2005年10月28日

麺家嘉藤

6ca8e036.jpg先日ふらふらネットサーフした挙句にアップしたラーメン関係の記事が妙にコメントがのびていて、その中でメインに扱ったのがラーメンコンサルタント、渡辺樹庵氏のブログ(あれ?ラーメンブログリンクに入ってないな。入れちゃえ)。にも関わらず渡辺氏がプロデュースした店を一軒も食べたことがなく、これはイカンと思って所沢の「麺屋嘉藤」で食べてきました。以下、評価です。

名称:麺屋嘉藤
種類:東京西部
場所:所沢
評価:6/ABB
2005.10.28
コメント:豚骨トリガラブレンドの醤油味、魚系のダシという典型的な東京西部ラーメン。そして典型的な無化調薀蓄系。

麺は数種類から選べるようだったが、一番スタンダードらしい太麺で注文。しかし、太いといってもラーメン全般で比較するとほぼ中位の太さ。加水率をやや高めに設定している様子でモチモチした感じ。げんこつ屋の麺を若干細くしたものを想像してもらえばほぼ間違いないと思う。この麺、コシはあるのだが何故かスープが絡んでこない。そしてこれが無化調スープとあいまって、評価下落の連鎖反応を引き起こしている。

麺にスープが絡まないため、必然的にスープの味は濃くなる。スープ自体は非常に良い味だと思うのだが、魚のダシが滅茶苦茶強い。魚のダシが滅茶苦茶強くなるとどうなるかというと、とにかく酸っぱいのである。これは酢酸系の酸味とはまた違ったものなのでまずいとは言わないのだが、バランスは悪いと言わざるを得ない。ここまで魚を強めに打ち出すと通常は苦味も発生するものだが、それは感じないところを見ると作りは非常に丁寧なんだと思う。それだけに惜しい。

チャーシューはそこそこの質の肉をそこそこの味に仕上げていて美味しい。しかし、スープの味が濃いために存在感はない。このほか、味玉も単品では美味しいのだが、やはり丼の中では存在感が薄い。

太麺に加えてやや細めの麺も提供している様子。麺が細くなれば自動的にスープの絡みは良くなるはずなので、そちらをメインにしてスープのバランスを再調整すればもっと良くなると思う。

#あくまでも僕の主観ですけどね。
14d1d14b.jpg

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
☆人気ブログランキング☆ 有名ブログ☆ランキングへ お昼頃に【 渡辺樹庵氏 】 プロデュースの 『 麺屋 嘉藤 』 〔 お店の地図 所沢市日吉町19-12〕 に スチャ!☆ミ(/ ̄^ ̄)/参上! 今回で2度目の訪問になりやす{/face_hohoemi/} シンプルで清潔感漂う店内は、カ...
麺屋 嘉藤@埼玉県所沢市【◆走食見聞録 《ブログ》◆】at 2005年10月30日 09:31
この記事へのコメント
渡辺氏というのは、高田馬場で渡辺をプロデュースしたひとですか?
個人的に魚ダシが濃いのは好きですが、あまり濃いと味噌煮込みうどんぽくなちゃう気がするのですが…

Posted by か at 2005年10月29日 02:03
ふむふむ。
僕は「嘉藤」には1年近く行ってないんで、なんとも言えないのだけど、、、
「嘉藤」くらいの魚で強いと感じたならば、「渡なべ」は来ない方がいいかもしれないですね。(笑)
「嘉藤」の倍くらいは使ってますよぉぉぉ。
Posted by 渡辺樹庵 at 2005年10月29日 05:57
>かさま

プロデュースなのかな?渡なべは、経営者なんじゃないかな?良くわからないんですが。で、その渡辺さんです。

>渡辺樹庵さま

うーーーん、なんにしても、食べてみないことにはなんとも言えないですからねぇ。馬場方面はそれほど行く機会がないんですが、通りかかったら食べてみます(^^

行列してないと良いんですが・・・・
Posted by buu* at 2005年10月29日 10:01
> プロデュースなのかな?渡なべは、経営者なんじゃないかな?良くわからないんですが。で、その渡辺さんです。

あ、はい、その渡辺です。
「渡なべ」は、イメージとしては、プロデュースの方を強く打ち出しています。
プロデュースしている中の1つを自分で経営している、という感じですね。

> うーーーん、なんにしても、食べてみないことにはなんとも言えないですからねぇ。
でわ、機会があったら食べてみてくださぁい。

> 行列してないと良いんですが・・・・
お昼時をはずせば、並ばないと思いますよ。
Posted by 渡辺樹庵 at 2005年10月29日 15:12