2005年08月01日

亡国のイージス

f883e34c.jpg映画の日につき。強烈なネタバレ感想は追記に。

あ、その前に。この映画を観る気がある人はまず本を読んだ方が良いです。そして、まだ本を読んでない人はやっぱりこの感想は読まないほうが良いです。
内容は、イージス艦が乗っ取られてそれを奪還するまで。

原作物として考えるとどうなんですかね?まぁ、もともとあの分量の小説を2時間で映像化するのは、そりゃ無理ですよね。唐突にイージス艦は乗っ取られるし、宮津の苦悩は全く描かれないし、某国の女性工作員ジョンヒに至っては突然海中から現れてあっけなく死亡。如月君もお絵かきするぐらいでちょっとしたエピソードはあるけど描写はほとんどないのと一緒。おまけにすぐにネタバレするし・・・・・

いや、やっぱりこの映画は原作を意識して評価してはダメですね。単品で考えましょう。まず、雨の中での中井貴一と寺尾聰の密会シーン、わけのわからない交通事故のシーン、そして唐突にイージス艦は中井と寺尾に乗っ取られます。艦長はあっさり殺され、良くわからない工作員の如月君が暴れまわるのですが、すぐに捕まっちゃいます。背が小さくてイマイチパッとしない真田広之氏は一度は退艦するものの、泳いで船に戻ります・・・・・

って、書いていてもなんだかなぁ、という感じ。なんか凄いスピードで話が進むし、色々と唐突。じゃぁ、凄い緊迫感があるかとか、特撮が凄いとかかっていうとそんなこともない。アクションはまぁ普通だし。見せ場が全然ない(^^;ということで、舌の根も乾かぬうちに「単品で考えよう」という前言は撤回です。だって、それじゃぁ全然良い所がないんだもの。じゃぁ、原作をきちんと映像化して言うかというと・・・・・・微妙。

ヘラルドのサイトには、
今、この国の未来に不安を抱かぬ者は一人としていないだろう。未曾有の経済的発展を享受しながら、理想も持たず、国家としての責任能力も自覚せぬまま世界進出を遂げた日本。バブル崩壊が経済を袋小路へと迷い込ませたとき、そこに我々が誇るべきものは何ひとつとして残らなかった。そして、2001年9月11日以降、空虚な理想論など決して許されぬ現実を突きつけられ、我々が見つめることになった未来とはどんなものなのか?あるべき国家の理想とはどんなものだったのか?
なんて書いてあるけど、そんなこと、映画じゃ全然描かれてないしなぁ。


あのね、この作品はやっぱり本を読んでないとダメですね。で、本を読んだ後に見て、「あぁ、イージス艦ってこんな感じだったんだ」って、確認するんです。それとか、「あぁ、この台詞、中井貴一が言うと格好良いなぁ」って感心するの。それがこの映画の正しい楽しみ方と思われます。

なんかね、中途半端なんです。メッセージをきちんと伝えたいならもっと人間ドラマを充実させるべき。格好良くイージス艦を見せたいならもっとドンパチやらなくちゃダメだし、アクション巨編として見せたいならライトセーバーは必須。でも、どれもこれも消化不良。フォーカスがどこにも当ってない。

いや、真田さんがなかなか丈夫だってことはわかりました。撃たれても刺されても死なない。立派。吹っ飛ばされても天井が落ちてきて挟まっても機械に蹴られても死なないオビ=ワンと一緒。あ、一番見せたかったのはそれですか?あとね、なんか「君、自分が格好良いと思ってない?」と後ろから話しかけてきそうな内閣情報官(岸部一徳)がおかしかった(^^ ということで、評価は☆1つ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50014832
この記事へのトラックバック
『亡国のイージス』が大好きです。もうすぐ映画公開ですね。(7月30日) ◆オフィシャルサイト(注意、音が鳴ります) 『亡国のイージス』と『永遠の仔』(天童荒太)は、5年ほど前、単行本が出た時続けて読んだのですが、今でも私のベスト本に挙げたい2冊です。 ◆たら本
やっぱり『亡国のイージス』が好き!【◆ ワルツの「うたかた日記」 ◆】at 2005年08月02日 02:34
 「あ、ハンカチ忘れた。貸して!」「いいですよ。どうせ涙なんて出ないから・・・」  普段、映画鑑賞する前には原作などは読まない主義だったのに、魔が差したのでしょうか、つい文庫本(以下、ページ数は講談社の文庫を参照)を買って読んでしまいました。よって、今回...
亡国のイージス【ネタバレ映画館】at 2005年08月03日 07:16
迫力の映像とドラマが面白く満喫したものの,説明不足な部分が多く不満も残る。
亡国のイージス【Akira's VOICE】at 2005年08月03日 10:12
「亡国のイージス」 ものすごく努力しましたが、結果が出ませんでした、って感じの映画。 サスペンス、軍事アクション、人間ドラマ、いずれも中途半端。 原作を知っている人にしてみれば、よくまとめていると思うかもしれない。 未読の者にとって予備知識なしでは厳しい...
亡国のイージス【わたしの見た(モノ)】at 2005年08月05日 08:38
今年は本当に良く邦画を鑑賞していると思う。逆に言うと、洋画に期待外れが多くなって来ているのかもしれない。かといって、邦画が然程「期待通り」であったという訳ではないが。ただ、出来、不出来という範疇から考えると、洋画の場合は、「字幕スーパー」という余計な視覚...
亡国のイージス【利用価値のない日々の雑学】at 2005年08月05日 11:24
主演真田広之、勝地涼、寺尾聰、中井貴一、佐藤浩市、チェ・ミンソ 監督阪本順治 脚本長谷川康夫、飯田健三郎 製作2005年、日本 敵は東京にあり 海上自衛隊のイージス艦を乗っ取って日本を攻撃しようとするグループと、イージス艦を奪還しようとする男たちとの戦いを
亡国のイージス【a story】at 2005年08月11日 01:59
久しぶりに仕事休みの火曜日に映画を観る事が出来ました。 お子様向けアニメが多いこの季節・・・ あまり、得意分野じゃない軍事モノに手を染めるしかなく・・・ 観てみる事に・・・ まっ、日本の豪華俳優陣が名を連ねてるので・・・ねっ。 2005年製作のアクション・サス...
★「亡国のイージス」【ひらりん的映画ブログ】at 2005年08月19日 00:20
 ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ
亡国のイージス【シネクリシェ】at 2005年08月29日 05:34
 ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ
亡国のイージス【シネクリシェ】at 2005年08月29日 05:37
 ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ
亡国のイージス【シネクリシェ】at 2005年08月29日 05:43
 ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ
亡国のイージス【シネクリシェ】at 2005年08月29日 05:47
この記事へのコメント
buu*さん、こんばんは。
先ほど、記事をアップされて、すっとんで読ませてもらったんですが・・・
あ〜〜〜、やっぱり・・・ナンカ、予想はしてました。
2時間で、あれもこれもは無理ですよね。
全部やろうと思うと、どれもこれも中途半端なっちゃうのが十分buu*さんの記事から伝わってきました。

>宮津の苦悩は全く描かれないし
え〜〜!それは、ひどいです。。。
>某国の女性工作員ジョンヒに至っては突然海中から現れてあっけなく死亡。
それもいやー!予告では、海中のキスシーンとかあったけど、そこだけが見せ場ですか??
>如月君のお絵かきーーー(爆)
>如月君の暴れまわる〜〜
いやだいやだ・・・いやだよ〜
でも、いつもながら、buu*さんの記事が、面白くって最高です。
この記事読ませてもらって、もう映画の方は封印しようかな。。。
Posted by ワルツ at 2005年08月02日 02:32
>海中のキスシーンとかあったけど、そこだけが見せ場ですか??

なんか唐突にキスしてましたよ。理由は不明です。お前等、なんでキスしてるの?みたいな。見せ場ですらありません(^^;

>この記事読ませてもらって、もう映画の方は封印しようかな。。。

それがいいかも。「あぁ、イージス艦って、こういうのなんだ」っていうのを確認したい場合は写真で見れば良いので。これとか。

http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Japanmilitarism/Images/aegis_kongo.jpg

あーーでも、やっぱり見ておいた方が良いかなぁ。あとで本当は面白かったらしいということになるとショックでかいだろうし。
Posted by buu* at 2005年08月02日 19:15