2005年11月28日

うーーーーーむ

このブログの看板カテゴリーの一つに誤植探しがあるわけですが、ときどき誤植以前の読解不可能意味不明な文章に行き当たることがあります。「なんだ、この文章。一体どうやって解釈したら良いの?」と困ってしまうような文章です。いわゆる電波系の文章。今日もそんな文章にぶつかりました。
USENの「GyaO」は広告モデル、ソフトバンクの「TVBank(仮称)」は今は広告、順次有料化も導入、そして民放キー局各社も電通と組んで広告モデルでネット配信を行う新会社を作るという。広告モデル以外に有料モデルも続けるとは思うが。

ネット配信の広告モデルが成功するかどうかは、正直に言って疑問である。総額でラジオを抜いても、単価は安い。ネット配信の方がCMを飛ばせないのは「GyaO」で分かったが、CMには「好感度」というコンセプトが伴う。
これ、書いてあることの内容がわかる人、いますか?

ブログというのは個人が勝手に書くものなので、そりゃ何を書いても勝手です。でも、最低限、何かを相手に伝えなければ意味がないと思うのですが、そんなことはないですか?少なくとも、僕にはこの文章から何も伝わりません。何を言いたいのかがさっぱりわかりません。てにをははちゃんとしているんだと思うのですが、全く文章の体を為していないというのが僕の正直な感想。唯一伝わるのは、「あぁ、この人は日本語が不自由な人なんだな」ってことです。

これってなんなんですかね???相手に文意が伝わらなければ、それは文章としての意味を為さないと思うのですが・・・・。驚くべきは、この文章を書いている人物が僕より多くの書籍を出版しているということ。僕はまだこれまでに単独で出版した書籍が2冊、共著が1冊、その他、ラーメン関係の記事は多数あるんですが、これは単行本にはなっていないのでノーカウント。まぁそれはそれとして、たかだか2、3冊しか書いていないわけです。それに比較すれば西氏は何倍もの書籍を出版しています。にもかかわらず、こういう文章を書いているって驚きではないですか?

僕の読解力が低すぎるんでしょうか?

出典は「西正が贈るメディア情報」の「ネット配信に広告モデルはいかがなものか」というエントリーなんですが。誤植とか、誤植じゃないとか、色々論評する以前のレベルのような気がしないでもないんですが、この人、一応東大法学部出ているようです。同じ東大法学部卒のDKさん、どう思いますか?これって、文章として成立していますか?

文章というのは読んでもらってなんぼのもの。理解してもらってはじめて価値がでるもの。書くこと自体は自由だけど、読み手に主張の内容が伝わらなければ全く意味がない。そういう観点からすると、この文章はゴミ以外の何ものでもないと思うのだけれど、そんなことはないですか?うーーーーーーむ。こういう文章を読んでいると、木村剛さんや切込隊長の文章というのは洗練されていてきれいな文章だなぁと思う。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
分かる人には分かる内容なんだと思います
読み手の理解力や知識量に依存した文だから解読が難しいのかなと
直感型の文なのか、伝えたい気持ちより、思った事を書いたと言う印象を受けました
Posted by ノクノク at 2005年11月28日 14:45
ネット配信TVには広告収入依存型と有料型がある。Gyaoは
広告収入型で、ソフトバンクは以下略。

ネット配信TVで広告収入依存型が成功するかは正直疑問。
広告全体でラジオを抜くとしても単価が安い(≒売り上げは
上がっても利益は出ない?)。ネット配信では早送りで広告を
とばせないのは判ったが、それで視聴者がムカついてしまっては
広告に伴う(≒必要な?)「好感度」と言うコンセプト(?)を
損なう事にはならないだろうか。

--------------------------------------------------------
素人なりに一生懸命解釈しました。判る人の採点をお願いします。
Posted by しう at 2005年11月28日 20:46
>ノクノクさま

問題は、わかる人がどのくらいいるか、ですね(^^; 伝えたい気持ちはさておき、思ったことを書くというのは創作サイドの人間としてすでに破綻していると思うのですが(^^;

>しうさま

難解すぎて採点できないっすよ(^^; 僕は自信をもって、「これは悪文だ」と言えます。彼の書籍って、みんなこんな感じなんですかね?それとも本は別の人が書いているのかな?
Posted by buu* at 2005年11月30日 01:14