2006年07月17日

中日首位、読売最下位への長い旅

僕が中日の大ファンなのも、それと同じくらいのレベルで読売が大嫌いなのもこのブログを読んでいる皆さんはとっくの昔にご存知だとは思うのですが、そんな僕が心待ちにしているのが中日首位、読売最下位という状況。そして、今年はそれが実現するかもしれないというまさに100年に一度くらいのチャンス。

それで、一昨日、読売対ヤクルトで一回の裏にヤクルトが7点取っていよいよシーズン途中ではあるけれども理想的な状況が生まれるか、と思ったわけですが、なぜかその後ヤクルトは読売の反撃に撃沈。

イタリアのセリエAで行われていることが日本のセ・リーグでも行われているのかも知れんなぁ、と、疑念率80%に上昇中なんですが、まぁ相手がヤクルトなんだから期待するほうが間違ってるかも知れません。でも、今日からは読売の相手は阪神! さすがに優勝を争っているチームが八百長をやっている場合ではないですから、おそらくは3連勝してくれるでしょう。その場合、中日がオールスターまでに首位でいるためには横浜戦に1勝2敗が最低条件。とすると、自動的に横浜は2勝1敗になるわけです。

順位は
中日 48 32 3 0.600
阪神 51 35 2 0.593
ヤクルト 蚊帳の外
広島 蚊帳の外
横浜 36 48 2 0.429
読売 38 51 2 0.427

キターーーーーー!

と思ったら、読売阪神、中止だってさ。計算するの、面倒なのでやめておきます。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
いいっすねぇ。たぶん今日も甲子園はないからオールスター前のG最下位はなさそうですね。残念です。
虎党としてはオールスター後、高校野球までにどれだけ中日に肉薄できるか(←謙虚に言って)が勝負ですね。
Posted by どん at 2006年07月18日 17:44