2006年02月14日

ブログでバイオ リレーエッセイ 第13回「JBNへの期待3」

オリンピックにかまけていたわけではないのですが、ちょっと間が空いてしまいました。ニューヨークに出かける前に書いてしまいます。

関連エントリーはこちら。

ブログでバイオ リレーエッセイ 第11回「JBNへの期待」
ブログでバイオ リレーエッセイ 第12回「JBNへの期待2」

いまだいぶ支援体制はととのってきました。もちろんお金もだいぶあります。だからこれらのすばらしいツールを今度はどれだけ活用し、効率化するか。

そしてツールを生かすための意識改革。

まだまだやることは多いですよね。
うん、やることは多いですね。本当に、この手の新しいツールをみんなに理解してもらうということは大変です。日本人は一つのツールをそれなりに上手に使いこなすことは非常に上手です。ところが、それを完全に使いこなすとなると下手。また、新しい使い方を考え出すことも苦手です。人に言われて初めて「あぁ、そういうこともあるのか」と考えます。

この良い例がブログですね。ブログというシステムを与えられると、みんな日記としてはすぐに使うわけです。ところが、日記以上の使い方ができないし、それを「ビジネスで使うと有効ですよ」と教えても、「え?ブログって、日記でしょう?」となります。ブログの面で言うと、僕が時々読んで、トラックバックをしたりしている「週刊!木村剛」さんなんかは超有名ブログでありつつ、同時に様々な使い方を試しています。ま、どれもこれもがオリジナルだとは思いませんが、政治家に軒先を貸してみたり、色々なブロガーの意見を引用してみたり、特定のテーマを決めて引っ込みがちなブロガーを引きずり出してみたり、小説を連載してみたり。有名ブロガーならではの活動を色々やっています。こういう「何か面白い使い方がないかな?」と考えることが、もう少し必要なんじゃないかなぁと思うわけです。

それで、SNSなんですよ。SNSはすでにmixiとか、馬鹿でかいのがいくつか出来ていますから、「SNSって知ってる?」と聞かれると「あぁ、あの、友達同士で話ができる会員制の奴でしょ?」ぐらいの答えが返ってくるわけで(それにしても、10人のうち、知っている人は2、3人ですが)、その利用方法についての新しい提案というのはまだまだ期待できない状態です。また、ブログの新しい利用法の提案は一人でもできるけど、SNSだと人数が必要というデメリットもあります。

うちの会社でもSNSの利用は1.社内での情報共有ツールとして(これはmaruさんの会社でもやってますね)、2.特定地域での情報共有ツールとして、3.特定領域に興味を持つ人間のツールとして、などの利用を提案し、提供してきているわけですが、ここへ来て「産業クラスター構成の一助として」ということに注目しているわけです。これまで経済産業省は産業クラスターの育成にかなり力をいれてきていますが、その活動にSNSというのは驚くほど相性が良いんですね。先日、IT系のクラスターマネージャーと情報交換をする機会がありましたが、当然のようにSNSを利用していました。しかし、保守的な人たちにはSNSと2ちゃんの見分けすらつかず、「何を書かれるかわからないからやりたくない」などと二の足を踏んだりするんです。確かにSNSは放ったらかしではダメですが、きちんと数名のリーダーが保守していけばそう荒れることはありません。そのあたり、どうやって啓蒙していったら良いのかはなかなか悩ましいところです。また、SNSはただ入るだけではダメ。ちゃんと自分で情報発信する必要があります。それでないと、システムには参加しても事実上ネットワークの外、ということになってしまいます。

JBNの場合、SNSだから参加人数を増やすことも必要だし、同時に内部の活性化も必要です。それで、今回「RNA医薬研究会」を設置してみたわけです。これはまずネットでの情報交換を行い、さらに実際に会議室で勉強会を実施する、というものです。新しい参加者を募ると同時に、その参加者同士のネットワークをより強固なものにする、という目的ですね。これがうまく機能したら、こういう勉強会を複数走らせてみるつもりです。
学会で発表しませんか?
5月に知財学会がありますので(3月締め切り)。
これ、検討します。

あとはやっぱりJBN利用促進委員会みたいなのを立ち上げ、そこで利用説明会を開催。
その後懇親会と講演会をいれるみたいなのがいいのかもしれませんね。
ふむ。それをやるためにはまたお金が必要ですね。資金繰りをどうするか。これまた、ちょっと考えてみます。

さて、今回のパスですが、人材の支援の部に若者が流入しているのでしょうか?
またそこらへんの育成体制や今後の方針はどうなんでしょうか?
このあたりは僕が経済省にいたときに手を着けた事業ですが、途中で役所を辞めてしまったので、その後どうなっているのかは良くわかりません。ハンドリングを三菱総研がやっているはずなので、JBNにも参加しているTさんにちょっと質問してみます。ということで、ちょっと時間をください。

ということで、もうちょっとだけ、JBNについての話を続けてみましょう。maruさんはRNA研究会にも参加していますが、内容をどう思いますか?クローズドな場なので引用などはできませんが、ざっと感想でも書いてみてください。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50165931
この記事へのトラックバック
ほんとーにご無沙汰していますエッセイの時間です。 ブウさんすみません。 博士論文→卒業式→社内体制の調整→石垣出張・・・ といった形で忙しく、本当に滞ってしまいました。 これからはもう少しレスポンスを早めるようにします! 今日は明け方のエッセイ。 ....
ブログでバイオ リレーエッセイ 第14回「JBNへの期待4」【20代バイオベンチャー社長の会社経営奮闘記】at 2006年04月10日 07:17
この記事へのコメント
社長(CEO)殿。

初めてお目にかかります(笑)。わん!だフォーッ!と申します(サル年なだけに、って使うとこ間違ぉーとるやん)。

履歴拝見させてもらったらすごいやん!僕と同い年(38?)か、もうちょっと若い?くらいでしょう。

ま、きっかけなんてどーでもいいことですわ。OCNでブログ開いとるからって、OCN族ってワケやなし(笑)。

ワシはワシです(タカでもハトでもなく笑)。

とにかく、ワシと同じ類の”面白れぇおっさん”ってことは、よーく分かっとります(笑)。それで充分でっしゃろ?

よろしゅーに♪(金のことちゃいまっせ!)
Posted by わん!だフォーッ! at 2006年02月14日 16:21
魔人ブウ* 殿

大爆笑!Comment件数0って、なんかとんでもないところにコメコメワープしてもーたやないか!

だから、改めて、ここで「もう1回!(パート3)」わーたしさくらんぼ〜♪。


なんやろ、弾かれとる?どこにも組せんのがワテの基本のスタンスなんやけど。

ちなみに「よろしゅう♪」というのは、そのスタンスを崩さずに行ってくれ〜って挨拶です(笑)。
Posted by わん!だフォーッ! at 2006年02月14日 16:34