2006年09月26日

ネットバンキングが死ぬほど面倒くさい

うちの会社は三井住友がメインバンクなわけですが、ネットバンキングを使うと月額数千円のお金がかかるので、これまで地道に近所の銀行までいってたわけです。

でも、最近すげぇ忙しくて昼間はあんまり時間がないし、さすがにIT企業の振込みとかをネットでやらないのもいかがなものかと思うようになり、固定費を抱えることにはなるけど仕方ないかな、と、ネットバンキングの申し込みをしたわけです。

で、まずこの手続きがすげぇ面倒。そして送られてきたガイドにはマニュアルがちゃんとあるんですが、分厚くてとても読む気にならないようなもの。最近の家電だと「最低限これだけやってね」みたいなのがちゃんとあるわけですが、そういうのがない。全部読め、と。で、もちろん時間がないのでこんなのは流し読みなんですが、それでちゃちゃちゃ、とやろうとしたら案の定あちらこちらで引っかかりまくり。まぁ、こっちが悪いんだけど。

まず最初に「IEで使ってください」って、いきなりMSのまわしもんかよ!「でも、良いもんねー、IEタブ使っちゃうから」って思って作業したらいきなりストップ。IEタブははじかれちゃう。もう何が何でもFirefoxは使うな、と、そういうことです。

で、今度は利用者登録ですけど、管理者登録と利用者登録と、両方やらなくちゃならない。それで、管理権限のある人間は振り込み作業とかできませんって、それは野球の監督がピッチャーもバッターもできない、みたいなものですけど、なんでー、って感じ。お金の振込みは社長も社員も普通にしますよね。古田みたいなプレイングマネージャーはネットバンキングの世界ではナシですか?

で、この手の設定を色々やって、さぁ、振り込むぞ、と思ったら今度は「相手の名前は半角カナで入れてください」って、今頃半角カナもないだろ!と、思うわけです。半角カナって、どうやっていれるんだっけ?最近のウェブでは半角カナなんて2ちゃんぐらいでしか使わないわけで、まぁ、2ちゃんと都銀の民度は同じくらいということで納得したわけですが、入力の仕方がわからないわけです。で、グーグルですよ(^^; そうしたら「無変換」キーらしい。そういえばそうだった。人間、使わないと忘れるものだ。「このスペースキーの横にあるキー、じゃまだなぁ」と思っていたわけですが、廃止に出来ない理由がこんなところにあったとは。

で、面倒な半角カナ入力をクリアして金額を入れたら「承認設定ができません」って、なんだこりゃ。それでコールセンターに電話。すると、セキュリティ管理で上限金額を設定してくださいって、でも、これ、自分でできちゃうんですよ。要はうっかりミスをなくすための方策。そういえば証券取引所で変な注文出したらそれが受理されてしまって大騒ぎになっていたけど、そういうことが無いようにという仕様ですか?あのさー、そういうことをやりそうな人は選択して設定するようにしてくれないかなー。間違ったときは自己責任でやるからさー、と思いつつ、作業。面倒なので上限は100億円にしてみた。これなら今後一切引っかかることはないだろう。日本という国はどうしておっちょこちょいの便宜を図るためにおっちょこちょいじゃない人が負担を強いられるんだろう。

で、振り込みボタンを押して終了かと思ったら何度も何度もいろんな確認がでてくる。超メンドクセー!ありえない。三菱の振込みはもっと楽だったぞ、って、あれは個人口座だから?とにかく、これなら駅まで行ってCD機で振り込んだ方が楽だと思わせるようなサービス。

はぁ、はぁ、やっと一件振り込みました。ちゃんと届いているか確認しないと。それにしても、今ちょっと思い返すと同じ三井住友への振込みなのに手数料が420円とかだった気がするんですが気のせいですか?

と、ちょっといらいら解消のために書いてみました。いや、セキュリティ万全のネットバンキングって素晴らしいですね!

この記事へのトラックバックURL