2005年10月28日

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

竹内結子と中村獅童が結婚しなければ絶対見なかったであろうこの映画(意味は不明)。これをWOWOWでやっていたのでどうということもなく鑑賞。以下、追記にネタバレ感想。
「ゴースト ニューヨークの幻」のパクリかなぁ、と思ってみたんだけど、そういう感じではなかった。幽霊モノ、ファンタジーモノじゃなくて、タイムスリップモノで、キャラメルボックスのテーストに近い感じ。

で、内容は結構おもしろかった。静かに淡々とストーリーが進んでいくけど、変に誇張されていないので、普通なら「そんなことないだろ」と突っ込むような場面でも特に違和感なく観てしまう。家のシーン、廃工場のシーン、学校のシーン、どれもこれも何気ないシーンなのだが、なかなか計算されている感じ。トータルのコーディネートが良く出来ている。中村さんの演技がやや大げさな部分があるのだが、まぁこれは舞台出身ということを考えれば仕方がないところか。もっとさりげなく演出したらもっと良かったのに、と思わないでもないのだが、その分竹内さんの引いた演技が好印象。クライマックスのあと、淡々と続く説明パートがなんとも良い感じで、きちんとエンディングにつながる。

主人公の家族3人以外の登場人物がほとんどないため、内容は見方によっては非常に自己中心的な展開でもあるのだが(完全にこの3人の幸福だけを追求している)、そのあたり、完全に割り切ってしまっているのも好印象。

セカチュー的なクソ映画(って、観てないんですが(^^;)を期待して観たんだけど、意外な方向で裏切られた。ということで、☆2つ半。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50091294