2006年07月03日

楽天

98809a9e.jpg先日新聞にこのお店の紹介記事が掲載されていたので、ちょっと食べてきました。

川越市駅から徒歩10分ちょっと。途中に「ごきげんや」というラーメン屋を発見したのだけれど、もちろん今日はトンカツ目的で川越に来ているのでパス。

お店はかなり小さくてカウンターに8人程度、小あがりに2テーブルといった感じ。昼時は混雑するのかもしれないが、2時過ぎに行ったらお客さんは誰もいなかった。ちなみに昼に利用しているかどうかは不明だが2階席もあるらしい。

レギュラーメニューは上ローストンカツ定食2000円、上ヒレトンカツ定食2000円という価格設定だったが、もちろんその上にある「特選かつ定食」を注文。3000円である。これまでの経験で2000円以下のトンカツで美味しいと思った店はないので、まず最初のハードルはクリア。カウンターの向こうでカツをあげている音が聞こえていたが、そのトーンがちょっと変わったところで「あがりましたー」の合図。さて、どんなトンカツが出てくるのやら。

トンカツの前にご飯、お新香、シジミの味噌汁が出てきたが、ご飯は定食系の店としては標準以下。お新香はほとんどおまけみたいな感じで、味噌汁だけはなかなか美味しかった。さて、肝心のトンカツだが、食べようとするとお店の人が「最初は塩で食べてみてください。あとはお好みでソースをお使いください」とのこと。なので、まずは何もつけずに食べてみた。

と、ロースにありがちな脂と赤味が完全に分離しているようなタイプではなく、適度にサシが入ったような肉。肉は厚みがあり、しっかりと火が通っているはずなのに低音であげたようにジューシーである。下味がしっかりついており、ソースはもちろん塩も不要。レモンを絞るのもちょっとどうかと思う。正直なところこの店の細かめの衣は僕の好みではないのだが、「こんなにパリパリっとしていても美味しくあげることができるんだ」と感心した。僕は普段ヒレばかり食べているのだが、ロースでもこんなに美味しいのがあることに驚いた。少なくとも勝漫の特ロースよりもこちらの方が美味しいと思う。

と、べた褒めなのはトンカツのみ。いや、もちろんトンカツを食べに行ったのだからトンカツが美味しければ言うことないはずなのだが、やはりご飯、お新香のマイナスは気になる。さらにはキャベツ。これまたトンカツには欠かせないものだが、このキャベツの千切りがイマイチである。ロースカツだけ取ってみれば今まで食べた中でも間違いなく最高レベルだと思うのだが・・・・。楽天

この記事へのトラックバックURL