2019年08月31日

今日のお茶










お茶菓子はとらや。


  

Posted by buu2 at 09:00Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月30日

麺や 河野

成増から赤塚方面に歩いていたら、知らない店を見つけたので食べてみた。




名称:河野
種類:東京西部
場所:地下鉄赤塚
注文:醤油ちゃ〜しゅ〜めん
評価:6/ABB
2019.8.27.
コメント:麺は太めの太平縮れ麺。腰があり、スープの絡みも良い。

スープはおそらく鶏ベースで、魚の旨味が前面に出たタイプ。スープ表面の脂で塩味が抑えられる一方、酸味はそのまま残るので、非常に酸っぱいスープに仕上がっている。魚か、醤油か、出どころ不明の苦味も若干ある。極端でわかりやすい味を狙っているのかもしれないが、バランスが悪い。

チャーシューは、バラ肉は美味しいが、ロース?は肉質が低く、美味しいとは言えない。バラならA、ロースならCなので、中間をとってBにしておいた。




店名 麺や 河野
住所 東京都板橋区赤塚新町2-2-13
営業時間 [水〜日] 12:00〜15:00 18:00〜21:00 [月] 12:00〜15:00
定休日 火曜日  

2019年08月29日

アンティカ オステリア カルネヤ

神楽坂のアンティカ オステリア カルネヤで経産省の同窓会。

























赤ワインの選択であーでもない、こーでもないと相談しているので、「どうせ両方飲むんだから、順番を聞けば良いんですよ」と言ってあげた。店員さんは迷わず「こちらが先で」と即決してくれた。

お酒も料理も良かったけれど、肉ばかりなのでちょっと高くなってしまうのがどうか。不当に高いのではない。良い肉が高いのは当たり前。肉ばかりだと、必然的に高くなる。

店名 アンティカ オステリア カルネヤ (ANTICA OSTERIA CARNEYA)
電話 03-5228-3611
住所 東京都新宿区南山伏町3-6 市ヶ谷NHビル1F
営業時間 12:00〜14:00(L.O) 18:00〜21:30(L.O)
定休日 日曜日  

世界が恋した日本の美 江戸の華

IMG_1749


池袋東武の催事場で焼き物や絵画を売っていたので、行ってみた。

広重、北斎あたりの版画や、抱一、其一、光琳といった琳派や応挙の掛け軸がかけてあった。デパートの価格なのでびっくりするような値段だったけれど、本物を近距離で見ることができたのはとても良かった。

9月3日まで。  
Posted by buu2 at 14:00Comments(0)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎亭

陶芸教室で宮崎亭のハンバーグが美味しいと聞いて、休憩時間に食べてきた。

























人気店らしいのだが、ハンバーグはちょっと小細工がすぎる感じ。多分、大量の牛脂と肉を念入りにミンチしているのだろう。ナイフを入れると、味のない肉汁が大量に吹き出てくる。ハンバーグは箸で持っても切れてしまいそうな、豆腐並みの柔らかさ。そして、全く歯ごたえの感じられない本体。

顎がすっかり弱ってしまった人や、月曜から夜更かしによく登場する歯のないおじさんたちには良いかもしれないが、味も歯ごたえもないハンバーグは、僕は食べたくないな。これで400円とかなら納得もするけれど、オススメの180グラムで約1300円じゃぁねぇ。

池袋でハンバーグを食べようと思ったら、おとなしくウチョウテンに行くのが良いと思う。

店名 ハンバーグ・ステーキ宮崎亭
電話 03-6912-5257
住所 東京都豊島区西池袋1-4-3 藤巻ビル 1F
営業時間 11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:00〜21:30(L.O.20:45)
定休日 年末年始  

新作 エッグスタンドと一輪挿し

元木屋銀一朗の新作。なでしこのエッグスタンド2つと、仏壇用の、竹の一輪挿し。










もしかして、と思って一輪挿しに卵を乗せてみたら、



形状とサイズ的に、これが一番しっくりきた(^^;。  
Posted by buu2 at 10:30Comments(0)元木屋銀一朗││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月28日

熊本の馬刺し

IMG_1735


歌志内で食べる馬刺しも美味しいけれど、熊本の馬刺しもとても美味しい。  
Posted by buu2 at 20:30Comments(0)グルメ総合││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

三ツ星野菜のだだちゃ豆







だだちゃ豆って、美味しいのはすごく美味しいという記憶があるんだけれど、これはまぁまぁ美味しいというレベルだった。やっぱり、なんか痩せてるんだよね。枝豆って、ブランドより、豆にはりがあるかどうかが大きい気もする。  
Posted by buu2 at 19:00Comments(0)グルメ総合││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

壊れてしまった餃子像の予後

2008年に壊れてしまった餃子像だが、

餃子の像が・・・・
http://buu.blog.jp/archives/50742494.html



その後、どうなったのかを確認しに行ってみた。どこにあるのかな、と思ったら、西口のデッキの上だった。






壊れたのはここ。



近くに寄ってみると、こんな感じ。




  
Posted by buu2 at 16:28Comments(0)栃木││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のドー・ドーナツ

宇都宮には天然氷のかき氷店がほとんどないので、この店に来るのはこれが3回目。というか、宇都宮ではこの店でしか食べたことがない。

IMG_1709


今日は、前回売り切れだったマンゴーがあった。ところが、である。初めてきた時はマンゴーのシロップも、練乳もたっぷりだったのに、今回はその量が激減していた。作る人によって違うのかもしれない。今日のサービス内容だと、もう来ないレベル。やっぱり、適量っていうのはあると思う。  
Posted by buu2 at 14:30Comments(0)かき氷││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

とんかつ ひやま 再訪

前回食べた時は高いポテンシャルを感じたので、もう一度、じっくり味わいに行ってきた。今回はロースとヒレを注文。





































衣は細かめで硬め。肉との一体感は希薄。この店では、衣は肉の旨みを閉じ込めるツールなのだろう。衣のさくさく感を楽しむのではなく、肉から出てきた肉汁で衣を味わう感じである。特にヒレだと衣が肉汁でびしょびしょになるほどだ。ちょっと珍しい業態ではあるものの、こういう提案もあって良いと思う。

肉質はロース、ヒレともに一級品。ヒレはロースに比較して倍ぐらいの時間がかかるので、低温でじっくりあげているのだと思う。店のウリは圧倒的にロースのようだが、一週間寝かせてあって、「塩もレモンも使わずに食べてくれ」と指示があるほどのこだわりのヒレの方が個人的には好み。ヒレを揚げるときの温度管理は見事である。

ご飯はちょっと硬めだったのだが、これは13時過ぎという時間の問題かもしれない。味噌汁は美味しい。キャベツも美味しい。

北関東でもこのレベルのとんかつを食べることができるのは嬉しい限り。次にとんかつガイド本を書くことがあれば、「その他の高級とんかつ店」に掲載する。

#カテゴリーには、他に「特撰」と「老舗」がある。
  

2019年08月27日

まるしま

行きたかったラーメン屋がお休みで、せっかくここまで来たのだから、と、別の店に行ってみた。

IMG_1691


名称:まるしま
種類:佐野
場所:東武和泉
注文:チャーシューメン
評価:2/CBB
2019.8.27.
コメント:麺は手打ちの太平麺で、佐野ラーメン・タイプ。細麺、太麺のバランス以前に、茹ですぎで柔らかすぎる。

スープは鶏、豚、野菜などで出汁を取ったと思われる醤油味。スープだけで飲めばなかなか美味しい。ただ、麺がかなりいけてないので、スープの良さがもったいない。

チャーシューもそこそこ美味しい。トッピングしても後悔はしないレベル。

食べたままをレポートすればこういう評価になってしまうが、地元の人に愛されて長いこと食事を提供してきた店なんだと思う。よそものがあーだこーだいうのは適切ではない。今のままでやっていって欲しい。

店名 まるしま
電話 0284-41-1712
住所 栃木県足利市山川町74-1
営業時間 11:00〜18:30
定休日 日曜  

2019年08月26日

縁煌-enishira-でとても面白そうな展示があるので

IMG_0327


よし、金沢突撃だ、と思ってバスを調べたら、
IMG_0328


だって。

土曜日初日じゃなくて、水曜日初日にして欲しいな。

ということで、金沢行きは断念。どんな作品が展示されるのか興味深いので、誰か報告してくれると良いな。  
Posted by buu2 at 15:00Comments(0)陶磁器││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

買取王子にCD約50枚を買い取ってもらった結果

IMG_0325


面倒くさいから、これで買い取ってもらってしまった。一枚一枚の査定価格がわからないのが残念。  
Posted by buu2 at 13:30Comments(0) ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のシマダヤ 生冷やし中華

IMG_0324
  
Posted by buu2 at 09:00Comments(0)料理││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月25日

大豆食べ比べ 長野産 えだまめ

IMG_1682


IMG_1689


やひこ茶豆がまずくて失望したのだけれど、それより格段に安いえだまめ。

これが、なかなか美味しくて驚いた。普通の名前で、普通の価格で、ちゃんと美味しい。ただ、豆自体の味は薄味。美味しいけど、最上級ではない。もっと美味しい豆があるはず。  
Posted by buu2 at 20:30Comments(0)グルメ総合││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

大豆食べ比べ やひこ茶豆

このところ、枝豆カテゴリーの商品が多すぎてわけわからないので、食べ比べてみることにした。今日はJA越後中央のやひこ茶豆。

IMG_1681


これは・・・・・豆が痩せていて全然美味しくない。豆の味とか以前の問題。二度と買わない。  
Posted by buu2 at 19:30Comments(0)グルメ総合││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお茶

IMG_0322
  
Posted by buu2 at 09:00Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月24日

今日の夕食

このところ外食が続いていたので、今日は家で豚の生姜焼き。

IMG_1679


生姜焼きは、薄い肉ではなく、ソテーやとんかつ用の厚い肉でも美味しい。  
Posted by buu2 at 19:30Comments(0)料理││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の小野屋













ニラレバ定食は安定のうまさ。

上ヒレカツ定食は、とんかつ評論家的にはオススメしない(^^;。  
Posted by buu2 at 13:04Comments(0)グルメー定食屋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月23日

今日のドー・ドーナツ

この間食べたマンゴーのかき氷があまりにもうまかったので、もう一度来てみた。

ら、マンゴーが売り切れ。ショック。仕方ないので生ももミルクと有機くろみつを注文してみた。







美味しいけれど、マンゴーには及ばない。やっぱり、客もわかってるんだろうね。

  
Posted by buu2 at 15:31Comments(0)かき氷││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

大地と太陽の魔法 甲州天空かぼちゃプリン

IMG_1674


すごい名前だけど、食べたら普通のかぼちゃプリン。ネーミングの勝利という感じ。もちろん二度目はない。  
Posted by buu2 at 13:30Comments(0) ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月22日

今日のアモレ

久しぶりに、アモレ。
















梅しそロールカツ、美味しかった。  
Posted by buu2 at 22:00Comments(0)グルメ−洋食一般││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメンととんかつの評論家が宇都宮の餃子専門店7軒を食べ歩いた結果

今回食べ歩いてみて、意外とばらつきがあるのが価格である。一人前6個で210円の店もあれば、400円を超える店もある。良い材料を使えば味が良くなるのが道理で、価格を無視して比較するのはフェアとはいえない。そこで、各店舗の評価点を(価格/1000)で割って算出した数値をコスト修正評価とした。

また、価格と密接に関係するのが立地である。さすがに地代までは考慮できないが、宇都宮駅からのアプローチについては考えておく必要がある。

そこで、今回は味(あん、皮、スープや調味料)による点数評価、価格で修正した評価、立地について明記することにした。なお、「あん」および「皮」は味、食感、食べやすさ、調理の丁寧さなどで評価し、「その他」は醤油、酢、ラー油などの調味料や、メニューの豊富さなどで評価した。

以下、この五日間で食べ歩いて検証した餃子専門店の評価である。価格なんか関係ない、美味しいのが食べたいんだ、という人は「評価」を、やっぱりコスパも大事だよね、という人は「コスト修正評価」を参考にしてもらえば良い。また、途中下車でちょっと立ち寄ってみる人は、宇都宮駅からの所要時間を参考にして欲しい。


ぎょうざ専門店 正嗣 鶴田店
焼餃子210円、水餃子210円
評価:0/あんC、皮C、その他C
コスト修正評価:0
宇都宮駅からの所要時間:タクシーで17分

天馬
焼餃子400円、茹で餃子400円
評価:6/あんB、皮A、その他B
コスト修正評価:15
宇都宮駅からの所要時間:タクシーで19分

香蘭
焼餃子250円、水餃子250円、揚げ餃子250円
評価:8/あんA、皮A、その他C
コスト修正評価:32
宇都宮駅からの所要時間:タクシーで10分

和の中
焼餃子320円、スープ餃子530円、茹で餃子320円
評価:10/あんA、皮A、その他A
コスト修正評価:31.25
宇都宮駅からの所要時間:タクシーで20分

幸楽
焼餃子250円、水餃子270円
評価:1/あんC、皮B、その他C
コスト修正評価:4
宇都宮駅からの所要時間:タクシーで20分

餃天堂
焼餃子432円、水餃子432円
評価:0/あんC、皮C、その他C
コスト修正評価:0
宇都宮駅からの所要時間:徒歩1分

みんみん
焼餃子230円、水餃子230円、揚げ餃子230円
評価:4/あんB、皮B、その他B
コスト修正評価:17.39
宇都宮駅からの所要時間:徒歩1分  
Posted by buu2 at 16:13Comments(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月21日

宇都宮みんみん ホテル アール・メッツ店

宇都宮で餃子といえばみんみん。ということでこの店でも食べないわけにはいかない。駅から直結のホテルの三階に店があったので、行ってみた。










注文したのは焼餃子と水餃子。






皮は柔らかめだが、破れるほどではない。でも、もう少し厚い方が良いと思う。

あんは野菜が多めで、味が薄い。ただ、のり状ではなく、歯ごたえは楽しめる。

水餃子は自分で味を整える必要があるのだが、レンゲが用意されていないので、一か八かの勝負になる。なぜレンゲを用意していないのかは不明。

焼き餃子はまぁまぁ、水餃子はイマイチ。230円ならこんなものかもしれない。
  
Posted by buu2 at 16:00Comments(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

餃天堂

宇都宮餃子ツアー6軒目は駅前にある餃天堂。




店の外まで行列していて、20分ほど待った。







注文したのは焼餃子と水餃子。







あんはかなりしっかりとみじん切りにされたペースト状で、歯ごたえは楽しめない。また、肉の量が少ないのか、味も薄い。

あんが少なめで、皮に厚みがあるので、あんに比較して皮の存在感が強すぎる印象。

水餃子はスープに酢、醤油、ラー油で自分の好みの味付けをする、正嗣と同じスタイルだが、素のままではほとんど味が感じられず、調理を放棄しているように感じられる。少なくとも、「どうブレンドしても美味しい」というスープではない。

テーブルの上に用意されているのが保存料入りのおろしニンニクというのもいただけない。

店のキャパが少ないので大行列だが、並ぶほどの価値は感じられない。食べログでは宇都宮で一番らしいが、今回の集中食べ歩きで食べた中では一番美味しくなかった。

店名 餃天堂 (ギョウテンドウ)
電話 028-614-3805
住所 栃木県宇都宮市駅前通り3-3-2
営業時間 [月〜土]10:00〜24:00 [日]10:00〜23:00
定休日 無休  
Posted by buu2 at 15:30Comments(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸楽

餃子ツアー2軒目は幸楽。中間閉店間際に行っても数組順番待ちの人気店。




注文は焼餃子と水餃子。






焼餃子はそこそこジューシーだけど、その汁の味は薄い。おそらく肉の量が少ないのだろう。油多めで焼いているようで、揚げたような食感。これは面白い。でも、皮は薄めで、焼いた部分以外はふにゃふにゃで存在感がない。

水餃子も味は薄め。ワカメと胡椒の風味が強いスープだが、スープと餃子のハーモニーを味わう感じは希薄。

薄味なので、醤油で食べたら醤油の味、酢で食べたら酢の味になる。

じゃんじゃん食べる店で、餃子の味をじっくり味わう感じではない。金欠の学生や食べ盛りの子連れには良いかもしれない。

店名 幸楽
電話 028-652-6565
住所 栃木県宇都宮市宝木町2-864-4
営業時間 11:30〜13:45 16:30〜19:45
定休日 日曜日、月曜日  
Posted by buu2 at 14:30Comments(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

和の中

宇都宮餃子ツアー第二弾。まずは和の中へ。




ゆで餃子、焼餃子、スープ餃子を全部試してみた。









あんは、味が良いのはもちろん、歯ごたえまできちんと意識している。皮も適度な厚さであんとのマリアージュ(笑)を楽しめる。

一番感心したのはスープ餃子で、餃子の内部で、あんとスープによって生成される餃子内の汁が非常に美味しい。

焼き餃子、水餃子、スープ餃子の全てがハイレベルで、「餃子だからこんなものかな」と考えていたのをひっくり返されてしまった。この店の餃子は食べる価値がある。

店名 和の中 (わのなか)
電話 028-624-7886
住所 栃木県宇都宮市駒生町1296-33
営業時間 11:30〜14:30(LO14:00) 17:30〜22:00(LO21:00)
定休日 月曜日(祝日営業・翌日振休)  
Posted by buu2 at 13:38Comments(0)栃木││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

宗家 源 吉兆庵の陸乃宝珠

宗家 源 吉兆庵の陸乃宝珠を食べてみた。

IMG_1611


IMG_1612


うーーーーーーーーん。種が入っている時点で僕はもう食べないかな。  
Posted by buu2 at 09:00Comments(0)グルメ−スィーツ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月20日

今日の虹

IMG_1609


大きくなるかな、と思ってあぜ道に車を停めて待っていたけど、このままだった。残念。  
Posted by buu2 at 16:30Comments(0)││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

冷やし中華を食べ比べた結果

IMG_1606


一番美味しいと思ったのはシマダヤの冷やし中華。正直、マルちゃんは全然ダメだし、佐野ラーメンで有名な田村屋もダメだった。今のところ、シマダヤ一択。

で、amazonのページを紹介しようと思ったら、品切れで入荷の見込みなしだって。残念でした。  
Posted by buu2 at 09:00Comments(0)料理││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月19日

吉田博 「フワテプールシクリ」 1931年 自摺

DSC_6980
  
Posted by buu2 at 15:38Comments(0)吉田博││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

白い巨塔 唐沢版(ネタバレ)

唐沢寿明主演の「白い巨塔」全21話を一気見してみた。

超絶古いし、当時の視聴率が30%越えのドラマなので、ネタバレ感想。

最初のうちは江口洋介演じる里見に「お前、何言っているんだよ」と思ったのだが、途中から財前五郎が道を外しすぎて、あらあら、という展開に。

ドラマ全体で見ると前半の教授選をめぐるあれこれと、後半の裁判と、完全に別のドラマになってしまっていて、その辺の構成がどうなのかな、と思った。演出も大げさで、ちょっと演劇を観ているような感じになった。メリハリがあって面白いのだが、映像作品ならではの細かい演技を楽しめても良かったのではないだろうか。

あと、ラスト。財前の唐突な死は、作者の都合で殺してしまった感が強い。もう続きは書きたくないから、殺してしまえ、みたいな。生きて、裁判のあとを描いた方が、物語に深みができたと思う。

「今なら、こんなパワハラ、iPhoneで録音しておいたら一発終了だよね」という場面が連発で、今は昔より少しだけ良い時代になったな、と思った。

トータルで10時間以上のドラマだったが、役者たちも充実していて、予想以上に楽しめた。最近はこういうドラマがなかなかない。  
Posted by buu2 at 15:32Comments(0)テレビ番組││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月18日

今日の田村家

足利の家系、田村家のとんこつ醤油ラーメンがなかなか良かったので、味噌も食べてみた。




麺は普通の家系タイプとは変えていて、ちゃんと札幌ゴム麺を使っている。コシ、スープの絡みともに良好である。

問題はスープ。ちょっと食べた限りではまぁまぁだが、プロ的な視点からは色々と改善してもらいたいところがある。何と言っても、味が足りない。味噌ラーメンに良くあるのはベースのスープが淡白で味噌の濃い味を支えきれないことだが、この店は逆に味が足りない。野菜を炒めてスープにするときに、良質なきざみ玉ねぎときざみにんにくを追加するだけですぐに素晴らしいスープになりそうだ。また、若干の苦味も感じる。これは野菜を炒める時の温度が高すぎて、ラードが焦げているのだと思う。ここは調理人の腕である。バイトに任せず、専門のスタッフが中華鍋を振れば改善できると思う。

問題はいくつかあるのだが、改善はそれほど難しくない。ぜひ、良質な北海道ラーメンを提供できるようになって欲しい。

ついでなので、昔風醤油ラーメンと餃子も食べてみた。



昔風は、ちょっとダシが薄い。このレベルだと、もう一度食べることはない。また、業務用のおろし生姜で味付けしているのが残念。保存料入りの業務用のおろしにんにくやおろし生姜を最初から加えてしまうのは、プロとしてどうなのか。

餃子はまぁまぁ美味しかった。  
Posted by buu2 at 19:30Comments(0)グルメ−ラーメン││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月17日

ドー・ドーナツ

餃子を3軒まわってすっかり満腹になったので、最後にかき氷を食べることにした。










注文したのは生マンゴーミルク ミルクプリン入り。



こ、これはうまい。やばい。朝から餃子しか食べていなかったことを差し引いても、これはうまい。餃子ツアーの締めはここだな。

店名 ドー・ドーナツ
電話 028-637-2522
住所 栃木県宇都宮市西2-2-22
営業時間 10:00〜18:00
定休日 月曜日・第一火曜日(※月曜日が祝日の場合は翌日)  
Posted by buu2 at 16:00Comments(0)かき氷││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

香蘭

餃子ツアー3軒目は宇都宮餃子発祥の店ともいわれる香蘭にしてみた。



こちらは店内に10人ほど行列。でも、椅子が用意されていて辛くはない。

焼餃子と水餃子を注文。









この店は今日まわった3店舗で一番ジューシー。皮の厚さは厚すぎず薄すぎず、あんも多すぎず少なすぎず、僕が考える最も標準的な餃子だった。

なかなか美味しいと思ったのだが、じゃぁ、何が特徴なの?と問われると、応えに困る。宇都宮まで食べにくるだけの特徴が見当たらないのだ。宇都宮に住んでいたり、今回の僕たちのように胃に余裕がある限り色々食べてみよう、と思ったりするなら、有力な候補だと思うのだが、一軒だけすごく美味しい餃子を食べてみよう、という人には、どうなのかな。

店名 香蘭 (コウラン)
電話 028-622-4024
住所 栃木県宇都宮市本町1-24
営業時間 11:30〜20:00(L.O.20:00)
定休日 火曜日  
Posted by buu2 at 15:00Comments(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

天馬

宇都宮餃子ツアー二軒目は天馬。栃木育ちの知人の中でこの店を知っていたのは一人だけだった。そういうマニアックなところが気に入ったので、二軒目に選んでみた。




中華料理屋さんで、餃子のラインナップも非常に個性的である。



干しエビ、とうもろこしぐらいまでは理解できるとして、レモン?いちご????

非常に興味深いのだが、今日はまず定番を食べておきたいと思ったので、ニンニクと干しエビの焼餃子にしてみた。




皮がものすごくしっかりしていて、もっちりと歯ごたえがある。自分の家で餃子パーティをして、皮から手作りするとこういう皮になるよね、という皮。個人的にはこういうタイプが好み。数はたくさん食べることができなくなるけれど、皮も含めて餃子だと思う。

皮だけでなく、あんもしっかりしていて、ニンニク餃子はニンニクの風味を、干しエビ餃子は干しエビの風味をきちんと楽しめる。ニンニクの方が美味しいけれど、ニンニクはちょっと苦味が気になった。

ほぼ満席だったけれど行列するほどでもなく、これならまた食べにきたい。こういう、地元の人もあまり知らないような名店を食べに行けると嬉しい。

店名 天馬
電話 028-659-1578
住所 栃木県宇都宮市宮本町9-7
営業時間 11:00〜14:00 17:00〜20:00
定休日 月曜日(月曜が祝日の場合は翌日の火曜日) 第一、三火曜日  
Posted by buu2 at 13:30Comments(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぎょうざ専門店 正嗣 鶴田店

IMFの友人がDCから日本へ遊びにきたので、宇都宮で待ち合わせて餃子ツアーに行ってみた。餃子屋さんがたくさんあって困ったのだけれど、周辺に住んでいる友人たちに聞いてまわって、5軒ほどの候補をリストアップした。この中から行きやすい店を、胃に余裕がある限りまわってみるという算段である。

最初に行ってみたのは、知人、友人たちが「まずは」と挙げてくれた「正嗣」である。駅のそばの店に行ってみたら「ここは冷凍の販売だけ」と言われてしまい、どこなら食べることができるのか聞いてみたら鶴田店へ行け、とのこと。ということで、鶴田店へ移動。




この店は焼餃子と水餃子だけの店。店の外に10人ほど行列していて、店内にも10人ほど行列していたけれど、ご飯もビールも提供していないので回転は早い。










まずは焼餃子。

皮は全体に薄め。焼いてる面はかなり硬めにパリッと焼き上がっていて、それ以外はかなり柔らかい。




続いて水餃子。スープにほとんど味がないので、どうやって食べたら良いのか聞いてみたら、スープに酢をたくさんいれて、醤油とラー油を少量加えると良いらしい。







やはり、味が薄い。もちろん酢と醤油を大量に投入すれば味は濃くなるだろうが、それでは酢を飲んでいるようなものだ。

まぁ、210円だから、こんなものだろうか。でも、この味に行列するのは嫌だなぁ。

店名 餃子専門店 正嗣 鶴田店 (マサシ)
電話 028-636-7888
住所 栃木県宇都宮市滝の原1-3-39
営業時間 11:30〜19:00(なくなり次第終了)
定休日 水曜(月に2回火・水曜日連休あり、その他休みあり)  
Posted by buu2 at 13:00Comments(0)グルメー中華││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月16日

ココ ファーム カフェ (COCO FARM CAFE)

ココファームにあるカフェでローストビーフとハンバーグを食べてみた。







味は悪くないけれど、ローストビーフ2000円、ハンバーグ3000円はかなり高く感じる。コストパーフォーマンスは悪い。ただ、経営方針が素晴らしいとなれば、目をつぶらなくてはいけない部分もあるだろう。

ただ、この店、味よりもいただけないところがある。

まず、案内されたテーブルがグラグラ。店に入って右側、手前から二番目の席だったが、コップの中の水がこぼれそうで不安になる。もちろん、席を換えてもらったのだが次に来たお客さんも不満そうだった。そりゃそうだ。

それから、料理を出すタイミングがひどい。ローストビーフ、ハンバーグ、パンを全て一緒に持ってきてほしいとわざわざお願いしたにもかかわらず、ハンバーグとパンを持ってきてくれたのはローストビーフが提供されてから20分もあとだった。そのことについて不満を述べると、「ハンバーグは時間がかかると言いませんでしたか?」と反論する始末。聞いてないし、聞いていたとしても遅すぎる。それならローストビーフを持ってくる時間を遅らせるべきだ。この店は、「できた順番に出せば良い」と思っているのだろう。しかし、食事はみんなが一緒に食べるもので、一人が先に食べ終えて、それから別の人の皿が持ってこられるのでは、会食の体をなさない。

ココファーム自体の経営方針は素晴らしいと思うのだが、こんな経営をやっていたら、会社の評判を汚すだけなので、カフェは閉めた方がいい。もちろん、僕は二度と、このカフェを利用しない。知人にもまったく勧めることはできない。




















  

今日のお茶

IMG_0305


福島屋で買ったしそもち(梅あん)で。  
Posted by buu2 at 08:30Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月15日

高柳むつみさんの「空器(白盛)」

今年の現代作家茶碗特集で買った茶碗はこれ。








  
Posted by buu2 at 19:31Comments(0)高柳むつみ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

福島屋

和菓子屋さんの福島屋でかき氷を食べることができると聞いて、食べに行ってみた。










メロンとミルクキャラメルを食べてみた。

価格を考えれば満足の品。

店名 福島屋
電話 0284-41-5559
住所 栃木県足利市菅田町109-3
営業時間 8:00〜18:00
定休日 不定休
  
Posted by buu2 at 15:00Comments(0)かき氷││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

現代作家茶碗特集 日本橋三越

お盆の定番イベント、三越の現代作家茶碗特集を見てきた。この時期の日本は暑くて嫌いなので、この3年ぐらい、いつも米国にいたせいで、数年ぶりである。

前回見に行った時は「どうして茶碗だけ、他の作品(酒器とか、花器とか)と違って高価なんだろう?」と疑問に思っていたのだけれど、最近はなんとなく「こういうことかな」と思うようになったことがある。それは、茶碗は、その作家の技術のその時点での集大成だったり、これからやっていきたいと思っている方向性の表現だったりするということだ。

自分でも器を作っていると、酒器だったり、皿だったり、ご飯茶碗だったり、いろいろなものを作る。酒器は大抵の場合粘土の残りを使うし、皿を作るのは大抵板作りという技法で、その中では複雑な部類の四方皿であっても、機械的にできてしまう(機械的なだけで、手間はかかる)。

IMG_1513


IMG_1514


ところが、これが茶碗になると、最初の造形から意図が含まれるし、高台を作ったり、厚さや重さを考えたり、釉薬を決めたり、色々な作意が含まれてくる(板作りでも土選びや釉薬選びはするけれど)。絵付けをするなら、なおさらである。そういった様々な意図を投入できるのが、茶碗作りである。

秀吉や利休の影響はもちろん大きいだろうが、3〜400年の間に、作り手と使い手の間で、「茶碗は別格」という雰囲気を作ってきていて、現代作家にもそれがいつの間にか引き継がれているような気がする。

自分で作っていても、それを感じるのだ。
#もちろん、そう感じてなくて、なんとなく高い価格を付けている作家さんもいるはず。

そういうわけで、茶碗の展示を見るのは、酒器の展示を見るのとは違った楽しみがある。

さて、今年の茶碗特集だが、参加している作家さんは数年前から半分以上が変わっている気がする。それぞれに卒業の理由はあるのだろうが、一部に以前期待していたのに今は作家活動がほとんど見当たらない作家さんもいて、ちょっと寂しく感じるところもある。しかし、同時に新しい才能がいくつも現れてきていて、楽しみも多かった。

出品作品は、今のところこちらで見ることができる。

デジタルカタログ
https://my.ebook5.net/mitsukoshi/artchawan190807/

以下、ざーーーっと簡単な感想。

阿波夏紀
相変わらず見事。技術とデザインが高いレベルで融合している。2つ売約済み。AかBが残っていたら欲しかった。お金なかったけど。

池田省吾
粉引の龍が織部で見たかった。3点とも売約済み。

井上雅子
今は動物をデフォルメした絵になっている。漫画チックになっていて、作者の定番にはまだなっていない印象。通過点といった感じで、様子見。龍、蛙ともに店頭で見つからなかったので、完売。

井上真利
はじめて見る。好きな方向だが、田畑奈央人さん、大石さくらさんなどとの差別化が課題になりそう。

小林佐和子
陶芸ファンの中ではイマイチ地味な存在の、「練り込み」を主戦力にしている作家。しかし、実際にやってみるとその難しさはすぐにわかる。技術的にはめちゃくちゃ高度なものを持っているし、その価値をわかっている人も少なくない様子。個人的には古典的な絵柄が好きなので、今回の恐竜はパス。

佐藤美佳
小林さんと同じく練り込みの作家。今後が楽しみだが、今回はスルー。理由は、自分が彼女について勉強不足だから。

高橋奈己
洗練された白磁を作る作家さん。造形的に上手だなと感じるのだが、磁器についてはちょっと勉強不足というか、この器を見て、「あ、高橋さんだな」と感じる自信がまだないので、スルー。

高柳むつみ
カタログ掲載の黒釉が展示されておらず、かわりに平茶碗が展示されていた。黒釉を見たかった。彼女のこれまでの作風と個性が一番表現されていると感じた作品を購入。

林美佳里
若手の赤絵では一番安定している作家さん。かなりの作品を持っているので、買うとすれば梅紋の一風変わった赤絵作品だったが、今回は資金不足で見合わせた。お金があれば、買っていたと思う。

森岡希世子
綺麗な磁器をつくる作家さん。ただ、個性を感じるのが難しい。もちろん個性はあるのだろうが、高橋さんと同じで、そこにポンとおかれていて、それが森岡さんの作品と感じる自信がない。

吉田純鼓
技術研修所卒、能美市在住とのことなので武山さんの筋だろう。河端理恵子さんと架谷庸子さんの流れが感じられる。「鉱石的赤絵小紋茶碗」が面白かった。初見なので今回は様子見。  
Posted by buu2 at 11:36Comments(0)陶磁器││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

極上生信玄餅

スキーで山梨方面に行くと、良く食べていたのが信玄餅である。八重洲の山梨のアンテナショップでその信玄餅を見かけたのだが、見た目が、僕の知っている信玄餅と違う。「あれ?信玄餅といえば桔梗屋じゃなかったっけ?」と思って調べてみたら、なんと、信玄餅はこちら、金精軒が商標を持っていて、桔梗屋は桔梗信玄餅の名称になっていた。さらに調べてみると、販売開始は桔梗信玄餅が1970年、金精軒の信玄餅が1972年らしい。金精軒の「信玄最中」が先に商標登録されていて、桔梗屋の信玄餅はその商標にひっかかったそうだ。そして、金精軒はあとから信玄餅を商標登録したとのこと。

うーーーーーーん。消費者としてはどうもすっきりしない。

とはいえ、まずは食べてみないと、と思って極上生信玄餅を買ってみた。










美味しいけど、黒蜜の量が少ない。もうちょっと増量してくれたらいいのに。桔梗信玄餅との違いは、硬さかな。こちらの方がやわらかい。  
Posted by buu2 at 10:00Comments(0)グルメ−スィーツ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月14日

マルゼンカフェ日本橋店

マルゼンカフェでビーフプレミアム早矢仕ライスと、ポーク早矢仕ライスを食べてみた。

プレミアム









ポーク




ポークの方が甘みが強く、ビーフは脂で濃厚な感じ。次回があれば、ポークかな。  
Posted by buu2 at 19:30Comments(0)グルメ−洋食一般││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

トイ・ストーリー4

トイ・ストーリー・シリーズの進歩はそのままピクサー、すなわち米国アニメの進歩であって、トイ・ストーリー3によって、日本がジブリをもってしても米国にはかなわないという現実を突きつけられた。

その、象徴的な映画とも言えるのがこのシリーズである。最新作ではどんな映像を観せてくれるのかと楽しみにしていたのだが、観てみてちょっと拍子抜けした。

これといって新しい試みは見当たらず、これなら多分5年前でも作れたんじゃないかな、という内容だった。そして、ストーリーも今一歩。詳細は書かないけれど、子供とおもちゃの関係というテーマがだいぶ薄くなって、おかげで単に楽しい映画になってしまった。

これは、僕が観たかったトイ・ストーリー4ではなかったな。

評価は☆1つ半。  
Posted by buu2 at 12:00Comments(0)映画2019││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月13日

天気の子

『君の名は。』の新海誠監督の最新作ということで、観てきた。

なるほど、舞台がもっと馴染みのある東京になったので、「あぁ、ここね」と思い当たることが多々ある。こういうやり方は上手だな、と思う。

一方で、現在の東京をベースにしているために、脚本の粗さも目に付く。「広い東京で、そんなこと起きないでしょ」という偶然が何度も起きる。偶然に頼らないと説明できないようだと、観ていてしらけてしまう。物語はどこまでも必然であるべきで、使って良い偶然は多くて一度までだろう。あと、実写だとあまり気にならない映画内広告(主人公の乗る車とか、つけている腕時計とか)がアニメだと気になる。あぁ、ここもスポンサーなのか、という場面が非常に多い。別に良いと言えば良いのだけれど、違和感の方が強かったりする。

とはいえ、つまらないわけではない。そこはさすがに心得た監督である。洋画のような音楽の使い方が上手だし、何よりラストの仕上げが良い。どう良いのかを説明してしまうとひどいネタバレになるのでここには書かないが、あぁ、なるほど、そういう風に風呂敷を畳んだのか、と感心させられた。

評価は☆2つ。  
Posted by buu2 at 18:42Comments(0)映画2019││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月12日

今日のお茶


  
Posted by buu2 at 09:00Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月11日

今日のオズバーガー

今日はベーコンバーガーとテリヤキバーガー。






どちらも美味しい。

お店のお姉さんと少し雑談したら、店はオープンしてまだ三週間らしい。そりゃぁ新しいね。美味しいから頑張って欲しい。  

今日のお茶


  
Posted by buu2 at 09:00Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加