2005年05月31日

バタフライ・エフェクト

050531_1315~01.jpgcocoaさんのブログで紹介されていて、すげぇ面白そうだったので観てきました。

なるほど、なんか雰囲気はスティーブン・キングって感じ。どうしてそう感じたのかは良くわからないけど。あぁ、ノリがペット・セマタリー(セメタリーだったっけ?英語では綴りをわざと間違えてるんだよね)みたいな感じだったからかなぁ。以下、ネタバレ感想は追記に。
子供の頃からちょっと頭のネジが一本外れちゃっているお兄さんが主人公。何か困ったことがあるとそこだけ記憶から抜け落ちちゃう。それで、その抜け落ちたところがあとで修正可能になるという能力に目覚めちゃう。何か都合が悪いことが起きると過去にもどって、そこをチョイチョイっと修正しちゃう。当然、彼が暮らしている現在は修正の影響を受けてガラッと変わってしまう。ガラッと変わってしまって問題が解決するのかというとそんなことはなくて、なかなか思い通りにはならないんですね(^^; どうやっても何かしら困ったことになっちゃう。友達が死んじゃったり、自分が障害者になっちゃったり、刑務所に入っちゃったり。それで、だんだん状況が悪化していって、さぁ、どうする???となる。

クライマックスまで凄く楽しめたんだけど、個人的にはラストだけあんまり好きになれないかな。主人公の選択はあまりにもストレート過ぎなような気もした。恋愛ものとして見てもこの間観たクローサーの方が現実味もあるし共感もしちゃうのはおじさんだからですか?

それにしても、デフォルトの世界、ちょっとみんな悪過ぎない(^^;?米国のガキって、あんなものなの????普通ダイナマイトでいたずらしないよね。ということで、評価は☆2つ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/23707587
この記事へのトラックバック
アシュトン・カッチャー エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット エルデン・ヘンソン、メローラ・ウォルターズ エリック・ストルツ出演のサスペンス。 公開日:5月14日 ☆ストーリー☆ エヴァンは普通の少年だった− 時折記憶を喪失してしまうことを除
【バタフライ・エフェクト】【ココアのお部屋】at 2005年05月31日 22:00
Hi
chubby transvestite boys party actrices porno latinas【butt fucked 11/12】at 2005年12月12日 06:17
バタフライ・エフェクトは、今まであまり感じたことのないドキドキ感を味わえる映画でした。 過去の瞬間を変えることができる主人公エヴァンは、現在の自分の不幸や愛すべき人の不幸を変えるため、過去を操作するが、なかなか思い通りに行かず次々と不幸が降りかかります。...
バタフライ・エフェクト/アシュトン・カッチャー【文学な?ブログ】at 2006年06月27日 01:33
この記事へのコメント
あらら、あんまりだったみたいですね。
ほんとデフォルトの子供時代は、ワルガキでしたよね。
みんながみんなそうじゃないんだろうけど(^-^;
私は、他人の幸せを優先した彼がせつなかったです。
Posted by cocoa at 2005年05月31日 22:08
うーーーーん、なんか、すっきりしないかなーと。悲劇ならもっと悲劇な方が良いし、ハッピーエンドならもっとハッピーでも良いかな、と。中途半端なのかなぁ。うーーーーーん。なんか、一人で抱え込んで全てをドラム缶の中へ、というのがなぁ。彼には彼で、それに代わる人生があるはずで、それが全く語られないのもどうなのかと。ま、3点満点で2点だから、それなりだったんですけどね(^^

また面白いのがあったら教えてください(^^
Posted by buu* at 2005年05月31日 23:15