2006年07月10日

敵地攻撃能力?

こういう主張が普通に出てくるからこの国は面白い。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、敵国のミサイル基地を攻撃する能力を自衛隊に保有させる議論が政府・与党内で再燃してきた。ミサイル防衛(MD)システムの配備が進んでいない現段階で弾頭を載せたミサイルを撃たれた場合、防御手段がないためだ。しかし、長距離ミサイルなど敵地攻撃を目的とした武器の保有を日本が避けてきたのは「専守防衛」の国是から。この見直しには国内や近隣諸国の強い反発が予想され、ハードルは極めて高いといえる。
 きっかけは「国民を守るために限定的な(敵地攻撃)能力を持つのは当然」と提起した9日の額賀福志郎防衛庁長官の発言。10日には「国民と国家を守るために何をすべきかという観点から常に検討、研究は必要」(安倍晋三官房長官)、「積極的に取り組む必要がある」(武部勤自民党幹事長)と同調する声が政府・与党内から相次いだ。
 政府は従来、自衛のためやむを得ない場合に限定し敵地攻撃は可能との憲法解釈をとる一方、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と長距離戦略爆撃機、攻撃型空母については「他国の国土の壊滅的破壊のためにのみ用いられる攻撃型兵器」として保有を違憲としてきた。戦闘機の飛距離を伸ばす空中給油機はグレーゾーンにあったが、「防空能力の向上」などを理由に導入に踏み切った。


<北朝鮮ミサイル>自衛隊の「敵地攻撃能力」…議論が再燃」から抜粋

でもって、わざわざ引用する必要もないけど憲法9条の1。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。


どうやって解釈すると、北朝鮮のミサイル基地を攻撃する能力を保持することが当然になるんだろう。うーーーーーむ。僕の国語能力が低いのかな????

敵地攻撃能力を保持することが必要だというなら、まず憲法を改正しないといけないんじゃないかというのが僕の考えです、はい。自国を攻撃される可能性があるから、それを防止するために相手を攻撃する戦力を持つって、それなら何でもありだよね(^^; 中国が攻撃してくるかもしれないので攻撃用核ミサイルを装備します。ロシアが攻撃してくるかもしれないので大陸間弾道弾を装備します。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
っていうか、ほかの国の軍隊はみんなそんな理由で兵器を持ってるわけだから、自衛隊じゃなくなるし。
敵地攻撃能力を持っている国の憲法が戦争放棄って、この憲法ってなに?って感じになりますね。
そんな国って、一番怖くないですか?
法律も憲法もあってないような国なんて、なにするかわからんですやん。
Posted by hiro at 2006年07月11日 11:37
アメリカが異常プリオン攻撃をしてくるかもしれないのでジャパニメーション毒電波弾を装備します。
Posted by どん at 2006年07月11日 12:05
まったく。他国侵略目的で武装している国なんてそうはないですよ(^^;
Posted by ブウ* at 2006年07月12日 03:26
さすがに、日本政府も、
:中国が攻撃してくるかもしれないので攻撃用核ミサイルを装備します。
:ロシアが攻撃してくるかもしれないので大陸間弾道弾を装備します。
みたいなことはいってないよね。これじゃMADだ。
要するに専守防衛の立場だと、ブーストフェイズ以降だといってたのが、
やっぱり燃料注入段階までいかないとだめなんじゃないか?という議論
になったってことだよね。技術的にもMDは難しいし。だから燃料注入段階で日本攻撃が「技術的に」確定できるとすれば、先制攻撃で基地叩いてしまえ、ということでさ。別に今始まった議論ではなく、50年前からある議論だよね。
Posted by DK1 at 2006年07月12日 23:41
まあ、憲法§9との関係でいえば、文理上は既に「戦力なき軍隊」で破綻をきたしているわけで。今さら§9とか前文が文理上どうこうってのは筋論だけど、こんな硬性憲法をどうするのかってのもまたあり。
憲法改正して「自衛権」書き込んだとしても、結局は「自衛権」の解釈問題になるんじゃないかという気はするが。
ところでなんでこんなに一度にかける字数の制限がきついのだ?書きにくくてしょうがないですな。
Posted by DK2 at 2006年07月12日 23:43
悪のりだけど、いっそここで我が国のアタマの軽い宰相が是非ここでお得意のワンフレーズ・ポリティクスで絶叫してみてはどうかね?

「やられそうになる前に、攻撃することが何が悪い!」
「アメリカは必ず我が国との同盟を果たすっ!」
「国民に聞いてみたい。反対されるなら解散だっつ!」
「今回の争点はやられるかやられないかだっ!」

わかりやすい争点でよろしいかと。
Posted by DK at 2006年07月13日 01:14
>一度にかける字数の制限がきついのだ?書きにくくてしょうがないですな。

それがライブドアクオリティ

>いっそここで我が国のアタマの軽い宰相

小泉はそこまで馬鹿じゃないと思うけど、武部ならわからんな。いっそのこと、武部を首相にしたらどうだろうね。みんな、踏ん切りがつくんじゃなかろうか。
Posted by ブウ* at 2006年07月13日 01:30
調子に乗って軽口たたいちゃったけど、 中・韓だけでなく国民の反応も冷ややか… ということに気づき、 どうやって取り繕うかでバタバタしているように見えます。 
Posted by ポコ・ア・ポコ at 2006年07月13日 13:01
>中・韓だけでなく国民の反応も冷ややか

敵地攻撃能力について言えば米国も冷ややかだと思いますよ。米国は別に北朝鮮と戦争やりたいわけじゃないですから。すでにイラクが面倒なことになっていることに加え、イスラエルも無視できない状態で、さらに北朝鮮問題を抱え込む、場合によっては中国やロシアと微妙な関係になるかもしれない、なんていうことは真っ平ごめんだと思います。

それなのにポチのつもりだった飼い犬が間違ってよそに噛み付いちゃったなんてことになったら・・・・・・・
Posted by ブウ* at 2006年07月13日 13:48
それこそ、日本政府沈没ですよ。

そんなんで問題すり替えられるから外交下手ってなんで気づかない?
Posted by hiro at 2006年07月13日 16:39
>敵地攻撃能力について言えば米国も冷ややかだと思いますよ。

 軍事的に、んなぁことはないでしょ。
Posted by DK at 2006年07月13日 22:18
>軍事的に、んなぁことはないでしょ。

そんなことはあるでしょ。今は「余計な面倒を起こさないでくれ」って感じだと思いますよ。
Posted by ブウ* at 2006年07月13日 23:15
余計な面倒ではなく、日本が今以上に米国の武器を買い、自らの責任において大陸に向かっての備えを固めれば、米国にとってこんな良い話はないのでは。

だから米国としては「目論みどおり」と思った一面もあったのではないでしょうか? 個人的には真っ平ご免ですが。
Posted by ポコ・ア・ポコ at 2006年07月14日 11:12
よぉわかりませんが、米国は日韓に駐留している軍隊を縮小するのは間違いのないところで、その流れで「日本に在日米軍同等の装備をしてほしい」というのはあると思います。ただそれは1年2年の話ではないですよね。
さすがに敵地うんたらを装備しちゃうと9条と矛盾しないと弁護するのも無理になるので、憲法改正は必須になりますなぁ。個人的にそれはいやなんだけど、米国の退潮をみるとそうもいってられないかなぁ。

ところで「他国侵略目的」かどうかは、所有する航空機、艦船が対地能力を持つかで区別できると思います(防衛庁はそのように主張しています;たとえばF15Jなんかは対地ミサイルを装備できない)。相手の基地を攻撃できるというのはどう考えても対地攻撃能力を持つということになるので、もはや9条との両立は不可能、と。
Posted by e- at 2006年07月14日 11:26
そうなんですよね。ごく短期のスパンだとアメリカも「余計な面倒を起こさないでくれ」かもしらんけど、「1年2年の話ではないですよね。」だと結局日本が相当の軍事力を有することをアメリカは期待してるんジャマイカ。

今では「思いやり予算」は2378億ぐらいしかぶっこんでないものを、新たに数兆円規模でぶっこむことになるからアメーリカか歓迎なんじゃないのかねぇ。

私は、個人的には9条改正論者です。文理上破綻のない程度にね。9条はさておくとしても、Grundgesetz並に改正があってもよいのではないかと考えております。
Posted by DK at 2006年07月14日 22:23
石破元防衛長官の話を何度かテレビで見たことがありますが、一貫して言っていることはアメリカは日本に対外攻撃能力は持たせない方針で日本もその方針で自衛隊の装備を整えているそうです。
アメリカは自分のコントロールの元で日本が軍備を整えるのはかまわないけれどコントロールから外れるのは望んではいないです。
アメリカでは北朝鮮問題がこじれれば日本が核武装に走るという話さえ出ているし、日本が核開発を始めたら北朝鮮からミサイルが飛んでくる前にアメリカから爆撃機が飛んできますよ。
Posted by TOMONE at 2006年07月16日 09:15
>自らの責任において大陸に向かっての備えを固めれば

自らの責任なんて、無理に決まってるじゃないですか。日本の防衛設備の中枢はすべてブラックボックスで、その中身は全部米国が握っているんですよ。

って、これってもしかしてオフレコ?このコメント、削除するかもしれません。

>「日本に在日米軍同等の装備をしてほしい」というのはある

これはそのとおりですね。今の米国外交の中において極東というのはプライオリティの低い地域ですから。米国にとって一番大事なのは石油ですから。
Posted by ブウ* at 2006年07月17日 08:49
>個人的にそれはいやなんだけど

そうなんですか?僕は是非とも改正していただきたいと思っています。前にもどこかに書いたと思いますが、現行憲法の下で活動している自衛隊員の人たちが気の毒でなりません。

>日本が相当の軍事力を有することをアメリカは期待してるんジャマイカ。

軍事力の質が問題。米国にとっては日本はあくまでも対中(対北朝鮮ではないですよ)の盾です。間違っても矛ではない。中国みたいな「理屈」の通じない国(=知的財産が保護されない国)は、軍事上も経済上もなるべくお付き合いしたくない国のはず。
Posted by ブウ* at 2006年07月17日 08:59
>コントロールから外れるのは望んではいないです。

日本の皆さんはこのあたりの実情を知らないようですが、日本の軍事施設は総理大臣が「いけ」と言ったらオッケーなのかというと、全然そんなことはありません。米国のコントロールから外れるということはあり得ない話です。たとえクーデターが起きて軍事施設が軍部によって占領されたとしても、米国の許可なしには何もできません。

米国にとっての本当の脅威は自分が管理できない国が核を持つことで、そういう意味では北朝鮮を叩く意味はあります。
Posted by ブウ* at 2006年07月17日 09:03
北朝鮮を攻撃した場合、北朝鮮側に10万〜20万、自国側に1万の死者が出ることをアメリカは想定しているらしいです。
戦争ってそんなもんでしょ?
Posted by TOMONE at 2006年07月18日 00:18