2006年04月08日

小学校の英語、ナンセンス=必修化を批判−石原都知事

小学校の英語、ナンセンス=必修化を批判−石原都知事

東京都の石原慎太郎知事は7日の定例会見で、中央教育審議会(文科相の諮問機関)が小学校での英語必修化を打ち出したことについて、「ナンセンスだ」と批判し、「それよりも国語の教育をきちんとやったほうがいい」と述べた。 
(時事通信) - 4月7日18時1分更新
このおじさんはあんまり好きになれないし、発言に同調したくなることも滅多にないのだけれど、この発言は結構支持できる。

英語と日本語の比較の問題ではない気もするのだけれど、学習に費やす時間に限界があるのであれば結局比較の問題になってしまうのかも知れない。となると、社会だって算数だって理科だって体育だって音楽だって図工だってみーんな必要だから、やっぱ英語と国語の比較になるのかな?まぁ、比較云々はちょっとおいておくとして、「国語の教育をきちんとやったほうがいい」という部分は全面的に支持。

ブログとかSNSとかが流行したおかげで、誰でも自分の意見を発信できるようになった。これ自体は非常に良いことだと思うのだけれど、同時に自分の馬鹿っぷりを惜しげもなく披露できるようになってしまった。もちろんモノの考え方には色々あるわけだからどんな主義主張を披露したって構わないのだけれど、その前段階で国語力がないことを皆に見せてしまっては、主義主張がどんなに立派でも「こいつ馬鹿だな」と思われてしまう。

大抵の場合、そういう現場に出くわしても「あぁ、この人は日本語が不自由な人なんだな」と心の中で思うだけで、わざわざコメント欄に書いてあげたりメールしてあげたりといった親切心は発揮しないんだと推測する(少なくとも僕はそう。新聞とかだとブログで取り上げて馬鹿にしてあげるけど)んだけど、その裏で「コイツ、馬鹿」と嘲笑しているわけで、やはり日本人として最低限の国語力は必要だと思う。だって、自分では気がつかないところで馬鹿だと思われてしまったら気の毒じゃないですか。

まぁ、他の教科の時間は一切減らさずに、英語の時間を純増するっていうんなら良いと思うんだけどね。やっぱ、まずは国語でしょう。ネットを見ていると「まともな日本語を書いてくれよ」と思うことが多いからねぇ。いや、ネットだけじゃないな。新聞を読んでいても思うからね。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
★ご意見まことにごもっともでございます。
同意見の方が居られて心強く感じます。
若造の愚日本語をまずなんとかしてもらいたい。
ま、わしら50代から30代の親世代が受験勉強ばかりで
まともな教育を受けてこなかった人々だから、さもありなん。

古典の一つも読んだことが無い
漢文も読みこなせない日本人ばかりに成り下がって
文化の継承ができなくなるのではと真剣に危惧しております。
Posted by aatw at 2008年02月15日 19:10