2006年07月21日

名誉毀損?

ジダンとマテラッティの一件は新聞の1面にも載るような話になっているわけですが、asahi.comによると
ジダンは20日、FIFA本部で事情聴取を受け、マテラッツィも14日に事情を聴かれた。FIFAの声明によると、両者ともマテラッツィがピッチでジダンに浴びせた言葉は名誉棄損ではあるが、人種差別を含んだ内容ではなかったと説明した。また、ジダンの大会MVPの剥奪(はくだつ)はなかった。
だそうで。(出典:ジダンとマテラッツィに罰金と出場停止処分 FIFA

しかし、実際に当事者(ジダンとマテラッティ)以外が知りえていない状態で「名誉毀損」って成立するんですかね?

ま、別に良いんだけど。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50241557
この記事へのコメント
的確な詳報、ありがとうございます。 今回日本が勝てたのは、おっしゃる通り、アメリカがミスをしてくれたおかげですね。(1点目、PK戦)。 PK戦での勝敗は公式記録上は引き分けなので、なでしこジャパンには次のロンドン五輪でアメリカに120分以内に勝利することを目標に頑張ってもらいたいと思います。

ところで、ドイツ人も含め、アメリカ人以外の多くの人達が日本を応援していたようです。 ドイツ監督 Silvia Neid も日本が得点すると立ち上がって拍手していました。
Posted by もえおじ at 2011年07月18日 19:53
> なでしこジャパンには次のロンドン五輪でアメリカに120分以内に勝利することを目標に頑張ってもらいたいと思います。

一番の違いはキック力(パススピード)ですね。ただ、コレを強化すると今度は瞬発力が落ちてしまいます。ちょっと難しいところです。もう一つは体の大きさです。2点目の失点の場面はカウンターですが、米国のペナルティエリアに5人位米国の選手がいたはずなんですよ。なのに、カウンターを食らった。ほとんど、個の力で持ち込まれちゃったわけで、これなんかは体格差を表す場面でしたね。

> ところで、ドイツ人も含め、アメリカ人以外の多くの人達が日本を応援していたようです。 ドイツ監督 Silvia Neid も日本が得点すると立ち上がって拍手していました。

やっぱ、フィジカルで勝るチームに対して組織力で対抗するというのは、万国共通、誰にも訴えるところがあるんだと思います。でかいチームが勝つのは当たり前ですからね。
Posted by buu* at 2011年07月18日 22:16