そして、「ヤバイっ!!終電がないっ」と叫びます。昼でも夜でも、友人をからかうことができるのが、この時間なのです。

#オメガを買って以来、時計のコレクションはすっぱり辞めてしまいましたが、あと一本何かを買うとしたら、グランドセイコーかな?でも、ムーン・フェイズはないものね。  
Posted by buu2 at 10:53Comments(0)TrackBack(0)apple││編集

2015年03月09日

今日の備中屋

朝霞台の備中屋はもう10年以上通っている店だが、最近、色々と残念な感じになってきている。この店の最初の曲がり角は、看板メニューの一つだったレバ刺しがだせなくなったこと。でも、これは外的要因なので仕方ない。今、ダメになってきているのは客層のせいだ。この近所にはホンダ、中央総合病院あたりが大勢の労働者を囲っている組織だが、メインのお客は病院関係者である。このうち、ヘビースモーカー達のたまり場になってしまった。おかげで、店に入った途端に喉の調子が悪くなる有り様である。こうなっては客を選ぶことは不可能なので、空調をしっかりするぐらいしか対応策がないと思うのだが、それをやらないために、環境の悪化が著しい。

ちなみに、たばこをあまり吸わない人種はおはなに通っていると想像される。

いっそのこと店舗内禁煙にするという手もあるのだが、そこまで踏み込む気もないらしい。必然的に、混んでいると近づかない店になってしまった。ところが、今日はおはなが臨時休業。仕方なしに備中屋に行ったのだが、やはり喉が不調になった。一層足が遠ざかりそうだ。

















  

オハヨーの究極焼プリン

食べたことのないオハヨーの製品があれば食べてみるのがお約束。




悪くないけど、わざわざ買って食べるほどのものでもないかな。カロリーの無駄摂りっぽいので、もう食べないと思う。評価は☆半分。  

2015年03月08日

にぎり長次郎

子連れでもない限り、回転寿司など良い大人が行くべきではないと思っているのだが、日曜の夜、出張帰りでご飯の支度がない、雨、車の運転が面倒、と様々な悪条件が重なったので、清水の舞台から飛び降りるつもりで、にぎり長次郎に行ってみた。






















この手の店の鉄則は「高いものは回避して、青魚中心で注文」というものだが、魔が差したというか、なんというか、いくつか高額商品も注文してしまった。不思議なことは2つで、まず、回転しているコンベアの上にはメニューが載っているだけで、寿司がまわっていないこと。コンベア上の寿司など最初から手にする気がないので構わないのだが、ひとつも回っていないのは不思議だ。もうひとつ不思議なのは、職人が握っているように見えるのだが、でてくる多くの寿司は、シャリの上にネタを載せただけに見えること。両者の一体感は全くといって良いほどに感じられない。これでは寿司ではなく、魚とご飯である。

とはいえ、スシローのように激マズということもなく、これならサミットの半額寿司よりはマシかな、と思えるレベルではあった。多分、二度と行かないだろうけど、死ぬほど後悔したわけでもない。いち川、一福鮨、ベルイル、おはな、備中屋といったところが全部休みだったら、行くかも知れない。

店名 活魚廻転寿司 にぎり長次郎 朝霞台店
TEL 048-450-1340
住所 埼玉県朝霞市東弁財1-2-11
営業時間 月〜金 11:30〜15:00 17:00〜翌0:00 土・日・祝 11:30〜翌0:00
定休日 無休  
Posted by buu2 at 23:00Comments(0)TrackBack(0)グルメー寿司││編集

2015年03月07日

ディープな大阪初体験

ガンダムコンクエストのお仲間ヒロさんが「ディープな大阪を紹介しましょう」と言って連れて行ってくれたのが飛田新地である。凄い、今の日本にこんな凄いところがあったなんてびっくりである。

残念ながら写真で詳細を紹介することはできないのだが、ここ数年では、津波の次に衝撃的な景色だった。

ということで、さわりだけ。

千と千尋っぽい建物。



あと、パチンコ屋のように見えて、その実スーパーという凄まじい建物。

  
Posted by buu2 at 22:00Comments(0)TrackBack(0)大阪││編集

やまもと本店

大阪の知人に不慣れな大阪を紹介してもらえることになったので、「粉物を食べたい」と言ったところ、連れて行ってもらったのがこの店。

十三は東京で言えば歌舞伎町のような繁華街で、その入り口に位置している。ちょうど二人分の席があいていて、待ち時間なしで座ることができた。

注文したのはすじねぎ焼きととん平。







どちらも絶妙な焼き加減で、生っぽさもなければ焼き過ぎ感もない。なるほど、名人芸だなぁと感心してしまった。ちょいちょいっと注文して、ビールを一杯飲んでごちそうさん、というお客さんが多く、回転も早い。一人の客も少なくないので、近所に泊まることがあれば、夕食はここで十分。  

新生軒

姫路城からの帰り道、「らーめん店の元祖」という馬鹿でかい看板を見つけてしまい、食べてみることにした。以下、評価。




名称:新生軒
種類:塩
場所:姫路
注文:中華そば
評価:0/CCC
2015.3.7.
コメント:スープは豚骨鶏ガラブレンドの清湯塩味。出汁がどうのこうのではなく、胡椒が効きすぎ。不味くはないけれど、ジャンクすぎる。でもまぁ、地元の人には愛されているようだ。

麺はやや細めの縮れ麺。コシという概念が全く感じられず、これは土地柄なのかも知れないが、観光でやってきた一見には勧められない。しかし、地元の人にとっては多少コシがなくても、価値があるのかも知れない。

チャーシューは肉の質が低く、不味い。が、これも地元民には嬉しいトッピングなのかも知れない。

美味いラーメンというより、地元の人たちに長年愛されている伝統の味という雰囲気。もう半世紀以上も暖簾を守り続けているようなので、ラヲタは必食だろう。でも、「美味しいものを食べたい」という観光客には全くおすすめできない。

店名 新生軒 (しんせいけん)
TEL 079-222-5439
住所 兵庫県姫路市南町59
営業時間 12:00〜23:00
定休日 木曜日  

グランドオープン直前の姫路城

子供の頃の僕にとって城といえば姫路城で、プラモデルで何度も作ったものだ。何度も、というのは、置いておくと自然に壊れてしまうからである。壊れたら作って、また壊れたら作る、という作業を続けていた。だから、机の上にはいつも姫路城があった。

ところが、僕は姫路城に行ったことがなかった。以前、仕事で姫路に来た時にも遠目に見ることはあったのだが、実際に姫路城までは行くことがなかった。なので、これが生涯初の姫路城である。

まず、イーグレ姫路という施設から姫路城を眺めてみた。




この施設、屋上から姫路城を見ましょう、という趣旨なんだと思うのだが、屋上へ到達するのが至難の業である。一度4階まであがって、どうしても屋上へ行くことができず、もう一度1階に戻って、専用のエレベーターを探しだして、ようやく辿り着いた。ちょっとおかしい。

さて、その後、いよいよ姫路城である。













さすがにグランドオープン直前の雨天だけあって、ガラガラだ。以下、写真でお楽しみ下さい。




















































  
Posted by buu2 at 17:00Comments(0)TrackBack(0)兵庫││編集

米らぁ麺 ぜん

姫路城が27日にグランドオープン、しかも雨降りということで、今後数年間で一番すいているはずの姫路城を観ておくことにした。せっかくなので、姫路でラーメンを食べることにして、まずは「米らぁ麺 ぜん」という店に行ってみた。以下、評価。




名称:ぜん
種類:ベトナム
場所:姫路
注文:チャーシュー入
評価:2/CAC
2015.3.7.
コメント:麺は米粉麺で、しかもベトナムのフォーとしてもやや細めなので、決定的にコシが足りない。フォーだと思って食べるならこれでも普通に美味しいと思うのだが、ラーメンとしてはイマイチ。

スープは鶏を中心にしたスープをベースにして、ニラやモヤシを炒めて野菜のダシを追加している様子。東南アジア系のスパイスを色々と投入して、なかなか良いバランスに行き着いている。

チャーシューは中華系で、ラーメンのトッピングとしてはイマイチだが、スープにはフィットしている。

ラーメンを名乗らなければ「美味しいベトナム系の麺類」で済むのだが、店がらぁ麺と名乗っている以上、ラーメンとして評価してみた。ちなみにこの店、夜は居酒屋のようで、らぁ麺よりもむしろ居酒屋メニューに興味が湧いた。

店名 ぜん
TEL 079-288-1039
住所 兵庫県姫路市元塩町96
営業時間 11:30〜14:00 18:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日 水曜日、第2火曜日  

2015年03月06日

マンジェ(もう何度目かの再訪)

マンジェの東京エックスを食べに大阪へ。ところが、今日も完売。どうにかならないのか、この店は。

仕方なしに、今回は黒豚のLを注文。したら、あとになって店主が「すいません、Mしか作れないのですが」と謝罪しに来た。この店の最大の弱点は、フロア係の質である。美人のお姉さんは気も利くし、てきぱきと動けるのだが、他の人達が足をぐいぐい引っ張っている。特に、新しく入ったと思われる男性が酷い。

さて、待つこと10分程度。鹿児島黒豚のカツが到着。







これを白トリュフソルトで食べた。やはりうまい。肉質はかなりしっかりしていて、きちんと処理していないと噛みきれないくらい。当然、この店の肉は念入りに下ごしらえされているのだが、それでも2枚ほど硬く感じた。味は十分に濃く、脂の旨味も満喫できる。

ここはご飯も美味しいし、漬物も上質で、自家製ドレッシングでいただくサラダも美味しい。山椒を一振りしたタピオカ入りの赤だしも美味しいのだが、ダメなフロア係が忘れたおかげで、ほとんど食べ終わるまで提供されず残念だった(結局、催促するまで出てこなかった)。

待ち時間が長いことと、フロア係の教育が全く行き届いていないことを除けば、非常に良い店である。まだ東京エックスを食べることができていないので、近々、再訪するだろう。

店名 マンジェ
TEL 072-996-0175
住所 大阪府八尾市陽光園2-3-22
営業時間 11:30〜14:00(L.O) 17:00〜21:00(L.O)
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)・第2・3火曜日