2006年07月26日

きび

d2b70c7b.jpg3/BBC
5年ぶりに食べに来てみたが、以前のレビューを読み返してみると開店当初とは大分内容が変わった印象。

まず麺は細めのままだが、かなり強めに縮れたものになっていた。歯ごたえはまぁまぁだが、スープの絡みはもうひとつといったところ。

スープはややトンコツ寄りトリガラブレンドの醤油味で、透明度がやや高めになった印象。スープを煮出す温度は多分以前より低めに設定していると思う。動物性の脂がやや前面に出ているおかげで味がぼけており、食べる人によっては薄味に感じると思う。麺がスープに絡まないこともあって、麺を食べさせるだけの個性がない。

チャーシューは味自体は良いのだが、スープに比較して味付けが濃く、バランスが悪い。また、肉の質はおそらく以前より落ちていて、凡庸。

以前は期待のこだわりラーメンという感じだったが、いくつか支店を進出させているうちに進むべき道を誤ったという感じ。もう食べることもないかも知れない。


この記事へのトラックバックURL