2006年02月26日

多分世界最速ブログ中継 男子スラローム二本目

af1b3ba2.jpgさて、いよいよ二本目。天気は雪。ナイターなのでバーンはかなり硬いと思われる。公宣によるとかなりトリッキーなセットらしい。

ということでちょっとチェックしてみたらまずスタート直後のヘアピンのあとにロイヤルストレートフラッシュがある。それから急斜面に入って数ターン後にアンダーが横に50センチぐらいずれているヘアピンゲートがある。なんだ、こりゃ?ゴール前にあるストレートもロイヤルっぽいな。確かにちょっとトリッキー。あとはこれでどの位掘れるか。

湯浅は1.39差だから逆転はちょっと厳しいと思うけど、条件さえ良ければラップも取れることを実証しているので入賞圏内ぐらいまで来て欲しい。さて、そろそろ湯浅の出番。

2:46
さぁ、こい。結構良い感じ。急斜面を乗り切った。おーーーー、1.12差をつけてラップになった。湯浅、良いじゃないか!!!

残り15人。

2:49
チップナイト、スタート。かなり板をまわしている。これじゃぁダメだ。慎重すぎ。トキらないけどタイムもでない滑り。1秒以上遅れてゴール。まだ湯浅トップ。湯浅、入賞が見えてきた。

2:52
ハンソン、スタート。ちょっとトリッキーなセットに手こずってる感じ。後半は良いな。コンマ67遅れてゴール。残り13人。

2:53
コクラン、スタート。緩斜面の手前で板を回しすぎた。これはダメだな。板を振りすぎ。これも湯浅にはかなわない感じ。1秒以上遅れた。

2:54
ブルジェ、スタート。だめだ、これもまわしすぎ。ちょっとみんな慎重過ぎないか?湯浅の順位がどんどん上がっていく。これで12位以内確定。

2:55
さて、イビツァ。速い。さすが自前のコーチのセット。途中計時で負けてる。ゴール。あぁ、コンマ12負けた。さすがイビツァ。

2:57
ビッグス。動きが鈍いな。これはダメでは。あ、転んだ。

2:58
佐々木、下までいけるか?勝負をかけるだろ?どうよ。スタート!!!
あぁぁぁぁぁぁぁぁ、3旗門目で片反!!!!!!!!!!!勝負かける前に終った、明。あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁっぁ!残念。やると思ったが、やっぱりやった(^^;

しかし、まだ皆川がいるぞ。湯浅もまだ2位に残ってる。

3:00
ブロレニュゥス。速いぞ。でもコンマ36遅れてゴール。湯浅より遅い。

3:03
シェーンフェルダースタート。かなり堅実な滑り。体が動いている。良い感じ。これは抜かれるな。あーー、コンマ30勝ってラップ。湯浅は3位に落ちた。

3:04
ミレル、スタート。ちょっと荒れてるな。板がばらついている。シェーンフェルダーには勝てそうにない。どうだ?コンマ03遅れてゴール。挽回したけど2位。湯浅は4位に。

残り5人だ。

3:06
グランディ、スタート。ん?かなり慎重だな。これは厳しくない?あ、でも最初の計時でコンマ05勝ってる。でも徐々に遅れてきた。ゴール。コンマ69遅れ。湯浅の4位は変わらず。残り4人。入賞決定。

3:07
ヘルフスト、スタート。リズムが良い。この滑りは良い。体も動いている。これは普通におりればラップだな。どうだ・・・・・・・・・・・・コンマ18かわしてラップ!!

さて、皆川、来い!!!!!

3:09
ミナガワ〜(原田調)
スタート。ちょっと遅れた。急斜面は良い。バックルが外れた????をいをい、アトミックブーツ、しっかりしてくれよ。なんでこんなところで壊れるんだよ。右足の・・・トップかな? まぁ仕方なし。もっと動け!!!動け!!!!!ゴール。どうだ。コンマ21遅れて3位。でも5位以内確定。メダル圏内。

残りはカレ・パランダーとライヒ。

3:11
あ、カレ・パランダー片反!下まで滑っちゃった。本当はいけないのに。でも、片反だろ。ゴールしてラップ。片反だ!!まだ3位。ミナガワ。でも、最後はライヒ!!!

3:12
ライヒ、スタート。速い。うまい。急斜面はどうだ。うまい。これはさすが。うまい。ゴーッル!うわー、速い。コンマ8以上離してラップ。ミナガワ、惜しい。4位。でも、4位。コンマ03差。湯浅は何位だ?7位か。

いやぁ、残念。もうちょっとでメダルの快挙だったのに・・・・

二本目の成績を良く見ると湯浅は二本目3位ですね。ラップだったライヒにコンマ04しか負けてない。二本そろえなければ意味はないのですが・・・・でも、湯浅の二本目もナイスだった。

ちなみに皆川は二本目9位。うーーーん、悔しい。これは滅茶苦茶悔しいよ。水物のスラロームでこんなチャンスは滅多にないのに。ロッカもパランダーも消えてくれたのに・・・・。あぁ、惜しい。

それにしても二本ともラップでまとめたライヒはさすが。

まだ生田がいるよ〜生田を待つぞ〜。

3:46
さぁ、生田。アルペン最後の選手。良い滑りだ。一本目からこれをやればと思っちゃうほどの滑り。アーーー転んだ。でも登ってる。登れ!!みんなゴールで待ってるぞ。ゴーーーール!!!お疲れ様!!!!!!!!

と、こ、ろ、で、佐々木・・・・・・・・・・

Skix SNS

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50172774
この記事へのトラックバック
その魔物にも見放され、皆川4位・・・ いや、いい夢み見させて貰ったよ。この短い時間に。メダルを取れば50年振りの快挙だったけど、オーストリア凄すぎ(笑) 湯浅も7位入賞したの
愛のアルペン男子回転は魔物棲みすぎ 2【幕僚日誌?】at 2006年02月26日 12:52
おいおい…荒川さんで終わりかと思ってた日本のメダル、 アルペンスキーの男子回転も可能性が出てきた感じだぞ… おいおい... まじかよ、またメダル取れるのかよ が、がんばれ!!!! 0.03秒…たったその差のためにメダル取れるか取れないかが決まってしまう勝負...
0.03秒!!!!!!!!【 ランス・ザ・セヴェン】at 2006年02月26日 14:43
この記事へのコメント
一気に賢ちゃん&湯浅ファンになりました。
あー、興奮しましたv(^^)v
Posted by mory at 2006年02月26日 04:04
興奮しましただぁー. ̄▽ ̄.
皆川悔しかったですねっ!
湯浅よくやった!
大ラスの生田、ちゃんと完走してえらい!
最後の選手だけあって会場の声援も暖かくて、なんだか感動してしまいました。

悔しかったけど、ホントに楽しい数時間でした。
これでトリノも終わっちゃうんですね。
寂しいなぁ。^_;)
Posted by uco5 at 2006年02月26日 04:13
>moryさま

賢太郎は、今は野辺山には来てないんですか?ところで、こんな時間まで起きていて、明日は大丈夫ですか(^^;?

>uco5さま

生田の前、みんなコース整備してくれていましたね。それを無にせず、きちんとゴールした生田はさすがです。

トリノは終っちゃいますが、今シーズンはまだまだありますよ。3月には志賀高原でワールドカップもあります。ちなみに僕は今シーズン、上越国際で2試合、妙高で2試合、野辺山で3試合、志賀高原で2試合の予定。練習する時間が全然取れないのが大問題なのですが・・・・。
Posted by buu* at 2006年02月26日 04:24
TBありがとうございます。
二本目、眠い眠いと思いつつテレビを点けたのですが、湯浅選手の滑りで完全に目が覚めました。
皆川選手も、この4年を考えれば素晴らしい!まだやれます!!
佐々木選手は残念でしたが、今回の屈辱を4年後につながってくれればと思います。

かつて、木村公宜さんがエースだった頃まで「エースのみ」な日本アルペン陣から考えると、夢のような布陣・夢のような結果だと思います。
その木村さんの解説も、アルペン競技に対する愛情が醸し出していて、聞いていて楽しかったのは私だけではないと思った次第です。
Posted by Takeuchi at 2006年02月26日 09:59
1本目、皆川来たー!! 3位!!! ヤッター!!
2本目、記憶無し!! いつの間にか寝てしまったー!
と、言う事で、僕は2本目DSでした。
家でビデオ見ます
Posted by か at 2006年02月26日 11:41
>Takeuchiさま

確かに、海和、岩谷、岡部、木村と綱渡りのようにつないで来ていた時代は厳しかったですね。僕のように競技スキーを続けている人間からみるとここ10年ぐらいのアルペン人口の激減は本当に寂しい限りですが、裾野は減ってもトップは逆に充実しているのかもしれません。

でも、本当に最近のアルペン人口の減少は目を覆わんばかりです。国体の予選も質量ともに主戦場はCになってきています。これから徐々にまた冬の時代に逆戻りするんじゃないかと危惧しています。今回の五輪が「日本アルペン陣がもっともメダルに近づいた瞬間(いや、猪谷さんがいますが)」などと記憶されないことを祈っています。

>かさま

DSでしたか(^^; そりゃ、いかん。僕はちゃんと生田まで完走しましたよ(^^
Posted by buu* at 2006年02月26日 17:39