2005年12月22日

今日の野辺山

最近は土日まで仕事なのでなかなか時間がなかったんだけど、とにかく今週末の大会に練習なしで臨むわけにもいかないので、なんとか時間を捻出して野辺山で練習。

あるぺん倶楽部のコーチング内容は去年とちょっと変わっていて多少とまどった。大きなポイントは3つ。上下動を使う、ターンの開始は内足の外エッジから、前後差をつけない。このほかに左右の脛下を平行に、ターンとターンの間にきちんとニュートラルな時間を持つ、山側の足首を引き付ける、ポールにあたりに行かず体をスキー方向に落としていく、スキーの上から腰、頭をはずさない、といったあたり。

一番戸惑ったのは去年まで「きちんと外足に乗る」というのが大前提だったんだけど、それがなくなったこと。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50128161
この記事へのコメント
スキーしなくなってもう20年以上たつのだけれど、当時はやっていた「アウタースキー」というのはもうはやらないんですかね(^^;;
見かけが派手で好きだったのですが。
Posted by e- at 2005年12月22日 11:08