2005年08月24日

我がマリノスは優勝よりも降格を心配すべき立場に(;_;)

優勝するのが当たり前だった我がマリノスですが、最近の絶不調ぶりは目を覆わんがばかり。今日も川崎に完敗。何が悪いのかが良くわからないから始末に終えない。

まぁ、久保がいつまでも腰が痛いとか(でも、久保はいないのが当たり前、いたらラッキーぐらいにみんな考えているはずなんだけど)、奥がお疲れで代役の山瀬がまだチームにフィットしきれていないとか、ドゥトラサイドは良くても逆サイドがダメだとか、色々と問題はあるんだろう。しかし、この面子で五分以下の成績っていうのはねぇ。やはり、A3とか、ACLとかを取りに行った後遺症なんですかね。「やることなくなっちゃうので4バックをやってみる」とか余裕をかましていたわけですが(まぁ、それはそれで別に構わないんだけど)、「アントラーズまであと勝ち点○点差」とずーーーーーっと上を見ていたら、ふと気がつくと下のほうが全然近いじゃないですか。優勝するためには勝ち点15を稼がなくちゃいけないけど、J2降格の入れ替え戦争いは差が7点しかありませんよ。

今のところ、ヴィッセルが一人負け状態で、セカンドグループに大分、東京V、柏、FC東京、清水の5チーム。そしてその上にいるのが大宮、新潟、C大阪、横浜、川崎、名古屋といった面々。順位上は半分より上にいるけど、勝ち点差は全然ないわけで、リーグを捨ててナビスコと天皇杯に注力するのは良いんですが、ふと気がついたら降格の危機なんていうことは是非ともやめて欲しいものです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50035501