2006年09月14日

A列車

30afeae4.JPG江戸川橋で打ち合わせがあったので、その帰りにふらっと立ち寄った焼鳥屋がA列車。入り口からのぞくとカウンターだけの小さなお店という感じだけど、奥に座敷もあって、ここに10人ぐらいが入れる。

で、焼鳥なんですが、ピーマンが焼鳥かというつっこみはさておき(でも、なぜか焼鳥カテゴリに表記されていた)、味の方はまぁ普通。というか、どちらかというと美味しくない部類かな。一本の値段は110円とかなので「損した!!!」って感じはしないんですが、また食べたいという感じではない。一品物として串揚げを食べてみたんだけど、これもイマイチ。タマネギは普通に美味しかったけど、肉が「え?あったの?」みたいな感じ。衣と完全に一体化していて、全く存在感がない。

ということで、ビール一本飲んで「これはダメだ」ということで早々に退散しました。評価は☆半分。

この記事へのトラックバックURL