2019年11月19日

今日のお茶










とらやの生菓子が、11月後半編にシフトした。  

Posted by buu2 at 09:30Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月18日

宮崎料理みやこんじょ

ワシントンDCの関係者飲み会をみやこんじょで開催。

この店の社長の次男が現在DCの寿司屋に勤務中。それで、今、DCに住んでいる人、DC育ちで、今日本で働いている人、DCで働いていたことのある公務員などが集合した。










結構食べて飲んだんだけど、ひとり4000円で、安くて驚いた。また食べに来たい。  
Posted by buu2 at 23:00Comments(0)合コン・飲み会││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

美松

池袋の定食屋、美松に行ってみた。













注文したのはこの時期の定番、カキフライ定食。

衣は少々硬めだけど、ちゃんと美味しい。ご飯と味噌汁も申し分ない。毎日食べるとなると、ちょっと高めだけれど、たまに贅沢するにはちょうど良い店だと思う。

つじ田の向かいぐらい。  
Posted by buu2 at 14:00Comments(0)グルメー定食屋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月17日

今日のお茶














  
Posted by buu2 at 08:30Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月16日

今日のお茶










パイナップルケーキらしい。

パイナップルファンとしては、パイナップルは余計な加工をせずにそのまま食べるのが一番、といういつもの結論に落ち着いた。  
Posted by buu2 at 08:00Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月15日

かつら木の京鰆そば

かつら木の中華そばの印象がとてもよかったので、あまり間をおかずに期間限定の京鰆そばを食べてみた。







あーーー、なるほど。

丁寧な仕事だと思うけれど、ちょっと魚の生臭さが残っている。鯛ラーメンとか、鰤ラーメンとか、いろいろな魚のラーメンがあるけれど、どれもこれも、生臭さを消せずにいる。この店の鰆も、かなり良いところまでいっているけれど、やっぱり完成形ではない。まだ、未完成。これなら、断然中華そばをお勧めする。  
Posted by buu2 at 14:00Comments(0)グルメ−ラーメン││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉島信広 個展 play

最近、僕が日本にいるのと、吉島さんの個展のタイミングがあわず、しばらく個展の初日に観に行けずにいたのだけれど、久しぶりにタイミングがあって、初日に行けた。

今回はクラシカルな色よりは赤と青緑の色彩が中心。造形は植物と動物のキメラなど、有機物同士の複合が多い感じだった。全体から受ける印象は可愛らしさや愛嬌。

何でも作れてしまう人は、自分の頭の中のイメージをそのまま立体にできてしまうので、夢の中にでてくるような奇妙ないきものを具体化できて凄い。ところどころに小さい立体が隠されているので、実際に観て、触ってみるのが良い。

銀座一丁目の万画廊で、24日まで。







































  
Posted by buu2 at 12:30Comments(0)吉島信広││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお茶








  
Posted by buu2 at 08:30Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

カルディのパスタソース カルボナーラ

カルディのインスタントパスタソース、今日はカルボナーラ。






インスタントのカルボナーラソースはそこそこ成熟している感じで、どれを食べてもそこそこ美味しい。このソースもそう。最終的には価格の競争なんだろう。

もちろん、自分で手間をかけて作るカルボナーラの方が美味しいけれど、さくっと作れてしまう魅力は確かに大きい。特に朝食では、時間がかからないのは貴重。  

2019年11月14日

今日のうおいち





  
Posted by buu2 at 13:30Comments(0)グルメー定食屋││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお茶








  
Posted by buu2 at 09:00Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月13日

ニャーヴェトナム・フォー麺 新宿タカシマヤ店

ワシントンDC界隈ではラーメン屋以上にあるので珍しくも何ともないフォー屋さんだけど、どういうわけか日本ではあまり見かけない。タカシマヤにあるのを見つけたので、食べてみた。




え?フォーだよね?ずいぶん強気な価格設定。
















うーーーん。麺も、スープも、トッピングも、全部いけてない。この内容だと、米国のフォー屋さんの中でも下のレベル。しかも、価格は米国の1.5倍か、それ以上。

やはりある程度の軒数ができてきて、市場競争が起きてこないと、レベルは上がってこないのだろう。タイ料理も、30年前はなかなか美味しい店が見つからなかった。今では、新宿を中心にいくつも良い店を挙げることができる。ヴェトナム料理屋さんも、もうちょっと増えてくれると良いのだが。美味しい店は、本当に美味しいのだから。  

NODA MAP 「Q」

野田地図の「Q」を観てきた。クイーンの「オペラ座の夜」を下敷きにして書いた新作。




二度観る予定でチケットを確保してあるのだが、一度目の印象は、第一部と第二部の橋渡しが不十分ということと、志尊淳の実力不足が激しくて気になって仕方なく、厳しく言うなら芝居がぶち壊しだったということである。

橋渡しについては、たった一つの台詞で全く違う場面へ誘導された印象を持った。野田秀樹はこの10年ぐらい、戦争や天皇制をテーマにした戯曲を書いているので、それ自体はなんの違和感もないのだが、第一部と第二部の独立具合が激しい。これが、例えば「小指の思い出」のように、複数の場面を行ったり来たりするなら、それらが混合して相関に理由付けができるのだが、本作は第一部がそれだけで完結している印象を受けた。そして、後半で表現される内容はすこぶる重い。そのため、後半で言いたかったことへ無理やりこじつけているような印象を持ってしまった。また、前半、後半ともストーリー展開そのものは平板で、奥に隠された主題が後になって主張してくるような重奏感は希薄だった。

志尊淳については全く知識がなかったのだが、第一声で「これはダメだ」となって、その後も良いところのないままに終わってしまった。松、上川、そして広瀬がそれぞれの持ち味を発揮していたことで、惨敗っぷりが際立ってしまった。今、演劇界には若手の良い男優がいないのかもしれない。いない役者は、いくら野田秀樹でも演出できない。

と、どうしても野田秀樹の芝居はマイナス評価から入ってしまうのだが、プラス部分はもちろんあった。最大のものは松たか子の安定っぷり。早口のセリフも全くよどみがなく、聴き取りやすさも抜群だった。松に支えられた広瀬の芝居は、年齢なりの今しか表現できないみずみずしさだった。広瀬については映画「海街Diary」で他の3女優が霞むくらいの演技を見せていたので大きく驚くことはなかったのだが、場所を舞台に移しても、何の問題もないことを示していた。宮沢りえ、松たか子、蒼井優、黒木華と、どういうわけか野田地図に出演する女優たちは喫煙者が多いのだが、広瀬にはそうなって欲しくない。

上川の演技も、抑えすぎず、出しゃばらず、絶妙なバランスだった。中心の四人の背後で芝居に味付けした脇役たちも、立派にその役を果たしていたと思う。

#だからこそ、志尊の一人負けになってしまったのだが。

他にも、簡易ベッドやシーツを使った演出と、歌舞伎を連想する小道具はとても効果的だったと思う。

ところで、この芝居は「Q」というタイトルにしている以上、クイーンのアルバムとの関連がとても大切になってくる。初見で思ったのは、オペラ座の夜の各曲について、観る側が英語で歌詞を理解しておくことが望ましいということだ。英語の歌詞を聴き取って、頭の中で和訳して、内容を理解しているのでは舞台のスピードについていけない。英語が苦手なら、「この曲はこういうことを歌っている」と、おおまかな内容を把握しておくのでも良いかもしれない。その場面でなぜその曲が使われているのか、これを理解するだけで楽しみは増えると思う。

ところで本作、チケットの転売対策でかなりの不便を強要されることになった。チケットが取りやすくなったのは良いことなのだが、もう少し柔軟性のあるやり方はないのだろうか。突き詰めると、チケットが安すぎるということなのだが。最前列中央なら5万でも完売するはず。お金のない人にはサイドシートや二階席を用意すれば良いだけのことだ。米国のチケッティングはこういうやり方で、大きな問題は生じていない。  
Posted by buu2 at 18:00Comments(0)演劇││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつら木

このところぱっとしなかった池袋のラーメンだけど、久しぶりに良い店ができた。



名称:かつら木
種類:東京
場所:池袋
注文:特製中華そば
評価:10/AAA
2019.11.13.
コメント:麺は細めのストレート。コシ、スープの絡みともに良好。

スープは鶏ベースの醤油味。やや脂が多めだが、味がボケないように濃い口にバランス調整されている。麺との相性もとても良く、弱点が見当たらない。

チャーシューも美味しい。

年中無休の業態でこのレベルは素晴らしいの一言。この場所に何のバックもない店が出店できるとは思えないが、母体となっている店もそれなりのレベルの店と想像できる。



店名 麺 かつら木
電話 03-6912-9554
住所 東京都豊島区西池袋1-18-1 五光ビル1F
営業時間 11:00〜23:00
定休日 無休  

東京国立近代美術館 鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開

鏑木清方の築地明石町がようやく見つかったとのことで特別公開されていたので見てきた。







美人画の大家らしい一品。これは見ておきたい作品である。これまで盗まれて行方不明だったのかな?ほんと、美術品が所在不明になるのは勘弁してほしい。ところでこの特別公開にあわせて鏑木清方の作品をたくさん見ることができたけれど、なぜか撮影禁止。海外なら、フェルメールだって、ダ・ヴィンチだって、普通に撮影できるのに。どういう絵を見たかの記録でもあるので、撮影ぐらいはさせて欲しい。

ちなみに所蔵品の展示もやっていて、個人的には川瀬巴水の版画をたっぷり見ることができてよかった。











































そして、奈良美智も。

  
Posted by buu2 at 13:00Comments(0)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

地下鉄で見かけた現代アート




なかなかのものである。大手町。

IMG_2451
  
Posted by buu2 at 10:40Comments(0) ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお茶










お茶菓子は、今日もとらや。  
Posted by buu2 at 08:00Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

カルディのパスタソース ウニクリーム

カルディのパスタソースのトリュフがまぁまぁだったので、ウニクリームも試してみた。







想定の範囲内。

ウニって、どうやって加工してもイマイチで、そのままが一番な素材だと思う。もう買わない。  

2019年11月12日

ペンキぬりたて

なんか、良い。


  
Posted by buu2 at 18:00Comments(0)日記││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお茶








  
Posted by buu2 at 08:00Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

カルディのパスタソース、トリュフクリーム







結構高いチーズを削ってトッピングして食べてみた。なかなか良いね。  

ユナイテッド・シネマのマナー啓蒙動画

ユナイテッド・シネマでは映画の前に携帯のスイッチを切れとか、べちゃくちゃ喋らずに静かに観ろとかの啓蒙動画が流れるんだけど、今のバージョンは過去の名画をイラスト化している。それで、

2001年宇宙の旅、ET、ティファニーで朝食を、???、タイタニック、ロッキーの順番ででてくるのだけれど、???のイラストが何の映画なのか、なかなかわからなかった。黒い帽子にちょび髭の人物が、両手にフォークを持って、スナックを食べようとしているイラスト。それがようやく何のイラストなのかわかった。

ネタバレが嫌な人がいると困るので、正解は追記へ。  続きを読む
Posted by buu2 at 07:30Comments(0)映画││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月11日

ターミネーター ニュー・フェイト TERMINATOR: DARK FATE

原題「ダーク・フェイト」をなんで「ニュー・フェイト」に変更したのかは良くわからないのだが、ともあれターミネーターの続編。

アクションシーンはなかなか面白いのだが、物語自体は特に新味がない。いつものおきまりのごとく、未来から良いもんと悪もんが時間転送されてきて、現代でドタバタを繰り広げる。

だいたい、将来のAIがめちゃくちゃ賢いはずなのに、いつまで経っても人類を滅亡させようと企図するところがどうも納得いかない。レジスタンスの抵抗が激烈で手に負えないなら、やっぱり仲良くしましょう、とするか、有無を言わさずに殲滅しちゃうようなすげぇ武器を開発すれば良いのであって、なぜ人型ロボットをちまちま開発して、苦労して過去へ送り込むのか、その辺の設定がいかがなものかと思う。

いや、ターミネーターやT2は面白かったと思う。でも、これだけ繰り返していると、寅さんみたいに何度も同じことをやっているように感じてしまう。マンネリ。「前回うまくいかなかったから、今回はもうちょっと前に送り込もう」みたいな。

後半のアクションシーンは確かに見所ではあったと思うけれど、それ以外は退屈で、眠くなる映画だった。

評価は☆1つ。  
Posted by buu2 at 18:20Comments(0)映画2019││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月10日

佐野で良い魚屋さんを発見した

栃木県民に「良い魚を買いたい時はどこへ行ったら良い?」と質問すると、千葉へ行けとか、茨城に行けとか言われて、頑張っても「高崎へ行けば新潟から良い魚が届く」と教えられるのが関の山だった。

ところが、探せばあるものだね。







佐野のはずれ、ほとんど足利という立地の、川が氾濫したらひとたまりもなさそうな場所にある「お魚の店 はせがわ」。

〒327-0041 栃木県佐野市免鳥町1010−3

アジの開きも、スーパーで買うよりずっと品質が高く見える。カツオ、マグロ、タイ、カンパチなどの刺身も売っていて、どれもなかなかの鮮度。こういう店があるととても助かる。  
Posted by buu2 at 17:00Comments(0)栃木││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のBistro Fujiyama (ビストロ フジヤマ)

行田のBistro Fujiyama (ビストロ フジヤマ)でランチ。一番高い葡萄牛フィレステーキを食べてみた。
















なかなか美味しいけれど、ランチで3500円ほどのありがたみは感じなかった。これなら、国産ビーフハンバーグで良かったかも。



行田では、今のところランチだとこの店一択。  
Posted by buu2 at 13:00Comments(0)グルメ−フレンチ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお茶 CHOU CHOUのおいものモンブラン





  
Posted by buu2 at 08:44Comments(0)グルメ−スィーツ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月09日

CHOU CHOUのモンブラン

このところスイーツといえば和菓子だったので、たまには洋菓子を、と思ってシュシュのモンブランを食べてみた。




うん。なかなか良い。これで約500円。そうして考えてみると、虎屋の生菓子は決して安くない。もうちょっと噛み締めて食べるようにしよう。


  
Posted by buu2 at 00:00Comments(0)グルメ−スィーツ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月08日

今日の田村家 #足利 #ラーメン

たまには田村家でラーメンでも。

IMG_2423


やはり、山岡家よりも数段良いスープを提供している。ただ、濃厚な分、豚骨からと思われる苦味がある。この苦味を軽くするには味濃いめでの注文が必要だろう。でも、そうすると今度は塩分が気になる。なかなか難しい。

今日は麺硬めで注文したけれど、この店はノーマルで良いかもしれない。麺硬めだと、硬すぎて顎が疲れてくる。  
Posted by buu2 at 14:30Comments(0)グルメ−ラーメン││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月07日

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

前作ではピエロがなんなのかわからずに終了した。今回はピエロがなんなのかが語られたので、そこそこ納得できるストーリーではあった。でも、この映画の本質はストーリーではない。どうやって客を怖がらせるかである。そして、その意味では、得体の知れない怖さというのがないので、ちょっと不利ではある。

しかし、そういうあれこれを棚上げしておいても、ちょっとどうなのかと思うのがビックリ箱系の恐怖の演出である。英語ではジャンプスケアと言うのだけれど、静かな状況で、くるぞ、くるぞと思わせておいて「ドーーーーーーーン」と、音と映像で脅かす。確かにびっくりするから、うわっとは思うのだけれど、これは恐怖とは違う。静かな夜道を一人で歩いているときに、不意に後ろから大きな声で驚かされれば、誰だってびっくりする。この映画は、この手法を連発する。連発しすぎるから、途中から「絶対来る」というのがわかる。わかってしまうと、構えるし、思わず笑ってしまう。

前編を観てしまったから、後編も観ずにはいられなかった。でも、こういう映画は好きではない。評価は☆1つ。  
Posted by buu2 at 21:47Comments(0)映画2019││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月06日

大根の葉の炒めもの

全くどうということのない料理だけど、捨てちゃうのももったいないので作ってみたのが、大根の葉っぱの炒め物。

1センチぐらいに切って、ごま油で炒めて、自家製ラー油と醤油で味付けしただけ。







これでごはん二杯はいけるだろう。  
Posted by buu2 at 22:00Comments(0)料理││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月05日

おぐら屋




名称:おぐら屋
種類:佐野
場所:田沼
注文:チャーシューメン
評価:1/CBC
2019.11.5.
コメント:麺はやや太めの太平手打ち麺。スープの絡みがイマイチで、コシも不足気味。佐野ラーメンの良いところは感じられない。

スープは鶏ベースのあっさり塩味かな。スープだけで飲むならまぁまぁ美味しい。

チャーシューは塩気の濃い味付けで、スープとのバランスが悪い。肉質も悪く、トッピングする価値はない。

この辺りでは人気店のようだが、全くお勧めできない。




店名 おぐら屋 (おぐらや)
電話 0283-25-1128
住所 栃木県佐野市出流原町993-1
営業時間 [火〜土]11:00〜19:00 [日]11:00〜18:00
定休日 月曜日、年末年始  

カルボナーラの原点







カルボナーラの原点というインスタントのパスタソースを見つけたので、食べてみた。

パスタをきちんと選んで、適切な塩加減で茹でていたら、美味しく食べることのできるインスタントのパスタソースは結構たくさんある。この商品も、そのひとつだと思う。自分でカルボを作るのはちょっと手間がかかるので、面倒くさいと思った時は便利かもしれない。また買ってみても良いレベル。  

2019年11月04日

カルディのハバネロカレー







カルディでハバネロカレーなるレトルトカレーを発見したので、食べてみた。

おう、辛いぞ。

でも、辛いだけ。辛くしたら、同時に味を濃くして食べ物としてのコクを出していかないと、単に辛いだけの食べ物になってしまう。リンゴでも、マンゴーでも良いから、甘味のある食べ物を追加したらどうだろう。

辛いのは必要条件だけど、それを支えるベースがないと、十分とは言えないんだよな。  

2019年11月03日

岡モータース@益子

益子の陶器市に岡モータースが出品すると聞いて、行ってきた。




今回お持ち帰りしたのは、

植木鉢











こうもり



相変わらず良い味出してる(^^

お笑いの陶磁器としては15馬身ほどリードして世界の最前線を突っ走っていると思う。  
Posted by buu2 at 23:00Comments(0)岡モータース││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

とんかつ 吉川

益子に大行列のとんかつ屋があると聞いて、行ってみた。




確かに大行列で、広い駐車場も道を挟んでの第二駐車場までいっぱいである。

メニューはこんな感じ。



ヒレで1430円、「特」メニューなしなので、「大体こんなレベルかな」と想像できてしまうのだけれど、ごく稀に(と言っても、一軒しか知らないし、その店も数年前に店じまいしてしまったのだけれど)ものすごく美味しい店があったりするので油断は大敵である。

まず、漬物。



あと、ソース。



これといって語るべきことはない漬物。この値段の定食で漬物に期待するのは間違いだろう。



さて、漬物がきてから約25分後にとんかつが到着。大行列の原因の一端を見た気がした。





ご飯はいまいち。



味噌汁もいまいち。

さて、かつである。ヒレカツ。






ジューシーさはあまりなく、肉の旨味もそれほどではない。塩だけで食べるのは無理で、ソースが必須である。ただ、ソースを使えば、安っぽいチェーン店のとんかつに比べれば十分美味しい。肉質は悪くなく、下処理もきちんとされているようで、筋が気になるようなことはない。価格を考えれば十分満足できると思う。

衣は硬めで、ちょっと油が残っている。お腹にたまるタイプ。それでなくても、肉の量が多いので、後半は辛くなってくる。

こちらは同行者のロース。



ロースも、肉が持っている味は薄め。でも、価格を考えれば十分楽しめるレベルではある。

そこそこの質の肉で、たっぷり食べることができて、満腹になるのは間違いない。でも、個人的には、行列するのは嫌だな。

店名 とんかつ 吉川
電話 0285-72-1600
住所 栃木県芳賀郡益子町塙947-1
営業時間 11:00〜14:00 17:00〜20:30
定休日 月曜日  

今日のお茶


  
Posted by buu2 at 08:30Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月02日

今日の夕食

豚肉ともやしの炒め物、おでん、カブの味噌汁にご飯。なお、今食べている米は佐賀の「さがびより」。


  
Posted by buu2 at 20:00Comments(0)料理││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーゲンダッツ 華もち ずんだ







ずんだもちの方がずっと美味しい。これでは何のためにアイスにしたのかわからない。  
Posted by buu2 at 16:00Comments(0)グルメ−スィーツ││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

おでん

近所の運送屋さんが練り物の発注数を間違えて大量に抱えてしまったとのこと。わけていただけるとのことだったので、いろいろもらってきておでんにしてみた。

IMG_0667


ちょっと濃い目にこんぶとカツオで出汁を取って、砂糖、酒、みりん、醤油で味付け。自分で加えたのは大根と茹で卵。なかなか美味しい。  
Posted by buu2 at 08:00Comments(0)料理││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月01日

鰭崎英朋について

鰭崎英朋の絵を入手したと自慢したら「だれ、それ」と言われたので、ちょっと解説。

鰭崎英朋は明治の終わりから大正にかけて活躍した美人風俗画家で、鏑木清方と人気を二分する作家だった。同時代の日本画家には他に山村耕花や鳥居清忠などがいる。

その後、鏑木は絵画に向かったのだが、鰭崎は挿絵、版画を守ることに執着し、結果的に人気も忘れ去られてしまった。しかし、昭和54年に発行された現代日本美人画全集全12巻の「名作選IV」には、月岡芳年、尾形月耕、棟方志功、橋口五葉、鳥居言人、徳力富吉郎、川瀬巴水、笠松紫浪などとともに紹介されている。

平成21年に、根津にある弥生美術館で生誕130年を記念して開催された鰭崎英朋展にあわせて「妖艶粋美」という本が出版され、埋もれ、忘れられていた挿絵作家に、再び光が当てられることになった。




鰭崎の主たる作品は明治、大正に集中していて、この本でも、昭和の作品で紹介されているものはほとんどない。鰭崎は昭和43年に没しているので、後半の作品は印刷物以外はあまり世に出ていないのかもしれない。

挿絵、版画は印刷物なので、どうしても絵画に比較して一段下に見られてしまうのだが、鰭崎の絵のレベルは決して低くなく、鏑木と比較しても劣っているとは思えない。しかし、そうは言っても、ラベルが大切なことも確かで、どこの誰が描いたとも知れない絵は、ほとんど見向きもされない。加えて、この絵は状態が良いとはお世辞にも言えない状態だったし、とにかく大きくて、保管場所に困る。










そういうわけで、幸運にも入手できたのである。  
Posted by buu2 at 15:27Comments(0)美術││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお茶








  
Posted by buu2 at 08:30Comments(0)お茶││編集

このエントリーをはてなブックマークに追加