2005年05月28日

CASSHERN(キャシャーン)

WOWOWでやっていたので、観てみた。きいちご賞ではデビルマンに負けて惜しくも2位となってしまった作品である。


CASSHERN

なるほど、いや、まず映像は結構良いと思うなぁ。背景美術とか、時々一時停止にしてじっくり見たくなる。なんか、監督の好き勝手にやってるって感じだけど。

で、ストーリーなんだけど、うーーーむ。アニメのキャシャーンをベースにしているけど、敵はブライキングボス率いるアンドロ軍団ではなく、新造人間ブライと謎のロボット達である。アニメは落雷がきっかけでアンドロイドが動き出すけど、こっちはなんか良くわからない稲妻状のメカが突き刺さったのがきっかけ。なんか、微妙にアニメを取り入れているのね。

なんというか、実写にしたらキャシャーンの苦悩が一層引き立ったというか、いつも血だらけなのでちょっと可哀想だったよ。で、まぁストーリーなんかどうでもいいわけだが(^^;、見所はやっぱりルナ役の麻生久美子だな。この間観た「ハサミ男」でも良かったけど。彼女には「出演作を選べ」と言ってあげたいが、何はともあれ麻生久美子を満喫できたよ(^^

ということで、☆2つ(麻生久美子にほぼ2つ)。いや、マジで巷で言われているほど酷くなかったよ(麻生久美子が出ていたから)。ちょっと長かったけど、時間の無駄って感じでもなかった(麻生久美子が出ていたから)。また観ても良いかな、とも思うし(麻生久美子が出ているから)。

まぁ、要は僕が麻生久美子が好きだってことですね。

なんか、2001とか、ブレードランナーとか、影響を受けてそうな映画は色々思いつくのだけど、かなーり好き嫌いのわかれる映画でしょうね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/23380346
この記事へのトラックバック
CGを駆使しつつ、配色トーンをいくつかパターン展開して、 カメラの小刻みなカット割で編集するという、 音楽クリップの集積のような映像。   ストーリーは壮大すぎるものを数時間に押込めているので 前半からかなり飛ばし気味にも思えるが、 疾走するストーリー
「CASSHERN」 紀里谷【-刻板(こくばん)-  dAikA_05 】at 2005年05月29日 01:06
この記事へのコメント
突然興味が湧きました。
手が空いたらDVD借りてこよう(^^
#今みなくちゃいけないもんが一杯(NHKの柳生十兵衛シリーズとか)がたまりまくりなのでし。
Posted by e- at 2005年05月29日 21:51
何はともあれ最初にこれを見るべきだと思うよ。麻生久美子が出ているからね。
Posted by buu* at 2005年05月29日 22:01