2006年06月19日

灼熱のスタジアムからヴュルツブルクへ

ということで、スタジアムから再び電車に乗ってニュルンベルクへ。今回の電車はやっぱりすげぇ混雑だったけど、行きと違ってクロアチア人の大騒ぎはまったくない。意気消沈しているのか、飲みすぎで気持ち悪いのか、そもそも競技場まで行き着けなかったのかはわからないが、とにかく静か。

ごはん1 ごはん2
ごはん3 ごはん4

さて、その暑い電車を降りて、再びニュルンベルクの町へ。さっきのマリエンプラッツのそばにあるヴルストロースラインというお店へ。何かのガイド本に載っていたので行ってみたのだが、店ではブラジル対オージーの試合を中継中。おかげで客は大騒ぎ。店員はしっちゃかめっちゃかの状況でオーダー取りもままならないという感じ。そしてこの店、なんと英語のメニューがない。英語のメニューがなかったら何を注文して良いかわからないじゃん!さっきのホイスレみたいな小さいレストランですら英語のメニューは完備しているというのに。困ったなぁ、と思っていたんだけど、隣に座ってテレビ観戦していた地元のおじいさんがめちゃくちゃ親切で、あれを頼みなさい、これがおいしいよ、と色々教えてくれた。店員さんがこないと呼んでくれるし、ナイフでソーセージを切ろうとすると横にあったビールの瓶をどけてくれたりしてくれる。ダンケシェーン!

ごはん5 ごはん6
ごはん7 ごはん8

そんなこんなでビールも飲み、腹も一杯になり、試合もブラジルの勝利が確定的になったので、チェックをお願いして店を出ることに。帰り際におじいさんに「これからヴュルツブルクに行きます」という話をしたら、「それならこのワインを飲みなさい」と銘柄を教えてくれた。ふたたびダンケシェーンである。

さて、すっかり酔っ払いながら駅へ戻り、ロッカーから荷物を出し、準備オッケー、と頭を上げたらロッカーの扉があって死にそうになった。痛い。痛すぎます。とんがってるし。一応血は出なかったみたいだけど、酔いはさめた。ということでしらふに戻って電車に乗車。と、このヴュルツ行きの電車が激混み。行きの電車は全然混んでなかったのに。予約する電車を間違えた。

通路に座り込んで1時間ほど電車に乗って、ヴュルツに着き、トラムに乗ってドーム駅へ。どこからか韓国サポが騒いでいる声が聞こえてくるのだけれど、とにかくこちらは疲れているのでホテルへ直行。

部屋ホテルはドームからすぐそばの「ツム・ヴィンツァーメンレ」というところで、ヨーロッパにありがちな連結している建物の一角。大丈夫かな、このホテル、とちょっと心配になったんだけど、フロントで手続きしてみたら不安解消。まぁ、インターネットはもちろん無理だし、テレビも微妙で韓国戦とか見られなかったんだけど、部屋は広いし、ホテルの人は親切だし、シャワーも広いし、ふとんもふかふか。個人的には枕までふかふかなのはどうかな、と思ったけど、クッションを枕代わりに使えばノープロブレム。

ということで、さっさとシャワーを浴びて就寝。お疲れ様でした。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50231229