2006年07月28日

時代屋

cdf6412d.JPG名称:時代屋
種類:東京トンコツ
場所:ひばりが丘
評価:1/CCB
2006.7.28
コメント:にぼしラーメンというから東京西部系のラーメンが出てくるのかと思ったらさにあらず、トンコツベースの醤油味スープに背脂が浮いた東京トンコツタイプ。にぼしを標榜している割にはあまり魚介系の主張がない。で、味はどうなのかというと薄味であまり個性がない。これじゃぁダメだよなぁ。

麺は細麺と太麺の2タイプがあるようだけど、今日食べたのは細麺。これが一口食べて「ダメだ、こりゃ」という感想を持ってしまう粗悪品。なぜかって、完全な茹ですぎ。でも、茹でるのにタイマーを使っている店なので、茹ですぎになるわけがない。じゃぁなぜって、手際が悪いから。麺をスープに入れてからもたもたしているので、その間に麺が伸びちゃってる。スープの絡みが良いわけでもなく、これでは話にならない。

チャーシューだけはなぜかそこそこに質が高く美味しかったのだが、麺もスープもダメなので焼け石に水。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/buu2/50244409