2005年05月01日

デビルマン


デビルマン
歴史に残るクソ映画だとか、もう世の中ではケチョンケチョンに言われまくってしまった「デビルマン」なんだけど、怖いもの観たさというか、なんというか、DVDを買ってみた。

で、観てみたわけだけど、なるほど。こりゃぁ駄目な映画である。駄目な映画だけど、なんか鉄人28号を観たあとだとそれほどのインパクトがない。どっちが駄目かと聞かれるとちょっと困ってしまうのだけれど、原作が豊富な日本の特撮映画では、この程度が精一杯なんじゃないのかなぁ、と思わないでもない。

というか素材は別に悪くないんだと思う。何が駄目って、やっぱり映画を作る側に精神的にも金銭的にも人的にも余裕がないんだろうな、と。これは映画界だけの話じゃないけど。具体的に何が駄目って書き始めればきりがないんだけど、例えば不動と飛鳥がどうしてそっくりなのかわからない。何でボブサップや小林幸子やkonishikiが出てくるの?って、全然必然性がない。シレーヌがメインで出てくるのかと思えばすぐにいなくなっちゃう。出てくる一般市民は子供も大人も妙に暴力的で違和感がある。つまらない描写(それがサップや小林幸子やkonishikiのシーンだったりするわけだが)がたくさんあるくせに、肝心なところ(なぜアモンと合体したのにデーモンにならなかったのかとか、不動がデビルマンだとわかってしまったときの反応とか)は語られない。プジョーが売り込みたかったのはわかるけどなんで高校生がローランギャロスに乗っていて怒られないの?とか・・・・って、マジで書き始めるときりがないのでやめておく。

しかし、こういう映画はやはりみんなが観ておくべきだと思う。もちろん、「クソー、損したぁ」とか、「フザケンナ、アホ」とか、「死ね」とか、「時間と金の無駄だった」とか、感想は人それぞれだと思うのだけれど、とにかく観ないことには「デビルマン」を語ることができないのだ。まずは観ろ、と。当分、この映画は日本の「駄目な映画」のスタンダード、つまりはゼロ点として扱われると思う。「デビルマンに比べればマシ」「デビルマンと同じ程度」みたいな扱い。ということで、ラーメンで言えば花月やとん太みたいなもの。まぁ、そういう意味で観ておいて損はないと思う。あ、DVDを買う必要はないですよ。レンタルで十分です。

評価はもちろん☆ゼロ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/20573134
この記事へのトラックバック
『デビルマン』(2004 / 日本 / 那須博之) Text By 仙道 勇人  ……10億円があったら何ができたんでしょうねえ。  てゆーか、絶対10億かかってないでしょ、これ。だって、出てくるのはどっかのショッピングモール(何度も使い回し)に学校、商店街、高級そうな住宅街、
絶望的、という言葉の意味を知る【I N T R O+blog】at 2005年05月03日 11:33
GWなので、これもレンタルしました。 デビルマン、 子供の頃にすごく影響を受けた匁です。 永井豪先生は本当にすごいと思う。 しかし、アニメも映画もひとつも、 永井豪先生の本物を伝えている物が無い。 この映画もまた然り… まぁ、難しいとは思うんだけどね、 監督.
DEVILMAN/デビルマン【oceanus】at 2005年05月03日 18:08
残念ながら期待していたほどつまらなくなかった(苦笑) 監督:那須博之 出演者:伊崎央登、伊崎右典、酒井彩名、渋谷飛鳥、宇崎竜童 2004年日本 (配給:東映)
気になる映画をチェック!番外編 『デビルマン』【行楽の娯楽部屋】at 2005年05月19日 22:39
この記事へのコメント
時間と鐘→時間と金 なんちて(^^)
Posted by かりん at 2005年05月01日 19:29
おお、1ポイント(^^
Posted by buu* at 2005年05月01日 19:57
爺さんの暮らしの知恵 株式会社GCホールディングス

株式会社GCホールディングス 語録には

良い言葉が一杯あります。

by 株式会社GCホールディングス 社員
Posted by 株式会社GCホールディングスより at 2005年05月02日 17:57
T.B.ありがとうございます。
1年前頃にに期待していた邦画と言えば、『キューティーハニー』『キャシャーン』『デビルマン』でした。

私の3つの映画(DVD)を観た感想としましては...

『キャシャーン』は、1時間位で寝てしまいました (^_^;)
後半が重くて疲れて寝てしまいました

『キューティーハニー』は、個人的には最高でした
敵のキャラクタが光ってました。手塚とおるさんもGoodでした。更に良かったのは、及川光博さん!!ジルタワーで歌って踊るシーンは最高でした。キャシャーンと違って「なぜパンサークローが設立されたのか?」とか疑問に持たずに楽しめる映画でした

『デビルマン』は、最悪でした
私はアニメ版しか知らないのですが、もしかして「原作(漫画版)に忠実?」なのかもしれませんが、個人的には「いただけません」でした
『DVDを購入されたこと』に"お悔やみ"申し上げます!
Posted by 山梨のG at 2005年05月02日 20:24
こんばんは〜

コメントどうもありがとうございます(^^

そうですか、キューティーハニー、面白かったんですね!このあいだ、wowowで深夜にやっていたと思うのですが、残念ながら見逃してしまいました。またやってくれるかなぁ。
Posted by buu* at 2005年05月02日 21:34
TBありがとうございました!
おっしゃるように、確かにこの映画は今後10年くらいは「ゼロ点」として扱われることでしょうね。作品的にはマイナス点なんですが(苦笑)。
とにもかくにも色々な意味で痛すぎる映画でありました……。
Posted by 仙道勇人 at 2005年05月03日 11:37
これより駄目な映画はあんまりないでしょうからねぇ。

でも、脚本を代えて、役者を代えて、監督を代えるだけで随分と良い作品になるような気もします。なんか、ポテンシャルを感じました。折角ダイヤモンドの馬鹿でかい原石をみつけたのに、利用法がわからずに蒸し焼きにしてみた、って感じでしょうか。
Posted by buu* at 2005年05月03日 11:55
トラックバックありがとうございます。

実写映画「デビルマン」・・ひどかったっす。
観た原作ファンが怒りでデビルマン化するのでは
ないかと・・

もっと役者の演技力とかが欲しかったですね。
CGはきれいだったけど・・
Posted by 親方 at 2005年05月03日 19:34
TBありがとうございます。

役者の大根は本当にすごかったですねぇ(笑)。シリアスな場面なんでしょうけど、そこで「プッ」と噴出させてしまう台詞回しは、ある意味才能でしょうか!?

とは言え、周りで言われているほど酷評してないおいらですが・・・(笑)。この作品は、まだストーリーがありますしね・・・序の口レベルだと思いました。
Posted by 行楽 at 2005年05月05日 16:02
キューティーハニー、9日と29日にWOWOWでやるではないですか。たしかどっちかは途方もなく変な時間帯だったけど。まあそれはさておき、キューティーハニー、こないだ夜なにげにWOWOWで見たけど、見てもいい作品だと思いましたぞ。わたしゃサトエリが好きでですね、彼女のアンドロギュヌスというか(肉体とかではなくてね)、無性というか、素材の個性を感じさせないというか、あの映画の中では完全にフラットで可塑性のある存在で、周りの絵にそのまま順応するには驚きました。コスチューム変えると顔まで変わるというのはなんかすごい。要するにサトエリはよかったです。庵野秀明監督の、全体を無視したというか、トータルをあえて無視して妙なディテールに拘る絵も部分的に私は気に入りました。変なキメラみたいな感じ(どっかで見たような映像の混合体)は残ったけど、まあねらったものかもしれない。
Posted by DK at 2005年05月05日 23:05
 それにしても、WOWOW、HV5.1chでやる時間帯ての、もう少し考えてくれてもいいのではないだろうか。ウチ、3〜4年前に5.1ch導入して(アンプがまだAACデコード対応してなかったからAACデコーダー別に買いました)、音質経験してから「もう小さい映画館いかなくてもいいや」と思ったのはいいが、受信できる設備があると、録画したのをHV5.1chで見たいやね。ところが私はD-VHS持ってないし、コピワンのおかげでこんなもの買ってもただのハコだし、ハイビジョンレコ買う気はしないし。早くブルレイ+Hi HDDの企画統一体、でてくれないかね。
Posted by DK at 2005年05月05日 23:06
>親方さま

やっぱ、あの役者でやろうとしたところも失敗の原因の一つですね。大体、双子である必然性がさっぱり見当たらないのですが・・・・

>行楽さま

許容範囲の中という意味では確かに許容範囲の中のような気もするのですが、ではこれ以上駄目な映画って何かあったかなぁ、と思うと、うーーーん、子供の頃に見た日本版の悪魔の住む家みたいな奴かなぁ。あぁ、これですね。ハウス。これは酷かった記憶がある。げ、大林宣彦の初めての劇場用映画だって。消したい過去だったりして。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD18696/index.html
Posted by buu* at 2005年05月05日 23:35
>DKさま

なるほど、またやるんですね。絶対観なくっちゃ。情報サンクスでっす。
Posted by buu* at 2005年05月05日 23:36
>ラーメンで言えば花月やとん太みたいなもの。
>まぁ、そういう意味で観ておいて損はないと思う。

 でも、0点の基準ってのは難しいですね。
 とん太とか花月も、ラーメン屋として「最低」であるから0点というより、評価軸には一応上がるから最低、なのかな?
 だめな映画にも、そもそもプロットがなってない、あるいはプロットをホンが生かし切れてない、ホンは良いが役者がてんでだめ、とか、金かけてるしキャストに申し分ないのに制作サイドがだめにしてるとか、その逆とか。
 どの辺がだめなのかなあ、ってまあデビルマンみるしかないか。でも0点評価のものに金だしてみるのはやだな(笑)。
Posted by DK at 2005年05月06日 01:53