2006年08月02日

たまには人を褒めてみる

昨日将棋のことを書いたけど、今日もちょっと書いてみよう。

このブログからも時々トラックバックさせてもらっているのが渡辺竜王のブログなのだが、彼のブログは有名人ブログの中では出色の出来だと思う。

正直なところ、「眞鍋かをりのここだけの話」とか「古田敦也公式ブログ」とか、内容が薄くて更新頻度も低いブログにアクセスやTBが集中するのは全く謎なのだが(でも、しょこたんのブログは面白いけど)、渡辺竜王のブログは面白い。

競馬の話やら、子供の話やら、個人的には全く興味のないことも書かれていたりするが、それらを通しても竜王の人となりが伝わってくる。しかし、このブログが優れているのはそうした構成上のことではなく、ブログから伝わってくる竜王の人となりが素晴らしいからだと思う。時々コメントがストレートすぎて一部の将棋ファンから反感を買ったりすることもあるようだが、そんなことは表面上のこと。逆に優劣がはっきりしているのに「まだまだ難しいですね」などと玉虫色の解説をされたりする方が個人的にはいやーんな感じだ。

名人戦主催紙変更に関する棋士総会決議の結果を受けて竜王が発言した内容が今朝の朝日新聞に掲載されているが、
「みんなが金額面などで連盟の将来を考えて投票した結果なので、不満はない。ファンのみなさまには心配をかけて申し訳ない。今後はみんなで力を合わせていい方向に持っていければ、と思う」
とのこと。
#念のために書いておくと、竜王は毎日新聞の継続を支持していた。

ともすれば「何良い子ぶって」と思われてもおかしくない発言だが、それが竜王の心の底からの言葉であることは彼のブログを読み続けていた人なら誰も疑わないだろう。何より、竜王は正直なのだ。

僕よりもずーーーーっと若い竜王だが、僕よりも人間的にずーーーーーーーーっと優れていると思う。これからも将棋にも、将棋以外にも、是非頑張って欲しいと思う。

#まぁ、将棋に興味がない人にとってはそれほど面白くないブログかも知れないけど。僕は将棋に興味があるので、興味がない人がどう思うかはわかりません。あしからず(^^;

この記事へのトラックバックURL