2006年07月09日

馬酔木

港北ニュータウンのややはずれ、僕にとっては池辺の中学校の裏、ぐらいの方がわかりやすいんだけど、そういうちょっと辺鄙なところにある「馬酔木」(あしび)というとんかつ屋さんに行ってきました。

このあたり、僕が生まれ育ったところなので(津田小学校通学)、わりとファミリアなんですが、しばらく見に来ないうちにずいぶんと開発されたんですね。昔なかった道が出来てるし。もしかして、池辺富士とか、切り崩されちゃってもうなかったりして。子供のころ、山頂で凧揚げとかしたんですが・・・・

さて、評価です。

今日食べたのは「時価」の文字が燦然と輝く「ワイントン」のとんかつ。肉としてはロースです。特ヒレが2000円とかなので一体時価とはいくらなんだろう、とどきどきしましたが、2200円でした(^^

最初に梅酒の食前酒。僕は車だったのでこれはパス。続いてキャベツが別盛で登場。このキャベツは標準よりはちょっと美味しいかな、ぐらいのもの。これと小鉢をちょっとつまんでいる間にとんかつが来ました。

とんかつはやや粗めのパン粉を使ったもので、衣は薄め。油の温度があまり高くないようで、肉はなかなかジューシーに仕上がっています。ここでいきなり比較してしまって申し訳ないけど、つい先日食べた川越の楽天の肉に比べるとやや肉そのものの味が薄い気がしますが、レベルは高いと思います。お店の人がわさび醤油で食べることを勧めてくれたので、最初の2切れをそのままで、残りをわさび醤油で食べました。肉に下味があまり付いていないので、素で食べるよりは塩で食べたほうが良いかもしれません。

ご飯は柔らか目が好きな僕から見てもちょっと柔らかすぎる感じがします。もうちょっと粒が立っていたほうが良い気がしますが、最近の流行はこんな感じなのかもしれません。お米そのものは美味しいと思います。味噌汁、漬物、小鉢等は標準的で「すごく美味しい」まではいかない感じです。とんかつを評価する人はキャベツはもちろん、ご飯、味噌汁、漬物にもかなりこだわるので、このあたりは人によっては「?」をつけるかもしれません。

一緒に行った人に特ヒレを一切れ食べさせてもらいましたが、ヒレの方が美味しく感じました。ま、このあたりは僕の好みでしょうね。多分次に行くときは特ヒレを食べると思います。

ちょっと思ったのは、油が切れていないこと。敷き紙の上に載ってきますが、紙が油を吸いきれていない感じなので、金網とかに載せたほうが良いんじゃないかなと思った次第。食べ終わった後多少胃もたれしました。

ということで、個人的には勝漫@淡路町の特ヒレや楽天の特撰よりはちょっと落ちる気がしますが、特ヒレ2000円、ワイントン2200円という値段を考えればかなり健闘していると思います(勝漫2300円、楽天3000円)。評価は☆2つ半。

このあたりにはむくの実亭もあるし、ちょっと足をのばせば小机の味楽もあって、グルメな人にとっては意外な穴場ですね。

cc2af6d8.jpg ワイントン
ごはん 味噌汁 

馬酔木のサイトはこちら→とんかつの馬酔木

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
 トラックバックありがとうございました。「少しビックリした」と言うのが正直な感想
貴重な御意見ありがとうございます。【日々揚げてます】at 2006年07月11日 00:47
この記事へのコメント
ブログの記事ありがとうございます。長々と一時間かけて書いたのですが、文章が長すぎたようで送れませんでした。そうこうしている内に文章が消えてしまいました(ショック!)。後日改めてお返事を書きます。
                     馬酔木店主
Posted by 馬酔木です。 at 2006年07月10日 16:46