1988年06月22日

α−へリックスとβ−シート(*注1)

その年の3月、僕は東工大を受験した。何故東工大を受けたかというと、当時僕は東工大名誉教授の矢野健太郎を心から尊敬しており、彼の講義を聞くことにより、彼に一歩でも近づきたかったのである、というのは嘘で、家から一番近い大学であったからである。(*注2)
無事合格したが、それは当然で、何を隠そう僕は駿台の東工大模試では、3500人中堂々4位、物理、数学は1位で学友からはアインシュタインの生まれかわりと言われていた、というのは嘘で、ただのまぐれであった。(*注3)

大学に入るとすぐにスキー部に入った。というのも、僕は実家が志賀高原でペンションをやっており、父は24年前の全日本のデモであり、僕自身も小学校1年生の時に1級をとり、インターハイではGSLで3位、SLで4位(共に2年生の時)という大活躍をするなどスキー、特に競技スキーには自信があったからだ、というのは勿論嘘で、ただナンパなスポーツをやりたかったのだ。(注4)

それから1年後の4月、無事1年間が過ぎたと思ったが、なぜか1年たっても僕は1年生だった。理由は実はいろいろある。両親の離婚、弟の不意の自殺、僕自身がニーチェに傾倒していたこと、祖母が不治の病にかかっていたことなどである。わかっているとは思うがそれらの理由は全部嘘で、単に勉強しなかったのである。(注5)

このことがケチのつきはじめで、それから1年間は悪いことばかりであった。さて、その暗い1年間の後、僕は文学青年として生まれかわっていた。それからの14ヶ月間で420冊もの本を読んだ。谷崎、藤村、中也、湖人、直哉から村上春樹、山田詠美、宮本輝、さらにはカフカ、サリンジャー、ドストエフスキーと読み漁ったのである。勿論、サルトルの全集もプルーストの「失われた時を求めて」もジョイスの「ユリシーズ」も中公の世界の文学も東欧文学全集も河出の世界の大思想も密教全集もカーマストーラーも資本論も戦争と平和も神曲も死に至る病もケインズ全集もルカーチ全集も全てタイトルだけは知っている。ただ、一番好きで台詞に赤線まで引いたのは何といっても「あしたのジョー」であり、「アキラ」であり、「ブラック・ジャック」であった。(注6)

そして、気付くともう冬だった。そうだ。俺にはやらねばならぬ事があるのだ。それは一つにはルクセンブルクに残してきた博子に手紙を書くこと、(注7)もう一つは友人でもあり、弟の名付け親でもある佐野元春をMARINE BAR(横浜)に連れて行ってやること、そしてプリンストン大学への留学の手続き、さらに、かねてからスピルバーグより出演依頼のあった「インディ・ジョーンズ3 ゾンビ山の根ブンブンブン」(注8)への出演などである、というのは嘘で、合宿代を集めるべく借金に奔走することであった。

そうこうしているうちに冬も過ぎ、そして春となり、僕もとうとう3年生(4回生)となった。今大学では、主にエイズウイルスのKrebs-Ringer液中におけるtRNAポリメラーゼとの競合性とアセチルコリンとの反応性について研究している、というのは嘘で、ラットの腸を取り出しては眺めるということをしている。

そういうわけで今日に至ったわけであるが、今年のシーズンオフはトレーニングの前後にも20キロのランニングと腹筋背筋を300回ずつかかさずやろうと思っている、というのも嘘で、普通に頑張ろうと思っている。

注1 1988年に書いた名文である。
注2 実際には一番近かったのは神奈川大学だったかもしれない。
注3 同期の五十嵐君は本当にこんな成績だったらしい。今は東工大の助教授だか、教授だか、とにかく偉い人になった。
注4 ちなみに当時はスキーサークルがなかった。
注5 まぁ、色々あったのだが、自主留年だったのは確かである。
注6 いや、アキラは本当に名作だ。
注7 当時のガールフレンド。
注8 神戸大学スキー部に山根君という面白い人がいて、酔っ払うと寝ちゃうんだけど、突然起き上がって暴れる、ということを繰り返していた。その後松下電器あたりに行ったようだけど、その後の消息は不明。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
私は、素直でとっても信じやすい人なので、
全部まるごと信じました!!
buu*さんて、ホントにすごい人ですね〜〜〜。尊敬のまなざし☆★(ちょっと言い方古い?)
Posted by ワルツ at 2004年08月06日 22:37
あはは、何で尊敬されるのかさっぱりわかりませんが、この文書までたどり着いていただき感謝感激です。わざわざ昔の部誌をひっぱりだしてきてべた打ちした甲斐もあろうってものです。こういう隠しネタって、誰も気付いてくれない可能性もあるものですからねぇ。

本当に感謝!!
Posted by buu* at 2004年08月07日 01:03
嘘多すぎ!(笑)
Posted by ひつまぶし at 2004年10月05日 03:24
まぁ、この短い文章の中にこれだけ盛り込むのは大変だったでしょうね(^^;
Posted by buu* at 2004年10月05日 14:30