2006年09月16日

山本昌ノーヒッターキターー

オールスター直後には優勝が決まってしまった今シーズンのセ・リーグ。一方でいまだに上位3チームが競り合いを続け、プレーオフまであるパ・リーグ。このまま日本シリーズになれば、横浜や読売などの消化試合用新人ピッチャーの死んだ球に目が慣れてしまう我がドラゴンズの打撃陣がパ・リーグの投手陣にひねられてしまっても何の不思議もない。

プレーオフがないのは仕方がないとしても、もうちょっとレギュラーシーズンで競ってくれないとホントに悲願の日本一が彼岸に行ってしまいかねないと心配していたところ、ここ二週間ほど阪神が多少の意地を見せてくれて、ようやく中日阪神のゲーム差は横浜読売のゲーム差ほどになっていた。まぁそれでも負け数差で8とかあるわけで全然余裕なのだが、一応数字上は三連敗すればゲーム差1。この三連戦の一週間前には阪神の選手の口から「ナゴヤドームの三連戦で三連勝すればマジックが消えるような状況で名古屋に乗り込みたい」と、「お前は一体何年プロ野球をやっているんだ。マジックの直接対象チームが首位チームに何連勝しようとマジックが消えるわけがないだろ」と突っ込みたくなるようなオオボケ発言も飛び出し、多少は天王山ムードがあったわけである。

それで、初戦、川上憲伸の鬼神のような投球である。読売の高橋に向けるようなライバル心を金本にむき出しにしてのほぼ完璧なピッチング。8回無失点でなぜマウンドから降ろしたのかという采配への多少の疑問は残るのだが、まぁ落合監督には落合監督なりの考え方があるはずで、スタンドやテレビで見ている人間にはわからない何かがあるに違いない。何はともあれ、もぐらたたきゲームよろしく阪神の頭をドカンと叩いてしまった。

そして、すっかり安心ムードの漂う今日の試合、三連戦の前には朝倉ではないかというのが大方の予想だったが、マウンドに立ったのは山本である。「あぁ、昨日の試合で優勝がはっきり決まってしまったので、今日はベテランにマウンドを任せて、ってことね」とテレビの前で思っていたのだが、どうやらこれはまったく間違った認識だったようだ。

山本は全盛期でも決してスピードの速いピッチャーではなかったが、今でも球速は130キロ台なかば(っていうか、今の方が速いくらい)。小松とかが大活躍していた頃は140キロでも「豪速球投手」と言われたが、今では150キロでも前半ならまぁ普通という時代。その2006年に、41歳の山本がノーヒットノーランである。たまたま用事があって試合の途中でテレビ観戦はできなくなってしまい、それから先はネットの中継をケータイでチェックしていたのだが、一応相手が最後の望みをかけて臨んでいる首位決戦でまさかのノーヒッターにはさすがに興奮した。

日本シリーズ、川上、朝倉、佐藤は良いとして、ちょっと心配なのはもう一人(日本シリーズは4試合あるので、4人投げなくてはならない)だなぁ、と思っていた。マルチネスよりは山本かな、ぐらいには思っていたが、球速のない山本に短期決戦のシリーズ登板はちょっと心配、というのが正直なところだったわけである。

しかし、スイマセン、それは間違いでした。川上、山本、朝倉、佐藤でオシマイですね。とりあえず山本には今シーズンあと3勝ぐらいをきちんと稼いでいただいて、日本シリーズではしっかり1勝をあげていただき、そして来年には名球会入りを果たしていただきたい。

考えてみれば今ドラゴンズのコーチをやっている近藤さん(山本よりも年下だと思うけど)は、プロ入り初登板の読売戦でノーヒットノーラン。一方で山本はといえば山あり谷ありのプロ野球人生のかなり終盤になってのノーヒットノーラン。ドラゴンズのピッチャーも色々だなぁ。

ちなみに山本昌は最近はすっかり弱くなってしまったけれど、当時は名門校だった神奈川日大藤沢出身(ちなみに同じように今は弱くなってしまった学校で、当時抜群に強かった学校にY高こと横浜商がある)。この頃は僕もそこそこに野球が強い高校にいたので、結構頻繁に高校野球を観にいっていて、日藤から(この頃有名だった選手にはY校の三浦、法政二の桜井、桐蔭の志村あたりがいる。Y高のジャンボ宮城、横浜の愛甲あたりはこれより1世代前)中日に選手が入って「へぇ」と思ったものだ。入団直後はあまりぱっとせず、前述の近藤が星野に重用されたこともあってなかなか登板機会に恵まれなかった。しかし、1988年にロサンゼルス・ドジャースに短期留学した際、アイク生原からスクリューボールを習ってから成績が一変。玄人受けするピッチングで剛の今中に対して柔の山本として90年代ドラゴンズを支えてくれた。そして今もまだこれだけの存在感。ポスト落合は立浪ではなく山本かもしれない。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ハイハイ、終わりましたね。もうなんだか木曜日におおはしゃぎしてた自分が懐かしく思えます。
今年で最後になるらしい日本シリーズもしっかりとってきてください。
Posted by どん at 2006年09月18日 13:27
佐藤は二軍でも打ち込まれたみたいです…
http://dragons.jp/farm/farminfo.html

中田も心配だし、もしかしたら小笠原に頼ることになるのかも…

Posted by e- at 2006年09月21日 14:15