2006年06月19日

熱戦!(気温が)クロアチア対日本

さて、ピッチでは代表が出てきて練習。

川口 スタンド
挨拶 練習

気温は恐ろしく暑い。直射日光がなければそれほどでもないのだけれど、とにかく日なたは暑い。こんなんで体力持つのかなぁ、という感じ。練習を見ているだけでぐったりしてくる。

なぁんてことを考えているうちにあっという間に選手入場、キックオフである。

入場 キックオフ

クロアチアは明らかにオージーよりも戦いやすい感じ。日本のディフェンスは福西を中心にしたミッドフィールダーがきちんとプレスをかけていて、ポゼッションこそクロアチアだけど、ゲームコントロールは日本、という感じ。これならこの試合はちょっと期待できるかな、と思っていたら、宮本がちょろいプレーでPKですよ。もうやってらんない。あれがPKですか。いや、宮本もちょっと軽率だったとは思いますが、こっちはドイツまで10時間以上かけて来てるんですよ。それがPKですか。これじゃぁ神様ジーコは一生審判を恨むと思いますよ。などと思っていたわけですが、このPKを川口が神様セーブ。なんだ、日本には神様が二人もいたんじゃないか。それも、二人目の神様は変な采配、近視眼的戦略でチームをめちゃくちゃにしてしまったアシュケー教の神様じゃなくて、マイアミで奇跡を起こし、マリノスを優勝にも導いた、実績のある神様ですよ。ということで神の連続写真をどうぞ。

神1
神2
神3

川口が神としてグラウンドに降臨してからはスタンドは大盛り上がり。やっとこういう雰囲気になったか、という感じだったんだけど、ゲームはこう着状態。試合全般はクロアチアペースだけど、時々日本もカウンターが決まりかける。試合運びとしてはなかなか良い感じ。また、ゲーム途中の選手交代も悪くない。誰かがジーコに入れ知恵しているのかなぁ。さて、そろそろ先取点がほしいんですが、と思っていたところで出ました、神様(昔セレソンで大活躍して神様となったけど、今は運だけと思われているアシュケーの神様の方)ご寵愛の柳沢のシュート。おまえさぁ、それをはずすか?普通。ずいぶん昔、カズがゴールまん前距離2メートルから宇宙開発をしたっていうシーンがあったけど、それと同等のミスキック。しかもカズと違って今回は「絶対に負けられない戦い」の最中ですよ。これまたずいぶん昔、城が成田で水をかけられたことがあったけど、柳沢は生卵の100個や200個は覚悟したほうが良いかも。

なぁんてことをやっているうちに試合はあっという間に終了。中澤、中田、前半で交代しちゃったけど福西は結構良かったと思う。俊輔はあんまり状態は良くなかった。でも、フリーキックの一発があるから代えられないのも理解可能。

中村1 中村2

ジーコが福西を交代したのはちょっと良くわからなかったけど、残りの二枚の交代枠をフォワードのリフレッシュに利用したのも悪くない。ジーコの戦略で一番?なのは相変わらずサントスを使い続けていることだけど、それを除けばまぁ理解可能。そしてやはり今日一番の活躍はやっぱり神様仏様川口様ですよ。

で、スコアレスドローに終わったわけですが、ブラジル対オージーの試合結果を待つまでもなく、一応日本には一次リーグ突破の可能性が残ったわけで、最低限の仕事はしたことになる。名実ともに消化試合、ということにはならないで済んだ。

試合終了 終了の挨拶

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50231221